まとめ
(面接の失敗を防ぐ30の対策)
面接の失敗を防ぐ30の対策

  • 落ち着いたノックを心がける。
  • 目をそらすときは、面接官の顎や首あたりを見る。
  • 非正規雇用の面接でも、高い意識や入念な準備を心がける。
  • 面接で挨拶をするとき、手を体の後ろで隠さないようにする。
  • ギャップが激しい人は、ギャップがあることを自己申告して、誤解を防ぐ。
  • 遅刻したときは、言い訳をせず、誠意のある謝罪をする。
  • 面接官に「気楽にしてください」と言われても、気を抜かないようにする。
  • 3分で話すように言われれば、2分30秒以上は話すようにする。
  • 面接では、常に笑顔を心がける。
  • 真面目な表情の練習をする。
  • 明るい表情を保ちつつ、熱意と意欲を伝える場面では、真面目な表情になる。
  • 質問への回答は、丸暗記は避け、要点だけ押さえておく。
  • 自己PRや志望動機は、具体的な表現にする。
  • 完全な答え方ができなければ、部分的な答え方を心がける。
  • 質問に対する返事は、最小限で答えるのではなく、補足も加えて答える。
  • 大変だったことを聞かれたときは、主観的だけでなく、客観的にも大変なことを答える。
  • 面接官の発言に矛盾があっても、仕方ない場合を除き、気づかないふりをする。
  • 不快な質問をされても、怒ったり泣いたりせず、平然とする。
  • 同じことを聞かれたときは、補足情報を加えたり、真剣な気持ちを強調したりする。
  • 面接のときだけでなく、普段から正しい姿勢を心がける。
  • 志望業界と志望企業の業界は、一致させる。
  • 面接中は、基本的にメモを取らず、面接官との会話に集中する。
  • 言葉をつかえたときは、言い直す。
  • 将来独立したい考えがあっても、面接では伏せておく。
  • 残業ができない場合は、事情が何であれ、正直に伝える。
  • 誤解を与えやすい回答は避けて、仕事につながる回答を準備する。
  • 採用に関係ないような質問をされたときは、質問の意図を尋ねる。
  • 代表役の経験がなければ、友人から頼りにされる経験を紹介する。
  • 花粉症で鼻水が出れば、ハンカチやティッシュできちんと対処する。
  • 2次面接で1次面接と同じことを聞かれたら、肉付けをして答える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION