生き方

まとめ
(素晴らしい人生を送る30の方法)
素晴らしい人生を送る30の方法

  • 明るい1日を始めたいなら、明るい挨拶をする。 気持ちいい1日を始めたいなら、気持ちいい挨拶をする。
  • 何かに迷ったときは「20パーセントの余裕」という言葉を思い出す。
  • 後回しにしやすい仕事を、今すぐ着手する。
  • 趣味の数をもっと増やす。
  • 第一印象が最悪なら、挽回することを楽しむ。
  • ふてくされないことを「1つの達成」として受け止める。
  • お金を否定するのではなく、肯定する。
  • 人生に下書きはなく、常に清書のつもりで生きる。
  • 1日3回のチャンスを見つける。
  • 嫌いな人から逃げることはあっても、自分からは逃げないようにする。
  • 紙に実現させたい夢を書き、目立つ場所に貼っておく。
  • 「時期が来たら、準備ができたら、お金が貯まってから」という言い訳で、行動の先延ばしをやめる。
  • 「自分の命は、親から授かったもの」という事実を理解しておく。
  • いいことがあったら、機嫌がいいうちにポジティブなアクションを起こし、いいことが続く努力をする。
  • 計画通りの人生だけでなく、想定外のある人生も歓迎する。
  • 「最近、親と話をしていないな」と思ったら、親に電話をする。
  • 「才能」は「適正」と言い換えて、自分の才能を発見する。
  • 逃れに乗って生きる。
  • 複雑に考えない。 シンプルに考える。
  • 1日10分でもいいので、ぼうっとする時間を作る。
  • 好きな人の前でかっこつけることをモチベーションにして頑張る。
  • 長く続けたいなら、アクセルだけでなく、ブレーキも大切にする。
  • 「人生は思うようにいかない」という前提で生きる。
  • 「苦痛は快感の前触れ」と考える。
  • 時間の進み方で、自分が楽しんでいるか確認する。
  • 変化を拒むのではなく、受け入れて、心の年齢を若く保つ。
  • たまには思い出し笑いをする。
  • 嫌なことがあったストレスは、嫌なことではなく、いいことで発散させる。
  • 「ポジティブ」より「超ポジティブ」になる。
  • 「明日はいい1日にしよう」ではなく「明日もいい1日にしよう」と考える。

同じカテゴリーの作品