まとめ
(逃げ癖を直す30の方法)
逃げ癖を直す30の方法

  • 逃げ癖を、意識と心がけによって、逃げない癖に変える。
  • 逃げ癖が悪い理由を、きちんと理解しておく。
  • 逃げ癖が出やすい場面を把握しておく。
  • 仕事リストを作成する。
  • 記録をつけて、努力を視覚化させる。
  • 逃げ癖は、少しずつ直していく。
  • 適切な目標を作って、励みにする。
  • 目標に期限をつける。
  • 高い目標は、低くする。 大きな課題は、小さく分ける。
  • 何事も良いほうに考える癖をつける。
  • マイナス面よりプラス面を見るようにする。
  • 自ら逃げ道を断って、逃げられないようにする。
  • 逃げたときのリスクやデメリットを考える。
  • やる気や元気がなくても、取りかかる癖をつける。
  • 逃げ癖があるからこそ、早く取りかかる。
  • 決意表明をして、逃げ道をなくしておく。
  • 乱れた生活習慣を整える。
  • 逃げたくなる原因を探って、排除する。
  • 逃げたくなったら「逃げたら負け」という言葉で自分を奮い立たせる。
  • できなかったところばかり見ないで、できたところに注目して褒める。
  • 嫌いなことより好きなことをする。
  • 逃げ出したい気持ちを吐き出す。
  • 憧れのキャラクターと自分とを重ね合わせて、逃げないで立ち向かう力に変えていく。
  • 身銭を切る。
  • 余計な言い訳をやめる。
  • 逃げるべき場面では、逃げ癖にかかわらず、素直に逃げる。
  • 逃げずに頑張り抜くことで、喜ぶ人をイメージする。
  • 逃げるくらいなら、弱音を吐いてでも誰かに手伝ってもらう。
  • 燃えさかるような強い願望を持つ。
  • 「本当は逃げ癖なんてない」と考える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION