自分磨き

考えすぎる性格を直す
30の方法

  • 考えすぎる性格を認めることから始めよう。
考えすぎる性格を直す30の方法

もくじ
  1. 考えすぎる性格を認めることから始めよう。

    考えすぎる性格を直す第一歩とは何か。
    それは、考えすぎる性格を認めることから始まります。
    「自分は考えすぎる性格ではない」と思っているかぎり、性格を直す行動に着手できません。

  2. なぜ考えすぎると、苦しいのか。

    考えすぎる性格の人は、苦しみやすい性格とも言われています。
    いつも眉間にしわが寄っていて、くよくよ悩んでいるイメージがあるのではないでしょうか。
    考えすぎるとはいえ、その苦しみは思いのほか大きいものがあります。

  3. 考えすぎる性格の人は、思考のループに陥っている。

    考えすぎる性格の人は、頭の中でどんな状況が起こっているのでしょうか。
    それは「思考のループ」です。
    もちろん中には、思考が深まっていくパターンもあります。

  4. 不安・恐怖の対象を見極めることが、考えすぎる状況から抜け出すポイント。

    考えすぎる性格とはいえ、どんなことでも考えすぎるのはまれです。
    中にはあらゆることに考えすぎる人もいますが、実際はごくわずかです。
    一般的に考えすぎる原因の大半は「不安・恐怖の存在」です。

  5. 考えすぎる性格は、病気なのか。

    考えすぎる性格がひどいと、病気を疑うこともあるでしょう。
    思考の悪循環が収まらないと「何かの病気にかかっているのではないか」と思うのも当然です。
    もちろん幻聴や幻覚といった症状があり、結果として考えすぎる性格に及んでいる場合もあります。

  6. 考えすぎる性格の人は、適度な気分転換を身につけておこう。

    「考えすぎて、頭が爆発しそう」
    そんなときは、気分転換をしましょう。
    じっとしているだけでは変化もゼロ。

  7. 瞑想の時間を作って、心を穏やかに落ち着かせる。

    考えすぎる性格の人は、生活に「ある習慣」を取り入れてみましょう。
    それは、瞑想の習慣です。
    瞑想と聞くと、儀式的・宗教的なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、大げさなことではありません。

  8. 激しく体を動かせば、思考のループから抜け出せる。

    考えすぎてつらいときは、激しく体を動かす運動がおすすめです。
    激しく体を動かすことなら何でもかまいません。
    目安としては「汗を流す程度の運動」です。

  9. 考えていることを書き出せば、思考が落ち着く。

    思考とは、雲の状態に似ています。
    ぼんやりとした形であり、常に形が変わり続ける。
    頭で考えているだけでは、もやもやした思考がなかなか具体的になりません。

  10. 準備も、一定を越えると、考えすぎる原因になる。

    考えすぎる前に行動してしまいましょう。
    行動する前は、さまざまな不安や恐怖が頭をよぎります。
    「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と、心がぎすぎすしてくるでしょう。

  11. 完璧主義をやめないかぎり、考えすぎる性格も直らない。

    考えすぎる原因の1つは、完璧主義です。
    完璧主義とは、欠点や不足がなく、完全な状態に仕上げる態度や行動のことをいいます。
    完璧主義の人は、必然的に考えすぎる性格にもなります。

  12. 人に相談して解決できれば、考えすぎる状態から早く抜け出せる。

    答えが分からなくて考えすぎるとき、単純な解決法があります。
    「人に相談する」という方法です。
    難しい問題があって、自分だけで考えていても、1人が持つ知識・知恵・経験には限界があります。

  13. 失敗を恐れず楽しもうとすると、本当のあなたを発揮できる。

    失敗を恐れる気持ちが強いと、考えすぎる原因になります。
    失敗への恐れが強くなるにつれて、心の自由が制限され、消極的になってしまいます。
     

  14. 考えすぎる性格は「個性」として考えると、楽になる。

    「考えすぎる自分がつらい」
    「考えすぎる性格が嫌い」
    「考えすぎる性格を直したい」

  15. 目標や理想は、人生を豊かにする助けになる反面、高すぎると、人生を苦しめる足かせになる。

    考えすぎる原因は、意外なことかもしれません。
    それは、目標や理想です。
    目標や理想を掲げることは、素晴らしい習慣に思えるでしょう。

  16. 必要以上の深読みは、自分の首を絞めることになる。

    考えすぎないようにするためには、深読みをしないことです。
    深読みとは何か。
    深読みとは、相手の言動の意味を、意図しないところまで深く読み取ろうとすることを言います。

  17. 大笑いをすれば、考えすぎる状態から抜け出せる。
    大笑いをした後に待っているのは、明るい未来。

    考えすぎてつらくなったときは、大笑いをしましょう。
    大笑いをするような機会なら何でもかまいません。
    「くすくす」と小さく笑うのもいいですが「わはは」と豪快に笑うのがベストです。

  18. 1人の時間を減らす。
    誰かといる時間を増やす。

    考えすぎる性格の人は、1人の時間が多すぎる場合があります。
    もちろん1人の時間は大切です。
    むしろ必要です。

  19. ポジティブなことなら、考えすぎても疲れにくい。
    むしろ考えすぎるのが楽しくなる。

    ネガティブなことは考えない。
    できるだけポジティブなことを考えるようにしましょう。
    考えるテーマによって難しいこともありますが、できるだけ前向きで建設的に考えることが大切です。

  20. いっそのこと、気が済むまで徹底的に考えてしまう。

    考えすぎて悩んだときは、逆の発想です。
    考えないように行動や習慣を変えるのが普通の対策でしょう。
    もちろんそうした対策も大切ですが、なかなかうまくいかないなら、時には逆のアプローチもおすすめです。

  21. 考えても分からないことは、開き直ることも大切。

    考えても分からないことに悩んでいませんか。
    世の中には、考えても分からないことがあります。
    ちょっとしたきっかけで考え始めたところ、深入りしてしまい、抜け出せなくなることがあります。

  22. 考える期限を作っておけば、むやみに考えることがなくなる。

    考えることの期限を作っておきましょう。
    考えすぎの暴走を防ぐための工夫です。
    期限までは、全力で考えたり悩んだりします。

  23. 考えてもなかなか分からないことは、ひとまず放置しよう。

    なかなか問題解決の糸口が見つからないときは、ひとまず放置をしましょう。
    もちろんすぐ放置するのではなく、ある程度まで深く考えた上で放置することが大切です。
    しっかり考えても分からないときは、いったん考えるのをやめて、別の仕事をします。

  24. 自分なりに考えきったなら、後は運命と成り行きに任せよう。

    自分なりに考えきったなら、後は運命と成り行きに任せましょう。
    事前の計画は大切ですが、すべて計画どおりに進むとは限りません。
    準備も大切ですが、完璧な準備を仕上げるのはなかなか難しい。

  25. 思考の悪循環から抜け出せる一言。
    「細かいことは気にしない」。

    考えすぎそうになったときは、次の言葉を自分に言い聞かせましょう。
    「細かいことは気にしない」と。
    思考の悪循環から抜け出せる一言です。

  26. 八方美人を心がけて幸せになった人は、1人もいない。

    考えすぎる性格を直すには、八方美人をやめることが必要です。
    八方美人とは、すべての人から好意的に思われるよう、要領よく付き合うことをいいます。
    意識をして行う場合もあれば、無意識のうちに行う場合もあります。

  27. 失敗して反省と改善をした後は、くよくよ考えないこと。

    失敗した後は、反省と改善です。
    「どこがいけなかったのだろうか」という反省をします。
    原因が見つかれば、方法・環境・仕組みなどを見直して、同じ失敗が再び起こらないよう改善します。

  28. 実は疲れているだけかもしれない。

    考えすぎるときは、こう自分を振り返ってみてください。
    「実は疲れているだけかもしれない」と。
    人は疲れているとき、余計なことまで考えすぎる傾向があります。

  29. 考えすぎる性格がなかなか直らなくても、諦めないこと。

    「考えすぎる性格がなかなか直らない」
    「自分はもう無理なのではないか」
    「この性格と付き合っていくしかないのかな」

  30. 考えすぎる性格を役立つことに表現すれば、世の中に貢献できる。

    考えすぎる性格があるなら、その性格を生かしてみることもポイントです。
     
    たしかに自分にとっては、考えすぎる性格が嫌なのかもしれません。

同じカテゴリーの作品