人生の教科書



スキンケア
自分が色白になれる限界を確かめる方法とは。
モテたい
変更しようのないことを、自分の持ち味に変える。
生き方
怖く見える人にも、すごくいい人がいる。
自分磨き
面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。
自分磨き

純粋な人になる
30の方法

  • 純粋は、
    生まれつきの性格ではない。
    心持ちと行動習慣を変えることで、
    誰でも実現できる。
純粋な人になる30の方法

もくじ

1
★0

純粋は、生まれつきの性格ではない。
心持ちと行動習慣を変えることで、誰でも実現できる。

「純粋は、先天的なもの」 「純粋は、生まれつきの性格」 「純粋は、生まれつきだから、今さら変えようがない」 純粋を「生まれつきの性格」と決めつけていないでしょうか。 たしかに私たちの日常生活では「純粋な性格」というフレーズがよく聞かれます。 「あの人は純粋だね」と聞けば、「純粋な性格なのだな」と思うでしょう。 生まれつきの性格の問題であれば、後天的に変えるのは難しいように思われます。 しかし、ここに誤解があります。 私たちは、子供のころ、みんな純粋でした。 あなたの子供時代を思い出してください。 本音で正直に話していでしょう。 素直に人の言うことを聞いていたでしょう。 嬉しいことがあれば、純粋に喜んでいたでしょう。 偏見や固定観念を持たず、そのまま吸収していたでしょう。 間違ったことをしてしまったら、素直に謝っていたでしょう。 人のアドバイスには、純粋に従っていました。 打算や損得勘定を考えることもなかったはずです。 私たちは本来、純粋なのです。 ところが成長するにつれて、少しずつ心持ちが変わっていくことがあります。 悪い情報を知って、ショックを受ける。 騙されたり裏切られたりして、不信感が募る。 世の中の不条理や不公平に気づいて、失望する。 つらい思い出や悲しい出来事で、トラウマができることもあるでしょう。 気づくと、いつの間にか純粋を失っていることがあるのです。 ここで気づいてください。 純粋とは、生まれつきの性格ではありません。 もちろん才能でもない。 純粋は、遺伝も関係ありません。 「誠実」「協調性」という遺伝子は見つかっていますが「純粋」という遺伝子は見つかっていません。 純粋とは、心持ちであり、行動習慣です。 純粋になるのではありません。 純粋を取り戻すのです。 本人の意識と努力によって、純粋を取り戻せます。 たとえば、本音で話す習慣です。 本音で話す習慣は、性格に関係なく、本人の意識で実現できます。 相手を傷つけそうな言葉なら、言葉を選んだ上で本音を話します。 本音を話す習慣があれば、自然と純粋な雰囲気が出てきます。   違和感のある意見でも、否定せず聞き入れるのは、意識をすることで実現可能です。 「これは自分にはない考え方」と受け入れれば、違和感のある意見でも、スムーズに受け入れることができるでしょう。 相手の話を否定せず「なるほど」と受け入れれば、純粋な印象も出てきます。   本音で話す習慣といい、話を否定せず素直に聞く習慣といい、性格の問題ではありません。 個人の努力によって実現が可能です。 大人になってからでも、純粋になることが可能です。 「自分の心は汚れている」という自覚のある人でも、諦めないでください。 ふてくされていると、ますます純粋になれません。 たとえ純粋を失った人でも、本人さえその気になれば、今から純粋を取り戻すことが可能です。 純粋は、生まれつきの性格と決めつけないこと。 心持ちと行動習慣を改善すれば、誰でも純粋になることが可能です。 純粋を、生まれつきの性格と決めつけない。

2
★0

無知だから純粋になれるわけではない。
博識だから純粋になれないわけでもない。
純粋と知識量は無関係。

「純粋な人」 そう聞いたとき、どんな様子をイメージするでしょうか。 ・素直な人 ・正直な人 ・何でも疑わず信じる人 ・まだ世の中を知らない人 ・心が何も傷ついていない人 ・子供のように無邪気で、自由に振る舞っている人 「純粋」という響きのためでしょうか。 真っ白な心をイメージが浮かびやすいためか「無知」を連想することが多いでしょうか。 こうしたイメージによる先入観のためでしょうか。 「純粋な人になるには、無知になればいい」と考える人もいるかもしれません。 純粋には真っ白なイメージがあり、無知を連想しがちです。 しかし、ここに誤解があります。 純粋になるとは、無知になることではありません。 ばかになることでもなければ、非常識になることでもありません。 純粋とは何か 純粋とは、気持ちに打算や損得勘定がなく、心が清らかなことをいいます。 無知だからといって、純粋とは限りません。 無知であっても、打算や損得勘定で振る舞っているなら、純粋な人でなくなります。 「純粋な人には無知が多い」と思っているなら先入観です。 純粋とは、知識ではありません。 心持ちであり、行動習慣です。 無知だから純粋になれるわけではないのです。   一方、逆のパターンもあります。 「博識になれば、純粋になれない」と思っている人もいるでしょう。 世の中を知れば知るほど、良い面だけでなく、悪い面も知ることになります。 社会の裏側を知って失望することもあるでしょう。 世の中の不条理を知ってしまい、あぜんとすることもあるでしょう。 嘘をつかれたり裏切られたりして、人を信じることができなくなることもあるでしょう。 報われない努力があることに気づいてしまい、無気力に襲われることもあるかもしれません。 結果として、人や社会に対する不信感が高まります。 「博識になったら、もう純粋にはなれない」と思う人もいるかもしれません。 やはりこれも誤解です。 思い出してください。 純粋とは、気持ちに打算・損得勘定がなく、心が清らかなことをいいます。 知識の多くても、打算や損得勘定を考えないことができます。 たとえ博識であっても、打算や損得勘定といった邪念さえなければ、純粋な人になれます。 無知だから純粋になれるわけではありません。 博識だから純粋になれないわけでもありません。 純粋と知識量は無関係なのです。 純粋と知識量は無関係であることに気づく。

3
★0

純粋な人になるために大切なのは、従順な態度。

純粋な人になるために大切な態度があります。 それは「従順な態度」です。 あなたは、何かに逆らっていませんか。 意見に逆らう、命令に逆らう、アドバイスに逆らう。 何でも逆らうのは、純粋とは言えません。 突っかかるように逆らってばかりの人は「純粋」どころか「反抗的」と言えるでしょう。 純粋になるには、なるべく人に逆らわず、素直に従うことがポイントです。 もちろん従順な態度とはいえ、服従するわけではありません。 人の言うことを、何でもうのみにするのはよくありません。 真偽や善しあしを吟味せず従うのは要注意。 それでは単なる操り人形になってしまいます。 人にだまされたり不利益を受けたりするでしょう。 大切なことは「自分の軸を保ちつつ相手に従う」ということです。 命令であっても、頼み事であっても、自分の能力が許すかぎり、逆らわず受け入れたほうがいいでしょう。 「はい、分かりました」 「承知しました」 「今すぐやります」 肯定の言葉で受け止め、すぐ従ってみることが大切です。 たとえば、上司からの命令には、きちんと素直に従うことが大切です。 会社とは雇用契約を結んでいます。 金銭と責任が関係しているのですから、上司の命令にはなるべく従うことが大切です。 「これをやってくれ」と命令されたら、逆らわず、さっと取り組みます。   恩師からアドバイスされたとき、どうするか。 恩師によるアドバイスは、逆らわず、素直に従ってみましょう。 意味が理解できなくても、ひとまず信じて従ってみることが大切です。 「恩師の言うことだからきっと大切なことに違いない」と取り組んでみる。 今の自分にはまだ理解できないだけであって、何か重要な意味が隠されている可能性があります。 最初は半信半疑であっても、実際に試してみると、後から意味を理解できることがあります。 「なるほど。こういう意味があったのか!」と納得できるでしょう。 純粋になることで、人からのアドバイスを純粋に取り入れることができ、スムーズに成長できるようになります。   従順になれば純粋な人になれるとは限りませんが、純粋な人は必ず従順です。 従順な態度を意識することで、あなたは純粋に近づけます。 従順な態度を心がける。

4
★2

純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切。

純粋になるために、克服しておきたい気持ちがあります。 それは「恥ずかしい気持ち」です。 純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切です。 「純粋と恥ずかしい気持ちにどんな関係があるのか」 不思議に思うかもしれませんが、実はつながりがあります。 恥ずかしがれば恥ずかしがるほど、心理的な抵抗が生まれます。 心理的な抵抗が生まれると、自然と消極的になる。 結果として、純粋な行動をしたくても、できなくなるのです。 たとえば、分からないことがあって質問したくても、恥ずかしい気持ちがあると質問しにくくなります。 自然体で振る舞いたくても、人目を気にすると、恥ずかしい気持ちが生まれてぎこちない態度になります。 好意を寄せる人がいて食事に誘いたくても、恥ずかしい気持ちがあると、緊張して誘いにくいでしょう。 純粋な人になりたくても、恥ずかしい気持ちがあると、現実の行動を妨げるのです。 したがって、純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切です。 恥ずかしい気持ちがあるのはいいのです。 大切なことは「恥ずかしい気持ちに負けないこと」にあります。 恥ずかしい気持ちがあるなら、それ以上に勇気を出しましょう。 恥ずかしい気持ちを乗り越えるからこそ、純粋な行動ができるようになります。 人目を気にするのもやめます。 人は人であり、自分は自分です。 自分に集中して、自分らしさの表現に努めましょう。   今の前の仕事に集中することも大切です。 今の前の仕事に集中すればするほど、余計なことを考える余裕がなくなります。 人目を気にする暇もなくなるため、恥ずかしい気持ちを感じる暇もなくなります。   時には開き直ってみるのも悪くありません。 弱点もコンプレックスも、隠すのではなくさらけ出すようにすれば、恥ずかしい気持ちも吹き飛びます。 「恥ずかしいって何?」という状態になれば、理想です。 人目を気にせず、自分に集中しましょう。 恥ずかしがり屋には少し大変かもしれませんが、努力してみてください。 ありのままの自然体で行動すればいいだけ。 恥ずかしい気持ちを克服できれば、純粋な人になるのは半分成功したも同然です。 恥ずかしい気持ちを克服する。

5
★1

疑う気持ちが強いと、純粋になれない。
信じる気持ちが強いと、純粋になれる。

純粋な人になるとき注意したいのは「疑う気持ち」です。 疑うことが癖になっていませんか。 もともと疑い深い性格の人もいるでしょう。 初めて聞く話があれば、不安や心配が生じて、疑いたくなることがあります。 「本当の話だろうか」 「嘘が混じっていないだろうか」 「大げさに言っているだけではないだろうか」 もちろん明らかに怪しいものなら、疑うのも自然でしょう。 非現実的な話だったり誰でも分かる嘘だったりすれば、疑いたくなるのも当然のこと。 また、自己防衛の1つとして、情報の真偽に注意することも大切です。 うのみにするような信じ方では、騙されるのも時間の問題。 普段から真偽に注意する癖をつけておくことで、詐欺や悪質商法に注意することができます。 しかし、いくら真偽に注意するとはいえ、最初から露骨に疑う気持ちを出すのはよくありません。 最初から疑う気持ちになっていると、人間関係がぎくしゃくします。 友達から勧めされたとき「信じられない」と返事をすると、会話のテンションが下がります。 「こうしたほうがいいよ」とアドバイスされたとき「ありえない」と否定すれば、相手をがっかりさせるでしょう。 珍しい話があったとき「どうせ嘘でしょ」「ばかばかしいね」と否定的な返事をすると、会話が止まるでしょう。 疑う本人に悪気はないとはいえ、最初から露骨に疑うと、会話の雰囲気が悪くなります。 すっきりした印象がなくなり、テンションを下げてしまう。 残念ながら、疑うのが癖になっているのは、純粋とは言いがたい状態です。   純粋な人になるためには「疑う気持ち」より「信じる気持ち」を大切にしましょう。 「ストレートに物事を吸収する」ということです。 友達から勧めされたときも「ありがとう!」と素直に感謝すれば、会話のテンションが上がります。 人にアドバイスされたとき「なるほど!」と前向きな返事をすると、相手も「アドバイスしてよかった」と思うでしょう。 たとえ珍しい話や信じられない話をされても「初耳です。すごいですね!」という前向きな返事をしたい。 信じることから入れば、純粋な一言も出てくるでしょう。 信じることは、会話を弾ませること。 話を信じると、相手も嬉しく思い、どんどん話を続けていくでしょう。 会話が弾み、話に花が咲くのです。   疑うことから始めるのではなく、まず信じることから始めましょう。 コミュニケーションは、信じることから始めるのがマナー。 もちろん何でもむやみに信じるのではよくありませんが、信じることから始めたほうが好印象です。 信じる気持ちが強いと、純粋になれるのです。 「疑う気持ち」より「信じる気持ち」を大切にする。

6
★0

飾った自分を見せるのではない。
ありのままの自分を見せるのだ。

純粋な人になるなら、自分を飾ることに注意しましょう。 もちろん自分を飾ることが悪いわけではありません。 自分の評価や印象を上げるため、時には飾ることもあるでしょう。 短所は隠して、長所だけアピールする。 かっこいい服を着て、自分をよく見せる。 嘘をついてでも、自分を素晴らしく見せようとする。 少し立派に見せたり、実力以上に大きく見せたりすることも、時には悪くありません。 ビジネスでもプライベートでも、自分を飾ることも必要なマナーの1つと言えます。 しかし、いつも飾った自分ばかり見せるとなると、事情が変わります。 いつも飾った自分ばかり見せていると、周りは「それが本当のあなた」と誤解するでしょう。 いつもおしゃれにしていると、周りから「おしゃれな人」という目で見られます。 いつもかっこつけていると、今度はかっこ悪い姿を見せることができなくなります。 いつも博識のふりをしていると、相手はあなたは博識な人として扱い、コミュニケーションが変にもつれることがあります。 飾った自分ばかり見せていると、人付き合いやコミュニケーションに食い違いが生まれます。 「すごいね」「素晴らしいね」と褒められる反面、それは本当の自分ではないため、きちんと喜べません。 「本当の私を見てほしい」と思うようになる。 最初は良くても、後から大変になる。 「きちんと自分を理解されていない」と後悔することになるのです。 では、どうするか。 飾った自分を見せるのではありません。 ありのままの自分を見せましょう。 ありのままの自分を見せることを恐れないでください。 とても純粋な姿です。 ただ事実を見せているのですから、ためらうことも恐れることもありません。 ありのままの自分を見せると、相手はあなたのことを正しく理解してくれます。 「こういう人なのだね」と相手に伝われば、人付き合いもコミュニケーションもスムーズになります。 たとえありのままの自分が地味でかっこ悪くても、それが本当の自分なら、それでいいのです。 嫌われてしまったら仕方ありません。 その人とは、最初から長続きしない関係だったのでしょう。 早めに人間関係を取捨選択できたので、良かったとも言えます。 ありのままの自分を見せて、驚かれてもいいのです。 偽りの自分ではなく、正直な自分を見せているだけです。 何も悪いことはしていないので、堂々とできます。 自然体になることは、自分らしく生きることでもあります。 自分の短所も、隠すのではなく、さらけ出しましょう。 正直に短所をさらけ出すことは、自己開示をすることにもつながります。 ありのままの自分を見せると、相手もほっと安心してくれる、相手もありのままの自分を見せてくれるようになります。 飾った自分よりありのままの自分を見せる。

7
★1

純粋な人には「本音で話す習慣」がある。

純粋な人になりたいなら「本音で話す習慣」が大切です。 本音で話していますか。 建前ばかりの会話をしていませんか。 きちんと本心でコミュニケーションをしているでしょうか。 もちろん本音が好ましくない場面があるでしょう。 落ち込んでいる人に「情けないね」と言うわけにはいきません。 相手の服装が似合ってないとき、ストレートに「ダサい」と言い放てば、相手はショックを受けるかもしれません。 何でも思ったことをそのまま発言すると、相手を傷つけるかもしれません。 相手のコンプレックスを刺激して、不快にさせてしまうこともあるでしょう。 厳しい言葉は、オブラートに包む配慮が必要です。 相手の気持ちを配慮して、言葉を選びながら発言するのは、優しい心の現れといえます。 しかし、いくら言葉遣いに注意するとはいえ、本音を隠してばかりでは、スムーズなコミュニケーションを妨げます。 建前ばかりでは、相手はあなたをきちんと理解するのが大変になります。 本音が伝わらないとコミュニケーションがずれ、コミュニケーションがずれると人間関係もずれるのです。   本音で話す習慣を心がけましょう。 勇気を出して、本音で話してみてください。 思ったことや感じたことを、ありのまま伝えましょう。 建前を取り除いた言葉を発しましょう。 いいものは「良い」と答え、悪いものは「悪い」と答えます。 素晴らしいものは「素晴らしい」と答え、残念なものは「残念」と答えます。 すべて本音で話すのは難しくても、本音を増やすことならできるはずです。 最初は勇気が必要でも、本音で話すことを繰り返していくうちに慣れてきます。 ●本音が言いにくいなら、言い方を工夫する 「本音だから相手を傷つける」と思うのは誤解です。 本音が言いにくいなら、言い方を工夫しましょう。 表現を工夫すれば、本音を聞きやすい表現にできます。 言葉や表現を工夫すれば、本音を言いながら、柔らかい表現にできます。 たとえば「嫌い」という意味を伝える場面があるとします。 ストレートに「嫌い」と言うのではなく「好みではない」と言えばいいことです。 柔らかい表現に変わりますが、きちんと本音になっています。   相手に「やめたほうがいい」と諭したい場面があるとします。 ストレートに「やめなさい」と命令するより「私なら絶対やらない」という言い方にすれば、相手を傷つけないでしょう。 「自分ならこうする」という自分の立場に置き換えた言い方をすれば、本音であっても相手を傷つける心配がありません。   相手に「服が似合っていない」と伝える場面があるとします。 ストレートに「似合っていない」と言うのではなく「あなたらしくないね」と言えば、聞きやすいでしょう。 柔らかい表現に変わりましたが、きちんと本音で話しています。 § 純粋な人になりたいなら、できるだけ本音を心がけましょう。 相手はあなたのことを「純粋な人だな」と理解してくれます。 本音で話すからこそ、本当の人間関係を構築できます。 本音で話す人こそ、純粋な人なのです。 できるだけ本音で話すようにする。

8
★0

純粋な人は、ストレートに感情を表現する。

純粋な人になるためには、ストレートに感情を表現しましょう。 感情を抑えていませんか。 自分の気持ちを無視していませんか。 自分の心をごまかしていないでしょうか。 もちろん私たちの日常では、感情を抑えなければいけない場面もあります。 ありのままの感情をさらけ出すと、周りに迷惑を驚かせたり迷惑をかけたりしてしまいます。 感情を出したくても、場の空気を読んで、抑えなければいけないときもあります。 TPOをわきまえ、穏やかに振る舞わなければいけないときもあります。 特にビジネスの場合、感情の出し方には注意しなければいけません。 子供のように感情を出すと、落ち着きのない様子に映り、ビジネスに支障を来します。 ビジネスでは、感情を抑えながら、粛々と仕事を進めることが求められます。 しかし、常に感情を抑えてばかりでは、ロボットのようになります。 我慢の連続になり、ストレスもたまります。 心の中で思っているだけでは相手に伝わりません。 以心伝心も暗黙の了解も、コミュニケーションの1つですが、頼りすぎてはいけません。 純粋な人になりたいなら、できるだけストレートに感情を表現しましょう。 表現したい気持ちは、態度や表情にも出しながら、きちんと言葉にして言うことが大切です。 楽しいときは、にこにこしながら「楽しい」と言いましょう。 うまくいったときは、ガッツポーズをしながら「やった!」と叫びましょう。 感動したときは、目を見開いて「鳥肌が立った」と言いましょう。 がっかりしたときは、悲しそうな表情をする。 悲しいときは、泣いてもいいのです。 照れたり恥ずかしがったりせず、ストレートに感情を表現しましょう。 豊かな表情とボディーランゲージを交えることができれば完璧です。 表情や身ぶり手ぶりも、コミュニケーションの1つです。 ストレートに感情を表現すると、気持ちが相手にすぐ伝わります。 ストレートな感情表現だからこそ、相手の心を動かし、感動させます。 ストレートな感情表現を心がけていると、相手は「純粋な人だ」と感心してくれるでしょう。   振る舞い方が分からないときは、子供たちを思い出してください。 子供たちは、どんなときも純粋で、ストレートに感情を表現します。 子供たちをお手本にして、ストレートな感情表現に挑戦してください。 ストレートに感情を表現すればするほど、純粋な人になれます。 ストレートに感情を表現しよう。

9
★1

違和感のある意見でも、すぐ否定しない。
まず受け入れよう。

素直になるために大切なのは「会話をどう受け入れるか」です。 会話はキャッチボールです。 相手の返事には、肯定できる意見もあれば、違和感のある意見もあります。 肯定できる意見ならいいのです。 自分の価値観に合った意見なら、肯定の言葉で快く受け入れるといいでしょう。 「そうだよね!」 「同じ意見です!」 「私もそう思う!」 にこにこしながらうなずいて、話を続けていきましょう。 納得できる意見なら、そのまま肯定して、どんどん話を進めていけばいいだけ。 どんどん話が盛り上がっていき、人間関係も良好になっていくでしょう。   問題なのは、違和感のある意見と出会ったときです。 私たちの会話では、時に違和感のある意見と接することがあります。 「納得できない」「それは少し違うのではないか」と思ったとき、どうするかです。 普通なら、相手の意見を否定したくなりますが、ここが大切なポイントです。 違和感があるとはいえ、最初から否定すると、話が続きません。 否定することは、話を折ること。 相手の話を否定すると、そこで話が終わってしまいます。 相手はむっとして、不快にさせてしまうこともあるでしょう。 つまらないトラブルに発展する可能性もゼロではありません。 知識不足のせいで、理解できないだけかもしれません。 誤解や勘違いをしている可能性もあるでしょう。 そのため、違和感のある意見でも、まず受け入れることが大切です。 無理に肯定しなくてもかまいません。 会話はキャッチボールですから、変なボールが飛んできても、まずキャッチすることが大切です。 「なるほど」 「そうですか」 「面白い考え方ですね」 「ユニークな意見ですね」 「そういう考え方もありますね」 こうした返事なら、違和感のある考え方でも、相手の意見を尊重しながら受け入れることができます。 違和感のある意見でも、話を詳しく聞いていくうちに理解できることもあるでしょう。 大切なのは「学ばせてもらう姿勢」です。 学ばせてもらう姿勢になれば、違和感のある意見でも、自分の視野や見識を広げる材料として受け入れることができます。 受け入れる返事をすれば、話を折ることがありません。 会話を続けていけるので、人付き合いもスムーズになります。 いろいろな話を吸収することで、視野や見識も広がっていくのです。 違和感のある意見でも、すぐ否定せず、まず受け入れる。

10
★0

愚痴や悪口を言う人に、純粋な人はいない。

あなたの言葉遣いを振り返ってみてください。 「疲れた」 「最低だね、最悪だね」 「最近、何も面白いことがない」 「この人が嫌い、あの人が嫌い」 「これをしたくない、あれもしたくない」 「仕事が嫌い、生活が苦しい、人生がつまらない」 「あの人と○○するのが嫌」 こうしたネガティブな発言に心当たりがあれば、要注意です。 純粋な人になりたいなら、愚痴や悪口には要注意です。 心の中で思うのはいいですが、言葉に出して言うのは控えたほうがいいでしょう。 ぶつぶつ愚痴や悪口を言う姿は、純粋な人にふさわしくありません。 愚痴や悪口を言っていると、心の中がかき乱され、ますます気分が悪くなっていきます。 愚痴や悪口を言っていると、ますます気力が低下して、元気がなくなっていきます。   愚痴や悪口を言うときの表情は、必ず醜くなっています。 眉間にしわが寄り、口角が垂れ下がり、輪郭が崩れます。 愚痴や悪口を言うときの自分を、鏡で見てみるといいでしょう。 ゆがんだ表情をしていることに気づき、自分でも驚くはずです。 愚痴や悪口を言っていると、老けるのも早くなります。 悪口を言われた人の気持ちになってみてください。 陰でこそこそ自分の悪口を言われて嬉しい人はいないでしょう。 どれだけ素直であろうと、どれだけ笑顔が魅力的であろうと、愚痴や悪口を言う習慣があれば台無し。 愚痴や悪口を言う人に、純粋な人はいないのです。 純粋な人になるなら、愚痴や悪口に注意しましょう。 言いたくなっても、喉のところでぐっと我慢しましょう。   どうしても愚痴や悪口を言いたいなら「意見」として申し伝えましょう。 たとえば、レストランのサービスに不満があるなら、給仕に直接伝えるか、アンケート用紙で間接的に伝えるといいでしょう。 「クレーム」といえば悪い印象を持つかもしれませんが、客観的な意見は、サービス業にとって品質改善のヒントになります。 丁寧な言葉遣いで意見を伝えれば、好意が伝わって、それだけ改善も早くなるでしょう。   友達の悪口を言うなら、陰でこそこそ言うのではなく、直接本人に言えばいいのです。 直接本人に言えば、愚痴でも悪口でもなく、話し合いになります。 「乱暴で感情的な話し方」ではなく「丁寧で理性的な話し方」を心がけるのがポイントです。 落ち着いた話し方をすれば、話の内容に集中しやすくなるため、意図がきちんと伝わります。 愚痴や悪口を言わない。

11
★0

親の小言を逆らわず受け入れることも、純粋になるトレーニング。

純粋な人になるために大切な態度は「素直」です。 相手の意見や命令に逆らわず、できるだけ素直になることが大切です。 上司や友達の意見や命令に、できるだけ逆らわず従います。 ところが、素直になりたくても、特に難しい相手がいます。 上司でもありません。 友達でもありません。 あなたの親です。 親はあなたにとって最も反抗的な態度を取りたい相手でしょう。 親から言われる小言は、ちょっとした一言でも、うるさく感じやすい。 上司や友達から言われたことには素直になれても、親に対しては反抗的になりやすくなります。 親に小言を言われたとき「嫌だ」「うるさい」と反射的に反抗したくなります。 地球上で最も反抗したい相手は、親と言っても過言ではありません。 知り合いから言われることは純粋に受け入れることができても、親から言われることは受け入れにくいもの。 親から言われることは、正論であっても、むかむか感じる人が多いのではないでしょうか。 しかし、ここが試される瞬間です。 純粋になるトレーニングとして、親の小言を受け入れるようになってください。 親から言われる小言でも、できるだけ逆らわず、純粋に受け入れてみることです。 「そうだね」 「分かった」 「そういう考えもあるね」 むかむかしながらでもいいので、素直に受け入れてください。 親の意見に賛成できないなら「そうだね」と言いながら、さらりと流せばいいこと。 親に「手伝ってほしい」と言われたことは、なるべく従うようにします。 自分が子供扱いされているように感じて、嫌かもしれませんが、純粋になるためのトレーニングです。 心を安定させて、親に反抗的な態度を見せません。 むかむかしても、とにかく冷静を貫くことです。 最も大変な親を相手に、逆らわず素直になることができれば、あなたは本物です。 もし親の小言を受け入れるようになれば、うるさい上司の小言がかわいらしく思えるでしょう。 親の小言を逆らわず受け入れることも、純粋になるトレーニングの1つ。 純粋になるためのトレーニングは、実は最も身近なところにあったのです。 親の小言に、逆らわず、素直に受け入れる。

12
★0

正直で純粋な人はいても、嘘つきで純粋な人はいない。

純粋な人になるための絶対条件の1つ。 それは「正直」です。 純粋な人になりたいなら、嘘には注意しましょう。 もちろん完全に嘘を禁止にするわけではありません。 時には嘘も必要でしょう。 相手を励ましたり元気づけたり希望をもたらしたりする嘘ならいいのです。 それは良い嘘です。 良い嘘は、人間関係の潤滑油になります。 たとえ嘘であっても、きちんと相手に役立てば、感謝されるでしょう。 ポジティブな意味のある嘘は、時には役立ちます。 しかし、日頃から嘘ばかり言っているならイエローカードです。 やっていないのに「やった」と嘘をつく。 できていないのに「できた」と嘘をつく。 持っていないのに「持っている」を嘘をつく。 見たことがないのに「見たことがある」と嘘をつく。 経験したことがないのに「経験したことがある」と嘘をつく。 見栄を張ろうとすると、つい嘘を言ってしまうことがあります。 高評価・好印象を得るために、嘘をつくこともあるかもしれません。 悪気はないにせよ、やはり嘘をついている事実に変わりありません。 一度嘘をついてしまうと、維持するのが大変です。 話のつじつまを合わせるために、再び嘘をつかなければいけません。 どんどん嘘が増えていき、考えるのが大変になり、頭の中も混乱します。 いつか嘘とばれたら、あなたの信用が落ちてしまい、人間関係に傷をつけます。 嘘で塗り固められた人生には、偽りの人生が待っています。 嘘ばかりついていると、そのときはやり過ごせても、後から何倍も大きな苦労とストレスが襲ってくるのです。   「自分は嘘をついていない」と思う人でも油断はできません。 「無自覚の嘘」というパターンがあるからです。 一般的な嘘は、本人に自覚がありますが、無自覚というケースも少なくありません。 無意識のうちに嘘を言っていないか、自分の会話を振り返ってみてください。 事実と違っていることを話しているなら、嘘をついていることになります。 建前とはいえ、あまり大げさになると、れっきとした嘘の1つ。 嘘をつくことが無自覚かつ習慣化されていれば、もはや虚言癖です。 無自覚の嘘に心当たりがあるなら、今すぐ意識をして改善に取りかかってください。 評価が下がろうと、印象が悪くなろうと、正直に話す習慣をつけましょう。 たとえかっこ悪く思われたとしても、正直でいることが大切です。 正直に真実を話した上で、かっこ悪い思われてもいいのです。 別に何も悪いことをしているわけではありません。 正直に真実を話しているのですから、堂々とすることができます。 純粋な人は、必ず正直です。 正直で純粋な人はいても、嘘つきで純粋な人はいません。 正直は、純粋な人になるための絶対条件の1つです。 嘘をつかず、正直を心がける。

13
★0

純粋な人だから、シンプルを心がけるのではない。
シンプルを心がけるから、純粋な人になれる。

純粋な人になるために心がけたい習慣。 それは「シンプル」です。 「シンプルに考え、シンプルに行動して、シンプルに生きる」ということです。 難しく考えていませんか。 複雑に行動していませんか。 たしかに難しいことや複雑なことは、レベルの高い印象があります。 難しく考えたり複雑に行動したりするほうが、知的で大人っぽく見えやすいでしょう。 「いい年をした大人だから、難しいことをしたほうがいい」という気持ちもあるかもしれません。 「複雑で難しいことに取り組んでいる」と思えば、誇らしい気持ちになるはずです。   仕事で必要な状況もあるでしょう。 ミスや失敗が許されない状況では、難しく考えたり複雑に行動をしたりしなければいけないこともあります。 しかし、複雑に考えたり行動したりしていると、心身を激しく消耗します。 難しく考えていると分かりにくくなり、頭が混乱してきます。 考えるのが大変になるとストレスも増えて、疲れやすくなるでしょう。   複雑な行動にも要注意です。 複雑な行動をしていると、時間や労力がかかる上、ミスや間違いを増やす原因にもなります。   純粋な人になるために大切なのは「シンプル」です。 純粋な人は、いつもシンプルを心がけています。 難しく考えず、できるだけシンプルに考えるようにします。 「何が一番大切なことだろうか」と考えていて、本質を見抜こうとしています。 シンプルに考えると、物事の見通しがよくなります。 見通しが良くなるから、頭の回転も速くなり、解決も早くなります。 ストレスも小さくなって、疲れにくくなります。 シンプルに考えているおかげで、いつも明るい気持ちに包まれていて、にこにこしながら生きているのです。   純粋な人は、行動もシンプルです。 余計な駆け引きはしません。 思わせぶりの態度もしません。 できるだけ複雑な行動を避けるようにしています。 行動がシンプルになると、最短距離で目標に向かうことができ、仕事のスピードが向上します。 結果として、素晴らしい結果を発揮できるのです。   何事もシンプルが一番です。 複雑で困ることはあっても、シンプルで困ることはありません。 純粋な人だから、シンプルを心がけるのではありません。 シンプルを心がけるから、純粋な人になれるのです。 「これでもか」というくらい、徹底的にシンプルを心がけましょう。 シンプルになると、人生がいいことずくめになります。 シンプルは、幸せになるための近道です。 徹底的にシンプルを心がける。

14
★0

純粋な人には、打算や損得勘定がない。

純粋な人になりたいなら、打算や損得勘定に要注意です。 打算や損得勘定を考えるのではありません。 打算や損得勘定を忘れるのです。 もちろん打算や損得勘定は、誰でも多少はあるもの。 世の中を賢く生きるには、処世術の1つとして、打算や損得勘定を考えて行動しなければいけないときもあります。 ビジネスでは、打算や損得勘定があるのは当然のこと。 金銭が伴う営利活動では、利益優先の考え方で動くことはあるでしょう。 子供でも、打算や損得勘定を考えることはあります。 面白いゲームを持っている友達には仲良く近づき、好きな人の前では特別優しくなるでしょう。 しかし、打算や損得勘定があるとはいえ、それに支配されるのはよくありません。 打算や損得勘定は、言い換えると「下心」であり「私利私欲」です。 自分の利益だけを計ろうとする、卑しい欲望があります。 打算が働いて、人に近づく。 見返りを求めて、わざと親切に接する。 下心や私利私欲が目立つ振る舞いは、客観的に見ると、余裕のない様子に映ります。 いくら表向きは好印象であっても、実際は卑しい下心があり、純粋とは言えません。 最初は親切な様子をアピールできても、いつかばれます。 うまく取り繕うことができても、時間の問題。 打算や損得勘定は、不自然な様子があるため、しばらくすると見抜かれるのが定番です。 「打算・損得勘定で動いている」と正体がばれると、一気に悪印象になり、さっと人が避けていくでしょう。   純粋な人になるためには、打算や損得勘定を忘れることが大切です。 純粋な人は、打算や損得勘定がありません。 誰にでも公平かつ平等に接します。 下心があって人に近づくのではなく、仲良くなりたい純粋な気持ちで人に近づきます。 見返りを求めて特定の人だけ親切になるのではなく、純粋な心で誰にでも親切に接します。 誰にでも公平に接するから、純粋な心が相手に伝わって喜ばれます。   打算や損得勘定に心当たりがあれば、注意したほうがいいでしょう。 打算や損得勘定をゼロにするのは難しいですが、減らすことならできるはずです。 打算や損得勘定を考えなければいけない場面もありますが、最小限に抑えるのがいいでしょう。 ピュアなハートを意識しましょう。 できるだけ打算や損得勘定を忘れ、ピュアに振る舞うことが大切です。 打算や損得勘定を忘れ、純粋な心で振る舞う。

15
★1

人によって態度を変える人は、純粋な人とは言えない。

純粋な人になるために注意したい態度があります。 それは「人によって態度を変えること」です。 人によって態度を変えていませんか。 もちろん好意を寄せている人の前で、態度が少し変わるくらいならいいのです。 特別な好意があれば、笑顔が増えたり特別優しくなったりすることもあるでしょう。 「自分を気に入ってもらいたい」という心理が働きます。 もしくは好きな人の前だからこそ、ぎこちない態度になることもあるでしょう。 照れや恥ずかしさがあって、目を合わせにくかったり、どきどきしたりします。 特別な人の前では、普通の態度になりたくても、なかなか難しいもの。 恋愛感情があると、生理的な作用が働き、普通とは少し違った態度になるのは当然のことです。 しかし、生理的な作用ではなく、上限関係を意識した態度の変わり方となると話は変わります。 上司の前ではぺこぺこして、部下の前ではふんぞり返る。 年上には謙虚な態度になって、年下には乱暴な態度になる。 普段は普通なのに、レストランの店員の前では、急に偉そうな態度になる。 立場の高い人には丁寧になり、そうでない相手の前では乱暴になります。 こうした露骨な態度の急変に心当たりがあれば、要注意です。 上限関係を意識した態度の変わり方は、スマートではありません。 人によって態度を変える人は、純粋な人とは言えません。 人によって急に態度が変わるのは、打算や損得勘定が働いている証拠です。 周りから見て「裏表のある人」として映り、嫌な印象を受けるでしょう。 優しくされても「裏があるのではないか」と疑ってしまい、素直に喜べなくなります。 客観的に見たとき、丁寧な姿より乱暴な姿のほうが「その人の本性」として解釈されます。 普段は優しそうな人でも、あるとき乱暴な姿をさらけ出すと、周りの人から「こういう人だったのか」と幻滅されるのです。   自分の振る舞いを振り返ってみてください。 人によってころころ態度を変えていないでしょうか。 無意識の癖になっている人もいるでしょう。 「自分は大丈夫」と思う人にかぎって、意外と人によって態度を変えているもの。 もし癖になっているなら、今すぐ改善を心がけましょう。   純粋な人になるためには、誰にでも同じ態度を貫くことが大切です。 心がけたいのは「謙虚な態度」と「丁寧な言葉遣い」です。 普段から謙虚な態度と丁寧な言葉遣いを意識していれば、相手の立場や年齢に関係なく、一貫した態度でいられます。 態度に統一感を持たせることが大切です。 態度に統一感があれば、相手はあなたのキャラクターを正しく理解してくれます。 人によって態度を変えない。 普段から謙虚な態度と丁寧な言葉遣いを心がけ、統一感を持たせる。

16
★1

純粋な人は「心の声」を大切にしている。

純粋な人の特徴の1つ。 それは「心の声を大切にしている」ということです。   純粋な人は、打算や損得勘定には関心がありません。 打算や損得勘定がゼロというわけではありませんが、それよりまず大切にしているのは、自分の心です。 自分は今、どう感じているのか。 自分は今、どんな気持ちなのか。 自分は何がしたいのか、何をしたくないか。 いつも自分の心に意識を向け、心の変化を捉えています。 そして心の声に従って行動をしています。   楽しそうなことがあれば、子供のように飛びつきます。 楽しそうなことをすると、楽しいことが待ち受けています。 今すぐハッピーな気持ちになり、心が幸福感で満たされます。   嫌なことがあれば、できるだけ避けます。 嫌なことは、嫌だからです。 不快なことを避けるから、ストレスも減って、いつもにこにこしていられます。   不思議なことがあれば、「何だろう」と思いながら近づきます。 近づいてみるから詳しく知ることができ「なるほど!」と納得できます。 視野と見識が広がったことが嬉しく、目をきらきらさせます。   「やってみようよ」という心の声が聞こえれば、ゴーサインです。 「やめたほうがいいよ」という心の声が聞こえれば、ストップサインです。 心の声に従っていると、自然と運もよくなります。 自分らしい行動になるため、生き方がスムーズになるのです。 ネガティブな気持ちになることを避け、ポジティブな気持ちになることをしているので、いつもご機嫌でいられます。 いつもご機嫌だから、明るい雰囲気が出て、ますます人も集まってくるのです。   あなたはいかがでしょうか。 自分の心を無視していませんか。 打算や損得勘定ばかり考えていませんか。 もちろん打算や損得勘定が悪いわけではありません。 「これをしたらどんな得があって、どんな損があるだろうか」と考えるでしょう。 もちろん打算や損得勘定が働くときもありますが、できるだけ最小限に抑えましょう。 自分の心の声を無視していると、純粋な人にはなれません。 純粋な人になりたいなら、自分の心の声を大切にしましょう。 自分の人生の主役は、自分です。 心の声に耳を傾けてください。 あなたの心を感じることができるのは、あなただけです。 心の声を大切にするということは、自分を大切にすることでもあります。 心の声を大切にすると、自分らしい判断や決断ができ、自分らしく生きられます。 心の声を大切にすると、純粋な人になれるのです。 心の声を大切にする。

17
★0

駆け引きの名人になるな。
ストレートの名人になれ。

純粋な人になりたいなら、駆け引きには注意しましょう。 駆け引きとは、自分が有利になるよう、相手の出方や事情によって態度を変えて処置することをいいます。 私たちの日常には、さまざまな駆け引きがあります。 仕事の駆け引き、スポーツの駆け引き、恋愛の駆け引き。 もちろん完全に駆け引きが厳禁というわけではありません。 ゲームやスポーツなどの勝負事では、駆け引きが一般的です。 あくまで勝負事ですから、駆け引きも実力の1つ。 また、ビジネスにおいても駆け引きをしなければいけない場面があります。 交渉では、先方の出方に応じて値段を変えたり条件を変えたりすることもあるでしょう。 企業は営利活動を行う組織体ですから、駆け引きはあって当然です。 駆け引きとはいえ、あくまで必要の範囲ならいいのです。 しかし、何でもかんでも駆け引きにするのはよくありません。 駆け引きばかり考える生活は疲れます。 相手の様子を確認しなければいけません。 策略を考えたり、相手の心の裏を読んだりする必要もあります。 あれこれ妄想を働かせたり、先読みをしなければいけなかったりして、余計なところでエネルギーを消耗します。 常に緊張することになって、リラックスができません。 変化球を投げることになるので、誤解を生むこともあるでしょう。 誤解が生まれたら、誤解を解かなければいかなくなり、ますます疲れます。 いつも駆け引きばかり考えていると、習慣になってしまい、自然体で接することができなくなります。 斜め上から考えてばかりいると、性格までゆがんでくる。 駆け引きがある様子は純粋とは言えません。 純粋な人になりたいなら、駆け引きには要注意です。 駆け引きの名人になるのではありません。 取り組みたいのは、ストレートな振る舞いです。 やってみたい仕事があるなら「やらせてください」とストレートに言います。 断るときは「やめておきます」とストレートに断る。 要件があるなら、曖昧な言葉は使わず、はっきり言います。 言いたいことがあるなら、以心伝心に頼らず、きちんと言葉にして言います。 変化球ではなく、直球を投げましょう。 何事もストレートにアプローチします。 ストレートに振る舞えば、誤解されることもありません。 「こうなんだよ」という意図がそのまま伝わるので、最も分かりやすいのです。   「自分では大丈夫」と思っていても、あらためて振り返ってみてください。 特筆すべきは「無意識に駆け引きをしていることがある」という点です。 往々にして駆け引きは、無意識のうちに行われていることが少なくありません。 自分の振る舞いを振り返って、心当たりがあれば、今すぐ直しましょう。 ストレートの名人になれると、純粋な人になれるのです。 余計な駆け引きをせず、ストレートに振る舞おう。

18
★0

自分が間違っていれば、余計な言い訳せず、すぐ認める。

時に私たちは、間違うことがあります。 計算を間違える、注文を間違える、約束の時間を間違える。 誤解していることもあれば、単純に勘違いすることもあるでしょう。 もちろん悪気はありません。 人間ですから間違えることがあるのは当然のこと。 子供だけでなく、大人であっても間違えることはあります。   問題なのは、間違えた直後です。 保身の気持ちが湧いて、言い訳をしていないでしょうか。 「あの人のせいで間違えた」 「ちょっと勘違いしていただけ」 「たまたまタイミングが悪かっただけ」 「間違っているとは思わなかった」 「こんなのは間違いのうちに入らない」 あれこれ言い訳をする様子は、純粋ではありません。 言い訳から始めるのは、自分を守りたい気持ちを優先させている証拠です。 必死に自己保身をしている様子に見えます。 余計な言い訳をすると、責任逃れをしようする姿として映り、相手を不快にさせるでしょう。 なかなか認めないせいで、間違いによる被害が広がり、大きなトラブルに発展する可能性もゼロではありません。 あなたの周りにいる純粋な人を思い出してください。 きっと認めるのが早いはずです。 純粋な人は、間違いを認めるのが早い。 「自分が間違っている」と分かったら、余計な言い訳をせず、すぐ認めます。 ぐだぐだ言い訳をしているかぎり、純粋な人にはなれないのです。   純粋な人になりたいなら、言い訳せず、きちんと認めましょう。 余計な見栄やプライドは捨ててしまいましょう。 評価が下がろうと印象が悪くなろうと関係ありません。 叱られるかもしれませんが、間違えたのは事実ですから、きちんと認めることが大切です。 「私が間違っていました。申し訳ございません」 言い訳をせず、すぐ認めます。 そうすれば、相手の怒りもすぐ収まり、余計なトラブルを抑えることができます。 間違いがあるのは悪いことではありません。 間違いを認めないのが悪いのです。 間違えればやり直せばいいだけのこと。 言い訳しないで認めたほうが、かえって好印象になることも少なくありません。 言い逃れ・責任逃れをしなかったことで「誠実」や「正直」が伝わるのです。   どうしても言い訳を説明したいなら、きちんと認めた後がいいでしょう。 言い訳をするなら順番が大切です。 きちんと認めて、誠実に謝った上で言い訳をすれば、比較的穏便に受け入れてもらえます。 正当な理由であれば、相手から理解を示してもらえるはずです。 自分が間違っていれば、言い訳せず、すぐ認める。

19
★0

素直な人になると、成長が早くなる。

素直な人になるメリットは、人間関係がスムーズになるだけではありません。 素直な人になると、成長が早くなります。 1.2倍や1.5倍では小幅ではなく、2倍や3倍といった大幅なスピードアップを期待できます。   私たちは普段、無意識のうちに情報のえり好みをしています。 興味のある情報は吸収して、興味のない情報は無視します。 自分の価値観に合っている考え方なら肯定して、自分の価値観に合っていない考え方は否定します。 ストレスは小さくなる反面、偏った情報しか吸収できなくなっています。 結果として、いつの間にか成長の機会を逃しています。   ところが素直になると、心の器が大きくなるため、さまざまな意見を受け入れることができます。 興味のある情報・納得できる意見だけではありません。 無関心な情報・納得できない意見もあるでしょう。 ストレスを感じる意見は、見方によっては、自分に足りない情報とも言えます。 ストレスを感じる意見であればあるほど「自分に足りない何か」がある証拠です。 ためになる意見だけでなく、耳の痛い意見も受け入れることができるようになります。 自分にとって新鮮な知識や考え方を手にすることができる。 どんな意見も情報も、分け隔てなく吸収できるため、視野や見識を広げることに役立ちます。 アドバイスも素直に聞けるため、余計なミスや失敗を避けることもできます。 結果として、成長が早くなるのです。   あなたの周りにいる「賢い人」を見てみてください。 賢い人には、素直な人が多いのではないでしょうか。 賢いから素直になったのではありません。 素直だから賢くなれたのです。 何でも素直に話を聞ける人は、スムーズに情報を吸収できるようになります。   せっかく貴重な意見が聞けるというのに、拒んでしまうのはもったいないこと。 有料に匹敵する貴重な情報を捨てていることになります。 人の意見を聞くだけなら無料です。 素直になるということは、吸収力を高めることであり、成長スピードを上げることでもあります。 さまざまな人の意見をスムーズに受け入れることができるようになるため、どんどん成長していくのです。 素直な人になって、情報の吸収力を高め、ぐいぐい成長する。

20
★0

純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」がある。

純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」があります。 仕事も勉強も、真剣に取り組む。 スポーツも部活動も、真剣に取り組む。 恋愛も交際も、真剣に取り組む。 仕事の雑用であっても、手抜きをせず、真剣に取り組みます。 たとえ無償のボランティア活動であっても、やると決めたら、真剣に取り組みます。 真剣な目つきでまっすぐ見つめ、少し前屈みの姿勢で取り組みます。 何事も真剣に取り組むのは、純粋な姿。 純粋な人は、ピュアなハートを持っているため「サボる」「手を抜く」「ごまかす」といった概念はありません。 いつも真剣に取り組んでいるから、最高の結果を発揮できます。   純粋な人になるなら、何事も真剣に取り組みましょう。 「時間があるときにしよう」と後回しにしたくなるかもしれません。 サボりたくなることもあれば、手を抜きたくなることもあるでしょう。 意気揚々と始めたものの、途中で嫌になって、逃げたくなるときもあるかもしれません。 しかし、ここが大事な場面です。 怠け心を吹き飛ばしてください。 さっと重い腰を上げ、勢いよく取りかかりましょう。 サボらず、ふざけず、手抜きもせず、真剣に仕事をするのです。 「やるべきことをやる」という当たり前のことをするだけです。 妥協を許さず、細部にも注意を払いましょう。 自分の持てるパワーをすべて出し切るイメージです。 真剣になるとは、本気になること。 真剣に取り組むから、自分のすべてを出し切ることができ、最高の結果を発揮することができます。 疲れたときも、ため息はつかず、深呼吸しましょう。 大きく息を吸い込んで酸素を取り入れれば、内側から元気を出てきます。 真剣に取り組むことは、後悔を減らすことにもつながります。 全力を尽くしたなら、残念な結果に終わっても悔いは残りません。 「やるだけのことはやった」と納得できるので、心がすっきりして、晴れやかな気持ちになれます。   真剣に取り組めば、気持ちのいい疲れを感じることができます。 気持ちのいい疲れを感じることができるから、夜ぐっすり寝られます。 夜ぐっすり寝られるから、気持ちのいい朝を迎えられ、朝をスタートダッシュできます。 生活リズムも整うことで好循環が生まれ、ますます純粋になっていくのです。   何事も真剣に取り組むことを、生きる上での基本姿勢としてください。 特別なときだけ真剣に取り組むのではなく、普段から真剣に取り組むことを習慣にしておきましょう。 何事も真剣に取り組む。

21
★1

純粋な人は、直感を大切にする。

純粋な人が大切にしている感性があります。 それは「直感」です。 直感が働いたら、それを信じて行動します。 「何だか良い予感がある」と思ったら、とりあえず試してみます。 「何だか嫌な予感がする」と思ったら、とりあえずやめます。 自分の直感を大切にしていて、直感に従った生き方をしています。 面白いことに直感がよく当たります。 直感に従って行動していると、占い師も驚くほど、物事がすいすいうまくいきます。 純粋な人は、何か強い力を身につけているようです。   きっとあなたにも直感が働く瞬間があるでしょう。 直感を大切にしていますか。 あるとき突然、びびっと頭の中に電流のようなものが走ることがあります。 「何だかいいことがありそうな気がする」というポジティブな直感もあるでしょう。 「何だか不吉な予感がする」というネガティブな直感もあるでしょう。 不思議な感覚が湧き起こる。 天の啓示を受けたかのような瞬間と言ってもいいでしょう。   「直感なんて当てにならない」 疑わしく思うかもしれませんが誤解です。 直感とはいえ、根拠がゼロではありません。 私たちが過去に経験した記憶は、脳の深いところで眠っている状態になっています。 忘れたように感じていますが、実際は忘れておらず、潜在意識の奥底に保管されています。 それがある出来事と接したとき、一瞬で検索がかかります。 その出来事がトリガーになって、潜在意識に眠っている記憶が呼び覚まされる。 それが、直感です。 直感の発生原因は、自分が過去に経験した記憶です。 つまり直感は、過去の記憶の集大成です。 「直感はおおむね正しい」と言って過言ではありません。 ぼんやりした感覚ではあるものの、もともと自分の経験が根拠になっているため、少なからず信用できます。 直感が外れることもありますが、比率としては当たることのほうが多いでしょう。 結局のところ、直感を大切にすることは、自分の心の声を大切にすることでもあります。 直感が働いたとき、従うか無視するかを決めるのは、あなたです。 直感をどうしようと自由ですが、純粋な人になりたいなら、できるだけ直感を大切にするのがいいでしょう。 直感だけですべて決めるのは難しくても、参考にする程度ならできるでしょう。 「直感は、過去の記憶の集大成」と思えば、いかに重要な感覚であるか、実感できるはずです。 直感を大切にする。

22
★0

純粋な人は、ロジカルよりフィーリングを大切にする。

純粋な人になりたいなら、ロジカルに注意しましょう。 もちろんロジカルが悪いわけではありません。 論理的思考では、ロジカルに考えることが基本です。 説明するときも説得するときも、ロジカルが欠かせません。 「なんとなく」という言い方では、相手を説得できないでしょう。 ロジカルに考え、理屈に合えば、説得力に変わります。 ロジカルな説明だからこそ、相手の心を動かせます。 しかし、何でもロジカルに考えればいいかというと、注意が必要です。 ロジカルを徹底することは、ロジカルに考えることとしかできなくなるデメリットがあります。 「理屈に合っていないことはNG」ということになる。 型にはまった考え方しかできなくなり、堅苦しくなりがちです。 じっくり頭を使うことになるため、エネルギーの消耗も激しくなって疲れやすくなります。 理屈に合ったことしかできなくなり、面白みや楽しみに欠けるのです。   ロジカルも大切ですが、純粋な人になるなら、もっと大切にしたいものがあります。 それが「フィーリング」です。 フィーリングとは、直感的に感じる気分であり感情です。 「何だか落ち着く」 「なんとなく感じがいい」 「どことなく気持ちが引かれる」 フィーリングが合うと、歯車と歯車がぴたっと噛み合うような快感があります。 純粋な人は、ロジカルよりフィーリングを大切にしています。 たとえば、レストランに入ったとき、メニューの選び方が感性的です。 ざっと全体を眺めた後「これが食べたい!」と思ったら、さっと決めます。 あまり深く考えていません。 ロジカルではなく、フィーリングで決めます。   服を決めるときも、ロジカルではなく、フィーリングで決めます。 「これがいいな!」と思ったら、さっと決めます。 ぐだぐだ迷いません。 選び方がスピーディーかつ感性的です。 「なんとなくいいな」というぼんやりした感覚です。 フィーリングを大切にしているので、常に自分に合ったものを選べます。   AかBかで迷ったときも、最終的にフィーリングで決めます。 「こっちのほうがしっくりくる」と思ったら、そのままゴーサインです。 「フィーリングで決める」ということは「自分の感性を大切にする」ということです。 おのずと自分の好みを選ぶようになります。 自分に合った選択ができるため、後悔も減らせます。   純粋な人になりたいなら、フィーリングを大切にしましょう。 ロジカルが禁止というわけではありませんが、最小限に抑えるのがいいでしょう。 大切なのは、あくまでロジカルよりフィーリングです。 選ぶ理由は「フィーリングが合うから」で十分です。 フィーリングを大切にするから、純粋な人になれるのです。 ロジカルよりフィーリングを大切にする。

23
★0

純粋な人になることは、素直な人になることでもある。

純粋な人になるためには「素直」を意識しましょう。 「純粋な人」と「素直な人」は、別ではあるものの、方向性として似ているところがあります。 実際のところ、純粋な人と素直な人は、多くの共通点があります。 ・人の言動を逆らわないで受け入れる ・性格や態度にひねくれたところがない ・打算や損得勘定がない ・柔軟な思考がある ・のびのび生きている ・嘘や建前を嫌い、常に正直 ・自分らしく振る舞っている ・いつもにこにこしていて明るい こうした素直の特徴は、純粋な人の特徴と共通です。 一言で言えば「心にひねくれたところがない」という点が共通しています。 そのため、純粋な人になりたいなら、素直な人になることを意識してもうまくいきます。 純粋な人は素直な人であり、素直な人は純粋な人でもあります。 素直になって好かれることはあっても、嫌われることはありません。 素直になると、物事の吸収力が高まるため、成長も早くなります。 すでに素直なら、もっと素直になることを意識してみてください。 ピュアなハートを意識しましょう。 周りから「素直だね」と言われるようになれば、純粋な人になっているでしょう。 純粋な人になると同時に、素直な人にもなれるのです。 純粋な人になるために、素直な人になる。

24
★0

純粋な人は、分からないことを質問する習慣がある。

話の途中で、分からないことに遭遇することがあります。 分からないことがあったとき、どうするか。 ここが、純粋かどうかを決める重要ポイントです。   「意味が分からない。どういう意味だろうか」 分からないことを質問するとき、とっさに恥ずかしい気持ちが悪く人もいるでしょう。 恥ずかしい気持ちが湧くのはいいのですが、そこで質問をためらう人もいるはずです。 質問を恥ずかしがっていませんか。 「質問すると、頭が悪いと思われそう。ばかと思われそう」 心理的な抵抗感があって、聞きそびれることもあるでしょう。 しかし、きちんと純粋な行動を取ることが大切です。 純粋な人になりたいなら、恥ずかしくても、きちんと質問する習慣をつけましょう。 「分からないから質問する」という行動は、当たり前のことであり、純粋な行動です。   「そんなことも知らないの?」と不思議に思われてもいいのです。 知らないことは知らないのですから仕方ありません。 頭が悪いと思われようとかっこ悪く映っても、自分が気にしなければいいこと。 ビジネスの場合、分からないことを放置するのは悪影響があります。 分からないまま仕事を進めていると、ミスや失敗につながって、トラブルに発展する可能性もあります。 きちんと質問して、分からないことを解決していくことで、トラブルを未然に防げます。 知識力より、質問力を身につけてください。 質問力があれば、たとえ知識が乏しくても、カバーすることができます。   質問することは好印象につながることも少なくありません。 勇気を出して質問する様子は、相手にも伝わります。 「きちんと質問できて素晴らしい」と純粋な印象を受けるでしょう。 たった一言でいいのです。 「分からないので教えてください」 勇気を出して質問すれば、相手は快く教えてくれるでしょう。 相手が部下でも年下でも、純粋に質問する姿勢が大切です。 もう少し謙虚な言い方をしたいなら、次の言い方はいかがでしょうか。 「私は頭が悪いので知りませんでした。詳しく教えていただけないでしょうか」 腰を低くして丁寧にお願いすれば、頑固な人でも、心を開いて教えてくれるでしょう。 相手に嫌な顔をされようと、ため息をつかれようと、やはりきちんと質問することです。 勇気を出して、質問しましょう。 純粋な人になりたいなら、恥ずかしさは忘れることが大切です。 照れながらでもいいので、分からないことは、質問しましょう。 分からないことは、恥ずかしがらず、きちんと質問する。

25
★4

思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。

生活の中で、ふと行動意欲が湧く瞬間があります。 本を読んだとき、人から話を聞いたとき、テレビ番組を見たとき。 よい情報を知ったら、一瞬で気持ちが高揚して、心が熱くなります。 何らかのきっかけで「やってみたい!」という行動意欲が湧いた経験があるのではないでしょうか。 この瞬間がポイントです。 純粋でない人は、ここで余計なことを考えてしまいます。 「失敗したらどうしよう」 「ばかにされたらどうしよう」 「どれだけ損があるだろうか」 「本当に自分に必要なことだろうか」 「いったん保留にしておこうかな」 必要な時間やお金、失敗したときのリスク、利害損得、メリット・デメリット。 行動する前から、さまざまな可能性を張り巡らして考えようとします。 もちろん慎重になるのはいいですが、考えれば考えるほど余計な雑念が出てきて、考えが鈍ってきます。 同時にマイナス面も目立ってきて、行動意欲がそがれていきます。 人間には、リスクを避ける本能があります。 最初は行動意欲があっても、さまざまなことを考えているうちに思考が混乱してきます。 深く考えれば考えるほど、不安要素に意識が向くようになります。 時間が経つと、やる気も冷めていく。 だんだん行動意欲がそがれていき、結局は行動しない結論に至るのです。 せっかく純粋な人になりたくても、ぐずぐずしていると、やる気も意欲も失われます。 そこで心がけたいのが「すぐ行動する習慣」です。 思い立ったら、すぐ行動する習慣をつけましょう。 純粋な人になるためには、思い立ったら、すぐ行動する習慣が欠かせません。 たとえば、本を読んで、いいことを知ったら、すぐ実行してみます。 「時間があればやってみる」「機会があれば試してみる」と考えるのではなく、すぐ取りかかることが大切です。 すぐ動き始めれば、勢いもできるので、成功率も高くなるでしょう。 旅行に行きたいと思ったら、できるだけすぐ計画を始めたほうがいいでしょう。 今すぐ旅行に行けなくても、調べたり計画を立てたりするくらいならできるはずです。 どうしても都合が悪くなれば、後からキャンセルをすればいいだけです。 もしすぐ行動することで失敗することがあってもいいのです。 失敗をしても経験が残ります。 失敗から教訓を学べるので、次に生かせるでしょう。 やる気は生ものです。 やる気の火が大きくても、ほうっておくと、すぐ消えてしまいます。 思い立ったら、その日のうちに行動を始めましょう。 できれば、思い立った瞬間から動き始めたい。 思い立ったらすぐ行動することで、やる気と勢いを上手に生かせます。 純粋な気持ちを大切にできるのです。 思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。

26
★0

純粋な人は、人目を気にせず、自分らしく振る舞っている。

純粋な人になるためには、恥ずかしさを克服することが大切です。 恥ずかしい気持ちがあると、心理的な抵抗感が生まれ、自然と消極的になってしまいます。 では、どうすれば恥ずかしさを克服できるのか。 その1つが「人目を気にせず、自分らしく振る舞う」というポイントです。 恥ずかしい気持ちがあるのは、心のどこかで人目を気にしていることが原因です。 「自分はどう思われているのだろう」 「私はどんなふうに見られているのだろう」 「私の印象や評価はどうなっているのだろう」 こうした心情に心当たりがあれば、要注意です。 自意識が過剰であり、まだ自分らしく振る舞えていません。 もちろん私たちは、人目を気にしながら振る舞うこともありますが、過度に意識するのはよくありません。 人目を気にしていると、緊張とストレスが生まれ、体がこわばります。 心拍数が上がり、変な汗が出る。 人目を気にしていると、監視や束縛をされているような錯覚が生まれます。 窮屈に感じ、自分らしく生きるのが難しくなるのです。   あなたの身近に「純粋だな」という人がいれば、その人の振る舞い方を思い出してください。 きっとその人は、人目を気にせず、自分らしく振る舞っているのではないでしょうか。 周りがどう思うと気にせず、ひたすら自分に集中しているはずです。 その人を見習って、あなたも人目を気にせず、自分らしく振る舞ってみてください。 人目を気にしたところで仕方ありません。 「人は人、自分は自分」と言い聞かせましょう。 人からどう思われようと、自分が気にしなければいいこと。 あくまで自分らしく振る舞うことが大切です。 自分らしい選択をして、自分らしい決断をしましょう。 自分らしく行動して、自分らしい生き方を追求しましょう。 普通とはかけ離れていても、それが自分らしければOKです。 笑いたい人がいれば、笑わせておけばいいのです。 相手があなたをどう思おうと、あなたには関係ないこと。 自分らしく振る舞っていれば、自分らしい生き方ができるようになります。 「人からどう思われようとかまわない」と思えるようになりたい。 人目を気にせず、自分らしく振る舞っていると、自然と運が高まり、チャンスも増えます。 自分らしく振る舞う人こそ、純粋な人です。 人目を気にせず、自分らしく振る舞う。

27
★0

心を閉じていると、純粋になれない。
心を開くと、純粋になれる。

純粋な人は、自分から心を開く習慣があります。 自分から積極的に話しかけます。 会話のときも、自分からプライベートな打ち明けていきます。 自分のこと・家族のこと・仕事のことなど、プライベートな話題をどんどん話して、積極的に心を開いていきます。 親しい相手はもちろんのこと、親しい相手でなくても同じです。 最初は警戒することもありますが、仲良くなるにつれて少しずつ心を開いていきます。 自分から積極的に心を開いていくことを、心理学で「自己開示」といいます。 自分から心を開くと「私はあなたと仲良くなりたい」というメッセージが相手に伝わります。 相手も心を開きやすくなり、スムーズに仲良くなれるのです。   純粋な人になりたいなら、自分から心を開く習慣を身につけてください。 恥ずかしくて勇気のいることですが、これは純粋になるためには大切な習慣です。 たしかに心を開くのは、少し勇気がいるかもしれません。 相手のことをまだよく知らないときは、警戒心があるため、最初は心を閉じた状態になります。 照れがあったり自分の印象を気にしたりすることもあるでしょう。 しかし、心を閉じたままでは、なかなか打ち解けることができません。 最初は照れや警戒心があるかもしれませんが、勇気を出して、自分のプライベートを話してください。 ささいなことでいいので、自分の身の上話をしたり、個人的な悩みを打ち明けたりなど、プライベートを話していくといいでしょう。 プライベートを話すのが恥ずかしいなら、知られてもいいことから話していくといいでしょう。 たとえば「出身地」「家族構成」「食の好み」といった話題なら、プライベートな話題であっても話しやすいはずです。 心を開くと、自然と打ち解けた雰囲気が出るようになります。 打ち明けることは、打ち解けること。 自分のプライベートを打ち明けるから、相手も心を開くようになり、打ち解けるのも早くなります。 特に悩んでいるコンプレックスを持っているなら、思い切って自分からさらけ出してみるのも悪くありません。 自分の印象を気にしないこと。 自分のコンプレックスは、相手には関係ないことですから、ほとんど気にされないでしょう。 笑いながら「私のコンプレックスなのです」と話せば、心を開いた感じが増して、ますます親しい雰囲気が出るようになります。 ●心を開くコツは「すでに仲良くなっている」と思い込むこと 心を開きやすくなるコツがあります。 それは「すでに仲良くなっている」と思い込むことです。 思い込みでいいのです。 まだ親しくなくてもかまいません。 まだ浅い関係であっても「すでに仲良くなっている」と思い込んで接すると、自然と心を開きやすくなります。 もちろんなれなれしい態度には注意が必要ですが、自然とフレンドリーな雰囲気が出るようになるでしょう。 スムーズに接することができ、あっと言う間に仲良くなれるでしょう。 「すでに仲良くなっている」という思い込みが、いずれ現実になるのです。 自分から積極的に心を開いていく。

28
★0

1人でまったり過ごす時間が、純粋な心を生み出していく。

純粋な人になりたいなら、ぜひ作ってほしい時間があります。 それは「1人でまったり過ごす時間」です。 いつも誰かとつるんでいませんか。 勉強するときも、誰かと一緒。 食べに行くときも、誰かと一緒。 遊びに行くときも、誰かと一緒。 心当たりがあれば注意が必要です。 たしかに人と一緒にいるときは、楽しい時間を過ごせるでしょう。 寂しさがなくなり、楽しさが倍増します。 楽しい話ができたりおしゃべりを楽しんだりする時間は、有意義です。 私たちは、人間関係に囲まれながら生きています。 家には家族がいて、学校には友達がいて、 ます。 職場には、行くと、上司や同僚がいます。 どこに行こうと、誰かと一緒に過ごすことになるでしょう。 しかし、誰かと一緒にいてばかりいると、なかなか本当の自分に気づけません。 誰かと一緒にいると、その人と話をすることになります。 会話のとき、相手から何らかの影響を受けるもの。 「こうしたほうがいい」「こうしなければいけない」と、相手から言われることもあるでしょう。 ポジティブな話もネガティブな話も、いろんな情報を受けるはずです。 いつの間にか相手の話に惑わされ、自分の本心が分からなくなることが少なくありません。 楽しい話ができて有意義ではありますが、じっくり落ち着いて考えることが難しくなる。 人と一緒にいてばかりでは、楽しい時間を過ごせる反面、自分の本音や本心が分からなくなるのです。   そこで大切にしたいのが「1人でまったり過ごす時間」です。 1人でのんびり散歩を楽しむのもよし。 1人でレストランに行き、美食を堪能するのもよし。 1人で美術館や博物館に行き、芸術を味わうのもよし。 自宅では1人になれないなら、カフェに行くといいでしょう。 落ち着いたカフェなら、おいしい飲み物をいただきながら、リラックスした時間を過ごせます。 1人で過ごすのは寂しい印象があるかもしれませんが、誤解です。 有意義な時間を過ごせば、意外と1人でも寂しくないことに気づくはずです。   誰とも話をしていないように感じますが、実は自分と話をしています。 「これからどうしたらいいのだろう」 「自分にとって正しい選択はどれだろう」 「自分が本当にしたいことは何だろう」 1人の時間は、自分の心の声に耳を傾ける時間です。 1人になるからこそ、自分の気持ちや考えにも集中できるようになります。 いろいろな考えを張り巡らすことができるようになり、自分との対話ができる。 自分の本音・本心に気づきやすくなり、純粋な行動をしやすくなるのです。 純粋な人になりたいなら、少しでもいいので、1人でまったり過ごす時間を作ってみましょう。 邪念が取り払われ、心が清らかになっていくでしょう。 1日たった10分あるだけでも違います。 1人でまったり過ごす時間が、純粋な心を生み出していくのです。 1人でまったり過ごす時間を作る。

29
★0

純粋になっても、自己中心になってはいけない。

純粋な人になろうとするとき、自己中心にならないよう注意しましょう。 純粋になろうと心がけていると、自分本位の行動が増えます。 自分に正直な行動をする。 思ったことをストレートに発言する。 自分の興味関心にしたがって行動する。 純粋な人になろうとすればするほど、自己中心の振る舞いが増えることがあります。 「そうか。純粋になるなら、自己中心になればいいのだね」 そう思う人もいるかもしれませんが、ここが注意ポイントです。 純粋になることを「自己中心になること」と思っているなら誤解です。 純粋と自己中心は、まったく違います。 たしかに純粋と自己中心は、似ているところがありますが、本質は別物です。 純粋になることは、自己中心になることではありません。 最大の違いは「周りへの配慮があるかどうか」です。 ●純粋 純粋とは、邪念・私欲がなく、清らかなことをいいます。 純粋な人は、素直で正直な自分を出しつつも、周りに配慮する余裕があります。 客観的な目を持っていて、自分の振るまいが周りの迷惑になっていないか確認しています。 やりたいことがあっても、迷惑になりそうなら控えます。 自分が間違えば、きちんと認めます。 迷惑をかけてしまったら、きちんと謝ります。 純粋なので、認めることも謝ることも素早いのが特徴です。 ●自己中心 自己中心は、自分を第一に考えることをいいます。 相手の都合を考えておらず、無視しています。 いつも自分のことばかり考えていて、人の迷惑になってもおかまいなし。 他人の迷惑を考えず、自己の利益だけを追求する様子が目立ちます。 自己中心の状態が続けば、いずれ嫌われてしまうことになるでしょう。 § 純粋な人になろうとするのはいいですが、自己中心にならないよう注意してください。 純粋な人になろうとした結果、自己中心な人になっていることがあります。 純粋になるのはいいですが「身勝手な行動をしていないだろうか」と考える客観的な目を持ってください。 純粋と自己中心は、似て非なるもの。 純粋になることは、自己中心になることではないのです。 純粋と自己中心を区別して考える。

30
★0

純粋な人は、理想とする目標があって、いちずに突き進んでいる。

純粋な人の特徴の1つ。 それは「理想とする目標があること」です。 純粋な人には、理想とする目標があり、貴い夢になっています。 「目標があるのは普通のこと。別に特別なことではない」 そう思うかもしれませんが、実はもう1つ特徴があります。 「いちずに突き進んでいる」という点です。 純粋な人は、理想とする目標があって、いちずに突き進んでいます。 余計な寄り道をしません。 注意をそらすこともありません。 目標に集中して、一心不乱に突き進んでいます。 ほかに関心を向けることもなく、目標達成に専念しています。 結果は考えず、とにかく全力を尽くしています。 途中で誘惑が近づいても、さっと振り切ります。 ときどき休憩することはあっても、歩みを止めることはありません。 なかなかうまくいかなくても、簡単には諦めません。 つまずいて転んだら、起き上がり、再び目標に向かって突き進み始めます。 だからこそ、どんどん理想に近づいていくことができ、最終的に目標を達成することができます。   あなたには、理想とする目標がありますか。 純粋な人になりたいなら、まず理想とする目標を掲げましょう。 そして掲げるだけでなく、いちずに突き進んでください。 自分の持てる力をすべて出し切るくらいに頑張りましょう。 目標は、生きがいでもあります。 叶えたい目標があるから、生活に張りが生まれ、毎日を生き生き生きることができます。 理想とする目標があって、いちずに突き進むことができていれば、純粋な人になっています。 理想とする目標を作り、いちずに突き進む。

同じカテゴリーの作品