自分磨き

純粋な人になる
30の方法

  • 純粋になるのではない。
    純粋を取り戻すのだ。
純粋な人になる30の方法

もくじ
  1. 純粋になるのではない。
    純粋を取り戻すのだ。

    「純粋は、先天的なもの」
    「純粋は、生まれつきの性格」
    「純粋は、内面的なことだから、今さら変えようがない」

  2. 無知だから純粋になれるわけではない。
    博識だから純粋になれないわけでもない。
    純粋と知識量は無関係。

    「純粋な人」
    そう聞いたとき、どんな様子をイメージするでしょうか。
    ・素直な人

  3. 純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切。

    純粋になるために、克服しておきたい気持ちがあります。
    それは「恥ずかしい気持ち」です。
    純粋な人になるためには、恥ずかしい気持ちを克服することが大切です。

  4. 反抗的な態度を取っていると、純粋な人になれない。
    従順な態度を取っていると、純粋な人になれる。

    純粋な人になるために大切な態度があります。
    それは「従順な態度」です。
    反抗的な態度を取っていませんか。

  5. 疑う気持ちが強いと、純粋になれない。
    信じる気持ちが強いと、純粋になれる。

    純粋な人になるとき注意したいのは「疑う気持ち」です。
    疑うことが癖になっていませんか。
    もともと疑い深い性格の人もいるでしょう。

  6. 飾った自分を見せるのではない。
    ありのままの自分を見せるのだ。

    純粋な人になるなら、自分を飾ることに注意しましょう。
    もちろん自分を飾ることが悪いわけではありません。
    自分の評価や印象を上げるため、時には飾ることもあるでしょう。

  7. 純粋な人には「本音で話す習慣」がある。

    純粋な人になりたいなら「本音で話す習慣」が大切です。
    本音で話していますか。
    建前ばかりの会話をしていませんか。

  8. 純粋な人は、ストレートに感情を表現する。

    純粋な人になるためには、ストレートに感情を表現しましょう。
    感情を抑えていませんか。
    自分の気持ちを無視していませんか。

  9. 違和感のある意見でも、すぐ否定しない。
    まず受け入れよう。

    素直になるために大切なのは「会話をどう受け入れるか」です。
    会話はキャッチボールです。
    相手の返事には、肯定できる意見もあれば、違和感のある意見もあります。

  10. 愚痴や悪口を言う人に、純粋な人はいない。

    あなたの言葉遣いを振り返ってみてください。
    「疲れた」
    「最低だね、最悪だね」

  11. 親の小言を逆らわず受け入れることも、純粋になるトレーニング。

    純粋な人になるために大切な態度は「素直」です。
    相手の意見や命令に逆らわず、できるだけ素直になることが大切です。
    上司や友達の意見や命令に、できるだけ逆らわず従います。

  12. 正直で純粋な人はいても、嘘つきで純粋な人はいない。

    純粋な人になるための絶対条件の1つ。
    それは「正直」です。
    純粋な人になりたいなら、嘘には注意しましょう。

  13. 純粋な人だから、シンプルを心がけるのではない。
    シンプルを心がけるから、純粋な人になれる。

    純粋な人になるために心がけたい習慣。
    それは「シンプル」です。
    「シンプルに考え、シンプルに行動して、シンプルに生きる」ということです。

  14. 純粋な人には、打算や損得勘定がない。

    純粋な人になりたいなら、打算や損得勘定に要注意です。
    打算や損得勘定を考えるのではありません。
    打算や損得勘定を忘れるのです。

  15. 人によって態度を変える人は、純粋な人とは言えない。

    純粋な人になるために注意したい態度があります。
    それは「人によって態度を変えること」です。
    人によって態度を変えていませんか。

  16. 純粋な人は「心の声」を大切にしている。

    純粋な人の特徴の1つ。
    それは「心の声を大切にしている」ということです。
     

  17. 駆け引きの名人になるな。
    ストレートの名人になれ。

    純粋な人になりたいなら、駆け引きには注意しましょう。
    駆け引きとは、自分が有利になるよう、相手の出方や事情によって態度を変えて処置することをいいます。
    私たちの日常には、さまざまな駆け引きがあります。

  18. 自分が間違っていれば、余計な言い訳をせず、すぐ認める。

    時に私たちは、間違うことがあります。
    計算を間違える、注文を間違える、約束の時間を間違える。
    誤解していることもあれば、単純に勘違いすることもあるでしょう。

  19. 素直な人になると、成長が早くなる。

    素直な人になるメリットは、人間関係がスムーズになるだけではありません。
    素直な人になると、成長が早くなります。
    1.2倍や1.5倍といった小幅ではなく、2倍や3倍といった大幅なスピードアップを期待できます。

  20. 純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」がある。

    純粋な人には「何事も真剣に取り組む習慣」があります。
    仕事も勉強も、真剣に取り組む。
    スポーツも部活動も、真剣に取り組む。

  21. 純粋な人は、直感を大切にする。

    純粋な人が大切にしている感性があります。
    それは「直感」です。
    直感が働いたら、それを信じて行動します。

  22. 純粋な人は、ロジカルよりフィーリングを大切にする。

    純粋な人になりたいなら、ロジカルに注意しましょう。
    もちろんロジカルが悪いわけではありません。
    論理的思考では、ロジカルに考えることが基本です。

  23. 純粋な人になることは、素直な人になることでもある。

    純粋な人になるためには「素直」を意識しましょう。
    「純粋な人」と「素直な人」は、別ではあるものの、特徴や性質に似ているところがあります。
    実際のところ、純粋な人と素直な人は、多くの共通点があります。

  24. 純粋な人は、分からないことを質問する習慣がある。

    話の途中で、分からないことに遭遇することがあります。
    分からないことがあったとき、どうするか。
    ここが、純粋かどうかを決める重要ポイントです。

  25. 思い立ったら、すぐ行動する習慣をつける。

    生活の中で、ふと行動意欲が湧く瞬間があります。
    本を読んだとき、人から話を聞いたとき、テレビ番組を見たとき。
    よい情報を知ったら、一瞬で気持ちが高揚して、心が熱くなります。

  26. 純粋な人は、人目を気にせず、自分らしく振る舞っている。

    純粋な人になるためには、恥ずかしさを克服することが大切です。
    恥ずかしい気持ちがあると、心理的な抵抗感が生まれ、自然と消極的になってしまいます。
     

  27. 心を閉じていると、純粋になれない。
    心を開くと、純粋になれる。

    純粋な人は、自分から心を開く習慣があります。
    自分から積極的に話しかけます。
    会話のときも、自分からプライベートを打ち明けていきます。

  28. 1人でまったり過ごす時間が、純粋な心を生み出していく。

    純粋な人になりたいなら、ぜひ作ってほしい時間があります。
    それは「1人でまったり過ごす時間」です。
    いつも誰かとつるんでいませんか。

  29. 純粋になっても、自己中心になってはいけない。

    純粋な人になろうとするとき、自己中心にならないよう注意しましょう。
    純粋になろうと心がけていると、自分本位の行動が増えます。
    自分に正直な行動をする。

  30. 純粋な人は、理想とする目標があって、いちずに突き進んでいる。

    純粋な人の特徴の1つ。
    それは「理想とする目標があること」です。
    純粋な人には理想とする目標があり、貴い夢になっています。

同じカテゴリーの作品