自分磨き

面白い人になる
30の方法

  • 面白い人になるために一番大切なのは、
    相手を楽しませたい気持ち。
面白い人になる30の方法

もくじ
  1. 面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。

    面白い人になるために、一番必要なことは何でしょうか。
    話術でしょうか。
    頭の回転の速さでしょうか。

  2. 面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。

    面白い人になるために、押さえておきたい基本があります。
    「面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの」という点です。
    自分だけで、自分の面白さを判断・評価するのは難しい。

  3. 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。

    面白い人になりたいなら、自分を変えていく努力が必要です。
    「面白い人になりたい。でも、自分は変わりたくない」
    中には、自分を変えたくないと考える人もいるかもしれません。

  4. 面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。

    面白い人には、性格に2つの特徴があります。
    「明るい性格」と「ポジティブ思考」です。
    人気者もモテる人も、明るい性格とポジティブ思考が共通です。

  5. 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。

    あなたは普段、どのくらいプライベートを話していますか。
    どのくらい開放的な話し方を心がけていますか。
    もちろん最初からあけすけに自分のことを話すのは抵抗があるでしょう。

  6. 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。

    人と話をするとき、どんな話題を心がけていますか。
    「自分が話したいことを話す」
    やはりこれが会話の基本ではないでしょうか。

  7. 面白い人の真似をしてみる。

    あなたの身近に「面白い」と言われる人はいませんか。
    明るく楽しい話をするのが上手な人。
    いつも多くの人に囲まれている人気者。

  8. 面白い人には、ユーモアのセンスがある。

    面白い人になるためには、ユーモアのセンスが欠かせません。
    批判や悪口で笑いを取るのは、ユーモアではありません。
    悪い冗談や下品な言葉も、ユーモアとは違います。

  9. 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。

    面白い人になるためには何が必要でしょうか。
    「面白い人」と言うくらいですから「面白い話ができる人」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
    いつも楽しい話ができる人。

  10. 笑えるネタでなくてもいい。
    明るく楽しいネタで十分。

    面白い人になるためには、笑えるネタが必要と思われがちです。
    もちろん笑えるネタは、ないよりあったほうがいいでしょう。
    誰もが爆笑するネタ。

  11. 世間に無知では、面白くなれない。

    「この話を知っていますか」
    会話中、たまたま知らない話題が登場することもあるでしょう。
    知らない話題なら、正直に「知らない」と答えるしかありません。

  12. 面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。

    面白い人になるためには、日頃から面白いネタを集めていきましょう。
    「平凡な毎日の繰り返し」
    「目新しいことは何もない」

  13. どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。

    「面白い話をしよう」
    そう思ったとき、ありがちなパターンがあります。
    回りくどい話をしてしまうことです。

  14. しっかり聞けない人は、よい返事もできない。

    「聞く」という行為は、力を入れなくてもできます。
    常に耳の穴はあいているので、聞こえてくる声を認識するだけです。
    集中しなくてもできる。

  15. とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。

    とことん相手の話を聞きましょう。
    相手が話している最中、相手の話を折ってしまうことがあります。
    途中で自分の話を始めてしまい、いつの間にか話の流れを変えてしまう。

  16. 人をばかにして笑いを取るのは、NG。
    自分をばかにして笑いを取るのは、OK。

    「笑いさえ取れれば、ネタは何でもいい」
    そう思っているなら、誤解です。
    笑いを取るにもマナーがあります。

  17. 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。

    面白い人になるためには、高い語彙力が有効です。
    つまり、たくさんの言葉を知っているということです。
    知っている言葉の数が少ないと、自分の考えや気持ちを表現できる幅も限られます。

  18. 面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
    オーバーリアクションをするから、面白くなる。

    面白いネタを言われたとき、どんなリアクションをしていますか。
    ほほ笑む。
    うなずく。

  19. 面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。

    面白い人になるために大切な経験があります。
    それは、遊ぶことです。
    勉強ばかりの毎日を送っていませんか。

  20. 笑いの基準を下げる。
    ささいなことでも笑うようにしよう。

    あなたが笑うときと言えば、どんなときですか。
    最初に思い浮かぶのは「面白い話が出たとき」ではないでしょうか。
    情けない話。

  21. おやじギャグは、笑わせるネタではない。
    場を凍り付かせるネタである。

    面白いネタとして思い浮かぶ1つが「おやじギャグ」です。
    おやじギャグとは、内容が古くさく、時代感覚からずれているしゃれのことを言います。
    よく中年男性が口にすることから、おやじギャグと言われています。

  22. 面白いから、笑うのではない。
    笑うから、面白くなる。

    ときどき相手がつまらないギャグを言ってくることがあります。
     
    たとえば、おやじギャグです。

  23. ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。

    面白い人になるためには、失敗を恐れない勇気が必要です。
    仕事の失敗ではありません。
    ユーモアの失敗です。

  24. 同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
    面白いネタも、2回目から平凡になる。

    面白いネタがあるなら、何度も使いたいと思うでしょう。
    「同じネタは何度でも使いたい」
    「もう一度言って、相手に笑ってもらいたい」

  25. ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。

    面白い人になるためには、ボディーランゲージが役立ちます。
    ボディーランゲージとは、ノンバーバルコミュニケーションの1つ。
    言葉を使わずに、体や手足の動きで、意思や感情を伝えることをいいます。

  26. 褒めることも、面白いネタの1つになる。

    面白い人になるためには「笑わせるネタが必要」と思われがちです。
    もちろん笑わせるネタがあるほうが、相手を笑わせることができるでしょう。
    ストレートに面白いネタを披露すれば、相手は会話を楽しんでくれます。

  27. 面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。

    面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのでしょうか。
    テレビで活躍する芸人は、いつも頭の回転が速くて驚かされます。
    ボケやツッコミが素早くできる。

  28. 相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。

    会話中、相手からばかにされることがあるかもしれません。
    失敗を笑われる。
    弱点を見下される。

  29. 面白い人は、形式やルールにこだわらない。

    形式やルールにこだわっていませんか。
    もちろん社会的に重要なことなら、形式やルールを守ることは大切です。
    未成年のアルコールは禁止です。

  30. 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

    面白い人になるためのキーワード。
    それは「面白い」です。
    日常生活では時折、コメントしにくい場面に遭遇することがあります。

同じカテゴリーの作品