人生の教科書



自分磨き

面白い人になる
30の方法

  • 面白い人になるために一番大切なのは、
    相手を楽しませたい気持ち。
面白い人になる30の方法

もくじ

1
★6

面白い人になるために一番大切なのは、相手を楽しませたい気持ち。

面白い人になるために、一番必要なことは何でしょうか。 話術でしょうか。 頭の回転の速さでしょうか。 ユーモアのセンスでしょうか。 もちろんどれも大切なポイントですが、一番大切なことはもっと基本的なところにあります。 それは「相手を楽しませたい気持ち」なのです。 面白い人に共通するのは、相手を楽しませたい気持ちです。 面白い人になるすべての原点であり、軸であり、モチベーションです。 話術やユーモアのセンスも大切ですが、そうしたことができるのも、相手を楽しませたい気持ちがあるからです。 相手を楽しませたい気持ちがあってこそ、面白い人になれます。 もし相手を楽しませたい気持ちがなければ、どれだけユーモアのセンスがあっても話術が優れていても、空回りします。 作り笑いや愛想笑い、お世辞や社交辞令ばかりでは、面白い会話はできません。 会話が無味乾燥になって、つまらなく感じるでしょう。 世の中にいる人気者を見てください。 人気者は、相手を楽しませたい気持ちに満ちあふれています。 優しく接してくれたり面白い話で笑わせたりしてくれるのも、相手を楽しませたい気持ちがあってこそ。 たとえ自分がばかにされても「相手が楽しんでいるならそれでいい」と思っています。 テレビで活躍しているお笑い芸人を思い出してください。 お笑い芸人は、笑いと感動のエンターテイナー。 表向きはとぼけた様子に見えても、心の根底では、お客さんを笑わせて楽しませたい気持ちでいっぱいです。 たとえ自分の短所や欠点をさらけ出してでも、お客さんの笑顔のために頑張っています。 話術を磨いたり面白いネタを考えたりするのもいいですが、まず相手を楽しませたい気持ちを大切にしましょう。 相手を楽しませたいがあってこそ、面白いネタも思い浮かびやすくなります。 サービス精神が旺盛になり、自然とポジティブな気持ちが湧いてきます。 たとえネタにスベっても、ポジティブに受け止めることができます。 相手を楽しませたい気持ちこそ、面白い人になるための出発地点。 基本ですが、最も重要なポイントでもあります。 相手を楽しませたい気持ちを意識しましょう。 すでに意識をしているなら、もっと意識をしましょう。 意識した瞬間から、自然とポジティブな気持ちが湧いてくるでしょう。 笑ってもらうネタも見つかりやすくなるでしょう。 人と話をしたくて、うずうずするでしょう。 面白い人になるためには、相手を楽しませたい気持ちから始まるのです。 「相手を楽しませたい」という気持ちを一番大切にする。

2
★1

面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの。

面白い人になるために、押さえておきたい基本があります。 「面白い人とは、自負するものではなく、評価されるもの」という点です。 自分だけで、自分の面白さを判断・評価するのは難しい。 「私は面白い人です」と自負したところで、周りからそう思われていなければ意味がありません。 面白いことを言ったつもりでも、空回りでは意味がありません。 ユーモアを言ったつもりでも、相手がつまらなく感じているなら、単なる寒い人です。 自分では相手を楽しませているつもりでも、実際は相手を不快・不機嫌にさせていることもあるでしょう。 自分で自分のことを「面白い人間」と思っていても、実際は勘違いになっているだけかもしれません。 恥ずかしい思い込みがあると、自分の印象まで下げてしまいます。 面白い人になるのに大切なのは、自分の評価ではなく、他人の評価です。 「面白い人」として人から評価されて、初めて面白い人になれます。 ●まず人と接触する まず人との接触が欠かせません。 誰ともコミュニケーションのない状態で、面白い人になるのは不可能。 直接会って話すのもよし。 電話やメールでコミュニケーションを取るのもよし。 時間は短くてもいいので、まず誰か人と接触していくことが必要です。 ●客観的な視点を意識する また、面白い人になろうと心がけるとき、独りよがりにならないよう注意してください。 必要なのは、客観的な視点です。 面白いネタを披露するときは、自分の立場ではなく、相手の立場になって考える必要があります。 心がけたいのは「自分が面白いと思うネタ」ではなく「誰もが面白いと思うネタ」です。 自己中心や自意識過剰は避け、相手が面白いと思う話をすることがポイントです。 ●面白い人になっているかどうか確認する目安 自分が面白い人になっているかどうか確認する目安の1つは、相手が心から笑っているかどうかです。 例外もありますが、相手が心から楽しそうに笑っているなら、ギャグやユーモアがウケている証拠と言っていいでしょう。 面白い人になるなら、相手を心から笑わせる機会を増やしていきましょう。 面白い話をして笑わせましょう。 明るくて楽しい雰囲気を作って、相手に楽しんでもらいましょう。 相手を笑わせ、楽しませることを意識できれば「面白い人だね」と評価されます。 自然とあなたの周りに、人が集まってくるようになるのです。 まず人と接触をして「面白い」と評価される人になる。

3
★1

面白い人になるためには、自分を変えていく努力が必要。

面白い人になりたいなら、自分を変えていく努力が必要です。 「面白い人になりたい。でも、自分は変わりたくない」 中には、自分を変えたくないと考える人もいるかもしれません。 たしかに面白い人になるには「会話」がポイントです。 素早く返事ができること。 絶妙なボケやツッコミができること。 ユーモアセンスのあふれた言葉を言えること。 意識するのは会話が中心であり、自分の性格や考え方まで変える必要はないように思われます。 「話術やネタだけ意識すれば面白い人になれる」と思う人も多いのではないでしょうか。 しかし、それは誤解です。 面白い会話を心がけるとはいえ、話術といいネタといい、その言葉が出る手前には、あなたの内面が関係しています。 心・価値観・考え方です。 同じ心・同じ価値観・同じ考え方のままでは、表面的に変えることはできても、本質的に変えるのは不可能。 相手を楽しませたい心・価値観・考え方があるからこそ、面白い話し方やユニークな言葉も生まれてきます。 面白い人になるためには、自分の内側を変えることが欠かせません。 また面白い人には、内側からにじみ出る、独特の明るい雰囲気があります。 いつもにこにこしていたり、生き生きしていたりなど、そばに近寄るだけで心がぽかぽか温まるような雰囲気があります。 面白い人になりたいのに、自分を変えたくないのは矛盾しています。 面白い人になるためには、自分を変えていく必要があります。 大切なのは「自分を変えていく努力」です。 「今のままでいい」と思うのではありません。 「新しい自分に生まれ変わる」と考えましょう。 新しい自分に生まれ変わるつもりで、努力していきましょう。 サービス精神を心がける。 ボディーランゲージを心がける。 明るい性格とポジティブ思考になる。 普段から面白いネタを探す努力をする。 批判や否定をせず、できるだけ受け入れるようにする。 少しでも自分を変えていく努力を続けていくことで、考え方や行動パターンも変わっていきます。 そして、心・価値観・考え方も変わっていきます。 急に大きく変えるのは難しいですが、少しずつ変えていくことならできるのではないでしょうか。 時間をかけて自分を変えていくほうが、きちんと身につきます。 時には、会話に失敗することもありますが「経験の1つ」と考えましょう。 会話には失敗するかもしれませんが、場数は増えたので意味があります。 相手を楽しませたい気持ちを大切にすれば、人との接し方も、自然と向上します。 面白い人になるためには、自分を変えていく努力が欠かせないのです。 面白い人になるためには、少しでも自分を変えていく努力を心がける。

4
★2

面白い人は、性格が明るく、ポジティブ思考。

面白い人には、性格に2つの特徴があります。 「明るい性格」と「ポジティブ思考」です。 人気者もモテる人も、明るい性格とポジティブ思考が共通です。 テレビで活躍する司会者もお笑い芸人も、明るい性格とポジティブ思考という特徴があります。 明るい性格とポジティブ思考の人は、それだけで面白い人になりやすいと言えるでしょう。 明るい性格とポジティブ思考というだけで、面白い人になれると言っても過言ではありません。 明るい性格は、明るい電球と同じです。 周りを明るく照らすので、自然と多くの人が集まってきます。 ポジティブ思考なら、どんな会話も楽しく進めることができ、盛り上げていけます。 たとえ暗い会話であっても、未来的・建設的な要素を見つけて、明るく変えていけます。 「性格も思考も、生まれつきの素質だから、今さら変えることができない」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 たしかに性格も思考も、先天的な要因が関係するのは事実です。 事実、性格や思考に関する遺伝子も発見されています。 遺伝子検査を受ければ、自分の性格や思考の傾向が簡単に判明します。 生まれつき暗い性格やネガティブ思考の人にとって「改善は絶望的」と思うかもしれません。 しかし、ここで気づいてほしいことがあります。 遺伝的・先天的要因があるとはいえ、すべてではありません。 性格も思考も、100パーセントが遺伝で決まるものではない。 先天的要因だけでなく、後天的要素もあります。 たとえ先天的に性格や思考がマイナスを向いていても、後からの努力でプラスにしていけばいい。 つまり、性格も思考も、努力次第で後から変えていくことは可能です。 面白い人の代表であるお笑い芸人も、例外ではありません。 お笑い芸人の中には、もともと根暗でネガティブ思考だった人が少なくありません。 「自分を変えてやろう」と奮起して努力した結果、明るい性格・ポジティブ思考に変わりました。 そして、面白い話術を身につけることができました。 明るい性格・ポジティブ思考になるには、意識改革が必要です。 「自分は変えられない」と諦めるのではありません。 「自分を変えてやろう」と奮い立たせるのです。 たとえば、自己啓発書を通して前向きな考え方を吸収していくといいでしょう。 自己啓発書を洗脳や宗教と思い込んで毛嫌いする人もいますが、誤解です。 自己啓発書はポジティブ思考を学べる点では絶好のツールです。 身近にいる人気者から、明るい考え方や話術や考え方を学ぶのもいいでしょう。 明るい人と接していくうちに、性格は明るく、思考はポジティブに変わっていくはずです。 性格も思考も、言い換えれば「考え方の癖」にすぎません。 今までネガティブに考える癖があるなら、ポジティブに考える癖に変えるだけです。 癖の内容を変えるだけですから、実は難しくありません。 思考も性格も、一晩や短期間で変えるのは難しいですが、地道な努力を続けていくことで、少しずつ変えていけます。 これは、洗脳でも宗教でもありません。 あくまで自分の生き方を前向きにする努力です。 面白い人になりたいなら、明るい性格とポジティブ思考は欠かせないポイントです。 どうか諦めず、自分の人生は自分で切り開いていきましょう。 先天的に暗い性格やネガティブ思考であっても、明るい性格とポジティブ思考になれる努力をする。

5
★3

面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切。

あなたは普段、どのくらいプライベートを話していますか。 どのくらい開放的な話し方を心がけていますか。 もちろん最初からあけすけに自分のことを話すのは抵抗があるでしょう。 見ず知らずの人に自分のプライベートをぺらぺら話すのは、危険です。 不用意に個人情報をばらまくようなもの。 初対面の相手なら、警戒心があって当然です。 相手のことを知らないなら、警戒心があって、自由に話すのは注意が必要でしょう。 たとえ相手と面識があったとしても、なかなか自分のプライベートは話しにくいでしょう。 「個人的なことを話すのは、笑われそう」 「プライベートを話すと、見下されるのではないか」 「個人的な話をしても、どうせつまらないだろう」 さまざまな不安や心配が頭をよぎるはずです。 たしかに個人的な話は、抵抗感があって言いにくい。 しかし、警戒心や秘密主義にも限度があります。 とにかく自分から打ち解けようとしない。 仲良くなっても、自分のことは何も話さない。 いつまで経っても、秘密主義。 自分のプライベートは、意地でも明かさない。 自分の殻に閉じこもっていませんか。 自分のことを秘密にして、どうやって面白い人になるのでしょうか。 ずっと心を閉ざしたままでは、面白い人になることはできません。 そこで心がけたいのが「オープン」です。 面白い人になるためには、オープンな性格になることが大切です。 大切なのは「閉じた心」ではなく「開いた心」。 包み隠さず自由に話す。 自分のことは何でも話す。 プライベートを話して笑われても、気にしない。 こういう人こそ、多くの人から人気を集めます。 できるだけ積極的にオープンを心がけていきましょう。 仲良くなるからオープンになるのではありません。 オープンになるから、仲良くなれるのです。 心を開いて、素の自分を出していくということです。 もし最初は相手に警戒があるなら、親しくなるにつれて、少しずつオープンになっていくのもかまいません。 相手と信頼関係が深まるにつれて心を開いていくなら、無理なくできるはずです。 オープンな性格になると、自然と親しみやすい雰囲気が出るようになります。 あなたがオープンになれば、相手もオープンになります。 あなたがプライベートな話をすれば、相手もプライベートな話をしてくれるでしょう。 話が盛り上がりやすくなり、自然と面白い人になれるのです。 自分の殻に閉じこもらず、できるだけオープンを心がける。

6
★1

自分がしたい話より、相手が楽しめる話をする。

人と話をするとき、どんな話題を心がけていますか。 「自分が話したいことを話す」 やはりこれが会話の基本ではないでしょうか。 もちろん自分が話したいことを話すのは悪くありません。 話したいことや聞いてもらいたい話があれば、自然と言葉数も増え、明るく楽しく話せるでしょう。 自分の得意なテーマなら、何時間でも話せるかもしれません。 しかし、自分がしたい話は、相手にとって楽しいとは限りません。 つまらなくて、飽き飽きしていることもあるでしょう。 まったく無関心の分野なら、苦痛や退屈に感じるでしょう。 また自分の話したい話ばかりでは、自己中心的で独りよがりになってしまいます。 一方的に話してばかりでは、相手は聞くのも疲れてきます。 話の主導権が自分にあって、相手はなかなか話に参加しにくくなるでしょう。 自分がしたい話もいいですが、あまり露骨にならないよう注意が必要です。 面白い人になりたいなら、自分がしたい話より、相手が楽しめる話をすることが大切です。 自分のしたい話を禁止にするのではなく、優先順位を変えるだけです。 自分が話したい話は後回しにして、まず相手が楽しめるような話をするだけのことです。 そうすれば、相手と積極的に話を楽しめます。 たとえば、相手は旅行に興味があるとします。 安い旅行プラン、行きたい旅行先、おすすめの旅行スポット。 相手が興味のあるテーマなら、前のめりで聞いてくれるでしょう。 自分だけでなく相手も楽しんでくれるので、お互い、話を盛り上げていけます。 ますます旅行に行きたい気分が盛り上がり、将来に夢と希望ができるでしょう。 また、相手にマラソンの趣味があるとします。 「最近マラソンの調子はいかがですか」 「長く走るコツは何ですか」 「何か大会を狙っているのですか」 マラソンに関する質問を振れば、相手は「よくぞ聞いてくれた」という表情で返事をしてくれるでしょう。 普通に話をするだけであっても、面白く楽しく感じてもらえるはずです。 相手がしてくれる話は、知識や教養にもなるので、自分にとっても楽しめるはずです。 話を聞いているうちに影響を受けて、自分もマラソンをしたい気持ちが高ぶってくるかもしれません。 話をするとき、独りよがりにならないこと。 相手の立場になって考えると、どんな話題が喜ばれるか、想像しやすくなります。 自分がしたい話より、相手が楽しめる話をするのが、面白い人になるコツです。 自分がしたい話より、相手が楽しく感じる話をする。

7
★1

面白い人の真似をしてみる。

あなたの身近に「面白い」と言われる人はいませんか。 明るく楽しい話をするのが上手な人。 いつも多くの人に囲まれている人気者。 異性だけでなく、同性からもモテる人。 人気者やモテる人には、面白い要素があります。 人気者やモテる人がいると、羨ましい気持ちやねたましい気持ちを持つかもしれません。 しかし、憎んだり恨んだりしても、何のプラスにもなりません。 人を恨んだり憎んだりしても、自分が疲れるだけ。 嫉妬心や劣等感は忘れることです。 では、次にどうするかというと、そうした面白い人の真似をしてしまいましょう。 もちろん顔や声まで真似をするというわけではありません。 顔や声も面白さに関係するポイントの1つですが、生まれつきのものなので、真似するのは難しいでしょう。 真似をするのは、態度・話し方・ユーモアのセンスです。 面白い人には、態度・話し方・ユーモアのセンスに独特の特徴があります。 明るい笑いを誘う態度。 人を楽しませる話し方。 人を快い気持ちにさせるユーモアのセンス。 そうした面白い人に近寄って、見よう見まねで真似をするといいでしょう。 一定期間、その人を「先生」とあがめ、徹底的に学んでいきましょう。 「ここが面白い!」と思うポイントを見つけたら、自分の態度や話し方に取り入れるだけです。 「ここなら真似できそうだ」と思うところを見つけたら、早速自分の人間関係でも試してみます。 面白い人になるのは、本を読んで学べることではありません。 座学だけで習得できるなら、誰も苦労しません。 面白い人になるためには、経験と実践を通して学んでいく必要があります。 面白さとは、頭の知識ではなく、体で身につけるもの。 本を読んで習うより、実際の経験で慣れたほうが、早く習得できます。 面白い人の話し方やユーモアのセンスを、できるだけ真似をしてみます。 見よう見まねでかまいません。 完全にコピーはできなくても、同じくらいコピーするくらいならできるでしょう。 完全にネタを真似するのはよくありませんが、態度・話し方・ユーモアのセンスなら、いくら真似をしても大丈夫です。 1回目でうまくいかなくても、諦めないことです。 失敗しても不自然であっても大丈夫。 慣れるものですから、最初はうまくいかなくてOKです。 なかなかうまくいかなくても、諦めずに、真似を続けていきましょう。 何度か繰り返していると、だんだんできるようになるでしょう。 最初は演技をしているようで違和感を覚えるかもしれませんが、しばらく続けていると、だんだん慣れてくるでしょう。 真似をしているうちに、それが本当の性格になっていくのです。 面白い人の真似をする。

8
★0

面白い人には、ユーモアのセンスがある。

面白い人になるためには、ユーモアのセンスが欠かせません。 批判や悪口で笑いを取るのは、ユーモアではありません。 悪い冗談や下品な言葉も、ユーモアとは違います。 「下品でも悪口でも、笑わすことさえできればよい」と考えるのはよくありません。 ユーモアとは何か。 ユーモアとは、人を傷つけない、知的で上品なしゃれのことを言います。 ユーモアには、悪意や不快感がありません。 くすくす笑える要素がありつつ、人の心を和ませる力があります。 上手に例える力であり、言い換える力でもあります。 たとえば、大雨が降っている日があるとします。 「すごい雨ですね。バケツがひっくり返ったみたいですね」 うまく例えると、雨の様子がユニークに感じて、笑いに包まれるでしょう。 相手が元気で、テンションについていけないときがあるとします。 「テンションの温度差がありすぎて、風邪を引きそうだよ」 こんな一言をさらりと言えば、わははと笑ってしまうでしょう。 会話中、相手から嬉しい褒め言葉を言われたとします。 そんなとき、にこにこしながら「今日はいい日ですね」と言ってみます。 しゃれでもジョークでも何でもありませんが、どことなく笑いを誘う雰囲気が出るでしょう。 あなたはユーモアのセンスがどのくらいありますか。 自信を持って「自分にはユーモアのセンスがある」と言える人は少ないのではないでしょうか。 ユーモアのセンスは学校で学ばない科目の1つであるため、磨く場が少ないのが現状です。 ユーモアは、ジョークより難しい。 頭を使ったり、場の雰囲気を読んだり、知識を必要としたりします。 だからこそ、挑戦をする意味があります。 ほかの人と差をつけやすいところでもあります。 ユーモアは、生まれつきのセンスと思われがちですが、誤解です。 たしかにユーモアはセンスが影響しますが、センスはいくらでも磨いていけます。 さまざまな笑いのパターンに触れて、吸収していくことで、だんだんセンスを磨いていけます。 たゆまぬ努力さえすれば、もともとセンスのある人以上にセンスを高めることも可能です。 面白い人になるために、ユーモアのセンスを磨きましょう。 たとえば、テレビを見ていて、面白い一言を見つけたら、小まめにメモを取るといいでしょう。 後からメモを再確認して、使われ方を復習すれば、直感的にセンスを理解できるでしょう。 理解したセンスは、実際に日常で試していくことも大切です。 学びながら、経験と実践を繰り返していくことで、少しずつセンスを理解して、身につけていけます。 ユーモアのセンスを磨く。

9
★1

面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らない。

面白い人になるためには何が必要でしょうか。 「面白い人」と言うくらいですから「面白い話ができる人」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 いつも楽しい話ができる人。 いつも笑わせるネタを話せる人。 引きつけるような話し方ができる人。 「面白い人になるためには、面白い話をしなければいけない」 「なかなかユーモアが出てこなくて困っている」 「とっさに面白いネタを思いついて言える自信はない」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 たしかにつまらない話より面白い話ができたほうが、話が盛り上がりやすくなります。 人気者やモテる人も、やはり面白い話ができる人が目立ちます。 ユーモアがあって面白い話ができる人なら、会話を通して、相手を楽しませることができるでしょう。 しかし「面白い話をしなければいけない」と思っているなら誤解です。 面白い話をできたほうがいいのはたしかですが、必須ではありません。 面白い話をする能力は、あくまで面白い人になるための要素の1つにすぎません。 面白い人になるためのポイントは、ほかにも数多くあります。 ・いつもにこにこしていること ・表情が豊かであること ・ささいなことでも笑うこと ・聞き上手であること ・簡潔に分かりやすく話せること ・オーバーリアクションが上手であること ・相槌が上手なこと ・世間に詳しく、話題が豊富であること ・視点や考え方がユニークであること ・話し方に変わった特徴があること これらはすべて面白い人に関係するポイントです。 面白い人とは、総合的に判断されることであり「面白い話ができればOK」というわけではありません。 面白い話ができなくても、別のポイントでアピールできます。 たとえば、1つの方法として、聞き上手に徹することがあります。 面白い話ができなくても、にこにこしたり適度に相槌を打ったりすると「一緒にいて面白い」と思われるでしょう。 たとえ話し下手でも、面白い人になることは可能です。 またささいなことで笑う習慣があれば、面白い人になることも可能です。 笑いの基準を下げて、ささいなことでも笑うようにします。 思いきってつまらないことでも笑うようにします。 こうした点を一つ一つ意識すれば、面白い話ができなくても、面白い人になることは可能です。 面白い人になるためには、面白い話が必要とは限らないのです。 面白い人になるためには、面白い話が必要と思い込まない。

10
★1

笑えるネタでなくてもいい。
明るく楽しいネタで十分。

面白い人になるためには、笑えるネタが必要と思われがちです。 もちろん笑えるネタは、ないよりあったほうがいいでしょう。 誰もが爆笑するネタ。 思わず笑ってしまうネタ。 すべての人にウケるネタ。 「面白い人」という言葉から「笑い」を連想するため、持ち出す話題も「笑えるネタが必要」と思われがちです。 できるだけ面白おかしいネタを用意できていたほうが、場が盛り上がり「面白い人」と思われやすくなるでしょう。 しかし、実はここに誤解があります。 「笑えるネタが必要」というのは少々大げさです。 面白い人になるために、笑えるネタが必要とは限りません。 明るく楽しいネタで十分なのです。 笑える要素がなくても、にこにこできる要素でかまいません。 たとえば、最近ペットを飼い始めた話題です。 犬や猫など、新しい家族が増えた話題なら、ほっこりする会話になるでしょう。 大笑いする要素はありませんが、十分明るく楽しい話ができるはずです。 「何を飼い始めたの?」「どんな過ごし方をしているの?」など、さらに楽しい話題も広がっていくでしょう。 また、仕事上の嬉しい出来事も、明るく楽しいネタの1つです。 新人が入社した話。 自分の企画が通った話。 プレゼンが成功した話。 笑いの要素はありませんが、明るく楽しい要素があるため、にこにこしながら会話ができるでしょう。 詳しい話をしていけば、1つの話題でも、何十分でも楽しく話ができるはずです。 こうした点を理解できれば、面白い人になるのは、さほど難易度が高くないと分かるはずです。 爆笑ネタは不要です。 笑える要素もなくてかまいません。 面白い人になることを、難しく考えないでください。 笑えるネタでなくてもいい。 明るく楽しいネタで十分なのです。 話で持ち出す話題は、笑えるネタではなく、明るく楽しいネタで十分と考える。

11
★3

世間に無知では、面白くなれない。

「この話を知っていますか」 会話中、たまたま知らない話題が登場することもあるでしょう。 知らない話題なら、正直に「知らない」と答えるしかありません。 もしくは、相手に詳しい説明をお願いすることもあるでしょう。 人間ですから知らないこともあって当然です。 世の中にある、すべてのことを知っている人はいません。 別に悪いことではなく、知らないことは相手に教えてもらうといいでしょう。 しかし、世間に無知の状態があまりひどいと、話を盛り上げていくのも難しくなります。 どんな話題を振っても「知らない」という返事では、たびたび話が中断してしまい、なかなかテンションを上げていけません。 「知らない」「分からない」「初めて聞いた」ばかりでは、なかなか話題を盛り上げていけません。 「この人に話を振っても、盛り上がらない」 「逆に説明を依頼されてしまう」 そう思われてしまうと、人から話しかけられにくくなることもあります。 世間に無知では、面白くなれません。 面白い人になるためには、世間の最新情報を知っておくことが大切です。 新聞・テレビ・インターネットなどから、さまざまな時事情報を吸収していきましょう。 古い情報もいいですが、できるだけ新しい情報のほうがいいでしょう。 さまざまな情報を知っていると、さまざまな話題についていけるようになります。 もちろんすべての最新情報を確認するのは大変ですが、少なくとも世間で話題になっているニュースは押さえておきたい。 たとえば、大きな社会問題、政治経済の話題、世間を賑わしている流行などです。 世間の話題に詳しくなればなるほど、話の受け皿が大きくなります。 時事の知識に詳しければ詳しいほど、話についていける幅も広くなる。 最新情報をつかんでいくことは、視野や見識を広げることになります。 できるだけ世間の情報に詳しい人のほうが、一緒に話をしても面白いでしょう。 話が盛り上がるだけでなく、自分の知らない話も教えてくれるかもしれません。 もし余裕があれば、見聞きするだけでなく、実際に試してみるのもいいでしょう。 「聞いたことがある」と「試してみたことがある」とでは、理解度が違います。 最新のゲームがあるなら、実際に試してみる。 世間で話題になっているアプリがあるなら、ダウンロードして楽しんでみる。 流行になっている食べ物があるなら、実際に注文して食べてみる。 近場に話題の観光スポットがあれば、実際に友達と一緒に訪問してみる。 ミーハーと言われようと何と言われようと、直接体験をすれば、見聞きするだけでは分からない情報が得られます。 さまざまな世間に詳しくなることは、自分にとっても教養になるので役立ちます。 新聞・テレビ・インターネットなど、自分に合った媒体から、さまざまな最新情報を入手していくといいでしょう。 テレビやインターネットから、さまざまな情報を仕入れる。

12
★2

面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事。

面白い人になるためには、日頃から面白いネタを集めていきましょう。 「平凡な毎日の繰り返し」 「目新しいことは何もない」 「自分の生活に面白いことはない」 そう思うのは誤解です。 実際のところ、私たちの生活は、刺激と変化にあふれています。 面白いことがないのではなく、見過ごしているだけ。 平凡でありきたりに思える繰り返しの毎日であっても、細かい点まで注意を向けると、何らかの刺激や変化を発見できます。 もちろん普通に過ごしているときでも、たまたま面白ネタを見つけることもあります。 笑える出来事、不思議な出来事、珍しい出来事。 面白いネタを見つけたら、次に友達と話をするときのネタに使えます。 しかし、面白いネタを見つけるにも「積極性」が大事です。 普通に過ごす場合と面白いネタを探しながら過ごす場合とでは、発見のスピードが違います。 やはり面白いネタを探しながら過ごす場合のほうが、意識と感覚が研ぎ澄まされるため、面白いネタを発見しやすくなります。 面白いことを探そうと意識しましょう。 面白いことを探そうと意識するだけで、今まで普通に見過ごしていたことも、目に付きやすくなります。 意識を始めたとたん、生活が面白いことにあふれている感覚が得られるでしょう。 「あれも面白い。これも面白い」と次々見つけることができるはずです。 これを心理学で「カラーバス効果」と言います。 意識をすると、脳内でフィルタリング機能が働くようになるため、対象物が目立つようになります。 面白いことを探そうと思っていると、物事の見方や感じ方まで変わります。 物事を楽しもうとする意識が高いと、普通や平凡なことでも、面白く感じてくるようになるでしょう。 面白いネタを見つけたら、友達と会話するときのネタとして活用できます。 余裕があれば、忘れないうちに、メモ帳やノートに書き留めておくといいでしょう。 一度書けば、消すまで消えることはありません。 「書きためる」という行為も行えるようになります。 ネタは書きたまるにつれて、話したい気持ちが高ぶり、人と接するのもわくわくしてくるでしょう。 日常生活は面白いことであふれていると気づくにつれて、毎日を楽しく過ごしやすくなります。 心が軽やかになり、ストレスも小さくなっていく。 笑顔の数も増え、幸せの量も増えます。 生きることも楽しくなって、人生が楽しく感じるようになるでしょう。 たった今から意識できます。 あなたの周りに、何か面白いネタはありませんか。 意識を始めると、早速何か1つ、見つかるに違いありません。 日頃から意識をして、面白いネタを集める。

13
★0

どんなに面白い話も、回りくどいと、台無しになる。

「面白い話をしよう」 そう思ったとき、ありがちなパターンがあります。 回りくどい話をしてしまうことです。 「面白いオチは、最後に言いたい」 「細かく丁寧に話したほうが、相手にも分かりやすいだろう」 「たくさん話をしたほうが、賑やかで明るい雰囲気になるだろう」 たくさん話をしたほうが、相手を楽しませることができ、プラスに働くと思ってしまう。 そのため、あえて結論を後回しにした話し方をしがちです。 たしかに詳しく伝えたいなら、きちんと話したほうが具体的でしょう。 大まかに話すより詳細に話したほうが、丁寧な印象もあります。 特に面白い話なら、最初にオチを言うのがもったいないので、後回しにしたくなるはずです。 しかし、面白い話も、話が長くなっては逆効果です。 結論を後回しにすると、くだくだした話し方になります。 話が長くなるにつれて、要点が曖昧になる。 話全体に締まりがなくなって、だらだらした印象が出てきます。 相手は「何が言いたいの?」「どこが大切なポイントなの?」と思うでしょう。 どこが大切なのか分かりにくくなり、聞いている側にとって負担になります。 また、話を聞くのも、体力や精神力を使います。 話が長くなるにつれて聞く人を疲れさせ、飽き飽きさせてしまいます。 聞くのに疲れ果てると、笑う元気もなくなるでしょう。 どんなに面白い話も、回りくどいと台無しになるのです。 面白い人になるためには、簡潔で分かりやすい話し方を心がけましょう。 すべて話そうと心がけるのではありません。 もともと長い話であっても、できるだけ短く簡潔にする努力が大切です。 不要な部分は思いきって省略したほうが、話全体がすっきりします。 話の順番の都合でオチを最初に言えないなら、せめて話を簡潔にすることです。 話をするときは、常に要点を意識することが大切です。 重要な点とそうでない点を区別します。 重要な点は話して、そうでない点は思いきって省略します。 上手にポイントの取捨選択ができるようになると、簡潔に話せるようになります。 話が短いと物足りなく感じるかもしれませんが、誤解です。 ポイントを押さえた話し方のほうが、相手にとって短時間で分かりやすくなるので喜ばれます。 どうしても話が長くなるなら、最初に相手の許可を得ておくのがスマートです。 「少し話が長くなるけど大丈夫?」と聞きます。 相手から了承があれば、少し話が長くなっても、きちんと聞いてもらいやすくなります。 簡潔に分かりやすい話し方を心がける。

14
★2

しっかり聞けない人は、よい返事もできない。

「聞く」という行為は、力を入れなくてもできます。 常に耳の穴はあいているので、聞こえてくる声を認識するだけです。 集中しなくてもできる。 ぼんやりしていてもできる。 練習も技術も不要です。 聞こえてくる言葉を聞き取っていれば、練習しなくても、普通に理解できます。 ここに落とし穴があります。 聞く行為は、簡単にできるからこそ、多くの人が油断しがちです。 言葉を誤解したり、中途半端に理解したりすることが多い。 外国語なら別ですが、母国語の日常会話でスピーキングの努力をする人はいても、リスニングの努力をする人は少ない。 相手が何を話しているのか理解していなければ、上手に返事ができません。 面白い返事をするためには、まず相手の話を理解する必要があります。 そのため必要なのが、聞き取り能力です。 ぼんやり聞くのではありません。 しっかり聞くのです。 今まで「聞く」という行為を意識していなかったかもしれませんが、今後はしっかり聞くことを意識しましょう。 心がけることはシンプル。 きちんと相手の話に耳を傾けるだけです。 「何の話をしているのか」をしっかり理解する。 相手の言葉を一字一句まですべて聞き取るくらい集中したい。 相手の言葉を聞き取って理解するからこそ、適切な返事ができます。 会話中に未知の言葉が登場したら、勇気を持って質問してみましょう。 未知の言葉を放置していると、誤解や理解不足の原因になります。 質問をして、どんどん新しい言葉を吸収していけば、語彙力も高まっていきます。 余裕があれば、言葉の表面の意味だけでなく、裏の意味も読み取っていくといいでしょう。 相手が思っていることをすべて話してくれるとは限りません。 本音もあれば、建前もある。 本気の言葉もあれば、お世辞の言葉もある。 あなたが発する言葉がすべて本音とは限らないように、相手が発することもすべて本音とは限りません。 「いかに言外の意味を読み取っていくか」ということです。 たとえば、相手が疲れた話ばかりをしていたとします。 相手は疲れを伝えたいとは限りません。 実際は「励ましてもらいたい」「慰めてもらいたい」などの意味が隠れているかもしれません。 相手の言葉を具体的に聞き取っていくと、言外の意味も読み取れるようになります。 会話は、聞くことから始まります。 しっかり聞けない人は、よい返事もできません。 しっかり聞いてこそ、よりよい返事ができるのです。 しっかり相手の話を聞くよう心がける。

15
★2

とことん相手の話を聞くだけで、面白い人になれる。

とことん相手の話を聞きましょう。 相手が話している最中、相手の話を折ってしまうことがあります。 途中で自分の話を始めてしまい、いつの間にか話の流れを変えてしまう。 相手の意見を否定してしまい、テンションを下げてしまう。 着信や訪問客など、途中で用事が発生して、話が中途半端に終了することもあります。 相手の話がだらだら長いと「話はいつ終わるの?」と不満を漏らしたくなることもあるでしょう。 自分の聞き方・話し方を振り返ると、相手の話を最後まで聞くことが少ないのではないでしょうか。 しかし、途中で話を折ってしまうと、会話の流れが乱れ、雰囲気も悪くなります。 相手は「話しきれなかった」と不満を感じて、もやもやした気持ちになるでしょう。 お互いのテンションが下がるため、盛り上がる話も盛り上がらなくなります。 会話にしこりを残してしまうのです。 面白い人になるために、高度な話術が必要とは限りません。 とことん相手の話を聞くだけでいいのです。 一見すると、とことん話を聞くことは、面白い人とは無関係に思えますが、誤解です。 話を聞くのは、コミュニケーションの基本。 とことん話を聞くことは、面白い話をしたことと同じくらい、相手を満足させます。 とことん話を聞くだけで、相手に満足してもらえるので、自然と面白い人になれます。 「これでもか」というくらい、相手の話を聞きましょう。 相手が長話をしようと、最後まで付き合う。 愚痴を言おうと何を話そうと、話を途中で折らない。 相手が泣こうとわめこうと、慰めながら最後まで聞く。 時間が許すかぎり、相手の話をたっぷり聞きます。 聞いて、聞いて、聞きまくる。 たとえ同意できない話があっても、むやみに否定しません。 同意や肯定ができなくても、受け入れることならできるはずです。 「なるほど」「そうなのだね」という言葉で受け入れます。 最後まで話を聞くと、相手は満足できます。 「話したいことを全部話せた!」とすっきりして、心が軽くなるでしょう。 自然とあなたの関係もよくなっていきます。 会話の最後には「話を聞いてくれてありがとう」と感謝されるでしょう。 自分にも予定があって余裕のないときもあるでしょうが、時間の許すかぎり相手の話を聞くことが大切です。 相手の話を途中で折らず、最後まで聞く。

16
★2

人をばかにして笑いを取るのは、NG。
自分をばかにして笑いを取るのは、OK。

「笑いさえ取れれば、ネタは何でもいい」 そう思っているなら、誤解です。 笑いを取るにもマナーがあります。 まず注意したいのは、人をばかにして笑いを取るスタイルです。 誰かをばかにしたり見下したりすると、簡単に笑いを取ることができるでしょう。 世の中に完璧な人間はいません。 人間なら誰でも欠点や弱点があります。 相手の悪い点なら簡単に見つけることができ、笑いのネタにできるでしょう。 また、人をばかにして笑いを取るなら、自分は無傷で済ませられます。 体裁を保ったり、プライドを守ったりすることができるでしょう。 しかし、いくら面白くするとはいえ、人をばかにして笑いを取るのはマナー違反です。 人をばかにしたり傷つけたりした笑わせ方は、相手にとって気分がよくありません。 ネガティブなことを言われると、やはりすっきりしない気分になるでしょう。 笑いとしては中途半端。 なにより下品です。 相手との人間関係にひびを入れてしまいやすくなります。 場合によっては、喧嘩やトラブルに発展する可能性もあるでしょう。 人をばかにして笑いを取るのは、NGなのです。 ばかにして笑いを取るなら、人のことではなく、自分のことを話すのがマナーです。 自分をばかにして笑いを取るなら、いくらでもOKです。 自分の事情なら、どんなにばかにされても、自分が我慢すれば済むこと。 誰も人を傷つけることはありません。 恨みや憎しみを持たれる心配もありません。 たとえば、薄毛のネタで笑いを取るとします。 このとき、人の薄毛をばかにするのはよくありません。 笑いが取れたとしても、相手にむっとされるはずです。 たとえ相手が笑っていたとしても、表向きだけかもしれません。 内心では深く傷ついたり、憎んでいたりするかもしれない。 ばかにして笑いを取るなら、自分の薄毛をネタにすることです。 自分の薄毛なら、どんなひどい言い方をしても、自分が我慢すればいいだけのこと。 上手に周りの人を笑わせることができ、トラブルに発展することもありません。 貧乏をネタにして笑いを取るとします。 人の貧乏をネタにした笑いはよく見かける光景ですが、理想的とは言えません。 相手も一緒に笑っていて、平気の様子であっても、内心では気にしているかもしれません。 貧乏をネタにするなら、やはり自分の貧乏をネタにするのが一番です。 自分の貯金が少ない話、衝動買いをした話、仕事の給料が少ない話。 聞いている相手は「私も同じ経験がある」と共感してくれ、楽しませながら笑いを取れるでしょう。 何を使って笑いを取るかは、ユーモアのセンスが問われるところでもあります。 「笑いが取れるなら何でもいい」と考えるのではありません。 できるだけ人を不快にさせない方法で、笑いを取るようにしましょう。 ばかにして笑いを取るなら、人のことではなく、自分のことを話す。

17
★2

豊富な語彙力は、面白い人になるための土台。

面白い人になるためには、高い語彙力が有効です。 つまり、たくさんの言葉を知っているということです。 知っている言葉の数が少ないと、自分の考えや気持ちを表現できる幅も限られます。 大変なときには「大変」と言う。 楽しいときには「楽しい」と言う。 嬉しいときには「嬉しい」と言う。 もちろんシンプルに表現するのは悪いことではありません。 ありのままストレートに表現するのは、分かりやすい言葉でもあります。 しかし、語彙力が乏しいと、表現の幅も限られるため、面白い話ができません。 シンプルであるゆえに、表現の幅も狭くなります。 細かいことやデリケートなことを説明するとき、適切な言葉が見つからないと、うまく表現できません。 やはり多くの言葉を知っているほうが、表現の幅も広がります。 より具体的に自分の考えや気持ちを表現できるので、面白い話も実現しやすくなります。 たとえば「感動」を表現したいとしましょう。 シンプルに表現するなら「感動した」という一言ですが、ほかにも感動を表す表現はたくさんあります。 「感激した」 「鳥肌が立った」 「うるうるした」 「震えが止まらない」 「唇が震えている」 「うっとりした」 「頭から離れない」 「今晩、夢に出てきそう」 「しばらく椅子から立ち上がれない」 「視野が広がった」 「頭が真っ白になった」 「どきどきしました」 「わくわくしました」 「心地よい時間を過ごせました」 「いい思い出ができました」 「生きる力をもらいました」 感動とはいえ、多くの表現があります。 感動以外の言葉を使って、どれだけ感動を表現できるかです。 語彙力が高くなるにつれて、より具体的に自分の気持ちを表現できるようになります。 たくさん言葉を知っているほうが、自分の気持ちや考えを豊かに表現できます。 語彙力が豊富なら、話を振られても、面白い返事もしやすくなるでしょう。 ●語彙力を増やす方法 どうすれば、語彙力を高めていけるのか。 語彙力を高める基本は、多くの活字に触れる機会を作ることです。 たとえば、読書です。 読書量と語彙力は相関関係があります。 読書量が多くなるにつれて、語彙力も向上しやすくなります。 読書といっても、辞書を読む必要はありません。 わざわざ難しい本を読む必要はなく、自分が読みたい本を読めば十分です。 小説や実用書など、普段からできるだけ多くの活字に触れる機会を増やしていきましょう。 読みたい本から読んでいくほうが、楽しくて面白い。 なにより長続きします。 1文字でも1行でも多く活字を触れる機会を作っていきましょう。 普段から本を読む習慣を身につけておくと、さまざまな言葉に触れる機会が増え、自然と語彙力が高まっていきます。 また、新聞や雑誌も悪くありません。 最新の情報を得るなら、新聞や雑誌は絶好のツール。 新語や最新情報にも出合いやすいので、語彙力だけでなく、時代の感性も磨いていけるでしょう。 もし知らない言葉に出合ったら、小まめに調べる習慣をつけておきましょう。 語彙力の向上には、地道な努力が欠かせません。 1つ新しい言葉を知るのは、1つ賢くなるのと同じこと。 語彙力の向上は、地道な努力こそ王道です。 普段から活字に触れる機会を増やして、語彙力を高めていきましょう。 豊富な語彙力は、面白い人になるための土台なのです。 普段から活字に触れる機会を増やして、語彙力を増やしていく。

18
★2

面白いから、オーバーリアクションをするのではない。
オーバーリアクションをするから、面白くなる。

面白いネタを言われたとき、どんなリアクションをしていますか。 ほほ笑む。 うなずく。 返事をする。 もちろん普通に反応するのも悪くありません。 きちんとリアクションを返せば、相手は、自分の話がウケていることが分かるでしょう。 楽しいことには、言葉や態度で反応を見せると、会話が進みやすくなります。 上品な人を気取って、わざとおとなしいリアクションをする人もいるでしょう。 本当は笑いたくても、笑いじわを気にして、笑いを我慢する人もいるかもしれません。 もちろんノーリアクションに比べれば、反応があるだけまだいいのですが、盛り上がりに少し欠けるところがあります。 普通のリアクションでは物足りない。 普通に淡々としたリアクションでは、会話も雰囲気もなかなか盛り上がりません。 面白い人になるためには、さらに心がけたいことがあります。 それが、オーバーリアクションです。 話の中に面白いネタが登場したら、大きな反応を心がけましょう。 大きく口を開けて笑う。 笑いじわをたくさん作る。 両手をぱちぱち叩きながら楽しむ。 大きく目を見開いて、驚いた表情を見せる。 頭を大きく動かして、激しくうなずく。 テレビで活躍する、名司会者やお笑い芸人を思い出してください。 話を盛り上げるプロは、オーバーリアクションが特徴です。 驚いたり笑ったりして表情の変化が豊かなので、見ている側も楽しめます。 大きなリアクションは、見ているだけで楽しめます。 話を楽しんでいる様子がありあり伝わってきます。 明るい雰囲気が出てきて、場が盛り上がっていくのです。 面白い人になりたいなら、オーバーリアクションを心がけていきましょう。 どんどん会話が進み、盛り上がっていきます。 オーバーリアクションを恥ずかしく感じる人もいるかもしれませんが、考えすぎです。 きちんとリアクションを見せたほうが、相手は自分の言葉がウケていると分かるので、安心できます。 相手は「楽しんでいる」「話してよかった」「もっと話したい」という気持ちになります。 笑ったときにできる顔のしわも気にしないことです。 笑いじわは、普通のしわとは違い、ポジティブな印象があります。 むしろたくさんの笑いじわを見せつけるように笑うくらいでちょうどいい。 オーバーリアクションは楽しい雰囲気を促すため、普通に面白い話でも、ますます面白く感じてきます。 面白いから、オーバーリアクションをするのではありません。 オーバーリアクションをするから、面白くなるのです。 普通のリアクションではなく、オーバーリアクションを心がける。

19
★1

面白いネタやエピソードを作るには、遊びが欠かせない。

面白い人になるために大切な経験があります。 それは、遊ぶことです。 勉強ばかりの毎日を送っていませんか。 勉強に集中するのもいいですが、知識を詰め込む毎日では頭も固くなります。 仕事ばかりの毎日を送っていませんか。 仕事に専念するのもいいですが、働くだけの毎日では、変化や刺激が乏しいでしょう。 もちろん真面目に打ち込むことは素晴らしいですが、そればかりではつまらない。 毎日ルーチンワークの繰り返しばかりでは、ため息も止まらない。 生活にも人生にも飽き飽きしてくるでしょう。 面白い人になるために、もっとはじけた経験が大切です。 それこそ、遊びです。 きちんと遊んでいますか。 面白い人になるための訓練として、たくさん遊びましょう。 趣味の読書・映画鑑賞で知的好奇心を刺激するのもよし。 美術館や博物館に行き、芸術を堪能するのもよし。 温泉・カラオケ・マッサージに行き、ストレス発散をさせるのもよし。 旅行で遠くに行き、新しい刺激に触れるのもよし。 友達の家に泊まりに行き、一晩中、語り合うのもよし。 自宅で友達を呼んで、パーティーを開いてみるのもよし。 あなたが「楽しい」と思う遊びなら、何でもOKです。 じっとしているだけでは、刺激も出会いも限られます。 さまざまな経験を積んでこそ、面白いネタやエピソードが生まれます。 遊びを満喫すれば、満足感や充実感が得られ、性格も明るくなります。 さまざまな変化を受け入れることで、頭が柔らかくなり、発想力も高まるでしょう。 抵抗があって、なかなか遊ぶ気持ちになれないなら「遊びも勉強の一環」と考えてみてはいかがでしょうか。 遊びからも学べることがたくさんがあります。 知識や知恵を学べたり、新しい発見や出会いがあったりして、価値観や世界観を広げるきっかけになります。 遊ぶことは、気分転換やストレス解消にも役立つ上、生活に余裕を作る働きがあります。 遊びを、甘えや怠けと考えるのではありません。 自己管理・体調管理の1つとして考えれば、遊びの重要性も理解できるはずです。 ただし遊ぶなら、限度に注意してください。 「遊べば遊ぶほどよい」というのは、少し大げさです。 吐くまでお酒を飲んだり、人の迷惑になったりする行為は、遊びとはいえ、やりすぎです。 遊ぶなら、羽目を外しすぎないよう、程度の範囲を心がけることが大切です。 たくさん遊びを経験して、面白いネタやエピソードを作っていく。

20
★1

笑いの基準を下げる。
ささいなことでも笑うようにしよう。

あなたが笑うときと言えば、どんなときですか。 最初に思い浮かぶのは「面白い話が出たとき」ではないでしょうか。 情けない話。 恥をかいた話。 楽しい体験をした話。 話の中に面白いポイントがあって「楽しい」「面白い」と感じたとき、笑います。 笑いの基準は人によって異なります。 あなたにも、自分なりの笑いの基準があるでしょう。 自分の笑いの基準を満たしたとき、笑うのではないでしょうか。 もちろんそれもいいのですが、面白い人になりたいなら、もっと積極的に笑っていきたい。 心がけたいのは「笑いの基準を下げて、ささいなことでも笑う」という点です。 話に少しでも面白いポイントがあれば、笑ってしまいましょう。 「あはは。面白いね」 「わはは。楽しい話だね」 もっと積極的に笑っていい。 ささいなことでも笑うことを心がけるようにします。 「何でもすぐ笑うと、変な人と思われるのではないか」と不安になるかもしれませんが、考えすぎです。 真面目な話なら別ですが、楽しい話なら、どんどん笑っていきたい。 ささいなことでも笑ってくれると、相手は自分の話を認められた感じがして、嬉しくなるでしょう。 たとえ平凡でありきたりな話でも、少しでも面白いポイントがあれば、笑ってしまいましょう。 「こんな話にも笑ってくれるなんて嬉しい」と思い、あなたの好感度が向上します。 たとえば、相手が海外旅行の話をしてきたとします。 普通のリアクションなら「いいな」とうらやましがって終わるところですが、こういうときでも笑っていきたい。 笑いのポイントはほとんどありませんが、ゼロではありません。 「いいな」とうらやましながら、にこにこすればいいのです。 羨ましい話も、楽しい話の1つです。 自分の中で「これは楽しい話」と認めて、楽しい気持ちを倍増させれば、積極的に笑っていけます。 ささいなことでも笑うと、会話に華が生まれ、明るい雰囲気が出てきます。 笑っているあなたを見た相手は「楽しんでくれている」「もっと話をしてみよう」「一緒にいたい」と思うでしょう。 そうしてどんどん話が盛り上がっていくのです。 話が盛り上がるから、笑うのではありません。 笑うから話が盛り上がるのです。 笑いの基準を下げてください。 笑いの基準は、上げるものではなく、下げるものです。 笑いの基準を下げれば、ささいなことでも笑えるようになります。 ささいなことでも笑う人が、面白い人になり、愛されるのです。 ささいなことでも、笑うようにする。

21
★0

おやじギャグは、笑わせるネタではない。
場を凍り付かせるネタである。

面白いネタとして思い浮かぶ1つが「おやじギャグ」です。 おやじギャグとは、内容が古くさく、時代感覚からずれているしゃれのことを言います。 よく中年男性が口にすることから、おやじギャグと言われています。 「電話に誰も出んわ」 「布団が吹っ飛んだ」 「カエルが帰る」 「ネギを値切る」 「猫が寝込んだ」 「予約がようやく取れた」 「予想をするのはよそう」 「アルミ缶の上にあるミカン」 「父さんの会社が倒産した」 「紅葉を見に行こうよう」 おやじギャグからは、知性もユーモアも感じられません。 中には「高度な言葉遊び」と思う人もいるかもしれませんが、実際は「陳腐でつまらない」と感じる人が大半でしょう。 「笑ってくれるかもしれない」 「言わないより言ったほうがいいだろう」 「少しくらい場を盛り上げられるだろう」 ぱっと思いつけば、安易な気持ちでとっさに言ってしまうかもしれません。 しかし、面白いとはいえ、おやじギャグには要注意。 おやじギャグを言った後は、冷たい雰囲気になるでしょう。 言われた相手も、どうコメントしていいか分からず、困惑するでしょう。 知性もセンスもないギャグは、もはや「面白い」とは言えません。 「ウケない」と分かっていながら言ってしまうのは、マナー違反。 言いたい衝動に駆られても、ぐっと我慢しておくほうがいいでしょう。 面白くなるのとは真逆の行為。 おやじギャグは、言えば言うほど、面白い人から遠ざかっていきます。 もはやおやじギャグは「笑わせるネタ」ではなく「場を凍り付かせるネタ」と考えるのが適切です。 おやじギャグを言うくらいなら、普通に明るく楽しい話題で会話したほうがベターです。 本気で面白い人になりたいなら、おやじギャグは禁句にしておくのが無難です。 ただし、逆におやじギャグを言われたときは、対応が変わります。 つまらなくても、笑ったほうがいいでしょう。 リアクションが悪いと、雰囲気が悪くなる。 無言や無表情になってしまうと、お互い気まずくなります。 心の中でため息をついていても、表向きは笑っておくのがお付き合いです。 「寒いですね。地球温暖化の防止に貢献していただき、ありがとうございます!」 寒いおやじギャグをうまい一言で返しておけば、笑いでうまくまとめられるでしょう。 おやじギャグは、禁句にする。 ただし、おやじギャグを言われたときは、お付き合いで笑うようにする。

22
★3

面白いから、笑うのではない。
笑うから、面白くなる。

ときどき相手がつまらないギャグを言ってくることがあります。 たとえば、おやじギャグです。 「電話に誰も出んわ」 「予約がようやく取れた」 「予想をするのはよそう」 ユーモアに乏しいおやじギャグは、面白みがなく、なかなか笑えないでしょう。 一瞬時間が止まったのかと思うほど、寒い雰囲気が漂います。 また、相手が言ったジョークが、スベってしまうこともあるはずです。 ウケるつもりで言った一言でも、意外とそうでもないことがあります。 そんなとき、どうするかです。 「寒い」 「つまらない」 「面白くない」 「くだらないよ」 「最低ですね」 冷たい態度になっていませんか。 たしかにくだらないギャグなら、冷たい態度になるのも無理はありません。 わざと冷たい態度で相手を懲らしめてやろうと思うこともあるでしょう。 しかし、その態度では面白い人になれません。 そのままテンションも下がり、場が盛り上がりません。 相手は「少し言いすぎたかな」「悪いことを言ってしまったかな」と思って、気まずくなるでしょう。 冷たい態度を見せると、ますます会話の雰囲気も悪くなってしまいます。 また、わざと冷たい態度で相手を懲らしめる考え方は、少し心が小さいと言えるでしょう。 別に人を傷つけるわけでもなければ、不快にさせるわけでもありません。 面白いネタしか受け入れない状態では、人付き合いも制限されます。 面白い人になりたいなら、こういうときこそ、腕の見せ所です。 つまらないジョークを言われても、積極的に笑っていくようにしましょう。 寒いおやじギャグであろうと、くだらないジョークであろうと、とにかく笑ってしまうこと。 面白いかどうかなんて関係ない。 面白いジョークに笑うのはもちろん、たとえつまらないジョークでも、積極的に笑っていきましょう。 面白いから笑うのではありません。 笑うから面白くなるのです。 とにかく笑ってしまえば、雰囲気が明るくなるので、後から面白さを感じてきます。 ますます会話が盛り上がって、ますます面白い雰囲気になっていきます。 面白い雰囲気は、積極的に笑っていくことで作り出していけます。 たとえ下品な下ネタでも、笑ってしまえば面白くなります。 もはやあらゆるジョークを笑うくらいでかまいません。 どんなジョークでも受け入れるのは、面白くなる条件です。 面白くないジョークでも、積極的に笑っていく人が、面白い人になれます。 面白くないジョークでも、積極的に笑っていく。

23
★1

ユーモアの失敗を恐れない勇気が大切。

面白い人になるためには、失敗を恐れない勇気が必要です。 仕事の失敗ではありません。 ユーモアの失敗です。 ユーモアが思いついたとき、ネタがウケるかどうか、言ってみないと分からないときがあります。 参加メンバーの顔ぶれによっても、ウケる・ウケないが変わってきます。 同じネタでも、雰囲気によってウケるときもあれば、スベることもあります。 面白いと感じるのは自分だけで、相手にウケないかもしれません。 「この話をしてウケるだろうか。スベるだろうか」 確実にウケるネタなら堂々と言えますが、ウケるかどうか分からないときは不安があります。 もしスベったら、場の雰囲気が悪くなります。 自分の印象も悪くなってしまうかもしれません。 ユーモアの内容に自信がなければ、無難に黙っておこうと思う人も多いのではないでしょうか。 しかし、スベることを恐れていては、いつまで経ってもユーモアのセンスを磨けません。 ユーモアのセンスを磨くためには、場数が必要です。 ユーモアのセンスは、自然と身につくものではなく、努力によって得るものです。 場数なくして、ユーモアのセンスは磨けない。 成功体験だけでなく、失敗体験も必要です。 どんなネタがウケて、どんなネタがスベるのかは、試してみないと分からないところがあります。 そこで必要なのは、ユーモアの失敗を恐れない勇気です。 スベってもかまいません。 勇気を出して、ユーモアを言ってみましょう。 うまくいけば、あなたのユーモアで大笑いが生まれ、一気に場が盛り上がるでしょう。 ますます明るい雰囲気になっていくでしょう。 もしスベったとしても、笑ってごまかせばいいだけです。 「言いすぎたね」「全然ウケなかったね」と一言を添えれば、うまく場をしのげます。 ウケなくても、罰則も罰金もありません。 失敗しても、けがをするわけでもなければ、命を取られるわけでもない。 少しだけ恥をかくだけで済むこと。 思いきりスベったとしても、少なくとも場を楽しませようという印象だけは伝わるでしょう。 「失敗してもいい。スベっても勉強になる」と思うことです。 何度か失敗を経験することで、どんなネタがウケるのか手応えがつかめ、ユーモアの良しあしも分かっていきます。 どんどんユーモアに挑戦して、場数を増やしていきましょう。 ウケたりスベったりする経験を積み重ねていくことで、じわじわユーモアのセンスが磨かれていきます。 ユーモアの失敗を恐れず、どんどん発言する人が、面白い人になれるのです。 ユーモアの失敗を恐れず、勇気を出して、どんどんユーモアに挑戦していく。

24
★0

同じ人に同じネタを使うのは、マナー違反。
面白いネタも、2回目から平凡になる。

面白いネタがあるなら、何度も使いたいと思うでしょう。 「同じネタは何度でも使いたい」 「もう一度言って、相手に笑ってもらいたい」 「前回ウケたネタだから、きっと今回もウケるだろう」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 もちろん同じネタであっても、別の人に言うならまだいいのです。 相手にとっては初めて聞くネタなので、純粋に楽しめるでしょう。 相手はにこにこ楽しんでくれ、楽しんでくれた相手を見て、自分も満足できるでしょう。 しかし、同じ人に同じネタを使うのはマナー違反です。 面白いネタも、2回目からは平凡になるからです。 1回目は笑ってくれたとしても、2回目は白けるでしょう。 同じネタを言ったところで、相手はすでに知っているネタなので、面白さが半減します。 「その話は前にも聞いたよ」と思われ、会話のテンションを下げてしまいます。 場合によっては、かえって評価を落とすこともあります。 「進化していないね」 「時間が止まっているね」 「ほかにネタがないのですね」 評価が下がるくらいなら、まだ言わないほうがましです。 なにより同じネタばかり使っていると、ユーモアのセンスも磨かれません。 録音した音声を繰り返し流しているのと同じこと。 簡単ですが、相手のためにも自分のためにもなりません。 機械的に同じことを言うだけでは、脳の成長も止まります。 仮に同じネタを言って笑ってくれたとしても、それはお付き合いです。 本当に楽しくて笑ってくれたかは、疑問です。 笑わないと場が白けるので、相手が気遣って、義理や社交で仕方なく笑ってくれただけ。 本当に心から楽しんでくれたのとは別と考えておくほうがいいでしょう。 ウケたネタであればあるほど、何度も使いたくなりますが、我慢することです。 同じ人に面白いネタは1回しか使えないと考えておくほうがいいでしょう。 相手を楽しませるなら、常に新しいネタを使うのがマナーです。 常に新しいネタを探すのは、なかなか大変です。 時間もかかり、手間暇もかかります。 だからこそ、ユーモアのセンスも研ぎ澄まされていきます。 惰性に流されず、自分に厳しくしておくことが大切です。 どうしても同じネタを使いたいなら、アレンジを加えるのがマナーです。 テーマや話し方を変えるなどのアレンジを加えておけば、ネタの基本は同じでも、実質は別のネタになります。 面白いネタを使うなら、1人につき1回までとする。

25
★0

ボディーランゲージがあると、会話はもっと面白くなる。

面白い人になるためには、ボディーランゲージが役立ちます。 ボディーランゲージとは、ノンバーバルコミュニケーションの1つ。 言葉を使わずに、体や手足の動きで、意思や感情を伝えることをいいます。 もちろん絶対必須ではありません。 ボディーランゲージはなくても、コミュニケーションは成立します。 私たちは「言葉」という強力な伝達手段があります。 ボディーランゲージがなくても「会話は言葉だけで十分」と思う人もいるでしょう。 ボディーランゲージより言葉のほうが、表現の数も種類も圧倒的に上です。 巧みな話術さえあれば、面白い人になれるだろうと思う。 そのため、ボディーランゲージがおろそかになりがちです。 では、ボディーランゲージは不要かというと、そうではありません。 ボディーランゲージは、言葉ではできない表現を伝えることができるからです。 ボディーランゲージを含めると、会話に臨場感が生まれるので、面白くなります。 たとえば「巨大」を表現するときは、言葉で「大きい」「でかい」と言うだけでなく、左右に両手を広げてみます。 両手を広げて表現したほうが、ありあり様子が伝わって、イメージしやすくなるでしょう。 「多忙」を表現するとき、言葉で「忙しい」「余裕がない」と言うだけでなく、小走りのジェスチャーを見せてみます。 体で忙しさを表現したほうが、意味や印象がより生々しく伝わるでしょう。 ボディーランゲージを含めることで、表現力が向上するので、ますます会話が豊かにできます。 ボディーランゲージは、慣れない人にとって苦手意識があるかもしれません。 特にもともと恥ずかしがり屋にとっては違和感や抵抗感も大きいでしょう。 しかし、勇気を出して、ボディーランゲージを使っていきましょう。 思い出してください。 面白い人になるために大切なのは、相手を楽しませたい気持ちです。 相手を楽しませたい気持ちでサービス精神を持てば、ボディーランゲージの苦手意識も小さくなります。 ボディーランゲージは、知識とは違い、体得するものです。 慣れや経験であり、場数が重要です。 体の動きなので、不慣れのうちは不自然になるかもしれませんが、繰り返していくにつれて自然になっていきます。 慣れてくれば、ボディーランゲージの種類を増やしていきましょう。 ボディーランゲージの種類を増やしていくにつれて、あなたの表現力も向上していきます。 ボディーランゲージを心がける。

26
★2

褒めることも、面白いネタの1つになる。

面白い人になるためには「笑わせるネタが必要」と思われがちです。 もちろん笑わせるネタがあるほうが、相手を笑わせることができるでしょう。 ストレートに面白いネタを披露すれば、相手は会話を楽しんでくれます。 しかし、笑わせるだけがすべてではありません。 「相手を楽しませるすべてが面白さにつながる」と考えてください。 それは、褒めることです。 面白い人になりたいなら、褒めることを習慣にしましょう。 褒めるというのは、相手を喜ばせること。 どんな人にも短所や欠点があるように、どんな人にも長所や美点があります。 ユーモアのセンスを磨くには時間を要しますが、相手の長所を見つけるなら、簡単にできます。 その気になれば、今日からでも実行できます。 「相手のいいところを探そう」と意識すれば、すぐ見つかるでしょう。 相手のよいところが見つかれば、どんどん褒めていきましょう。 たとえば、友達と待ち合わせの場面があるとします。 友達と会ったとき、天気や仕事の話題など、普通に話し始めるのもいいですが、まず褒めることから始めるといいでしょう。 「今日は特別おしゃれだね」 「かわいい服だね。センスがいいね」 「初めて見るアクセサリーだね。似合っているよ」 わざとらしくないよう、さりげなく褒めるのがポイントです。 お世辞やおべっかを言うのではなく、あくまで自然に気づいた範囲で言ってみます。 上手に褒めると、相手は笑顔になって喜んでくれるでしょう。 最初に褒めることで、その後に続く会話も明るい雰囲気で楽しめるはずです。 熱心に仕事をしている人がいるとします。 「無理をしないでくださいね」「たまには休憩してください」といった気遣う言葉もいいですが、まず褒めてみましょう。 「お仕事に熱心ですね」 「体力があるのですね」 「集中力がすごいですね」 気づいた範囲で褒めてみます。 相手は、頑張っている自分を認められた気がして、すっと心身が軽くなるでしょう。 人と会ったら、まず褒める。 話を始めたら、まず褒める。 褒めることは、人間関係の大切な潤滑油です。 わざわざ笑わせるネタを披露しなくても、面白い人になれます。 褒めるだけで、相手を楽しませることができます。 褒めることも、面白いネタの1つになるのです。 褒めることをネタにして、相手を楽しませる。

27
★2

面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのか。

面白くなるために、頭の回転の速さは必要なのでしょうか。 テレビで活躍する芸人は、いつも頭の回転が速くて驚かされます。 ボケやツッコミが素早くできる。 いつも返事が速くて的確。 きわどい受け答えもスムーズにできる。 「頭の回転が速いな」と感心して、才能を感じることもあるのではないでしょうか。 もちろん面白い人になるために、頭の回転は、遅いより速いほうがいいのはたしかです。 返事が速いとテンポがよくなるので、会話も盛り上がります。 平凡な言葉より面白い言葉のほうが、笑いも生まれます。 頭の回転には、生まれつきの素質が関係している部分があります。 さまざまな返事の選択肢から、とっさに最適な返事ができる力は、役立ちます。 生まれつき頭の回転が速い人は、コミュニケーション能力も高くなりやすいため、面白い人に有利と言えるでしょう。 では、生まれつき頭の回転が遅い人は面白くなれないかというと、そうではありません。 頭の回転は、すべて先天的要素で決まるものではなく、後天的要素もあります。 頭の回転は、運でもなければ、才能でもありません。 劣等感に悩むだけでは、会話は上達しない。 大切なのは、頭の回転より場数です。 頭の回転は、最初からすべて決まっていることではなく、場数によって向上させることができます。 返事が速いのも面白い一言が言えるのも、場数がポイントです。 「この一言にはこう返事をする」というパターンを意識的に学んでいきましょう。 頭の回転が遅くても、会話の場数を経験することで、だんだん面白い返事ができるようになり、上達していきます。 芸人の会話が面白いのは、もともと頭の回転が速いこともありますが、それだけではありません。 私たちの見えないところで、涙ぐましい努力と膨大な場数を踏んでいて、トレーニングを重ねています。 会話中、偶然面白い言葉を見つければ、すぐメモ帳に書き留めて、身につける努力をしています。 地道な努力が積み重なった結果、頭の回転が速くなっています。 「もともと自分は頭の回転が遅いからダメだ」と諦めないでください。 頭の回転は、素質ですべて決まるものではなく、場数によって向上する能力です。 さまざまなタイプの会話をしましょう。 年下だけでなく、年上とも会話をする。 同性だけでなく、異性とも会話をする。 雑談だけでなく、議論もする。 さまざまな会話を経験していくことで「こう返事をすればいい」という適切な会話のパターンが身につきます。 もちろん面白い返事を意識しながら会話すれば、さらにベターです。 会話の場数は、少なくて困ることはあっても、多くて困ることはありません。 会話の場数があればあるほど、慣れと余裕が生まれ、会話も上達していきます。 とっさに面白い一言も言いやすくなるのです。 会話の場数を踏んで、頭の回転を速くしていく。

28
★3

相手からばかにされても、怒るのではなく、笑い飛ばそう。

会話中、相手からばかにされることがあるかもしれません。 失敗を笑われる。 弱点を見下される。 コンプレックスを傷つけられる。 そんなとき、どんなリアクションをするかです。 自分の自尊心やプライドを傷つけられると、普通はむっとすることが多いでしょう。 心が傷ついて、暗い表情になったりテンションが下がったりするでしょう。 嫌になって、その場から逃げたくなるかもしれません。 しかし、ふてくされてしまうと、場の雰囲気が悪くなります。 気まずい空気が流れ、険悪な雰囲気に変わり、息苦しくなるでしょう。 ぴりぴりした雰囲気では、面白い会話もできません。 面白い人になりたいなら、こういうときこそ大切なポイントです。 相手からばかにされたとき、怒るのではなく、笑い飛ばしましょう。 場の雰囲気を壊さないよう明るく言い返すのです。 「言いすぎですよ!」 「ひどいことを言わないでくださいよ!」 「ショックで心に穴があいたかもしれません!」 明るく前向きな言葉なら、どんな言葉でもOK。 「それくらいの言葉では落ち込みません!」と言わんばかりの勢いで言うのがいいでしょう。 どれだけばかにされてもけなされても、にこにこ明るく言い返せば、楽しい雰囲気を保てます。 本当は心が傷ついていても、表に出さないほうが雰囲気を保てます。 プライドを傷つけられても、恥ずかしいことがあっても、にこにこした笑顔を貫く。 失敗もコンプレックスも笑い飛ばすくらいに考えるのがいいでしょう。 こうしたノリのよさが、面白い人になるためのポイントです。 自尊心やプライドを傷つけられても、自分が気にすることさえなければ、無傷です。 たまには虚勢を張ることも大事です。 見栄や虚栄心で虚勢を張るのはNGですが、あくまでポジティブな雰囲気を保つための虚勢ならOKです。 心が傷つくことを言われても、笑顔を貫くようにしましょう。 傷ついているところを見せるより、元気である様子を見せたほうが、会話のテンポもよくなります。 ばかにされても、怒るのではなく、笑って済ませる。

29
★2

面白い人は、形式やルールにこだわらない。

形式やルールにこだわっていませんか。 もちろん社会的に重要なことなら、形式やルールを守ることは大切です。 未成年のアルコールは禁止です。 いくら盛り上がっているとはいえ、未成年がアルコールを飲むのは法律違反です。 法律には、例外なく従うことが必要です。 家族と門限を決めているなら、きちんと守ったほうがいいでしょう。 ルールを破りたくても、家族との約束は信用問題に関わりますから、きちんと守っておくのが必須です。 形式やルールとはいえ、社会的に重要なら、きちんと従わなければいけません。 では、あらゆる形式やルールを守らなければいけないかというと、そうではありません。 何でも形式やルールにこだわるばかりでは堅苦しくなるでしょう。 「頭の固い人」と思われ、付き合いにくい雰囲気が出ます。 思考や行動の柔軟性も失われ、つまらなくなるでしょう。 「あれもダメ」「これもダメ」という話になってしまい、テンションが下がってしまいます。 いつも形式やルールにこだわってばかりでは、面白い人になれません。 軽微な範囲なら、形式やルールにこだわらない例外もあっていいでしょう。 心の器を大きくして、受け入れる幅を広げていきましょう。 たとえば、焼き肉を食べる場面があるとします。 焼き肉を食べるときは、専用のたれをつけるのが基本ですが、あえて形式を破ってみるのもいいでしょう。 焼き肉のたれのかわりに、牛乳・コーヒー・コーラをつけて食べてみると面白いでしょう。 きちんと責任を持って食べるなら、変な味になってもまずくなってもOK。 奇妙な組み合わせですが、形式を無視した食べ方は、きっと面白い雰囲気になるはずです。 また、友達と草野球をする場面があるとします。 このときも、形式やルールにこだわりすぎないようにします。 相手チームがうっかりルールを破ってしまうこともあるでしょう。 そんなとき、責めたり叱ったりするのではよくありません。 遊びですから「たまにはルール違反もOK」と受け入れてみることも大切です。 「新しいルールができたね」と笑って過ごせば、ますます面白い雰囲気が高まるでしょう。 むしろ新しい形式・新しいルールを作っていくのも悪くありません。 軽微な範囲に限りますが、形式やルールにこだわらないほうが楽しく穏便に過ごせます。 形式やルールのこだわりを捨てると、さまざまな可能性を楽しめるのです。 軽微な範囲なら、形式やルールにこだわらないようにする。

30
★1

「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイス。

面白い人になるためのキーワード。 それは「面白い」です。 日常生活では時折、コメントしにくい場面に遭遇することがあります。 たとえば、友達の手料理がおいしくなかったときです。 友達から手料理を振る舞われる場面があって、ごちそうになることがあるでしょう。 「どう?」と感想を求められたとき、どう答えるか、言い方に迷います。 正直とはいえ、ストレートに「変な味」「まずい」「おいしくない」という言い方は、少しとげがあるでしょう。 せっかく料理を作ってくれた相手をがっかりさせてしまいます。 もちろん親しい友達なら、本音も悪くありませんが、普通の友達なら傷つけるかもしれません。 いくらおいしくないと思っても、けなすような一言は避けたほうがいいでしょう。 こうしたときに使える一言こそ「面白い」です。 「面白い味」 「面白い料理」 「面白い組み合わせ」 「面白い」という表現を使えば、友達を傷つけずに感想を述べることができます。 ユニークな言葉によって、料理の可能性を褒めることもできます。 また、人と話をしているとき、賛同できない意見を言われたとします。 「納得できない」「あり得ない」「考え方が幼稚」と相手の意見を否定するのはよくありません。 ストレートに意見を否定すると、相手を不快にさせてしまうでしょう。 場合によっては人間関係に亀裂を生みかねません。 こうしたときも「面白い」というキーワードが役立ちます。 「面白い意見」 「面白い考え方」 「面白いアイデア」 こうした一言で、相手の意見を受け入れてみるといいでしょう。 理解・納得できないのは、相手の意見が悪いからとは限りません。 まだ自分の知識や経験が少ないせいで理解力がなく、考えが及んでいないだけかもしれません。 「面白い」という表現で受け入れれば、穏便な雰囲気を保てます。 「面白い」という一言は、まだまだ応用が利きます。 変な場所に来たときも「面白い場所」と表現する。 難しい本を読んだときも「面白い本」と表現する。 難解な仕事を依頼されたときも「面白い仕事」と表現する。 変なにおいを嗅いだときも「面白い香り」と表現する。 理解できない価値観と接したときも「面白い価値観」と表現する。 たとえ不快感や抵抗感があっても、ひとまず「面白い」と表現しておけば、穏便かつ丁寧です。 対象を受け入れることになるので、トラブルに発展することもありません。 面白いと言って受け入れると、前向きに価値観を吸収できるため、後から本当に面白く感じやすくなるでしょう。 おいしいと思って食べる食事がおいしく感じやすいように、何でも面白いと思って受け入れると、面白く感じやすくなります。 「面白い」という一言は、あらゆることを面白くさせるスパイスなのです。 コメントしにくい場面では、否定や拒否をせず「面白い」というキーワードで受け入れる。

同じカテゴリーの作品