人生の教科書



読み上げ動画・音声

きいになる
30方法

お気に入り90 読んだ
9

いらいらするはずの瞬間笑顔になると、
きさをじる

らいらしたことがありますか。

この問いに「NO」と答える人はほとんどいないことでしょう。

いらいらしないなら、もうすでに悟りの境地を開いているに違いありません。

人間として生きているかぎり、やはり一回は必ずあります。

表情がこわばり、眉間にしわが寄り、態度もあたふたします。

そういう表情や態度は、器が小さく見えます。

感情に振り回され、自分を見失っているように見えるからです。

すぐ切れる人は尊敬できないように、いらいらしやすい人も尊敬できません。

 

では、いらいらしそうになったらどうするか。

笑顔になりましょう。

表情がこわばり、眉間にしわが寄るからいけません。

ウエイトレスがコーヒーをこぼして、あなたの服が汚れたとき、むっとするのではなく、笑顔で「大丈夫ですよ」といいます。

すると、相手も周りの人も驚きます。

いらいらするべき瞬間に笑顔になっていると、余裕があるように映ります。

精神的な余裕が感じられ「あの人は一味違う」と思われます。

尊敬のまなざしです。

事実、笑顔になっていると、緊張を和らげる作用もあります。

緊張が緩むことで、いら立つ感情もストレスも小さくなります。

冷静になって対応しやすくなるのです。

器の大きい人になる方法 その9

  • いらいらしそうになったら、
    笑顔になって不安をかき
どんなに知識や知恵があっても、臨機応変がないと、うまく生きていけない。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品