人生の教科書



読み上げ動画・音声
失恋・別れ
いらいらした瞬間こそ、別れ方を決める大切な場面。
トラブル対処
話を聞くことが、仲直りにつながる。

きいになる
30方法

お気に入り87 読んだ
2

いらいらしてすと、
相手レベルになる

が大きいかどうかは、いらいらしたときに分かります。

嫌なことがあった後の態度です。

ある人のミスによって、あなたが迷惑を受けたとします。

今後トラブルが起きないように「今度から気をつけてね」と少し注意をするくらいならいいでしょう。

 

しかし、必要以上にどぎつい言葉で言い返す人をときどき見かけます。

嫌なことがあったとき、その不快感をとげのある言葉にして表現しようとします。

  • 「ばかじゃないの」

  • 「あなたは最低」

  • 「あきれて言葉が出ない」

いらいらしますから、どぎつい言葉はとんできて当然と思います。

 

しかし、ちょっと言いすぎです。

言い方というものがありますね。

いらいらをそのままぶつけると、ぶつけられた相手は落ち込みますし、気分を悪くしてしまいます。

自分が不愉快になったから、相手にも同じような不愉快をさせようとすることです。

自分と同じ苦しみを、相手にも同じように味わわせようとしている。

それは子供の喧嘩と同じです。

いらいらさせるほうにも落ち度はありますが、とげのある言葉にする人にも落ち度はあります。

どちらもレベルがあまり変わらないということです。

もちろん人間ですから、いらいらする気持ちはあってもかまいません。

大切なことは、いらいらする気持ちになったとき、受け止められるかどうかです。

いらいらを吸収できるのが、大人です。

どちらかが器の大きな大人にならなければなりません。

いらいらしても厳しいことを言ってもいい。

言ってもいいですが「言い方」や「言葉遣い」には注意しましょう。

ささいな言い方や言葉遣いで、トラブルをさらに大きくしかねないのです。

器の大きい人になる方法 その2

  • いらいら、
    どぎつい言葉すのはやめる
脳が酸欠状態になると、落ち着いて考える余裕もなくなる。

もくじ
(器の大きい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品