自分磨き

感じのいい人になる
30の方法

  • 物を手渡すとき、
    承諾の一言を添えて差し出す人が、
    愛される。
感じのいい人になる30の方法

もくじ
  1. 物を手渡すとき、承諾の一言を添えて差し出す人が、愛される。

    感じの良しあしは、日常のささいな場面です。
    その1つは「人に物を手渡す場面」です。
     

  2. 寝起きが悪くても、八つ当たりしない。

    あなたは寝起きがいいほうですか。
    それとも悪いほうですか。
    「日によってまちまち」という人もいるでしょう。

  3. 自分の話が終われば「あなたはどう?」と聞き返すのが、コミュニケーション。

    自分の話ばかりしないことです。
    自分の話ばかりしていては、コミュニケーションが成り立ちません。
    どんなに話が面白くても、自分の話ばかりしていては感じが悪くなります。

  4. ぴったり準備をするのがアマチュア。
    十分な準備をするのがプロ。

    アマチュアとプロの差はどこに現れるのか。
    その1つは「準備」です。
    準備とはいえ、アマチュアとプロとでは、考え方・取り組み方が大きく違います。

  5. 人生最高のギャンブルとは。

    人生最高のギャンブルとは何でしょうか。
    パチンコやスロットでしょうか。
    競馬競艇で1回のレースに大金を賭けることでしょうか。

  6. 「無理を言ってごめんなさい」と言えば、無理なお願いを聞いてもらいやすくなる。

    無理なお願いを聞いてもらいやすくなる、マナーの一言があります。
    「無理を言ってごめんなさい」です。
    無理なお願いをすると、普通は断られます。

  7. 謝る場面で「ご指摘ありがとうございます」とごまかしていないか。

    謝る場面で、的外れな返事をする人がいます。
    「ご指摘ありがとうございます」です。
     

  8. 電車内を転がる空き缶があったとき、どうするか。

    電車に乗っていると、転がる空き缶を見かけることがあります。
    誰かが飲んだ後、電車内に置いたままにしたのでしょう。
    わざと置いたままにしたとは限りません。

  9. 「何の話をしていたんだっけ?」と言えるのは、素晴らしいこと。

    日常会話の中で、こんなセリフを言うことはありませんか。
    「何の話をしていたんだっけ?」です。
    楽しく話を進めていくうちに、だんだん話がそれていき、元の話題を思い出せなくなる状況です。

  10. 素直に他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できる。

    自分の長所や才能を発見するにはどうすればいいのでしょうか。
    自分の長所や才能を見つけたいなら、素直に他人を褒めるようにしてください。
    なぜ他人を褒めると、自分の長所や才能を発見できるのか。

  11. 感謝や謝罪は、すぐしないと意味がない。

    感謝や謝罪を後回しにしていませんか。
    「後からにしよう」
    「時間があるときにしよう」

  12. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。

    観光地に行くと、写真撮影に困っている人たちを見かけることがあります。
    カップルや家族連れです。
    写真撮影では、シャッターを押す人が必要です。

  13. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。

    感じの悪い話し方があります。
    それは「言いかけてやめる話し方」です。
    「あの、えっと……。いや、何でもない」

  14. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。

    いらいらしているときは、電話対応が雑になりがちです。
    言葉遣いが乱れる。
    話し方がぞんざいになる。

  15. 科学的に証明されていない話題には、十分注意する。
    「信仰」「宗教」と同等の重要性がある。

    世の中には、科学的に証明されていないことがあります。
    たとえば、幽霊の存在、あの世の存在、神様の存在などです。
    あなたはこれらの存在を信じますか。

  16. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。

    プレゼントをいただいて、困る状況があります。
    普通はプレゼントをいただくと嬉しいものですが、贈り方を誤ると、相手の迷惑になることがあります。
     

  17. 「そうなると思っていた」は、後出しじゃんけんと同じ。
    感じの悪いルール違反。

    人が失敗したとき、こんなことを言う人がいます。
    「そうなると思っていた」
    こういう発言をする人には、決まったパターンがあります。

  18. アドバイスを求めておきながら反論するのは、マナー違反。
    二度とアドバイスをしてもらえなくなる。

    人からアドバイスされたとき、とっさに反論していませんか。
    「それは違うと思います」
    「そうは言いますが、現実は厳しいです」

  19. 肯定・理解・同意の言葉は、二度繰り返すと、失礼になる。

    肯定・理解・同意の言葉を「二度」繰り返す人がいます。
    「はい、はい」
    「分かった、分かった」

  20. 人の本性が現れるのは、勝ったときではなく、負けたとき。

    人の本性は、勝ったときには現れません。
    勝ったときは、スマートでかっこいい。
    笑顔があり、花があり、祝福の明るい雰囲気があります。

  21. ポケットは「物入れ」のために作られた場所。
    意味もなくポケットに手を入れない。

    ポケットに手を入れる癖があるなら注意しましょう。
    手元が寂しいからといって、ポケットに手を入れていませんか。
    気温が低いときは、ポケットに手を入れ、冷たい手を温めたくなるでしょう。

  22. 相手を変えようとしない。
    自分が変わればいい。

    人間関係では「相手に変わってほしい」と思う場面があります。
    ・相手に変わった癖があってストレスを感じる
    ・相手の仕事が遅くていらいらさせられる

  23. よりよい人間関係には、意思表示が必要。
    相手の顔色をうかがって本音をごまかしていると、薄っぺらい人間関係になる。

    「これを言ったら傷つくかな」
    相手の顔色をうかがって、言いたいことを我慢していませんか。
    言いたいことがあっても、相手を傷つけそうなら、ぐっと我慢して言わないことがあるでしょう。

  24. 感じのいい人は、言い訳をしない。
    素直に謝るから、感じがよくなる。

    感じのいい人になりたいなら、言い訳をやめることです。
    ・遅刻をしたとき、言い訳をする
    ・間違えたとき、言い訳をする

  25. 感じのいい店員さんを求める前に、感じのいいお客さんになっているか。

    初めてお店に入るときはどきどきします。
    店内の様子が分からないので緊張します。
    「雰囲気のいいところであってほしいな」と思いながら入店するでしょう。

  26. 「10割のいい人」を目指すから、苦しくなる。
    「7割のいい人」を目指せば、楽になる。

    私たちは「いい人」になりたがろうとします。
    「いい人だね」と言われて嬉しくない人はいません。
    「いい人だね」と言われると、自分が認められたように感じて嬉しくなるもの。

  27. 普段から明るい言葉に触れていないと、だんだんネガティブになっていく。

    あなたは普段、どのくらい明るい言葉に触れていますか。
    私たちが生きる世界は、ネガティブな言葉や情報が多数存在しています。
    テレビや新聞では、ネガティブなニュースのオンパレードです。

  28. 健康運の悪い人は「満腹を100パーセント」と考える。
    健康運のいい人は「腹八分目を100パーセント」と考える。

    健康運を高めたいなら「食事の量」に注意しましょう。
    食事量の調整は、健康運に関わるポイントの1つ。
    食事と健康は、切っても切れない関係です。

  29. 利害のない人と接するときの態度が、あなたの本性。

    利害のある人には、自分から挨拶をするでしょう。
    利害のある人は、自分の損得に関わります。
    自然と丁寧な言葉遣いと振る舞いを意識して、笑顔で接するでしょう。

  30. 下品な人は、大きな足音で歩く。
    上品な人は、静かな足音で歩く。

    自分の歩く音を振り返ってみてください。
    足音が目立っていませんか。
    大きな音を立てて歩いていませんか。

同じカテゴリーの作品