自分磨き

幸運体質になる
30の方法

  • 天が味方をしたくなるような生き方をしよう。
幸運体質になる30の方法

もくじ

天が味方をしたくなるような生き方をしよう。

天が味方をしたくなるような生き方をしよう。

天とは何か。
偉大なる存在です。
天地のあらゆるものを支配している、人知を越えた存在です。

うまくいきそうになくても挑戦しよう。
成功することではなく、挑戦することが重要なのだ。

うまくいきそうになくても挑戦しよう。成功することではなく、挑戦することが重要なのだ。

挑戦するかどうかを、成功しそうかどうかで決める人がいます。
「うまくいきそうなら挑戦する」
「うまくいきそうになければ、挑戦するのはやめておく」

「宿題」を「自分磨きのゲーム」を言い換えるだけで面白くなる。

「宿題」を「自分磨きのゲーム」を言い換えるだけで面白くなる。

「宿題」という言葉は、どことなく嫌な印象があります。
昔から「宿題」が登場するのは、ネガティブな場面が多い。
「強制」「命令」が伴う場面が目立ちます。

小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。

小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。

突然大きなトラブルが起こって、慌てることがあります。
・突然恋人から振られた
・急に契約を打ち切られた

「できない」と思っていることほとんどは、できないのではなく、やらないだけ。

「できない」と思っていることほとんどは、できないのではなく、やらないだけ。

あなたには「できない」と思っていることがあるでしょう。
それは、本当に不可能なことなのでしょうか。
いいえ、誤解です。

自信のないことは「やめておく」ではなく「とりあえずやってみる」でいい。

自信のないことは「やめておく」ではなく「とりあえずやってみる」でいい。

自信のないことがあったとき、どうするか。
ここは運命を左右する大事な場面です。
自信のないことは、遠慮がちになることが多い。

にわか雨は、天からのサプライズプレゼント。

にわか雨は、天からのサプライズプレゼント。

突然の降る大雨。
それは、にわか雨です。
にわか雨は困ります。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っている。

私たちは「取り返しのつかない毎日」を送っています。
もちろんあなたも、取り返しのつかない毎日を送っているところです。
「そんなことはない。後から取り返せるはずだ」と思うかもしれませんが、できません。

「嫌だな」と「面倒くさいな」は、似て非なるもの。
心の声を区別する。

「嫌だな」と「面倒くさいな」は、似て非なるもの。心の声を区別する。

気が進まないときに思う、心の声があります。
・「嫌だな」
・「面倒くさいな」

努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。

努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。

「いくら努力しても結果が出ない」
行き詰まっているなら、振り返ってほしいポイントがあります。
「努力の方向性」です。

「意見を否定された」と考えるから、むっとする。
「自分とは違う意見」と考えれば、うなずける。

「意見を否定された」と考えるから、むっとする。「自分とは違う意見」と考えれば、うなずける。

自分の意見を述べたところ、否定されることがあります。
「それは違うよ」
「賛同できない」

「今日の占い」で悪い結果が出てもへこまない。
むしろバネに変えよう。

「今日の占い」で悪い結果が出てもへこまない。むしろバネに変えよう。

「今日の占い」で悪い結果が出ることがあります。
あまりいい気持ちがしないものです。
「今日は嫌な1日になるでしょう」と言われているような感じがします。

最初に浮かんだ答えは、おおむね正しい。

最初に浮かんだ答えは、おおむね正しい。

試験でよくある失敗パターンがあります。
試験の4択問題で、最初に思いつく答えがあります。
問題文を読んだ瞬間「正解は3番だろう」とすぐわかります。

間違い電話は、神様からの抜き打ちテスト。

間違い電話は、神様からの抜き打ちテスト。

あるとき間違い電話がかかってくることがあります。
間違い電話にどう対応していますか。
「誰だろう」と思って電話を取り、間違い電話とわかった瞬間は、独特の脱力感があるものです。

うるさい場所では、集中できないのも当然。

うるさい場所では、集中できないのも当然。

集中できなくて悩んでいるとき、振り返ってほしいことがあります。
うるさい場所にいないでしょうか。
・人の話し声がうるさい

仕事の差がつくのは「緊急ではないが重要な仕事」にある。

仕事の差がつくのは「緊急ではないが重要な仕事」にある。

緊急ではないが重要な仕事に取り組んでください。
仕事の差は、どれだけ普段から緊急ではないが重要な仕事に取り組んでいるかで決まるからです。
仕事の種類は、大きく4種類あります。

水の出しっぱなしを「もったいない」と思わない人は、幸せになれない。

水の出しっぱなしを「もったいない」と思わない人は、幸せになれない。

水の出しっぱなしをする人がいます。
無駄に流れている水を見て「もったいない」と思っていません。
「水はいくらでもある。どこにでもある。特別なものではない」と思っています。

価値観が変わることを、生まれ変わるという。

価値観が変わることを、生まれ変わるという。

あなたの価値観が変わったのはいつですか。
それはどんな出来事でしたか。
「生まれ変わる」という言葉には「別人のようになる」「見違えるほど変わる」というイメージがあるでしょう。

ポケットに手を入れる人に、明るい未来はない。

ポケットに手を入れる人に、明るい未来はない。

出世したいなら、ポケットに手を入れる癖をやめることです。
ポケットに手を入れている姿は偉そうに見えるからです。
本人の意思は関係ありません。

もたもたしていると、運が悪くなる。
てきぱきしていると、運がよくなる。

もたもたしていると、運が悪くなる。てきぱきしていると、運がよくなる。

幸運体質になれるかどうかは「スピード感」で決まります。
注意したいのは「もたもた」です。
・もたもた歩く

幸運のチャンスは「トラブル」という形でやってくる。

幸運のチャンスは「トラブル」という形でやってくる。

トラブルが起こったら、喜んでください。
「幸運のチャンスが巡ってきた」と。
「トラブルのどこがチャンスなのか」と思うことでしょう。

どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。

どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。

あなたは落ち込みやすい性格ですか。
落ち込んでいるときは、脱力感に苦しめられます。
魂が抜けているような感じがあって、なかなか力が入りません。

運に頼ってばかりの人は、運が悪くなる。
運に頼らず自力で頑張る人は、運がよくなる。

運に頼ってばかりの人は、運が悪くなる。運に頼らず自力で頑張る人は、運がよくなる。

運に頼った生き方はよくありません。
運がいけないのではありません。
運に頼る姿勢がいけないのです。

給仕がお会計の紙を置く前に、料理を食べ始めないこと。

給仕がお会計の紙を置く前に、料理を食べ始めないこと。

レストランで、注意したいマナーがあります。
給仕が料理を運んで、テーブルの上に会計伝票を置きます。
このとき、会計伝票を置く前に料理を食べ始める人がいます。

それはアウトではない。
アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。

それはアウトではない。アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。

「もうダメだ。アウトだ。何もかも終わりだ」
頑張っていたにもかかわらず、アウトになってしまいました。
アウトはアウト。

夕日は、太陽からあなたへのプレゼント。

夕日は、太陽からあなたへのプレゼント。

最近夕日を見ていますか。
最後に夕日を見たのはいつですか。
子供のころはよく見ていた夕日も、大人になるにつれて見ることが減ってきます。

すべての人に好かれる必要はない。
むしろすべての人に好かれてはいけない。

すべての人に好かれる必要はない。むしろすべての人に好かれてはいけない。

人間関係における究極の目標と何か。
それは「すべての人に好かれる」ということです。
嫌われて嬉しい人はいません。

「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。

「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。

「絶対無理」が口癖の人がいます。
「絶対無理!」
「絶対無理だよ」

チャンスを待たない。
チャンスを作る。

チャンスを待たない。チャンスを作る。

チャンスを待ってはいけません。
チャンスを待っているだけでは、チャンスは来ません。
むしろチャンスが逃げていきます。

会わせたがる人は、ただのお節介焼き。
本人はご満悦でも、相手は迷惑。

会わせたがる人は、ただのお節介焼き。本人はご満悦でも、相手は迷惑。

会わせたがる人がいます。
「ぜひ会わせたい人がいる」
「いい人がいるから紹介するよ」

同じカテゴリーの作品