人生の教科書



自分磨き
引っ込み思案を克服する宣誓書を書こう。
自分磨き
新しい服には、引っ込み思案を克服させる力がある。
自分磨き
カラオケで、引っ込み思案を克服する。
自分磨き
あなたは、引っ込み思案になった原因を説明できるか。
自分磨き
引っ込み思案とは何か。
自分磨き
心が強いから、一人旅をするのではない。
一人旅をするから、心が強くなる。
自分磨き

引っ込み思案を克服する
30の方法

  • 引っ込み思案を
    「生まれつきの性格」で片付けない。
引っ込み思案を克服する30の方法

もくじ

1
★1

引っ込み思案を「生まれつきの性格」で片付けない。

「引っ込み思案は生まれつきの性格」 「克服するのは不可能」 「今さら引っ込み思案を改善することはできない」 そう考えている人も多いのではないでしょうか。 たしかに引っ込み思案は、先天的な要素が関係している部分もゼロではありません。 遺伝では「性格」に関係する遺伝子の存在が確認されています。 もともと内気な性格なら、積極的な発言や行動に抵抗を感じるため、進んで人前に出ることは少ないでしょう。 生まれつき孤独が好きな性格なら、人付き合いが控えめになり、引っ込み思案になることもあります。 生まれつきの性格なら、克服するのも難しいように思えます。 しかし、引っ込み思案を生まれつきの性格で片付けるのはよくありません。 先天的な要因があるとはいえ、関係しているのは一部です。 実際のところ、引っ込み思案の原因の大半は、後天的です。 ・失敗体験が多く、成功体験が少ないこと ・肯定された経験が少なく、否定された経験が多かったこと ・新しいことに挑戦する機会に恵まれなかったこと ・コミュニケーション能力を磨く機会が少なかったこと ・ネガティブ思考が癖になっていて、ポジティブ思考が足りなかったこと たまたま価値観の合う友達と出会えなかった事情もあるでしょう。 つまり、後天的なことが原因なら、今から努力して改善することも可能です。 引っ込み思案は、克服できる性格です。 必要なのは「意識的な努力」です。 ・先手の習慣を心がけ、積極的な行動をしていくこと ・自分を褒める習慣で、自己評価を上げていくこと ・成功体験を積み上げて、自己肯定感を上げていくこと ・何でも話せる友達を作って、仲良くなること ・コミュニケーション能力を磨き、会話に自信を持つこと ・好奇心を大切にしながら行動すること ・新しいことに挑戦して、自分の殻を破ること もちろん一晩で引っ込み思案を克服するのは難しいですが、きちんと努力を続ければ、少しずつ改善に向かいます。 たとえ完全な克服ができなくても、軽減させていくことができます。 人生には、まだまだ十分な時間があります。 今は自分の性格に納得できなくても、それを改善する時間はあるはずです。 どうか生まれつきの性格で片付けず、前向きに努力をしてください。 人生は、何度でもやり直せます。 生まれ変わった自分をイメージして、未来に希望を持ちましょう。 素晴らしい成功イメージを持てば、モチベーションも上がって、ますます克服しやすくなります。 正しい努力と行動さえ続けていけば、少しずつ引っ込み思案を克服していけるのです。 引っ込み思案を生まれつきの性格で片付けず、努力で克服する。

2
★1

引っ込み思案とは何か。

「私は引っ込み思案」 「引っ込み思案の性格を直したい」 「生まれつき引っ込み思案」 引っ込み思案という言葉を聞きますが、どういう意味でしょうか。 誤解や勘違いをしていると、自分を誤って理解することにもつながります。 引っ込み思案の克服を目指すなら、まず意味を理解しておかなければ始まりません。 すでに理解しているかもしれませんが、あらためて確認しておきましょう。 では、引っ込み思案とは何でしょうか。 「強い心を持てず、積極的に人前に出たり行動したりすることができない性格のこと」をいいます。 引っ込み思案は、先天的なことだけでなく、後天的なことによって引き起こされる性格です。 引っ込み思案は病気ではありません。 あくまで性格の一種であり、もちろん改善も可能です。   ここで注意しておきたいことがあります。 引っ込み思案は、普通の好き嫌いや得意不得意に関係なく、すべてに消極的という点が特徴です。 たとえば「嫌いなことはしたくない」という気持ちは、引っ込み思案とは違います。 嫌いなことをしたくない気持ちは、特別なことではなく、当たり前のこと。 引っ込み思案ではなく、普通にある好き嫌いの感情です。   「苦手な人には話しかけにくい」というケースも、引っ込み思案ではありません。 苦手な人に抵抗を感じるのは、引っ込み思案に関係なく、誰でも同じです。 引っ込み思案とは関係なく、正常の範囲です。   「スピーチが苦手」というのも、引っ込み思案とは異なります。 特別慣れている人でない限り、大勢の前にスピーチをするのは、誰でも緊張して当然のこと。 やはりこれも引っ込み思案とは関係なく、普通の範囲です。   正常の範囲であるにもかかわらず「自分は引っ込み思案」と思い込んでいるケースがあります。 自分は本当に引っ込み思案なのか、あらためて考えてみてください。 好き嫌いや得意不得意に関係なく、普段から積極的に人前に出たり行動したりすることができない性格が、引っ込み思案です。 きちんと区別して考えておくことが大切です。 ●自分で判断しにくいなら、人に聞いてみる もし自分が引っ込み思案か分からないときは、人に聞いてみるのも悪くありません。 旧友や親友など、長くて深い付き合いのある友達なら、あなたの様子を客観的に判断してくれるでしょう。 もちろん人の意見をうのみにするのはよくありませんが、あなたをよく知る人であれば、貴重な意見が聞けるはずです。 数人から「引っ込み思案だね」と同じ意見が返ってくれば、引っ込み思案という可能性が高いでしょう。 引っ込み思案の意味を理解する。 自分で判断しにくいときは、自分をよく知る友達に聞いてみる。

3
★1

引っ込み思案を重く考えないこと。
素晴らしい個性と考えよう。

引っ込み思案の人は、重く受け止めないようにしましょう。 「引っ込み思案は悪いことだ」 「情けない性格で嫌になる」 「引っ込み思案の自分は、ダメな人間だ」 自分の性格にコンプレックスがあると、つい重く考えすぎてしまうことがあります。 引っ込み思案だと、発言も行動も控えめになり、なかなか自分の道を切り開けません。 つい臆病な気持ちが湧いて、ストレスやプレッシャーから逃げることが増えるでしょう。 しかし、重く考えてしまうと、ネガティブな感情が助長されます。 正体のはっきりしない不安が生まれ、心も重くなってきて、気持ちが落ち着かなくなります。 深く考えれば考えるほど、不安が大きく膨らんでいき、自分を追い込んでしまいます。 心のストレスが増大して、緊張感も出てきます。 重く考えすぎた結果、心拍数が上がったり手足が震えたりすることも少なくありません。 弊害があるだけで、いいことは何もないのです。   あらためて考えてみてください。 引っ込み思案とはいえ、罪を犯しているわけではありません。 交際が不可能というわけでもない。 未来が閉ざされているわけでもありません。 誰かに迷惑をかけているわけでもなければ、経済的な損失があるわけでもありません。 自分に少し自信がなく、積極的に人前に出たり行動したりすることが少ないだけのこと。 劣等感に悩む必要はありません。 引っ込み思案は、深く考えすぎず、個性の1つと考えましょう。 「私らしさの1つ」 「私の大切な個性」 「周りがなんと言おうと、大切な魅力」 個性として受け止めれば、悪いこととは思わなくなるはずです。 前向きに考えれば、未来に希望を持って、心も軽くなります。 結果として、引っ込み思案を克服しやすくなります。 引っ込み思案であることを重く考えすぎず、個性と考えるようにする。

4
★2

引っ込み思案になる6つの原因。

引っ込み思案になる原因は何でしょうか。 もちろん生まれつきの性格による影響もありますが、実際は遺伝要因より環境要因が大半です。 また原因の発端は、幼少期にあるケースが多く見られます。 引っ込み思案になる原因は、次の6つが一般的です。 引っ込み思案で悩んでいる人は、自分がどれに当てはまるのか、振り返ってみてください。 (原因1)幼少期の愛情不足 幼少期、愛情不足で育った子供は、引っ込み思案になる傾向があります。 ・親による虐待や育児放棄 ・親に愛された経験が少ない ・愛情の感じられない、冷たい家庭環境 愛情不足で育った子供は「自分を認める」という経験が不足します。 自分の存在価値を感じる経験が少ないと、自己肯定感が低下して「自分は価値のない人間」と悪く考えるようになります。 自分に自信が持てず、結果として引っ込み思案になることが少なくありません。 (原因2)否定されて育った 引っ込み思案の人は、幼少期に否定されて育った事情が目立ちます。 親に褒められることは少ない一方、叱られたことは多いと、だんだん自分に自信がなくなります。 「あなたはダメな子だね」 「あなたにできるわけがない」 「本当に頭の悪い子だね」 否定されながら育つと、自分の存在価値を見いだせず、自分に自信がなくなってきます。 「そうか、自分はダメな人間なんだ」というネガティブな思い込みが生まれ、積極的に行動する意欲が低下します。 「行動してもうまくいかないに決まっているから、じっとしておこう」 いつの間にか消極的な考えが定着してしまい、自分で道を切り開く努力もしなくなります。 (原因3)人前で恥をかいた経験 人前で大恥をかいた経験が、引っ込み思案に発展するケースもあります。 小さな恥なら悪影響はほとんどありませんが、心の傷になるほどの大きな恥をかくと、忘れようにも忘れられません。 恥をかくことで、自分を過小評価したり、やる気を失ったり、モチベーションが下がったりします。 いっそう他人の視線を気にするようになることも少なくありません。 恥をかいた経験が足かせとなった結果、積極的な行動を妨げることがあります。 (原因4)いじめられた経験 暴力や嫌がらせを受けると、防御本能が働き、積極的な行動を慎むようになります。 他人を信用できなくなり、壁を作りたくなります。 いじめられた経験が心の傷になり、対人関係に悪影響を及ぼし、自分の殻にこもってしまうことがあります。 (原因5)もともと性格による影響 遺伝による影響もゼロではありません。 たとえば、もともと内気な性格の場合、積極的に話しかけたり動いたりすることが少ない傾向があります。 また、もともと気弱な性格の場合、物事を成し遂げようとする気持ちや、自分で決断を下す判断力に欠けることが目立ちます。 (原因6)容姿や持病による劣等感 容姿や持病による劣等感が影響していることもあります。 生まれつき容姿に恵まれていないと「見られたくない」という心理が働きやすくなり、劣等感に変わることがあります。 また、重い持病に苦しんでいると、不便や制限が増え、自分に自信がなくなることがあります。 引っ込み思案になる原因を知る。

5
★3

あなたは、引っ込み思案になった原因を説明できるか。

突然ですが、あなたに質問です。 あなたは、引っ込み思案になった原因を説明できるでしょうか。 「原因はよく分からず、気づいたら引っ込み思案になっていた」 「物心がついたころには、発言も行動も控えめになっていた」 はっきり原因を説明できない人もいるでしょう。 引っ込み思案は、ある日突然なるものではなく、時間をかけてゆっくりなる特徴があります。 もちろん原因を知ったところで、すぐ引っ込み思案が改善するわけではありません。 原因を知ったところで、過去は過去。 今さら過去に戻って、原因を変えることはできません。 「別に引っ込み思案の原因なんて知らなくてもいい」と考える人もいるのではないでしょうか。 しかし、原因を知ることには「大切な意味」があります。 それは「改善がスムーズになる」というメリットです。 原因のない結果はありません。 どんな引っ込み思案も、必ず原因があります。 遺伝要因であれ環境要因であれ、原因があるからこそ、引っ込み思案という結果に至っています。 そのため、原因が分かると対策も見えてくるため、改善がスムーズになるのです。 たとえば、引っ込み思案の原因が、幼少期の愛情不足だとします。 幼少期の愛情不足なら、これから愛情に触れる経験を増やす方法を心がけていけばいいでしょう。 過去を変えることはできませんが、未来は、これからの努力と行動で作っていけます。 何でも話せる友達を作ったり、恋人を見つけたりなど、愛情に触れる経験を増やすと効果的でしょう。   否定されて育ったことが原因なら、自分を褒める習慣を心がけましょう。 自分で自分を認めるのはおかしなことではありません。 小さなことを達成するたびに自分を褒めるようにします。 「偉いぞ、自分!」「よく頑張ったね、自分!」と自分を褒めていけば、だんだん自己評価・自己肯定感が上がっていきます。   過保護や過干渉の親なら、独立していくことが効果的です。 一人旅・一人暮らしなど、単独行動に挑戦してみるといいでしょう。 引っ込み思案の改善だけでなく、自立心を養うことにもつながります。   失敗経験が多くて自己評価が低いなら、これから成功体験を増やしていきましょう。 いきなり大きな仕事ではなく、最初は小さな仕事から取り組んで、こつこつ確実に成し遂げていきます。 成功体験が増えるにつれて自己評価が上がり、引っ込み思案も改善されていきます。 § いま一度、引っ込み思案になった原因を探ってみてください。 自分と向き合うことになるため、時には精神的な苦痛が伴うこともあるかもしれませんが、大切な作業です。 原因が分かるだけでも、心は軽くなります。 自分の引っ込み思案の原因が分かることも「1歩前進」です。 自分が引っ込み思案になった原因を探ってみる。

6
★1

引っ込み思案を克服する宣誓書を書こう。

引っ込み思案を克服するために、宣言となるものを書きましょう。 それは「宣誓書」です。 フォーマルですが、だからこそいいのです。 引っ込み思案は、自分の内面を変える必要があるため、きちんと宣言書を作っておくと効果的です。 もちろん宣誓書を書いただけで、すぐ克服できるわけではありません 紙に宣誓の言葉を書くだけのこと。 難しいことでもなく、簡単に誰でもできます。 では、なぜ宣誓書を書くのか。 決意が固まるからです。 引っ込み思案を克服するためには、考え方や行動パターンを変える必要があります。 自分に変化をもたらし、受け入れるためには「決意」が必要です。 何事も決意が大事です。 きちんと宣誓書を書くと「必ず成し遂げる!」という決意が生まれます。 決意が生まれることで気持ちが引き締まり、挑戦や困難に、勇気を出して挑めるようになるのです。 「わざわざ宣誓書を書くなんて大げさすぎる」 面倒な気持ちもあるかもしれませんが、少なくとも決意が固まり、引っ込み思案が克服につながるのは間違いありません。 本気で引っ込み思案を克服したいなら、宣誓書は必ず役立ちます。 さあ、次の言葉を書いてください。 宣誓書ですから、思うのではなく、紙に書くことが必要です。 「私は引っ込み思案を、必ず克服します」 必ず言い切る形で書きましょう。 「克服したい」「克服できればいい」などでは決意が中途半端になります。 「必ず克服します」と言い切ることで、決意が最も強く固まります。   筆記用具は、鉛筆ではなく、マジックペンやボールペンで書きましょう。 消しゴムでは消えない字でしっかり書くことが大切です。 筆や万年筆のようなフォーマルな筆記用具を使えば、ますます効果的です。 自分の人生を変えるつもりで、指先に力を込めながら書きましょう。 宣誓文は、引っ込み思案を克服した自分をイメージしながら書くといいでしょう。   書いた紙は、部屋の目立つ場所に貼っておくといいでしょう。 部屋やトイレの壁に貼っておけば、生活の中で自然に見ることができます。 目立つ場所に貼るのに抵抗があるなら、手帳に書き込んでもかまいません。 毎日見ることができる状態にしておきましょう。   宣誓書を書くだけなら、それほど時間はかからないでしょう。 ゆっくり書いたとしても、せいぜい1分程度で書けるはずです。 たった一言ですが、効果は絶大です。 宣誓書は、1枚だけでなく、2枚や3枚書いてもかまいません。 たくさん書いておけば、それだけ決意も強く固まります。 たかが宣誓書、されど宣誓書。 宣誓書には、運命を変える力があります。 小さなことですが、大きな1歩です。 引っ込み思案を克服する宣誓書を書く。

7
★3

積極的な挨拶の習慣は、引っ込み思案の克服の基本。

引っ込み思案を直す第一歩。 それは、挨拶です。 引っ込み思案の人は、内気で消極的な性格のため、挨拶まで控えめになっているケースが目立ちます。 ・相手から挨拶されたら、こちらも挨拶する ・気分に応じて挨拶をしたりしなかったりする ・挨拶の声が小さい どきっとした人は要注意です。 挨拶をしているつもりになっているだけかもしれません。 挨拶とはいえ、受け身の挨拶はよくありません。 もちろんまだ挨拶をするだけいいのですが、積極性が足りないと、挨拶の爽やかな印象が半減します。 人から挨拶をされたから挨拶をするのではなく、自分から進んで挨拶をしていきましょう。 「積極的な挨拶なら、すでにできている」 そういう人もいるかもしれませんが、実際はどうでしょうか。 挨拶をする相手が、知人・友人・仕事関係者だけになっていませんか。 もっと幅広く挨拶をしていきましょう。 喫茶店やレストランの店員さん、スポーツジムのフロントの人、掃除のおじさんおばさん。 きちんと話したことはなくても、顔を知っている間柄なら、どんどん積極的に挨拶していきたい。   引っ込み思案の克服には、会話がうまくなければいけないと思われがちですが、必要とは限りません。 上手に会話ができなくても、きちんと挨拶をする人に好感を抱きます。 「声をかけられた」という感覚があると、誰でも嬉しく感じます。 自分に好感を持ってくれていることが分かるため、相手にも好感を持つようになります。 気分に応じて挨拶したりしなかったりするのではなく、毎回きちんと挨拶するようにしましょう。 できるだけ積極的な挨拶を習慣にしていきましょう。 積極的な挨拶の習慣なくして、引っ込み思案の克服はあり得ません。 挨拶は「笑顔」と「はきはきした声」の2つもポイントです。 仏頂面の挨拶は、声をかけられるほうも不安になります。 小さな声では相手に聞こえていないことがあります。 笑顔ではきはきした声で挨拶できれば、爽やかな印象があって、100点満点です。 挨拶は、人間関係の基本であり、極意でもあります。 挨拶が、なくて人間関係が悪くなることはあっても、挨拶があって人間関係が悪くなることはありません。 積極的な挨拶が当たり前の習慣になれば、引っ込み思案の第一歩は大成功です。 積極的な挨拶を習慣にする。

8
★1

引っ込み思案の人は、圧倒的に成功体験が不足している。

引っ込み思案の人が足りないもの。 それは「成功体験」です。 引っ込み思案の人は、圧倒的に成功体験が不足しています。 自分に自信がなくて消極的なのは、性格の問題もありますが、まず「何かを成し遂げた」という経験が少ない。 成功体験が少ないため、自分に自信がありません。 失敗を恐れ、心が内向きになり、引っ込み思案になっています。   引っ込み思案の克服には、成功体験が欠かせません。 何か仕事に取り組んで「達成した!」という経験をしてください。 難しい仕事に挑戦する必要はありません。 大きな成功体験を得ようとして、いきなり難しい仕事に挑戦するのは慎重になったほうがいいでしょう。 失敗するリスクが高まります。 挫折を招きやすくなり、かえって引っ込み思案を悪化させることも少なくありません。 引っ込み思案という自覚があるなら、無理をしないのが鉄則です。 最初は、小さな仕事から取り組みましょう。 米粒のように小さな仕事でいいのです。 簡単な仕事、楽な仕事、すぐできる仕事。 小さな努力で確実に達成できることでかまいません。 小さな仕事に着手して、まずきちんと終了させます。 それが、成功体験です。 達成感が得られ、心が嬉しい気持ちで満たされます。 1000里の道も1歩から始まるように、引っ込み思案の克服も、1つの成功体験から始まります。 1日で引っ込み思案を克服するのは困難ですが、成功体験をこつこつ積み上げていけば、少しずつ自己評価を高めていけます。 「自分は有能だ」 「やればできる人間だ」 「自分には存在価値がある」 成功体験を積み上げていくにつれて、だんだん心の中の霧が晴れていきます。 再び成功の快感を味わいたくなって「もっと行動したい!」「また頑張りたい!」という気持ちが湧くようになります。 自信がついていくにつれて、積極的な気持ちが強くなっていきます。 たっぷり自信がつけば、むしろ消極的になるほうが難しくなるのです。   自信とは、成功体験の集合体です。 たくさん成功体験を積み上げていけば、自信がついていき、引っ込み思案の克服につながります。 「引っ込み思案は必ず克服できる」と信じて、早速小さな仕事から取り組みましょう。 仕事の難易度は、自分の能力に応じて、少しずつを上げていけば、無理なくステップアップができます。 今日から今すぐ始めれば、それだけ早く克服が実現するのです。 小さな仕事から着手して、少しずつ成功体験を積み上げていく。

9
★0

引っ込み思案だから、姿勢が悪くなるのではない。
姿勢が悪いから、引っ込み思案になる。

引っ込み思案の人によくある特徴の1つ。 それは「姿勢が悪いこと」です。 引っ込み思案の人は、姿勢が悪い傾向が見られます。 ・下を向いて、うつむきがちになっている ・腰が曲がっていて、猫背になっている どきっとした人も多いのではないでしょうか。 心と姿勢はつながっています。 私たちは姿勢から影響を受けています。 体の中で最も自律神経が集中しているのは、背骨です。 背骨をまっすぐ伸ばして美しい姿勢をすることで、自律神経の働きを整え、精神面にも好影響を与えます。 そのため、きれいな姿勢を心がけることは、心や気持ちのコントロールすることにつながるのです。 引っ込み思案だから、姿勢が悪くなるのではありません。 姿勢が悪いから、引っ込み思案になるのです。 「たかが姿勢」と軽視していると、いつまで経っても引っ込み思案を克服できません。 引っ込み思案の人は、しっかり姿勢を改めることから始めてください。   下を向くのはやめ、まっすぐ前を向きましょう。 顎を引くと、きりりとした印象になります。 姿勢がきれいに整うと、スマートな雰囲気が漂い始めます。   背筋を伸ばしましょう。 大げさに胸を張る必要はなく、背筋を伸ばす程度でかまいません。 背中に力を入れると疲れやすくなる場合、背骨が傾いている可能性があります。 背骨に体重を乗せるよう、まっすぐ垂直に背筋を伸ばすと、疲れにくくなります。   ファッションやヘアスタイルで印象を変えることもできますが、まず姿勢から心がけるのが得策です。 どんなに見た目がおしゃれでかっこよくても、姿勢が悪ければ台無しです。 ファッションやヘアスタイルで印象を変えるには少し費用がかかりますが、美しい姿勢を心がけるなら費用はかかりません。 姿勢を直すだけなら、心理的な抵抗が小さいため、ハードルが低いはずです。 姿勢が良くなれば、自然と心が引き締まり、引っ込み思案も克服に向かいます。 ●矯正器具を使う方法もある 姿勢は癖になっていることが多いため、直そうと思っても、簡単に直せないことがあります。 意識をしているときは直せても、気を抜くと、元に戻ってしまうことがあります。 悪い姿勢が癖になって仕方ないなら、矯正器具を使う方法もあります。 インターネットで姿勢の矯正器具を探せば、簡単に見つかるでしょう。 軽くて目立たないため、上から服を着れば、器具を装着していることが分かりません。 悪い姿勢が癖になっているなら、美しい姿勢を癖にすることもできるはずです。 普段から器具を装着して、美しい姿勢を癖にしましょう。 背筋を伸ばし、顎を引いて、しっかり前を向く 悪い姿勢が癖になって仕方ないなら、矯正器具を使ってみる。

10
★3

自分を褒める習慣があると、精神的に強くなれる。

引っ込み思案の人は、幼少期、否定されて育ったパターンが目立ちます。 親や先生から褒められることが少なく、怒られることばかり。 否定されてばかりでは、だんだん自分に自信が持てなくなり、自己評価・自己肯定感も下がっていきます。 「怒られるかもしれないから、余計なことはしないでおこう」 逃げ腰の考え方を持つようになり、だんだん積極的な行動を控えるようになる。 発言や行動を押さえ込むようになり、引っ込み思案になるのです。 否定されて育つと、いつの間にか自分をけなす習慣がついていることも少なくありません。 「私なんて、何をやってもダメ」 「どうせ自分にできるわけがない」 「またうまくいかなかった。本当に自分が情けない」 何をするにも、まず悪いほうから考えようとします。 少しでもうまくいかなければ、自己嫌悪になって落ち込みます。 自分をけなす習慣があると、自分で自分を傷つけてしまい、ますます引っ込み思案がエスカレートするのです。 引っ込み思案の人は、親や先生に褒められた経験が少ないため、これから褒められる経験を増やしましょう。 では、親や先生に褒められなければ、誰に褒められるか。 自分なのです。 自分で自分を褒める習慣を持ちましょう。 「自分で自分を褒めるのはおかしいのではないか」 そう思うかもしれませんが、おかしくありません。 自分を一番よく知っているのは、自分です。 自分の苦労も努力も頑張りも、一番よく知っているのは、ほかの誰でもない自分です。 自分で自分を褒めるのは自然なことなのです。 どんどん自分を褒めていきましょう。 何かを達成していなくてもかまいません。 少しでも頑張ったことがあれば、どんどん自分を褒めてOKです。 自分を褒めていけば、ポジティブな言葉のシャワーを浴びることができます。 たとえば、1日の仕事をしっかり頑張ったとします。 「今日も1日よく頑張ったね、自分!」 こう褒めれば、気持ちよく寝ることができるでしょう。   2時間集中して勉強を続けられたとします。 「2時間も集中して勉強できるなんて素晴らしい。よく頑張ったね、自分!」 こう褒めれば、勉強のストレスが小さくなっていくでしょう。   スポーツジムで、運動や筋トレを頑張ったとします。 「しっかり体を動かせた。気持ちいい汗もかけた。素晴らしいね、自分!」 こう褒めれば、体は疲れていても、心は晴れやかな気持ちを感じるでしょう。 「○○しかできなかった」とマイナスに考えるのではなく「○○もできた」とプラスに考えるのがコツです。   きちんと声に出しても言うと効果的です。 もし人に聞かれるのが心配なら、心の中で唱えるだけでもかまいません。   褒めてもらうのを待つのは、今日でもう終わりです。 褒めてもらうのを待つのもいいですが、自分から褒めていくほうが早い。 幼少期、褒められなかった分だけ、今から自分で自分を褒めていき、埋め合わせていけばいい。 親や先生を頼らなくても、自分で自分に自信を与えるようにしてください。 自分を褒める習慣を通して、どんどん褒める経験を増やしていきましょう。 自分を褒める習慣があると、精神的に強くなれるのです。 積極的に自分を褒める。

11
★2

先手で行動する習慣は、最も得をする習慣。

引っ込み思案を克服方法として意識したいのが「先手」です。 引っ込み思案の人は、受け身の姿勢が目立ちます。 様子を確認するために、わざと立ち止まったり後手に回ったりする傾向があります。 「挨拶は、されてから返事をすればいいだろう」 「仕事は、依頼されてから始めればいいだろう」 「質問タイムでは、最後のほうが目立って有利だよね」 周りが動かないなら、自分も動かない。 周りが動き始めれば、自分も動き始める。 「周りの様子を見ながら出方を考えよう」 周りと歩調を合わせる気持ちもあるかもしれません。 しかし、そう思う気持ちが、すでに引っ込み思案です。 人に言われてから行動するのもいいですが、受け身の状態です。 何事も行動は早いほうがいい。 引っ込み思案を克服するには、自分から率先して行動する姿勢が必要です。 不安や恐怖があるかもしれませんが、何事も最も得をするのは1番手です。 引っ込み思案を克服するためだけでなく、評価を上げるためにも、先手の行動を心がけていきましょう。 たとえば、コミュニケーションです。 挨拶は、される側よりする側になりましょう。 話しかけられる側より、話しかける側になりましょう。 声をかけられると、誰でも嬉しいもの。 声かけは、コミュニケーションの潤滑油です。 「自分に好感をもってくれている」と分かるので、人間関係がスムーズになります。   仕事も先手が大切です。 上司に仕事を依頼されてから動き始めるのではありません。 自分から必要な仕事を察して、先手で動いていきましょう。 すでに依頼されている仕事があるなら、必要になりそうな仕事を察して、先に進めておきます。 積極的な取り組みをアピールできるので、積極性を評価され、株を上げるチャンスになります。   セミナーやプレゼンの質問タイムでは、真っ先に手を挙げましょう。 最初に手を挙げるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、引っ込み思案の克服には有効です。 講師に熱意や積極性をアピールできるだけでなく、引っ込み思案の克服にもつながります。   先手で恥をかいたり損があったりしてもいいのです。 恥をかいても、笑ってごまかせばいいこと。 損があっても、後から取り返せばいいだけ。 むしろ悪い点を早めに把握できるので、改善が早くなるメリットがあります。 少なくとも先手によって積極的な行動はできたのですから、引っ込み思案の克服につながっているのは確実です。 先手とは何か。 先手とは、最も得をする習慣です。 先手で行動する習慣があれば、必然的に得することも多くなります。 引っ込み思案の人は、先手に消極的ですが、得があると分かれば、積極的になれるのではないでしょうか。   迷ったら先手です。 「やろうかな。どうしようかな」と迷うくらいなら、さっさと行動したほうがいい。 「先手必勝」という言葉はあっても「後手必勝」という言葉はありません。 バーゲンセールでは、1番手が最も得するように、仕事も挨拶も質問タイムも、1番手が最も得をします。 同じ行動・同じ仕事でも、先手と後手の違いだけで、評価・印象が正反対になります。 ビジネスでもプライベートでも、先手を心がけていきましょう。 先手で行動する。

12
★3

大事な局面では、後ろに下がるのではなく、前に出る。

大事な局面のとき、どうするか。 ここは、引っ込み思案の克服につながる分かれ道の1つです。 往々にして大事な局面は、ストレスが伴います。 不安、恐怖、恥ずかしさ。 違和感、不快感、抵抗感。 「嫌だ。逃げたい」と思うと、反射的に体が後ろにのけぞってしまうでしょう。 難しくて苦しいことは嫌なので、後ろに下がって、その場から逃げたくなる人も多いかもしれません。 しかし、大事な局面でおじけづいては、引っ込み思案を克服できません。 貴重なチャンスを逃すことにもなり、人生に大きな損失が生まれてしまいます。 自分を変えるには、ストレスの中に飛び込んでいくことが必要です。 引っ込み思案の人は、消極的な性格があるため、後ろに下がる癖がついています。 後ろに下がる癖がついているかぎり、引っ込み思案を克服するのは困難です。 いつも前に出るのは難しくても、大事な局面では前に出ることです。 大事な局面こそ、引っ込み思案を克服するチャンス。 「今こそ正念場だ!」 「大事な勝負所だ!」 「運命を決める勝負所だ!」 自分に力強い言葉を言い聞かせ、1歩前に踏み出すことです。 1歩前に踏み出せば、2歩目・3歩目も踏み出せるようになります。 後は勝手に体が動き始め、勢いが出て、物事が前に進み始めます。   勇気がないなら振り絞りましょう。 勇気がないとはいえ、ゼロではないはずです。 心を振り絞れば、少なからず勇気が出てくるでしょう。   成功イメージを持つことも大切です。 頭の中でイメージしたことは、現実化に向かいます。 「うまくいかなかったらどうしよう」ではなく「うまくいったらどうしよう」と考えましょう。 成功しているところを思い浮かべると、自然とわくわくする気持ちが湧いて、踏み出しやすくなります。   とりわけ人生に影響する大事な局面なら、なおさら前に出ることです。 「今頑張らなければいつ頑張るのか」と自分に言い聞かせ、勇気を出してください。 後ろに下がる癖がついているなら、前に出る癖もつくはずです。 癖の内容を逆に変えること。 最初は意識をしないと行動できませんが、毎回心がけていると、だんだん当たり前の習慣になってきます。 前に出ることが当たり前の習慣になれば、引っ込み思案は半分克服できたも同然です。 大事な局面では、後ろに下がるのではなく、前に出る。

13
★1

声のボリュームを少し上げるだけ、引っ込み時間が克服に向かう。

引っ込み思案の人は、声が小さい傾向が見られます。 ぼそぼそした声。 蚊の鳴くような声。 張りのない沈んだ声。 もちろん事情がある場合なら別です。 体調が悪くて、声を出す元気すらないときもあるでしょう。 また、もともと喉が弱いこともあるでしょう。 喉に持病があって、小さな声しか出ないこともあるかもしれません。 しかし、事情はないにもかかわらず声が小さいなら、注意が必要です。 小さな声で話しているかぎり、引っ込み思案を克服するのは難しい。 イメージしてみてください。 小さな声で話す人がいたとき、あなたはどんな印象を受けるでしょうか。 きっと自信がなくて弱々しい印象を受けるのではないでしょうか。 では、あなたの声を一番聞いているのは誰でしょうか。 自分なのです。 つまり、声が小さいと、無意識のうちに自分のことを「自信のない人」と思い込みやすくなります。 声が小さいと、臆病な心が加速します。 声が小さいから引っ込み思案になり、引っ込み思案だから、ますます声が小さくなるという悪循環に陥るのです。   声のボリュームを少し上げましょう。 大声である必要はなく、少し上げるだけでいいのです。 声のボリュームを上げることも、コミュニケーション能力です。 声のボリュームを少し上げるだけで、元気が湧いて、積極的な気持ちも強くなります。 相手にも声が伝わりやすくなり、言葉に説得力が生まれるため、会話もスムーズになります。 声が大きくなると、明るく元気な雰囲気も漂います。 自分で自分の声を聞くことになるため、自分のことを「明るく元気のある人」と思えるようになり、自信につながるのです。 声のボリュームを上げることに、特別な練習は必要ありません。 意識さえすれば、すぐ実行できます。 「いつかやってみよう」と後回しにするのではなく、今すぐ心がけてみましょう。 声のボリュームを少し上げるだけ、引っ込み時間が克服に向かいます。 ●自分で声を確認しにくいときは、ボイスレコーダーを活用する もし自分で声の大きさを確認しにくいなら、ボイスレコーダーを使うと、客観的に確認できます。 別途購入してもいいですが、あくまで声の大きささえ分かればいいので、携帯電話に付属したボイスレコーダーで十分です。 自分の声が小さいと感じるなら、少しだけ声のボリュームを上げてみましょう。 声のボリュームを少し上げる。

14
★2

引っ込み思案の人が会話で心がけたい、3つのポイント。
明るく話す、1つだけ話す、結論から話す。

「私は会話に自信がない」 引っ込み思案の人は、話し下手で悩んでいることもあるでしょう。 うまく会話ができないことに悩んでいて、コミュニケーションに対して消極的になっている人も多いのではないでしょうか。 実際のところ、コミュニケーション能力は「場数」です。 たくさんの会話を通して、失敗と成功を繰り返しながら、少しずつ上達していきます。 返事のパターンは多種多様。 さまざまな話題に臨機応変に対応するには、慣れも必要です。 話し上手な人の話し方をする参考にするのもいいでしょう。 書店に行き、コミュニケーション上達の本を頼りにするのもいいでしょう。 うまく会話をするポイントは数多くありますが、あれこれ一度に意識すると、どれも中途半端に終わります。 そこで引っ込み思案の人の場合、次の3つのポイントから始めてください。 「明るく話す」「1つだけ話す」「結論から話す」です。 ●明るく話す まず大切なのは「明るく話す」という点です。 引っ込み思案の人は、いつの間にか暗い雰囲気で話しがちです。 無表情だったり、声のトーンが低かったり、笑顔が少なかったりです。 「何を話すか」も大切ですが「どう話すか」はもっと大切です。 引っ込み思案を克服するなら、まず明るい話し方から改善するのが得策です。 声のトーンを上げて話しましょう。 にこにこしながら笑顔で話しましょう。 笑うときには、しっかり声を出して笑いましょう。 明るい話し方を心がければ、どんな話も心地よく感じるようになります。 ●1つだけ話す 一度にたくさん話すのは要注意です。 一度にたくさんの話をすると、頭の中がパニックになって収拾がつかなくなります。 話したいことは1つに絞りましょう。 たくさん話したいことがあったとしても、焦らず、1つに絞って話したい。 話し方がシンプルになり、話すほうも聞くほうも楽になります。 ●結論から話す 結論から話しましょう。 結論から話す話し方は、ビジネスなら基本ですが、プライベートでも心がけると聞きやすくなります。 「この前、嬉しいことがあったよ。それはね……」 「悲しいことがあったんだけど、聞いてくれる? あのね……」 「分からないことがあって質問してもいいですか。ここなんだけど……」 結論から話すと、これから何を話そうとしているのか分かるので、会話がスマートになります。 冒頭で明るい話なのか暗い話なのかを話すだけでも、ずいぶん話が聞きやすくなります。 相手の興味関心を引きつける効果もあるので、じっくり聞いてもらいやすくなり、話が続きやすくなります。 § 以上の3つのポイントを意識すれば、自然とコミュニケーション能力が向上します。 「何を話すか」より「どう話すか」です。 慣れないうちはうまくいきませんが、場数を通しながら根気よく続けていくことで、少しずつ上達します。 会話は「明るく話す」「1つだけ話す」「結論から話す」の3つを心がける。

15
★2

「会話に失敗してはいけない」と考えるのではない。
「会話に失敗してもいい」と考えよう。

引っ込み思案の人は、会話に失敗してはいけないと考えています。 「言葉を言い間違えてはいけない」 「笑いでスベってはいけない」 「相手を不快にさせてはいけない」 常にスムーズな会話になるよう、言葉を選びながら注意しています。 たしかにスムーズな会話を心がけることは大切です。 相手の価値観に合わせて話題を選んだり、上手に褒めたり励ましたりすれば、会話が盛り上がりやすくなります。 面白いユーモアがあれば、会話に花が咲くでしょう。 会話に対する真剣な姿勢があれば、誠実で真面目な印象が伝わるでしょう。 だからとはいえ「会話に失敗してはいけない」と考えるのは、少し大げさです。 会話に失敗してはいけないと思えば思うほど、余計な緊張感が出て、ストレスが生まれます。 何をどう話していいかパニックになり、自分を追い込んでしまいます。 会話に失敗してはいけないと思うと、かえって会話の失敗を招いてしまいます。 会話に成功し続けるのは、プロの司会者やスピーカーでさえ難しいこと。 会話は本来、失敗を繰り返しながら少しずつ上達していくものです。 最初から「失敗してはいけない」と思ってしまうと、ますます会話を避ける姿勢がエスカレートするのです。   もっと気楽に考えましょう。 「会話に失敗してはいけない」と考えるのではありません。 「会話に失敗してもいい」と考えましょう。 失敗を受け入れて認める考え方を持てば、肩の荷が下りて、気持ちが楽になります。   言葉を言い間違えても問題ありません。 言い間違えるのは誰にでもあること。 言い間違えたら、すぐ言い直せばいいだけです。 会話では普通によくあることなので、相手も特に気にしないでしょう。   笑いにスベってもOKです。 笑いにスベったときは、適当に笑って失敗をごまかしてしまいましょう。 笑ってごまかせば、それはそれで楽しい雰囲気になります。   うっかり相手を不快にさせてしまったら、すぐ謝ればいい。 悪気がなくてすぐ謝れば、 大きなトラブルに発展することはないでしょう。 「ごめんね」「ちょっと言い過ぎたね」とすぐ謝れば、すぐ許してくれるはずです。   たとえ会話に失敗してもいいのです。 会話の失敗も場数の1つ。 罰則があるわけでもありません。 「ちょっと失敗したかな。次から注意しよう」と改善につなげればいいだけ。 失敗は、成長の鐘として生かしていきましょう。 反省したら、会話の失敗は、さっと忘れてOKです。 くよくよした気持ちを引きずらず、さっと気持ちを切り替えましょう。   引っ込み思案のせいで、会話の失敗を受け入れにくいかもしれませんが、あらためて心を大きくしてください。 「失敗しても大丈夫だよね」 「失敗しても、会話上達の糧になる!」 失敗に前向きな考え方を持てば、会話の恐怖が半減して、勇気が倍増します。 自然と心が軽くなり、誰かに話しかけたい気持ちが強くなるはずです。 「会話に失敗してはいけない」ではなく「会話に失敗してもいい」と考える。

16
★1

カラオケで、引っ込み思案を克服する。

引っ込み思案を克服するのに、意外な場所が役立つかもしれません。 それは「カラオケ」です。 引っ込み思案を直すためには、自分から人前に出て、声を出すことが必要です。 スピーチのように大勢の前で話すことには抵抗あっても、カラオケなら、楽しく歌えるので抵抗感が小さいでしょう。 カラオケには、引っ込み思案を克服につながる要素がたくさん詰まっています。 ・曲を選ぶ ・マイクを持って人前に立つ ・大きな声を出して歌う ・最後まで歌いきる カラオケの一連の流れは、引っ込み思案を克服に役立つポイントがたくさんあります。 自分から進んで曲を選ぶので「積極性」が身につきます。 マイクを持って人前に立つことで「勇気」が鍛えられます。 大きな声を出して歌うことで「度胸」がつきます。 最後まで歌いきれば、達成感・満足感が得られ「自己肯定感」が高まります。 歌うとはいえ、人前で大きな声を出すことに変わりありません。 さらに歌いながら踊れば「強気の心」が養われます。   あなたの周囲にいる人を思い出してください。 「カラオケが大好き」という人に、引っ込み思案の人は少ないのではないでしょうか。 引っ込み思案が直るから、カラオケに行くのではありません。 カラオケに行くから、引っ込み思案が直るのです。 つまり、カラオケで普通に歌うだけで、引っ込み思案の克服につながります。 もちろんカラオケだけで完全に引っ込み思案を克服するのは難しいですが、克服の手始めとして取り組むにはいいでしょう。 楽しく歌うだけで引っ込み思案が改善に向かうのですから、これほど楽なことはありません。 好きな曲を歌えば「好き」が伴っているので、テンションを上げることができます。 歌を歌って声を出すと、ストレス発散にもなるので、一石二鳥です。   早速友達を誘ってカラオケに行ってみませんか。 1人でカラオケに行くのもいいですが、友達と一緒にカラオケに行くほうが、人前で声を出せるので、ますます効果的です。 カラオケでたっぷり歌った後は、積極的な気持ちが強くなっているはずです。 カラオケに行って、人まで声を出すのに慣れる。

17
★0

聞き上手になることも、積極的な姿勢の1つ。

引っ込み思案を克服には「積極的なコミュニケーション」が欠かせません。 「積極的なコミュニケーション」 そう聞いてイメージするのは、どんな様子でしょうか。 おそらく大半の人がイメージするのは「明るく積極的に話す姿」ではないでしょうか。 にこにこ笑顔で話をする。 面白い話で楽しませる。 抜群のユーモアセンスで笑わせる。 こうした会話ができれば、さぞ楽しい時間を過ごせるでしょう。 メディアで活躍するプロの司会者は、話し上手の達人です。 滑舌がよく、話のテンポもよく、次から次へと面白いネタを披露して、聞く人を飽きさせません。 「積極的なコミュニケーション=話し上手になること」 そう考えている人も多いのではないでしょうか。 ここに誤解があります。 積極的なコミュニケーションとは「積極的に話す」というだけではありません。 「積極的に聞く」ということも、積極的なコミュニケーションです。 話すのが苦手でも大丈夫です。 話すのが苦手なら、聞き手に回りましょう。 途中で話を折らず、相手の気が済むまで、たっぷり話を聞くようにします。   適度に相槌を打つようにします。 相槌は、コミュニケーションを盛り上げるスパイスです。 タイミングよく相槌を打てば、ますます話が盛り上がります。 単調な相槌もいいですが、できるだけバリエーションのある相槌を心がけましょう。 「うんうん」 「なるほど」 「さすがですね」 「知らなかったです」 「すごいですね」 「センスがありますね」 「そうですね」 聞き上手になれば、相手は気持ちよく話をすることができ、満足してくれるでしょう。 自分の話し方を振り返って、話してばかりになっていないか、再認識してみてください。 とにかく積極的にたくさん話せばいいと思って、ぺらぺら話してばかりいると、相手をうんざりさせてしまいます。 もちろん聞いてばかりもよくありませんが、話すのが苦手なら、聞き上手に徹するのは賢明な判断です。 話すことと聞くことの割合は「2対8」が理想的です。 しっかり話を聞くこともコミュニケーションです。 きちんと話を聞いてくれる人は、包み込むような雰囲気が出るので、多くの人から慕われるでしょう。 あなたに好印象を持ってくれるのは間違いありません。 相手から「聞き上手だね」「何でも話を聞いてくれるな」と言われるくらい、たっぷり話を聞こうではありませんか。 聞き上手になることも、積極的な姿勢の1つなのです。 積極的に話すだけでなく、積極的に聞くことも大切にする。

18
★1

あなたが書いた1枚のアンケート用紙には、世の中に影響を与える力がある。

引っ込み思案を改善するなら、アンケートの協力が役立ちます。 アンケートは基本的に任意です。 書いても書かなくても自由です。 アンケートは、懸賞付きのタイプを除いて、書いても見返りはありません。 アンケートがあっても「面倒くさい」「書いたところで仕方ない」と、スルーすることが多いのではないでしょうか。 しかし、引っ込み思案の人にとって、アンケートに協力することには大切な意味があります。 アンケートの協力は、自ら進んでメッセージを伝えることになります。 自発的に「私はこう感じました、こう考えています」という気持ちや考えをアピールすることになる。 つまり、アンケートに協力することで、主体性と積極性が養われ、引っ込み思案の克服につながるのです。 日常生活の中でアンケートに触れる機会があれば、ぜひ協力していきましょう。 たとえば、ファミリーレストランに行くと、テーブルの上にアンケート用紙があるでしょう。 「お客様の声を聞かせてください」といった内容で、任意のアンケートが用意されています。 もし時間に余裕があれば、ぜひアンケートを書いて、提出してみましょう。 よかったところ、改善してほしいところ、そのほか感じたこと。 伝えたいメッセージがあれば、ぜひ積極的にアンケートに協力しましょう。 おいしかった料理や店内の雰囲気など、評価したいことがあれば、あわせて書いておくといいでしょう。 お店にとってもお客様のフィードバックは、料理や接客サービスの改善に役立つので喜ばれます。   舞台を見に行くと、出入り口付近にアンケートボックスが設置されているでしょう。 舞台を見終わってそのまま退出するのもいいですが、時間に余裕があれば、アンケートに協力してみませんか。 改善点や気になった点などを記入すれば、舞台改善に役立ちます。 「素晴らしかったです!」という一言だけでもいいのです。 感謝の一言だけでも、役者や関係者たちの励みになります。   「アンケートは読まれない」と思うかもしれませんが、誤解です。 アンケートは、1枚残らず、きちんと関係者に読まれています。 アンケートを読む人は「わざわざ貴重な時間を割いて書いてくれた。ありがたい」と思っています。 短い一言でもいいので、何かコメントを残すといいでしょう。   アンケートに協力する心がけは、ホテル・美術館・博物館といった場所でも同じです。 書くのに少し手間暇はかかりますが、引っ込み思案を克服するステップの1つです。 人と対面で伝えるわけではないため、恥ずかしがり屋でも取り組みやすいはずです。 あなたが書いた1枚のアンケート用紙には、世の中に影響を与える力があるのです。 アンケートを書く習慣をつける。

19
★1

人前に出る機会を作ろう。
積極的になるポイントは「好きなこと」にある。

引っ込み思案の人は、人前に出ることがおっくうです。 内向的で消極的なので、人前に出るのを嫌がることが多い。 基本的に話しかけられる側になっていて、あまり話しかける側になることはありません。 しかし、じっとしているだけでは、引っ込み思案を克服できません。 人前に出るのが苦手とはいえ、人と接する機会から逃げていては、引っ込み思案の克服は難しいのが現実です。 人に慣れるためには、人と接することが欠かせません。 人前に出ることは、少なからず「慣れ」があります。 自分から人と接する機会を作り、会話の場数をこなすことで、人にも会話にも慣れることができます。 パーティーや交流会など、自分から人前に出る機会を作っていくことが大切です。 「引っ込み思案は、それができなくて苦労している」 そう思ったあなたに、ぜひ意識してほしいことがあります。 「好きなことを通して人前に出る機会を作る」というポイントを意識してください。 ただ人前に出る機会を作るのではありません。 好きなことを通して、人前に出る機会を作ってみましょう。 好きなことならわくわくできるので、自然と積極的な気持ちが出やすくなるでしょう。 注意の向く方向が「人前に出ること」から「好きなこと」に変わるので、恥ずかしさも軽減します。 たとえば、趣味のサークルです。 趣味のサークルなら、自分の好きなことなので、わくわくした気持ちで参加できるでしょう。 同じ趣味の人同士ながら、会話も弾みやすくなるはずです。 「もっと話したい」「もっと人と関わりたい!」という自然な欲求が湧いて、勇気も出るはずです。   興味関心のあるイベントに参加してみるのもいいでしょう。 音楽イベント、産業イベント、トークイベント、ゲームイベント、アニメイベント、スポーツイベント。 普段は引っ込み思案の人でも、好きな気持ちが強いことなら、自然と積極的になれるでしょう。 人や会話にある程度慣れたら、普通の交流会やパーティーにも参加していくようにします。 自分の成長に合わせて人付き合いのレベルを上げていけば、無理なくステップアップできるでしょう。   まず好きなことを軸にして、人と接していきましょう。 自分を変えるには、勇気を出して踏み出すことが必要です。 何もしないでじっとしているよりは、はるかに建設的です。 好きなことを通して、人前に出る機会を作る。

20
★2

いま一度、感謝の気持ちを大切にする。

引っ込み思案を克服する鍵は「感謝」にあります。 引っ込み思案の人は、感謝に気持ちが薄れていないか振り返ってみましょう。 感謝の精神がないがしろにされていませんか。 「感謝くらいできている」 そう思うかもしれませんが、実際はどうでしょうか。 感謝くらいできているという人に限って、意外と感謝を忘れていることが多い。 大きなことだけでなく、小さなことにも目を向けてみてください。 ・宅配便で運ばれた荷物を、無言で受け取っている ・スーパーやコンビニで、無言のまま、商品を受け取っている ・レストランで料理が運ばれたとき、無言のまま、食べ始めている どきっとした人は要注意です。 引っ込み思案の人は、自分に意識が向いてばかりで、感謝の気持ちが希薄になっていることが少なくありません。 人からの親切を「当たり前」と思うのはよくありません。 感謝の気持ちを忘れていると、親切をされても、受け流してしまいがちです。 「仕事でしているだけだから、別に感謝する必要はない」 そう思っているなら誤解です。 仕事でしているとはいえ、きちんとお世話になっているのは事実です。 自分は今、多くの人のおかげで支えられていることに気づいてください。 楽しい毎日を過ごせているのは、友達のおかげ。 仕事がスムーズにできているのは、職場の人たちのおかげ。 荷物を受け取れるのは、運んできてくれる人がいるおかげ。 本を読むことができるのは、書いてくれた人がいるおかげ。 おいしい料理を食べることができるのは、作ってくれた人のおかげ。 そして、今まで無事に成長できたのは、育ててくれた親のおかげです。 「自分はこんなに恵まれている。多くの人のお世話になっている」 お世話になっている事実に気づけば、自然と感謝の気持ちが湧いて、いても立ってもいられなくなります。 小さなことにも目を向けることが謙虚であり、感謝です。 好意や親切を受けたときは、きちんと感謝の言葉を伝えましょう。 大きな親切だけでなく、小さな親切であっても、きちんとお礼を言いたい。 明るい声で「ありがとうございます」という一言を言うだけでいいのです。 「後から言おう」と後回しにするのはよくありません。 感謝を後回しにすると、気持ちの熱も冷めてしまいます。 親切をされた瞬間に感謝したほうが、より気持ちのこもった言葉を言いやすくなります。 スーパーやコンビニで商品を受け取ったときも「ありがとうございます」と感謝しましょう。 レストランで料理が運ばれてきたときも「ありがとうございます」とお礼を言いましょう。 宅配便で運ばれた荷物を受け取っているときも「お疲れ様です。いつもありがとうございます」と労をねぎらいたい。 ささいなことまで注意を向けると、感謝できるタイミングはたくさんあるはずです。 「感謝しすぎ」と言われるくらいでちょうどいい。 いま一度、感謝の気持ちを大切にしましょう。 何にでも感謝する気持ちを持ち、引っ込み思案を克服していきましょう。 本当に感謝の気持ちを大切にできているなら、引っ込み思案が克服できるのは時間の問題です。 いま一度、感謝の気持ちを大切にする。

21
★4

行動スピードを上げると、引っ込み思案が吹き飛ぶ。

引っ込み思案を克服するコツの1つは「行動スピード」です。 行動スピードを下げるのではありません。 行動スピードを上げましょう。 のろのろ動いていませんか。 ゆっくり仕事をしていませんか。 休憩をしすぎていませんか。 もちろんゆっくり仕事をする姿勢は丁寧で素晴らしいですが、遅くなりすぎるのも考えものです。 あまり行動スピードが遅くなると、のろのろもたもたすることになります。 のろのろもたもたしていると、暇ができます。 人は、暇ができると、余計なことを考える生き物。 人目が気になったり、邪念・雑念が生まれたりして、不安や恐怖が助長されます。 引っ込み思案が改善するどころか、エスカレートするのです。 やみくもに行動スピードを下げるのは逆効果。 「丁寧」「安全」という意味で行動スピードを下げるのはいいですが、むやみにスピードを下げるのは弊害しかありません。 とりわけ引っ込み思案の人は、のろのろしている傾向があるため注意が必要です。 行動スピードを上げましょう。 「てきぱきした動きを心がける」ということです。   仕事は、集中力を大切にしながら、手ぎわよく処理しましょう。 余計な後回しは控えます。 依頼されたら、すぐ着手するようにします。   歩くときは、少し速度も上げて、早歩きを心がけましょう。 小股より大股で歩くのがポイントです。 大股を意識すると、余裕のある落ち着いた歩き方になります。   家事をするときも、てきぱきこなしましょう。 掃除も炊事も洗濯も、テンポを大切にして一気に片付けます。 まとめられる仕事はまとめて、効率よく進めましょう。 疲れたときは休憩しますが、休憩しすぎないように気をつけます。   行動スピードを上げると、集中力が高まり、余計なことを考えなくなります。 頭の回転が速くなり、思考が明瞭になります。 脳が活性化されて、やる気や元気が湧いてくるようになります。 ●スピードアップは、1.1倍からでいい。 いきなり2倍のスピードアップを目指す必要はありません。 急にスピードを上げると負荷が大きく、心身が追いつかないことがあります。 最初は、1.1倍でいいのです。 少しだけスピードを上げる程度で十分。 たった0.1の違いでも、スピードアップには変わりありません。 慣れてくれば、1.2倍、1.3倍と少しずつ上げていきます。 余裕が出てくれば、2倍や3倍に挑戦してみるのもいいでしょう。 さあ、早速1.1倍のスピードアップから始めましょう。 行動スピードを上げると、引っ込み思案が吹き飛ぶのです。 行動スピードを上げて、引っ込み思案を吹き飛ばす。

22
★0

新しい服には、引っ込み思案を克服させる力がある。

引っ込み思案を克服したいなら、服の力を利用しましょう。 私たちは、知らず知らずのうちに服から影響を受けています。 制服を着れば、気持ちが引き締まり、部屋着を着れば、リラックスできるでしょう。 体操着を着れば、運動したい気持ちが高ぶり、パジャマを着れば、眠気が出てくるでしょう。 落ち着いた服を着れば、落ち着いた気持ちになり、生き生きした服を着れば、生き生きした気持ちになるでしょう。 服は、体の上から身につけるものですが、心と気持ちに影響を与える力は大きい。 そのため、上手に服を利用すれば、引っ込み思案の克服の近道になります。   すでにお気に入りの服があるのかもしれませんが、ここが注意ポイントです。 着慣れた服も悪くありませんが、引っ込み思案の克服を考えるなら、新しい服を買うのがおすすめです。 新しい服には、新鮮なエネルギーが詰まっています。 買った服を着る瞬間を思い出してください。 袋を開けて、新しい服に袖を通す瞬間、爽やかですがすがしい気持ちに包まれるはずです。 新しい自分に生まれ変わるような、不思議な快感があります。 新しい服から元気をもらったのです。 新しい服を買って身につけると、新鮮な気持ちになれます。   せっかくですから、服の趣味を変えてみるのも悪くありません。 引っ込み思案の人は、地味な服を選ぶ傾向があります。 地味な服は落ち着いた雰囲気があって魅力的ではありますが、地味な服ばかりでは気持ちがどんより停滞します。 今まで地味な服ばかり選んでいたなら、なおさら明るい服を選びたい。 引っ込み思案を克服したいなら、ぜひ明るい色や柄の服に挑戦してみましょう。 「こういうタイプの服は買ったことがない」という服を選べば、間違いなし。 抵抗を感じるかもしれませんが、新しい自分に生まれ変わるつもりで勇気を出しましょう。 遊び心や冒険心を大切にすれば、新しいタイプの服も選びやすくなります。 最初は違和感があって落ち着かないかもしれませんが、しばらくすれば、服と気持ちが同化して慣れてくるでしょう。   新しい服を買うと、自然と外出したくなります。 「見て見て! おしゃれな服でしょ!」 新しい服を着た自分を見てもらいたくなり、いても立ってもいられなくなります。 服代はかかりますが、引っ込み思案を直す費用を考えれば安いもの。 服からエネルギーをもらい、自分の殻を破りましょう。 新しい服には、引っ込み思案を克服させる力があるのです。 新しい服を買うことは、新しい自分に生まれ変わること。

23
★0

美容院は、新しい自分に生まれ変わるところ。
髪の雰囲気を変え、引っ込み思案も吹き飛ばそう。

引っ込み思案を克服する方法の1つが「髪のカット」です。 思い切って髪の雰囲気を変えてみませんか。 今の髪型もいいかもしれませんが、引っ込み思案は、髪の影響を受けるもの。 髪とはいえ自分の一部です。 知らず知らずのうちに、私たちは髪から影響を受けています。 ・ぼさぼさした髪 ・だらしなく伸びた髪 ・暗くて元気のない髪 ナチュラルとも言えますが、ナチュラルすぎるのもよくありません。 ケアが行き届いていない髪では、だらしない雰囲気が出てしまいます。 出る元気も出なくなり、引っ込み思案が加速します。 そこでおすすめなのが、髪のカットです。 服の雰囲気を変えると、気持ちが変わるように、髪の雰囲気を変えると、気持ちも変わります。 髪は、絵に例えると「額縁」に当たります。 額縁の良しあしによって絵の見え方が変わるように、髪型の良しあしによっても顔の見え方が変わります。 髪が整うことで、素晴らしい額縁が手に入るため、自分に自信がつくのです。 美容院に出かけ、髪を切ってもらいましょう。 ふんわりした髪型もよし。 かっちりした髪型もよし。 ばっさり髪を短く切ってみるのもいいでしょう。 短い髪は誰にでも似合います。 髪を短くすると、軽やかな雰囲気が漂い、おしゃれに見えます。 切るのが大げさなら、長さを整えてもらうだけでもかまいません。 髪の長さを整えると、心も整い、明るい気持ちになれます。   明るいカラーに染めてみるのもおすすめです。 髪の色を明るくすると、全体にも明るい雰囲気が漂い、おしゃれになれます。 ほんの少し明るくするだけでも、雰囲気はずいぶん変わります。 希望したい髪の色を美容師に伝えれば、プロが希望を叶えてくれます。   縮毛に悩んでいるなら、縮毛矯正です。 縮毛がきれいに伸びると、嬉しい気持ちが湧いて、元気が出てきます。 パーマを当てて、雰囲気を変えてみるのもいいでしょう。 パーマは、髪に魔法をかけるようなもの。 ストレートヘアでもウェーブヘアでも、新しい自分に生まれ変われます。   髪が整うと、自分に自信がつきます。 「魅力的になれた! 私を見て! もっと私を見てほしい!」 自分を見てほしい気持ちが止まらなくなって、外出したくなります。 笑顔が増えたり、話し方が明るくなったり、行動範囲が広がったりするのです。 美容院で髪を切ってもらうにはお金がかかりますが「引っ込み思案を直す費用」と思えば安いもの。 引っ込み思案が克服できれば、笑顔が増えたり話し方が明るくなったり行動力が上がったりします。 新しい自分に生まれ変わるつもりで、髪の雰囲気を変えてみませんか。 髪の雰囲気を変えるだけでいい。 髪の雰囲気を変えることは、新しい自分に生まれ変わること。 髪の雰囲気を変えて自分に自信がつけば、引っ込み思案も吹き飛びます。 美容院は、新しい自分に生まれ変わるところです。 髪の雰囲気を変え、引っ込み思案も吹き飛ばしましょう。 髪の雰囲気を変えてみる。

24
★1

最初から積極的な気持ちでなくていい。
積極的な気持ちは、後からなればいい。

引っ込み思案の克服の最重要キーワード。 それは「積極性」です。 引っ込み思案を克服には、積極的になることが大切と言われています。 「自発的に仕事をする」 「自分から進んで話しかける」 「危険を恐れず、積極的に挑戦する」 たしかに自分から進んで物事を行えたなら理想的です。 野心や冒険心にあふれた人なら、積極的になるのも難しくはないでしょう。 もともと明るい心があって、やる気も元気もあり、自発的な行動ができれば、最高です。 「引っ込み思案を克服するためには、積極的にならなければいけない」 そう思っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、ここに誤解があります。 必ずしも積極的でなくていいのです。 積極的であることは理想であって、必要条件ではありません。 「積極的か」と「行動できるか」は別問題です。 積極的であっても、行動できなければNGです。 消極的であっても、行動できるならOKです。 大切なことは「行動すること」に尽きます。 極端に言えば、きちんと行動さえできているなら、消極的であってもいいのです。 嫌な仕事でも、きちんと対応する。 苦手な人がいても、最低限の挨拶はする。 消極的であろうと、やる気や元気がなかろうと、やるべきことはきちんとやる。 これが大切です。 「それでは引っ込み思案の克服にならない」 そう思うかもしれませんが、変化が起こるのは「行動した後」です。 積極的な気持ちは、後から出てきます。 最初は消極的な気持ちでも、仕事をしているうちに心が熱くなります。 だんだんテンションが上がっていき、勢いも出てきます。 気づけば、すっかり積極的な気持ちになっているのです。 最初から積極的な気持ちでなくていい。 積極的な気持ちは、後からなればいいのです。 まず仕事に着手しましょう。 最初は100パーセント消極的でもいいので、まず着手すること。 仕事に着手すれば、後は勝手に進み始めます。 「消極的だから行動しない」ではありません。 「消極的だけど行動する」です。 やる気や元気がなくても、きちんとやるべきことをやっている人が偉い。 消極的な状態であろうと、行動していることに変わりありません。 「気が進まないけど、やるべきことはきちんとやろう!」 自分に言い聞かせ、仕事に着手しましょう。 消極的であって大いに結構。 積極的な気持ちは、後からなればいい。 消極的な気持ちがあっても、きちんと行動ができているなら、もはや引っ込み思案ではないのです。 消極的であっても、やるべきことをきちんとやる。

25
★2

くよくよする癖があると、引っ込み思案を克服できない。

嫌なことがあったとき、どうするか。 ここが、引っ込み思案の勝負所です。 ・面接をしたが、不採用に終わってしまった ・仕事でミスをして、上司から怒られた ・衝動買いをして、無駄な買い物をしてしまった ・好きなことに告白したが、あっさり振られてしまった ・勇気を出して新しい髪型に挑戦したら、変になってしまった 嫌なことがあったとき、誰でも落ち込むでしょう。 「大変なことをしてしまった……」 「自分が恥ずかしい……」 「これからどうしよう……」 もちろん嫌なことがあったのですから、落ち込むのも当然です。 しばらく元気が出なくて、無気力な状態が続くでしょう。 落ち込みの余韻が続いて、ずきずき心が痛むはずです。 しかし、引っ込み思案の人は、落ち込むだけでなく、くよくよする傾向があります。 普通は時間がたつにつれて落ち込みから立ち直っていくものですが、引っ込み思案の人は何度も失敗を振り返ります。 「どうしてあんなミスをしたのだろう……」 「過去に戻ってやり直したい……」 「自分が情けなくて恥ずかしい……」 引っ込み思案の人は、大げさに考える傾向があります。 何度も過去を振り返っては、大きなため息をつく。 これがよくありません。 心の傷口をわざわざ自分で蒸し返しているようなもの。 いつまでもくよくよしていると、不幸な雰囲気まで漂い始めます。 話しかけづらい雰囲気が出て、人も離れていってしまいます。 自分にやってくるのは未来しかないのですから、くよくよしたところで余計なエネルギーが失われるだけ。 過去の失敗を引きずったところで、いいことはありません。 元気が出ないばかりか、行動力も生産性も低下して、悪影響が深刻になります。 くよくよする癖があると、引っ込み思案を克服できないのです。   くよくよするのはやめましょう。 大切なことは、反省です。 きちんと反省さえできれば、さっと気持ちを切り替えましょう。 過去を振り返りたくても、振り返らない。 意地でも前を向く。 ネガティブな気持ちは潔く振り切って、ポジティブな気持ちになることが大切です。   誰かに迷惑をかけたなら、きちんと謝ればいいだけです。 誠実に謝れば、相手もきっと許してくれるでしょう。 「大したことない」と自分に言い聞かせることも大切です。 大きなミスや失敗に思えても、あらためて冷静に考えると、意外と小さなことだと気づけるでしょう。   反省は、くよくよしないためにあります。 反省が終われば、もうくよくよするのは禁止です。 どうしてもくよくよしてしまうなら、意地でも顔を上げてください。 顔を上げれば、太陽の光が目に飛び込んできます。 自然と心が明るくなり、ポジティブな気持ちになれます。 嫌なことがあっても、くよくよしないで、さっと忘れることが大切です。 嫌なことがあっても、くよくよしない。 反省したら、さっと気持ちを切り替える。

26
★2

人見知りと引っ込み思案は、似て非なるもの。

引っ込み思案と混同されやすい言葉があります。 「人見知り」です。 どちらも「控えめの態度」という点は共通です。 知らない人に苦手意識があったり、積極的な行動が少なかったりします。 意味が似ているため、混同している人も多いのではないでしょうか。 しかし、人見知りと引っ込み思案は、似て非なるものです。 意味は似ていますが、厳密には異なります。 人見知りと引っ込み思案を同じ意味で考えていると、コミュニケーションの誤解や勘違いにつながることもあります。 混同せず、きちんと区別しておきましょう。 ●人見知り 人見知りとは、見慣れない人に対して不安を感じたり恥ずかしがったりすることをいいます。 人見知りは「子供に多い」「1対1のコミュニケーションで起こる」という点が特徴です。 人見知りは、自意識過剰と自己防衛本能によって起こります。 見慣れない人は、どんな人なのか正体が分からないため「相手から傷つけられるのではないか」という警戒心理が働きます。 その結果、不安や恐怖が生じて、恥ずかしがったり臆病になったりします。 ただし、いったん打ち解けて仲良くなれば、その人に人見知りをすることはなくなります。 人見知りは、あくまで見慣れない人に対して起こるのが特徴です。 ●引っ込み思案 引っ込み思案とは、進んで人前に出たり物事を進めたりすることができない態度や性質のことをいいます。 引っ込み思案は、1対1のコミュニケーションに限らず、日常生活や人間関係の全体で起こります。 また子供から大人まで幅広く起こるのも特徴です。 引っ込み思案は、低い自己評価や自己肯定感によって引き起こされます。 いじめられたり愛情不足で育ったり否定された経験が多かったりすると、積極的になるメリットを見いだせなくなります。 「余計な行動はやめておこう」という消極的な考えが働くようになり、それが引っ込み思案に発展していきます。 § それぞれの意味を見て分かるように、人見知りと引っ込み思案は、似て非なるものです。 「人見知りで引っ込み思案」というケースもあれば「人見知りだが引っ込み思案ではない」というケースもあります。 人見知りは年齢を重ねるにつれて自然と改善することが多いですが、引っ込み思案は年齢を重ねただけで改善するとは限りません。 引っ込み思案の克服には、意識と努力が必要です。 あらためてそれぞれの意味をきちんと理解して、区別しておきましょう。 人見知りと引っ込み思案の意味の違いを理解する。

27
★0

引っ込み思案だから、引っ込み思案の人と仲良くなれる。

引っ込み思案だからとはいえ、デメリットばかりではありません。 引っ込み思案の人は、ある人と仲良くなれます。 それは、引っ込み思案の人です。 相手が引っ込み思案と分かれば、正直に告白してみましょう。 「実は私も引っ込み思案なんです。同じですね!」 変にかっこつけず、ありのまま話すことがポイントです。 相手は安心したような表情で、にっこり笑ってくれるでしょう。 「そうなんですね。同じですね。なかなか積極的になれなくて困っているんです」 一瞬で心が通じ合い、仲良くなれるでしょう。 人と仲良くなるには、共通点を見つけることがポイントですが、引っ込み思案も立派な共通点です。 正直に告白してもらえたことに嬉しさを覚えるでしょう。 なかなか人に話せないコンプレックスだからこそ、同じ境遇の人がいると、強い仲間意識を覚えます。 同じ性質同士だからこそ、仲良くなるのも早い。 引っ込み思案の人は控え目な性格のため、人と仲良くなるのに時間がかかりますが、引っ込み思案同士ならすぐ仲良くなれます。 引っ込み思案の人は、なかなか進んで話しかける勇気がなく、誰かに話しかけてもらいたがっています。 自分と同じ引っ込み思案の人から話しかけてもらえると、嬉しいでしょう。 せっかく共通点があるのですから、今のうちに仲良くなっておきましょう。 仲良くなれるチャンスは貴重ですから、きちんと生かすことが大切です。 その人がいずれベストフレンドになるかもしれません。 引っ込み思案だからこそ実現できる、強みの1つなのです。 引っ込み思案の人と仲良くなる。

28
★1

挑戦の数だけ、引っ込み思案が克服される。

最近、挑戦したことは何ですか。 「特に何も挑戦していない」 そう思ったなら、イエローカードです。 引っ込み思案を克服するなら、挑戦を大切にしましょう。 もちろん同じことの繰り返しも悪くはありません。 慣れていることなら、事情や内容を分かっているので安心です。 慣れている仕事なら、精度も高く、スピードも速いでしょう。 慣れている家事なら、煩わしいことはなく、素早くスムーズにこなせるでしょう。 慣れている環境なら、居心地もよくリラックスできるはずです。 しかし、同じ繰り返しばかりでは、引っ込み思案を克服することはできません。 積極的な心を働かせる機会がなく、心を鍛えるチャンスもありません。 そこで大切にしたいのが、挑戦です。 積極的に行動する機会を作り、自分から心を鍛えるチャンスを作り出します。 挑戦することは、自分から行動を起こすことになるため、前に出る習慣が身につきます。 挑戦すればするほど、心が強く鍛えられていき、引っ込み思案が軽くなります。 チャレンジ精神を大切にすれば、おのずと心に火がつき、積極的になれます。 難しいことに挑むだけが挑戦ではありません。 新しいことに挑むことは、すべて挑戦です。 たとえば、新しい仕事への挑戦です。 同じ仕事の繰り返しもいいですが、たまには新しい仕事に挑戦してみましょう。 少し頑張ればできそうな仕事なら、ぎりぎりこなせるでしょう。 やったことのない仕事に取り組めば、新しいスキルも身につきます。 誰かに「やれ」と言われからするのではなく、自分から「させてください」と名乗り出ることが大切です。   料理が趣味なら、新しいレシピに挑戦してみるといいでしょう。 レパートリーが増え、料理力のアップにつながります。 食は人生の一部です。 レパートリーが増えて料理の世界が広がれば、人生の豊かさ向上にもつながります。 たとえ料理に失敗しても、料理の腕を上げる糧になるでしょう。   新しい習い事を始めてみるのも悪くありません。 好きなことを学ぶなら、一歩前に踏み出す勇気が出るでしょう。 ヨガ教室、料理教室、陶芸教室、体操教室、生け花教室。 口下手を克服したいなら、話し方教室はいかがでしょうか。 コンプレックス解消にもつながって、一石二鳥です。 新しい習い事は、自己投資の1つですから、自分の魅力を高めることにもつながります。   本や映画を楽しんでみるのもおすすめです。 「本や映画は、挑戦にならないのではないか」と思うかもしれませんが、誤解です。 「難しい内容の本」「難しいテーマの映画」という条件なら、もはや立派な挑戦です。 本も映画も、人生を豊かにするのに欠かせないツール。 知識や知恵を学べたり、新しい世界を知ることができたりして、視野や見識の拡大に貢献します。   毎日挑戦するのは難しいですが、定期的に挑戦する日を作ってみるといいでしょう。 「毎週水曜日は挑戦の日」「毎月1日は挑戦の日」など、ルールを決めるのも面白いアイデアです。 気が向いたらするのではなく、あらかじめルールを作っておけば、取り組みやすくなります。 あらかじめカレンダーや予定表に「挑戦の日」のスケジュールを入れれば、忘れずに挑戦できるようになるでしょう。   挑戦するのに抵抗があるなら「好きなこと」に取り組みましょう。 好きなことなら、自然とやる気とモチベーションが湧き、挑戦しやすくなります。 挑戦の数だけ、引っ込み思案が克服されるのです。 新しいことに挑戦する。

29
★0

心が強いから、一人旅をするのではない。
一人旅をするから、心が強くなる。

引っ込み思案を克服する方法の1つ。 それが「一人旅」です。 一人旅と引っ込み思案は無関係に思えますが、誤解です。 実際は深いつながりがあります。 一人旅は、すべてを自分でまかなわなければいけません。 旅先では、1人で行動することになります。 臨機応変な対応が必要であり、判断力や決断力が求められます。 リスクに対するマネジメント能力も求められます。 一人旅は、すべて自由である代わりに、すべてが自己責任です。 しかし、その大変さがいいのです。 一人旅には大変である分、引っ込み思案の克服につながるポイントが数多く存在しています。 自分で計画を考えなければいけないので「計画性」が身につきます。 1人で動いていかなければいけないので「行動力」が鍛えられます。 分からないことは人に聞かなければいけないので「度胸」がつきます。 その場その場で判断と決断をしなければいけないので「判断力」「決断力」が鍛えられます。 すべて自分が行われなければいけないので「責任感」も出てきます。 その状況に応じた判断が必要なので「臨機応変」も身につきます。 一人旅を通して、自分の心を鍛えることができる。 するとどうでしょう。 「自分はこんなに積極的なんだ! 自分はやればできる人間だ!」 一人旅を終えると、自分の中に揺るぎない自信が生まれているのを実感できるでしょう。 嫌でも積極的にならざるをえない状況に陥るため、引っ込み思案の克服につながるのです。   「引っ込み思案だから一人旅なんてできない」と思うのは、誤解です。 心が強いから、一人旅をするのではありません。 一人旅をするから、心が強くなるのです。 自分を変えるには、ある程度の困難が必要であり、困難を乗り越えることで自分を変えていけます。 未知の世界に飛び込むと必死になるため、自分の潜在的な力を引き出せ、心を鍛えるトレーニングになります。   引っ込み思案を克服するアクションとして、ぜひ取り組んでみませんか。 いったん旅が始まれば、勇気を出して前に進むしかありません。 対人関係があるとしても、旅先で出会う人だけです。 旅先では初対面の人ばかりであり、長く滞在するわけでもありません。 笑われても大丈夫です。 恥をかいてもその場限りですから、勇気を出すには絶好の機会です。 自分の行きたい場所なら、わくわくしながら一人旅ができるでしょう。 旅を楽しめるだけでなく、引っ込み思案の克服にもつながり一石二鳥です。 抵抗があるなら、まず日帰りの一人旅から始めてはいかがでしょうか。 日帰りなら近場で済み、宿泊費用もないため、旅行費用も抑えられるはずです。 慣れてくれば、1泊や2泊の一人旅に挑戦してみます。 さらに慣れてくれば、海外旅行の一人旅に挑戦してみるといいでしょう。 一人旅を通して、新しい自分に生まれ変われるはずです。 一人旅を挑戦してみる。

30
★0

1人暮らしを通して、自立心が養われる。

引っ込み思案の克服として「1人暮らし」が有効です。 もちろん実家で暮らすのも悪くありません。 家族がいると、話し相手になるので精神的にも楽でしょう。 住み慣れた環境は、快適で居心地がよく、リラックスできるはずです。 家事暮らしは、一緒に暮らす人がいるので、孤独や寂しさを感じることが少ないでしょう。 「住み慣れ環境から離れたくない!」と思う人も多いのではないでしょうか。 しかし、親がそばにいると、つい頼ってしまいます。 勝手に食事が出てきて、洗濯をしてくれ、部屋も掃除してくれます。 何もしなくても、暮らしていけるのが実家。 「自分は何もしなくていいよね」という状態になります。 楽ではありますが、楽だからこそ、なかなか引っ込み思案を克服できません。 そこで、勇気を出して1人暮らしを始めてみませんか。 1人暮らしを実現するとき、さまざまな感情が湧いてくるでしょう。 「夜が怖い」 「不安がある」 「孤独が怖い」 「親が恋しい」 「寂しさに耐えられるか不安」 さまざまな不安・心配があるかもしれませんが、挑戦から逃げていては引っ込み思案を克服できません。 引っ込み思案を克服するには、少なからず積極的にならざるを得ない状況に自分を追いやることが必要です。 1人で寝たり起きたりしなければいけない。 1人で家事をしなければいけない。 何をするにも、1人で生活しなければいけない。 自己管理能力が求められるため、嫌でも積極的にならざるを得なくなります。   家賃が心配なら、安い物件を選べばいいだけです。 ボロアパートでも住めれば十分。 家賃の安いボロアパートでも、内装を工夫すれば、おしゃれに変えることができます。   女性の1人暮らしが心配なら、女性専用のアパートという選択肢があります。 少しくらい古いアパートでも、セキュリティーが整っている物件なら安心でしょう。   親が反対するなら、実家の近くにアパートを借りることを条件にすれば、説得しやすくなるでしょう。 実家の近くにアパートであっても、1人暮らしに変わりありません。 古いアパートであろうと、実家の近くであろうと、住めれば十分。   自分から殻を割って勇気を出さなければ、心を鍛えることはできません。 あくまで引っ込み思案を克服することが目的ですから、1人暮らしを実現させることが大切です。 1人暮らしに慣れてしまえば、意外と実家暮らしより快適に感じることも少なくありません。 引っ越しの出費や手間暇はかかりますが、自立心を養うなら、挑戦する価値はあります。 1人暮らしを通して、自立心が養われるのです。 自分を変える挑戦として、1人暮らしを始めてみる。

同じカテゴリーの作品