自分磨き

自分の魅力に気づく
30の方法

  • あなたの魅力は、
    本には書かれていない。
    自分の魅力は、
    自分で見つけるしかない。
自分の魅力に気づく30の方法

もくじ
  1. あなたの魅力は、本には書かれていない。
    自分の魅力は、自分で見つけるしかない。

    本屋に行けば、数多くの本があります。
    ビジネス、政治経済、ライフスタイルなど、ジャンルによってさまざまな知識が学べます。
    これだけ多くの本に恵まれている時代に生まれた私たちは幸せですね。

  2. へそがあるのは、お母さんから愛されてきた証拠。

    大人になるにつれて、見なくなるものがあります。
    へそです。
    おなかの真ん中にある、小さなへこみです。

  3. わくわくすることを探すより、何でもわくわくする自分になる。

    わくわくすることを、探そうとしていませんか。
    期待や喜びで嬉しくなり、落ち着かないことです。
    面白い映画や本を探したり、旅行に行ったりなど、興奮することを見つけようとします。

  4. 顔の中心点を押しながら考えると、問題の核心を迫ろうとする意識が強くなる。

    いらいらしたときは、感情が高ぶり、表情も悪くなります。
    いらいらした状態では、反省のしようもありません。
    どうすれば落ち着くことができるのでしょうか。

  5. 反論しない人ほど、愛される。

    幼い子供は、なぜかわいいのでしょうか。
    背が低かったり、かわいい表情をしたりなどの理由がありますが、もっと大切なことがあります。
    幼い子供がかわいい本当の理由は、反論をしないからです。

  6. 自分の名前に隠された、大切なこと。

    自分の名前を書いてみましょう。
    フルネームで、書きます。
    その字に、大切なことが、隠されています。

  7. 体の障害は、嘆くより生かす。

    先天的、あるいは後天的に、体に障害を持つことがあります。
    障害は、不幸でしょうか。
    「障害があるから不幸」とは限りません。

  8. 痩せる喜びは、太った人ほど、味わいやすい。

    お風呂上がりに、鏡で自分の体型を見て、ため息をついていませんか。
    腰回りを指でつまむと、余分な肉がついています。
    少し太っている程度なら問題ありませんが、太りすぎているなら、考えものです。

  9. 鈍感と言われても、落ち込むことはない。
    鈍感であることは、素晴らしい能力だ。

    「鈍感だな」と言われて、他人から笑われることがあります。
    「間が抜けている」や「気が利かない」という言い方をされることもあります。
     

  10. 気分屋には、気分屋なりのいいところがある。

    「気分屋」という言葉があります。
    そのときの気分しだいで行動する人のことを言います。
    世間一般では「気分屋」という言葉に対して、あまりよい印象がありません。

  11. 器用も不器用も、あってないようなもの。
    最初から上手にできる人はいない。

    自分の不器用さに、情けなくなるときがあります。
    料理で大根を千切りしようとしたとき、細かく切れずに、悔しい思いをします。
    パソコンのタイピングも、打つのが遅かったり、打ち間違いが多かったりして、ため息が出ます。

  12. 過去は変えられないが、過去の印象は変えられる。

    あるところに、自殺願望を持つ男性がいました。
    つらい過去があり、人生に明るい展望が見いだせず、行き詰まっていました。
    「あの過去があったせいで」と、いつも過去を恨んでいました。

  13. ほくろは単なる黒の点ではない。
    チャームポイントだ。

    顔にあるほくろが、気になることがあります。
    一見すると、顔にごみがついているようにも見えます。
    顔にたくさんほくろがあると「顔がプラネタリウムだね」と言われ、侮辱されることもあるでしょう。

  14. ささいなことに悩みやすい人ほど、幸せな人生を歩みやすい。

    ささいなことに、悩みやすい性格の人がいます。
    小さなことにもかかわらず、大げさに考えてしまい、いつまでもこだわってしまいます。
    いわゆる、考えすぎる性格です。

  15. 長所は、自分が判断することではなく、他人が判断すること。

    自分の長所は、誰が判断することでしょうか。
    普通に考えるなら「自分が判断する」と考える人が多いでしょう。
    自分を一番よく知っているのは、自分です。

  16. 無口は、悩みではなく才能だ。
    無口である分、よく考えられる。

    「無口な人」と言えば、世間から悪い印象を持たれがちです。
    口数が少ないと、何を考えているのか分からないと思われます。
    もっと話をたくさんして、コミュニケーションを取るべきだと言われます。

  17. 特技を大げさに考えない。
    自分が「得意だな」と感じたことが、特技である。

    「特技はありますか」
    こう聞くと、控えめな言葉が返ってくることがあります。
    「特技というほどでもありません」

  18. 難しいことが分からなくてもいい。
    シンプルな話が好きな性格なのだ。

    難しい話を聞いたとき、すぐ理解できないときはありませんか。
    頭が悪いためか、複雑な話を聞いても、すっと頭に入ってきません。
    言葉の意味は分かっても、なぜか、話全体の意味は分からないのです。

  19. なぜ、知ったかぶりを演じるほど、自分のことが嫌いになるのか。

    先生や友達から「もちろん知っているよね」と言われたとき、どうしますか。
    知らないことでも、うわべを気にして、言い返さずにうなずいてしまいがちです。
    「知らない」と答えると、侮辱されたり叱られたりするのではないかと不安になり、つい知ったかぶりをしてしまいがちです。

  20. 記憶力が弱くても、頭はよくなれる。

    記憶力はいいほうですか。
    記憶力がよければ、勉強がよく頭に入り、テストで高得点を取ることができるでしょう。
    よく覚えられれば、勉強がはかどるに違いありません。

  21. いらいらした感情を、意思の力で抑えられるのが、人間だ。

    ワイシャツのボタンをとめている途中、ボタンの掛け違いをしてしまうことがあります。
    急いでいるときに限って、よくあります。
    一度とめたボタンを、すべて外して、最初からやり直しです。

  22. 話が噛み合わないのは、自分が悪いからではない。
    同じ価値観の人がいないだけ。

    友達との会話がうまく噛み合わないため、悩むことがあります。
    相手の話が、なぜか、面白いと感じない。
    自分の話をしても、なぜか「つまらない」と笑われてしまう。

  23. 変人と天才の差は、紙一重。

    「変人だね」と言われて、落ち込んでいませんか。
    変人として扱われると、仲間外れにされているかのようで、寂しい気持ちになるものです。
    周りから冷たい目で見られたり、ひどい言葉を言われたりなどです。

  24. 自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるもの。

    人間は、面白い。
    自分が弱点だと思うことほど、他人には魅力に見えるものです。
    鼻が低くて平坦な顔だと感じていても、他人からは「かわいい鼻だ」と思えるものです。

  25. 自分の味方を増やしたければ、まず誰かの味方になること。

    人生では、味方が多いほど、スムーズに進みます。
    応援や協力が得られるほど、生きる力が湧いてくるでしょう。
     

  26. 外向的な性格でなくてもいい。
    内向的な性格も、魅力的な個性の1つ。

    「内向的な性格」と「外向的な性格」。
    「どちらのほうがよい性格か」と聞けば、多くの人は「外向的な性格」と答えるでしょう。
    世間的にも、外向的な性格を評価する声が聞かれます。

  27. 生きている人に、ダメな人間は、1人もいない。

    24時間営業のコンビニは、便利です。
    休みなく営業し続けていると「すごいなあ」と思います。
    おや、ちょっと待ってください。

  28. 相手を笑わせるなら、自分が笑えばいい。
    自分が笑うなら、自分の恥を話せばいい。

    テレビで大笑いしている人を見て、自分も笑ってしまうことがあります。
    面白い話で、笑うのではありません。
    笑っている人の様子が面白くて、つい自分まで笑ってしまうのです。

  29. しわを悪だと考えない。
    人に味わいを与えるものだ。

    顔にあるしわを見て「嫌だ」と思う人がいます。
    いつまでも若々しく見られたいと思うでしょう。
    しわができるのは悪いことだという認識を持つ人も、多いのではないでしょうか。

  30. 魅力は、最初からあるものではなく、自分で作っていくもの。

    「自分には魅力がない」
    そう思っているあなた。
    大きな誤解をしています。

同じカテゴリーの作品