自分磨き

尊敬される人になる
30の方法

  • 尊敬される人は、
    勝手に尊敬されている。
尊敬される人になる30の方法

もくじ

尊敬される人は、勝手に尊敬されている。

尊敬される人は、勝手に尊敬されている。

人は、集団の中で生きている生き物です。
人からの評価や反応を気にしながら生きていくことが多いでしょう。
自分の評価が気になるのは、おかしなことではなく、当たり前のことです。

尊敬される人は、ストイックな努力家。

尊敬される人は、ストイックな努力家。

尊敬される人になるために一番必要なのは何でしょうか。
お金でしょうか。
時間でしょうか。

尊敬される人は、ポジティブ思考。

尊敬される人は、ポジティブ思考。

ポジティブ思考とは何か。
ポジティブ思考とは、物事を肯定的・前向きにとらえる思考方法のことを言います。
ときどき否定的で後ろ向きな発言をする人がいます。

尊敬される人は、ポジティブな発言をする。

尊敬される人は、ポジティブな発言をする。

ネガティブな発言をしていませんか。
「自分はネガティブな発言をしていない」
そう思っていても、無意識のうちに言っていることがあります。

尊敬される人は、悪口を言わず、褒め言葉を言う。

尊敬される人は、悪口を言わず、褒め言葉を言う。

尊敬されたいなら、悪口を言わないことです。
人から尊敬される人は、人の悪口を言いません。
もちろん悪口を言いたいと思うことはあるでしょう。

尊敬される人は、行動力がある。

尊敬される人は、行動力がある。

尊敬される条件の1つ。
それは「行動力」です。
「行動なら私もしている」と思うかもしれませんが、ルーチンになった日常行動ではありません。

尊敬される人は、常に誠実。

尊敬される人は、常に誠実。

誠実とは何か。
誠実とは、言葉や行動に嘘・偽り・ごまかしがなく、真心のこもっていることをいいます。
誠実であることは簡単そうに思えますが、いつの間にか不誠実な行動をしている場合が少なくありません。

尊敬される人は、自分の哲学を持っている。

尊敬される人は、自分の哲学を持っている。

あなたは自分の哲学を持っていますか。
尊敬と哲学は、切っても切れない関係があります。
尊敬されない人には、哲学がないため、周りに流される状況が目立ちます。

尊敬される人は、人を大切にしている。

尊敬される人は、人を大切にしている。

私たちが大切にしなければいけない存在は、身近に存在します。
人間関係です。
尊敬される人に共通するのは「人を大切にしている」という点です。

尊敬される人は、誰と接するときも、態度が丁寧で礼儀正しい。

尊敬される人は、誰と接するときも、態度が丁寧で礼儀正しい。

人によって態度を変えていませんか。
自分では意図せずとも、態度が変わっていることがあります。
もちろん実際の現実では、人によって態度を変えることが必要な場面もあります。

尊敬される人は、自慢をしない。

尊敬される人は、自慢をしない。

尊敬される人は自慢しません。
どんなに素晴らしい賞を取ろうと、どれだけ実力や功績が優れていようと、偉そうな発言をしません。
もちろん周りから「すごいですね」「素晴らしいですね」と言われるのはいいのです。

尊敬される人は、謙虚と低姿勢が当たり前になっている。

尊敬される人は、謙虚と低姿勢が当たり前になっている。

尊敬される人は、偉そうな態度とは無縁です。
嫌われる人は「年齢や立場が高いなら、偉そうな態度でもいいだろう」という慢心が目立ちます。
「能力が高いのは事実なのだから、自慢してもいいよね」

尊敬される人は、謙虚であっても、とことん積極的。

尊敬される人は、謙虚であっても、とことん積極的。

尊敬される人は、謙虚です。
自慢をしません。
偉そうな態度を見せることもありません。

尊敬される人は、理解力がある。

尊敬される人は、理解力がある。

あなたはどれだけ理解力がありますか。
「理解力」と聞けば、知識量や経験量などを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。
たしかに知識や経験が豊富なら、会話の守備範囲が広がるので、相手の話を理解しやすくなるでしょう。

尊敬される人は、包容力がある。

尊敬される人は、包容力がある。

包容力とは何か。
包容力とは、過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を広く受け入れる力のことをいいます。
相手のすべてを包み込むように受け入れ、すべてを容認するということです。

尊敬される人は、人に誇れるスキルを身につけている。

尊敬される人は、人に誇れるスキルを身につけている。

尊敬される人は、スキルを身につけています。
普通程度のスキルではなく、人に誇れるくらい、レベルの高いスキルであることがポイントです。
自由自在に操れる語学力。

尊敬される人は、見栄・体裁・プライドにこだわらない。

尊敬される人は、見栄・体裁・プライドにこだわらない。

「人前では見栄を張ってしまう」
「どうしても体裁にこだわってしまう」
「大事なプライドだけは捨てることができない」

尊敬できる人は、自己肯定感が高い。

尊敬できる人は、自己肯定感が高い。

自己肯定感とは何か。
自己肯定感とは、自分の価値や存在意義を肯定できている感情のことをいいます。
自分で自分の悪口を言っている人を見かけます。

尊敬される人は、自己管理能力が高い。

尊敬される人は、自己管理能力が高い。

尊敬される人の特徴の1つが、高い自己管理能力です。
自分の体調・生活・仕事を思いどおりにコントロールできているということです。
自己管理を行うには、欲を我慢したり自分に厳しくなったりする必要があります。

尊敬される人は、感情のコントロールが優れている。

尊敬される人は、感情のコントロールが優れている。

尊敬できる人は、感情のコントロールが上手です。
腹が立っても、怒鳴らない。
むかむかしても、言い返さない。

尊敬される人は、大きな功績を残している。

尊敬される人は、大きな功績を残している。

尊敬される人は、大きな功績を残している特徴があります。
たとえば、研究活動を通して、会社の業績に大きく貢献したこと。
特殊な開発プロジェクトを成功させて、会社の危機を救ったこと。

尊敬される人は、教わる立場より教える立場。

尊敬される人は、教わる立場より教える立場。

尊敬される人は、教わる立場より教える立場に多く見られます。
つまり、指導者です。
「先生」「監督」「コーチ」と呼ばれる立場は、尊敬されやすいのが現実です。

尊敬される人は、責任感がある。

尊敬される人は、責任感がある。

責任感とは何か。
責任感とは、自分の仕事や行為について、きちんと果たそうとする気持ちのことをいいます。
「責任」と聞けば、重苦しいイメージがあります。

尊敬される人は、打算や下心がない。

尊敬される人は、打算や下心がない。

そもそも尊敬される人は「尊敬されたい」と考えていません。
もちろん尊敬されたい考えが悪いわけではありません。
尊敬されたいために優しく接した経験は、誰でもあるでしょう。

尊敬される人は、完璧主義より最善主義。

尊敬される人は、完璧主義より最善主義。

尊敬される人と言えば、どんな人を思い浮かべますか。
博識で、高いスキルもあって、素晴らしい功績を残している。
立派で優れたイメージがあるためか「完璧主義」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

尊敬される人は、お金を「生き金」として使っている。

尊敬される人は、お金を「生き金」として使っている。

「そうだ。尊敬されるには、お金持ちになるといいのではないか」
尊敬される方法として、高い経済力を思い浮かべる人もいるかもしれません。
たしかに「多くのお金を稼いでいる」という事実は、一見の価値があるでしょう。

尊敬される人は、心と行動に余裕がある。

尊敬される人は、心と行動に余裕がある。

尊敬される人は、余裕があるのが特徴です。
心と行動の両方に余裕があります。
もちろん時には忙しいときもあります。

尊敬される人は、尊敬する人がいる。

尊敬される人は、尊敬する人がいる。

あなたには尊敬できる人がいますか。
わざわざ尊敬できる人を作らなくても、生きていくことは可能です。
衣食住があって、友達がいて、最低限の収入があれば、生きていけるでしょう。

尊敬される人は、人類と社会のために行動する。

尊敬される人は、人類と社会のために行動する。

時に人は、見栄やエゴで行動することがあります。
「高く評価されそうなら行動してみる」
「かっこよく見られそうなら頑張ってみる」

尊敬される人は、生きがいとなる夢がある。

尊敬される人は、生きがいとなる夢がある。

あなたには、夢がありますか。
子供のころは、誰でも夢を持っています。
「大金持ちになりたい」

同じカテゴリーの作品