自分磨き

人見知りを克服する
30の方法

  • 人見知りは、
    直したほうがいい性格なのか。
人見知りを克服する30の方法

もくじ
  1. 人見知りは、直したほうがいい性格なのか。

    人見知りとは何か。
    人見知りとは「見慣れない人を恥ずかしがって、なかなか打ち解けないこと」をいいます。
    人見知りといえば、子供に多く見られるイメージを持つかもしれませんが、あくまで一般のイメージです。

  2. 人見知りの人は、自意識と自己防衛本能が強すぎる。

    人見知りの原因は「自意識」と「自己防衛本能」にあります。
    もちろん自意識も自己防衛本能も、普通程度なら生活を営む上で必要です。
    「自分はどう思われているのだろうか」という自意識は、時に必要です。

  3. 人見知りの5つの種類と対策。

    人見知りとは何か。
    人見知りとは「見慣れない人を恥ずかしがって、なかなか打ち解けないこと」をいいます。
     

  4. 人見知りと対人恐怖症の違いとは。

    人見知りと対人恐怖症。
    どちらも人に対して後ろ向きである点は共通ですが、厳密には違います。
    人見知りと対人恐怖症の意味を区別せず、混同している人も多いのではないでしょうか。

  5. 大人になってから人見知りになることもある。

    大人になってから人見知りになるケースがあります。
    「子供のころはフレンドリーだったのに、大人になってから人を避けるようになった」
    「幼いころは人になつきやすい性格だったのに、大人になってからすっかり人見知りになってしまった」

  6. 人見知りの克服に必要な3つの要素。
    意識改革・場数・成功体験。

    人見知りの人は、人に対して警戒心があります。
    人に対して警戒心が強い理由は、幼少期にあります。
    幼いころ、人と接する機会が少なかったり、初対面での失敗体験があったりすると、人に対する警戒心も強くなります。

  7. 人見知りを克服する場は、日常に数多く点在する。

    仕事や練習には、場所を選ぶのが一般的です。
    仕事なら、会社で行います。
    勉強なら、学校・自宅・図書館で行います。

  8. 人見知りの克服の第一歩は、挨拶。

    人見知りの克服として、まず挨拶を習慣にしましょう。
    朝、知り合いと会ったとき「おはようございます」と挨拶をします。
    昼なら「こんにちは」、夜なら「こんばんは」です。

  9. 自分から初対面の人に話しかけて、会話を楽しむ。

    人見知りの克服には、成功体験が伴った場数を積み重ねることがポイントです。
    成功体験が伴った場数を積み重ねるのはどうすればいいのか。
    第一の意識改革です。

  10. 週に1人は面識のない人に話しかけて、会話をしよう。

    最近、面識のない人と会話をしていますか。
    知人友人との会話では意味がありません。
    知人友人は、すでに面識があるため、人見知りの克服としては効果が不十分です。

  11. 自分がどう思われているか気にしたところで仕方ない。

    自分がどう思われているか、気にしないことが大切です。
    もちろん自分の映り方を気にしなければいけない場面もあります。
     

  12. 人見知りを「悪い性格」と否定しない。

    人見知りを否定していませんか。
    人見知りを「悪い性格」と考えていませんか。
     

  13. 楽しく話せる定番ネタを準備しておけば、人との会話も怖くない。

    楽しく会話をする自信がなくても、単純な解決法があります。
    楽しく話せる定番ネタを準備しておきましょう。
    「この話なら楽しく話せる」「この話題ならたくさん話せる」というネタを準備しておきます。

  14. 相手を知ってから興味を持つのではない。
    相手を知る前から興味を持つ。

    私たちが人に興味を持つとき、一般的な流れがあります。
    「まず相手と知り合い、面白い人・楽しい人と分かれば、興味を持つ」
    こうした流れが一般的です。

  15. 常に社交的である必要はない。
    必要なときだけ社交的になるだけでいい。

    「常に社交的でなければいけない」
    人見知りを直そうとするとき、そう考える人が多いのではないでしょうか。
    いつも明るく元気で積極的な人は、人見知りとは無縁に思えます。

  16. 話すのが苦手なら、聞き役に回ればいい。

    人見知りの人は、話すのが苦手な人が目立ちます。
    話すのは大好きであっても、相手に慣れないうちは警戒心・恐怖心があって、口数が減る人も多いのではないでしょうか。
    人見知りを直そうとするなら、積極的に話しかけ、たくさん話をするのがよいように思えます。

  17. 会話が途切れることを恐れていると、人見知りの改善が遅くなる。

    人見知りの人が恐れることの1つ。
    それは、会話が途切れることです。
    「会話が途切れると、私の印象が悪くなるのではないか」

  18. 人見知りであることを無理に隠さないほうが、早く克服できる。

    「人見知り」という性格は、短所や欠点に感じるかもしれません。
    「なるべく知られたくない」
    「できれば秘密にしておきたい」

  19. 1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する。

    おいしさを楽しみながらできる、人見知りの克服方法があります。
    「1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する」という方法です。
    食事がメインなので、トレーニングと言うほどではありませんが、人見知りの克服には効果的です。

  20. 劣等感やコンプレックスはあっていい。
    自信のあることを1つ考えるだけでいい。
    自信のあることが、あなたの人見知りを救う鍵になる。

    劣等感やコンプレックスがあると、人見知りの克服を妨げることがあります。
    容姿が悪い。
    身長が低い。

  21. 好かれようと思わない。
    嫌われないだけで十分と考える。

    相手から好かれようと考えていませんか。
     
    たしかにせっかくの初対面なら「できるだけ相手から好かれたい」と考えることが多いでしょう。

  22. 前もって相手の情報を集めて、親近感を高めておく。

    相手について知ることができるなら、前もって情報収集をしておきましょう。
    「相手の情報を集める」と聞くと、怪しい印象を持つかもしれませんが、もちろん違法な手段ではありません。
    あくまで事前準備の一環として、公開情報を中心に集めるだけです。

  23. 声をかけに行くのではない。
    褒めに行くのだ。

    人見知りの克服として、会話にある習慣を心がけましょう。
    それは、褒める習慣です。
    人付き合いが上手な人には、必ず褒める習慣があります。

  24. マイナス思考を蹴散らそう。
    すべてプラス思考で考えよう。

    あなたは、プラス思考ですか、マイナス思考ですか。
    人見知りを克服するなら、プラス思考を身につけましょう。
    プラス思考とは、物事のよい面を捉えようとする、前向きな考え方のことをいいます。

  25. メンタルトレーニングと思えば、人に話しかけやすくなる。

    人見知りの人は、人に対する警戒心・恐怖心が強い。
    人に対する警戒心・恐怖心が強いため、なかなか自分から話しかけようとしません。
    相手がどんな人か分からないと、無口で過ごそうとします。

  26. 外見がだらしないと、心もだらしなくなる。
    外見を整えると、心も整う。

    ぼさぼさの髪・無精ひげ・ノーメイク・汚れた服装。
    だらしない外見では、人見知りの人でなくても恥ずかしく感じます。
    勇気と行動力が半減して、何事にも弱気になってしまうでしょう。

  27. 1人でイベントに出かける。

    楽しみながらできる、人見知りの克服方法があります。
    「1人でイベントに出かける」という体験です。
    友達と一緒に行けるチャンスがあったとしても、あえて1人で行動することをおすすめします。

  28. 空気を読んでも、読みすぎないこと。

    空気を読みすぎていませんか。
    「空気を読む」とは、その場の雰囲気から状況を察することをいいます。
    人と接するときの雰囲気は、固定ではなく、変化しています。

  29. 「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していますか。

    人見知りの克服は、自分から話しかけるのが基本的な方法ですが、逆のアプローチもあります。
    相手から話しかけてもらうことも大切です。
    普段から「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していると、周りの人から話しかけられる回数も増えます。

  30. 「その場限りの人間関係」と割り切れば、余計な緊張をしなくて済む。

    日常生活には「その場限りの人間関係」が存在します。
    つまり「初めて会うが、もう二度と会うことはないだろう」という関係です。
     

同じカテゴリーの作品