人生の教科書



自分磨き
人見知りであることを無理に隠さないほうが、早く克服できる。
自分磨き
人見知りを「悪い性格」と否定しない。
自分磨き
人見知りの5つの種類と対策。
自分磨き
人見知りを克服する場は、日常に数多く点在する。
自分磨き

人見知りを克服する
30の方法

  • 人見知りは、
    直したほうがいい性格なのか。
人見知りを克服する30の方法

もくじ

1
★4

人見知りは、直したほうがいい性格なのか。

人見知りとは何か。 人見知りとは「見慣れない人を恥ずかしがって、なかなか打ち解けないこと」をいいます。 人見知りといえば、子供に多く見られるイメージを持つかもしれませんが、あくまで一般のイメージです。 人見知りのまま大人になった人も意外と多く存在します。 では、ここで1つ疑問です。 人見知りは、直したほうがいい性格なのでしょうか。 人見知りは、病気や借金とは違い、はっきりした悪影響があるわけではありません。 見知らぬ人に対して、警戒心や恐怖心が強く、打ち解けるのが少し遅い程度でしょう。 誰かに迷惑をかけているわけでもないため、人に叱られることもありません。 見方によっては、人見知りも「個性の1つ」という考え方もできます。 「人見知りでも被害はない」「別にこのままでもいい」と考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、悪影響はなくても、できるだけ人見知りは直しておくのが得策です。 知らず知らずのうちに、人生の可能性を制限した状態になっているからです。 たとえば、友達関係です。 人見知りのままでは、なかなか人間関係の輪が広がりません。 相手から話しかけてこないかぎり、仲良くなる機会が制限されます。 知り合えば仲良くなるかもしれない人がいるにもかかわらず、そのチャンスを自らつぶしているのは惜しいことです。 恋愛にも影響があります。 人見知りの性格のままでは、好きな人に話しかけることができず、恋のチャンスがつかめないでしょう。 たとえ告白されたとしても、人見知りのままでは、そのチャンスすら生かせない可能性があります。 仕事にも影響することがあります。 人見知りの性格では、営業の際に支障が出てしまい、スムーズに業務が行えないでしょう。 会議やプレゼンの場でも、人見知りの性格があると堂々とした態度になれません。 仕事の積極性が乏しいと、結果として人事評価に影響する場合があります。 人見知りは、即座に悪影響がないのが怖いところ。 即座に悪影響がないから「まあいいか」と問題の重要性が見過ごされがちです。 けがや借金といった重大な悪影響はないものの、知らず知らずのうちに貴重な可能性を損ねている可能性があります。 本当はもっと楽しめたかもしれない人生を、自らむげにしている状態です。 したがって人見知りは、直したほうがいい性格です。 もし「自分は人見知り」という自覚があるなら、できるだけ積極的に克服の努力をしたほうがいいでしょう。 人見知りは、克服が可能な性格です。 エゴを捨て、自意識を下げて、積極的に話しかける。 その上で、場数と成功体験を積み重ねていく。 性格が関係するため、克服に時間はかかるかもしれませんが、日々の積み重ねによって少しずつ改善できます。 人見知りでなくなった自分を想像してみてください。 フレンドリーになったあなたは、多くの人から愛され、人気者になっているでしょう。 恋も仕事も友達関係もうまくいき、人生を満喫しているでしょう。 きらきら輝いた毎日を送っているに違いありません。 世の中にいる人たちすべてが、可能性をもたらしてくれる宝物に見えるはずです。 人生の可能性を最大限につかみ取るためにも、ぜひ人見知りを克服に向けて努力してください。 明日から取り組むのではなく、今日から取り組みましょう。 今日から取り組めば、それだけ克服も早くなります。 できるだけ人見知りを克服する。

2
★2

人見知りの人は、自意識と自己防衛本能が強すぎる。

人見知りの原因は「自意識」と「自己防衛本能」にあります。 もちろん自意識も自己防衛本能も、普通程度なら生活を営む上で必要です。 「自分はどう思われているのだろうか」という自意識は、時に必要です。 空気を読んだり客観視を心がけたりすることで、気配りや気遣いができ、上手に人付き合いができるようになります。 また、自己防衛本能も、少なからず誰にでもあるのが普通です。 「自分を守りたい」という気持ちは、誰にでもある普通の本能です。 相手のことが分からないと、危害を加えるかもしれないので警戒します。 もちろん怪しい人や柄の悪い人なら、相手と距離を置きたいと思うでしょう。 見るからに不審なら、避けたくなるのも当然です。 自己防衛本能があるおかげで、警戒心や恐怖心が生まれ、危険回避に役立ちます。 自意識も自己防衛本能も、人見知りの人に限らず、すべての人にあるものです。 しかし、人見知りの人の場合、自意識や自己防衛本能はあっても、強すぎるのが特徴です。 過剰であり、必要以上という状態になっています。 「周りからどう思われているのだろうか」 「変に思われていないだろうか」 「普通の人に見られたい」 「自分の印象を悪くしたくない」 「できれば少しでも立派に見られたい」 自意識と自己防衛本能が強すぎると、警戒心や恐怖心も強くなり、結果として人見知りになるのです。 自分を守ろうとする意識も、過剰になると悪影響です。 自意識と自己防衛本能が強いかぎり、なかなか人見知りは克服できません。 自意識と自己防衛本能が強すぎると、円滑に人生を歩む妨げになります。 少しずつ自意識を下げていきましょう。 少しずつ自己防衛本能を和らげていきましょう。 「変に思われてもいい」「ばかにされてもいい」と思えば、心や壁がなくなり、話しかけやすくなります。 誰もあなたをさげすんだりおとしめたりしません。 そこどころか、自分が思うほどに、他人は自分のことを考えていません。 自分を守るバリアーを薄くすれば、自然とフレンドリーな雰囲気が出るようになります。 強すぎる自意識と自己防衛本能を、普通程度まで下げることで、人見知り克服の道筋が見えてきます。 自意識と自己防衛本能を、普通程度まで下げる。

3
★4

人見知りの5つの種類と対策。

人見知りとは何か。 人見知りとは「見慣れない人を恥ずかしがって、なかなか打ち解けないこと」をいいます。 しかし、一言で「人見知り」といっても、特徴に応じて種類があります。 人見知りの種類に応じて、克服に向けた対策も異なります。 人見知りの種類は、次の5つが代表的です。 自分が該当するタイプを確認して、克服の近道を発見してください。 (タイプ1)苦手な人だけ人見知り 人見知りとして最も一般的なのは「苦手な人だけ人見知り」というタイプです。 もちろん苦手な人に対して抵抗があるのは誰でも同じ。 柄の悪い人や怖そうな人など、自分の苦手とするタイプの人からは逃げようとします。 たとえ生理的に受け付けなくても、仕事なら嫌々ながらも、最低限は接していく必要があります。 しかし、人見知りの場合は顕著です。 苦手な人には、徹底的に心を閉ざして打ち解けようとしません。 逃げるように避けたり徹底的に排除したりなど、露骨な拒絶を示します。 苦手な人と一緒に仕事をすることがあっても、警戒心や恐怖心が強いと、自然なコミュニケーションを妨げます。 普通は、社会経験を積んでいくにつれて、苦手な人との接し方も身につけますが、うまくいかないこともあります。 苦手な人を避け続けた結果、苦手な人との対応がますます不十分になります。 苦手な人を避け続けていると、改善はますます遠ざかるばかり。 このタイプの対策としては、やはり自分から「苦手だな」と思う人に話しかけていくことが大切です。 仲良くなる必要はなく、当たり障りのない対応で十分です。 挨拶や雑談くらいならできるでしょう。 苦手な人と接する機会を増やすことで、苦手な人に対する抵抗感が小さくなります。 (タイプ2)同性だけ人見知り 同性だから接しやすい人もいれば、同性だから接しにくい人もいます。 同性だけ人見知りは、幼少期の経験に原因があります。 たとえば、同性からいじめや嫌がらせを受けた経験があると、同性に特別な警戒心を持ちやすくなります。 苦手の範囲が、個人ではなく同性全体に広がって、人見知りになるケースがあります。 同性だけ人見知りをするタイプなら、同性に対して話しかける対策を重視するといいでしょう。 (タイプ3)異性だけ人見知り 異性だけ人見知りというタイプは、男子校や女子校だった人によく見られる特徴です。 同じ人間であっても、男性と女性とは性質が異なる点があります。 もちろん異性を前にすると、どきどきするのは誰でも同じでしょう。 特に自分の好みの異性なら、なおさらです。 普通は社会経験の中で異性との接し方に慣れていくものですが、同性しかいない環境では慣れる経験も限られます。 同性しかいない環境にいる時間が長いと、異性との接し方に慣れる機会が少ないため、人見知りになることがあります。 異性だけ人見知りをするタイプなら、異性に話しかける対策を重視するといいでしょう。 最初は抵抗感があって大変ですが、慣れと成功体験を積んでいけば、克服することが可能です。 (タイプ4)1回目だけ人見知り 1回目だけ人見知りであり、2回目から普通に接することができるパターンもあります。 初対面には、初対面特有のマナーやルールがあります。 また出会いには、独特の雰囲気も漂います。 初対面の場に慣れていないと、立ち振る舞いに困ってしまい「1回目だけ人見知り」という状況が発生します。 初対面のマナー・ルール・雰囲気は、本を読んで学べるものではなく、実体験を通して慣れていくしかありません。 知識だけ知っていても、実践で生かせなければ無意味です。 1回目だけ人見知りのタイプなら、挨拶や自己紹介を重点的に訓練すると、克服もスムーズに進みます。 (タイプ5)複数人の前だけ人見知り 複数人と同時に接するときだけ、人見知りになってしまうパターンもあります。 2人きりなら大丈夫でも、複数人と同時に接するときには、独特の対応が必要です。 全体を見渡しながら気配り・気遣い・空気を読むといった能力が一段と求められるため、苦手とする人がいます。 複数人との接し方に慣れていないと、苦手意識は改善されないままになります。 複数人の前だけ人見知りなら、複数人と接する状況を重点的に経験していく必要があります。 たとえば、飲み会やパーティーなど、大勢が集まる場を利用するといいでしょう。 人見知りのタイプを把握して、タイプに応じた対策を考える。

4
★2

人見知りと対人恐怖症の違いとは。

人見知りと対人恐怖症。 どちらも人に対して後ろ向きである点は共通ですが、厳密には違います。 人見知りと対人恐怖症の意味を区別せず、混同している人も多いのではないでしょうか。 では、人見知りと対人恐怖症の違いはどこにあるのでしょうか。 大きな特徴の違いは、2つあります。 (違い1)仲良くなってから、警戒心や恐怖心が収まるかどうか (違い2)身体的症状があるかどうか この2点を意識すると、それぞれの違いを理解しやすくなります。 ●人見知り 人見知りは、病気ではなく、性格の一種です。 初対面の人に対して警戒心や恐怖心はあるものの、一時的です。 初対面の人に対して、最初は無口だったり素っ気なかったりしますが、相手を知るにつれて自然と解決するのが一般的です。 相手と仲良くなれば、普通に話をしたり笑ったりできます。 ●対人恐怖症 対人恐怖症は「恐怖症」という言葉があるとおり、人に対する強い恐怖心が特徴です。 初対面の人に対して警戒心や恐怖心を持ちますが、その感情は仲良くなってからも続きます。 相手と仲良くなってからも、相手と会うのを怖がったり、自分がどう思われているのか気にしたりします。 また相手と一緒にいるときだけでなく、1人のときでも、勝手に妄想を膨らませて恐怖を感じることがあります。 常に恐怖がつきまとうため、頭痛・腹痛・多汗・めまいといった2次的症状を引き起こすことも少なくありません。 対人恐怖症が深刻になると「外出できない」「仕事に行けない」という状況になります。 深刻な対人恐怖症の場合、病気と判断され、治療の対象になります。 もちろん対人恐怖症は、治療が可能な病気です。 時間はかかりますが、薬物療法・行動療法・認知療法によって、少しずつ治療していくことが可能です。 深刻な対人恐怖症の場合、個人で治療するのは困難です。 専門機関を受診して、正しい治療を受ける必要があります。 § 人見知りと対人恐怖症は、似て非なるものです。 それぞれの違いをシンプルに表現するなら、次のとおりです。 ・人見知りは、仲良くなれば、警戒心や恐怖心が収まるが、対人恐怖症は、仲良くなっても収まらない ・人見知りは、不安を感じる程度で済むが、対人恐怖症は、震え・赤面・発汗などの身体的症状を伴う あなたが感じているのは、人見知りでしょうか、対人恐怖症でしょうか。 もし対人恐怖症なら、早めに専門機関を受診することをおすすめします。 人見知りと対人恐怖症の違いを理解する。

5
★0

大人になってから人見知りになることもある。

大人になってから人見知りになるケースがあります。 「子供のころはフレンドリーだったのに、大人になってから人を避けるようになった」 「幼いころは人になつきやすい性格だったのに、大人になってからすっかり人見知りになってしまった」 珍しく思えますが、意外と多いケースです。 なぜ大人になってから人見知りになってしまうのでしょうか。 多くの原因は、コミュニケーションの失敗体験です。 たとえば「傷つくことを言われた」「親友に騙された」「いじめを受けた」などです。 成長過程のどこかのタイミングで、会話や人付き合いにつまずいた経験があると、心の傷になります。 失敗が小さければほとんど影響はありませんが、大きければ心の傷も根深く残ります。 とりわけ成長期はデリケートな時期であるため、失敗体験のショックが大きいと、心の傷も深く残りやすい傾向があります。 心の傷の影響で、無意識のうちに自意識が高くなったり保身が強くなったりします。 その結果、大人になってから人見知りになることがあります。 しかし、大人になってから人見知りになったとしても、克服は可能です。 人見知りの克服に必要なのは、たった3つだけです。 「意識改革」「場数」「成功体験」です。 エゴを捨て、自意識を下げて、積極的に話しかけるよう、意識改革を行う。 自分から見知らぬ人に話しかけ、場数を増やす。 会話を楽しんだ成功体験を積み重ねていく。 意識改革・場数・成功体験の3つをきちんと実行していけば、誰でも人見知りの克服は可能です。 たとえ失敗体験があったとしても、それ以上に成功体験を積み重ねていけば、失敗体験の上書きができます。 人見知りの克服は、子供から大人まで十分可能です。 場数と成功体験を積み重ねていくにつれて、自信がついて堂々とできるようになり、人見知りを克服できます。 大人になってから人見知りになったとしても、克服を諦めないでください。 すべてはあなた次第です。 考え方をポジティブに変え、心の器を大きくしていくこと。 「失敗体験しかない状況」から「成功体験しかない状況」になれば、むしろフレンドリーな性格になることも可能です。 大人になってから人見知りになったとしても、克服を諦めない。

6
★3

人見知りの克服に必要な3つの要素。
意識改革・場数・成功体験。

人見知りの人は、人に対して警戒心があります。 人に対して警戒心が強い理由は、幼少期にあります。 幼いころ、人と接する機会が少なかったり、初対面での失敗体験があったりすると、人に対する警戒心も強くなります。 「初対面は苦手」「会話が怖い」「人付き合いが分からない」といった不安や恐怖が出てきます。 改善も克服もされないまま年齢を重ねていくと、人見知りのまま大人になってしまうのです。 しかし、大人になってからも、人見知りの克服は可能です。 性格に関係するため時間はかかりますが、正しい取り組みと行動を心がければ、克服は可能です。 では、人見知りの克服は、どうすればいいのでしょうか。 細かい方法は数多くありますが、大きく分けると、3つしかありません。 (1)意識改革 (2)場数 (3)成功体験 人見知りを克服するための3大要素です。 どれか1つを心がけるのではなく、3つとも心がけることが大切です。 意識改革・場数・成功体験の3つが揃ってこそ、人見知りの克服が実現できます。 ●意識改革 人見知りの克服は、まず意識を変えることから始まります。 意識を変えなければ、行動も変わりません。 意識を変えるから行動を変えることができ、自分の成長を促せます。 まず「人見知りを克服するぞ」という意識を高めます。 できるだけ自分を守ろうとする自意識を下げます。 余計なエゴも見栄もプライドも捨ててしまいます。 できるだけポジティブ思考になって、モチベーションを高めます。 こうした意識改革によって考え方や行動パターンが変わり、人見知り克服のきっかけをつかめるようになります。 ●場数 意識改革の次に必要なのは、場数です。 少しでも初対面の場数を増やすことが大切です。 人と接することなくして、人見知りを克服するのは不可能。 人付き合いはスポーツに似ているところがあり、勉強だけで身につくものではありません。 やはり経験と慣れが大切であり、そのためには場数を踏む必要があります。 ●成功体験 人見知りの克服には、初対面の場数が必要ですが、場数を踏むだけでは不十分です。 大切なのは「成功体験が伴った場数」です。 「初対面の会話がうまくいった」「人と仲良く会話ができた」という成功体験は、自己肯定感の向上につながります。 自己肯定感が高まるにつれて、それが自信につながります。 結果として、人見知りの性格がどんどん小さくなっていくのです。 人見知りの克服に向けて、意識改革・場数・成功体験を積み重ねていく。

7
★2

人見知りを克服する場は、日常に数多く点在する。

仕事や練習には、場所を選ぶのが一般的です。 仕事なら、会社で行います。 勉強なら、学校・自宅・図書館で行います。 習い事なら、教室で行います。 スポーツの練習なら、運動場や体育館で行います。 本格的な筋トレなら、スポーツジムで行います。 仕事や練習をするなら、道具や環境が必要なので、特定の場所で行うのが一般的です。 中には、特定の時間や服装が必要になることがあるため、不便を感じることもあるでしょう。 環境が整っていないと、実践が難しかったり集中しにくかったりします。 しかし、人見知りを克服する場はもっと自由です。 見知らぬ人がいる場所はすべて、人見知りの克服に役立つ場面です。 時間を選んだり着替えたりする必要もありません。 人見知りを克服する場は、日常に数多く点在します。 たとえば、路上や繁華街です。 道を尋ねたり見知らぬ人に話しかけたりすれば、人見知りの抵抗感を小さくできます。 初めて入る飲食店も役立ちます。 注文の際、初対面の店員さんと話をする機会ができるので、人見知りの人でも取り組みやすいでしょう。 知らない人が多く集まる飲み会も適した環境の1つです。 知らない人に話しかければ、交友関係が深まったり人脈も広がったりします。 行き慣れた学校や職場でも、見知らぬ人がいるなら、人見知りを克服できる場です。 人見知りを克服する場は、日常に数多く点在します。 「人見知りを克服する場がある」と言うより「人見知りを克服する場に囲まれている」と言ったほうがいいでしょう。 これだけ環境に恵まれているのですから、克服できないほうが不思議です。 人見知りは、意識改革・場数・成功体験のポイントを心がけることで改善できる性格です。 人見知りは、日常生活を通して少しずつ克服していきましょう。 あなたが今いる環境も、そばに見知らぬ人がいるなら、人見知りを克服するチャンスがあると言えます。 早速勇気を出して、話しかけてみませんか。 人見知りは、日常を通して克服していく。

8
★8

人見知りの克服の第一歩は、挨拶。

人見知りの克服として、まず挨拶を習慣にしましょう。 朝、知り合いと会ったとき「おはようございます」と挨拶をします。 昼なら「こんにちは」、夜なら「こんばんは」です。 久しぶりに会う人なら「ご無沙汰しています」という挨拶もいいでしょう。 特別な知識も技術も必要なく、誰でもできる行いです。 挨拶をして、相手に迷惑をかけることはありません。 人見知りの原因は、相手に対する警戒心です。 自分から話しかけたくても「相手を怒らせないだろうか」「相手に不快を与えないだろうか」という不安が頭をよぎります。 しかし、挨拶なら、日常の儀礼的な言葉なので、相手を怒らせたり不快にさせたりすることはありません。 むしろ喜ばれます。 誰でも自分に声をかけてもらえると嬉しい気持ちになるでしょう。 自分に声をかけてくれることで、好意や関心を持たれていることが分かるので安心します。 ですから、人見知りの克服は、挨拶から始めるのが簡単です。 知っている人を見かけたら、どんどん挨拶をしていきましょう。 挨拶をして好印象になることはあっても、悪印象になることはありません。 必要最小限の挨拶ではなく、できるだけたくさんの挨拶を心がけるほうがいいでしょう。 挨拶の際は、次の3つのポイントを意識してください。 (ポイント1)自分から積極的に挨拶をする 自分から積極的に挨拶をしましょう。 挨拶をされてから返事をするのもいいですが、できるだけ自分から挨拶をすることが大切です。 競争ではありませんが、競争のような考え方で「先手の挨拶」を心がけたい。 自分から積極的に声をかけることで、相手に好意を伝えやすくなります。 (ポイント2)明るく元気に挨拶をする 挨拶の際、小さな声や暗い声では印象がよくありません。 できるだけ明るく元気に声をかけることがポイントです。 気分が沈んでいたり元気がなかったりしても、挨拶のときくらいは元気なふりを心がけましょう。 挨拶はほんの数秒です。 声をかける最初の印象がよければ、後に続く会話全体の雰囲気もよくなります。 (ポイント3)笑顔で挨拶をする 挨拶をするときは、笑顔を心がけましょう。 いくら積極的な挨拶であっても、無表情や無愛想では印象がよくありません。 大げさな笑顔は必要なく、あくまでほほ笑む程度の笑顔で十分です。 もちろん余裕があれば、白い歯を見せる笑顔が理想的です。 楽しいことがあって笑顔になるのではなく、楽しいことがなくても笑顔を心がけましょう。 笑顔で挨拶をすることで、爽やかで明るい印象が相手に伝わります。 言葉で「仲良くしましょう」と言わなくても「仲良くしましょう」と言っているのと同じことになります。 挨拶を習慣にする。

9
★4

自分から初対面の人に話しかけて、会話を楽しむ。

人見知りの克服には、成功体験が伴った場数を積み重ねることがポイントです。 成功体験が伴った場数を積み重ねるのはどうすればいいのか。 第一の意識改革です。 早速次のことを心がけてみてください。 「自分から初対面の人に話しかけて、会話を楽しむ」 基本的なことですが、最も大事な心がけです。 最初は抵抗感があって、気が進まないかもしれませんが、勇気を出して取り組んでみてください。 特に重要なポイントは「会話を楽しむ」という部分です。 面白い会話や楽しい会話である必要はありません。 当たり障りのない会話で十分です。 たとえば、天気の話題です。 定番の話題ですが、会話を楽しめ、十分な場数になります。 たとえ雨でも「あいにくの天気ですね」「少し肌寒いですね」といった会話でかまいません。 余裕があれば、明るく楽しくポジティブな会話を心がけるといいでしょう。 初対面の人と会話をする経験を繰り返すことで、場数と成功体験の積み重ねになります。 これを何十回・何百回と繰り返し経験します。 すると「初対面でも怖くない」「人と話すのは楽しい」「もっと話がしたい」という気持ちになっていきます。 結果として、人見知りの程度が軽くなっていくのです。 この方法は、過去に失敗体験があっても有効です。 成功体験を積み重ねていくことで、過去の失敗体験を上書きしてくれます。 人見知りが強い人であっても、場数と成功体験さえ増やしていけば、人見知りをなくすことが可能です。 人見知りは直らない性格ではありません。 人見知りの原因は、人に対する警戒心であり、克服可能な性格です。 場数と成功体験を積み重ねて、人付き合いにポジティブな印象を向上させていけば、大人になってからも克服は可能です。 人見知りは病気ではないので、病院に行く必要も薬を飲む必要もありません。 あくまで個人の努力が有効です。 20代や30代はもちろん、それ以上の年齢であっても、正しい努力さえすれば、十分克服は可能です。 自分から初対面の人に話しかけて会話を楽しみ、場数と成功体験を積み重ねる。

10
★2

週に1人は面識のない人に話しかけて、会話をしよう。

最近、面識のない人と会話をしていますか。 知人友人との会話では意味がありません。 知人友人は、すでに面識があるため、人見知りの克服としては効果が不十分です。 見知らぬ人を避けてばかりでは、人見知りを克服できません。 人見知りの克服には、やはり面識のない人との会話が欠かせません。 自分から面識のない人に話しかけて、会話をしてみましょう。 定期的に初対面の人と会話をする機会を作れば、人と接する場数が増えます。 初対面の人と接することに慣れることができ、人見知りの克服の近道になります。 ここで注意しておきたいのは「会話」という点です。 あくまで言葉のやりとりをする会話であって、挨拶は除きます。 たとえば、レジの店員さんとの挨拶は、会話としてカウントしません。 人とすれ違ったときの会釈も、言葉のやりとりはないため、会話としてカウントしません。 世間話でも無駄話でも天気の話でもいいので、あくまで会話であることが大切です。 もちろん質問や相談も、会話としてカウントしてOKです。 頻度としては、まず週に1人から取り組み始めましょう。 週に1人なら、努力をすれば、無理なく実現できる範囲でしょう。 慣れてくるにつれて頻度を上げていくのも悪くありません。 余裕やチャンスがあれば、5日に1人・3日に1人に挑戦するのもいいでしょう。 とことん意欲的に取り組むなら、1日に1人で挑戦するといいでしょう。 大切なことは、自分から面識のない人と会話する機会を作っていくことです。 ペースは遅くてもいいので、少しずつ場数を増やしていくことに意味があります。 場数と成功体験を積み重ねていくことで、人に対する警戒心と恐怖心が少しずつ小さくなります。 週に1人は、面識のない人に話しかけて、会話をする。

11
★7

自分がどう思われているか気にしたところで仕方ない。

自分がどう思われているか、気にしないことが大切です。 もちろん自分の映り方を気にしなければいけない場面もあります。 たとえば、スポーツの世界なら、監督や審判からの競技を評価されます。 ダンスや芝居なら、講師や観客から演技を評価されます。 ビジネスなら、上司や取引先からの評価が気になるところでしょう。 自分がどう映っているのかきちんと把握して、実生活に生かすべき場面があるのも事実です。 しかし、それは特定の場面に限った話です。 普段の日常生活において、自分がどう思われているか必要以上に気にしたところで仕方ありません。 「自分は周りから思われているのだろうか」 「変なふうに思われていないだろうか」 「心の中で笑われていないだろうか」 一度気になり始めると、ますます気になってしまいます。 心拍数が上がって、落ち着かなくなります。 普段からずっと自分がどう思われているのか気にしていると、余計なストレスを感じる原因になります。 肉体的に疲れはないのに、精神的な疲れをどっと感じるでしょう。 自分がどう思われているか、必要以上に気にしないことです。 実際のところ、あなたを気にしている人は、家族を除いてほとんどいません。 あなたがどうであろうと、周りの人は無関心なのが現実です。 じっと見られていることは少なく、一瞬見る程度。 あなたの様子がどうであろうと「自分には関係ない」と思っています。 あなたも、周りの人を深く気に留めることはないはずです。 好意を寄せている人を除いて、深く考えることはないでしょう。 面識のない人なら、気に留めることすらない場合が多いはずです。 少し変わった人がいても「おや」と思うくらいで、深く追求することはないでしょう。 たとえ「不思議だな」「変わっているな」と思うことはあっても、一瞬のはずです。 あなたがそう思うように、周りもそう思っています。 結局のところ、みんな自分が一番大事であり、他人には無関心です。 自分がどう思われているか気にしたところで仕方ありません。 自意識過剰は、余計なストレスを増やすだけです。 気になりそうなら「周りからどう思われようと気にしない」と自分に言い聞かせましょう。 勇気づける言葉を自分に言い聞かせると、心が引き締まって強くなります。 人は人であり、自分は自分です。 周りの目は気にせず、あくまで自分に集中しましょう。 自分がどう思われているか、必要以上に気にしないようにする。

12
★2

人見知りを「悪い性格」と否定しない。

人見知りを否定していませんか。 人見知りを「悪い性格」と考えていませんか。 たしかに人見知りの性格があると、人と仲良くなるのに少し時間がかかってしまうでしょう。 自分から人を避けたり、会話でも言葉数が少なかったりすると、親しくなるまでに時間もかかるでしょう。 やはり人見知りのない性格のほうが、人付き合いの幅も広がるでしょう。 フレンドリーで人なつっこい人のほうが、仲良くなるのも早くて、人気者になりやすいのも事実。 しかし、人見知りにネガティブなイメージを持っていると、ますます心が卑屈になっていきます。 自分の中でマイナスの感情が生まれ、卑屈な気持ちになります。 どんどん自分に自信がなくなり、気持ちまで暗くなってしまいます。 人見知りが、改善するどころか悪化してしまうでしょう。 考えてみてください。 もし人見知りが悪い性格なら、幼い子供たちはみんな悪い性格ということになります。 そうではありませんね。 人見知りは悪い性格だと否定しないことです。 人見知りは、誰かに危害を加える行為ではありません。 失礼なことでもなければ、非常識でもマナー違反でもありません。 人見知りの人は、普通の人より警戒心や恐怖心が強かったり人付き合いに慎重だったりするにすぎません。 むしろ人見知りの性格があることを、前向きに受け入れましょう。 「人見知りはおかしなことではない。誰にでもあること」と考えること。 知らない人がいれば、最初は警戒心や恐怖心を感じるのが普通です。 むしろ開き直るくらいでもかまいません。 「人見知りの何が悪いの?」 「悪い性格だと言わないでほしい」 「人見知りは私の個性」 「人見知りは私のチャームポイント」 人見知りを前向きに受け止めると、卑屈な心やネガティブなイメージが消えていきます。 ポジティブになったり開き直ったりするほうが、人見知りの改善はよほど早くなります。 人見知りを悪いことだと否定しない。

13
★4

楽しく話せる定番ネタを準備しておけば、人との会話も怖くない。

楽しく会話をする自信がなくても、単純な解決法があります。 楽しく話せる定番ネタを準備しておきましょう。 「この話なら楽しく話せる」「この話題ならたくさん話せる」というネタを準備しておきます。 話し上手な人なら、いつでもどこでも簡単に楽しい会話ができると思われがちですが、誤解です。 その場ですぐ楽しいネタを思いつくのは、名司会者やベテランのスピーカーでもないかぎり、なかなか難しいこと。 会話が上手な人であっても、実際はこっそり楽しく話せるネタを準備していることが少なくありません。 人見知りの人なら、なおさらです。 そのため、楽しく話せるネタの準備をしておくと、人との会話がスムーズになります。 話が途切れそうだったり、会話の雰囲気が悪くなったりしたときに持ち出せば、会話を明るい雰囲気にできます。 楽しく話せるネタを切り口にして、会話を広げていくこともできます。 実際にネタを言わなくてもいいのです。 楽しく話せる定番ネタは、準備をしているだけで効果があります。 定番ネタは、心のお守りです。 「いざとなれば楽しく話せるネタがある」と思えるので、自信がつきます。 積極的で強気の気持ちになると、人に対する警戒心や恐怖心が小さくなっていきます。 「早くこのネタを話したい」という気持ちがあれば、人に話しかけやすくもなるでしょう。 楽しく話せるネタの探し方はシンプルです。 自分の好きなこと・得意なことから探し始めると見つけやすいでしょう。 自分の興味関心のあることなら、話をするときも自然と笑顔になるはずです。 ただし、話をするときは、独りよがりの話し方にならないよう注意することが大切です。 楽しく話せるネタを1つだけでもいいですが、人見知りの人の場合、少なくとも3つは準備しておきたい。 3つ準備しておけば、幅広い状況に応用でき、会話も長続きします。 入念に備えておくほうが、ますます安心できるでしょう。 余裕があれば、4つ以上準備しておくとベターです。 男性向け・女性向けのそれぞれでネタを準備しておくのもアイデアです。 楽しく話せる定番ネタを準備しておけば、人との会話も怖くないのです。 楽しく話せる定番ネタを、少なくとも3つは持っておく。

14
★3

相手を知ってから興味を持つのではない。
相手を知る前から興味を持つ。

私たちが人に興味を持つとき、一般的な流れがあります。 「まず相手と知り合い、面白い人・楽しい人と分かれば、興味を持つ」 こうした流れが一般的です。 もちろん悪いことではなく、むしろ普通の流れです。 相手と知り合って会話をしないかぎり、どんな人なのか正確に分かりません。 コミュニケーションを通して相手を知り、警戒心が小さくなるにつれて、打ち解けていきます。 しかし、実を言うと、これでは少し遅いのです。 相手と知り合わないかぎり、相手に興味を持つことがありません。 相手に興味がないと、自分から話しかけることもないため、相手を知ることもありません。 人と接する機会も少なくなり、人見知りの改善が遅くなるのです。 特に人見知りの人は、自分から初対面を避ける傾向があります。 人に対する恐怖心が強いため、用事がないかぎり、積極的に話しかける習慣がありません。 では、どうするか。 ここで大切なのは「まず興味を持つ」ということです。 相手を知ってから興味を持つのではありません。 相手を知る前から興味を持つのです。 一言で言えば「会う前から無条件で相手に興味を持つ」ということです。 まだ相手と知り合う前から、相手に興味を持ってみてください。 一方的な興味であり、自分勝手な想像でかまいません。 興味を持てないと思うかもしれませんが、できるだけ想像力を働かせると、興味を持ちやすくなります。 「この人はどんな人なのだろう」 「どんな人生を歩んできた人なのかな」 「どんな経験を積んできている人なのかな」 「よい出会いになるといいな」 「早く相手のことを知りたい」 何でもいいので、まず相手に興味を持ちます。 もちろんできるだけポジティブに想像するようにしましょう。 「悪い人かもしれない」と思うより「いい人なのだろう」という前提で考えると、心が軽くなります。 すると、だんだん人に興味が湧いてくるようになります。 人に興味を持つと、体に対する抵抗感が和らぎ、早く相手と知り合いたくなってくるでしょう。 人見知りの気持ちが半減して、話しかけやすくなるのです。 会う前から無条件で相手に興味を持つことを心がけてください。 少し難しい挑戦かもしれませんが、心を入れ替えるつもりになれば、きっとできます。 会う前から無条件で相手に興味を持つだけで、人見知りの気持ちは半減します。 「いつかやろう」と後回しにするのではなく、早速今から心がけてみてください。 人に興味を持つことができれば、人見知りの克服は半分成功したも同然です。 人に興味を持ち、わくわくしながら話しかける。

15
★0

常に社交的である必要はない。
必要なときだけ社交的になるだけでいい。

「常に社交的でなければいけない」 人見知りを直そうとするとき、そう考える人が多いのではないでしょうか。 いつも明るく元気で積極的な人は、人見知りとは無縁に思えます。 常に笑顔でにこにこしている。 どんな言葉にも絶妙に返事を返す。 楽しそうに振る舞うのが上手。 人と一緒にいるとき明るく振る舞いますが、1人のときでも明るく振る舞おうとします。 楽しいときはにこにこした笑顔ですが、そうでないときもにこにこした笑顔を振りまきます。 人の集まりでは、積極的に話しかけますが、普段から明るく積極的に話しかけようとします。 人見知りの人は、社交的な人を見習って、いつも明るく振る舞おうとすることが多いでしょう。 しかし、ここに誤解があります。 実は社交的な人でさえ、24時間365日、ずっと社交的であり続けるのは難しいことです。 社交的であるのは、気力・体力・精神力を激しく消耗します。 相手の顔色をうかがったり、気を使ったりなど、ストレスが増えます。 もともとエネルギッシュな人でないかぎり、常に社交的であるのは難しいこと。 そのため、人見知りの人が、安易に社交的な人の真似をすると、挫折しやすくなります。 挫折をすれば「やはり自分はダメな人間なんだ」と自分を責めてしまい、ますます自己肯定感が低下するのです。 こうしたとき、人見知りの人におすすめの取り組みがあります。 人見知りの人は「ピンポイントの社交的」から始めましょう。 常に社交的である必要はありません。 必要なときだけ社交的になるだけでいいのです。 時と場所を選んで、大切な場面だけ社交を演じます。 ピンポイントでいいのかと思いますが、もちろんかまいません。 たとえば、飲み会やパーティーです。 社交の場だけ「社交的」のスイッチをオンに切り替えましょう。 頭や気持ちをさっと切り替えます。 社交の場だけ明るく元気に振る舞ったり積極的に話しかけたりします。 社交に苦手な人でも、短時間ならぎりぎり頑張って乗り越えられるのではないでしょうか。 時間も場所も限定的ですが、社会における人付き合いではこれで十分。 必要な場面だけ社交的になるのも、立派な社交術です。 体力の使い方が上手になると、ストレスも減るため、人付き合いも長続きします。 何度か繰り返していくと、人に対するポジティブなイメージも強くなります。 「自分はできる」という自己肯定感も高まります。 慣れと成功体験を積み重ねていくことで、限定的だった社交の範囲がじわじわ広がっていくのです。 常に社交的であろうとせず、必要なときだけ、社交的のスイッチを入れる。

16
★1

話すのが苦手なら、聞き役に回ればいい。

人見知りの人は、話すのが苦手な人が目立ちます。 話すのは大好きであっても、相手に慣れないうちは警戒心・恐怖心があって、口数が減る人も多いのではないでしょうか。 人見知りを直そうとするなら、積極的に話しかけ、たくさん話をするのがよいように思えます。 「コミュニケーションが上手な人」といえば「話すのが上手な人」「面白い話ができる人」というイメージがあるかもしれません。 しかし、ここに注意があります。 話をするのが苦手だったり、話をする気がなかったりするとき、無理やり話をするのはつらいことです。 強引にネタを考えるのも、ストレスがあるでしょう。 面白いネタをその場で考えようとしても、できないこともあるはずです。 落ち込んでいるときに明るく話をするのは、なかなか大変なこと。 無理やり話をしようとすると、ますますコミュニケーションが嫌になります。 もし話をするのが苦手なら、聞き役に回りましょう。 警戒心・恐怖心があって抵抗があるなら、無理やり積極的に話す必要はなく、聞き役になればいいのです。 「うんうん」「ふむふむ」とうなずく。 「そうだね」「なるほど」と相槌を打つ。 「すごいね」「さすがだね」と褒めてみる。 上手に聞くのもコミュニケーション能力の1つです。 楽しく話ができなくても、楽しく話を聞くくらいならできるはずです。 上手な聞き役になれば、話を聞くだけでも相手に喜んでもらえ、好印象につながります。 人見知りの人は、人に対する警戒心・恐怖心が強いのが特徴です。 聞き役に回って、話を聞くことに集中していれば、相手の人となりを早く知ることができます。 相手の話を聞けば聞くほど、警戒心・恐怖心がなくなるのも早くなります。 話を聞いているうちに打ち解けていけば、無理のない範囲から話し始めていけばいいでしょう。 人見知りの程度が強い人でも、コミュニケーションの難易度が下がるので、取り組みやすいはずです。 話すのが苦手なら、聞き役に回ってみる。

17
★2

会話が途切れることを恐れていると、人見知りの改善が遅くなる。

人見知りの人が恐れることの1つ。 それは、会話が途切れることです。 「会話が途切れると、私の印象が悪くなるのではないか」 「不自然な沈黙があると、気まずい雰囲気が漂うのではないか」 「変な空気にさせると、相手を不快にさせるのではないか」 人見知りの人には、会話の中断を必要以上に恐れる傾向があります。 たしかに頻繁に中断する会話より、途切れることなくスムーズに進む会話のほうが快適でしょう。 話のテンポもよく、進行も早くなります。 流れるようにすらすら進む会話のほうが、楽しくて盛り上がりやすいのは事実です。 しかし、ここに誤解があります。 そもそも会話が途切れることは、悪いことではありません。 会話のネタが尽きて話が止まるのは、誰にでも普通にあること。 また話題が切り替わるときも、話の流れが変わるので、会話が途切れやすくなるのが普通です。 それは悪いことではなく、当たり前のことです。 途切れるのは自然の範囲です。 必要以上に会話が途切れることを恐れないでください。 会話が途切れることを恐れていると、人見知りの改善が遅くなります。 会話が途切れることを恐れると、話しかけるのも怖くなる。 話しかけるのが怖くなると、人と接する機会も少なくなる。 人と接する機会が少なくなると、人見知りの改善も進まなくなる、という悪循環に陥るのです。 こう考えてはいかがでしょうか。 「会話中の沈黙も会話の一部」と。 会話中の沈黙には、休憩であったり、雰囲気を和らげたりする効果があります。 会話が途切れることは、無駄ではなく、スパイスとして一定の効果があります。 この点に気づけば、会話が途切れることを恐れる必要はないと分かるはずです。 「会話中の沈黙も会話の一部」と考えて、どんどん積極的に話しかけましょう。 会話が途切れるのを恐れなくなると、自然と人と接する機会も増えていきます。 会話が続くのもよし。 会話が途切れるのもよし。 会話が途切れて沈黙になっても、ほほ笑みの表情を心がけていれば、明るい雰囲気を保てます。 どちらもいい会話なのです。 会話が途切れることを恐れない。

18
★0

人見知りであることを無理に隠さないほうが、早く克服できる。

「人見知り」という性格は、短所や欠点に感じるかもしれません。 「なるべく知られたくない」 「できれば秘密にしておきたい」 「恥ずかしいから言いたくない」 公にしたくない心理が働く人もいるでしょう。 自分の性格にコンプレックスがあると、できるだけ隠したい心理が働きます。 相手から「人見知りなの?」と聞かれても「違うよ」と否定する人もいるでしょう。 人見知りであることを知られると、自分の評価が下がったり笑われたりする不安もあるかもしれません。 しかし、無理に人見知りであることを隠していると、人見知りの克服が難しくなります。 無理に人見知りを隠していると、相手はあなたの性格を悪く誤解する可能性があります。 露骨に人を避けたり、話しかけても嫌がる表情をされたりすると、相手も不審に感じます。 露骨に人を避ける様子が目立つと「私は嫌われているのだろうか」と不安にさせるでしょう。 ぎこちない話し方になっていると「自分と話すのは嫌なのだろうか」と心配させるでしょう。 なかなか話が盛り上がらないと「どうしてぎこちないのだろう」と不審に思われることもあるかもしれません。 人見知りを隠していると「嫌われている」「性格が悪い」など、不本意な誤解や勘違いを招くことがあるのです。 そのため、無理に人見知りを隠さないのが得策です。 正直に「私は人見知りなのです」と言ってしまう。 わざわざ自分から言いふらす必要はありませんが、相手に聞かれたら、自然に答えておくほうがスムーズです。 もしくは、雰囲気が許すなら、自分から言ってもかまいません。 正直に人見知りだと告白すれば、相手はあなたの性格を考慮してくれるようになるでしょう。 いつもより丁寧に優しく接してくれるでしょう。 人付き合いやコミュニケーションに少し不自然な点があっても、大目に見てもらえるようになります。 「そうか。人見知りだったよね。それなら仕方ないね」と優しくなってくれるはずです。 結果として、あなたにとって人見知りの克服がしやすい条件や環境が整うのです。 人見知りは、恥ずかしい性格ではありません。 失礼でもなければ、非常識でもマナー違反でもありません。 人に対して警戒心が少し強い性格だけのことです。 人見知りですと正直に言ったほうが、意外と会話も盛り上がります。 いずれコミュニケーションに慣れてくると、人見知りが直っているでしょう。 わざわざ人見知りであることを公言する必要がない状況になっています。 人見知りであることを隠さない。

19
★0

1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する。

おいしさを楽しみながらできる、人見知りの克服方法があります。 「1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する」という方法です。 食事がメインなので、トレーニングと言うほどではありませんが、人見知りの克服には効果的です。 人見知りの人は、初対面の人と接するのに慣れていないため、まず初対面の機会を作って増やしていくことが大切です。 食べたいメニューを選んで、店員さんに声をかけ、注文するだけでいいのです。 飲食店に行けば、注文を通して人と接する機会が得られます。 特に意識したいのは「きちんと目を見て注文する」という点です。 うつむいたまま注文するのではなく、きちんと店員さんの目を見て注文をしましょう。 人見知りの人にとって、目を見て注文するのは抵抗を感じるかもしれませんが、勇気を出して頑張ってみてください。 目を見て話すことは、コミュニケーションの基本です。 きちんと店員さんの目を見て注文することで、人に対する慣れを促せます。 初対面の店員さんなら、なお効果的です。 雰囲気が許すなら、少し会話を楽しんでみるといいでしょう。 「どれがおすすめですか」 「どれがよく売れていますか」 「どのくらいの大きさですか」 食事の質問として話しかければ、店員さんと自然な雰囲気で会話ができるでしょう。 この会話のときも、やはり相手の目を見て話すことが大切です。 おいしい料理を楽しめる上、人見知りの克服にもなるので、取り組みやすいはずです。 この経験を何度も繰り返し経験していくにつれて、人と接することに慣れていけます。 早速今日の夕食は、気になるレストランで食事はいかがでしょうか。 おいしく楽しく人見知りを克服できます。 1人で飲食店に行き、きちんと目を見て注文する。 雰囲気が許すなら、少し会話を楽しんでみる。

20
★3

劣等感やコンプレックスはあっていい。
自信のあることを1つ考えるだけでいい。
自信のあることが、あなたの人見知りを救う鍵になる。

劣等感やコンプレックスがあると、人見知りの克服を妨げることがあります。 容姿が悪い。 身長が低い。 学歴が低い。 貯金がない。 収入が少ない。 劣等感やコンプレックスがあると、無意識のうちに働きかけ、積極性を妨げることがあります。 抑圧された複雑な感情があると、自己肯定感が低下して、卑屈になったりびくびくしたりします。 心にストレスが加わり、自然に会話がしにくい。 劣等感もコンプレックスも、心の状態であって見えるものではありませんが、価値観や生き方に大きな影響を与える要素です。 自己肯定感が乏しいと、何をするにも弱気で消極的になってしまうのです。 こうしたときは、あるイメージが役立ちます。 それは「自信のあること」です。 あなたにとって、自信のあることを思い浮かべてください。 詳しいことや得意なこと。 できれば「これなら相手に勝てる」「これなら誰にも負けない」というものがいいでしょう。 勉強や仕事に限らず、趣味の範囲でもかまいません。 収入につながらないことでも、人生を豊かにしていることなら何でもOKです。 世界一である必要はなく、ほかの人より秀でている程度のことでかまいません。 すべてに勝つ必要はなく、1つでも勝っていればいいのです。 自信のあることを考えていると、だんだんテンションが高くなり、気持ちも明るくなっていくでしょう。 自己肯定感が高まって強気の心が生まれてくれば、堂々とできるようになる。 ある分野の第一人者というイメージを持つと、周りの景色が違って見えるようになります。 高い山の上から周りを見下ろしているような感覚が得られるはずです。 結果として、人見知りの程度が軽減します。 あなたにとって自信のあることは何ですか。 たった1つでいいので「これなら自信がある」と言える何かを思い浮かべてみてください。 もし自信のあることがなければ、これから作っていくといいでしょう。 自信のあることを心のお守りにして、常日頃からイメージしておくことをおすすめします。 劣等感やコンプレックスはあっていい。 自信のあることを1つ考えるだけでいい。 自信のあることが、あなたの人見知りを救う鍵になるのです。 自信のあることを考えて、自己肯定感を高める。

21
★3

好かれようと思わない。
嫌われないだけで十分と考える。

相手から好かれようと考えていませんか。 たしかにせっかくの初対面なら「できるだけ相手から好かれたい」と考えることが多いでしょう。 「第一印象」という言葉があるように、最初の印象は長く残り続ける傾向があります。 最初の印象で、今後の人間関係が左右されるのはよくあること。 できるだけ相手に好かれたほうが、その後の人間関係も長続きするでしょう。 せっかくの出会いなら、ばっちり好印象で決めたいと思うでしょう。 異性との出会いなら、恋愛につながるかもしれません。 少なくとも「嫌な人」より「いい人」と思われたほうが、人間関係がスムーズなのは間違いありません。 しかし、好かれようと思うと、どうしても余計なプレッシャーを感じてしまいます。 相手の顔色をうかがったり、無理に自分を演じたりする必要が出てきます。 相手に迎合するような振る舞いをしなければいけないため、落ち着かないでしょう。 「好かれよう」と思えば思うほど、相手の目が気になり、自意識が過剰になります。 「相手から変に思われていないかな」という気持ちも大きくなる。 恐怖心が増大して、かえって話しかけにくくなるのです。 好かれようと思う必要はありません。 嫌われないだけで十分と考えましょう。 第一印象は普通でいいのです。 好印象ではなく普通な印象なら、プレッシャーは半減するでしょう。 無理に演じたりこびたりする必要もありません。 態度も言葉遣いも普通で十分。 気配りや気遣いはあっても、特別な気配りや気遣いは不要です。 好かれなくてもいい。 嫌われないだけで十分と考えれば、自由と許容範囲が広がります。 「相手と相性が合わなくても仕方ない」と思ったほうが、気持ちも楽になるでしょう。 たとえ「変な人」「不思議な人」と思われてもかまいません。 少なくとも嫌われているわけではないのでOKです。 嫌われることさえなければ、初対面は合格です。 好かれようと思うのではなく、嫌われないだけで十分と考える。

22
★0

前もって相手の情報を集めて、親近感を高めておく。

相手について知ることができるなら、前もって情報収集をしておきましょう。 「相手の情報を集める」と聞くと、怪しい印象を持つかもしれませんが、もちろん違法な手段ではありません。 あくまで事前準備の一環として、公開情報を中心に集めるだけです。 知識がゼロの状態で会うのと、事前に知ってから会うのとでは、抵抗感が違います。 やはり相手の情報を知っている状態のほうが、抵抗感が和らぐでしょう。 会ったことがなくても、ある程度の安心感が得られるはずです。 相手の情報を十分集めることができれば、すでに何度か会ったことがあるような気持ちにもなれます。 前もって相手の情報を集めておくことで、親近感を高めておけるのです。 たとえば、SNSやブログです。 相手がSNSやブログを持っているなら、事前に内容を確認しておきましょう。 プロフィールを一通り見ておけば、相手の好み・趣味・経歴を確認できます。 写真が掲載されていれば、外見の様子を知ることができます。 いくつか記事を読んでおくと、性格や考え方などを把握できるでしょう。 動画があれば、具体的な雰囲気が分かるでしょう。 前もって相手について知っておけば、人見知りの抵抗感が和らぐので、接しやすくなります。 ブログがないなら、共通の知人から話を聞くだけでもかまいません。 「面白い人」「身長が高い人」「腰が低い人」などの話があれば、会ったことはなくても、イメージが湧きやすくなるでしょう。 評判がよければ、顔は分からなくても、会いたい気持ちが強くなるはずです。 相手の人となりを知っておいて損はありません。 相手と接するときの注意点を聞いておけば、初対面の失敗も防ぎやすくなります。 相手について知れば知るほど、会ったことがなくても親近感を高めておけます。 事前に相手の情報を集めて、できるだけ人となりを知っておく。

23
★1

声をかけに行くのではない。
褒めに行くのだ。

人見知りの克服として、会話にある習慣を心がけましょう。 それは、褒める習慣です。 人付き合いが上手な人には、必ず褒める習慣があります。 褒めるとは、相手を素晴らしいと認めるのと同じこと。 褒められると嬉しくなるのは、誰でも同じです。 誰でも自分を認められると「やった」と嬉しくなります。 楽しく会話をするには、相手が喜びそうな話題を選ぶことが大切です。 褒め言葉なら、相手を喜ばせることができるので、話のネタとして最適です。 相手の立場になって考えると、どう言われると嬉しく感じるのか、想像しやすくなります。 相手を褒めたときの笑顔をイメージしてみてください。 褒めて相手がにこにこほほ笑んでいる様子をイメージすると、話しかける勇気が倍増して、人見知りの抵抗感が半減します。 「声をかけに行く」ではなく「褒めに行く」と考えてみてください。 褒めに行く前提なら、相手に喜んでもらえると分かるので、見知らぬ人にも話しかけやすくなるでしょう。 褒める習慣を心がけると、相手を喜ばせる機会も増えます。 相手が喜んでもらえると分かっているなら、見知らぬ人に話しかけやすくなるため、会話の上達も早くなります。 褒める対象に大きさは関係ありません。 小さなことでも、きちんと褒めるのがポイントです。 「きっとこれを言うと喜んでくれるだろう」と思いつくことがあれば、ゴーサインです。 褒めるといえば、優れた容姿や高い能力を思い浮かべますが、そればかりではありません。 相手の生き方や心がけも「よい」と思うなら、褒める対象です。 たとえば、相手から「仕事を頑張っている」という話があったとします。 「お仕事に熱心ですね」「努力されているのですね」と言えば褒めることになるので、相手は喜んでくれるでしょう。 たとえネガティブな話題でも、受け止め方によっては褒めることができます。 たとえば、相手が睡眠不足だとします。 「パワフルですね」「集中力がすごいですね」という言い方なら、上手に褒めることができます。 相手から「週末の家族サービスで疲れた」という話題が出たとします。 「家族思いですね」「サービス精神が旺盛ですね」と表現すれば、褒めることができるでしょう。 相手が仕事で軽いけがをしていたとします。 「お仕事を頑張りすぎたのかもしれないですね」と言えば、さりげなく褒めることができるでしょう。 受け止め方を変えると、ネガティブな話題すら褒める対象になります。 至る所に褒めるチャンスがあります。 センスと発想力を活用すれば、褒める対象が飛躍的に広がります。 早速今から見知らぬ人に話しかけてみましょう。 声をかけに行くのではありません。 褒めに行くのです。 相手を褒める習慣を心がける。

24
★6

マイナス思考を蹴散らそう。
すべてプラス思考で考えよう。

あなたは、プラス思考ですか、マイナス思考ですか。 人見知りを克服するなら、プラス思考を身につけましょう。 プラス思考とは、物事のよい面を捉えようとする、前向きな考え方のことをいいます。 頭の中の状態であって見えるものではありませんが、生き方に大きな影響を与える思考の習慣です。 「自分はもともとマイナス思考。プラス思考にはなれない」と思っているあなた。 それは誤解です。 プラス思考は思考の習慣です。 つまり、習慣の一種です。 習慣は、固定されたものではなく、努力によって変えていくことが可能です。 生活習慣は、日々の取り組みで変えていけるように、思考習慣も、日々の取り組みで変えていけます。 今はマイナス思考であっても、前向きな考え方を根気よく続けていれば、だんだんプラス思考に変わります。 楽観的だと笑われようと、無視すればいいことです。 頭の中がお花畑と言われようと、気にしないこと。 くよくよ生きるより、わくわく生きるほうが、必ず楽しい人生を送れます。 「マイナスになることは1つもない。どんなこともプラスになる」と考えてみてください。 何事もプラスになるという考え方をすれば、行動したい気持ちが強くなり、体がうずうずしてくるでしょう。 「出会いに失敗はない」「人付き合いに失敗はない」と言い切ってみてください。 だんだん心が明るくなっていき、自然とわくわくした気持ちになっていくでしょう。 メンタルブロックが取り払われ、初対面の人に対しても声をかけやすくなります。 自分にとってプラスになるのですから、むしろ声をかけたくてたまらなくなるでしょう。 「新しい価値観と出会おう」という気持ちになってみてください。 気持ちがわくわくして、見知らぬ人に話しかけやすくなるでしょう。 もし会話に失敗してもいいのです。 「いい経験ができた。次に生かそう」とプラスに考えます。 すでにプラス思考なら、もっとプラス思考を心がけようではありませんか。 ポジティブで、明るく楽しく生きるためには欠かせない要素です。 マイナス思考を蹴散らしましょう。 すべてプラス思考で考えましょう。 すべてプラス思考で考えるだけ、人見知りの克服も早くなります。 すべてにおいてプラス思考で考える。

25
★3

メンタルトレーニングと思えば、人に話しかけやすくなる。

人見知りの人は、人に対する警戒心・恐怖心が強い。 人に対する警戒心・恐怖心が強いため、なかなか自分から話しかけようとしません。 相手がどんな人か分からないと、無口で過ごそうとします。 会話をするとしても、必要最小限で済ませようとします。 しかし、相手に話しかけないと、ずっと相手を理解できず、距離ができたままになります。 人とのコミュニケーションから逃げてばかりでは、人見知りの克服も難しいでしょう。 そこで、できるだけ積極的に話しかける習慣が大切です。 心の壁を取り払い、自分から積極的に話しかけてみてください。 照れや恥ずかしさなどの抵抗感が強いなら「メンタルトレーニング」と思ってみてはいかがでしょうか。 肉体を鍛えるにはトレーニングが必要であるように、精神を鍛えるにもトレーニングが必要です。 積極的に話しかけるのは、メンタルを鍛える絶好のトレーニングになります。 肉体を鍛えるにはスポーツジムに行かなければいけませんが、精神を鍛えるなら、日常生活の中で行えます。 人は心によって動かされている動物ですが、心が強くなれば、行動も強くなります。 人から逃げてばかりでは、心は成長できません。 メンタルトレーニングのつもりで話しかけていけば、スムーズに成長できます。 照れや恥ずかしさを感じるからこそ、トレーニングの意味があります。 心理的な抵抗を感じるから、乗り越える価値があります。 照れや恥ずかしさがあるのは最初だけです。 積極的に話しかける挑戦を繰り返していくうちに、照れも恥ずかしさも小さくなります。 ポジティブな会話を心がければ、楽しい会話が実現できるでしょう。 楽しい会話ができれば、すぐ打ち解けることができるでしょう。 にこにこした笑顔で話しかければ、相手もにこにこした笑顔を返してくれます。 ストレスから逃げてばかりでは、自分を変えることはできません。 ストレスに飛び込んでいくからこそ、自分を変えることができます。 新しい自分に出会うつもりになって、勇気を出してください。 生まれ変わっていく自分を想像して、行動力も出しましょう。 メンタルトレーニングと思えば、人に話しかけやすくなるのです。 「メンタルトレーニング」と思って、人に話しかけてみる。

26
★0

外見がだらしないと、心もだらしなくなる。
外見を整えると、心も整う。

ぼさぼさの髪・無精ひげ・ノーメイク・汚れた服装。 だらしない外見では、人見知りの人でなくても恥ずかしく感じます。 勇気と行動力が半減して、何事にも弱気になってしまうでしょう。 「見られたくない」「外出すらしたくない」という気持ちになり、人と会うのに抵抗が出ます。 まず外見を整えましょう。 身だしなみは、心に影響するポイントです。 外見がだらしないと、心もだらしなくなります。 外見を整えると、心も整います。 外見に自信を持てば、勇気と行動力が強くなり、人に対する恐怖心も小さくなります。 もちろん外見を整えるとはいえ、贅沢品や高級ブランド品で身なりを整えるわけではありません。 お金がかかりすぎて、経済的ではありません。 ステータスに合っていないと、かえって不格好になることもあります。 目立ちすぎて威圧感が強いと、自分は自信がついても、人が離れていくでしょう。 外見を整えるなら、不快感を与えず、清潔感が感じられる程度で十分です。 髪型を整える。 爪を短く切る。 歯をきれいに磨く。 男性なら、きれいにひげを整える。 女性なら、ばっちりメイクを決める。 薄毛が目立つなら、ヘアケア。 肌が荒れているなら、スキンケア。 しわが目立つなら、エイジングケア。 ビジネスなら、ランクの高いスーツを買ってみるといいでしょう。 生地が丈夫で、体にフィットしていて、立派に見えるスーツなら、外見もかっこよく整います。 プライベートなら、おしゃれですてきな服を着てみます。 ファッションセンスの感じられる服装なら、心が躍って、うきうきした気分になるはずです。 外見に自信がつくと「私を見てほしい!」という気持ちが強くなります。 外出をしたくなったり、人に話しかけたい気持ちも強くなったりして、人見知りの軽減につながるのです。 外見を整えて、自信につなげる。

27
★2

1人でイベントに出かける。

楽しみながらできる、人見知りの克服方法があります。 「1人でイベントに出かける」という体験です。 友達と一緒に行けるチャンスがあったとしても、あえて1人で行動することをおすすめします。 大切なのは「1人で何かに挑戦する経験」です。 1人で行動するとき「判断」「決断」「行動」の3つをたっぷり経験することになるので、心が強くなっていきます。 つまり、1人でイベントに出歩くだけで、自立心の成長を促せるのです。 興味関心のあるイベントなら、意識が楽しみに向くため、人見知りの人でも勇気を出して行動しやすいでしょう。 人見知りの人は、1人で行動することに不慣れな傾向があります。 できるだけ1人でイベントに出かける経験を積むほうがいいでしょう。 自分の興味関心のあるイベントなら何でもかまいません。 たとえば、美術館での美術鑑賞です。 1人で美術館に出かけて、美術鑑賞を堪能します。 美しい作品を見つめることで、心が洗われたり世界観が広がったりして、芸術的感性を刺激できるでしょう。 自分のペースでじっくり作品鑑賞を楽しめるので、記憶にもしっかり残るはずです。 1人でミュージカルを見に行くのもおすすめです。 音楽・演劇・舞踊を融合したミュージカルは、最高のエンターテイメント。 楽しいひとときになるのは確実です。 ミュージカルの世界観に集中していれば、現実世界から離脱ができ、気分転換やストレス発散にもなるはずです。 野球に興味があるなら、1人で野球観戦に行くのもいいでしょう。 応援で大声を出すことで、吹っ切れるような体験が得られるでしょう。 球場は大勢の人の集まる場所なので、人とすれ違うことも増えます。 最も効果的なのは、一人旅です。 国内でも海外でもかまいません。 一人旅をするには大きな勇気と覚悟が必要ですが、それだけ自立心を鍛えることに効果があります。 一人旅とはいえ、多くの人と出会います。 店員さんと話をしたり、道中での出会いがあったりなど、人と話す機会があるでしょう。 たとえ話すことはなくても、見知らぬ人と接したりすれ違ったりする経験は、人見知りの克服に有効な刺激になります。 そのほか、ライブやコンサートも楽しいイベントになるでしょう。 イベントではありませんが、バーやカフェでまったりくつろぐのもよいひとときになるでしょう。 心が躍るイベントに1人で出かけ、人見知りの克服につなげましょう。 1人でイベントに出かけて楽しんだ後は、心が成長にしていることに気づくはずです。 1人でイベントに出かけてみる。

28
★1

空気を読んでも、読みすぎないこと。

空気を読みすぎていませんか。 「空気を読む」とは、その場の雰囲気から状況を察することをいいます。 人と接するときの雰囲気は、固定ではなく、変化しています。 ぴりぴりした雰囲気、落ち着きのある雰囲気、スピード感のある雰囲気。 そのときどきの雰囲気に応じて、ふさわしい言動も変わります。 円滑な人付き合いには、空気を読む能力が欠かせません。 空気を読むと、適切な振る舞いに生かせます。 自分がすべきこと・すべきでないことはもちろん、相手のしてほしいこと・してほしくないことの区別もしやすくなります。 人付き合いが上手な人ほど、空気を読むのも上手な傾向があります。 人見知りの人にとっても、できるだけ人と接しながら、空気を読む能力を身につけていくことが大切です。 しかし、空気を読んでも、読みすぎるのはよくありません。 プラスよりマイナスのほうが大きくなります。 空気を読みすぎると、いつも相手の顔色をうかがうことになるため落ち着きません。 さまざまな立場の視点を同時に考えなければいけないため、気苦労もストレスも増大します。 何をするにも、雰囲気を乱しそうな不安が出てきて、発言も行動も何もできなくなります。 完全に空気を読むのは素晴らしく思えますが、理想的ではないのです。 完全に空気を読む必要はありません。 普通に空気を読む程度で十分と考えましょう。 人間ですから、うっかり空気を読み間違えることもあります。 突然話に参加したときは、空気を読みにくいでしょう。 もし空気を読みすぎていると気づけば「そんなに気にすることないよ」と自分に言い聞かせましょう。 「ときどきうっかりすることもあっていいだろう」と思うくらいでちょうどいい。 ある程度の許容範囲を設けて、自分を許すようにしましょう。 もし迷惑をかけてしまったら「失礼しました」と謝れば済むことです。 すぐ気づいて謝れば、ほとんどの場合、重大な問題には発展しないはずです。 空気を読んでも、読みすぎないようにする。

29
★3

「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していますか。

人見知りの克服は、自分から話しかけるのが基本的な方法ですが、逆のアプローチもあります。 相手から話しかけてもらうことも大切です。 普段から「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出していると、周りの人から話しかけられる回数も増えます。 話しかけられる回数が増えると、自然とコミュニケーション量も増えるため、人見知りの克服の近道になります。 あなたは今「話しかけたい」と思わせる雰囲気をしていますか。 「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出しているか確かめる簡単な方法があります。 人から道を聞かれやすいかどうかです。 過去3年間、一度も道を聞かれたことがないなら、話しかけにくい雰囲気が出ているのかもしれません。 日頃から人から道を聞かれることが多いなら「話しかけたい」と思わせる雰囲気が出ているのでしょう。 では「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出すには、どうすればいいのか。 ポイントは2つあります。 「清潔感」と「笑顔」です。 ●清潔感 まず清潔感のある外見を心がけましょう。 不衛生な身だしなみでは、近寄りがたい雰囲気が出てしまいます。 高級や立派である必要はありません。 特別おしゃれも不要です。 不快感を与えず、清潔感が感じられる程度で十分です。 できるだけ清潔感のある外見を心がけると、周りからも好印象につながり、話しかけやすくなります。 ●笑顔 表情も欠かせないポイントです。 一にも二にも、笑顔です。 にこにこ楽しそうな笑顔をしていると、自然と話しかけたい雰囲気が出るようになります。 明るくて優しそうな印象があり、周りの人はあなたに近寄りたくなってくるでしょう。 もちろん笑顔といっても、大げさな笑顔は不要です。 あくまでにっこりほほ笑む笑顔で十分。 口を閉じたまま、口角だけ少し上げてみてください。 その表情を維持したまま、日常生活を送るようにしましょう。 ほほ笑む程度の笑顔なら、表情筋への力も軽いので難しくはないはずです。 普段の表情が「無表情」から「笑顔」になります。 § 清潔感と笑顔を心がけると、あなたの雰囲気がよくなって、話しかけてもらいやすくなります。 人気者を思い出してください。 人気者には、必ず清潔感と笑顔があります。 清潔感と笑顔は、人気者に欠かせない要素です。 清潔感と笑顔を心がけると「話しかけたい」と思わせる雰囲気が出るようになります。 清潔感と笑顔を心がけ「話しかけたい」と思わせる雰囲気を出す。

30
★2

「その場限りの人間関係」と割り切れば、余計な緊張をしなくて済む。

日常生活には「その場限りの人間関係」が存在します。 つまり「初めて会うが、もう二度と会うことはないだろう」という関係です。 たとえば、会合やパーティーです。 不特定多数が集まるイベントでは、その場限りの人間関係がよく見られます。 旅先での出会いも同じです。 現地に住む人との接点は、出会いも別れもその場限りでしょう。 もちろんどこかで再び会う可能性もありますが、実際は限りなくゼロに近いはずです。 こうした場面では「もう二度と会うことはないよね」という割り切った考え方を意識してみてください。 恥をかいても、その場限り。 笑われようと、その場限り。 変な人と思われようと、悪印象を持たれようと、その場限りです。 その場限りの人間関係と割り切れば、話しかける勇気が倍増して、人見知りが半減するでしょう。 自然と強気の心が生まれ、行動力が出てくるはずです。 不格好な様子を見られても、もう二度と会うことがないのですから、恥ずかしさも半減するはずです。 二度と会うことがないのですから、相手にどう思われようと気にしないこと。 たとえ再び会うことがあったとしても、相手はあなたのことを覚えていないでしょう。 再会でも、初対面と思うはずです。 学校や職場などの人間関係ではそうもいきませんが、接点がその場限りという場面では、どしどし意識してください。 失礼なことさえなければ大丈夫です。 「その場限りの人間関係」と割り切れば、余計な緊張をしなくて済むようになります。 その場限りの人間関係なら「もう二度と会うことはないよね」と割り切る。

同じカテゴリーの作品