人生の教科書



自分磨き

真面目すぎる性格を直す
30の方法

  • 真面目なのはいい。
    真面目すぎるのがいけない。
真面目すぎる性格を直す30の方法

もくじ

1
★4

真面目なのはいい。
真面目すぎるのがいけない。

「真面目だね」 そう言われたとき、あなたはどんな印象を持つでしょうか。 真面目とは、何事にも真剣に取り組もうとする様子や性格のことをいいます。 真面目の印象には、ポジティブとネガティブの両方が存在します。 ポジティブな印象としては、次のような内容が挙げられます。 ・サボらない ・いつも真剣 ・約束を守る ・集中力がある ・自分に厳しい ・考え方が安定している こうしたポジティブなイメージがある一方で、ネガティブなイメージも少なくありません。 ・仕事を押し付けられる ・人からいいように使われる ・融通が利かない ・仕事や悩み事を抱え込みやすい ・疲れやストレスをためやすい ・ノリが悪く、冗談が通じない ・暗い印象・堅い雰囲気が出やすい たしかに真面目の程度によっては、仕事や人付き合いにも悪影響が及ぶことがあります。 真面目な人はつまらないと考える人も多いでしょう。 「真面目な人にはなりたくない!」 ネガティブな印象を持つ人も多いのではないでしょうか。 ここに誤解があります。 真面目なのはいいのです。 真面目すぎるのがよくないのです。 そもそも真面目は素晴らしいことです。 真面目には、信頼関係を構築したり、仕事の結果を発揮しやすくなったりなど、多くの得があります。 面接でも、不真面目な人より真面目な人のほうが確実に有利です。 ビジネスでもプライベートでも、真面目は大切な要素なのです。 ただし、真面目すぎると話は変わります。 真面目すぎると、考え方や行動に柔軟性が失われ、融通の利かない状態に陥ります。 ノリが悪くて、冗談が通じないため、人付き合いに悪影響を及ぼすこともあります。 本人に悪気はないのですが、自然と暗い印象・堅い雰囲気が出やすくなる。 気分転換やストレス発散が後回しになり、ストレスをためます。 真面目すぎると、真面目の悪い側面ばかりが目立つようになるのです。 あくまで悪いのは「真面目すぎる」という状況です。 むしろ真面目は必要なこと。 この点を誤解しないことが大切です。 もしあなたが真面目すぎるなら、普通程度まで下げるだけでいいでしょう。 肩の力を抜き、リラックスします。 遊び心を取り入れ、考え方を柔らかくします。 不真面目になるくらいなら、真面目になったほうがいい。 真面目は、不真面目であるよりは、よほど健全です。 真面目はいいが、真面目すぎるのはいけない。 「真面目」と「真面目すぎ」を区別することが大切です。 「真面目」を心がけつつも「真面目すぎ」には注意する。

2
★1

真面目すぎる性格を直す第一歩は、自覚することから始まる。

真面目すぎる性格を直す第一歩は何でしょうか。 生活習慣の改善でしょうか。 心理学を学ぶことでしょうか。 気持ちや考え方を改めることでしょうか。 いいえ、どれも違います。 もちろんどれも大切ですが、第一歩はもっと基本的でシンプルなことです。 真面目すぎる性格を直す第一歩は、自覚することから始まるのです。 まず「自分は真面目すぎる」と自覚することが大切です。 「自分は真面目すぎる」という自覚がなければ、改善をしようと思いません。 「大丈夫」「このままでいい」「問題ない」と思っているかぎり、改善に向けた取り組みをすることもありません。 「自分は真面目すぎる」という自覚があるからこそ「何とかしたい」という気持ちが湧いて、必要な行動に着手できます。 真面目は長所の1つですが、限度を超えると、短所になります。 そのため、最初は「自分が真面目すぎる」と自覚することから始めましょう。 自己評価・自己判断でかまいません。 自分の態度や行動を振り返って「真面目すぎる」と思う場面を思い浮かべてみてください。 ・何事も正直すぎるところ ・仕事をしすぎているところ ・無理をして頑張りすぎるところ ・人からのお願いを断れないところ ・余計な責任を背負いすぎるところ ・完全完璧を追い求めてしまうところ ・どんなにつらくて苦しくても、一言も弱音を吐かないところ 曖昧に思い浮かべるより、できるだけ鮮明に思い浮かべます。 自分の真面目すぎる点に気づけば、早速改善に向けて行動です。 必要な考え方を取り入れたり、習慣を変えてみたりすることで、少しずつ自分を変えていけます。 「どうせ無理だ」「無理に決まっている」と諦めないでください。 努力を尽くした上で諦めるならまだしも、まだ何も努力も挑戦もしていないのに諦めるのは早すぎます。 「性格は変わらない」と思っているなら、先入観です。 たしかに性格は変わりにくい性質ですが、不可能というわけではありません。 真面目すぎる性格は、改善できます。 真面目すぎる性格を直すには、考え方や行動習慣を変えていくことで実現が可能です。 努力と手間暇はかかりますが、地道な努力を続けていれば、必ず直せます。 明確な目標を持てば、それだけ改善も早くなります。 真面目すぎる自分に気づいてください。 「自分は真面目すぎるところがある。何とかしたい!」 強く意識することで、改善意欲も燃えてくるでしょう。 真面目すぎる性格を直す第一歩は、自覚することから始まるのです。 まず真面目すぎる自分を自覚する。

3
★6

急に真面目すぎる性格を直すのは難しい。
まず習慣や考え方から変えていこう。

「自分が真面目すぎるのは性格の問題。性格は変わらない」 真面目すぎる性格を直そうとするとき、そうした不安や心配をする人も多いのでしょうか。 たしかに真面目は、性格の1つです。 遺伝においても「几帳面」「神経質」に関係する遺伝子の存在が確認されています。 生まれつき真面目な性格なら、直すのは不可能であるように思えます。 また、教育や環境など、後天的な要因によって真面目な性格が形成された人も多いでしょう。 真面目な親に育てられると、自然と影響を受け、自分も真面目な性格になる傾向があります。 幼いときに形成された性格は、一生変わらないという言い伝えもあります。 「性格は変わらない」 「今さら性格を変えるのは手遅れ」 一見すると、性格を変えるのは絶望的に思えます。 しかし、性格は絶対直せないと思っているなら、誤解です。 真面目すぎる性格は、直せます。 まず急に性格を変えようと思うのがよくありません。 最初から性格を変えるのは負担が大きく、挫折しやすくなります。 性格は、数多くの知識・経験・価値観が積み重なって形成されている集合体です。 性格は、人の根幹にあたる部分であり、急に変えようとしても難易度が高いのです。 では、どうするか。 性格を直すのではありません。 まず習慣や考え方から変えていくのです。 習慣や考え方を変えていくことで、少しずつ真面目すぎる性格を直していけます。 最初から直接的に性格を直そうとするのではなく、まず習慣や考え方から変えていきましょう。 ・遊び心を大切にする ・自分を許す習慣を心がける ・たまには例外を受け入れる ・完璧主義より、最善主義を意識する ・会話にジョークやユーモアを取り入れる ・趣味を通してストレスを発散させる ・本を読んだり経験を積んだりして、視野や考え方を広げていく 習慣や考え方を少しずつ変えていくことで、行動パターンが変わります。 行動パターンが変われば、現実が変わります。 現実が変われば、心も変わります。 心も変われば、性格も変わります。 結果として、真面目すぎる性格を直していけるのです。 習慣や考え方を変えていくことで、時間はかかりますが、結果として、性格も変えていくことが可能です。 習慣や考え方を変えるなら、あなたの心がけ次第。 意識さえすれば、今からでも取り組めます。 真面目すぎる性格は、努力さえすれば、直せます。 どんなに堅苦しい性格でも、柔らかくすることが可能です。 今日から取り組めば、それだけ改善も早くなります。 窮屈な鎖から解き放たれることで、自由な人生が待っているのです。 最初から性格を直すのではなく、考え方や行動習慣を変えていく。

4
★6

真面目すぎる人は「楽しむ」という考え方が足りない。

真面目すぎる人が足りないもの。 それは「楽しむ」という考え方です。 真面目すぎる人は「真剣」「一生懸命」という特徴がありますが、楽しむ考え方が足りません。 もちろん真剣も一生懸命も、素晴らしい長所であり武器でもありますが、そればかりでは堅苦しい。 遊び心がなく、余裕がありません。 窮屈で、ストレスが多く、疲れやすい考え方です。 そこで取り入れたいのが「楽しむ」という考え方です。 いま一度、楽しむ考え方を意識しましょう。 楽しむ考え方を意識すると、心の器が大きくなり、余裕が生まれます。 視界が広がり、より遠くまで見渡せるようになります。 たとえば、勉強するときも「楽しむ」という考え方を取り入れましょう。 学ぶことを楽しむ。 文字を読むことを楽しむ。 解けない問題が解けるようになることを楽しむ。 知的好奇心を満たす快感に集中すれば、勉強のストレスが半減して、自発的な学習意欲も湧いてくるでしょう。 世の中には勉強したくてもできない人もいます。 勉強で四苦八苦することもありますが、学問は贅沢な娯楽の1つと言えるでしょう。 仕事でも「楽しむ」という考え方を取り入れましょう。 調べ物を楽しむ。 交渉やプレゼンも楽しむ。 難しい仕事も、チャレンジ精神で楽しむ。 たとえ困難な仕事であっても「自分を高めるトレーニング」と思えば、ポジティブな気持ちが湧いてくるでしょう。 つまらない仕事と思うなら、まだ楽しみを発見できていないだけです。 どんな仕事でも、楽しめる要素があります。 仕事の楽しいところを見つければ、つまらないことでも楽しくなります。 たとえ単純な雑用であっても、楽しむように工夫します。 効率を考えたり、スピードを意識したりすれば、つまらないことでも楽しく感じてくるでしょう。 自分なりに工夫を凝らして改善を楽しめば、充実した時間を送れるでしょう。 世の中には、仕事をしたくてもできない人もいます。 仕事でつらいこともあるかもしれませんが、まだ仕事があるだけ恵まれています。 仕事の楽しさや仕事ができる幸せに集中すれば、ストレスが半減して、やる気が倍増するでしょう。 人付き合いも「楽しむ」という考え方を取り入れてください。 聞くことや話すことを楽しむ。 助け合いや支え合いを楽しむ。 信頼関係や友好関係の向上を楽しむ。 人付き合いにおけるすべてを楽しむ気持ちになれば、人との関わりがもっと有意義に感じられるでしょう。 「楽しむ余裕なんてない」 「嫌いなものだから、楽しめない」 「つまらないものは、つまらない」 そう思うかもしれませんが、どうか頭を柔らかくして、愉快な気持ちになるような考え方をしてみてください。 視点を変えたり、受け止め方を工夫したりすれば、平凡でつまらない中にも、楽しみを見いだせるはずです。 楽しむことは、闇に光を当てるようなもの。 ぱっと明るくなることで視界が開け、見えないものが見えるようになります。 ネガティブ思考が吹き飛び、ポジティブ思考になれます。 時には思うようにいかないこともありますが、そういうときでも、楽しむ考え方を持ちたい。 どんどん楽しむ考え方を取り入れていきましょう。 人生は、楽しんだ人の勝ちです。 何事も楽しむ。

5
★2

真面目すぎる人が足りないのは、遊び心。

真面目すぎる人が足りないものは何か。 それは、遊び心です。 遊び心が足りない、もしくは完全にゼロの状態になっています。 真面目すぎる人は「遊ぶこと=サボること」という認識があります。 遊びにネガティブな考え方があるため、休憩や気分転換に罪悪感があります。 遊びに悪印象があれば、遊びが足りないのも仕方ありません。 そのため休憩や気分転換が後回しになり、ストレスをためやすい状態になっています。 ルールやマニュアルには従いますが、それ以上のことが足りません。 工夫やアイデアを出すことを遊びのように考えているため、仕事は真面目でも、なかなか改善や向上がありません。 また会話では、ジョークやユーモアが足りません。 「ジョーク・ユーモア=ふざけている」という考えがあるため、笑いと笑顔が少ない会話になっています。 会話が堅苦しいため、人間関係も緊張感が漂い、ストレスが伴います。 結果として、真面目すぎる状態になっているのです。 真面目すぎる性格を直したいなら、遊び心が必要です。 遊び心とは、心に余裕と潤いをもたらすもの。 そして、活力と生命力を高めるものです。 遊び心を意識すると、自然と考え方が柔軟になり、心も大きくなります。 人には、遊び心が必要です。 ビジネスでもプライベートでも、遊び心があってこそ、プラスアルファの活動を心がけることができます。 もちろん遊びすぎはよくありませんが、真面目すぎる人にとって、遊び心は必要な要素。 勝負所では遊び心を忘れて集中することも大切ですが、普段は、もっと遊び心を大切にしたほうがいい。 もっと遊び心を大切にしましょう。 仕事でも、真面目な方法ばかりではなく、ユニークな方法も取り入れてみます。 遊び心を大切にすると、知恵・工夫・アイデアが生まれやすくなり、思わぬ改善や突破口につながることがあります。 会話では、真面目な話ばかりではなく、たまにはジョークやユーモアを言ってみます。 ジョークやユーモアがスベってもOKです。 場を明るくしたい気持ちが伝われば、ウケなくても、人間関係ではプラスに働きます。 真面目すぎる人は「遊び心が足りない」と自覚して、意識的に遊び心を取り入れていきましょう。 真面目すぎる人にとって、遊び心は、排除するものではなく、取り入れるもの。 適度な遊び心は、必ずプラスに働きます。 遊び心を大切にすると、ビジネスもプライベートも充実します。 真面目すぎる人にとって、遊び心は、もはや栄養と同じなのです。 遊び心を取り入れ、心に余裕を作る。

6
★1

仕事モードと遊びモードを切り替えて、バランスを整えてもいい。

真面目すぎる性格を直すには「遊び」を取り入れましょう。 ビジネスでもプライベートでも、真面目なのはよいことですが、真面目すぎるのはよくありません。 真面目に仕事をするのもいいですが楽しさや面白さがないと、いずれ飽きてきます。 会話を楽しむのはいいですが、ジョークやユーモアがないと堅苦しくなります。 堅苦しい話ばかりでは、窮屈でストレスが増えるでしょう。 遊び心のない状態は、余裕のない状態でもあります。 余裕がないと、予定外が発生したとき思考がフリーズして、臨機応変な対応も取れなくなります。 真面目すぎる人は、遊び心が足りないため、積極的に取り入れる必要があります。 しかし、中には遊びを取り入れにくい仕事もあるはずです。 集中して仕事をしなければいけないときは、遊び心と言っている場合ではありません。 余計なことを考えず、一心不乱に仕事をしなければいけないときがあります。 仕事に全神経を集中させたほうが、よりよい成果を上げることができるでしょう。 特に責任の大きな仕事なら、ミスや失敗がないよう、真剣になる必要があります。 大事な場面では、遊びを排除して、真剣に取り組まなければいけないこともあるでしょう。 「遊びが大切」と分かっていても、遊んでいられない状況があるのも事実です。 もし遊びを取り入れにくいタイプの仕事なら、上手なバランスの取り方があります。 それは「仕事と遊びを分けて集中する」という方法です。 「仕事をするときはしっかり仕事をして、遊ぶときにはしっかり遊ぶ」ということです。 まずしっかり仕事に打ち込みます。 よそ見をせず、目の前の仕事に集中して、全力を尽くします。 仕事で一段落が付けば、次に遊びます。 遊ぶときには、徹底的に遊びます。 娯楽でも運動でも芸術でもいい。 しっかり遊べば、気分転換とストレス解消が十分できて、充実感や満足感が得られます。 しっかり遊んでエネルギーが充電できれば、再び仕事に打ち込みます。 仕事と遊びを切り替えて集中すれば、一時的に偏りは生まれますが、全体としてバランスが整います。 「仕事モード・遊びモード」といった具合に、切り替える取り組み方が合っている人もいるはずです。 仕事モードと遊びモードを切り替えて、バランスを整えてもいい。 遊びを加えにくい仕事なら、仕事と遊びを分けた取り組み方に試してみてください。 万人向けの方法ではありませんが「合っている」と感じる人もいるはずです。 仕事モードと遊びモードを切り替えて、全体的なバランスを整える。

7
★2

遊びのイメージアップができる、7つの言葉。

真面目すぎる人は、遊びにネガティブなイメージを持っています。 「遊ぶのは、悪いこと」 「遊びとは、サボること」 「遊ぶと、真面目に反してしまう」 遊びにネガティブなイメージがあれば、消極的になるのも当然です。 疲れやストレスをためがちになっています。 いきなり遊びを心がけるのもいいですが、もともと心理的に抵抗が強ければ、なかなか遊びにくい人もいるでしょう。 「遊び心が大切」と分かっていても、遊びに悪い印象を持っていては、なかなか実施できません。 そこで必要なのが「遊びのイメージアップ」です。 遊びのイメージを、マイナスからプラスに転換するのです。 遊びのイメージがよくなれば、遊びに対して肯定的・積極的になれます。 結果として、遊びを取り入れやすくなり、真面目すぎる性格を直すのが早くなります。 では、遊びのイメージアップをさせるにはどうすればいいか。 それは、次の7つの言葉を自分に言い聞かせてください。 遊びのイメージアップができる、7つの言葉があります。 次の7つの言葉を自分に言い聞かせて、遊びのイメージをアップさせていきましょう。 (1)「遊びも仕事の1つ」 (2)「遊ばなければ、いい仕事ができない」 (3)「遊びとは、人間的な魅力を高める行為」 (4)「遊んでこそ、人間らしくなれる」 (5)「遊べば遊ぶほど、心と器が大きくなる」 (6)「遊びは、余裕を作る力がある」 (7)「遊びは、人生に豊かさをもたらす要素」 この7つの言葉を自分に言い聞かせてみてください。 気に入った言葉だけ集中して言い聞かせるのもよし。 7つの言葉をバランスよく言い聞かせるのもよし。 こうした言葉を自分に言い聞かせ、遊びのイメージアップを心がけてみてください。 数回ではなく、何回も言い聞かせるのがポイントです。 繰り返し言い聞かせていくうちに、遊びのイメージがよくなっていきます。 うっかり言葉を忘れやすいなら、この7つの言葉を紙に書いて、部屋に貼っておくといいでしょう。 目のつきやすい場所なら、どこでもOK。 自分の部屋でもトイレでも冷蔵庫でもかまいません。 壁に紙を貼っておけば、自然と目に飛び込んでくるため、プラス思考を保ちやすくなります。 真面目すぎてストレスがたまりがちなとき、壁に貼った紙を見れば、遊びの価値を再認識できます。 生活の中で何度も見ることで、だんだん潜在意識の深くまで浸透していき、性格に影響を与えることができます。 お金はかからず、さほど手間暇もかかりませんが、効果は絶大です。 遊びは、私たち人間に備わった本能です。 ビジネスでもプライベートでも、適度な遊びを取り入れることで、さらに可能性を高めていけるのです。 遊びをイメージアップさせる7つの言葉を言い聞かせて、遊びに対してポジティブな考え方を持つ。

8
★0

仕事と遊びのバランスを取るには、交互に繰り返すことが大切。

真面目すぎる人は、仕事が多く、遊びが少ない。 仕事に着手して集中するのはいいのですが、そのままずっと仕事漬けになります。 仕事、仕事、また仕事。 「まず仕事が大切」 「もう少しだけ仕事をしたい」 「別に遊びは後回しでもいい」 頭では遊びが大切と分かっていても、つい後回し。 「仕事、仕事、仕事、遊び」のように、アンバランスな状態になっています。 仕事は重視しても、遊びは軽視しています。 常に遊びの優先順位が低くなっています。 「時間ができたら遊ぼう」という程度の意識です。 もちろん緊急時や繁忙期など、重要時期なら仕方ありませんが、普段から仕事漬けはよくありません。 遊びが含まれていても、仕事とのバランスが悪いのは理想的と言えません。 充実した人生を送るためには、仕事と遊びのバランスを整えることが大切です。 では、仕事と遊びのバランスをどうすれば取れるのか。 方法はシンプルです。 仕事と遊びを交互に繰り返すことが大切なのです。 仕事をしたら、遊ぶこと。 遊んだら、仕事をすること。 「仕事、遊び、仕事、遊び」というシンプルな順番を繰り返すだけです。 しっかりパターン化させて、繰り返しましょう。 シンプルだからこそ、安易な気持ちでルール違反をしたくなりますが、死守することがポイントです。 あらためて自分のライフスタイルを振り返り、仕事と遊びが交互に繰り返されているか確認してみてください。 もし仕事が連続している状況があれば、適度なところで区切るといいでしょう。 仕事が調子に乗っているときは区切りにくいですが、どこかで区切らなければ、延々と続いてしまいます。 しっかり遊ばなければ、いい仕事はできません。 心を鬼にして、仕事を区切る勇気を出してください。 先に休暇やリフレッシュの予定を立てると、遊びやすくなります。 仕事と遊びは、相互関係があります。 しっかり仕事をするから、しっかり遊べるようになります。 しっかり遊ぶから、しっかり仕事もできるようになります。 それぞれが独立しているのではなく、シーソーのようにつながりがあります。 交互に繰り返すことで、リズムと勢いが生まれます。 リズムと勢いが生まれて調子に乗れば、やる気と集中力が出て、実力を発揮しやすくなります。 結果として、仕事の質と量の向上にも貢献するのです。 「仕事と遊びを交互に繰り返す」というルールを徹底しましょう。 仕事と遊びのバランスを取るには、交互に繰り返すことが大切なのです。 仕事と遊びを交互に繰り返すルールを徹底する。

9
★5

1日1回は、ジョークやユーモアで誰かを笑わせたい。

真面目すぎる人は、人を笑わせる行為が不足しています。 基本的に余計なことは言わない。 笑わせてもらうことはあっても、笑わせることがない。 話をするときは、真面目な内容ばかり。 真面目すぎる性格のため、話し方にも堅苦しさが出ています。 もちろん真面目に話をすることが悪いわけではありません。 シリアスな場面なら、余計な冗談を言わず、真剣に話をする必要があるでしょう。 真面目な話し合いなら、冗談も笑いもないほうがスムーズです。 しかし、笑いがゼロの会話では物足りない。 笑いがなくても楽しい会話はできますが、盛り上げていくのは難しい。 会話が盛り上がらなければ、打ち解けたり仲を深めたりしにくくなります。 たとえビジネスであっても、ときどき笑いを含めることは円滑な仕事に役立ちます。 そこで心がけたいのは、ジョークやユーモアです。 真面目すぎる人は、ジョークやユーモアを心がけてみましょう。 ジョークとは、笑わせるために、ふざけて言う言葉です。 ユーモアとは、思わずほほ笑んでしまうような、知的で上品なしゃれです。 ジョークやユーモアには、遊び心があります。 自然と会話が楽しくなるのを待つのもいいですが、自分から会話を楽しくしていく働きかけが大切です。 ジョークやユーモアは、ユニークに物事を考える必要があるため、頭の体操にもなります。 物事を違った角度から捉えたり、受け止め方を変えてみたりなどです。 モテる人も人気者も、笑わせる側の人間です。 サービス精神を意識して、どんどん笑わせていきましょう。 ●面白いジョークやユーモアは、芸術と言っても過言ではない 「ユーモアを言うと、自分の評価が下がるのではないか」と思いますが、誤解です。 ジョークやユーモアは、人を明るく楽しい気持ちにさせる効果があります。 もちろん低俗なギャグや下品な下ネタはよくありませんが、人を楽しませるネタなら、会話を盛り上げる効果があります。 人を笑わせるのは、ポジティブな行為です。 面白いジョークやユーモアは、芸術と言っても過言ではありません。 ●ジョークやユーモアのセンスは、努力によって向上させていけるもの 「よいジョークが思いつかない」 「ユーモアなんてできない」 そう思う人もいるかもしれませんが、難しく考えすぎないでください。 真面目に取り組む内容を少し変えるだけです。 今まで真面目に堅い話を心がけていたなら、今後は真面目にユーモアを心がけていけばいいだけです。 ジョークやユーモアは、一晩で身につくものではありません。 少しずつ身につけていくものであり、時間がかかります。 ジョークやユーモアは、書籍から学ぶのもいいですが、人から学ぶのが早いでしょう。 見よう見まねでOKです。 実際に具体例を見ることで、吸収や再現がしやすくなります。 笑わせるのが上手な人の話し方を参考にして、自分の中に取り入れるといいでしょう。 身近にいなければ、舞台やテレビで活躍する芸人や司会者を参考にしてみるといいでしょう。 「面白い」と思った話し方は、メモをして研究してみると、だんだんジョークやユーモアのコツがつかめてきます。 ジョークやユーモアのセンスは、才能でもなければ遺伝でもありません。 努力によって向上させていけるものです。 場数と慣れが重要です。 時にはスベることもありますが、失敗経験も場数の1つです。 挑戦と失敗を繰り返しながら、じわじわ向上していきます。 今日からでも取り組めば、それだけ早くセンスを身につけることができます。 ●1日1回は誰かを笑わせたい 目指したいのは、1日1回、ジョークやユーモアで誰かを笑わせること。 1日10回笑わせるのは難しくても、1日1回ならさほど難しくないでしょう。 慣れていけば、会話ごとに1回は笑わせるのを目指していきます。 真面目すぎる人は、積極的にジョークやユーモアを心がけることで、バランスがよくなります。 「堅苦しいと思っていたけど、おちゃめなところもあるのだな」 適度なギャップが生まれることで、ますます人間的魅力が深まるのです。 1日1回は、ジョークやユーモアで誰かを笑わせてみる。

10
★2

ポジティブ思考は、真面目すぎる性格を直す近道になる。

あなたはポジティブ思考ですか。 それともネガティブ思考ですか。 真面目すぎる人は、ネガティブに考える傾向があります。 「どうせ無理に決まっている」 「何をしても意味がない」 「きっとうまくいかないだろう」 「将来に明るい展望を描けない」 「自分には暗い未来が待っている」 ネガティブに考えていると、不安や恐怖が必要以上に増大するため、余計な行動が増えてしまいます。 無理に仕事をしすぎたり、マナーやルールにこだわりすぎたり、気遣いが増えたりです。 また、ストレスもプレッシャーも増えるため、心を縛り付けてしまい、気苦労も増えてしまいます。 結果として、真面目すぎる状態に陥ってしまうのです。 ネガティブに考えていると、ネガティブな出来事を引き寄せます。 どんよりした暗い雰囲気が漂います。 ネガティブな出来事を引き寄せると、さらにネガティブ思考が悪化する悪循環に陥ります。 当然ですが、真面目すぎる性格もなかなか改善できません。 油断をせず、しっかり考えている点は素晴らしいですが、否定的・消極的・後ろ向きに考えるのはよくありません。 真面目すぎる性格を直すためには、ポジティブ思考を意識しましょう。 暗い考え方は排除して、いつも明るい考え方を心がけること。 物事を肯定的に捉える考え方が大切です。 たとえば、ミスをしても前向きに考えます。 「何とかなる」 「大丈夫、大丈夫」 「また次があるよね」 「厄払いができた」 「命まで取られるわけではない」 「さあ、次に向かおう」 ポジティブに考えれば、ミスの落ち込みもすぐ忘れることができ、明るい気持ちになれます。 たとえ恥ずかしい失敗をしても、やはりポジティブ思考が重要です。 「いい思い出になった」 「いい人生経験になった」 「面白い話のネタができた」 「むしろ改善点が見つかってよかった」 「おかげで成功に近づけた」 ポジティブ思考になれば、ミスや失敗に対する不安や恐怖が和らぎます。 不安や恐怖が和らぐことで、やる気や勇気が出てきて、行動力を発揮できます。 明るく前向きな考え方があれば、大きな失敗であっても、すぐ乗り越えられるでしょう。 ポジティブ思考は、考え方の習慣です。 「自分はポジティブ思考になれない」と思っていませんか。 それこそネガティブ思考です。 「きっと自分もポジティブ思考になれる!」と思ったほうがいい。 ポジティブ思考になるために、お金も学歴も必要ありません。 資格も才能も不要です。 必要なのは、あなたの強い意志と行動力のみ。 ミスや失敗をしても、くよくよするものではなく、笑い飛ばしてしまいましょう。 ポジティブ思考は、真面目すぎる性格を直す近道になるのです。 ポジティブ思考になる。

11
★1

真面目すぎる人は、1人で仕事を抱え込みすぎる。

真面目すぎる人は、1人で仕事を抱え込みすぎる傾向があります。 「安易に人を頼ってはいけない」 「自分の仕事は、自分が行わなければいけない」 「自分の与えられた仕事は、責任を持って果たさなければいけない」 「なかなかうまくいかなくても、絶対に諦めはいけない」 仕事に誠実です。 真剣で一生懸命な姿勢があります。 「必ず達成できる」と信じています。 もちろんまず自分で取り組む姿勢は大切です。 どんな仕事でも、最初は自分なりに最善を尽くして頑張ってみることが基本。 分からないところがあるなら、自分なりに調べる。 難しい問題であっても、最初は自分の頭で考えてみる。 解決策が思い浮かばなくても、知恵を絞って工夫やアイデアを考えてみる。 たとえ不可能に思えることでも、ひとまず勇気を持って挑戦する姿勢は無駄にならないでしょう。 考え抜く作業は、論理的思考力を鍛える上でも重要です。 たとえ難問であったとしても、すぐ相談するのではなく、まず自分なりに考え抜いてみることで、名案も浮かびやすくなります。 しかし、真面目すぎる人は、頑固に意地を張ってしまいます。 「絶対、人に頼らない」 「人に頼ったら負け」 「何が何でも自分がする」 「とにかく自分で何とかする」 「正解が見つかるまで、どれだけ時間がかかろうと、自分が解決する」 「たとえ周りに迷惑をかけようと、絶対自分がやり遂げる」 こうした考え方は、真面目すぎる人によく見られる傾向です。 責任を持って1人で頑張る姿勢は素晴らしいですが、頑固に意地を張るのはよくありません。 非生産的な時間が過ぎるばかり。 仕事が遅くなったり結果が出なかったり待たせたりなど、周りの迷惑になってしまいます。 また仕事の抱えすぎは、ストレスの抱えすぎにもつながります。 どんなに精神力の強い人でも限界があります。 自分の許容範囲を無視して抱え込み続けていくと、いつか限界を超えて、心身共につぶれてしまいます。 そこで必要なのが「人に頼る」という選択肢です。 たとえば、協力です。 「自分一人では処理しきれない」と思ったら、無駄に努力するのはやめ、人に協力をお願いします。 自分なりに努力した上で人を頼るなら、悪いことではありません。 時間のロスが最小限になり、スムーズに仕事が進むでしょう。 また、相談も大切です。 自分なりにしっかり考えた上で分からなければ、素直に人に聞くのがいいでしょう。 いつまでも分からないことに固執しても、不毛な時間が過ぎるだけです。 上司なり先輩なり、頼りになる人を頼れば、問題解決も早くなります。 自分なりに最善を尽くした上で人に頼るのは、わがままでも自己中心でもありません。 努力はいいが、執着しないこと。 諦めないのはいいが、頑固にならないこと。 頑張るのはいいが、倒れるまで働かないこと。 たまには人に甘えてみましょう。 「自分だけでは難しい」と感じたことは、意地を張らず、素直に人を頼ってみるのが得策です。 素直に人を頼れるのも、強さの1つです。 「自分だけでは難しい」と感じたことは、意地を張らず、素直に人を頼ってみる。

12
★3

「100点」「完璧」「絶対」という口癖に注意。
「70点」「最善」「ほどほど」という口癖をつけよう。

真面目すぎる人にありがちな口癖が、3つあります。 「100点」「完璧」「絶対」です。 「100点を目指します」 「完璧に仕上げます」 「絶対、結果を出します」 「100点」「完璧」「絶対」の3つの言葉に心当たりがあれば、要注意です。 完璧主義を象徴する言葉だからです。 真面目すぎる人は、完璧を美学としています。 小さなミスや失敗すら許そうとせず、完璧にやり遂げようとします。 なかなかうまくいかなくても、達成できるまで無理をしてでも頑張ろうとします。 もちろん心がけは立派です。 全力を発揮すれば、最高の結果を発揮しやすくなるでしょう。 妥協や手抜きを許さず、徹底した姿勢は、見習うべきものがあります。 弱音も言い訳も言わず、全力で生きている姿は、周りの人を驚かせるでしょう。 よりよい結果を出せば、職場でも高く評価されるはずです。 しかし「100点」「完璧」「絶対」の口癖があると、無理をしやすい状況になります。 完璧の実現は、言うのは簡単でも、実現は難しい。 いつの間にか自分に無理な負荷がかかり、ストレスでいっぱいの状況に陥っている可能性があります。 ミスも失敗もなく、すべてをパーフェクトに仕上げるのは大変困難です。 過大なストレスやプレッシャーに耐えなければいけなくなります。 一時的にパワーを発揮できても、長続きしません。 いずれ燃え尽きてしまうのです。 「100点」「完璧」「絶対」の口癖は控えましょう。 代わりに心がけたい、3つの言葉があります。 「70点」「最善」「ほどほど」です。 「70点でよしとしよう」 「最善を尽くして努力しよう」 「無理をせず、ほどほどで頑張ろう」 「70点」「最善」「ほどほど」を口癖にすれば、自然と穏やかな気持ちになれ、肩の力が抜けるでしょう。 「完璧にしなくていいのだね」と分かれば、無理をする必要もありません。 つまり、完璧主義をやめて、最善主義になるということです。 手抜きをしたりサボったりするわけではありません。 できるかぎりのことをするということです。 言葉遣いを変えるだけですから、お金も手間暇もかかりません。 早速今日から口癖を変えましょう。 「70点」「最善」「ほどほど」という言葉を使えば使うほど、真面目すぎる状態から解放されるのです。 「100点」「完璧」「絶対」という口癖は控える。 「70点」「最善」「ほどほど」という口癖をつける。

13
★0

真面目すぎる人にとって遊び上手な人は、もはや先生。

遊び方が分からないとき、頼りにしたい人がいます。 遊び上手な人です。 人間関係は、自分と同じような人と付き合う傾向があります。 真面目なあなたには、きっと真面目な友達が多いのではないでしょうか。 もちろん真面目な人と関わるのもいいですが、自分と同じタイプばかりの人間関係では、刺激や変化の幅が限られます。 そこで頼りにしたいのが、遊び上手な人です。 あなたの身近に遊び上手な人はいませんか。 ・週末に充実した時間を送っている人 ・仕事と遊びをバランスよく楽しんでいる人 ・趣味を通して、上手に人間関係の輪を広げている人 ・趣味に目標を立てて、挑戦している人 ・趣味を生きがいにしながら、人生を満喫している人 学校でも職場でも、遊び上手な人が1人はいるでしょう。 年齢・性別に関係なく「遊び方がうまいな」と思う人なら、誰でもOKです。 自分とは逆の存在である、遊び上手な人を参考にしてみてください。 休暇の過ごし方を聞いてみる。 お気に入りの遊び方を聞いてみる。 自分にできそうな遊び方を真似てみる。 遊び上手な人にとって当たり前の過ごし方でも、真面目すぎる人にとっては新鮮な生き方に映るでしょう。 「こう遊べばいいのか」と分かると、価値観の幅が広がります。 話を聞くだけでも、遊び方の発見があるはずです。 自分になじみのない遊び方でも、できるだけ受け入れてみましょう。 「そういう楽しみ方があるのか」と分かると、遊び方だけでなく、生き方の参考になるはずです。 もしチャンスがあれば、遊び上手な人と一緒に遊んでみるといいでしょう。 「今度一緒に遊ぼう」と誘ってみるだけでいい。 少し勇気と行動が必要ですが、新しい自分に生まれ変わるチャンスです。 一緒に遊んでみることで、上手な遊び方を直接体感できます。 間近で遊び方を見れば、具体的な様子が分かり、真似をしやすくなるでしょう。 中には自分の趣味や価値観に合わない遊び方もあるかもしれません。 違和感があるかもしれませんが、その違和感こそ、あなたに必要な要素。 「価値観が合わない」と一蹴するのではなく「面白い遊び方だ」と受け入れてみてください。 魅力を感じなくても、つまらない遊びとは限りません。 まだ自分が楽しさを理解できていないだけかもしれません。 最初は魅力を感じない遊びでも、実際に体験すると、印象が変わることがあります。 一緒に遊ぶことで「こうすれば充実した時間を楽しめる」と分かるでしょう。 心が充実感で満たされたり、ストレスが発散できたりなど、多くのメリットがあるはずです。 遊び上手は、生き上手でもあります。 上手にストレスを発散でき、人生に心地よい生きがいをもたらします。 遊び上手な人を先生と尊敬して、参考にしてみてください。 真面目すぎる人にとって遊び上手な人は、もはや先生なのです。 遊び上手な人と関わって、参考にしてみる。

14
★1

細かいことにこだわっても、こだわりすぎないこと。

真面目すぎる性格を直すポイントの1つ。 それは、細かいことにこだわりすぎないことです。 真面目すぎる人は、細かいことにこだわりすぎる特徴が目立ちます。 会話のとき、完璧な言葉遣いを徹底する。 割り勘のとき、1円単位で計算をする。 資料作成のとき、誤字脱字が1つもないよう、しつこく何度も確認する。 もちろん細かいことにこだわるのは、大切なことです。 ビジネスなら金銭が発生しているので、きちんとする必要はあります。 仕事として依頼されていることなら、金額の計算でも資料作成でも、細かいことまでこだわるのも意味があります。 しかし、ビジネスならまだしも、プライベートまで細かいことにこだわるのは少し窮屈です。 会話のとき、完璧な言葉遣いを徹底すると、失言が怖くなって何も話せなくなります。 割り勘のとき、1円単位の計算を強要すると、人付き合いに堅苦しい雰囲気が出ることがあります。 資料作成のとき、誤字脱字が1つもないよう、しつこく何度も確認するのは非現実的です。 重要なら別ですが、ささいなことまでいちいち気にしていると、ストレスが増えます。 こだわりすぎる気持ちが強すぎると、常に不安と心配がつきまとい、苦しめられる。 細かいことにこだわる気持ちが強すぎると、問題なくても、問題があるように見えてきます。 いずれ精神的に追い詰められるのです。 細かいことにこだわりすぎるのは要注意です。 プライベートの場なら、もう少し緩やかな考え方を持ちたい。 「うっかりすることもあるだろう」 「合格ラインを越えていればいい」 「たまには見落としもあっていい」 ある程度のミスや失敗を許容する考え方を持ちたい。 おおらかな考え方を持つことで、ストレスも軽くなります。 たとえば、会話のとき、完璧な言葉遣いにこだわりすぎないようにします。 「言葉の意味が伝わっていればよし」と考えます。 ちょっとした失言なら、誰でもあること。 もし言いすぎたり言い間違えたりすれば、そのとき修正したり謝ったりして済むことです。 たとえ相手の言葉遣いが間違っていても、気にしないことも大切です。 割り勘のときも、端数の細かい計算は省いたほうが、お互いお金を払いやすくなります。 立場や年齢の高い人が少し大目に負担すれば、その場が丸く収まるでしょう。 どうしてもこだわりすぎてしまうなら、自分なりにルールを設けるのも1つの方法です。 たとえば、資料作成のときです。 誤字脱字が1つもないよう、資料を5回も10回も確認するのは無理があって、非現実的です。 「確認は1回で十分」「確認は3回まで」など、状況に応じて適切な上限を設けておくといいでしょう。 それでもうっかり見落としがあれば「仕方ない」で済ませます。 これらは乱暴な考え方ではありません。 人間は、不完全な生き物ですから、不足や中途半端なところがあって当然です。 細かいところにこだわっても、こだわりすぎないこと。 細かいことをこだわりすぎないよう注意することで、だんだんストレスやプレッシャーからも解放されます。 だんだん真面目すぎる性格も直っていくのです。 細かいことにこだわっても、こだわりすぎないようにする。

15
★1

マナーやルールにこだわりすぎると、融通が利かなくなる。

真面目すぎる人は、マナーやルールにこだわりすぎる特徴があります。 もちろんマナーやルールを守ることは大切です。 冠婚葬祭では、マナーを守ったほうがスムーズです。 人間関係でも、人付き合いのマナーを守ったほうが、仲良くなるのも早くなります。 食事をするときは、テーブルマナーを心がけたほうが、料理をおいしく楽しめるでしょう。 また、ルールを守ることも欠かせません。 職場のルールが存在するなら、素直に従うことで、仕事をスムーズに進めることができます。 家庭のルールを守ることで、家族の摩擦を減らし、円満に暮らせます。 スポーツのルールを守るからこそ、正しい判定ができ、公平なプレイができます。 マナーもルールも、私たちが快適に暮らすために必要不可欠な存在です。 しかし、マナーやルールを大切にするのはいいですが、こだわりすぎには要注意です。 マナーやルールにこだわりすぎると、融通が利かなくなるからです。 マナーやルールを、法律のように扱う。 どんなことがあっても例外を認めない。 自然体を無視して、とにかくマナーやルールを軸にして行動する。 「絶対厳守」と言わんばかりにこだわると、強い束縛が生まれます。 「必ずマナーもルールも守らなければいけない」と思うと、マナーやルールに縛られてしまいます。 また、緊急時が発生したとき、マナーやルールにこだわっていると、臨機応変な対応ができなくなります。 マナーやルールに従うことは、世間的にもよしとされています。 特に真面目すぎる人は「マナーやルールに従う自分は絶対正しい」と思い込んでいるだけ厄介です。 マナーやルールを強要したり、守らない人を強く非難したりします。 マナーやルールを守ることは大切ですが、こだわりすぎるのも、かえって摩擦を生む原因になるのです。 マナーもルールも法律ではありません。 法律なら必ず従わなければいけませんが、マナーやルールならある程度の許容範囲を設けたい。 「今回だけは特別」 「時には例外もある」 「悪気がないなら、たまにはOK」 絶対的に考えるのではなく、例外を認める余裕を持つことです。 マナーやルールを守っても、こだわりすぎないこと。 基本的にマナーやルールを守りつつも、緊急時には例外を認めることで、融通の利く行動がしやすくなります。 マナーやルールを守りつつも、絶対的に考えるのではなく、緊急時には例外を認める。

16
★3

小さなミスや失敗は、くよくよするものではなく、笑い飛ばすもの。

小さなミスや失敗をしたとき、どうするか。 真面目すぎる人は、くよくよするのが定番です。 「自分が情けない」 「自分が恥ずかしい」 「本当に申し訳ない」 「悔やんでも悔やみきれない」 自分で自分を叱ったりおとしめたりします。 下を向き、眉間にしわを寄せ、今にも泣きそうな顔をしながら反省します。 自分に失望すると、深く落ち込むため、立ち直るにも時間がかかります。 もちろん反省は大切です。 悪い点があれば、同じ不手際を繰り返さないよう、きちんと反省と改善する必要があります。 ミスも失敗も、向上するための踏み台です。 反省と改善をして生かせば、どんどん仕事もよくなります。 きちんと反省と改善ができれば、きっぱり過去は忘れ、前を向けます。 しかし、小さなミスや失敗まで深刻に受け止めるのも考えものです。 小さなミスや失敗まで気にしていては、時間がいくらあっても足りません。 反省ばかりの毎日になって、息苦しくなります。 むやみに落ち込んでも仕方ありません。 いちいち細かいことまで気にするのは、真面目すぎます。 心の傷も深くなり、回復にも時間がかかります。 真面目すぎる対応は、自分で自分の首を絞めるだけ。 ミスや失敗をしたとしても、ささいなことで悪影響がないなら、もっと寛容に対応してもいいでしょう。 そこで心がけたいのが「笑い飛ばすこと」です。 小さなミスや失敗は、くよくよするのではなく、笑い飛ばしましょう。 自分で自分の不手際を笑ってしまえばいいのです。 「あはは。失敗しちゃった!」 「うっかりしちゃった!」 「自分は間抜けだな」 他人に笑われるなら傷つきますが、自分で自分を笑うなら傷つきません。 笑うことで、むやみに悩んだり落ち込んだりしなくて済みます。 自分で自分を笑ってしまいましょう。 笑ってしまえば、暗い気持ちを吹き飛ばし、明るい気持ちに包まれます。 一瞬で明るい気持ちが湧き上がります。 落ち込みかけていた心が上向きます。 笑顔が増えることで、生活全体が明るくなります。 小さなミスや失敗は、話のネタにもなります。 「こんなことがあったよ」と人に話せば、面白おかしいネタになるでしょう。 ミスや失敗をしても「コミュニケーションに役立つ」と思えば、悪くありません。 小さなミスや失敗は、くよくよするものではなく、笑い飛ばすものなのです。 小さなミスや失敗は、くよくよするのではなく、笑い飛ばす。

17
★5

真面目すぎる人は、視野と考え方が狭い。

真面目すぎる人は、視野と考え方が狭い。 物事の全体を捉えず、一部しか見ていません。 視野が狭いため、考え方のバランスが悪くなっています。 一部で全体を判断してしまうため、ときどき誤解や勘違いを起こします。 また狭いのは、視野だけではなく、考え方も同じです。 自分が知らないことや理解できないことには、抵抗感や拒否反応を示します。 自分の知識と経験の範囲だけで物事を考えてしまうため、理解がありません。 「知らない」「認めない」「そんなことはあり得ない」の一点張り。 知っていることや理解できることだけ取り組もうとするので、会話に摩擦が発生したり、行動範囲が制限されたりします。 視野と考え方が狭いと、思考に柔軟性が失われるため、真面目すぎる状態になるのです。 真面目すぎる性格を直したいなら、視野と考え方を広げることが重要です。 視野と考え方を広げましょう。 知識や経験が増えるにつれて、視野や考え方を広げていけます。 たとえば、本を読むことです。 実用書から教養を学ぶ。 ビジネス書からスキルを学ぶ。 漫画から文化・芸術・科学を学ぶ。 本は、知識と知恵の塊です。 本を読めば読むほど、新しい学びを得ることができます。 わずかな金額で多種多様な情報が得られるのですから、これほど有用なツールはありません。 理解力が鍛えられ、物事の本質を見通す力も向上します。 経験を積むことも大切です。 新しい仕事に挑戦する。 さまざまな人と触れあう。 いろいろなところへ旅行に行く。 本から学ぶことも大切ですが、実際に経験してみると、五感を通して具体的に理解ができます。 究極を言えば、生活のすべてが教科書です。 見るもの、聞くもの、触れるもの。 嬉しい経験だけでなく、悲しい経験も貴重です。 「生活のすべてが教科書」と考え、謙虚に学んでいくことが大切です。 本を読んだり経験を積んだりしていくにつれて、視野と考え方が広がっていきます。 今まで理解できなかったことが理解できるようになります。 臨機応変な対応もしやすくなり、仕事にも人生にも生かせます。 もし未知の物事に出合っても、すぐ拒むのではなく、できるだけ受け入れる姿勢が大切です。 正直に知らないことを告白する。 じっくり話を聞いてみる。 敬意を払って教えてもらう。 そうすれば、未知の物事に遭遇したときでも、抵抗感や拒否反応がなくなります。 「世の中には、まだまだ自分の知らないことがたくさんある」と思うことです。 どんなことでも尊重して受け入れる姿勢があれば、未知の物事に出合っても怖くありません。 視野や考え方は、子供だけでなく、大人になってからも広げていくことが可能です。 学ぶことに年齢制限はありません。 謙虚に学ぶ姿勢さえあれば、中年になっても高齢者になっても、学ぶことが可能です。 自分の視野や考え方に自信のある人でも、もっと広げていきましょう。 視野と考え方は、狭くて困ることはあっても、広くて困ることはありません。 知識や経験を増やして、視野や考え方を広げていく。

18
★1

趣味がないなら、今から作ろう。
趣味があるなら、さらに深めよう。
趣味には、真面目すぎるあなたを救う力がある。

真面目すぎる人は、趣味に特徴があります。 「趣味がない」もしくは「趣味があっても十分楽しんでいない」という傾向があります。 あなたには趣味がありますか。 「特に趣味はない」 「趣味は必要ない」 「趣味はなくても生きていける」 もちろん趣味は必要なものではありません。 趣味のない生き方もいいですが、趣味がなければ、息抜きや気分転換が難しくなります。 息抜きや気分転換とはいえ、寝るだけ・食べるだけでは、限界があるでしょう。 睡眠や食事も悪くありませんが、基本的欲求を満たすだけでは、変化や刺激が制限されます。 なにより趣味がなければ、仕事ばかりの人生になります。 熱心に仕事をするのはいいですが、ストレスをためやすくなるため、心身の健康に不安が出てくるのです。 もっと心から充実できることがあったほうが、上手に息抜きや気分転換ができます。 それが、趣味なのです。 あなたには趣味がありますか。 趣味がなくても大丈夫です。 趣味がないなら、今から作りましょう。 趣味は、自然とできることもありますが、積極的に作っていくことも大切です。 趣味を見つけるのに一番大切なのは、あなたの素直な心。 「何だか気になる」という素直な気持ちに従って、近づき、挑戦するだけです。 芸術でもスポーツでもかまいません。 読みたい本を読み、楽しみたいことを楽しみましょう。 本を読むだけでなく、書くのもいいでしょう。 歌を聴くだけでなく、歌ってみるのもいいでしょう。 音楽を聴くだけでなく、弾いてみるのもいいでしょう。 ダンスを見るだけでなく、踊ってみるのもいいでしょう。 趣味を見つけるコツは、宝探しの気分になることです。 「自分に合った趣味はどこかにある」 そう信じて、宝探しをする感覚で探せば、きっとすぐ見つかるでしょう。 遠くにあるとは限らず、意外と近くにあるのかもしれません。 実はすでに生活のどこかで、趣味らしきことをしていることもあるでしょう。 「すでに自分は趣味があるから大丈夫」という人も、油断は禁物です。 趣味があるなら、もっと深めましょう。 もっと深く学ぶ。 もっと丁寧に練習する。 もっと上級を目指してみる。 「極めてやる」という意気込みで取り組めば、趣味の範囲は狭くても、十分楽しめるはずです。 同じ趣味でも、単調な繰り返しなら飽きることもありますが、深めていくなら、飽きることはありません。 趣味を深めていくにつれて、新しい面白さや楽しみ方を発見できるでしょう。 どんどん楽しくなり、充実した時間を送れるでしょう。 趣味という名のトンネルは、入り口は狭くても、行き止まりがありません。 どんな趣味でも、奥が深い。 終わりがなく、無限に続きます。 深めた趣味は、自分の自信にもつながります。 「できた」「達成した」「乗り越えた」という成功体験は、自己肯定感を高めてくれます。 趣味を通して充実した生活を送れば、自然と話のネタも増えます。 趣味がないなら、今から作りましょう。 趣味があるなら、さらに深めましょう。 趣味には、真面目すぎるあなたを救う力があるのです。 趣味がないなら、今から作る。 趣味があるなら、さらに深める。

19
★5

必要以上に自分を責めるのはやめる。
もっと自分を許してもいい。

真面目すぎる人は、自分に厳しい。 少しでもミスや失敗をすれば、自分を厳しく責めてしまいます。 もちろん反省は必要です。 ミスも失敗も、多いより少ないほうがいいのは間違いありません。 同じミスや失敗が繰り返されないよう、問題点を洗い出して、しっかり自分を戒めることは有効です。 時には自分に厳しい言葉を浴びせ、気持ちを引き締めることも大切です。 特にお金をもらっている仕事なら、できるだけ質の高い成果を出すことが求められます。 しかし、真面目すぎる人は、少し自分に厳しすぎます。 自分の人格や存在を否定するかのような、厳しい言葉で叱りつけます。 「何て自分はばかなのだろう」 「本当に自分が情けない」 「自分の能力不足が恥ずかしい」 「この世から消えてしまいたい」 「自分は人間失格だ」 なかなか自分の過ちを許そうとしません。 責任感が強すぎるため、厳しい言葉で必要以上に自分を責め、追い詰めようとします。 厳しい言葉を自分に浴びせ続ければ、なかなか落ち込みから立ち直れません。 どんどん失意の底に落ち、自分の殻に閉じこもってしまう。 くよくよしてばかりで、不毛な時間ばかりが過ぎる。 物事を必要以上に深刻に捉えてしまうため、疲れもストレスも倍増してしまうのです。 真面目はいいのですが、自分を許すことがなければ、人生が思いやられます。 いつしか自分にも人生にも、絶望してしまうことになるでしょう。 もっと自分を許す習慣を持ちましょう。 人間ですから、ミスや失敗をすることもあれば、誤解や勘違いもあります。 「たまには仕方ない」 「人間だから失敗もあるよね」 「うまくいかないこともあるよね」 「大丈夫、大丈夫。何とかなる」 「もうくよくよするのはよそう」 「反省をしても、後悔はしない」 「今日はたまたま調子が悪かっただけ」 「今回の失敗は、次回に生かせばいいよね」 むしろミスや失敗があるのは「人間らしい」と言えます。 自分を許すようにすれば、心を締め付けていた鎖が緩みます。 許すことも強さの1つです。 他人を許すと、相手との人間関係がよくなるように、自分を許すと、自分との人間関係がよくなります。 必要以上のストレスに悩まされることがなくなり、明るい気持ちに包まれます。 心が軽くなって笑顔の数が増えるでしょう。 きちんと反省したら、むやみに過去は振り返らず、自分を許しましょう。 自分を許す習慣を持つと、真面目すぎる性格がどんどん直っていきます。 必要以上に自分を責めるのはやめて、もっと自分を許す習慣を持つ。

20
★0

シミュレーションをしても、しすぎるな。

何事もシミュレーションが大切です。 たとえば、ビジネスです。 仕事を進めるとき、さまざまな状況を想定することで、必要な準備も見えてきます。 シミュレーションはトラブルを避けるのに欠かせません。 事前に起こりそうな出来事が分かっていれば、十分な対策を立てることができ、スムーズに仕事を進められます。 プライベートでも、シミュレーションは大事です。 たとえば、旅行です。 雨が降ったとき、道に迷ったとき、けがや病気をしたとき。 さまざまな状況を想定することで、旅行前に必要な準備が分かり、万一にもスムーズに対応できます。 被害を避けたり、被害に遭っても最小限に抑えたりなど、メリットがあります。 炊事でも、調理方法のシミュレーションが役立ちます。 恋愛でも、デートの進め方はシミュレーションが有効です。 留学でも、渡航の流れや外国語の練習など、シミュレーションが生かせます。 人間には「想像力」という素晴らしい能力があります。 最大限に想像力を生かして、さまざまなシミュレーションをするのは、ビジネスでもプライベートでも有効です。 しかし、いくら大切なシミュレーションも、限度を超えると悪影響です。 あらゆる可能性を計算に入れたり、完璧にトラブルを考えたりするのは大変です。 極めて可能性の低いことまで考慮に入れると、その分だけ考え事も増えます。 「念のためこれもしておこう」「万一のために準備しておこう」と準備の量も膨大になります。 余計な気苦労や悩み事が増えて、ストレスもたまってしまいます。 いくらシミュレーションをしても物足りない気がして、いつまで経っても落ち着けなくなるのです。 シミュレーションをするのはいいですが、しすぎには注意してください。 特に真面目すぎる人は、シミュレーションをしすぎる傾向があるため、しっかり留意しておきましょう。 完全完璧なシミュレーションは存在しません。 あえて一定範囲から先は考えないようにするのが得策です。 もしシミュレーションをしすぎる癖があるなら、事前に区切る目安を作っておくことをおすすめします。 区切る目安の作り方は自由です。 現実的に無理のない範囲を考慮しながら、状況に応じて、区切る目安を作ります。 「ここまではきちんと考える。ここから先は無視する」といった具合で十分です。 シミュレーションをするのはいいですが、あくまで限度には注意することが大切です。 シミュレーションのしすぎに注意する。 シミュレーションをしすぎる癖があるなら、事前に区切る目安を作っておく。

21
★3

上手な手抜きは、怠慢ではない。
もはや立派な仕事術。

「手抜き」 この言葉を聞いて、どんな印象を持ちますか。 「やる気がない」 「サボったり怠けたりすること」 「仕事の質を下げる行為」 おそらくネガティブな印象を持っている人が多いのではないでしょうか。 一般的に「手抜き」という言葉には、悪いイメージがあります。 仕事に不誠実・不真面目な姿勢であり、よくない行為と判断されることが多いでしょう。 もちろん安易な手抜きはよくありません。 単純に手抜きをするだけなら、ミスや失敗を増やしたり、仕事の質が低下したりなど、悪影響が出るでしょう。 知恵も工夫もない手抜きは、ただの惰性。 わがままや自己都合だけの手抜きは、怠慢です。 単純な手抜きなら、避けるべき行為であるのは間違いありません。 では、すべての手抜きが悪いかというと、そうではありません。 質を維持できる手抜きなら、どんどんしたほうがいい。 質が同じなら、手抜きをしないよりしたほうが、仕事の手間暇が少なくて済みます。 1日は24時間。 自分の体は1つだけ。 人の気力・体力・精神力も、有限です。 お金も時間も無限にあるわけではありません。 健康すら有限です。 限りあるリソースを有効に活用するためにも、無駄や重複を省いて、効率化を図ることが大切です。 質に関係しない仕事なら、手抜きをするのもいいでしょう。 知恵や工夫を凝らして、質が落ちない手抜きを考えてみます。 無駄な仕事はやめる。 重複している部分は省く。 仕事を整理して、スムーズにする。 1つにまとめられる仕事は、まとめる。 段取りを工夫して、時間短縮を図る。 知恵を振り絞れば、質を維持しながら手抜きできることがあります。 賢く手抜きをすれば、時間や労力を切り詰めることができ、その分だけ余裕が生まれます。 周りから文句を言われようと何と言われようと、きちんと結果を出していれば、問題ないはずです。 真面目に仕事をするのもいいですが、上手に手抜きをしていきましょう。 同じ仕事を繰り返すのではなく「もっと効率のよい方法はないだろうか」と考えることです。 日頃から問題意識を持っておけば、工夫やアイデアが浮かびやすくなります。 手間暇が減ることで、フットワークも軽くなります。 疲労やストレスが軽減すると、肉体的にも精神的にも楽になり、心身に余裕も生まれます。 すべての手抜きを禁止するのではなく、質を維持できる手抜きを考えてください。 上手な手抜きは、怠慢ではありません。 もはや立派な仕事術なのです。 上手に手抜きをして、余裕を作る。

22
★2

お酒は、ストレス社会を生き抜くために必要な飲み物。

真面目すぎる人にとって頼りになるのは、人だけとは限りません。 「ある飲み物」が、真面目すぎる性格を直すのに役立つかもしれません。 それは、お酒です。 真面目すぎる性格を直すなら、適度にお酒を楽しむのも1つの選択肢です。 「アルコールは体に悪い」 「お酒は飲まないほうがいい」 「お酒を飲みすぎると、後悔を増やすだけ」 たしかにお酒を飲みすぎると、体に悪影響です。 飲みすぎると、頭痛や二日酔いといった体調不良につながります。 時と場合によっては仕事にも悪影響が及ぶでしょう。 お酒の飲みすぎが長期に続くと、肝臓を痛めたり、健康を損ねたりすることもあります。 お酒に否定的な声も数多く聞かれるのも事実。 アルコール依存症によって苦しんでいる事例も数多く存在します。 しかし「お酒は絶対悪い飲み物」と決め付けるのは早計です。 適量の範囲なら、お酒は、真面目すぎる人にとって役立ちます。 お酒には、緊張をほぐして、リラックスさせてくれる作用があります。 脳には、有害物質から守る仕組みが備わっていますが、アルコールだけはすり抜けて脳に届きます。 お酒に含まれるアルコールが脳に巡ることで、酔いが生まれ、神経の高ぶりを静めてくれます。 気分が落ち着いたり、心地よい気持ちになったり、楽しい気持ちになったりします。 お酒を飲めば、酔いの力によって、緊張から解放されます。 真面目すぎる人は、性格上、日頃からストレスをためています。 緊張やプレッシャーにさらされ、精神的にも消耗することが多いでしょう。 アルコールを受け付けない体質なら別ですが、たまにはお酒を飲んで、リラックスした時間を作るといいでしょう。 1人でちびちび飲むのもよし。 友達とわいわい飲むのもよし。 酔いすぎるのが怖いなら、アルコール度数の低いものから挑戦するといいでしょう。 アルコールの耐性は人によって異なりますが、自分に合った飲み方をすることが大切です。 「絶対お酒を飲まない」というポリシーの人もいるかもしれませんが、その考え方こそ、真面目すぎるのではないでしょうか。 お酒のデメリットばかり注目するのではなく、メリットにも注目してください。 「酒は百薬の長」という言葉もあります。 適量さえ守れば、お酒は薬のような効果があります。 「お酒は一滴も飲まない」と頑固になるより、たまにはお酒の力を借りてみませんか。 困ったときには人を頼るように、ストレスがたまったときもお酒を頼るのは自然です。 お酒は、現実逃避ができる飲み物です。 お酒を楽しむ時間を作ることで、一時的に現実を忘れることができ、心地よい時間を楽しめます。 少し飲むだけでも、緊張が和らぎ、ふわふわした心地よい時間を過ごせるでしょう。 上手にお酒と付き合うことで、真面目すぎる状態から抜け出せます。 「お酒は、ストレス社会を生き抜くために必要な飲み物」と言っても過言ではないのです。 お酒の力を借りて、真面目すぎる状態から脱する。

23
★1

恋愛には、真面目すぎる性格を直す力がある。

あなたには好きな人がいますか。 最近、恋愛をしていますか。 「好きな人はいない」 「恋愛なんて無関心」 「好きな人がいても面倒で邪魔になるだけ」 恋愛に否定的な考え方を持つ人もいるかもしれません。 たしかに好きな人がいなくても、生きていくことは可能です。 衣食住さえあれば、最低限の生活を送れます。 むしろ仕事をするには恋人なんて不要と考える人もいるでしょう。 好きな人がいることで仕事の集中力が低下することも少なくありません。 また、恋愛にはリスクもあります。 思うように恋が進展しないこともあるでしょう。 失恋したときは、ひどく落ち込んで、人生のどん底を味わうでしょう。 中には意識的に恋愛を遠ざけている人もいるかもしれません。 しかし、恋愛を排除する考え方では、なかなか真面目すぎる性格を直せません。 人は恋愛をすると、愛情に触れる機会が増えます。 恋愛をすることで、心が温かくなり、幸せが増えます。 新鮮な刺激が増えたり、視野や世界観も広がったりするでしょう。 「この人のためなら!」という強い気持ちは、生きがいにも変わります。 人は誰かのために行動するとき、120パーセントの力を発揮できます。 好きな人のことを考える時間は、心地よいひとときにもなるでしょう。 時には不安になることもありますが、それもまた恋愛の味わいの1つ。 恋愛に悩んだり苦しんだりすることで、固い心が柔らかくなっていきます。 そして、心の器が広がったり新しい発見もあったりするでしょう。 恋愛とは何か。 恋愛とは、新しい世界への挑戦です。 新しい刺激をもたらす活動です。 そして、人生に無限の豊かさをもたらす力があります。 恋愛をしていく中で「こんな世界があったのか!」「こんな気持ちになったのは初めて!」と驚き、感動するでしょう。 恋愛は、あなたの価値観を一変させる力があるのです。 好きな人を作ってみませんか。 好きな人がいなければ、今から作っても遅くはありません。 恋愛をすると、人生をより深く楽しめます。 「好きな人は必要ない」と思う人でも「新しい世界に冒険する」と考えてみてはいかがでしょうか。 好きな人は、現実世界の人だけでなく、アニメや漫画のキャラクターでもかまいません。 たとえ片思いでも、立派な恋愛です。 大切なことは「恋愛をする」という行為です。 愛情を感じること、親しみの気持ちを持つこと、特別な感情で胸を熱くさせること。 恋愛のすべては、真面目すぎるあなたの心を柔らかくさせてくれます。 真面目すぎる性格を直すのに、恋愛ほど効果的なことはありません。 恋愛には、真面目すぎる性格を直す力があるのです。 好きな人を作って、恋愛をする。

24
★1

上手な嘘は、人間関係の潤滑油。

真面目すぎる人は、嘘に堅苦しい考え方を持っています。 「絶対、嘘をついてはいけない」 「常に正直でなければいけない」 「事実と異なることを話してはいけない」 真面目すぎる人は「すべての嘘が悪い」と考える傾向があります。 たしかに世間では「嘘は道徳に背く行為」という考え方が一般的です。 男女・年齢・国籍に関係なく、できるだけ嘘をつかないほうがよいという考え方が支配的です。 言いにくいことでも、きちんと事実をありのまま話すことで、正直なメッセージが伝わります。 できるだけ嘘をつかず、正直に生きるのがよしとされています。 たとえ自分が不利になることでも、正直に話すことが求められます。 常に素直で正直な話し方をするほうが、円滑なコミュニケーションが実現しやすくなるでしょう。 しかし、すべての嘘が悪いとは限りません。 嘘の中にも「いい嘘」があります。 物事をうまく進めるために、1つの手段として時には嘘が役立つこともあります。 たとえば、誘いを断るときです。 友達から借金をせがまれたとき「自分も今、お金がなくて困っている」と嘘をつけば、上手に借金を断れるでしょう。 出席したくない飲み会に誘われたとき「ちょうどその日は予定が入っている」と嘘をつけば、断りやすくなるでしょう。 人付き合いでも、嘘が有効な場面があります。 すでに知っている話が出ても「勉強になります」と嘘をつけば、話が盛り上がりやすくなるでしょう。 相手からのプレゼントが気に入らなくても「すてきですね」と嘘をつけば、会話がスムーズに進むでしょう。 恋愛でも、嘘が有効になることもあります。 時間がなくても「時間があるよ」と嘘をつくことで、デートのチャンスをつかみやすくなるでしょう。 好きな人から電話がかかってきたとき「今あなたのことを考えていたところ」と嘘をつけば、恋が盛り上がるでしょう。 「どんな嘘もいけない」という考え方は真面目すぎます。 少し許容範囲を広げて「時には嘘も必要」と考えてみませんか。 人を元気づけたり、勇気づけたり、未来につながったりする嘘なら、大いに結構。 優しい嘘・楽しい嘘・傷つけない嘘も悪くありません。 時と場合に応じて、上手に嘘をついたほうが、円滑な人間関係に役立つことがあります。 あくまで適度の範囲に限りますが、物事を円滑に進めるために、時には嘘も必要です。 上手な嘘は、人間関係の潤滑油になるのです。 時と場合に応じて、上手に嘘を活用する。

25
★0

真面目すぎる性格を直すときに注意したい、3つの落とし穴。
暴飲暴食、夜遊び、ギャンブル。

真面目すぎる性格を直そうとするとき、注意したい落とし穴が3つあります。 「暴飲暴食」「夜遊び」「ギャンブル」です。 食べて飲んで、食を楽しむ。 夜遊びで、気分転換をする。 ギャンブルで、ストレスを発散させる。 真面目すぎる日々を送っているなら、たまには羽目を外すこともあっていいでしょう。 真面目すぎる人は、息抜きが足りません。 息抜きとして適度に楽しむなら、仕事にも健康にもプラスに働きます。 しかし、暴飲暴食も夜遊びもギャンブルも、過度には注意が必要です。 適度の範囲で楽しむぶんにはいいですが、過度になると、破滅や後悔をもたらす可能性があります。 真面目すぎる性格の人は、普段からストレスをため込んでいます。 そのため、一度遊び方を知ってしまうと、ストレスを爆発させるかのように没頭して、依存に陥ることがあります。 夢中になった結果、適度を超えて過度になることが少なくないのです。 中でも特に注意したいのが「暴飲暴食」「夜遊び」「ギャンブル」です。 どれも安易に楽しめることですが、だからこそ注意が必要です。 それぞれ「一度はまると抜け出しにくい」という特徴があります。 自分を過信せず、適度の範囲で楽しむ自制心を身につけてください。 ●暴飲暴食 食事を食べすぎる。 お酒を飲みすぎる。 暴飲暴食も、たまにならいいのです。 食欲を満たすのは快感です。 食べたり飲んだりすると、ストレスを発散できます。 好きなだけおいしいものを食べたり、お酒を飲んで酔いを楽しんだりするのもいいでしょう。 おいしい食事やお酒には、緊張をほぐして、リラックスをもたらす作用があります。 しかし、ストレス解消に有効な暴飲暴食も、頻度が多くなると問題です。 食べすぎは、カロリーの過剰摂取になり、肥満の原因になります。 痩せるのは難しくても、太るのは簡単です。 暴飲暴食の頻度が多くなると、あっという間に肥満体です。 体に大きな負担を与え、健康にも悪影響です。 お酒については、アルコール依存症になる可能性もあるため、注意が必要です。 食事もお酒も楽しむのはいいですが「ほどほど」が大切です。 ●夜遊び 朝まで飲み歩く。 仲間と夜通しでカラオケを楽しむ。 キャバクラやホストクラブで豪遊する。 夜遊びも、適度ならいいのです。 大きな節目なら、人付き合いの一環として朝まで飲み歩くこともあっていいでしょう。 仲間と夜通しでカラオケを楽しめば、友情を育むことに役立つでしょう。 キャバクラやホストクラブで、愚痴や不満を聞いてもらうのも悪くありません。 しかし、夜遊びが毎日となると、話は別です。 夜遊びの頻度が多くなると、生活リズムが狂って、日中の仕事に支障を来します。 また、健康を害したり、夢と現実の境が分からなくなったりします。 こつこつ貯めたお金が、一気になくなることも少なくありません。 夜遊びに多額のお金をつぎ込むようになれば、破滅の一歩手前です。 夜遊びを楽しむのもいいですが「週に1回」「月に1回」など、制限を設けておくのが得策です。 ●ギャンブル すべてのギャンブルが悪いとは限りません。 気分転換をしたいときもあるでしょう。 現実を忘れたいときもあるでしょう。 たまには大当たりの快感を楽しめば、大きな興奮と喜びを楽しめます。 うまくいけば、お金を手に入れることも可能です。 適度なギャンブルなら、気分転換やストレス発散など、一定の有効性があります。 しかし、どっぷりはまるほど夢中になるのはよくありません。 結局のところギャンブルは、胴元が儲かるようにできています。 「元を取り返そう」という気持ちが出てくれば、イエローカードです。 いつもギャンブルのことが頭から離れなくなれば、レッドカードです。 ギャンブルにはまって最終的に残るのは、多額の借金。 理性と自制心を失った行動の先には、後悔しかありません。 最悪の場合、仕事も家庭も失ってしまう可能性があります。 真面目すぎる性格を直したいとはいえ、楽しみ方には限度があります。 ギャンブルを楽しむなら、適度の範囲をおすすめします。 暴飲暴食・夜遊び・ギャンブルにのめり込みすぎないよう注意する。

26
★1

意外と真面目すぎる人ほど、依存症に陥りやすい。

真面目すぎる性格を直すなら、遊び心を意識しましょう。 真面目すぎる人は遊び心が足りないため、適度に遊びを取り入れたほうが健全です。 だんだん気持ちを緩めていくことで、真面目すぎる状態から真面目な状態に移行していきます。 会話では、ジョークやユーモアを心がける。 仕事では、面白い工夫やアイデアを取り入れてみる。 疲れたら、趣味や息抜きでストレスを発散させる。 遊び心を意識していくうちに、真面目すぎる性格が直っていきますが、ここで注意したいことがあります。 真面目すぎる性格を直すのはいいですが、程度を越えないように注意してください。 遊び心が大切とはいえ、何から何まで遊びばかりでは本末転倒です。 遊びの種類によっては、極度な陶酔状態をもたらすものもあります。 遊びの興奮や快感が忘れられず、どんどん深みにはまっていくことがあります。 特に注意したいのは「依存症」です。 真面目すぎる性格を直す意味として、遊ぶのはいいですが、依存するほどのめり込んではいけません。 途中でやめられなくなるほど夢中になると、人生を破滅に導く可能性があります。 世間を賑わすニュースを見てください。 ゲーム依存症・買い物依存症・恋愛依存症・ギャンブル依存症・アルコール依存症。 依存症に陥るのは、不真面目な人ばかりとは限りません。 意外と真面目すぎる人ほど、依存症に陥りやすい。 日頃ため込んでいるストレスが大きい分だけ、ちょっとした遊びで一気に爆発する。 一度、非日常的な興奮を味わうと、その快感が忘れられず、どんどんのめり込んでしまう。 普段慣れていない遊びなので、途中で歯止めが利かなくなり、やめるタイミングも分からなくなる。 気づけば、依存症に陥っていることがあるのです。 生活に支障が出るほどのめり込むのは、どんな遊びでもやりすぎです。 理性と自制心がなくなった遊びは、もはや悪質なギャンブルと同じ。 とりわけ真面目すぎる人は、遊びのブレーキを踏むのが下手です。 遊ぶのはいいですが、ブレーキを踏むタイミングも大切にしてください。 真面目すぎる性格を直すのはいいのですが、依存になるほど遊びほうけるのは注意しましょう。 真面目すぎる性格を直すつもりが、不真面目にならないよう注意する。

27
★3

気遣いも気配りも、限度を超えると、迷惑になる。

真面目な人は、気遣いや気配りが上手です。 相手のしぐさや表情を観察して、求めていることがあれば、先回りをして行動します。 もちろん相手のためを思って、いろいろ配慮するのは素晴らしい心がけです。 気遣いや気配りがあれば、人間関係もスムーズになります。 好感度が高くなり、好印象にもつながります。 相手から「優しいね」「気が利くね」「さすがだね」と感心されるでしょう。 気遣いも気配りも、ないよりあったほうがいいのは間違いありません。 しかし、真面目すぎる人の場合、気遣いや気配りが、過剰になっています。 過干渉の親のように、あれこれ世話をしようとします。 相手が求めていることなら、何でもしようとします。 「好かれたい」「感心されたい」といった気持ちが強いため、気遣いや気配りが過剰になっています。 気遣いや気配りも、過剰になると、わざとらしい行動が増えてしまいます。 「いい人だと思いなさい」と言わんばかりの行動は、いやらしくも思えるでしょう。 「好意の押し付け」「親切の押し売り」になってしまい、相手の迷惑になるのです。 また気遣いも気配りが過剰になると、相手は子供扱いをされているように感じ、不快感を与えることがあります。 相手のためにしている行動が悪く誤解されるのは不本意でしょう。 これでは過干渉と言われても不思議ではありません。 気遣いも気配りも、限度を超えると、迷惑になるのです。 気遣いも気配りも、程度に注意してください。 自分の都合を押し付けるのではありません。 あくまで相手の立場になって考えることが大切です。 「過剰」「過干渉」と思われる行為なら、あえて控えることも大切です。 相手も、1人の人間です。 分別のできる年齢なら、自分のことは自分でできるはずです。 自分の判断で行動するほうが、責任感ややりがいも生まれます。 気遣いや気配りをするのが好きな人もいるかもしれませんが、我慢することも必要です。 完璧な気遣いや気配りをするのではなく、ある程度は相手の裁量に任せましょう。 気づいても、そっとしておくことも大切です。 時には見て見ぬふりも必要です。 無視や放置をするわけではなく、あくまで相手の考えや気持ちを尊重しましょう。 一定の距離感を保って付き合うほうが、お互いとも自由の範囲が広がり、付き合いやすくなります。 気遣いや気配りしすぎず、適度を意識する。

28
★1

周囲の評価を気にしすぎない。
自分らしさを大切にしよう。

どのくらい周囲からの評価を気にするか。 それが問題です。 日常では評価を気にしなければいけない場面があります。 たとえば、ビジネスです。 人事評価は避けて通れません。 業務中の態度や仕事の成果など、ビジネスでは人から評価される場面があります。 またプライベートでも、周囲の評価を気にすることがあるでしょう。 「優しい人と思われたい」「いい人だと思われたい」といった感情は、誰にでもあるのが普通です。 自分は周りからどう思われているのかが気になって、少しでもよく思われるために振る舞うことがあるはずです。 周りから認められ、称賛されるのは、さぞ気持ちがいいでしょう。 適度に周りの評価を気にするのはいいのですが、むやみに周りの評価を気にしすぎると、少し話が変わります。 ・常に周囲の目を気にしている ・自分の評価が上がることしか関心がない ・常に自分がどう思われているのか考えている ・何をするにも、周りの評価を基準に考える ・自分の価値観ではなく、周りの価値観で行動する 常に人の目を意識すると、周りからの評価が気になって落ち着きません。 周囲の評価を気にしてばかりでは、なかなか落ち着けなくなります。 ストレスが増えてしまい、息苦しくなります。 小さなミスや失敗すらも怖くなり、自分らしさが失われていきます。 「自分がしたいから行動する」ではなく「周りに評価されるから行動する」という不純な動機になってしまう。 八方美人がエスカレートすると、最終的に本当の自分が分からなくなるのです。 周りの評価を気にしすぎるなら、程度を落としましょう。 いま一度、自分らしさを大切にするのです。 周りからの評価も大切ですが、自分らしさはもっと大切です。 周囲の評価を気にしても、気にしすぎないこと。 もっと自分の素直で正直な気持ちに集中しましょう。 自分の本音・本心に耳を傾けます。 「好きなのか、嫌いなのか」 「したいのか、したくないのか」 「合っているのか、合っていないのか」 自分の素直な気持ちに集中して、心の中を掘り下げていくと、自分らしさを発見しやすくなります。 そして素直な気持ちがわき上がり、自分らしい行動を取りやすくなります。 さまざまな情報や雑音に振り回され、なかなか自分らしさが分からないなら、1人で静かに過ごす時間を作ってください。 周りの声を遮断して、自分の心に集中する時間を作ると、素直な気持ちに気づきやすくなります。 「自分はこれがしたかった」という素直な気持ちが正解です。 一度しかない人生ですから、自分らしく生きることが大切です。 後から「もっと素直に生きておけばよかった」と後悔することがないよう、もっと素直に生きましょう。 自分らしさに集中することで、自分らしい人生を歩むことができるのです。 自分の正直な心に従って、判断や選択をするだけです。 あなたの答えは、あなたの中にあるのです。 周囲の評価を気にしすぎず、自分らしさを大切にする。

29
★3

1人で負いすぎた責任は、自己犠牲にしかならない。

真面目な人には責任感があります。 仕事に誠実で、何事も責任を持って行動します。 必要な責任は、拒もうとせず、きちんと負うことを果たします。 もちろん責任者という立場なら、責任を負う必要があるでしょう。 たとえば、店長やリーダーです。 大勢を取りまとめたり、計画の中心人物だったりすれば、1人に責任が集中する場合もあります。 責任感を持つと、適度な緊張感が生まれます。 行動や考え方も洗練され、社会人としての品格を高める力があります。 立場に応じた責任なら、しっかり負って、果たすことが大切です。 しかし、真面目すぎる人は、責任を負いすぎる傾向があります。 「責任を負うことが立派」 「責任感を持ったほうが社会人らしくなる」 「責任者なら、とにかく全責任を負わなければいけない」 真面目すぎる人は「責任を負うことが善」という考え方があります。 責任に過剰な美意識があり、拒もうとしません。 それどころか、自分から責任を負いに行こうとします。 責任を負いすぎていると、トラブルが起こったとき、致命的です。 仕事を失ったり借金を背負ったり家族を失ったりなど、甚大な損害が発生します。 たった一度のトラブルで、一生を台無しにする可能性もゼロではありません。 「全責任を負う」という言葉は、響きこそいいですが、現実では大変リスクが高いのです。 とにかく責任を負えばいいわけではありません。 お金も時間も体力も有限ですから、1人で負える責任も限界があります。 そこで必要なのが「責任の分散」です。 自分の様子を振り返ってみましょう。 1人で責任を負いすぎていませんか。 「自分がこんなに責任を負う必要があるのだろうか」と疑問に思うことがあれば、要チェックです。 責任を負いすぎている点があるなら、分散を検討してください。 ・責任者を増やす ・自己責任ではなく、連帯責任にする ・1人で作業をするのではなく、複数人で手分けをする ・仕事の範囲を区切る ・新しい責任分解点を設ける 責任の分散とはいえ、責任から逃げているわけではありません。 不当な責任転嫁でもなければ、責任の所在を曖昧にするわけでもありません。 あくまでリスク対策の一環です。 責任を分散させたほうが、仕事の精度やスピードが上がることも少なくありません。 責任の分散は、自分のためだけでなく、会社のためにも顧客のためにもなります。 1人で負いすぎた責任は、自己犠牲にしかなりません。 「責任を負うことが善」という自分を犠牲にするような考え方を改めることです。 1人で責任を負いすぎているなら、トラブルが発生する前に、適切に分散させるのが得策です。 1人で責任を負いすぎているなら、適切に分散させる。

30
★0

不当な責任転嫁はNG。
妥当な責任転嫁はOK。

「責任転嫁」 そう聞いたとき、どんな印象を持ちますか。 「責任転嫁は悪いこと」 「責任転嫁があってはならない」 「責任転嫁は、道徳に反する行為」 こうした認識が多いのではないでしょうか。 世間全体で見ても、責任転嫁にはネガティブなイメージがあるため「控えるべきもの」とされています。 しかし、すべての責任転嫁を悪と決め付けるのは早計です。 「責任転嫁」と一言で言っても、大きく分けて、2種類あります。 「不当な責任転嫁」と「妥当な責任転嫁」です。 それぞれ同じような意味に思えますが、本質は似て非なるもの。 きちんと違いを区別して、責任転嫁について理解を深めておくことが大切です。 ●不当な責任転嫁 不当な責任転嫁はよくありません。 明らかに自分が悪いにもかかわらず、自分が負うべき責任を他人になすりつけるのはマナー違反。 大人としても社会人としても恥ずかしい行為です。 自分に責任があるなら、きちんと非を認め、反省が必要です。 その上で、現実に応じた責任を果たす必要があるでしょう。 ●妥当な責任転嫁 すべての責任転嫁が悪いとは限りません。 たとえば、責任者という立場でもないのに、無理やり全責任を負わされるのは不自然です。 受け持ってもいない仕事の責任まで負わされるのは、不条理です。 また、不可抗力による事故や災害の責任まで負うのは、無理があるでしょう。 たとえ担当の仕事であっても、仕方ない事情が存在するなら、情状酌量の余地はあるでしょう。 もし自分が不当に責任を負わされていると感じたら、きちんと主張してください。 自分の潔白を証明したり、誤解を解いたりしたほうがいい。 これは、妥当な責任転嫁です。 妥当な責任転嫁は、許される行為です。 間違っていることではなく、むしろ正しいこと。 「それは、私の担当の仕事ではない」 「自分に無関係の責任まで負わされている」 「責任の在り方が不公平だ」 少し勇気が必要ですが、人生を生き抜くためには大切です。 何でも責任を負っていては、身も心も押しつぶされ、生活も人生も破綻します。 真面目になるなら、きちんと責任を負うことが大切ですが、不必要に責任を負うのは、真面目を通り超してナンセンスです。 正しい責任を負うから、正しく反省できます。 妥当な責任転嫁をしていくことで、精神的なストレスも軽くなります。 不当な責任転嫁はNGですが、妥当な責任転嫁はOKなのです。 妥当な責任転嫁なら、どんどん実行していく。

同じカテゴリーの作品