自分磨き

楽しい人になる
30の方法

  • 楽しい人は、
    楽観主義者。
楽しい人になる30の方法

もくじ
  1. 楽しい人は、楽観主義者。

    あなたは楽観主義者ですか。
    それとも悲観主義者ですか。
     

  2. まず自分が楽しもう。

    あなたは毎日、自分の好きなことをしていますか。
    楽しい人になるためには、まず自分が楽しみましょう。
    人を楽しませることも大切ですが、自分が楽しむことはもっと大切です。

  3. 楽しい気持ちだから、楽しいことを考えるのではない。
    楽しいことを考えているから、楽しい気持ちになる。

    楽しい人は、いつも楽しいことを考える習慣があります。
    自分にとってわくわくすることを考えているので、心はいつも明るい状態でいられます。
    好きな仕事を楽しんでいるところ。

  4. 楽しい人には、人を楽しませる習慣がある。

    楽しい人になるためには、心がけたい習慣があります。
    「人を楽しませる習慣」です。
    楽しい人になるためには、まず自分が楽しむことが大切です。

  5. 自分のことが嫌いだと、楽しい人になるのは難しい。

    あなたは自分が好きですか。
    「自分が嫌い」
    「自分が好きではない」

  6. 知的好奇心は、あなたを新しい世界に導く力がある。

    楽しい人は、知的好奇心が旺盛です。
    気になることがあれば、近づいてみます。
    分からないことがあれば、すぐ調べます。

  7. 好きなことを後回しにする必要はない。
    むしろ好きなことから選んでいこう。

    複数の選択肢があるとき、何から選ぶかです。
    取り組む仕事を選ぶとき。
    回転寿司のネタを選ぶとき。

  8. つまらない人は、決断も行動も遅い。
    楽しい人は、決断も行動も早い。

    つまらない人は、決断も行動も遅いのが特徴です。
    「また今度にするよ」
    「いつかします」

  9. 楽しい人は、積極的に話しかける習慣がある。

    話しかけるか、話かけられるか。
    そこが問題です。
    どちらも会話をする点は同じですが、本質に大きな違いがあります。

  10. 楽しい人は、会話上手。
    話し上手・聞き上手を心がけよう。

    楽しい人には「会話上手」という特徴があります。
    舞台やテレビで活躍する芸人や司会者はみんな、会話が上手です。
    明るく面白い話をすると、相手を楽しませることができます。

  11. つまらない人は、返事が暗い。
    楽しい人は、返事が明るい。

    会話の流れを決める1つが、返事です。
    返事の内容によって、会話を明るくさせることもあれば、暗くさせることもあります。
    深く考えることなく安易に答えがちですが、発言前に会話への影響を考えることが大切です。

  12. 提案は「いいね」と肯定することから始めよう。

    相手から提案をされたとき、どう答えるか。
    ここに、楽しい人とそうでない人の差が現れます。
    楽しくない人は、相手の提案に否定して答えることがあります。

  13. 楽しい人は、心配りが上手。

    楽しい人になるためには、心配りを意識しましょう。
    心配りとは、相手の心情を察して、細かいところまで注意を行き届かせることを言います。
    心配りといえば、難しくて大変そうに思えますが、誤解です。

  14. 理解力・共感力のある人は、必ずモテる。

    楽しい人は、2つの力を大切にしています。
    「理解力」と「共感力」です。
    理解力とは、相手の考えや気持ちを読み取って、正しく判断する力。

  15. リアクションが小さいと、会話は盛り上がらない。
    大きなリアクションは、会話を盛り上げるスパイス。

    楽しい会話をするなら、リアクションが大切です。
    返事が薄い。
    返事が曖昧。

  16. アドバイスはなくていい。
    悩みを解決しなくてもいい。
    じっくり話を聞いて、共感するだけでいい。

    人から悩み事を告白されることがあります。
    生活の悩み、体の悩み、人間関係の悩み。
    勉強の悩み、仕事の悩み、将来の悩み。

  17. ユーモアのセンスは、後天的要素。
    努力さえすれば、短期間で身につけられる。

    ユーモアとは何か。
    ユーモアとは、思わずほほ笑むような、上品で機知に富んだしゃれのことを言います。
     

  18. 楽しいネタは、自然と浮かぶものではなく、準備しておくもの。

    楽しい人は、楽しいネタを話すことが大切です。
    会話をしながら、ふと楽しいネタが思い浮かぶこともあります。
    楽しい会話は、連想ゲームになっています。

  19. 楽しい人は、褒め上手。

    楽しい人は、褒めるのが上手です。
    話をするときは、褒める習慣を身につけましょう。
    もちろん褒めることはなくても、楽しい会話はできます。

  20. 下手な相槌では、盛り上がる話も盛り上がらない。
    大切なのは、話の調子を合わせた相槌。

    楽しく会話をするには、相槌がポイントです。
    相手の話の途中で、うなずいたり短い一言を入れたりすると、話がどんどん弾みます。
    テレビや舞台で活躍する芸人や司会者も、相槌が上手です。

  21. 大切なのは、会話のキャッチボール。
    話してばかりはよくない。

    「楽しい人になるために、面白い話をしよう」
    そう思ったとき、たくさん話をしがちです。
     

  22. つまらないと感じるのはいい。
    つまらない顔をするのがいけない。

    会話では、ときどきつまらない会話になることがあります。
    当たり前の話。
    誰でも知っている話。

  23. 楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要がある。

    楽しい人になるためには、マナーも欠かせません。
    楽しい人と無関係に思えるポイントですが、誤解です。
    無関係どころか、大いに関係しています。

  24. 親切の押し付けに要注意。
    大切なのは、純粋なサービス精神。

    楽しい人になるとき、陥りがちな態度があります。
    「親切の押し付け」です。
    楽しい人になるためには、面白く話したり明るく接したりすることがポイントです。

  25. 前に話したことをきちんと覚えているか。

    前に話した話題を出したときのことです。
    「そんな話をしたかな」
    「はっきり覚えていないな」

  26. 余裕がなければ、心は死んでいるも同然。

    あなたの生活には「余裕」がありますか。
    「なかなか自由な時間が取れない」
    「多忙の日々が続いて、ゆっくりできる暇がない」

  27. 「つまらないことを楽しくする」という挑戦を楽しもう。

    日常生活では、つまらないことが存在します。
    単純な仕事の繰り返し。
    単純な勉強の繰り返し。

  28. 元気が出るから、行動するのではない。
    行動するから、元気が出る。

    日常では時に、落ち込むことがあります。
    友達に悪口を言われた。
    好きな人に振られた。

  29. 過去も未来も幻想。
    生きているのは、今しかない。

    楽しい人になるために大切にしたい時間があります。
    常に「今」を大切にしましょう。
    楽しい人は、むやみに過去を振り返りません。

  30. 楽しみを独り占めすると、幸せが半減する。
    楽しみを分かち合うと、幸せが倍増する。

    日常では時折、急に幸運を手に入れることがあります。
    臨時の収入があった。
    魚釣りで大量の魚が釣れた。

同じカテゴリーの作品