人生の教科書



自分磨き

内気な性格を改善する
30の方法

  • 「失敗したくない」と考えるから
    内気な性格になる。
    「失敗してもいい」と考えれば、
    内気な性格が改善する。
内気な性格を改善する30の方法

もくじ

1
★4

「失敗したくない」と考えるから、内気な性格になる。
「失敗してもいい」と考えれば、内気な性格が改善する。

内気な性格の人がいつも考えていることがあります。 それは「失敗したくない」です。 「失敗すること=悪いこと」と考えています。 極端に失敗を恐れ、1つでも失敗を減らそうと心がけています。 もちろん失敗を減らす心がけは大切です。 面倒なことがあっても、ストレスが多いだけ。 うっかり失敗をすることで、経済的・精神的なダメージを受けることもあるでしょう。 評価が落ちたり、信頼を失ったりすることもあります。 余計なトラブルは避け、物事がスムーズに進むほうがいいに決まっています。 しかし、極端に失敗を避けようとする姿勢はよくありません。 「失敗したくない」と思えば思うほど、不安・恐怖・心配が大きくなります。 行動しすればするほど失敗のリスクも高まります。 勇気を出したくても、出なくなる。 行動したくても、勇気より臆病のほうが勝ってしまいます。 完全に失敗を避けるなら「何もしないのが一番」ということになります。 「失敗したくない」と思えば思うほど、内気な性格を助長させてしまうのです。 ここで1つ、気づいてほしいことがあります。 「失敗の大半は小さなこと」という事実です。 失敗をしたらどんな悪影響があるか、一度振り返ってみてください。 失敗したら、二度とやり直しができないことでしょうか。 本当に絶望的でしょうか。 もちろん中には重大な失敗もあるでしょうが、ごく一部のはずです。 命に関わるような大失敗なら別ですが、多くの場合、失敗とはいえ、小さなことのはずです。 失敗を大げさに考えすぎている自分に気づいてください。 失敗を恐れて行動を諦めるのは、損しかありません。 失敗を恐れているかぎり、内気な性格を改善するのは難しいのです。 考え方を改めましょう。 「失敗したくない」と考えるのではありません。 「失敗してもいい」と考えるのです。 「失敗してもいい」と考えれば、内気の心が軽くなって、強気の心になれるはずです。 失敗したら、やり直せばいいだけ。 落ち込んだら、笑って元気を出せばいいだけ。 落ち込んだとしても、時間が解決してくれるでしょう。 お金を失えば、また稼げばいいだけ。 大きな借金でないかぎり、再起ができるはずです。 失敗したとしても、成功のヒントさえつかめれば、無駄とは言えないはずです。 失敗を糧にすれば、次こそ成功ができるでしょう。 なかなか心が変わらないなら「別に失敗してもいいよね」という一言を口癖にしてください。 ことあるごとに「別に失敗してもいいよね」と唱えれば、いつも強気でいられます。 さあ、今から新しいことに挑戦しましょう。 「別に失敗してもいいよね」と思えば、勇気が出ます。 内気が吹き飛び、強気になれるのです。 「失敗したくない」ではなく「失敗してもいい」と考える。

2
★4

「内気を改善したい」と考えるのではない。
「明るく積極的になりたい」と考えよう。

内気を改善したいとき、私たちは心の中でこう思うでしょう。 「内気を改善したい」と。 何の変哲もない、ストレートな一言です。 内気を改善したいのですから、別に悪い言葉ではありません。 恥ずかしがらず、潔く言い切った一言には、本気が感じられます。 しかし、ここに注意ポイントがあります。 思いや願いは「言葉」の使い方が大切です。 言葉には「言霊」と言われるように、神秘的な力が宿っています。 思いや願いにネガティブなキーワードが含まれていると、前向きなエネルギーを妨げる可能性があります。 「内気を改善したい」という言葉の中には「内気」というキーワードが含まれています。 ネガティブなキーワードを考えることは、ネガティブなイメージを思い浮かべることと同じです。 「内気を改善したい」と思っていると、注意が「内気」に向くため、スムーズな改善の妨げになることがあるのです。 悪い言葉ではありませんが、いい言葉でもありません。 すっきりしない余韻が残ります。 「内気を改善したい」という考え方には注意したいのです。 では、どう考えるのが適切なのか。 「明るく積極的になりたい」と考えましょう。 内気の反対の言葉で考えることが大切です。 「明るい」「積極的」という言葉は、ポジティブなキーワードです。 ポジティブなキーワードを考えることは、ポジティブなイメージを思い浮かべることと同じです。 「明るく積極的になりたい」と考えるたびに、その様子を頭の中でイメージすることになります。 思いや願いにポジティブなキーワードを含めることで、実現力が高まります。 そのほか「社交的になりたい」「外交的になりたい」「活発な性格になりたい」といった言葉も有効です。 たかが言葉とはいえ、軽視してはいけません。 言葉は、心だけでなく、性格にも影響する力があります。 思いや願いは、ポジティブなキーワードを使うのが鉄則です。 「内気を改善したい」より「明るく積極的になりたい」と考える。

3
★2

内気な性格を改善するポイントは「好きなこと」にある。

内気な性格を改善するなら、好きなことに取り組みましょう。 好きなことなら、自然と積極的になれるからです。 興味関心のないことには消極的でも、好きなことなら積極的になれるでしょう。 好きなことは、自分の感覚や感情とぴったり合っています。 心が強く引きつけられて、わくわくせずにはいられない。 心地よく、快感があり、触れているだけで幸せな気持ちになれるでしょう。 好きなことなら、自然と勇気が湧いてきます。 難しいことや恥ずかしいことがあっても「好きなことのためなら!」と思えば、自然とやる気と行動力が出てきます。 好きなことなら、自然と熱が入るため、物覚えもよくなります。 好きなアイドルの誕生日は一発で覚えることができるように、好きなことも簡単に覚えることができるはずです。 内気な性格なら、まず好きなことから取り組みましょう。 たとえば、趣味が旅行なら、旅行に関しては積極的になれるでしょう。 楽しく資料集めができたり、旅行計画を考えることにも積極的になれたりするでしょう。 好きなことなら、物覚えもよく、すらすら吸収していけるでしょう。 自然と根気と集中力を発揮できる。 なかなか分からなくても根気よく粘ったりできるはずです。   サッカーが好きだとします。 好きなサッカーなら、仲間に声をかけたり、勇気を出してチャレンジできたりするでしょう。 積極的に練習をしたり、うまくいかなくても、気力を振り絞ったりできます。 自分に気合を入れたり仲間を励ましたりできるでしょう。   会話で話すときも、好きな趣味のことなら、スムーズにおしゃべりができるはずです。 好きなことなら詳しいので、ネタを用意しなくても、次から次へと話したいことが出てくるでしょう。 「もっと話したい」「もっと聞いてもらいたい」という気持ちになるはずです。 面白い冗談やユーモアを言いたくなる気持ちになるでしょう。 話し上手の練習をしなくても、自然と話し上手になっているに違いありません。   「好きなことばかりしても、根本的に内気な性格が改善されない」と思うかもしれませんが、誤解です。 好きなことには波及効果があります。 好きなことに取り組むことが、メンタルを鍛えるトレーニングになります。 だんだん心が強くなっていき、内気な性格が改善されていくのです。   わざわざ嫌いなことをする必要はありません。 まず好きなことに着手しましょう。 あなたにとって好きなことは何ですか。 お気に入りは何ですか。 内気な性格を改善するポイントは「好きなこと」にあるのです。 好きなことに取り組む。

4
★1

持ち物を明るくすると、性格も明るくなる。

内気な性格を改善するなら、持ち物に注目しましょう。 内気な人は、控えめな性格のため、地味な持ち物を持つ傾向があります。 もちろん地味な持ち物が悪いわけではありません。 地味な色やデザインには、落ち着いた雰囲気があります。 地味な持ち物でも、上手に組み合わせれば、シックで大人びたおしゃれを演出できるでしょう。 しかし、地味な持ち物ばかり持っていると、雰囲気まで暗くなっていることがあります。 持ち物とはいえ、心に影響する力を秘めています。 持ち物の雰囲気は、いつの間にか性格に影響することも少なくありません。 地味な持ち物もいいですが、地味なものばかりに囲まれていると、気持ちまで暗くなることがあります。 内気な性格を改善しようとしても、地味な持ち物に囲まれていると難しいのです。 そこで注目したいのが、明るい雰囲気の持ち物です。 地味な持ち物から、明るい雰囲気の持ち物に変えてみましょう。 全部を変える必要はなく、一部を変えるだけ十分です。 明るい雰囲気の持ち物を持つと、見たり触れたりしているうちに、明るい気持ちになっていきます。 たとえば、携帯電話のカバーです。 携帯電話は触れる回数も多い。 携帯電話のカバーが明るく華やかになれば、触れている自分まで明るい気持ちになっていくでしょう。 携帯電話で会話するとき、無意識のうちに明るい会話ができるはずです。   文房具も要チェックです。 ノート、鉛筆、シャーペン、下敷き、消しゴム。 明るいものにすれば、自然と気持ちまで明るくなっていくでしょう。 明るい雰囲気の文房具を持つことで、いつの間にか積極的な気持ちが強くなっているでしょう。 仕事をするときも、明るく積極的な気持ちで打ち込めるようになります。   机の上に置く小物も、明るいものにしてみるといいでしょう。 コップ、置き時計、ペン立て、貯金箱、マウスパッド。 机の上なら、自然と目に触れる回数が増えます。 視界に明るいものが飛び込んでくると、気持ちも明るくなってきます。   そのほか、バッグ・お財布・手帳・メモ帳・化粧道具なども、明るい雰囲気のものに変えてみるといいでしょう。 持ち物は、見る回数も触れる回数も多いため、なるべく明るいものにしておくほうがいいでしょう。 色やデザインを少し明るく変えるだけでも、おしゃれな雰囲気になります。   勇気があれば、派手な持ち物に挑戦してみるのも悪くありません。 最初は落ち着かずそわそわするかもしれませんが、なじんでくると、意外と似合っているかもしれません。 派手な持ち物には、元気で明るいパワーが秘められています。 一部だけ派手にすると、アクセントになっておしゃれにもなるでしょう。 § 毎日使う持ち物には、変身願望を叶える効果があります。 特に使用頻度が高い持ち物は「体の一部になっている」と言っても過言ではありません。 少しお金はかかりますが、性格に及ぼす影響を考えれば「意義のある出費」と言えるでしょう。 明るい持ち物に買い換えることで、内気な性格の改善につなげていきましょう。 持ち物を明るくすると、性格も明るくなるのです。 明るい雰囲気の持ち物を持つ。

5
★3

笑顔は、珠玉の言葉と同等の価値がある。
明るい印象を与え、相手の心を動かす力がある。

内気な性格の人は、表情の変化が乏しい傾向があります。 気弱な気持ちは、つい表情にも出てしまうもの。 人と話すとき、無表情や無愛想になっていたり、びくびくした表情や不安げな表情になっていたりすることが多い。 その反面、にこにこしたり笑ったりすることが少ない。 内気な性格だから自然とも言えますが、だからとはいえ、そのままにしておくのもよくありません。 無表情のままでは、内気な性格を改善するのは難しい。 表情は、非言語コミュニケーションの1つ。 言葉ではありませんが、相手に与える印象は大きいため、軽視できません。 「表情を作っていないだけ。何も悪いことはしていない」 そう思うかもしれませんが、表情がないだけで悪く誤解をされるのは不本意でしょう。 悪いことをしているわけではありませんが、暗い表情だけで悪い誤解を生みやすい世の中があります。 コミュニケーションのすれ違いを生むことも少なくありません。   そこで心がけたいのが「笑顔」です。 内気な人は、意識的に笑顔を増やす努力をしていきましょう。 「楽しいこともないのに笑顔になれない」と思うかもしれませんが「大笑いをしろ」と言っているわけではありません。 にこにこするだけでいいのです。 内気な性格の人でも、笑顔を作るくらいならできるはずです。 嘘でも下手でも演技でもいいので、まず笑顔を作りましょう。 大げさな笑顔は不要です。 口角を少し上げるだけでいいのです。 コミュニケーションでは、にこにこしながら接するようにしましょう。 話すときも聞くときも、にこにこした笑顔を心がけます。 楽しい話をしていなくても、にこにこしているだけで、自然と会話が明るい雰囲気が漂うようになります。   挨拶をするときも、にこにこした笑顔で声をかけましょう。 相手から声をかけられてから挨拶をするのではなく、自分から先に挨拶をするようにします。 にこにこしながら挨拶されると、相手は自分が好かれていることが分かるので、人間関係に好影響を与えます。   にこにこしていることは、精神面にもプラスの影響があります。 つらいときも悲しいときも、にこにこした笑顔になっていると、立ち直るのが早くなります。 脳の中でポジティブな気持ちにさせる物質が放出されるようになり、明るい気持ちになっていくのです。 明るい気持ちだから、にこにこするのではありません。 にこにこしているから、明るい気持ちになるのです。 にこにこしていると、自然と明るい雰囲気が漂うようになります。 不細工でも、笑顔になれば、魅力的になれます。 にこにこしていると、自然と自信に満ちた雰囲気が出るようになり、仕事でもメリットがあります。 シリアスな話でないかぎり、常ににこにこした笑顔を心がけましょう。 つらいときも悲しいときも、できるだけ笑顔を意識したい。 むすっとしていると人が離れ、にこにこしていると人が近づいてきます。   笑顔に慣れていないなら、慣れていきましょう。 人間は、慣れる生き物です。 慣れないうちは笑顔に違和感があるかもしれませんが、最初だけです。 普段から笑顔を心がけていると、だんだん普通になってきます。   笑顔の回数を、1回でも増やしましょう。 笑顔になっている時間を、1分でも長くしましょう。 笑顔は、珠玉の言葉と同等の価値があります。 明るい印象を与え、相手の心を動かす力があるのです。 意識的に笑顔を増やす。

6
★3

楽しい趣味には、性格を変える力がある。

あなたには趣味がありますか。 内気な性格を改善したいなら、ぜひ趣味を持つのがおすすめです。 「趣味で内気な性格が直るなら苦労しない」 そう思うかもしれませんが、趣味の潜在的な可能性は侮れません。 趣味には、心や性格に影響を及ぼす力があります。 趣味を楽しんだときのことを思い出してください。 自然と心が軽くなったり、晴れやかな気持ちになったりしたことがあるのではないでしょうか。 とことん趣味を楽しむと、心の中が「楽しい」「嬉しい」「面白い」というポジティブな気持ちで満たされます。 趣味を通して、学びや発見があったり、驚きや感動を楽しんだりできます。 わくわくどきどきした、充実した時間を送れます。 心が喜びで満たされると、性格まで明るくなっていきます。 楽しいと思える趣味を持つことで、自然と内気な性格が改善されていくのです。 ●趣味には自己肯定感を上がる効果がある 趣味にゴールはありませんが、自分なりに設定するといいでしょう。 趣味は、仕事ではありませんが、仕事のように本気で取り組んでみましょう。 向上心を持って真剣に取り組めば、仕事と同じか、それ以上の充実感・達成感・満足感を味わえます。 趣味を通して「うまくいった」という経験を積み上げることも、成功体験の1つです。 趣味を楽しんで、数多くの成功体験を積み重ねていくことで、自己肯定感を上げていけます。 共通の趣味の友達なら、自然と話も合って、仲良くなれるでしょう。 ●趣味の予定は先に入れておこう 趣味を楽しむなら、先に予定に入れておくのがいいでしょう。 「時間があるとき、趣味をしよう」 「趣味は、気が向いたときに楽しめばいい」 気分に任せるのも悪くありませんが、忙しい日々に追われていると、趣味が後回しになりがちです。 「時間があるとき」「気が向いたとき」と思っていると、いつまで経っても趣味を楽しめなくなります。 そのため、先に趣味の予定を入れておくほうがいいでしょう。 カレンダーやスケジュール帳に、趣味の予定を書き込むだけでOKです。 たとえば、週末に楽しい趣味を立てれば、平日の仕事も頑張れるでしょう。 楽しい予定が待っていると分かれば「この日に向けて頑張るぞ!」と思え、元気が出たり積極的になれたりするはずです。 ●趣味がないならこれから作ろう 趣味がないなら、これから作りましょう。 趣味に手遅れはありません。 興味関心のアンテナが反応したら、ゴーサインです。 自分が「楽しい」と思える趣味を持てば、その日から人生が変わります。 § 遊び心と興味関心を爆発させて、思いきり趣味を楽しもうではありませんか。 趣味に熱中することは、ストレス発散にもなるため、健康にも役立ちます。 趣味を通して充実した時間を過ごしていると、だんだん性格も明るくなっていきます。 自分のために積極的になれなくても、趣味のためなら積極的になれるもの。 本気で趣味に夢中になると、波及効果で性格まで明るくなっていきます。 楽しい趣味には、性格を変える力があるのです。 楽しいと思える趣味を持ち、とことん熱中する。

7
★1

新しく生まれ変わった自分をイメージすると、内気が改善する。

内気を改善するためになくてはならないイメージがあります。 それは、内気が改善され、新しく生まれ変わった自分です。 内気な人は、ネガティブなイメージを持っています。 自分を「内気」と思っているため、内気な自分のイメージが定着しています。 頭の中で思い浮かべる自分と言えば、内気な自分の様子ばかり。 ・消極的な自分 ・サボり癖のある自分 ・うまくコミュニケーションできていない自分 ・人付き合いに悩んでいる自分 ・チャレンジから逃げている自分 これでは内気になるのも当然です。 内気なイメージが先行すると、現実でも内気になってしまいます。 思い浮かべたイメージは、現実化する力があります。 ネガティブなイメージは、ネガティブな現実を引き寄せます。 内気なイメージを膨らませていると、なかなかその呪縛から抜け出せません。 いくら内気を改善しようとしても、内気のイメージがあると、なかなかその呪縛から抜け出せない。 内気な自分のイメージが「ありのままの自分」と思い込み、新しい行動に向けた挑戦意欲を妨げるのです。 そこで逆を心がけしょう。 内気が改善され、新しく生まれ変わった自分をイメージしてください。 ・明るく活発になっている自分 ・どんどん話しかけて、新しい友達を作っている自分 ・多くの友達に囲まれ、おしゃべりを楽しんでいる自分 ・ユーモアを言って、相手を笑わせている自分 ・社交的な性格になって、みんなと仲良くしている自分 ・常に気持ちを引き締め、やるべきことをやっている自分 ・積極的なチャレンジで、どんどん未来を切り開いている自分 内気が改善され、新しく生まれ変わった自分をイメージすれば、わくわくするでしょう。 「こうなりたい!」という気持ちが高ぶり、心が熱くなるはずです。 私たちは、イメージを現実化させる能力を持っています。 イメージしたことは、その方向に向けて意識が働くようになり、実現の可能性が高まるのです。 イメージすることは、イメージトレーニングにもなります。 心や体が、イメージの実現に向けて動き始めます。 明るいイメージを持つと「これが本当の自分だ!」という気持ちになり、心に火がつき、体がうずいてきます。 自分の殻を破りやすくなって、内気な性格の改善につながるのです。   新しく生まれ変わった自分をイメージしましょう。 いきなりポジティブなイメージを持つのは難しいかもしれませんが、できる範囲でかまいません。 まず明るく挨拶をしている自分からイメージしてみてはいかがでしょうか。 ●写真を使う方法もある 頭の中で新しく生まれ変わった自分をイメージしにくいなら、写真を使った方法があります。 明るく生まれ変わった様子の写真を、見える範囲に貼っておけば、イメージとして定着させやすくなります。 たとえば、ファッション誌を見れば、明るい雰囲気の写真がたくさんあるでしょう。 明るい笑顔で友達とおしゃべりをしているモデルの写真がたくさん掲載されているはずです。 「こうなりたい」というイメージが見つかれば、その写真を切り抜いて、壁に貼っておきます。 そして「これは未来の私だ!」と思いながら毎日眺めましょう。 モデルのイメージが自分にも反映されます。 明るく活発なイメージが頭の中で膨らみやすくなり、そのとおりに行動しやすくなります。 写真のイメージが、現実化されていくのです。 内気が改善され、新しく生まれ変わった自分をイメージする。 イメージしにくいときは、明るく活発なモデルの写真を活用する。

8
★2

意識を内側に向けると、自意識過剰になる。
意識を外側に向けると、内気な性格が改善する。

内気な人は、意識が内側を向いています。 「自分は周りからどう思われているのか」 「周りからどう見えているのだろうか」 いつも他人が自分をどう見ているかを気にしています。 もちろん自分を意識するのはいいのですが、意識をしすぎている状態です。 「自分、自分」というふうに、意識しているのは自分のことばかり。 考えているのは自分のことばかり。 他人への気遣いが少なく、気配りがおろそかになっています。 意識が内側を向いていると、自意識過剰になります。 いつも人目が気になって、びくびくおどおどするようになり、内気な性格がエスカレートします。 意識が内側を向いているかぎり、内気な性格を改善するのは難しいのです。 内気を改善したいなら、意識は、内側ではなく外側に向けましょう。 「あなた、あなた」と考えるようにするのです。 自分のことばかり考えるのではなく、周囲を見渡す余裕を持ちたい。   できるだけ相手に興味を持つようにしましょう。 相手への気遣いを増やし、できることを考えるようにします。 気になったことがあれば、質問してみましょう。 話のネタになり、仲良くなるきっかけにもなるでしょう。   相手のために自分は何ができるか考えてみましょう。 何か思いついたら、思うだけで終わらせず、きちんと行動に移します。 褒めたり、感謝したり、手伝ったりすると喜ばれます。   相手への配慮を心がけましょう。 相手の立場を考え、失礼がないよう注意します。 相手が嫌がる話題には触れないようにして、喜ばれる話題を振るようにすれば、心地よい会話が実現できます。   意識を外側に向けると、注意も外に向くため、内気な性格から注意をそらせます。 結果として、勇気が出たり積極的になれたりするのです。 意識の向く方向を変えるだけですが、性格にも影響するポイントです。 意識を外側に向けることで、余裕が生まれ、心も大きくなっていきます。 日頃から外側に意識を向ける習慣にしておきましょう。 意識を内側に向けると、自意識過剰になります。 意識を外側に向けると、内気な性格が改善するのです。 意識を内側から外側に向ける。

9
★2

内気な性格が改善するから、はきはき話すのではない。
はきはき話すから、内気な性格が改善する。

内気な性格の人には、ぼそぼそした話し方が目立ちます。 ・小さな声で話す ・曖昧な話し方が目立つ ・滑舌も悪くて、言葉が聞き取りにくい 内気な性格の人なら、どきっとした人も多いのではないでしょうか。 小さな声で話すと、相手は声が聞き取れません。 「内気だからぼそぼそした話し方になるのは仕方ない」と思うかもしれません。 たしかに内気な性格が影響して、声が出にくいということもあるでしょう。 気が弱いと、発声にも影響して、自然とぼそぼそした話し方になるように思われます。 しかし、ぼそぼそした話し方をしていると、内気な性格を改善するのは難しくなります。 ぼそぼそした話し方をしていると「自分は弱い人間だ」と自己暗示をかけているようなもの。 ぼそぼそ話していると、心に迷いが生まれます。 優柔不断になったり面倒くさい気持ちが強くなったりします。 判断したり決断したりするのが苦手になり、ますます弱気になっていくのです。 本気で内気な性格を改善したいなら、まず話し方から改善しましょう。 心がけたいのは「はきはきした話し方」です。 声は心にも影響します。 はきはきした話し方を心がけることで、心も強くなっていきます。 はきはきした話し方のためには、次の3つのポイントを意識するだけでOKです。 「声のボリュームを上げる」「滑舌をよくする」「言葉をはっきりさせる」です。 (ポイント1)声のボリュームを上げる 声のボリュームも上げましょう。 大声ではなく、相手が聞き取りやすいボリュームでかまいません。 内気な人は小声で話す傾向があるため、声のボリュームを少し上げてちょうどよくなります。 声を出せば覇気が出ます。 はきはき話すことで、弱々しい心が吹き飛び、強い心になっていきます。 (ポイント2)滑舌をよくする 滑舌をよくしましょう。 言葉が聞き取りやすいよう、しっかり口を動かし、明瞭な発音を心がけるようにします。 自分が話しやすいように話すのではなく、相手が聞き取りやすいように話します。 言葉が聞き取りやすくなるので、コミュニケーションがスムーズになります。 (ポイント3)言葉をはっきりさせる 言葉をはっきりさせるようにしましょう。 「○○だと思う」「○○かもしれない」という言い方は避けます。 濁した話し方をしていると、誤解を招くことがあります。 「○○です」「○○します」というはっきりした言い方のほうが、意味が伝わりやすくなります。 分からないことは「分からない」と答えればいいだけです。 はっきりした話し方を心がければ、意味が通じやすくなって、コミュニケーションが活性化します。 § はきはき話せば、決断力が出てきます。 自分の意思で物事を決めやすくなるので、人生を切り開きやすくなります。 内気な性格が改善するから、はきはき話すのではありません。 はきはき話すから、内気な性格が改善するのです。 普段からはきはきした話し方を心がけていけば、内気な心が吹き飛んでいきます。 ぼそぼそした話し方はやめて、はきはきした話し方を心がける。

10
★2

質問をする癖をつけると、内気な性格が改善されていく。

話し上手になるのは難しい。 聞き上手になるのも難しい。 そんなときは、質問上手を目指してください。 会話をするときは、質問する癖をつけましょう。 面白いネタがなくてもかまいません。 相手を笑わせる必要もありません。 気になったことを興味を持って質問するだけでいいのです。 どんなに内気な性格の人でも、質問するくらいならできるはずです。 「質問するだけなんて意味がない」と思うなら誤解です。 質問するとはいえ、積極的に働きかけることの1つ。 相手に向かって、興味関心のボールを投げることになります。 質問すること自体が、積極的なアプローチになるため、内気な性格の改善につながります。 質問する癖をつけるには、相手の話に興味関心を持って聞くことが大切です。 ぼんやりしながら聞くのではなく、わくわくしながら聞きましょう。 興味関心を持って話を聞けば、自然と疑問点が見つかって質問したくなります。 質問することに、特別な才能は必要ありません。 気になったことを聞くだけでいいのです。 「それは何?」 「どういう意味?」 「何があったの?」 話の続きが知りたいときは「それからどうなったの?」と聞くだけでOKです。 もちろんプライバシーには配慮が必要ですが、質問そのものはどんどんしたほうがいい。 どんどん質問することは、どんどん会話を盛り上げることにつながります。 質問された相手にとっても「話に興味を持ってくれている」と分かるので、嬉しく楽しく話してくれるでしょう。 テレビで活躍する司会者やアナウンサーを思い出してください。 彼らは、質問が上手です。 次から次へと質問することで、話をつなげて、盛り上げていきます。 話し上手も聞き上手も難しいなら、質問上手を目指していきましょう。 ●相手が努力していることや頑張っていることを質問しよう 上手な質問を考えるにはセンスが必要に思えますが、実は難しくありません。 上手に質問するには、コツがあります。 相手が努力していることや頑張っていることに注目してください。 相手はどんなことに励んでいるのか観察して、そこを質問するようにします。 相手が努力していることや頑張っていることを質問すれば、おおむね外れることはないでしょう。 「よくぞ聞いてくれた!」と言わんばかりの表情で、たくさん話してくれるはずです。 「いいですね」「面白いですね」という前向きな相槌を打っていけば、話が止まらなくなるはずです。 会話では、何でもいいので質問する癖をつける。

11
★3

性格が変わるから言葉が変わるのではない。
言葉が変わるから性格が変わる。

内気な性格を改善するなら「言葉」を改善しましょう。 内気な性格の人は、普段からネガティブな言葉をよく使う傾向があります。 「怠ける」「逃げ出したい」「失敗するかもしれない」といった弱気の言葉。 「悲しい」「つまらない」「面白くない」「絶望的」「意味がない」といった暗い言葉。 「やりたくない」「今さら手遅れ」「どうせうまくいくわけがない」といった消極的な言葉。 自分が発する言葉を一番聞いているのは、自分です。 ネガティブな言葉を使っていれば、性格もネガティブになっていきます。 「自分の口から発した言葉は、すべて自分に跳ね返ってくる」と考えてください。 普段からネガティブな言葉を多用していると、自分自身がその影響を受けて、なかなか内気な性格を改善できないのです。 そこで心がけたいのは「ポジティブな言葉」です。 できるだけネガティブな言葉は控えるようにして、ポジティブな言葉を使っていくようにしましょう。 「頑張る」「立ち向かう」「必ず成功させる」といった強気の言葉。 「嬉しい」「楽しい」「面白い」「希望的」「有意義」といった明るい言葉。 「やってみたい」「今なら間に合う」「きっとうまくいく」といった積極的な言葉。 もちろん何もかもポジティブな言葉にするのは難しいですが、ポジティブな言葉を増やすことならできるはずです。 「ネガティブに考えることしかできない」という場面もあるかもしれませんが、本当にそうでしょうか。 ネガティブなことであっても、見方や考え方を工夫すれば、ポジティブに考えることができるはずです。 「雨が降っていて嫌だ」と言いそうになれば「今日は雨を楽しもう」と言い換えましょう。 「もうダメかもしれない」と言いそうになれば「ここからが正念場」と言い換えましょう。 「1パーセントしかない」と言いそうになれば「100回やれば、1回当たる」と言い換えましょう。 遠回りになる場面があれば「いい運動になる」と考えればいい。 運が悪かったら、発想を転換して「厄払いができた」と考えればいい。 失敗することがあれば「成功のヒントが得られた」と考えればいい。 難しいことは1つもありません。 難しく思えるなら、難しく見えるだけ。 難しく思えますが、しょせん「癖」にすぎません。 「つい悪いほうに考える癖」があるなら「つい良いほうに考える癖」に変えればいい。 すべて発想の転換です。 癖の内容を変えるだけですから、本気になれば難しくないはずです。 ポジティブ思考を意識すれば、自然とポジティブな言葉が増えていきます。 性格が変わるから言葉が変わるのではありません。 言葉が変わるから性格が変わるのです。 言葉は、性格に影響を与える力があります。 積極的にポジティブな言葉を増やしていきましょう。 ポジティブな言葉を使えば使うほど、内気な心が改善されていくのです。 ネガティブな言葉は避け、ポジティブな言葉を使うようにする。

12
★2

内気な性格を直す鍵は「真似」にある。

あなたの周りに自信家や人気者はいますか。 ・いつも堂々とした態度で話をしている人 ・社交性に富み、いつも人に囲まれている人 ・失敗を恐れず、いつも積極的に行動している人 もし自信家や人気者がいれば、あなたはラッキーです。 その人を真似するだけで、内気な性格が改善に向かうからです。 ぜひ、自信家や人気者の真似をしてみてください。 古典的な方法ですが、最も効果的な方法の1つです。 自信家や人気者は、話し方や振る舞い方に特徴があります。 人を引き寄せる話し方や気力のみなぎった振る舞い方にたけています。 自信家や人気者の話し方や振る舞い方は、いわばお手本です。 もちろんお互いの個性が違うため、単純に真似できないこともありますが、少なくとも参考にはなるでしょう。 お手本を参考にすることで、自信家や人気者のような話し方や振る舞い方ができるようになります。 人は真似をする生き物です。 もともと人には真似をするための能力が備わっています。 人の脳には「ミラーニューロン」と呼ばれる、真似をするための専用の神経細胞があることも確認されています。 私たちは「真似をする」という素晴らしい能力を備えているのですから、生かさない手はありません。 完全な真似は難しくても、似せるくらいならできるでしょう。 自信のある人の話し方や振る舞い方をしっかり吸収して、自分なりに再現してみましょう。 豊かな表情を真似してみる。 言い方や話し方を真似してみる。 ボディーランゲージを真似してみる。 話にスベったときのリアクションも真似してみます。 積極性や社交性も、真似してしまえば、自分にもその精神が養われます。 あたかも本人になったかのように振る舞うのがコツです。 素晴らしいお手本が近くにいるなら、どんどん参考にして吸収すべきです。 話し方・振る舞い方を自分のものにするつもりで、どんどん真似したい。 文章や画像をそのままコピーするのは著作権に触れますが、態度や話し方を真似するだけなら問題になりません。 何事も真似をするのが、上達の近道。 見よう見まねでかまいません。 下手でも演技でもいいので、真似してみましょう。 真似が上手になっていくにつれて、内気な心も消えていきます。 内気な性格を直す鍵は「真似」にあるのです。 自信家や人気者の振る舞いをじっくり観察して、真似をしてみる。

13
★1

自分を大切にしても、しすぎるな。

内気な人は、自分を大切にしすぎています。 もちろん自分を大切にするのはいいのです。 心が傷つくことがあれば、避けたほうがいいでしょう。 デリケートな心の持ち主なら、傷つくのを恐れるのも当然でしょう。 印象や評価が落ちることを喜ぶ人はいません。 できるだけ印象や評価が落ちないように心がけることは、当然の良識です。 危険があるなら、避けたほうがいいでしょう。 苦しいこと・つらいこと・心が傷つくことがあって喜ぶ人はいません。 危険があると分かっているなら、きちんと避けておくのが賢明です。 自分は、世界に1人しかいません。 人生は自分が主人公です。 自分を大切にするのは当たり前であり、別に悪いことではありません。 しかし、自分を大切にしても、しすぎるのはよくありません。 内気な性格の人は、自分を大切にしすぎている傾向があります。 「1つも傷つかないようにする」 「一切の危険を冒したくない」 「少しでも印象や評価を下げたくない」 心の傷を避けようとすると、人に話しかけるのが怖くなり、人間関係でも壁を作ってしまいます。 あらゆる危険を避けようとすると、新しい仕事に挑戦できなくなり、同じパターンの繰り返しになります。 評価や印象のことを考えると、何をするにも怖くなり、保守的になります。 どんどん自分の殻に閉じこもってしまう。 自分を大切にしすぎると、あらゆるものが恐怖の対象に思えるため、内気な性格がエスカレートするのです。   自分を大切にしすぎていないか、自分の様子を振り返って見てください。 もし心当たりがあるなら、少し程度を緩めてはいかがでしょうか。 もちろん自分を乱暴に扱うわけではありません。 あくまで「大切にしすぎる状態」から「大切にする状態」まで下げるだけのこと。 「たまには恥をかいてもいい」 「心が傷つくこともあるだろう」 「少しくらい印象・評判が悪くなってもいい」 ダイヤモンドをイメージしてください。 ダイヤモンドは傷があるから美しく輝くように、心もまた傷がつくから美しく輝きます。 「傷つくからこそ、輝きが増す」 そう思えば、自然とポジティブな気持ちになり、心が軽くなるでしょう。 傷つくことを受け入れると、自然と前向きになり、勇気が湧いてきます。 心の壁が取り払われ、人に話しかけやすくなったり、アクションを起こしやすくなったりします。 自分を大切にするのはいいですが、しすぎないように注意しましょう。 自分を大切にしても、しすぎない。

14
★1

どんなに内気な性格も、開き直れば、大胆になれる。

内気を改善するキーワードの1つ。 それは「開き直り」です。 内気な性格を改善するなら、たまには開き直ることを大切にしてください。 自分を大切にするのはいいですが、大切にしすぎていないでしょうか。 内気な性格の人は、自分を大切にしすぎて保守的になっていて、なかなか自分の殻を破れないことが多い。 意識が内側に向いていて、自意識過剰になっています。 「強気になりたいが、どうしても警戒してしまう」 「行動したいが、恥ずかしい気持ちが邪魔をする」 「勇気を出したいが、人目が気になって足がすくむ」 「挑戦したいが、リスクが気になってためらってしまう」 「勇気より臆病な心が勝って、なかなか自分の殻を破れない」 そんなときは、いっそのこと開き直ってしまいましょう。 自分を大切にしすぎていては、自分を変えることはできません。 細かいことは考えません。 難しいことも考えません。 開き直って、自分が内気であることを忘れてしまいましょう。 「もう知らない!」 「なるようになるさ!」 「もうどうにでもなれ!」 自暴自棄はNGですが、開き直りはOKです。 開き直れば、恥ずかしさが一瞬で吹き飛び、勇気が出てくるでしょう。 何をやっても怖くない。 無敵になったような感覚が得られます。 心に火がつき、急に行動力が湧いてくるはずです。 その勢いのまま、前に出ていこうではありませんか。 開き直れば、心のストッパーが外れ、大胆な行動ができるようになります。 怖くて逃げたいなら、開き直って、飛び込んでいきましょう。 恥ずかしいなら、開き直って、さらけ出してしまいましょう。 怖いなら、目をつぶればいい。 足が震えるなら、走ればいい。 息苦しいなら、深呼吸をすればいい。 遠慮は捨てて、覚悟を決めることです。 覚悟が決まれば、恐怖や恥ずかしさがあっても、怖くありません。 笑われて済むなら、かわいいもの。 ちょっと恥をかくだけにすぎません。 自分の印象が悪くなろうと、評価が落ちようと、気にしないことです。 恥ずかしいことも、開き直ってしまえば、もはや快感です。 「笑われて結構」「どんどん見られしまおう」と気持ちがポジティブになるので、面白くなります。 人に見られたり笑われたりしても、マッサージをされているような感覚になって、気持ちよく感じるでしょう。 たとえ精神的なストレスがあったとしても、開き直っててきぱき行動すれば、短時間で済むでしょう。 少しずつ内気な性格を改善していくのもいいですが、時には大胆になってみることも大切です。 どんなに内気な性格も、開き直れば、大胆になれるのです。 内気な性格で苦しいときは、開き直ってしまう。

15
★1

得意分野を作ると、内気な性格が改善する。

内気を改善するために必要なのは、自信が必要です。 大きな自信をつけることで、心が強くなり、内気な性格改善につながります。 では、自信をつけるためには何が必要なのか。 それは「得意分野」です。 あなたには「これだけは誰にも負けない」と呼べる得意分野はありますか。 内気な性格を改善するためには、能力の伸ばすことが有効です。 たくさんの能力を身につければ、できる範囲が広がります。 できることが多ければ、仕事の幅も広がって、評価されやすくなると感じるでしょう。 自分に自信がつき、自分の価値も上がったと感じ、内気な性格も改善されるように思われます。 内気な性格を改善したいなら、なおさら何でもできる人を目指すことが多いのではないでしょうか。 もちろん能力を伸ばすのはいいのですが、ここに落とし穴があります。 あれこれ手を伸ばすのは得策ではありません。 内気な性格を改善したい気持ちが強いと、つい欲が出て、あれこれ手を出したい衝動に駆られます。 人の資源には限りがあります。 時間もお金も体力も有限です。 無限にあるわけではない。 あれもこれも深めようとしていると、資源が分散され、どれも中途半端になります。 身につけている能力は多くても、中途半端な能力ばかりでは、なかなか自信に結びつきません。 「できることは多いが、だからといって優れているわけでもない」という状態になる。 かえって自信喪失を招き、内気な性格をエスカレートさせる可能性があります。 では、どうするか。 あれもこれも手を伸ばすのではありません。 まず得意分野を作りましょう。 1つでいいので「これだけは誰にも負けない」と呼べる何かを身につけるのです。 一芸に秀でるということです。 得意分野ができると、自分に自信がつきます。 「これだけは誰にも負けない」という得意分野が武器になり、自分を強くアピールできるようになります。 たとえば、スピーチやプレゼンです。 「スピーチなら誰にも負けない」 「プレゼンなら誰にも負けない」 限られた仕事ではありますが、得意なことなら堂々とできるでしょう。 もっと小さな仕事でもかまいません。 電話対応や資料作成でもいいのです。 「電話対応なら誰にも負けない」 「資料作成なら誰にも負けない」 これらも立派な得意分野と言えます。 聞き上手になるのもよし。 話し上手になるのもよし。 聞き上手や話し上手も、自信を持ってスムーズに行えるなら、得意分野です。 また、仕事に限らず、趣味であってもかまいません。 「このアニメなら、誰よりも詳しい」 「この漫画なら、誰よりも熱く語れる」 「このゲームなら、誰にも負けない」 仕事であろうと趣味であろうと何でもあろうと「得意」と呼べることなら何でもかまいません。 「世界一」を目指す必要はなく、あくまで「優秀」と呼べる程度でかまいません。 最終的に「これなら誰にも負けない」と呼べるレベルまで高めることができれば、理想的です。 得意分野を作ると、ほかの分野に波及する効果もあります。 1つの分野を極めると、その知識や技術は応用が利くようになり、ほかの分野でも生かせるようになるのです。   あれもこれも手を出すより、まず得意分野を作りましょう。 自分の適性を見極め、自分の資源を一点に集中させて、特定の能力を伸ばすことです。 得意分野が自信の軸になり、心の支えになります。 得意分野を作ると、内気な性格が改善するのです。 「これなら誰にも負けない」と呼べるくらいの得意分野を作る。

16
★3

「嫌われたくない」と思っていると、嫌われる。
「嫌われてもいい」と思っていると、好かれる。

内気な性格の人が、恐れることの1つ。 それは、人に嫌われることです。 内気な人は、気が弱いあまり、人に嫌われたくない気持ちが強くあります。 もちろん人に嫌われたくない気持ちは誰でも同じこと。 嫌われるような態度を取れば、摩擦が生まれ、人間関係がぎくしゃくします。 できるだけ相手を不快にしないように言動を心がけるのは大切です。 人付き合いのマナーを心がければ、より良好な関係を結べるでしょう。 しかし、内気な性格の人は、嫌われたくない気持ちが強すぎています。 「絶対、相手を不快にさせてはいけない」 「優しく接して、いい人に見られたい」 「とにかくみんなから好かれたい。愛されたい」 嫌われたくない気持ちにこだわって行動していると、思わぬ落とし穴があります。 八方美人になってしまうのです。 嫌われないようにするためには、みんなにいい顔をしなければならなくなります。 こびへつらう態度になる。 周りの価値観に合わせ、要領のいい振る舞い方になります。 本音で話そうとしないため、深い会話ができず、浅い会話しかできなくなる。 要領よく計算高く振る舞う様子は、見る人が見れば分かります。 打算や下心があり、悪印象につながって反感を買うことになる。 八方美人になると、好かれるどころか、嫌われてしまっているのです。   「嫌われたくない」と考えるのはもうやめましょう。 「嫌われてもいい」と考えるのです。 世の中にはいろいろな人がいます。 自分と合う人もいれば、自分と合わない人もいるでしょう。 自分は仲良くなりたくても、相手から一方的に嫌われてしまうこともあります。 それはもう仕方ありません。 驚くほど、自分とそりが合わない人がいても不思議ではありません。 大切なことは「自分らしさ」です。 八方美人ではなく、自分らしく振る舞いましょう。 「ありのままの自分で生きる」ということです。 ありのままの自分で生きている人は、魅力的です。 人に流されず、自分の人生を生きています。 自分らしいライフスタイルが確立され、自立した強さがあります。 嫌われてもいい覚悟ができると、意見をはっきり言えるようになります。 気持ちが吹っ切れ、迷いがなくなり、決断力が出てきます。 自然と積極的な気持ちが湧いて、行動力も出てきます。 「嫌われてもいい」と思っていると、それが魅力に変わります。 「芯がある」「しっかりしている」「自分を持っている」と周りから評価されるでしょう。 「嫌われてもいい」と思うことで、かえって多くの人から慕われるようになります。 もし素の自分を出して嫌われたなら、それはそれでいいのです。 その人とはいつか距離ができる運命だったのでしょう。 さまざまな人がいるのですから、一方的に嫌われてしまうこともあって普通です。 大切なことは、自分らしさ。 内気な性格を改善したいなら「嫌われてもいい」と覚悟を決め、自分らしく生きるのが得策です。 「嫌われたくない」ではなく「嫌われてもいい」と考える。

17
★2

人と比較する癖をやめれば、内気な性格が改善される。

内気な性格を改善するなら「ある癖」をやめましょう。 それは「人と比較する癖」です。 人と比較する癖に心当たりはありませんか。 人と比較したくなるのは人間の性ですが、だからといって、そのままにしておくのはよくありません。 人と比較するたびに、自分の内気な性格が浮き彫りになります。 「あの人は話し方が上手。それに比べて自分は下手……」 「あの人は積極的で素晴らしい。それに比べて自分は消極的……」 「あの人は勇敢で行動力がある。それに比べて自分は臆病者……」 人と比較するたびに、自分の欠点や弱点が目に付き、ため息をつく。 自分の価値が低いような錯覚を覚え、自分のことを「情けない人間」と感じてくるようになります。 たとえ自分のほうが勝っていても、上には上がいるものです。 もっとすごい人と比較すると、やはり劣等感に苦しむでしょう。 劣等感が肥大していきエスカレートすると、コンプレックスに変わることも少なくありません。 だんだん自分に自信がなくなり、内気な性格に発展してしまうのです。   もう人と比較する癖はやめましょう。 人と比較するのは悪い癖。 比較をやめる心がけが大切です。 人と比較する癖を直すための、便利な言葉があります。 「人は人。自分は自分」です。 人と比較する癖が出そうになったら「人は人。自分は自分」と言い聞かせ、振り切ってください。 人がどうであろうと、自分には関係ありません。 人に流されず惑わさず、マイペースを大切にしましょう。 自分より能力がはるかに高くても気にしないこと。 慣れないうちは、比較したくてむずむずするかもしれませんが、ぐっと我慢することです。 なかなか比較の癖が直らないなら、直るまで「人は人。自分は自分」という言葉を何度も言い聞かせましょう。 回数に制限はなし。 副作用も一切ありません。 比較の癖が直るまで何度でも言い聞かせましょう。   わざと目に付くようにするのも賢い工夫です。 手帳やカレンダーに書き込むのもよし。 紙に書いて壁に貼っておくのもよし。 デスクマットの下に入れておくのもよし。 パソコンの壁紙にするものアイデアです。 目に付くように工夫すれば、常に自戒を意識できます。   人と比較する癖がなくなれば、周りが気にならなくなり、自分に集中できるようになります。 自分の気持ちや考えに集中しやすくなることで、自然と心が強くなります。 比較にとらわれない考え方が完全に定着すれば、内気な性格も改善されています。 「人は人。自分は自分」と考えて、人と比較する癖をやめる。

18
★1

あえて大変なことを選んだほうが、内気な性格が改善しやすい。

内気な性格の改善には「大変なこと」がポイントです。 大変なことを避けるのではありません。 あえて大変なことを選ぶのです。 「大変なことを選んだら、ますます内気な性格がエスカレートするのではないか」 そう思うかもしれませんが「あえて」という点が重要です。 誰かに強制されるのではなく、あくまで自分の意志で大変なことを選びましょう。 もちろん大変とはいえ、極端に難しいことを選ぶのはよくありません。 実力をはるかに超えた仕事は、失敗しに行くようなもの。 挫折や失敗経験を増やして、自信喪失をもたらすことになるでしょう。 また、そもそも実現不可能なことを選ぶのもよくありません。 実現不可能は、どうやっても実現不可能。 最初から不可能なことなら、うまくいかないのが目に見えています。 しかし「大変」という程度なら、むしろ積極的に選んでいきたい。 あえて大変なことを選ぶと、心の持ちようが変わります。 大変だと分かっているので、最初から覚悟を決めることができます。 実際に大変なことがあっても動じません。 「さあ、来たぞ!」と、ストレスを受け止めやすくなります。 最初から覚悟が決まって心の準備が整っているため、困難があっても逃げなくなります。 厳しい状況になっても「さあ、ここからが本番だ!」というポジティブな考え方になり、踏ん張りやすくなる。 結果として、大変なことを乗り越えやすくなるのです。   内気な性格を改善するなら、あえて大変なことを選びましょう。 自分の限界を超えないよう「頑張れば何とかできそう」という程度を目安にするのがいいでしょう。 もちろんストレスはありますが、意味のあるストレスです。 内気な性格を改善するための薬のようなものと考えてください。 楽なことばかり選んでいては、メンタルが鍛えられず、内気な性格を改善できません。 自分の意志で大変なことを選ぶから、ストレスを乗り越えやすくなり、メンタルが鍛えられ、内気な性格が改善されます。 複数の選択肢に迷う場面があれば、自分の意志で、あえて大変なことを選んでみましょう。 恐怖があるなら、目をつぶって、飛び込んでいけばいい。 恥ずかしいなら、恥ずかしさを感じる前に取りかかればいい。 「自分を変えるチャンス」と前向きに考えたら、勢いのまま、前に踏み出しましょう。 そのガッツと勇気があれば、内気な性格の改善につながります。 あえて大変なことを選んだほうが、内気な性格が改善しやすいのです。 あえて大変なことを選ぶ。

19
★3

困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンス。

あるとき、困難に直面することがあります。 ・上司から難しい仕事を依頼された ・取引先なら難しい注文をされた ・友達ともめて、疎遠になりつつある ・恋人と喧嘩をして、別れの危機になった ・トラブルが起こって、対処しなければいけなくなった 困難があれば、とっさに「やめたい」「逃げ出したい」と思うでしょう。 「つらいのは嫌だ」 「ストレスを感じたくない」 「面倒くさいことはやりたくない」 内気な人は気が弱く、消極的であるため、困難を避けたがります。 何とか上手な言い訳を考え、困難から逃げる方法を考えることが多いことでしょう。 しかし、困難にひるんではいけません。 困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンスだからです。 困難とは、言い換えれば、心を鍛えるトレーニングです。 内気な性格を改善するためには、ある程度のストレスを乗り越えることが大切です。 課題に取り組んで、悩んで苦しんでもがくからこそ、心と頭が鍛えられます。 難しいから避けるのではなく、難しいから立ち向かう価値がある。 困難に立ち向かい、乗り越えることで、内気な心を改善していけます。 「困難だからやめておこう」ではありません。 「困難だからやってみよう」です。 つまり困難は、内気な性格を改善する絶好の素材なのです。   あまり難しく考えないでください。 困難とは言え、永遠に続く課題でもないでしょう。 失敗したとしても、命までは取られないはずです。 難易度の高いゲームに挑戦する気持ちで取り組んでみようではありませんか。 困難に直面したからとはいえ、まだ挫折や失敗が決まったわけではありません。 あなたの努力と頑張りしだいで、乗り越えられる可能性はあるでしょう。 たとえ可能性が1パーセントしかなくても、ゼロではないのですから、チャンスがあります。 「嫌だ、嫌だ」と抵抗しながら取り組むのではありません。 「楽しそう。面白そう」とわくわくしながら取り組みましょう。 せっかく困難に直面したなら「運が悪い」と嘆くのではなく「運がいい」と喜びましょう。 ガッツポーズで喜んでもいいくらいです。 手のひらに汗がにじんできたら「飛び込んでいけ」というサインです。 あなたの進行を阻む壁を乗り越えることで、心を強く鍛えることができます。 困難に直面したときこそ、内気を改善するチャンスなのです。 困難に直面したら、逃げるのでは、立ち向かう。

20
★2

大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やそう。

大きな目標があったときどうするか。 内気な性格に影響するポイントの1つです。 大きな目標を達成するには、多大な努力が必要です。 いつも以上に集中して頑張らなければいけません。 プロセスが長くて、ストレスも多い。 目標を達成するまでには、大きな手間暇がかかるでしょう。 取りかかる前からおっくうな気持ちが出てくるはずです。 もちろん普通に取り組むのも悪くありませんが、懸念点があります。 途中で何かあったとき、修正がしにくくなります。 途中で時間切れになり、中途半端になるかもしれません。 プロセスが長いため、達成感を得る機会も少なくなります。 難易度が高すぎるため、挫折するかもしれません。 挫折すれば、敗北感を味わうことになり、かえって内気な性格を悪化させる可能性もあります。 大きな目標にそのまま体当たりする意気込みは素晴らしいですが、慎重になったほうがいいでしょう。 では、どうすればいいか。 おすすめなのが「目標を分ける」という方法です。 大きな目標は分けましょう。 目標を分けてはいけないルールはありません。 きりのいいところを見つけ、上手に区切って分けます。 どれだけ大きな目標も、分けると、小さな目標に変わります。 分けてもまだ大きく感じるなら、さらに分けてみます。 大きな目標なら達成しにくくても、小さな目標なら達成しやすいでしょう。 「これならできるね」と明るく考えることができる。 目標が小さくなることで、精神的な負担も軽くなるため、取りかかりやすくなります。 小さな努力と短い時間で達成できるでしょう。 途中でトラブルが起こっても、修正がしやすくなります。 また、小さな目標に分けると、達成感と成功体験を得る機会が増えることになります。 「前に進んでいる感」が得られるため、モチベーションも維持しやすくなる。 たとえば、歴史の分厚い教科書を読破する目標があるとします。 最初から最後まで一気に読破するのもいいですが、途中で挫折する可能性があるため、もう少し小さな目標に分けます。 「まず第1章を読破する」「次に第2章を読破する」といった具合に目標を分けると、取り組みやすくなります。 第1章を読破する目標がまだ大変なら「第1項を読破する」「次に第2項を読破する」といった具合にすればいいのです。 1つずつ丁寧に小さな目標を達成していけば、大きな目標を達成できます。 大きな目標を達成できれば、成果や功績になります。 そして、ゆくゆく素晴らしい成功へとつながっていくのです。 大きな目標は分けて、達成感と成功体験を味わう機会を増やす。

21
★2

内気な性格が改善するから、堂々とできるのではない。
堂々としているから、内気な性格が改善する。

内気な性格を改善したいなら、堂々とすることが大切です。 「内気な性格だから堂々とできない」 たしかにもともと内気な性格の人が急に堂々とするのは、少し不自然に感じるでしょう。 不安や心配があるのに、堂々とするのは、違和感を覚えるはずです。 自信がないのに堂々とするのは、自分に嘘をつくことにもなります。 「堂々とするのは、自信ができてからするものだ」 そういう認識が一般的ではないでしょうか。 しかし、ここに誤解があります。 私たちの心や気持ちは「態度」から影響を受けます。 にこにこしていると、表情の筋肉から脳に信号が伝わります。 「この人は元気がある」と認識した脳は、ドーパミンやベータエンドルフィンの分泌を促します。 ドーパミンは別名「やる気ホルモン」と呼ばれ、ベータエンドルフィンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれます。 脳からの指令によってこれからの物質を放出した結果、本当に元気になっていきます。 堂々とした態度になると自信が出るのも、これと同じ原理です。 堂々としていると、体の筋肉から脳に信号が伝わります。 「この人は自信がある」と感じた脳は「テストステロン」というホルモンの分泌を促します。 テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、別名「自信ホルモン」とも呼ばれています。 テストステロンの影響によって、じわじわ心が引き締まっていき、本当に自信が出てくるようになるのです。 信じられないなら、今すぐ試してみましょう。 胸を張って、背筋をピンと伸ばします。 顎を引いて、前を向きます。 にこにこした笑顔が加われば完璧です。 堂々とした態度を3分ほど続けていると、だんだん気持ちが強くなっていくことを実感できるはずです。 そして、気持ちが強くなると、やる気・元気・勇気が出やすくなるので、行動力も出てきます。 結果として、内気な性格が改善されていくのです。 内気な性格が改善するから、堂々とできるのではありません。 堂々としているから、内気な性格が改善するのです。 内気な性格だからこそ、まず堂々とした態度になりましょう。 演技でいいので、堂々とした態度を続けましょう。 下手な演技でも大いに結構。 たとえ心の中は不安や心配でいっぱいであっても、態度だけは堂々とすることです。 自信にあふれた態度は、見た目もスマートです。 最初はストレスを感じますが、習慣にして慣れていきましょう。 堂々としていることが当たり前になると、だんだん気持ちに変化が現れ、内気な性格も改善していきます。 不安や心配があったとしても、常に堂々とする。

22
★0

過去の失敗を引きずると、未来に向かう足かせになる。

内気な性格の人は、過去の失敗を引きずっている傾向があります。 ・バイトでミスをして、お客様からクレームが入ったこと ・仕事で大失敗をやらかして、上司にこっぴどく怒られたこと ・友達と大喧嘩をして、精神的に落ち込んでしまったこと ・告白したが、あっさり振られてしまったこと ・結婚を真剣に考えていた交際相手から振られてしまい、失恋で落ち込んだこと 過去に大きな失敗があると、頭から離れません。 大きな失敗をしたせいでこっぴどく怒られたり叱られたりした経験があると、精神的にひどく落ち込みます。 自分に自信が持てず、自己評価を下げてしまいます。 自己嫌悪になることも少なくありません。 「余計な行動をするのはやめよう」という考えが強くなっていきます。 内向き思考の考え方が強くなり、結果として内気な性格になっていくのです。 しかし、過去の失敗にとらわれていても仕方ありません。 過去は過去です。 終わったことをいつまでも気に病んでいては、人生を前に進めることはできません。 心の傷だとしても、それを気にしたところで、何の役にも立ちません。 内気な性格がエスカレートするだけ。 「傷ついた」と思うから、余計に傷つきます。 暗い過去を引きずるのは悪影響しかありません。 「内気な性格だから忘れられない」とくよくよしていると、ますます過去にとらわれた生き方になります。 過去の失敗を引きずっていると、未来に向かう足かせになってしまうのです。 過去の失敗は、潔く忘れてしまいましょう。 「もう終わったこと。これからは前を向こう」 そう自分に言い聞かせ、気持ちを切り替えてください。 ネガティブモードのスイッチはオフにして、ポジティブモードのスイッチをオンにします。 反省さえすれば、潔く忘れてかまいません。   どうしても忘れられないなら「思い出」にすればいい。 過去の出来事の1つとして、心の奥にしましょう。 思い出に変えてしまえば、過去の失敗と折り合いをつけることができます。   笑いのネタにするのもいいでしょう。 「こんな大失敗をしたことがあるよ」と笑いのネタにすれば、会話も盛り上がります。 笑い飛ばせば、負の記憶も昇華されます。   過去を引きずるのはおしまいです。 過去にどんな失敗があろうと、しっかり振り切って、前を向いて進むようにしてください。 内気な性格の人は、意識的に前を向くことが大切です。 過去の失敗は、潔く忘れてしまう。 忘れられないなら「思い出」として、心の奥にしまう。

23
★1

完璧主義を治すことが、内気な性格の改善にもつながる。

意外な原因によって、内気な性格につながっていることがあります。 それは「完璧主義」です。 完璧主義の自覚がある人は、注意したほうがいいでしょう。 一見すると、完璧主義と内気な性格とは無関係に思えますが、実は深いところでつながりがあります。 完璧主義者は、一切の妥協を許しません。 何事も100点満点にしなければ、気が済まない性格です。 1つでもミスや欠点があれば、強いストレスを感じます。 完璧主義は、質の高い成果を発揮できる強みがあります。 しかし、世の中には完璧にできないことがたくさんあります。 仕事も勉強も人間関係も、完璧にできることは限られます。 そもそも世の中は不条理であり、筋の通っていないこともたくさんあります。 完璧主義を貫こうとすると、不可能な場面が出てきます。 すると「完璧にできないなら最初から取り組まない」という考え方になり、内気な性格になることがあります。 内気な性格の原因が、心が弱いせいではなく完璧主義のせいなら、まず完璧主義の改善から始めるのが得策です。   「少しくらいミスや間違いがあってもかまわない」と考えましょう。 うまくいかないことがあっても自分を責めません。 間違いがあるのは、人間らしいことです。 「3割までの間違いなら許容範囲」というルールを作ってみるのも賢い方法です。 「たまにはうっかりすることもあるよね」と気楽に考えれば、身も心も軽くなります。   完璧主義から最善主義になりましょう。 「ベスト」ではなく「ベター」を目指す。 「100点満点」ではなく「70点満点」を意識する。 「10割を完璧にする」ではなく「7割を完璧にする」と考える。 最善でよしとする考え方を取り入れると、ストレスも小さくなります。   結果は忘れ、過程を楽しむことも大切です。 過程を楽しむことに集中すれば、結果に振り回されずに済みます。 結果を無視できない状況もありますが、できるだけ心がけてみることが大切です。   完璧主義は、ストレスを増やしたり人付き合いに摩擦を生んだりすることがあります。 価値観を変えるのはなかなか難しいですが、なるべく改善していきましょう。 完全に治すことができないなら、緩和させるだけでもかまいません。 完璧主義を治していくにつれて肩の力が抜けていき、心が軽くなっていくのを実感できるでしょう。 完璧主義を治すことが、内気な性格の改善にもつながるのです。 完璧主義に心当たりがあるなら、完璧主義を治していく。

24
★2

運動習慣は、内気の改善に効果あり。

内気の改善に役立つ習慣があります。 それは「運動習慣」です。 定期的に運動していますか。 運動不足になっていませんか。 どきっとした人は要注意です。 その運動不足が、内気の原因になっているのかもしれません。 運動は、軽度の鬱に有効であることは有名ですが、内気な性格の改善にも役立ちます。   内気を改善する取り組みとして、ぜひ運動を習慣にしてください。 筋トレに励んで、筋肉をつけましょう。 有酸素運動を楽しんで、体力や持久力をつけましょう。 筋肉は、やる気を生み出す工場です。 筋肉量が増えることで、やる気が出やすくなり、行動力が上がります。 運動が得意である必要はありません。 運動のプロフェッショナルを目指す必要もありません。 あくまで大切なのは、運動習慣です。 「体を鍛える」ということは「自分を強くする」ということ。 筋肉が増え、体力がつき、プロポーションが良くなることで、自分に自信がつきます。 見た目もよくなると、鏡を見るたびに、自分の肉体にうっとりするでしょう。 鏡を見るたびにポジティブな気持ちになれます。 「自分は強い人間だ。エネルギッシュな人間だ。やればできる人間だ」 自分のイメージが向上して、自己肯定感が高まります。 運動を習慣になると、常に挑戦的な気持ちになれます。 常に心が熱い状態になり、何かに挑戦したくなります。 「新しいことにしたい!」という気持ちが強くなり、勇気が出やすくなる。 運動習慣を続けていると、内気な性格が改善に向かいます。   もちろん運動習慣は、内気な性格の改善だけでなく、健康にも有効です。 運動をして筋肉が増えれば、基礎代謝の底上げされます。 基礎代謝が向上することで、カロリー消費がスムーズになり、痩せやすい体質になります。   適度の範囲は人によって異なりますが「無理をしない範囲」が鉄則です。 初心者であれば「週に1回の筋トレ」「週に3キロのウォーキング」から始めてみてはいかがでしょうか。 最初は筋肉痛になっても、続けていくうちに筋肉痛になることもなくなります。 慣れてくれば、ウォーキングからランニングに変えて、走る距離も伸ばしていきます。 運動は「筋トレ」と「有酸素運動」の両方をバランスよく行うのがいいでしょう。   運動習慣だけで内気な性格が改善するわけではありませんが、少なくともプラスに働くのは確実です。 祈っているだけでは、内気な性格は改善できません。 何もしないでいるよりは、何かをしたほうがいい。 内気な性格であれこれ悩む暇があるなら、まず運動しましょう。 運動を習慣にする。

25
★2

内気な性格は、悪い性格なのか。

突然ですが、質問です。 「内気な性格は、よい性格か、悪い性格か」 あなたならどう答えますか。 おそらく大半の人は「内気な性格は悪い性格」と答えるでしょう。 たしかに表向きは、元気のない様子が目立ったり、雰囲気が暗かったりして、ネガティブな印象があるかもしれません。 気が弱くて、社交性が乏しく、友達が作りにくいこともあります。 おどおどした雰囲気が出ていると、近寄りがたい雰囲気が出ることもあります。 気持ちを態度に表せないと、人付き合いでつまずくこともあります。 受け身で消極的では、人生を切り開く力が弱くなります。 一般的に「内気な性格」という言葉には、あまりポジティブな印象がありません。 そのため「内気な性格は悪い性格だ」と考える人が多いのではないでしょうか。 しかし、ここに誤解があります。 実のところ、内気な性格が悪い性格とは限りません。 内気な性格とは、おとなしく控えめなことをいいます。 周りから見て、地味に映るかもしれませんが、だからといって内気が悪い性格とは限りません。 内気な性格が悪い性格と考えているなら、すでに先入観にとらわれていて、頭の固い大人になりかけて証拠です。 内気な性格は、生かし方次第で、素晴らしい性格にすることができます。 たとえば、1人で行う仕事です。 人との関わりが少なく、1人で黙々と行う仕事なら、性格の特性を十二分に発揮できるでしょう。 おとなしく控え目な性格が強みに変わり、存分に生かせるでしょう。 人との関わりがなくても、安定した精神状態で、仕事を続けていけます。 高い集中力を発揮でき、大きな結果を出せるはずです。   また、内気な性格は、おとなしく控えめなことをいいますが、言い方を変えれば「常に冷静」とも言えます。 大事な場面では、感情に流されず、冷静な思考ができ、正しい判断を下せるでしょう。 意外なことですが、内気だからこそリーダーにふさわしいこともあります。 世の中には、内気なリーダーが大勢います。 内気を強みとして生かせば、悪い性格とは言えないのです。   大切なことは「生かし方」です。 どうか内気な性格を悪い性格を決めつけないでください。 内気が悪いと思い込んでいると、ネガティブな見方しかできなくなります。 「悪い性格」という思い込みにとらわれず、生かし方を工夫してみてください。 内気な性格は、内気な性格なりに、素晴らしいところがあります。 内気な性格を生かせる仕事をすれば、むしろ武器になるでしょう。 自分では魅力的に感じなくても、他の人からは魅力的と映ることもあるでしょう。 内気な性格も、生かし方次第で、強みに変わるのです。 内気な性格を悪い性格と決めつけない。 内気な性格は、生かし方を考える。

26
★0

見栄に関係したプライドは、今すぐ捨てて問題なし。

内気な性格を改善には「あるもの」を捨てておきましょう。 それは、プライドです。 プライドに固執していませんか。 もちろんプライドとはいえ「仕事に関係したプライド」ならいいのです。 質を追求するプライド。 常に最善を尽くすプライド。 責任感を持って最後までやり遂げるプライド。 仕事に関係するプライドなら、ビジネスにも生かされ、評価にもつながるでしょう。 しかし、仕事に関係したプライドはよくても、見栄に関係したプライドには注意したい。 見栄に関係したプライドがあると、スムーズに生きるのが難しくなります。 相手から自分がどう思われるのか気になって、素直な態度が取りにくくなります。 外見を実際よりよく見せようとすることばかりに注意が向いて、物事を冷静に見つめにくくなります。 お礼を言ったり謝ったりなど、大切なことがおろそかになる。 何をするにも人目が気になって、不安や恐怖が大きくなり、自分の殻に閉じこもってしまう。 人付き合いにも摩擦が生じ、じわじわ孤立していくのです。 プライドに固執していると、結果として、内気な性格に発展するケースがあります。 「見栄に関係したプライドはないから大丈夫」 そう思っていても、実際は分かりません。 「自分からは話しかけない」 「自分のほうが偉いのだから、気遣う必要はない」 「不明点があっても『分からない』と答えるわけにはいかない」 「変に思われたくない」 「常にかっこよく見られたい」 心当たりがあるなら要注意です。 自分ではプライドにこだわっていないつもりでも、無意識のうちにこだわっている可能性があります。 プライドに固執していると、心にも影響を及ぼし、内気な性格になることがあるのです。   見栄が関係したプライドがあるなら、さっさと捨ててしまいましょう。 1人でできないことは、素直に人の助けを借りましょう。 分からないことは、素直に「分からない」と答えましょう。 積極的に挨拶をしたり話しかけたりすることが大切です。 自分がどう思われるかより、仕事を成し遂げることに集中することです。 プライドを捨てて謙虚になれば、人付き合いもスムーズになります。 見栄に関係したプライドは、今すぐ捨てて問題なし。 いったんプライドを捨ててしまえば、弱いところを隠す必要がなくなるので、楽になります。 かっこつけたり気負ったりしなくて済むので、ストレスが減ります。 心も気持ちも自由になり、ありのままの自分でいられます。 見栄に関係したプライドを捨てた瞬間、あなたは新しく生まれ変わります。 見栄に関係したプライドは、今すぐ捨ててしまう。

27
★1

「私は内気な性格」の後に続く言葉が大切。

「私は内気な性格」 内気な性格の人がよく口にするセリフです。 自分の性格を言い表すときの決まり文句になっていることでしょう。 ことあるたびに「私は内気な性格」というセリフが口癖になっている人も多いのではないでしょうか。 もちろんストレートに自分の性格を表した言葉ですが、ちょっと待ってください。 「私は内気な性格」と言うのはいいですが「私は内気な性格」で止めるのはよくありません。 それが自己暗示になって、なかなか自分の殻を破れなくなります。 ここで1つ、おすすめしたい工夫があります。 内気な性格を改善したいなら「私は内気な性格」の後に、次の言葉を続けましょう。 「私は内気な性格だけど、やるときはやる」 急にポジティブな響きになりましたね。 これだけでいいのです。 内気な性格であっても、急に前向きな響きになったでしょう。 普段は内気な性格であってもかまいません。 気が弱くて、人前で思うように振る舞えなくてもいい。 ただし、大切な局面では、きちんと動ける人間になりましょう。 大切な局面できちんと行動できているなら、何も問題ありません。 普段控えめになっているのは、いざというときのために体力を温存しているだけ。 猫のように、普段はおとなしくても、いざというときは動くのです。 「私は内気な性格だけど、やるときはやる」 そう思えば、いざというとき、勇気が出てきます。 自分の可能性を引き出しやすくなります。 今後、自分を紹介する場面があれば「内気な性格だけど、やるときはやる人間です」と言いましょう。 あなたは、ただの内気な性格で終わる人間ではありません。 内気な性格であっても、やるときやる人間なのです。 「私は内気な性格だけど、やるときはやる」と自分に言い聞かせ、自分の殻を破る。

28
★2

仕事に内気な性格を持ち込まない。

仕事に内気な性格を持ち込んでいませんか。 もちろん人間ですから、好き嫌いはあるでしょう。 人前で行う仕事なら、緊張や恥ずかしさを感じることは、普通の感覚です。 相性に合わない仕事なら「面倒くさい」「やりたくない」と思うこともあるでしょう。 時には「逃げ出したい」と思ってしまう仕事もあるはずです。 しかし、仕事に内気な性格を持ち込むと、業務に支障を来します。 内気な性格の人は、気が弱く控えめです。 そのため、仕事でも内気な性格を持ち込んで、仕事を妨げることがあります。 営業をするとき「勇気が出ない」とおじけづいて、もじもじする。 上司に報告があるとき「怒られたらどうしよう」と怖くなって後回しにする。 会議で発表しなければいけないとき「恥ずかしい」と不安になって発言を控える。 「内気な性格だから」という理由で仕事を嫌がっては、さまざまな場面で支障を来し、職場に迷惑をかけてしまいます。 信頼を失い、トラブルを招き、評価が落ちる。 会社から「使えない人」とレッテルを貼られるのは時間の問題です。 最悪の場合、解雇対象になる可能性もゼロではありません。   仕事は仕事です。 内気な性格で苦労もあるかもしれませんが、時には自分の性格を無視して動くことも必要です。 特に仕事に関しては、金銭や責任が伴っているため、個人的な感情や性格にかかわらず、淡々とこなすことが大切です。 いくら内気な性格とはいえ、やらなければいけない仕事は、きちんと責任を持って行う必要があります。 内気な性格を無視するテクニックを身につけてください。 「テクニック」と言うと大げさに聞こえますが、心をコントロールして感情を無視するだけのこと。 心を「無」にすることも、時には必要です。 感情を振り切る言葉を言い聞かせましょう。 「これは仕事だ。内気な性格を持ち込んではいけない」と。 性格をなくすわけではありません。 一時的に自分の性格を忘れるだけです。 感情を無視することで、淡々と仕事をこなせるでしょう。 ロボットのようになりますが、時にはロボットのように性格を忘れて動くことも必要です。 恥ずかしい仕事でも勇気のいる仕事でも、内気な性格を無視できるようになると、着手しやすくなります。 内気な性格を無視して淡々と仕事をこなすことが、結果として内気な性格の改善にもなります。 仕事に内気な性格を持ち込まないことが大切なのです。 内気な性格を無視するテクニックを身につける。

29
★1

人に喜ばれる仕事をして、内気な性格を改善していく。

内気な性格を改善するために経験したいこと。 それは「人に喜ばれる仕事」です。 内気な性格の人は、仕事を通して人に喜んでもらう経験を積んでいきましょう。 あなたの仕事は何ですか。 本気で仕事に取り組むと、人に喜ばれる経験が得られます。 「人に喜んでもらえた!」 「自分の活動が役立った!」 「自分の仕事で人を笑顔にすることができた!」 人に喜ばれる経験をすると、誰でも嬉しい気持ちになります。 人の役に立つ実感があると、自分の存在価値を実感でき、自己肯定感を高めることにつながります。 再び快感を得たくなり「もっと仕事をしたい!」という気持ちになります。 人に喜ばれる仕事をすることで、働くことの素晴らしさに気づける。 「仕事とはこういうものだ」ということだ、経験を通して理解できるようになります。 難しい仕事をする必要はなく、できる仕事でかまいません。 内向きだった心が外向きになっていき、内気な性格が改善されていくのです。   ●大切なポイントは「人に喜ばれる仕事をする」ということ 仕事といえば「就職して仕事をするもの」というイメージがあるかもしれませんが、その限りではありません。 大切なポイントは「人に喜ばれる仕事をする」ということです。 「人に喜ばれる」という条件さえ満たしているなら、仕事の種類は何でもOKです。 たとえば、ボランティア活動です。 無償の奉仕活動ですが、やりがいをたっぷり感じることができるでしょう。 困っている人たちのためにボランティア活動を行うことは、立派な社会貢献の1つ。 「助かります」「ありがとうございます」「あなたがいてくれてよかった」と感謝されると、疲れも吹き飛ぶでしょう。 感謝される経験を通して自己肯定感が高まっていき、少しずつ内気な性格が改善されていきます。 社会参加している実感も湧くので、内向きだった心が外向きになっていきます。   また、人に喜ばれる趣味も素晴らしい仕事の1つです。 自己満足の趣味も悪くありませんが、他人の利益や幸福を考慮した要素を加えてみてください。 趣味に少し工夫を加えることで、誰かに喜んでもらえるような形にできるでしょう。 ・自分が書いた記事を読んでもらって、人に勇気を与える ・自分が描いた絵を見てもらって、感動を与える。 ・自分が作った音楽を聴いてもらって、幸せな気持ちになってもらう ウェブサイトを開設すれば、無償で自分の作品をアピールできるでしょう。 インターネットに国境はありません。 顔の見えない相手であっても、人を喜ばせることさえできているなら、社会的な意義があります。 立派な社会参加であり、内気を改善することにつながります。 § 人の喜ばれる仕事は、年齢・性別・国籍に関係なく行えます。 じっとしているだけでは何も変わりません。 自分の存在価値は、自分から作り出していくものです。 人に喜ばれる仕事をして、人と社会の発展に寄与していきましょう。 人に喜ばれる仕事を追求していくにつれて、内気な性格も改善されていきます。 人に喜ばれる仕事をして、仕事をすることに素晴らしさに気づき、内気な性格を改善していく。

30
★0

内気な性格が重度なら、心の専門家を受診しよう。

内気な性格は、自分で解決が可能です。 大切なのは「行動」「習慣」「考え方」です。 積極的な挨拶を心がけたり、運動を習慣にしたり、ポジティブな考え方を取り入れたりします。 行動・習慣・考え方を少しずつ変えていくことで、だんだん心が変化して、内気な性格が改善されていきます。 ところが、自分で解決するのが難しいケースもあります。 それは重度の場合です。 いくら内気な性格とはいえ、重度となれば、話は変わります。 単なる内気な性格で済めばいいですが、もし次のような特徴に心当たりがあれば、注意が必要です。 ・びしょびしょになるほど、汗をかく ・心臓の鼓動が激しくなり、息苦しくなる ・喉に違和感が出るほど、口の中が渇く ・頭痛・腹痛・下痢が起こる ・顔が赤くなる、または青くなる ・めまいを感じる、または失神する ・頭が真っ白になる、または記憶がなくなる こうした事情に該当する項目が多いなら、それは単なる「性格の問題」ではなく「心の病」の可能性があります。 たとえば、パニック障害、社交不安障害、PTSDなどです。 心の病の場合、自己流で解決するのは注意が必要です。 自己流では遠回りをすることになって、改善に余計な時間がかかることがあります。 間違った方法をとれば、かえって悪化させてしまう可能性もゼロではありません。 「自分は大丈夫。医者には頼らない。絶対何とかする」 余計な意地を張っていると、ますます症状を悪化させてしまいます。 悪化すればするほど、完治に手間暇がかかるようになります。 意地やプライドなどあるのかもしれませんが、健康が最優先です。 放置していると、仕事に差し支える可能性もあります。 健康を第一に考えるなら、意地もプライドも捨てて、素直になることが大切です。 少なくとも日常生活に差し支えるようなレベルなら、自己流・自己解決には頼らず、医療機関を受診するのが賢明です。 心の病には、専門的な治療があります。 専門家による正しい処置で解決していくほうが、結果として早く解決するでしょう。 心の病に心当たりがあるなら、今すぐ心の専門家を受診しましょう。 助けが必要なときには、素直に助けを求めるのが正解です。 たっぷり話を聞いてもらいたいなら、カウンセリングに力を入れた医療機関がいいでしょう。 専門家が、一緒になって問題解決に取り組んでくれます。 自分で解決するのが難しい場合、心の専門家を受診しよう。

同じカテゴリーの作品