自分磨き

自分を高める
30の方法

  • 向上心を持つことも、
    向上の1つ。
自分を高める30の方法

もくじ

向上心を持つことも、向上の1つ。

向上心を持つことも、向上の1つ。

人生では、向上心を持つことが大切です。
向上心とは、より優れたところに達しようとする気持ち
現状に満足せず、より優れたところを目指して自らを高めようとする心のことをいいます。

「間に合うかな」と焦る時点でアウト。

「間に合うかな」と焦る時点でアウト。

「間に合うかな」
そう焦ったら、スポーツの審判員になったつもりで、自分にこう言い放ってください。
「アウト!」です。

「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。

「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。

「口喧嘩」には悪い印象があります。
激しい言葉で言い争い、ぴりぴりしていた雰囲気に包まれます。
今にも暴力に発展しそうな雰囲気があって、一触即発の様子があります。

「前から思ってたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。

「前から思ってたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。

相手を喜ばせるために役立つ、前置きのフレーズがあります。
「前から思ってたんだけど」です。
この前置きのフレーズを使うことで、後に続く褒め言葉がより印象深くなり、感動を倍増させることができます。

「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。

「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。

あなたの身近に「なんだか品がある」という人はいませんか。
服装は普通なのに、なぜか品を感じる人。
顔立ちは普通なのに、どこか上品な雰囲気が出ている人。

見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。

見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。

私たちが褒めるとき「見えるところ」にフォーカスを当てるのが一般的です。
たとえば、体型・髪型・持ち物です。
「スリムですね」

くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。
仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。

くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。

私たちは時折くよくよすることがあります。
済んだことにもかかわらず、しばらくネガティブな気持ちを引きずることがあるものです。
後悔や罪悪感が強ければ強いほど、なかなか頭から離れません。

応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。

応援されないとできないことは、好きなことではない、才能は、応援されなくてもできるところにある。

「応援されないとできない」
もしそういうことがあれば、厳しい現実をお伝えします。
残念ですが、挫折は時間の問題です。

何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。

何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。

心がもやもやしたとき、気分転換に取り組むことがあります。
読書、音楽鑑賞、映画鑑賞。
ヨガ、ストレッチ、マッサージ。

決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。

決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。

決断力を鍛えたいなら、まず鍛えておくべきことがあります。
「判断力」です。
決断と判断は似ていますが、まったく別物です。

眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。

眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。

「ああ! もういらいらするな!」
神経が高ぶって落ち着かないときがあるでしょう。
いらいらして怒りがこみ上げてくると、呼吸が荒くなったり顔が赤くなったりするもの。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。

車の運転中、ぶつかりそうなときは、ブレーキを踏みます。
特に交差点では、車の行き交いが激しく、ぶつかりそうになることが多い。
こういうとき、アクセルを踏むのは大変危険です。

心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。

心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。

私たちが心の状態を表現するとき、副詞や形容詞を使うのが一般的です。
たとえば「ちょっと落ち込んでいる」「かなりいらいらしている」「本当に怒っている」などです。
よく聞かれる表現ですが、わかりにくいところもあります。

人の悪口を言うのはNG。
自分の悪口を言うのもNG。

人の悪口を言うのはNG。自分の悪口を言うのもNG。

人の悪口を言うのはNGです。
悪口は、人を傷つける行為です。
ましてや悪口をストレス解消の手段にするのは、品格を損ねます。

体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。

体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。

健康に自信があって、健康診断を受けない人がいます。
「体に問題は何もないから、健康診断も必要ないだろう」
「健康的な生活を送っているから、健康診断を受けなくても大丈夫だよね」

遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。
「大丈夫でしたか」と優しく接する。

遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。「大丈夫でしたか」と優しく接する。

遅刻してきた人にどんな対応をするか。
余裕のある人とない人の違いが見られる場面です。
遅刻してきた人にどんな対応をしてますか。

同じ靴を2日続けて履かない。
昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。

同じ靴を2日続けて履かない。昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。

毎日履く靴を替えましょう。
毎日同じ靴を履いていませんか。
特別考えることもなく、同じ靴を履くこともあるでしょう。

不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。

不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。

人間関係では、ぎくしゃくすることがあります。
誤解や行き違いがあると、関係がしっくりいかなくなり、ストレスを感じるようになります。
お互いに壁ができ、距離感が生まれ、接しにくくなります。

負けてもいい。
損をしてもいい。
トータルで勝って、得をすればいい。

負けてもいい。損をしてもいい。トータルで勝って、得をすればいい。

心を安定させるために大切なことがあります。
それは「トータルで勝って得をする」という考え方です。
心が安定しない人には、物事を部分的に捉える特徴があります。

落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。
元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。

落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。

落ち込んでいるとき、あなたはどうしていますか。
自然と元気が出るまで待っている人もいるでしょう。
ぼんやり天井を見つめながら寝てばかりの人もいるかもしれません。

準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。

準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。

本番に向けた準備が間に合わないときがあります。
・受験の準備が間に合わなかった
・試合に向けた準備が間に合わなかった

本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。

本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。

あなたは本番に強いほうですか。
それとも弱いほうがですか。
本番に強いというなら素晴らしい。

初対面から深い話をしてもいい。

初対面から深い話をしてもいい。

「初対面は浅い会話から始めるもの」
そうした常識にとらわれていないでしょうか。
初対面とは、初めて顔を合わせること。

小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。

小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。

いきなり圧倒的な差をつけようと思わないでください。
本音としては「いきなり圧倒的な差をつけたい」と思うところでしょう。
もちろん十分なリソースがあれば、すぐ圧倒的な差をつけることも可能でしょう。

どん底ではない。
どん底にいると思い込んでいるだけだ。

どん底ではない。どん底にいると思い込んでいるだけだ。

どん底とは何か。
「一番下の底」ということです。
つまり「最悪の状態」を意味します。

いつも無難な服ばかりになっていませんか。
たまには「挑戦的な服」を着てみよう。

いつも無難な服ばかりになっていませんか。たまには「挑戦的な服」を着てみよう。

「今日はどんな服を着ようかな」
そう思ったとき、無難な服を選んでいませんか。
クローゼットを開けて、しばらく服を眺めます。

抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。

抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。

世の中には、多くの抗菌グッズが市販されています。
「抗菌」とつくものには、有害な細菌が増えるのを抑える効果があります。
抗菌シート、抗菌スプレー、抗菌ベッド、抗菌カーテン、抗菌カーペット。

嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。
理由は後から考える。

嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。理由は後から考える。

日常では「嫌なこと」に遭遇することがあります。
嫌なことがあったとき、どう思うかです。
「嫌だな」

相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。
相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。

相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。

相手の話を遮る人がいます。
話をしている途中にもかかわらず、急に遮って自分の話をし始めます。
相槌を打つのかと思いきや、そのまま自分の話を話し始めます。

残り時間は少なくてもいい。
時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

残り時間は少なくてもいい。時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

残り時間が少ない状況があります。
「あと○○まで3年しかない」
「あと○○まで3カ月しかない」

同じカテゴリーの作品