自分磨き

魅力的な人になる
30の方法

  • ありのまま表現すれば、
    魅力になる。
魅力的な人になる30の方法

もくじ
  1. ありのまま表現すれば、魅力になる。

    まず、普通の人が考えている魅力的な人について、いくつか挙げてみます。
    ・美男美女
    ・芸能人、有名人

  2. 「わくわく」を基準に行動しよう。

    魅力的な人になるためには、まず「わくわく」を基準に行動することが大切です。
    わくわくに近づけば、元気とやる気が出て、笑顔が増えていきます。
    わくわくすることは、やってみたい気持ちがあります。

  3. 周りからの反対を押し切る人が、魅力的な人になれる。

    もっと魅力的になるためには、どうすればいいのでしょうか。
    シンプルなことです。
    素直な自分を、ありのまま、どんどん表現していくのです。

  4. 人を尊敬する前に、まず自分を素晴らしいと認めよう。

    尊敬できる人からたくさんの学びを得るのは、大切なことです。
    尊敬できる人は手本になり、多くの学びを得ることができます。
     

  5. 大勢で行動すると、魅力は半減する。

    大勢で行動すると、魅力は半減します。
    2人で行動すると、2分の1になります。
    3人で行動すると、3分の1になります。

  6. 思いきって、海外旅行に1人で行ってみませんか。

    私は、アメリカに留学した経験があります。
    そこで出会った日本人女性の多くは、年齢は若くても、落ち着いた雰囲気がありました。
    留学して現地で出会う人は、決断し、実際に行動に移した人たちばかりです。

  7. 心の空虚感を埋めるための人間関係になっていませんか。

    魅力的な人は、個性を高めるために一生懸命です。
    偽物の魅力を出している人は、自分よりレベルの低い人と付き合います。
    あなたの人間関係をチェックさせてください。

  8. 本屋は、今、自分が何に興味があるのかが分かる場所。

    時間が空いたときには、ときどき、本屋へ出かけましょう。
    本屋は、本を売っているだけの場所ではありません。
    自分を発見できる場所です。

  9. 語尾を上げて話すだけで、魅力的になれる。

    語尾と魅力は、強い関係があります。
    語尾を上げるか下げるかで、相手に与える印象はまったく違います。
    魅力的な人の言葉は、語尾を上げて話します。

  10. やる気が起きないのは、本当にやりたいことではないから。

    以前、こんなお便りをいただいたことがあります。
    「水口さんは、なぜこんなにたくさん書けるのですか。私もやる気を出したいのですが、どうすればいいのですか」
    私はやる気を出そうと思って、書いているわけではありません。

  11. 自分が提供したサービスを、自分が利用してみよう。

    自分で言うのもなんですが、HappyLifeStyleの文章を一番読んでいるのは、書いている自分だと思います。
    どんなヘビーユーザーより、何度も、真剣に読んでいると思います。
    自分で書いた文章を、自分で読むのは、大変大きな意味があります。

  12. 人を妬んで歩みを止めるより、自分が歩めばいい。

    魅力的な人を見て、次のように感じることがあります。
    「あの人はすごいなあ。幸せそうだなあ。でもあの人が幸せで、私が不幸だなんて、憎い」
    素晴らしい人を見たときに、私たちは感動すると同時に、妬む気持ちが発生します。

  13. 万能になろうとすると、失敗する。
    焦点を絞る人が、成功する。

    私には、大学受験に失敗した経験があります。
    恥ずかしいですが、失敗した原因の1つを紹介します。
    「何でもできるようになろうとしたこと」が原因です。

  14. 悩んだときには、高層ビルの屋上から、地上を見下ろしてみる。

    私がまだ幼いころ、ささいなことで「もう人生は終わりだ」と極端なことを考えることがありました。
    幼いころは、ささいな失敗が、大きく感じられます。
    窓ガラスを割ってしまっただけで「大変だ! これからどうやって生きていけばいいのか」とひどく落ち込んだものです。

  15. お風呂上りのリラックスタイムは、自分と向き合う時間。

    お風呂上りに「リラックスタイム」を作ってみましょう。
    体だけでなく、心まで安らいできます。
    お風呂に入ると、副交感神経が優位になります。

  16. できることを先に考える習慣を持とう。

    悩んでしまうのは、汚点ばかりを見てしまうからです。
    できないこと、分からないこと、失敗したことばかりを考えているからです。
    そういうことは、まず後回しにしましょう。

  17. 「そんなことない」と思う他人からの批判を、一度素直に受け入れてみる。

    小学生のころ、ささいなことで相手と意見が対立して、言い争ったことがありました。
    小学生の言い争いとはいえ、本気になるものです。
    たしか、あるゲームの作品について、考え方が2つに分かれました。

  18. 「ねえねえ」「ちょっと」で呼ぶから、誰のことか分からず、振り向いてもらえない。

    「ねえねえ」
    「ちょっと」
    相手を呼ぶときに「ねえ」や「ちょっと」で呼んでいないでしょうか。

  19. 思いが行動を作り、行動が未来を作る。

    今の私の状態は、3年前に考えていた状態になっています。
    3年前には「書きたいことがたくさんある。もっとたくさんの本を書きたいな」と考えていました。
    それを実行し続けた結果、現実として今、本当にたくさんの本を書くことができています。

  20. 「原因と結果の法則」を、生活に取り入れよう。

    私はある日、自分の人生を振り返りました。
    受験勉強に励んでいた学生時代が、その後の大学受験に結果として反映されています。
    受験勉強の方法が下手だったから、受験に失敗する結果に至ります。

  21. 魅力的な人は、他人より、自分に期待する。

    魅力的になりたければ「他人に期待する」という習慣には、注意が必要です。
    人間関係に苦しむ人は「あの人の性格がもっとよければいいのに」と相手から先に行動、発言、態度が変わることを期待します。
    恋愛に悩む人は「話しかけてくれないかな」と相手から先に行動することを期待します。

  22. 短所を直したければ、長所を伸ばせばいい。

    私たちには「短所」と呼ばれる部分があります。
    恥ずかしがり屋、行動力がない、顔がブサイク。
    短所を直すために、短所の改善をしようとします。

  23. 直接人と会って話をする機会を増やそう。

    電話やメールばかりに頼る人は、魅力があっても、相手に伝わりにくくなります。
    電話やメールは、相手が見えないからです。
    魅力的な人は、電話やメールより、直接会って話をします。

  24. 無駄な人生を歩むことで、人生が豊かになる。

    「あんなことしなければよかった」
    「あんな人と出会わなければよかった」
    人生では、取り除きたいと思う場面があります。

  25. 本当の魅力は、昨日までの自分を超えること。

    他人と比べることで得られることは、優越感か妬みのみです。
    勝てば優越感に浸り、鼻が高くなり、横柄になります。
    負ければ劣等感のため、妬みが生まれ、マイナスの感情が湧き出てきます。

  26. いらいらしたときこそ、自分を超えるチャンスだ。

    友達と約束していた時間直前になり、ドタキャンされることがあります。
    せっかく朝にシャワーを浴びて、入念に洋服を選び、準備が整っていたというのに、すべてが無駄になります。
    むかっとするのは当然です。

  27. 「キーマン」より「コネクター」と知り合おう。

    人脈関係の本には、いかにキーマンに近づくかということが書かれています。
    自分の人生に影響を与える人に、少しでも早く近づくためのテクニックが書かれています。
     

  28. いらいらを感じてしまうのは、半径5メートルの人間関係だ。

    いらいらするのは、自分の視野が狭くなっている証拠です。
    視点が低いため、視野が狭くなっています。
    人間関係にいらいらするのも、狭い範囲で考えているからです。

  29. 「ついでに」と話しかけることは、愛の表現の1つである。

    人間関係が下手な人は、お金の量に応じて、人の喜びも変わると思っています。
    プレゼントをするときも、できるだけ高級、高価な物を選びます。
    高級で高価なプレゼントほど、喜んでもらえると思っています。

  30. 人の悩みを聞くのは、人助けになるだけでなく、自分のためにもなる。

    忙しいときには、友達の悩みを聞いている余裕がありません。
    困っている人を助ける余裕がありません。
    「他人の悩みを聞いてなんかいられない!」と無視して、走りすぎます。

同じカテゴリーの作品