自分を変える
30の方法

  • 「準備をしなければ始められない」と、
    思い込んでいないか。
自分を変える30の方法

「準備をしなければ始められない」と、思い込んでいないか。

仕事はまず、準備から始めるのが一般的です。
もちろん準備は大切です。
前もって必要なことを整えておけば、スムーズに仕事が進められるでしょう。

「準備をしなければ始められない」と、思い込んでいないか。

最初は、0.1歩からでいい。

いきなり最初から、大きく踏み出すのは大変です。
大きく踏み出すのは、気合も時間も体力も必要です。
最初は、小さく踏み出せばいいのです。

最初は、0.1歩からでいい。

どんな自分でも、好きになるしかない。

自分を好きになれなくても、好きになるしかありません。
自分は、この世で絶対に否定をしてはいけない人物です。
自分が嫌いになることは、自分を否定することです。

どんな自分でも、好きになるしかない。

自分の特徴は、自分ではわからない。

自分の特徴は、自分ではわかりません。
自分は近すぎるため、よく見えません。
近すぎるから、見間違えていることもあります。

自分の特徴は、自分ではわからない。

「変な人だと思われたくない」と思う人こそ、変な人。

「変な人だと思われたくない」と考えていると、人と会うのが怖くなります。
たしかに変な人だと思われるのは、気分のいいことではないでしょう。
しかし、本当は、変な人だと思われたくないと考えるのが、一番変なのです。

「変な人だと思われたくない」と思う人こそ、変な人。

トイレットペーパーは、自分の欲深さが表れるところ。

あなたは、欲張りですか。
そう言われても、なかなか自分ではよくわかりません。
欲張りかどうかを、客観的に確かめる方法があります。

トイレットペーパーは、自分の欲深さが表れるところ。

ストレスも責任もまったくない状態では、人は遠くへ飛ぶことができない。

ストレスも責任もまったくない状態では、人は遠くへ飛ぶことができません。
ナイロン袋で考えると、よくわかります。
ナイロン袋だけ、遠くへ飛ばそうとしても難しいです。

ストレスも責任もまったくない状態では、人は遠くへ飛ぶことができない。

あなたのテーマカラーは、何色ですか。

あなたのテーマカラーは、何ですか。
テーマカラーとは、自分の個性を表現した色のことです。
テーマカラーがあると、生活のいろいろな場面で、役立ちます。

あなたのテーマカラーは、何色ですか。

嫌いなことがあるなら、好きなことも必ずある。

「好きなことが見つからない」という悩みを持つ人がいます。
意外に多いです。
自分のことだから、すぐ見つかりそうですが、戸惑う人が多いようです。

嫌いなことがあるなら、好きなことも必ずある。

幸福を得たければ、責任を背負う覚悟が必要。

人生の幸福は、道の選び方に左右されます。
決断であり、選択です。
他人に道を決めてもらうと、責任も小さくて済みます。

幸福を得たければ、責任を背負う覚悟が必要。

1回断られると、2回目からは楽になる。

営業の電話は、最初の電話が一番大変です。
断られるのが怖くて、最初はびくびくしながら電話をかけます。
案の定「必要ありません」と、強い口調で言われました。

1回断られると、2回目からは楽になる。

音痴だからこそ、カラオケに縁がある。
音痴とは、才能である。

「歌が下手だから歌えない」。
そう言いますが、実際にみんな歌がうまいと、かなり厄介です。
歌がうまいと、次の人が歌いにくいです。

音痴だからこそ、カラオケに縁がある。音痴とは、才能である。

コンプレックスは、隠すほど、ますますコンプレックスになる。

コンプレックスは、ありますか。
自分が「劣っているな。苦手だな」と思うことです。
コンプレックスは、誰もが隠そうとします。

コンプレックスは、隠すほど、ますますコンプレックスになる。

ホームランのようなファウルボールは、結果は残せなくても、印象は残せる。

野球の試合を見ていると、ホームランのようなファウルボールを見かけることがあります。
バッターが打った瞬間、飛距離がぐいぐい伸びていきます。
観客席から「おっ」という歓声が湧きます。

ホームランのようなファウルボールは、結果は残せなくても、印象は残せる。

「そんなことはわかっている」という人が、わかっていない。

「そんなことはわかっている」。
この口癖に、心当たりはありませんか。
相手が同じことを繰り返していると、つい言いたくなる言葉です。

「そんなことはわかっている」という人が、わかっていない。

迷ったときは、最初の決断を信じる。

試験問題で、不思議な経験をすることがあります。
試験で選択問題が登場したとき、最初は「これだ」と思い、すぐ回答します。
試験時間に余裕があり、見直すと、別の選択肢のほうが正しいように思え、答えを変更します。

迷ったときは、最初の決断を信じる。

勉強運や仕事運が低いのは、カバンのせいかもしれない。

あなたが愛用しているカバンを、最後に掃除したのはいつですか。
そう聞いて、どきっとする人も多いのではないでしょうか。
部屋の掃除を定期的にしても、カバンの掃除を忘れる人は、多いです。

勉強運や仕事運が低いのは、カバンのせいかもしれない。

2番目では歴史にならない。
歴史になるのは1番目だけ。

前例にないとき、どう思うかです。
「前例がないからダメ」と思う気持ちは、わかります。
「これまで成し遂げた人が1人もいない」ということです。

2番目では歴史にならない。歴史になるのは1番目だけ。

夢は、恥ずかしがるものではなく、熱くなって語るもの。

子供のころは「将来の夢は何ですか」と聞かれると、誰もが元気よく答えます。
「お金持ちになることです」。
「プロ野球選手になることです」。

夢は、恥ずかしがるものではなく、熱くなって語るもの。

あなたはまだ、本当の自分を知らない。
できないときの合言葉は「実はできる」。

あなたはまだ、本当の自分を知りません。
気づいていません。
できないことに当たったときは「もう無理だ。できない」と思い、力を緩めています。

あなたはまだ、本当の自分を知らない。できないときの合言葉は「実はできる」。

人は、心が死んだとき、生きていけなくなる。

人が生きられなくなるのは、どういうときでしょうか。
人が生きていく上で大切になるのは、やはり体力です。
体力がなくなれば、死んでしまいます。

人は、心が死んだとき、生きていけなくなる。

落ち込んだときの合言葉は「それがどうした?」。

落ち込んだときは、自分にこう語りかけましょう。
「それがどうした?」と。
少し、きつい言葉です。

落ち込んだときの合言葉は「それがどうした?」。

センスがなくても、芸術はできる。

「芸術にはセンスが必要である」と言われています。
たしかにセンスがあれば、具体的に表現する能力を、うまく発揮できることでしょう。
感じのいい作品には、鋭い感性が表現されているものです。

センスがなくても、芸術はできる。

悩みを打ち明けるだけで、厄払いができる。

厄払いをするために、わざわざ神社まで行く必要はありません。
厄払いは、もっと身近で手軽にできます。
悩みを、人に打ち明けるだけでいいのです。

悩みを打ち明けるだけで、厄払いができる。

揺るぎない信念がなければ、偉業を達成できない。

「信念」という言葉があります。
よく耳にする言葉ではありますが、どういう意味でしょうか。
辞書で調べると「正しいと固く信じて、疑わない心」とあります。

揺るぎない信念がなければ、偉業を達成できない。

恐怖は、怖がるほど、強くなる。

とあるテレビ番組で、女優がバンジージャンプに挑戦する企画がありました。
視聴者としては「きっと怖がって、いつまで経っても飛ばないだろう」という流れを予想します。
アシスタントが「3、2、1」と言っても「やっぱり無理」と言ってしゃがみ込むのが、定番です。

恐怖は、怖がるほど、強くなる。

口元を意識すると、若々しさが生まれる。

老けて見える人には、共通点があります。
口元が緩んでいるのです。
口をぽかんと開けていたり、口角が垂れ下がっていたりします。

口元を意識すると、若々しさが生まれる。

もともと運は、神様からのプレゼント。
運が悪くてもいらいらしない。

運が悪いことがあっても、いらいらしないようにしましょう。
もともと運は、自分のものではありません。
運は、神様からのプレゼントです。

もともと運は、神様からのプレゼント。運が悪くてもいらいらしない。

大きな苦労をしなくても、大きなことは達成できる。

大きなことは達成するには、大きな苦労をしなければいけないのでしょうか。
いいえ、違います。
大きな苦労をしてもいいですが、必須ではありません。

大きな苦労をしなくても、大きなことは達成できる。

話は、聞いてもらえるだけで、ありがたいこと。

話は、聞いてもらえるだけで、ありがたいことです。
「友人は、話を聞くのは当たり前」と思いますが、そうではありません。
みんな、忙しいです。

話は、聞いてもらえるだけで、ありがたいこと。

同じカテゴリーの作品

58:06
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION