人生の教科書



自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

  • 爽やかな印象は、
    努力によって手に入れられるもの。
爽やかな人になる30の方法

もくじ

1
★3

爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。

第一線で活躍する俳優やモデルは、爽やかな人たちばかりです。 きれいな肌。 真っ白な歯。 さらさらした髪。 きらきらした笑顔。 ポジティブな考え方。 明るく元気な話し方。 おしゃれなファッション。 爽やかな俳優やモデルを見ていると「自分もああなりたい」と憧れることも多いのではないでしょうか。 きっとあなたの周りにも、爽やかな人がいるでしょう。 爽やかな人は、異性からも同性からもモテるので、自然と人が集まってきます。 爽やかな人に憧れる一方で「もともと私は、爽やかなタイプではない」と嘆く人もいるでしょう。 生まれつきの顔立ち・肌質・髪質によっては、爽やかな印象を出しにくい人もいるでしょう。 爽やかになりたい気持ちはあっても、中には諦めかけている人もいるかもしれません。 たしかに爽やかな印象には、先天的な要素も存在します。 生まれつき顔立ちが整っていたり、肌がきれいだったりすれば、爽やかな印象も出やすくなるでしょう。 さらにポジティブ思考の性格なら、ますます爽やかな印象も倍増です。 顔立ちも肌質も性格も、遺伝的要因が影響しているのは事実。 しかし、爽やかな印象のすべてが、生まれつき決まっていると思っているなら誤解です。 すべてが生まれつき決まっているわけではありません。 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるものです。 先天的な要因は一部であり、大半は後天的な努力が重要です。 たとえば、顔立ちです。 もともと整った顔立ちでなくても、普段からにこにこした表情や笑顔を心がけていれば、爽やかな印象も出やすくなります。 肌質も、努力次第です。 スキンケア・食事・睡眠・ストレス解消を心がければ、きれいな肌を手に入れることができます。 清潔感も、努力によって手に入れられます。 服装・髪型・持ち物など、小ぎれいな様子に整えれば、自然と爽やかな印象も出やすくなります。 性格も、すぐ変えることはできませんが、前向きな考え方を意識すれば、だんだんポジティブ思考が身についてきます。 しみができても、レーザーを使えば消せます。 歯並びが悪くても、矯正すれば治せます。 たとえ歯が抜けても、差し歯を入れれば、きれいになります。 爽やかな印象の大半は、努力によって手に入れることができます。 お金や手間暇がかかることもありますが、逆に言うと、お金や手間暇さえかければ報われるのです。 爽やかな印象は、努力に比例して向上する特徴があります。 しかも勉強とは違い、短時間で手に入れることも可能です。 爽やかに、才能は不要です。 必要なのは努力です。 あなたが爽やかな人になれるかどうかも、これからの努力次第です。 「どうせ無理」「自分にはできない」と、ふてくされるのではありません。 「爽やかな自分に生まれ変わる!」という意気込みで努力を心がけましょう。 爽やかな印象は、頑張った人が報われる世界です。 「爽やかな自分に生まれ変わる!」 前向きに意気込んでいる時点で、すでにあなたは、爽やかな一歩を踏み出しています。 爽やかな印象は、生まれつきと決め付けず、努力によって手に入れる。

2
★2

爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
爽やかな笑顔になる4つのポイント。

爽やかな人の特徴の1つ。 それは、爽やかな顔です。 きらきら輝くような笑顔は、まさしく「爽やかの象徴」です。 爽やかな人になりたいなら、まず笑顔が欠かせません。 しかし、一言で「笑顔」と言っても、笑い方はさまざまです。 くすくすした笑い方。 大きな口を開けた笑い方。 はにかんだ笑い方。 ほほ笑むような笑い方。 こそこそした笑い方。 笑い方によって、印象や雰囲気はさまざまです。 上品に見える笑顔もあれば、そう見えにくい笑顔もあります。 何も意識しないで普通に笑うのもいいですが、できるだけ爽やかに見える笑い方を意識したほうが、爽やかな印象も向上します。 ポジティブな気持ちに任せて笑顔を作るのもいいですが、できるだけ爽やかな笑顔を意識してみてください。 爽やかな笑顔を作るには、次の4つがポイントです。 (ポイント1)無理に笑いを我慢しない しわができやすくなることを心配して、無理に笑いを我慢する人がいます。 中には笑いじわやほうれい線を気にして、わざと笑いを我慢する人もいるかもしれませんが、考えすぎです。 もちろん重要な会議やデリケートな話し合いなど、笑いを我慢すべき場面もあります。 しかし、無理に笑いを我慢すると、爽やかな印象が出ません。 あくまで私的な場面なら、どんどん笑っていくといいでしょう。 笑いじわにはポジティブな印象があるため、どんなにしわが多くなっても気になりません。 笑っている瞬間は、しみがあっても、目立たなくなります。 無理に笑顔を隠さず、積極的に笑うほうが好印象です。 (ポイント2)歯を見せる 口を閉じたまま笑うのもいいですが、爽やかさを意識するなら、やはり歯を見せる笑い方のほうが好印象です。 白は、爽やかを象徴する色。 白い歯が見えると、爽やかな印象もアップします。 食後はきちんと歯を磨いておくと、ますます白い歯が引き立ちます。 口臭もきれいになって、一石二鳥です。 白い歯が見えると、ささいな笑顔であっても、明るく笑っているような雰囲気が出ます。 (ポイント3)上の歯だけ見せる 爽やかさのためには、歯を見せた笑い方が大切ですが、とにかく歯を見せればいいわけではありません。 歯の見せ方にポイントがあります。 下の歯は見せず、上の歯だけ見せる笑顔のほうが、上品で爽やかに見えます。 笑顔との相性も漠群です。 (ポイント4)手で口元を覆わない 笑うとき、手で口元を覆い隠す人がいます。 もちろん食事中、口の中の食べ物が見えないよう、手で口元を覆うときならいいのです。 食べ物を相手に見せるのは、不快な印象を与えてしまいます。 また、口元のしわを気にして、口元を手で覆い隠す人もいるかもしれません。 しかし、せっかくいい笑顔も、手で隠しては意味がありません。 笑顔になるときは、口元を手で覆わないこと。 「私の笑顔を見て」と言わんばかりに、堂々と笑顔を見せたほうが、爽やかな印象が出ます。 できるだけ爽やかな笑顔を心がける。

3
★5

何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。

無表情になっていませんか。 仏頂面になっていませんか。 どちらも普通の表情と思うかもしれませんが、注意が必要です。 無表情も仏頂面も、普通の表情ではあるものの、不機嫌に見えやすい特徴があります。 機嫌は悪くないにもかかわらず、不機嫌のように見られるのは損でしょう。 感情や気持ちが感じられないため、周りの人から見て、何を考えているのか分かりにくい雰囲気が出ます。 なにより「華」がありません。 無表情も仏頂面も、普通の表情であるゆえに、ポジティブな印象がありません。 人を寄せ付ける魅力が少ないため、人から話しかけられにくくなります。 そこで心がけたいのが、笑顔です。 最も爽やかな表情は、にこにこした笑顔です。 面白いことがあって笑うときは、白い歯を見せて笑いましょう。 笑うときには、しっかり笑うこと。 笑いじわができても、歯茎が見えても、気にしない。 声を出して笑うことも大切です。 しっかり声を出して笑うほうが、明るく楽しく爽やかな印象も出やすくなります。 また、笑うときだけでなく、普段からにこにこした表情を心がけたい。 つまり、何でもないときでも、にこにこした表情を心がけるということです。 「面白いことがないのに笑えない」と思うのは考えすぎです。 大げさに笑うわけではなく、ほほ笑む程度でいいのです。 ほほ笑むくらいなら、今すぐできるはずです。 たとえば、広角を少し上げてみてください。 口角を少し上げてみるだけで、にっこりほほ笑んだ表情の出来上がりです。 少しだけ口角に力を入れるだけですが、全体的な表情はずいぶん変わります。 普段から口角を上げた口元を意識していれば、明るくて爽やかな印象が出やすくなります。 不思議なことに、笑顔を心がけていると、だんだん明るい気持ちになっていくでしょう。 爽やかな俳優やモデルを思い浮かべてください。 爽やかな人は、話しているときににこにこしているのはもちろん、黙っているときもにこにこしています。 むすっとした表情は見せず、いつもにこにこした表情です。 だからいつも表情に華があり、明るく爽やかな雰囲気が出てきます。 「自分には無理だ」と思わないでください。 笑顔は、すべての人に与えられた素晴らしい能力です。 笑顔、笑顔、また笑顔。 ぜひ、笑顔の似合う人になってください。 優れた話術がなくても、にこにこしているだけで、明るい雰囲気を出せます。 にこにこした表情が普段の表情になれば、自然と爽やかな人になれるのです。 普段からにこにこした笑顔を心がける。

4
★0

歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。

爽やかな人になりたいなら、きれいな歯並びも大切なポイントです。 「歯並びが悪くて困ることはない」 「歯並びは悪いけど、気になるほどでもない」 「八重歯だけど、チャームポイントになっている」 そう思う人もいるのではないでしょうか。 もちろんきれいな歯並びは、必須ではありません。 噛むことさえできれば、普通に食事もできます。 歯並びが悪くても、話したり笑ったりすることに支障はないでしょう。 しかし、爽やかな印象を考えるなら、歯並びはきれいであるほうが断然有利です。 爽やかな俳優やモデルは「歯並びがきれい」という特徴があります。 きれいに歯が並んでいると、知的で上品な印象が伴い、魅力的に映ります。 笑ったとき、歯並びがきれいだと、爽やかな印象も倍増します。 歯並びがきれいというだけで、確実に好印象が増すのですから、歯並びは侮れません。 八重歯・出っ歯・すきっ歯も魅力や個性の1つと言えますが、やはりきれいな歯並びが一番。 もし歯並びのずれがひどく目立つなら、歯列矯正を行うといいでしょう。 専門の歯科医院に行けば、歯列矯正を受けることができます。 費用は高額になりますが、発育段階の歯列矯正なら医療費控除の対象になるため、ある程度費用を抑えることが可能です。 仮に成人であっても、社会通念上、歯列矯正が必要と認められた場合、医療費控除の対象になります。 歯並びの矯正は、お金だけでなく、時間もかかります。 矯正期間は、数年を要するのが一般的です。 経済的・時間的な負担が大きいため、面倒がる人も多いですが、歯並びは健康にも関係します。 歯並びが悪いと、虫歯ができやすくなったり、噛み合わせが悪くなって消化不良を起こしたりなどの弊害があります。 「健康への投資」と考えれば、高額とも言えないはずです。 「歯は、体に直接身につける宝石」と考えてみてください。 美しいアクセサリーを身につけなくても、きれいな歯さえあれば、それだけで美しい。 歯に装着する矯正装置が目立つのが嫌なら、目立たないタイプの装置もあります。 きれいな歯並びは、プラスに働くことがあっても、マイナスに働くことはありません。 気軽に行えることではありませんが、今後の人生を考えるなら、選択肢の1つとして検討してみる価値はあるでしょう。 歯並びがきれいに整っているほうが、美容にも健康にもプラスに働きます。 歯並びが悪いなら、歯列矯正を検討してみる。

5
★2

爽やかな人は、肌がきれい。

爽やかな人には、きれいな肌が特徴です。 透明感のある肌。 つるつるとした肌。 しっとり柔らかな肌。 きれいな肌は、爽やかなシンボルの1つです。 活躍している俳優やモデルはみんな、うっとりするほどきれいな肌です。 肌が美しいだけで、自然と爽やかに映ります。 もちろんにきびや吹き出物があるからといって、悪いわけではありません。 思春期なら、にきびができるのは普通のこと。 皮脂の分泌が活発になる時期なら、肌が荒れることもあるでしょう。 大人であっても、仕事で頑張っていると、ストレスや睡眠不足が原因で肌の調子が悪くなることもあります。 悩みもストレスもない生活を送りたいところですが、現代社会ではなかなか難しいのが現実です。 しかし、仕方ない状況とはいえ、放置するのはよくありません。 にきびや吹き出物でいっぱいの肌は、爽やかさを妨げてしまう要因の1つです。 肌が荒れているよりきれいであるほうが、好印象なのは間違いありません。 爽やかな人を目指すなら、きれいな肌になるよう心がけましょう。 きれいな肌のほうが、見た目も雰囲気も爽やかになれます。 ●スキンケア まず大切なのは、スキンケアです。 きちんと洗顔料や化粧品を使って、肌を清潔な状態に保ちます。 肌が乾燥すると、肌荒れだけでなく、しわの原因にもつながります。 肌が乾燥しないよう、保湿を心がけましょう。 乾燥肌の人は、入念な保湿を心がけ、潤いのある肌を保ちましょう。 脂性肌の人は、小まめな洗顔を心がけ、余計な皮脂や角質を取り除きます。 にきびや吹き出物に悩んでいるなら、専用の洗顔料や化粧品を使うといいでしょう。 お金や手間暇はかかりますが「肌への投資」として考えると、十分な価値はあるはずです。 日焼け対策・紫外線対策も、年間を通して心がけたい。 紫外線は、遺伝子を傷つけるため、肌の老化だけでなく、しみやそばかすの原因にもなります。 また紫外線は、にきびの原因になることも知られています。 にきびの原因であるアクネ菌は、紫外線を感知すると「ポルフィリン」という毒素が発生します。 紫外線は、活性酸素の発生も促すため、にきびの悪化につながります。 日光に当たることが多いときは、きちんと日焼け止めを塗っておきましょう。 ●食事と睡眠 見落としがちなのは、食事と睡眠です。 スキンケアさえ重視すれば、肌がきれいになると思うのは誤解です。 肌の表面をきれいにするなら、スキンケアが有効ですが、肌を内側からきれいにするなら、食事と睡眠が重要です。 肌は、食事から作られます。 栄養バランスの取れた食事をして、肌にたっぷり栄養を与えましょう。 成長ホルモンの大半は、睡眠中に分泌されます。 また肌の新陳代謝の大半は、睡眠中に行われます。 しっかり睡眠を取れば、成長ホルモンも分泌され、肌の新陳代謝も促されます。 質のよい食事と睡眠は、質のよい肌を作る土台です。 スキンケアだけでなく、食事と睡眠も重要課題として取り組みましょう。 ●ストレス対策 勉強や仕事など、私たちの生活はストレスに満ちています。 ストレスとは切っても切れない関係ですが、大切なのはストレスとの付き合い方です。 できるだけストレスを減らす生活を心がけましょう。 また、ストレスがあっても、ためすぎないことも大切です。 ストレスをためると、ホルモンバランスが崩れる原因になるため、肌に影響します。 ストレスをため込まないよう、定期的にストレスを発散させていきましょう。 趣味を楽しむのもよし。 運動を楽しむのもよし。 温泉やマッサージなどリラックスを楽しむのもよし。 睡眠不足なら、時間があるときに、とにかく寝るのもいいでしょう。 平日は忙しくても、週末や休暇にたっぷり寝るのも、上手な過ごし方です。 スキンケアだけでなく、食事・睡眠・ストレス解消を心がけることで、肌の調子も整っていきます。 ●にきびは病気の一種 意外と知られていないことですが、にきびや吹き出物は、れっきとした皮膚の病気です。 正式な病名は「尋常性挫創(じんじょうせい・ざそう)」と呼ばれます。 アクネ菌が増殖して、肌に炎症を起こす症状です。 放置しておくと、症状が長期化して、陥没の跡が残ることもあります。 陥没の跡は、一度できると、なかなか改善が難しいため厄介です。 「思春期だから直せない」「大人の吹き出物は仕方ない」と諦めないでください。 思春期のにきびであれ、大人のにきびであれ、なかなか治りにくいかもしれませんが、治せる病気です。 なかなか肌荒れが治らなくて困っているなら、早めに病院で診てもらうといいでしょう。 少しでもきれいな肌になるよう、スキンケア・食事・睡眠・ストレス対策を心がける。

6
★1

清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。

爽やかな印象に欠かせないのは、清潔感です。 どれだけ性格が明るくて、どんなに笑顔がすてきでも、不潔では台無しです。 不潔な状態で爽やかな人になるのは、不可能です。 爽やかを心がける上で清潔感は最重要の1つですから、しっかり意識する必要があります。 もちろん完璧な清潔感を心がける必要はありません。 清潔感はあればあるほどいいですが、相手に不快感を与えない程度で十分です。 清潔感は「ここだけすればいい」というものではありません。 清潔感は、全体的な雰囲気から総合的に判断されるものです。 次のことを、できる範囲から1つずつ心がけていくと、清潔感が出やすくなります。 ●服装 普段からきれいめの服装を意識しましょう。 靴・ズボン・Tシャツに注目してみてください。 客観的に身だしなみを見たとき、汚れが目立っていないでしょうか。 自分では問題ないつもりでも、いつの間にか汚れや黄ばみが目立ち、相手に不快感を与えることがあります。 節約精神も大事ですが、清潔感はもっと大事です。 同じ衣類を長く愛用するのもいいですが、汚れや黄ばみが目立ってきたら、新しく買い換えたほうがいいでしょう。 ●爪 爪はきちんと短く切っておきましょう。 中には長く伸ばしたい人もいるかもしれませんが、爪が長いと、垢もたまりやすくなって不衛生です。 短く爪を切っておくほうが、指も動かしやすくなって快適です。 地味に見えるかもしれませんが、清潔感は最高です。 ●ふけ ふけにも注意しましょう。 肩にふけが落ちていませんか。 頭皮にも新陳代謝があるので、誰でもふけはありますが、目立ちやすさには個人差があります。 ふけが目立つなら、ふけを防止するシャンプーやリンスがあるので、検討してみるといいでしょう。 ●歯 食後は、きちんと歯磨きを心がけましょう。 きれいに歯を磨いて、食べかすを取り除きます。 食べかすが歯の隙間に挟まっているなら、歯間ブラシを使って取り除くといいでしょう。 白い歯を保つことができれば、笑顔にも自信がつきます。 きちんと歯磨き粉を使って歯を磨けば、息もきれいになって快適です。 ●ひげ 男性なら、ひげのケアも欠かせません。 ひげは、必ず剃らなければいけないわけではありません。 注意したいのは、無精ひげです。 ひげにこだわりがあるのもいいですが、無精ひげでは清潔感に乏しいと言えるでしょう。 おしゃれの一環としてひげを残したいなら、せめて形や長さを整えておくほうが好印象です。 ひげの処理に迷ったら、きちんと剃っておくのが無難です。 ●持ち物 見落としがちなのは、持ち物です。 持ち物も、身だしなみの1つと考えてください。 せっかく身だしなみはきれいでも、持ち物が不衛生では、爽やかな印象が出ません。 財布やバッグなど、汚れたり擦り切れたりしていると、かっこよくありません。 もし長く愛用しているものなら、メンテナンスが有効です。 裁縫や手芸が苦手なら、専門の業者に依頼するのも選択肢の1つです。 もし汚れや傷が目立って対処のしようがなければ、新しく買い換えるのも1つの選択肢です。 ●体臭 体臭にも気をつけてください。 香水の香りはOKでも、汗臭いにおいはNGです。 悪臭は目に見えませんが、不快感を与える力は絶大です。 何日もお風呂に入っていないと、だんだん汗臭いにおいが目立つようになります。 汗と垢が混ざってしばらく経つと、独特のアンモニア臭が漂い始めます。 たとえほのかににおう程度でも、大きな減点になります。 当然ですが、汗臭いにおいを、香水で消そうとするのは言語道断です。 においが上書きされそうですが、実際はにおいの分子がアンバランスに入り交じり、異臭になるだけです。 忙しいときもあるでしょうが、できるだけ毎日入浴を心がけるのが得策です。 § 清潔感は、総合的な心がけが大切です。 「爪だけ」「服装だけ」「持ち物だけ」と部分的に意識するのではなく、全体的に心がけることが大切です。 また、清潔感は、日々の生活習慣が大事です。 1回かぎりではなく、普段から習慣として心がけることで、爽やかな印象も定着します。 清潔感が出るように意識する。

7
★2

爽やかな印象の服装は、白系が一番。

爽やかな印象の服装を心がけるなら、意識したい色があります。 「白系」です。 もちろん完全な白でなくてもかまいません。 ミルキーカラーやパステルカラーなど、明るく柔らかい中間色も、白系の1つです。 「白は汚れが目立つ」と苦手意識を持つ人もいるでしょう。 たしかに小さな汚れも目立つので、気遣う場面も増えるでしょう。 暗い色のほうが、汚れが目立ちにくく、ごまかしやすい。 「白は平凡すぎる」「白は無難でつまらない」と思う人もいるでしょう。 慣れ親しんだ色の1つであり、面白さには欠けるかもしれません。 しかし、爽やかな印象を考えるなら、白系が一番です。 白以上に爽やかな色はありません。 爽やかを最も象徴する色は、白です。 そのため白系の服装を意識すると、爽やかな印象も出やすくなります。 汚れが目立ちやすいデメリットはありますが、考え方によってはメリットでもあります。 汚れへの注意喚起が促せるので、振る舞い方が丁寧になるメリットがあります。 「無難でつまらない色」と思うかもしれませんが、誤解です。 カジュアルでもフォーマルでも、白は定番であり基本です。 あなたが白の服装の人を見て、不快に思うことがないように、周りの人も白い服を不快に思うことはありません。 むしろ明るくてポジティブな印象のほうが目立つでしょう。 少なくとも評価を下げる色ではありません。 たとえば、白のワイシャツは、爽やかな服装の定番でしょう。 ビジネスでもプライベートでも、白のワイシャツは清潔感があり、好印象です。 あるいは、明るい青のワイシャツも悪くありません。 明るい青も白に近いので、爽やかな印象を出せます。 プライベートなら、白のズボンをはいてみるのもいいでしょう。 派手な印象を持つかもしれませんが、女性だけでなく、男性でも似合います。 最初は違和感があったとしても、しばらく着続けていると、だんだん慣れていくでしょう。 若い人向けのコーディネートというのも誤解です。 白のズボンは、10代や20代はもちろん、30代や40代がはいてもおかしくありません。 爽やかな印象だけでなく、若々しい印象も出ます。 爽やかな印象を考えるなら、白を基調にしたコーディネートを考えるといいでしょう。 白は、爽やかさのシンボルです。 白は、あなたを爽やかにさせるのです。 白系の服装を心がける。

8
★2

シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。

爽やかを意識するとき、注意したい身だしなみがあります。 それは、派手な身だしなみです。 爽やかな印象を出したいとき、派手な身だしなみを考える人もいるかもしれません。 派手なアクセサリーを身につける。 しっかり化粧をする。 高級ブランド品を身につける。 「何もしないより、何かしたほうがいい」 「何も飾らないより、何か飾ったほうがいい」 そう思って、積極的なおしゃれをしたくなる人も多いのではないでしょうか。 たしかに身だしなみを整える意味では、素晴らしい心がけです。 不潔な身だしなみに比べれば、はるかに好印象。 清潔感があって、整った印象もあり、積極的な雰囲気もある。 「きちんとした自分を見せたい」という意欲も感じられます。 少なくとも不快な印象はないはずです。 しかし、爽やかな印象を出したいなら、派手な身だしなみは落とし穴です。 派手な身だしなみからは、承認欲求や自己顕示欲が感じられます。 アピールが強いと、自己中心と思われ、逆に興ざめをさせる恐れがあります。 強い主張や個性が感じられると、爽やかな印象を妨げてしまうでしょう。 大切なのは、あくまで清潔感。 派手にすることではないのです。 では、どんな身だしなみを心がけるべきか。 身だしなみは、シンプルを心がけましょう。 厚化粧は避け、薄化粧を心がけます。 派手なアクセサリーは避け、落ち着いたアクセサリーで十分です。 持ち物も、無理に高級ブランド品を持つ必要はなく、普通のブランドで十分です。 ロゴが目立つものは避け、無地か、控えめの柄がいいでしょう。 シンプルを恐れないでください。 地味で質素に思えるかもしれませんが誤解です。 シンプルな身だしなみは、基本の印象があるため、爽やかな雰囲気が出やすくなります。 シンプルな身だしなみをしていると、心も考え方もシンプルに見えます。 もし自分で判断しにくいなら、周りの人に身だしなみを確認してもらってもかまいません。 「派手すぎないかな?」と聞いてみると、客観的に評価してくれるでしょう。 シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれるのです。 身だしなみは、派手ではなく、シンプルを心がける。

9
★0

爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。

「そうだ。香水を使えば、爽やかな印象を出しやすくなるのではないか」 香水は、よい香りがするので、爽やかな印象が出やすいと考える人もいるでしょう。 香水は、見えないアクセサリーです。 見ることも触れることもできませんが、おしゃれの1つとして有効です。 たしかに世の中には、爽やかな印象をテーマにした香水も存在します。 たとえば、シトラス系の香水です。 レモン・オレンジ・グレープフルーツ。 新鮮で澄み切った印象があるため、爽やかな印象も出やすくなるでしょう。 また、ソープ系の香りも爽やかな印象として定評です。 清潔感のある香りには、爽快ですっきりした印象が出るでしょう。 そのほか、メーカー独自で開発した香りもあります。 バラやハーブに似た香りには、爽やかな印象だけでなく、ほんのりした色気も感じさせます。 爽やかな印象を与える香水なら、積極的に使っていきたいと思う人も多いかもしれません。 もちろん香水の利用も選択肢の1つですが、安易な利用には注意してください。 香水の難しいところは「人によって好みが分かれる」という点です。 自分では「爽やかな香り」と思っていても、相手にとっては「苦手な香り」と感じるかもしれません。 香りの好みは、人それぞれ。 残念ながら、すべての人に好かれる香りはありません。 爽やかな香りとしてはシトラス系が代表的ですが、世の中には、シトラス系の香りさえ苦手とする人がいます。 爽やかな印象アップとして、香水の利用も1つの選択肢ですが、無理に使わなければいけないものではありません。 つまり、爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らないのです。 たとえ相手が好む香りだとしても、つけすぎると悪臭に変わります。 臭覚は、においに慣れやすい特徴があります。 最初は少量でも、何度か使っているうちにだんだん量が多くなる場合があります。 爽やかな人になるつもりが、かえって悪臭の目立つ人になっては笑えません。 香水を利用するのもいいですが、付け方には注意したほうがいいでしょう。 香水をつけるなら、目安は、ほのかに香る程度です。 直接体に吹き付けるのは避けます。 天井に向けて香水を拭きかけ、落ちてくる霧の中をくぐるのがいいでしょう。 香水をつけるべきか迷ったら、つけないのが無難です。 無臭を嫌う人はいません。 香りがないのは、刺激がなくてつまらなく感じますが、最も無難です。 清潔感を出すために香水を使うなら、量や場面で注意する。 迷ったら無臭にする。

10
★3

はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。

爽やかな印象を出すためには、話し方が大切です。 専門的な話は不要です。 面白いネタも高度な話術も必要ありません。 心がけるのは「はきはきした話し方」です。 ・小さな声 ・おどおどした態度 ・もごもごした話し方 ・曖昧で回りくどい言い方 ・だらだら長々した話し方 心当たりがあるなら、注意が必要です。 話し方によっては、いつの間にか爽やかな印象を妨げているかもしれません。 もちろん話し方も個性の1つです。 人によって性格が異なるように、話し方も人によって異なります。 個性の1つとして考えるのもいいですが、少なくとももごもごした話し方は聞き取りにくいでしょう。 コミュニケーションは、お互いの声が聞き取れなければ成立しません。 もごもごした話し方は、自信や元気がないようにも感じます。 「退屈」「つまらない」「やる気がない」といったネガティブなニュアンスがあります。 いくら個性とはいえ、話し方の癖で悪い誤解を招くのは不本意でしょう。 当然ですが、爽やかな印象もありません。 面接、プレゼン、何であれ、もごもごした話し方は評価を下げる原因になります。 爽やかな印象を出したいなら、はきはきした話し方が大切です。 聞き取りやすい声を心がけましょう。 大声を出す必要はなく、相手が聞き取りやすい声で十分です。 おどおどした態度ではなく、堂々とした態度を心がけましょう。 しっかり前を向いて、相手の目を見ながら話すと、自信と余裕に満ちた印象が出ます。 滑舌のよい話し方を心がけましょう。 語尾までしっかり発音した話し方のほうが、言葉を聞き取りやすくなります。 簡潔に分かりやすい話し方を心がけましょう。 難しい言葉や回りくどい言い方は避けます。 結論から話す話し方にすると、分かりやすくなります。 不明や未確定のことははっきり話せないように思えますが、誤解です。 分からないことなら「分からない」とはっきり言えます。 まだ決めていないなら「まだ決めていない」と言えるはずです。 自信のないことなら「自信がない」と言えるはずです。 はきはき話すと、ポジティブな雰囲気が出るので、爽やかな印象がアップします。 受け答えも、できるだけはきはきした話し方のほうが好印象です。 たとえば、人から手伝いをお願いされたとします。 「仕方ないな」「別に手伝ってあげてもいいよ」という嫌みな言い方は感じが悪い。 否定しているわけではありませんが、すっきりしない印象があります。 「いいよ!」「もちろん!」と明るく即答したほうが、爽やかな印象が出ます。 特に注意したいのは、疲れているときです。 勉強や仕事で疲れているときは、態度も話し方もだらだらしやすい。 たとえ疲れていたとしても、できるだけはきはきした話し方を心がけましょう。 疲れているときこそ、自分を奮い立たせ、元気のいい話し方をしたい。 はきはきした話し方なら、会話のテンポもよくなって、盛り上がりやすくなります。 普段からはきはきした話し方を心がけ、自分の印象を高めていきましょう。 はきはきした話し方を心がける。

11
★2

爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。

爽やかな印象を出すためには、姿勢を意識しましょう。 猫背になっていませんか。 前かがみの姿勢になっていませんか。 パソコンやスマートフォンが普及したせいで、姿勢の悪い人が増えています。 猫背や前かがみの姿勢は、お世辞にも爽やかな様子が出ません。 元気がなく、疲れている様子に見えます。 若い人でも、姿勢が悪いと、10歳老けて見えてしまいます。 悪い姿勢が長期的に続くと、腰痛や内臓圧迫の原因にもなります。 爽やかな俳優やモデルを思い出してください。 爽やかな俳優やモデルは、必ず姿勢がきれいです。 前を向き、背筋が伸び、堂々とした姿勢になっています。 背筋が伸びていると、自信と余裕があふれている様子に見えるので、いっそう爽やかに見えます。 爽やかな人を目指すなら、きれいな姿勢を心がけましょう。 姿勢に遺伝は関係ありません。 姿勢の良しあしは、あなたの心がけがすべてです。 病気や障害である場合を除けば、姿勢は、本人の努力で改善できます。 前を向き、肩の力を抜いて、背筋を伸ばす。 さらに少し顎を引けば、完璧です。 これだけで、美しい姿勢が実現できます。 足を組むのも、できるだけ避けたほうがいいでしょう。 椅子に座るときも、できるだけ背もたれに寄りかからず、浅めに座り、背筋を伸ばした状態が理想です。 特にパソコンやスマートフォンを使うときは、姿勢が悪くなりやすいため注意が必要です。 パソコンやスマートフォンを使うときでも、できるだけきれいな姿勢を意識しましょう。 「背筋を伸ばすと疲れる」と思うのは、腰の筋肉を使って背筋を伸ばしているからです。 背筋を伸ばすのに、実は筋肉の力はさほど必要ありません。 背骨をまっすぐ安定させ、背骨の上に上半身を載せるようにしてみてください。 こうすると、ほとんど筋肉を使わないので、疲れにくく姿勢を維持できます。 コツをつかんで慣れてくると、実際はきれいな姿勢のほうが疲れにくいことに気づくはずです。 筋肉への負担も小さいため、血液の流れもよくなり、健康的です。 姿勢がよくなると、疲れにくいだけでなく、集中力も持続しやすいメリットもあります。 特に疲れているときは、自然と姿勢も悪くなりやすいため、注意してください。 仕方ない状況もありますが、できるだけ美しい姿勢を心がけましょう。 姿勢が美しいと、魅力的な様子に見えます。 体全身からポジティブな雰囲気が出てくるようになります。 爽やかだから、姿勢がよくなるのではありません。 姿勢がよいから、爽やかになれるのです。 爽やかさと姿勢の美しさは、比例するのです。 背筋を伸ばして、美しい姿勢を心がける。

12
★2

ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
自分も周りも、明るく照らす。

ネガティブ思考に陥っていませんか。 「どうせ無理」 「できるわけがない」 「すべてがつまらない」 たしかになかなか思うようにうまくいかない場面では、諦めやすくなるでしょう。 弱気の心が芽生え、考えも卑屈になります。 後ろ向きな発言や考え方は、爽やかではありません。 まだ何も挑戦も取り組んでいないのに、最初から「無理」「不可能」「できない」と決め付けるのはよくありません。 マイナス面だけ注目したり、ネガティブに考えたりすると、周りを暗い雰囲気にさせてしまいます。 たとえ表向きは清潔感のある身だしなみであっても、どんよりした雰囲気が出てしまいます。 たしかに性格は、遺伝的要因があることも確認されています。 「生まれつき悲観的な性格だから仕方ない」 そう思う人もいるかもしれません。 生まれつき悲観的に考えやすい性格なら、なかなか明るく考えるのは難しいように思えます。 しかし、性格のすべてが遺伝で決まるわけではありません。 遺伝の影響とはいえ、あくまで一部です。 性格のすべてが先天的に決まることではなく、経験・習慣・環境などの後天的要因によって変えていくことが可能です。 たとえ生まれつき悲観的な人であっても、努力と経験によって、ポジティブ思考になることは可能です。 爽やかになるためには、ポジティブ思考を意識しましょう。 何事においても、よいふうにとらえようと前向きに考えることが大切です。 ポジティブ思考は、あくまで考え方ですから、日頃の努力と習慣によって実現できます。 ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなものです。 物事を肯定的にとらえる考え方は、自分も周りも明るく照らします。 「きっとできる」「何とかなる」という2つの言葉を軸に生きると、爽やかな印象が出ます。 考え方を明るくすることで、気持ちも明るくさせていけます。 話をしていても、ポジティブであるほうが、元気で明るい雰囲気も出ます。 たとえ悪い状況でも、前向きに考えることが大切です。 ふてくされることなく、意地でも前向きに考えましょう。 悪い状況こそ、ポジティブ思考を鍛えるチャンスと考えたい。 困難に直面したとき「もうダメだ」と、すぐ諦めるのではありません。 可能性が1パーセントでも残っているなら、まだ希望はあるということ。 「まだいける」と考えて、限界ぎりぎりまで挑戦しましょう。 ポジティブ思考になると、自然と発言も明るくなります。 人を褒めたり、元気づけたり、慰めたりできます。 自然と明るい発言が増えるので、多くの人から「もっと一緒にいたい」と思われるようになります。 考え方がポジティブになると、爽やかな印象だけでなく、未来に希望を持てるようになります。 何事もよいふうに考えるので、いつも人生にわくわくできます。 体の内側から、生きるエネルギーも湧いてくるようになるのです。 さあ、ポジティブ思考を心がけましょう。 まず「自分はポジティブ思考になれない」という考え方から改めませんか。 「ポジティブ思考になる。今から自分は生まれ変わる!」と思うのがポジティブ思考です。 自分の人生は、自分で決めるものです。 ポジティブ思考になって、太陽のように輝き、自分も周りも明るく照らしましょう。 ポジティブ思考になって、何事も前向きに考える。

13
★2

愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。

爽やかな人になりたいなら、愚痴や悪口に要注意です。 私たちの日常では、愚痴や悪口を言いたくなる場面があります。 予定が狂って、いらいらする。 不愉快な出来事に遭遇して、腹が立つ。 気に入らない出来事があって、むかむかする。 人間は、感情の伴った生き物。 時には感情が乱れるのも仕方ありません。 問題は、発散方法です。 いらいらしたときにありがちなのは、愚痴や悪口としての発散です。 ぐちぐち愚痴を漏らす。 陰で悪口を言いまくる。 もしくは、直接相手に向かって罵声を浴びせる。 愚痴や悪口を言えば、自分は気持ちがすっきりするかもしれません。 しかし、愚痴や悪口を言っていると、爽やかな人にはなれません。 愚痴や悪口といったネガティブな発言は、人に不快感を与えるため、悪印象です。 愚痴や悪口を言う人に、爽やかな人はいません。 裏表のギャップが大きいため、周囲の人を驚かせます。 どろどろした雰囲気を生み出し、人を寄せ付けない人になります。 愚痴や悪口ばかり言っていると、今度はあなたが愚痴や悪口を言われるようになるでしょう。 たとえ本人に聞こえなくても、陰で悪口を言うのはNGです。 悪口を言ったあなたはよくても、聞かされた相手は「いつか自分も陰で文句を言われそう」と感じ、ぞっとしているでしょう。 愚痴や悪口で笑いが取れたとしても、下品です。 相手が楽しそうに笑っていたとしても、相手が本当に心から笑っているかは疑問です。 相手は付き合いで仕方なく笑っているだけかもしれません。 愚痴や悪口を言っているかぎり、永遠に爽やかな人にはなれないのです。 愚痴や悪口を言う癖があるなら、やめることです。 非生産的であり、不毛です。 愚痴や悪口に時間や体力を使うくらいなら、自分の仕事に集中することです。 派閥があっても参加しない。 淡々と自分の仕事に集中したほうが、はるかに建設的で好印象。 なにより爽やかな印象があります。 どうしても言いたい一言があって我慢できないなら「注意」「忠告」として伝えるのがいいでしょう。 愚痴や悪口として発散させるくらいなら、直接本人に伝えるほうがまだ好印象です。 言い方には十分注意して、丁寧に伝えるようにします。 相手が納得すれば、改善につながります。 もし相手に言っても仕方ない不満なら、紙に書くことをおすすめします。 メモ用紙でもノートでも何でもかまいません。 言っても仕方ない不平不満は、気が済むまで紙に書いてしまいます。 手が疲れようと指が痛くなろうと、書いて、書いて、書きまくる。 書き終わった紙は、ごみ箱に捨てればOKです。 これなら誰の迷惑にもならず、個人で簡潔にストレスを発散できます。 いらいらしても、愚痴や悪口を言わないようにする。

14
★3

爽やかな人は、挨拶も爽やか。
爽やかな挨拶をするための3つのポイント。

暗い挨拶をしていませんか。 小さな声で挨拶。 会釈だけの挨拶。 無表情で挨拶。 もちろん挨拶をしているだけまだいいのですが、蚊の鳴くような声では、印象がよくありません。 「最低限の挨拶さえできればいい」 「挨拶をするほど元気がない」 「挨拶なんてしなくても、仕事さえできればいい」 さまざまな意見や事情があると思いますが、中途半端な挨拶では、爽やかな印象が出ません。 爽やかな印象を出すためには、きちんとした挨拶を心がけましょう。 心がけたいのは「爽やかな挨拶」です。 爽やかな挨拶をするためのポイントは、3つあります。 「明るく元気であること」「積極的であること」「笑顔であること」です。 (ポイント1)明るく元気であること 爽やかな挨拶をするためには、まず明るく元気であることがポイントです。 「おはようございます!」 「こんにちは!」 「こんばんは!」 「お疲れ様です!」 「よろしくお願いします!」 明るく元気な声の挨拶には、パワーが感じられます。 「一緒に頑張りましょう」という意気込みを伝えることができます。 相手は「きちんと挨拶ができて礼儀正しい人だな」と感心するでしょう。 挨拶をしなくて、相手に不快感を与えることはありますが、挨拶をして相手に不快感を与えることはありません。 挨拶は、時間にして、ほんの3秒程度です。 疲れているときもあるかもしれませんが、挨拶の一瞬くらいは、空元気でもいいので、明るく元気な挨拶を心がけましょう。 元気がないなら、気合を入れて、心を振り絞りましょう。 たとえ落ち込んでいても、挨拶くらいは「明るく元気」を心がけましょう。 (ポイント2)積極的であること 爽やかな挨拶をするためには、積極的であることもポイントです。 相手に挨拶をされてから挨拶をするのもいいですが、受動的です。 同じ挨拶でも、やはり自分から進んでする挨拶のほうが、熱意や意欲が感じられるため、好印象です。 「先か後か」というささいな順番ですが、印象に大きな違いをもたらします。 挨拶は、できるだけ自分から積極的にしていきましょう。 (ポイント3)笑顔であること 忘れてならないのは、笑顔です。 笑顔は、元気がこもった精神的なプレゼントです。 にっこりした笑顔で挨拶することで、相手も爽やかな気持ちにさせることができます。 挨拶の効果をばかにしてはいけません。 たかが挨拶、されど挨拶。 たった一言の挨拶であっても、相手を爽やかな気持ちにさせることができるのです。 たとえ疲れていても、積極的に明るく元気な挨拶を心がける。

15
★1

無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。

疲れやストレスに満ちた生活では爽やかにもなれません。 つらくて苦しい状態では、爽やかな生活を送るのは難しい。 疲れをため込んだ状態では、表情に生気がなく、悲壮感が漂います。 もちろん適度なストレスやタイムプレッシャーも、時には大切です。 ストレスのおかげで、精神力とメンタルが鍛えられ、タフになります。 タイムプレッシャーのおかげで、やる気や集中力が高まり、仕事の効率を上げることができます。 ストレスやタイムプレッシャーも、役立つ場面があるのも事実です。 しかし、限度を超えると、かえってダメージになります。 爽やかに生きるためには、できるだけ無理をしないことが大切です。 疲れやストレスは、限界になってから対処するのではなく、早めに対処することが大切です。 たとえば、仕事です。 仕事の量が多すぎるとき、どうするか。 仕事の量が多すぎるときは、素直に人に協力をお願いしましょう。 責任感を持って仕事をするのは素晴らしいですが、無理をするのはよくありません。 無理に1人で抱え込んでも、仕事に押しつぶされるだけ。 ミスが発生しやすくなったり、納期に遅れたりしては、迷惑をかけてしまいます。 「1人では無理」もしくは「厳しい」と判断したときは、素直に協力をお願いするのが得策です。 仕事で疲れたとき、どうするか。 仕事で疲れたときは、無理をせず、休憩を入れましょう。 疲れているとき、無理に頑張っても、よい仕事はできません。 集中力が低下すると、単純なミスが増え、仕事の質も低下します。 「頑張る」と「無理をする」は、違います。 頑張るのはいいですが、無理をするのは、体調を崩す元になります。 区切りのいいところで仕事を止めて、休憩を入れるのが得策です。 休憩も、仕事の一環です。 きちんと休憩するから、しっかり仕事ができます。 素直に休んでおくほうが、疲れもスムーズに回復するので、再び仕事に集中できます。 体調が悪いとき、どうするか。 体調が悪いときは、素直に休みましょう。 体調が悪いにもかかわらず、無理に体を酷使すると、回復が遅くなります。 むしろ余計に悪化させてしまい、長期化する可能性もあります。 無理に出社して、周りの人に病気を移しては、かえって迷惑です。 素直に休んで体調を回復させたほうが、自分も周りも幸せです。 都合があるため、それぞれ完璧に実現するのは難しいですが、できるだけ近づける努力はできるでしょう。 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツです。 できるだけ無理をしないようにする。

16
★0

下を向いて、だらだら歩かない。
前を向いて、きびきび歩く。

自分の歩き方を振り返ってみましょう。 歩く行為は、平凡で日常的なので、意識することは少ないかもしれません。 勉強や努力をしなくても、誰でも普通にできること。 歩き方について、意識することは少ないのではないでしょうか。 しかし、歩き方も、爽やかな印象に影響するポイントの1つです。 歩き方によって、あなたの印象はずいぶん変わります。 まず気をつけたいのは、だらだらした歩き方です。 のろのろ歩く。 うつむきながら歩く。 足を引きずるように歩く。 けがや病気をしているわけでもないのに、だらだらした歩き方をしているのは、爽やかではありません。 疲れて気だるそうな様子があって、暗いイメージがあります。 やる気や元気がなくて、疲れている様子に見えます。 若い人が下を向きながらだらだら歩いていると、10歳年を取って見えるでしょう。 いくら清潔感があろうと笑顔がすてきであろうと、だらだらした歩き方をしていると、爽やかには見えないのです。 爽やかな人を目指すなら、きびきびした歩き方を心がけましょう。 前を向き、背筋を伸ばして、さっそうと歩きましょう。 わざわざ小走りをする必要はありませんが、スピード感のある歩き方は大切です。 歩き方にスピード感があると、動きが引き締まって、爽やかな印象が出やすくなります。 きびきびした歩き方からは、力強さとりりしさが感じられます。 目的を持って効率よく動いているような印象も出て、かっこいい。 少し大股になって歩くと、余裕のある印象も出やすくなるでしょう。 注意したいのは、疲れているときです。 疲れているときは、下を向いたり、すり足になったりして、歩き方が弱々しくなりやすい。 仕方ないときもありますが、できるだけきびきびした歩き方を心がけましょう。 歩き方を意識するだけで、今すぐあなたは爽やかになれます。 だらだらした歩き方より、きびきびした歩き方を心がける。

17
★1

きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。

会話の際、きちんと相手の目を見て話していますか。 照れや緊張があると、目をそらした話し方になりがちです。 異性や初対面の人の前では、いっそう抵抗感も強くなり、目をそらしたくなるでしょう。 普段から目をそらした話し方が癖になっている人もいるでしょう。 もちろん目を見なくても、声さえ聞き取れれば、会話は可能です。 電話が声だけで成立しているように、対面でも、声だけでコミュニケーションは成立します。 「別に目を見なくても会話はできる」 「相手の目を見て話すのは苦手」 「目を見たところで意味がない」 さまざまな意見があるでしょう。 しかし、目をそらす話し方は、爽やかな印象がありません。 「アイコンタクト」という言葉があるように、目も大切なコミュニケーションの1つです。 目は、言葉を発しませんが、言葉のようにメッセージを伝える力があります。 相手の目を見ない話し方は、自信と余裕がないように映ります。 おどおどした様子に映って、相手にすっきりしない印象を与えます。 相手は「どうしたのだろう」と、だんだん不安や心配が出てくるでしょう。 「体調でも悪いのだろうか」 「何かやましいことでもあるのだろうか」 「コミュニケーションが苦手なのだろうか」 さまざまなネガティブな様子が伝わってきます。 また、目をそらした話し方は、相手に不快感を与えることもあります。 真面目に話を聞いていない態度に見えることがあります。 「話したくない」「早くその場から去りたい」など、ネガティブなニュアンスを与えてしまうこともあります。 自分でそのつもりはなくても、思わぬ誤解を招くのは不本意でしょう。 たとえはきはきした話し方であっても、目をそらした話し方だと、爽やかな印象は出ないのです。 爽やかな人になりたいなら、きちんと相手の目を見て話すようにしましょう。 目を見て話すのは、コミュニケーションの基本です。 照れや緊張があっても、きちんと相手の目を見て話す。 きちんと目を見て話す人からは、強い自己肯定感が感じられます。 自信と余裕があり、迷いがないように映ります。 きちんと話をすると「話が楽しい」「あなたともっと話したい」などのポジティブなメッセージも伝えられます。 もちろん凝視する必要はなく、適度に目をそらすことも大切です。 あまり目を長く見続けていると、相手に威圧感を与えるため、適度に視線を外すことも心がけたい。 目をそらす目安は「3秒前後で1回」です。 5秒以上の凝視は、威圧感を与えるため注意が必要です。 たとえ緊張する相手だとしても、できるだけ相手の目を見て話したい。 きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出るのです。 恥ずかしくても、きちんと相手の目を見て話す。

18
★0

トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。

爽やかな人になりたいなら、普段から明るい話を心がけましょう。 楽しい話・嬉しい話・面白い話。 ポジティブな話をすればするほど、自然と爽やかな印象も出ます。 ポジティブな話のときはいいのです。 難しいのは、この逆です。 トラブルの話です。 詐欺に遭った話。 仕事でミスをした話。 事故に巻き込まれた話。 トラブルの話題になると、どうしても不幸な印象が出るため、暗い雰囲気になりがちです。 暗い話題は、デリケートです。 相手も答え方が難しくなり、気遣いが増えるでしょう。 しかし、トラブルの話が禁止というわけではありません。 自分の身に降りかかった出来事は、すべて話のネタになります。 実際に起こった出来事なのですから、わざわざ隠す必要はありません。 心がけたいのは、話し方です。 爽やかな人を意識するなら、トラブルの話のときこそ、明るく話しましょう。 楽しそうに話す。 にこにこしながら話す。 自分で大笑いしながら話す。 自分で自分の失敗を笑ってもいい。 自分に起こったトラブルの話は、絶好のネタになります。 人のトラブルを笑うのはNGですが、自分で自分のトラブルを笑うのはOKです。 明るく話せば、トラブルの話題であっても、楽しい雰囲気に包まれます。 つらい出来事の話であっても、嬉しい出来事の話であるかのように話すことが大切です。 トラブルを明るく話すことで「大したことはない」「すでに克服できている」というポジティブなニュアンスも伝えられます。 平気な様子で話すので、相手も余計な気遣いをしなくて済みます。 たとえまだトラブルを乗り越えていない状態であっても、やはり明るく話したほうがいい。 乗り越えたから、明るく話せるのではありません。 明るく話すから、乗り越えられるのです。 心の中は暗くても、表向きは明るく振る舞いましょう。 ネガティブな気持ちは、ポジティブなパワーで吹き飛ばせばいいのです。 話の印象は、内容より話し方で決まります。 くよくよしながら「本当に大変でした」と嘆くのではありません。 にこにこしながら「もう本当に大変だったよ!」と笑い飛ばしましょう。 トラブルの話だから、暗く話さなければいけないルールはありません。 むしろ逆です。 トラブルの話だからこそ、明るく話しましょう。 最近あなたは、どんなトラブルがありましたか。 そのトラブルを、にこにこしながら明るく話してください。 トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人なのです。 トラブルの話でも、にこにこしながら明るく話す。

19
★2

見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
素直な心を持った人こそ、爽やかな人。

ときどき頑固な人を見かけます。 人のアドバイスを無視する。 自分の考え方にこだわろうとする。 周りの意見を拒んで、自分の殻に閉じこもる。 もちろん自分にとって大切な価値観なら、しっかり守りたいと思うのは普通のこと。 価値観を尊重することは、生き方を尊重することでもあります。 価値観を大事にするから、人生の喜びも楽しみも深まります。 プライドがあるなら、こだわりたいと思うのも当然です。 プライドは自信でもあります。 ビジネスでもプライベートでも、心の支えとなっているプライドなら、簡単には譲れないでしょう。 時には自分を大きく見せたくて、見栄や虚勢を張ることもあるはずです。 しかし、価値観やプライドを大切にするのはよくても、大切にしすぎた結果、頑固になってはいけない。 頑固になったままでは、爽やかな人にはなれません。 あなたが、頑固な人を爽やかと思わないように、あなたも頑固になっていると、爽やかな人になれません。 いくら清潔感があり、どれだけ笑顔がすてきであっても、頑固では台無しなのです。 爽やかな人になりたいなら、素直を心がけましょう。 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしません。 できるだけ自然体で振る舞いましょう。 人の言うことに逆らわず、前向きに受け入れます。 もちろん無条件に相手の言葉をすべて受け入れるのではなく、できるだけ従順に受け入れるということです。 素直を心がけると、心が柔らかくなります。 相手の言葉を、きちんと受け入れられる人は好印象です。 素直を表現するには、当たり前を心がけるだけです。 たとえば、人から親切を受けたら、素直に「ありがとう」とお礼を伝えます。 人に迷惑をかけてしまったときは、素直に「ごめんなさい」と謝ります。 プレゼントをもらったときは、素直に「嬉しい」と喜びと感動を表現します。 楽しいことがあれば「楽しい」と言い、面白いことがあれば「面白い」と言うだけです。 難しい知識も技術も必要ないので、今すぐ心がけることができます。 大切にしている価値観やプライドがあったとしても、頑固にならず、妥協や譲歩の余裕を持ちたい。 臨機応変に対応できる価値観やプライドこそ、本当に素晴らしい心です。 いきなり素直になるのが難しければ、少しずつ素直になっていくのもいいでしょう。 たとえば、最初は感謝の言葉から始めて、慣れてくれば、次に謝罪の言葉を心がけます。 ゆっくり進めていけば、無理なくステップアップができるでしょう。 素直な心を持った人こそ、爽やかな人なのです。 素直を心がける。

20
★2

相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。

爽やかな人には「爽やかな行為」があります。 明るく面白い話で相手を楽しませる。 悩みの相談に乗る。 相手に優しく接する。 爽やかな行為を心がければ、お互いが楽しめ、爽やかな印象にもつながっていきます。 では、爽やかな行為なら何でもいいかというと、それは違います。 爽やかな行為とはいえ、押し付けがましくなるのはよくありません。 たとえば、親切です。 親切に接するのはいいですが、無理に押し付けては、不快感を与える原因になります。 相手はリズムやペースを乱し、ストレスになるでしょう。 「喜べ」「感謝しろ」と言わんばかりの行為は、かえって悪印象。 必要としていない親切は、ありがた迷惑になる可能性もあります。 親切は、あくまで相手が必要としていることを行うことがポイントです。 相手が遠慮している様子なら、あえて控える勇気も大切です。 明らかに嫌がっているなら、やめておくのが得策です。 会話でも注意が必要です。 笑いの価値観は、人それぞれ。 自分には楽しく感じることが、相手も楽しく感じるとは限りません。 自分は「楽しい」「面白い」と感じることであっても、相手は「退屈」「つまらない」と感じることもあります。 自分は「愉快」「爽快」と感じることであっても、相手は「不愉快」「憂鬱」と感じることもあります。 相手の様子が不自然なら、何らかの事情が考えられます。 相手が退屈に感じている様子なら、話題を変えたほうがいいでしょう。 相手が急いでいる様子なら、早めに会話を切り上げたほうがいいかもしれません。 大切なのは「相手の気持ちを察する」ということです。 独りよがりや自意識過剰には注意しましょう。 相手の気持ちを察しながら、臨機応変な対応を心がけることが大切です。 相手の言葉・表情・態度はすべて、心を読み取る手がかりです。 心の中を見ることはできなくても、手がかりから推測することは可能です。 相手の気持ちを察してこそ、爽やかな行為も生きてくるのです。 相手の気持ちを察して、臨機応変な対応を心がける。

21
★4

疲れるのはいい。
大切なのは、疲れを見せないこと。

疲れたとき、あなたはどんな態度になりますか。 声が小さくなる。 動きが遅くなる。 表情が悪くなる。 疲れたときは、元気のない様子になることが多いのではないでしょうか。 心身に疲労がたまると、パフォーマンスが悪くなるのも当然です。 疲れた様子だけでなく、中には態度や言葉遣いまで悪くなる人もいるかもしれません。 疲れないように生活したいところですが、勉強や仕事があると、どうしても疲れもたまってしまうでしょう。 「疲れは防ぎようがない」と思う人もいるかもしれません。 ここに大切なポイントがあります。 疲れるのはいいのです。 大切なのは、疲れを見せないこと。 演技でもいい。 虚勢でもいい。 空元気でもいい。 表情が引きつっていて、相手にばれるかもしれませんが、努力だけはしたいところ。 できるだけ疲れを見せない努力をしましょう。 元気がなくても、気合を入れて、元気なふりをする。 体はだるくても、しっかり前を向いて、きびきび動く。 心や体はへとへとでも、一踏ん張りして、表情はにこにこを心がける。 不機嫌であっても、表を繕って、機嫌がいいふりをする。 落ち込み気味でも、気持ちを引き締めて、明るいふりをする。 そうすれば、明るくて爽やかな印象を出せます。 爽やかでいるために、できるだけ疲れを見せない努力をすることが大切です。 疲れていても、できるだけ表を繕って、疲れていない様子を見せましょう。 疲れないことが素晴らしいのではありません。 疲れを見せないことが素晴らしいのです。 疲れを見せないのは、優しさの表れです。 表向きだけでも、元気を繕うことが大切です。 元気なふりをしていると、心身が引き締まり、だんだん本当に元気が出てくるようになるでしょう。 できるだけ疲れを見せない努力をする。

22
★1

リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。

あなたは普段、どんなリフレッシュを心がけていますか。 リフレッシュの方法ではありません。 リフレッシュの入れ方です。 普通は疲れがある程度たまってから、リフレッシュの予定を考える人が多いのではないでしょうか。 運動・温泉・マッサージ・旅行。 中にはストレスの限界に達してから、リフレッシュを心がける人もいるかもしれません。 きちんとリフレッシュをしているだけまだいいのですが、理想ではありません。 疲れがたまってから対処をすると、後手になります。 疲れやストレスをためたままでは、元気がなくなり表情も悪くなって、爽やかになれません。 疲れやストレスをためすぎると、不眠症・神経症・精神疾患に発展する可能性もあります。 いったん病に陥ってしまうと、回復までにお金や手間暇がかかり、なかなか厄介です。 爽やかな人になりたいなら、上手なリフレッシュを心がけましょう。 場当たりでリフレッシュをするのではありません。 先にリフレッシュの予定を入れておくのです。 リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけましょう。 そうすれば、定期的に休憩や気分転換ができるため、ストレスをためすぎることがなくなります。 また近い将来に楽しみができるので、わくわくしながら明るい気持ちで過ごしやすくなるメリットもあります。 楽しい予定は、未来に希望を与える力があります。 自然と態度や表情がよくなるでしょう。 たとえば、リフレッシュとして、先に旅行の予定を入れてみてはいかがでしょうか。 「時間ができたら」と思っていると、いつまで経っても旅行できません。 少し強引ですが、先に予定を入れてしまいましょう。 個人旅行でも団体旅行でもかまいません。 国内旅行でも海外旅行でもかまいません。 数カ月後に旅行を控えていると思えば、待ち遠しい気持ちになって、わくわくします。 自然と笑顔の数も増えるでしょう。 定期的なリフレッシュによって、気分転換になるだけでなく、ストレス解消にもなります。 旅行が大げさなら、美容院やマッサージの予約を入れるだけでもかまいません。 予約も予定です。 特別な時間を予定しておくことで、胸が弾みます。 美容院やマッサージの予定があるだけでも励みになり、元気に過ごしやすくなるでしょう。 リフレッシュは、場当たりで行うのではなく、前もって計画的に決めておきましょう。 さあ、そうと分かれば、早速リフレッシュの予定を立てましょう。 数日後や数週間後に、何か楽しい予定を立ててみませんか。 直感的に「これを楽しみたい!」と思ったことを、今すぐ手帳やカレンダーに書き込んで、先に予定を入れてしまうだけでいい。 上手にストレス解消ができれば、結果として、笑顔の数も増えるのです。 リフレッシュの予定は、場当たりではなく、前もって予定を立てておく。

23
★1

爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。

爽やかな人になるためには、睡眠時間が大切です。 睡眠時間が短いと、なかなか元気が出ません。 睡眠は、体力と気力を充電する時間です。 意識的に爽やかを心がけようとしても、睡眠不足では限界があります。 パワーを出そうとしても、ないものは出ない。 一踏ん張りをしたくても、睡眠不足では無理があります。 睡眠が不足すると、自然と目の下にくまができます。 顔色も悪くなり、やつれたような雰囲気が出ます。 目にくまができて、顔色まで悪くなっては、爽やかな印象どころか、10歳以上老けて見えます。 いくらすてきな笑顔でも、目のくまがあっては爽やかになれません。 いくら清潔感があっても、顔色が悪くてやつれていると、爽やかになれません。 新陳代謝も悪くなり、肌も荒れやすくなります。 睡眠時間は正直です。 睡眠不足が一時的ならまだいいですが、長期にわたって続くと、抵抗力や免疫力が低下します。 表向きは元気を繕っても、体の中では苦しい悲鳴を上げている状態です。 体調の悪化につながり、健康によくありません。 爽やかな印象を出したいなら、十分な睡眠を心がけましょう。 睡眠時間は人によって異なり、ショートスリーパーの人もいれば、ロングスリーパーの人もいます。 個人差はありますが、成人の一般的な睡眠時間は、7時間から8時間が適切と言われます。 7時間を下回る睡眠時間は、イエローカード。 6時間を下回る睡眠時間は、レッドカードです。 あまり知られていない事実ですが、もしまったく睡眠を取らなければ、人は死に至ることも確認されています。 自分にとって適切な睡眠時間を意識してください。 睡眠時間は、短すぎる場合だけでなく、長すぎる場合も問題になるため、注意が必要です。 普段から十分な睡眠時間を心がけ、エネルギーを充電しましょう。 「寝る時間がもったいない」という考えもあるかもしれませんが、大事に自分をいたわることは、もっと大切です。 睡眠は、栄養ではありませんが、栄養と同じくらいの価値があると考えること。 睡眠は、美と健康の土台であり、元気と活力の源です。 そして、爽やかな印象を生み出す源です。 十分な睡眠時間を取れば、体力と気力がしっかり充電され、爽やかに振る舞えるようになります。 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれるのです。 十分な睡眠時間を心がける。

24
★2

爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。

爽やかな人は、人の悪口や陰口を言いません。 愚痴も文句も言いません。 根拠のない誹謗中傷をすることもありません。 ネガティブなことを言ったところで、相手を不快にさせるだけ。 生産性がないどころか、時間と労力の無駄になります。 笑いのネタとしても、中途半端であり、なにより下品です。 人を傷つけたり落ち込ませたりするのは、爽やかな人にふさわしくない態度です。 爽やかな人になりたいなら、爽やかな気持ちにさせることを心がけましょう。 爽やかな人は、本人が爽やかというだけでなく、人を爽やかな気持ちにさせることも上手です。 人を爽やかな気持ちにさせることで、爽やかにさせた本人も爽やかになれます。 たとえば、褒め言葉です。 相手によいところを見つけたら、すかさず褒めます。 褒められた相手は「自分が認められた」と感じて、爽やかな気持ちに包まれるでしょう。 相手が落ち込んでいたときは、励ましの言葉です。 相手がつらいときこそ、あなたの出番。 元気づけたり勇気づけたりするだけでも、精神的に相手を救えます。 励ましの言葉に、回りくどいフレーズは不要です。 「大丈夫だよ」 「早く元気出して」 「きっとうまくいくよ」 励ましの言葉はシンプルでストレートな一言でも、十分相手を励ませます。 あなたの優しさに触れた相手は、だんだん明るい気持ちになり、笑顔を取り戻していくでしょう。 相手が悩んでいたときは、相談に乗りましょう。 真剣に話を聞きます。 アドバイスを求められているなら、真剣に考えて答えます。 話を聞いてもらえただけでも、喜んでくれるでしょう。 また、言葉や話題についても「選ぶ」という意識が大切です。 「嫌い」「汚い」「暗い」「つまらない」といったネガティブな言葉は避けます。 「好き」「きれい」「明るい」「面白い」といったポジティブな言葉を選びましょう。 話題についても、できるだけ明るいテーマを選ぶほうが爽やかです。 不幸な話より、幸せな話を選ぶ。 つまらなかった話より、楽しかった話を選ぶ。 ネガティブなテーマは避け、ポジティブなテーマを選ぶ。 明るい話題なら、会話も明るく盛り上がりやすくなり、相手を爽やかにさせることができます。 完璧を目指す必要はありませんが、習慣として身につけておくことは大切です。 ポジティブな言葉が登場する会話のほうが、相手を爽やかな気持ちにさせることができます。 「人を爽やかな気持ちにさせるのが趣味」というくらい、普段の習慣として心がけておくといいでしょう。 人を爽やかな気持ちにさせる習慣を身につける。

25
★3

怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
爽やかになるためには、優しい性格が大切。

嫌なことがあったとき、すぐ腹を立てていませんか。 不快な出来事に遭遇したとき、すぐむっとしていませんか。 嫌なことがあると、すぐ態度に出る。 いらいらすると、すぐ言葉遣いが悪くなる。 「怒りっぽい性格」という自覚がある人は要注意です。 すぐに怒りっぽい性格は、人から嫌われる原因になります。 「接し方が難しい」と思われるため、人から避けられてしまいます。 モテる人のランキングで「怒りっぽい」が登場することはありません。 残念ながら、怒りっぽい性格は、男女に関係なく、すべての人から嫌われる性格です。 爽やかな印象を出したいなら、優しい人になりましょう。 爽やかな要素の1つに優しさが含まれているため、優しさを心がけると、爽やかな印象も出やすくなります。 どんなことがあっても怒らない。 嫌なことがあってもいらいらしない。 常に穏やかな気持ちを意識する。 いつも親切で、思いやりを心がける。 寛大な心があって、どんなことでも受け入れる。 いらいらする出来事があっても、むしろにこにこした笑顔をすることを心がけたい。 優しさを心がけると、自然と爽やかな印象も出やすくなります。 モテる人のランキングでも「優しい人」という条件は、常に上位です。 優しくなると、自然と人間関係がスムーズになるため、人付き合いも快適になります。 できるだけ優しい性格を心がけましょう。 心の器を大きくして、何でも受け入れようと意識するだけでも、心持ちは変わります。 性格は、遺伝として先天的な要因もありますが、意識をすれば、後から性格を変えていくことも可能です。 たとえば「優しくなろう」と意識するだけでも、心が大きくなって、気持ちが安定しやすくなるでしょう。 「どうせ性格は変えられない」と思うのではよくありません。 「優しい性格になろう」と前向きに心がけたほうが、実現しやすくなります。 いらいらすることがあっても、心の中で我慢して、表に出さないようにします。 日頃から丁寧な言葉遣いと柔和な態度を心がけます。 優しい人になるにつれて、爽やかな印象も出てくるようになるのです。 優しくなるためには、さまざまな経験を積むことも大切です。 楽しいことや嬉しいことだけでなく、つらいことや苦しいことも経験する。 成功体験だけでなく、失敗体験も大切です。 多種多様な経験を積むことで、さまざまな人の気持ちを理解できるようになります。 特につらい出来事は重要です。 そのときは大変で苦しくても、つらい分だけ優しさに変わります。 当事者の気持ちを理解できるようになるので、優しい気持ちも出てくるようになります。 優しくなる。

26
★2

嫌なことがあっても、引きずらない。
次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。

私たちの日常では、時に嫌なことが発生します。 仕事でミスをしてしまった。 上司から叱られた。 人から嫌なことを言われた。 自分に不手際がある場合もあれば、仕方ない場合もあります。 嬉しい出来事ばかりであってほしいですが、なかなかそうはいきません。 生きているかぎり、嫌な出来事に遭遇するのは運命。 嫌な出来事があると、ネガティブな気持ちになってしまうでしょう。 悲しむ。 落ち込む。 悔しがる。 不満を感じて、ストレスをため込みます。 くよくよして引きずってしまいがちです。 しかし、嫌なことがあっても、引きずってはなかなか元気が出ません。 「しなければよかった」 「あのときにこうすればよかった」 「自分が情けない。恥ずかしい」 自分を責めすぎると、罪悪感や自己嫌悪が止めどなく出てきて、悩み続けてしまいます。 嫌なことを引きずっていると、出る元気も出なくなります。 つまらない妄想に取りつかれ、しなくてもいい苦労をしてしまいます。 なかなか元気が出ない。 出るのは、愚痴とため息ばかり。 ますますストレスがたまり、心が重くなってしまいます。 くよくよしていると、貴重な時間が失われるだけでなく、気力まで失われ、いいことはありません。 嫌なことを引きずっていると、いつまでも爽やかになれないのです。 こうしたとき、心がけたいことがあります。 「気持ちの切り替え」です。 嫌なことがあっても、引きずらない。 次に向けて、さっと気持ちを切り替えましょう。 私たちには「気持ちを切り替える」という素晴らしい能力があります。 地球上の生き物の中で「気持ちを切り替える」という能力が備わっているのは、人間だけ。 気持ちの切り替えを、運や偶然に任せるのではなく、意識的に行いましょう。 きちんと反省さえできれば、むやみに考える必要はありません。 「もう過ぎたこと。次に向けて進もう!」 この一言で、元気が出ます。 気持ちを切り替えた瞬間、悩みや苦しみから解放されます。 たとえ悲しい出来事があったとしても「考えても仕方ない。次に進もう」と気持ちを切り替える言葉をかけてください。 もう引きずることも落ち込むこともありません。 思うだけで効果が出なければ、声に出して言ってみてください。 声に出すと耳で聞こえるため、さらに自覚を促せます。 さっと気持ちの切り替えができると、すぐ元気で明るい自分を取り戻せます。 気持ちの切り替えのスピードこそ、爽やかな人になる条件です。 嫌なことがあっても、くよくよ引きずらず、さっと気持ちを切り替える。

27
★7

過去を振り返ったところで仕方ない。
常に今を生きることで爽やかな人になれる。

過去を振り返っていませんか。 もちろん懐かしむ程度ならいいのです。 過去を振り返って、楽しい出来事や心地よい思い出を懐かしむこともあるでしょう。 たまには友達との昔話に花を咲かせて、過去を振り返る程度なら悪くありません。 また、過去に過ちがあれば、悔やむ気持ちが忘れられず、ふいに振り返りたくなることもあるはずです。 しかし、やみくもに過去を振り返る姿勢は、爽やかではありません。 過去を振り返ると、くよくよするのが定番です。 過去の失敗を思い出しては悔やむ。 昔の出来事を思い出しては、ため息をつく。 過去を思い出しては「あの頃に戻りたい」と考える。 「あのとき、こうすればよかった」と思うこともあるでしょう。 よい出来事より悪い出来事のほうが印象に残りやすいため、過去を振り返るたびに、落ち込むことも多くなります。 過去を振り返りすぎると、後悔や執着心が出てきます。 過去は過去です。 今さら過ぎ去ったことを悔やんでも仕方ありません。 時間は前しか進みません。 タイムマシンでも発明されないかぎり、一度過ぎ去った過去には戻れない。 過去には、たった1秒すら戻れません。 たとえ楽しい出来事ですら、振り返っても仕方ありません。 過去は過去であり、今は今です。 楽しい出来事を振り返るのは心地よいですが、生産性でも建設的でもありません。 過去を振り返る分だけ、今の貴重な時間が失われます。 過去の楽しい出来事より、今のほうが大切です。 過去を振り返るのは、後ろを見ながら車を運転するようなもの。 スピードが出ないばかりか、危険です。 過去を振り返ってばかりでは、貴重な時間が過ぎるだけでなく、気力や体力も奪われるのです。 必要以上に過去を振り返るのはやめましょう。 過去を振り返る時間や労力があるなら、今を生きることに使いたい。 あなたが生きているのは、常に今しかありません。 常に今を生きることです。 今に集中する方法は簡単です。 今すべき仕事に集中するだけです。 勉強なり仕事なり、しなければいけないことに着手しましょう。 今するべき仕事に集中するだけで、今を生きることができます。 顔だけ前を向くのではなく、意識も前を向いてください。 よい未来を作りたいなら、今を一生懸命生きることです。 今をしっかり生きることが、よい未来を作ることになります。 時間は1秒も止まることはありません。 今この瞬間も、時間は刻々と前に進み続けています。 結果は後から付いてきます。 今は、全力を尽くすことに集中しましょう。 顔は、過去ではなく、未来のほうを向くこと。 意識的に前を向き、今を生きることに集中すること。 未来の方向を向いて生きるほうが、明るく爽やかな気持ちでいられるのです。 くよくよ過去を振り返らず、常に今を生きる。

28
★1

パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。

爽やかな人になるための、意外な邪魔者。 それは、パソコンや携帯電話です。 パソコンや携帯電話は、便利な通信機器であり、コミュニケーションツール。 もはや生活になくてはならない存在感があります。 パソコンや携帯電話があれば、あらゆる情報が簡単に入手できます。 手持ちの携帯電話からインターネットを使えば、地球の裏側のウェブサイトにも一瞬でアクセスできます。 直接会わなくても、メールでコミュニケーションができます。 外出しなくても、買い物を完結させることも可能です。 パソコンや携帯電話さえあれば、ゲームや娯楽などの暇つぶしも自由自在。 パソコンや携帯電話は、もはや生活のインフラに近い役目を果たしつつあります。 手放せない人も多いのではないでしょうか。 しかし、いくらインフラに近い存在とはいえ、使いすぎには注意が必要です。 パソコンや携帯電話は便利である一方、爽やかさを奪っていくデメリットがあります。 黙々と無表情で液晶画面とにらめっこする様子は、客観的に見て、爽やかな様子とは言えないでしょう。 電子機器に触れる時間が長くなるにつれて、人と会って話す時間も減っていきます。 「パソコンや携帯電話があれば十分」と思うにつれて、人と接するのが面倒になってくるでしょう。 人と接する時間や機会が少なくなれば、コミュニケーション能力の低下にもつながってしまうのです。 爽やかな人になりたいなら、電子機器から離れる時間を作りましょう。 「パソコンや携帯電話がないと遊べない。暇をつぶせない」と思うのは誤解です。 パソコンや携帯電話を使わない遊び方や過ごし方は、たくさんあります。 紙の本を読んでみる。 映画館で映画鑑賞をする。 スポーツジムでたっぷり汗を流す。 美術館や博物館に出かけ、芸術を堪能する。 動物園に出かけて、動物と触れあう。 たまには遠くに出かけて、大自然に囲まれてみるのもいいでしょう。 もちろん友達と直接会って会話を楽しむのも、素晴らしいひとときです。 電子機器を使ったコミュニケーションもいいですが、対面のコミュニケーションにはかないません。 やはり直接人と会って話をするのが、一番生々しくて面白い。 直接会って話をするほうが、コミュニケーションが早いので、盛り上がりやすくなります。 たっぷり会話を楽しめば、よいストレス発散にもなって、晴れやかな気持ちになります。 パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間なのです。 パソコンや携帯電話から離れる時間を作る。

29
★5

年齢なんて気にしない。
挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。

私たちは年齢を重ねるにつれて、年齢に負い目を感じる傾向があります。 若いころは年齢に抵抗感がなくても、20歳を過ぎたあたりから、だんだん気にする人が増え始めます。 「もう年だから」 「もう若くないから」 「だいぶ老化が進んでいるから」 こうした口癖に心当たりがあれば、要注意。 年齢に何らかの負い目を感じている状態です。 年齢を気にしているのは、爽やかとは言えません。 年齢にコンプレックスがあって、くよくよしている様子がうかがえます。 「年齢を重ねる=自分が古くなる」という認識があります。 心のどこかで「年齢を重ねるのは悪いこと」という誤った認識があります。 年齢を気にしていては、行動まで制限されます。 心がどんより暗くなってしまい、爽やかになれないのです。 年齢を気にするのはやめましょう。 年齢なんて、ただの数字と思うこと。 自分から人生を終わらせてはいけません。 「もう年だから」は、禁句です。 年齢を忘れるために、心がけたいことがあります。 それは「挑戦」です。 いくつになっても、何か新しいことに挑戦していきましょう。 爽やかな人は、いくつになっても挑戦する習慣があります。 自分の好きなことや興味関心のあることに飛びつきます。 初めての経験でも「自分には無理」と思わず「とりあえずやってみよう」という気持ちで取り組みます。 新しいことがあっても、毛嫌いせず、新鮮な気持ちで取り組みます。 挑戦に年齢制限はありません。 初めての経験に挑戦するとき、最初は不安や緊張があってどきどきしますが、それだけ心の若さに貢献できている証拠です。 あなたの興味関心は、幸せをもたらすアンテナです。 純粋な気持ちにしたがって、新しいことに挑戦していきましょう。 爽やかだから挑戦するのではありません。 挑戦するから爽やかになれるのです。 常に挑戦していると、常に新鮮な気持ちで満たされます。 常に新しい挑戦をする人にとって、年齢なんて、もはや単なる数字。 挑戦することさえ続けていれば、人生は、ずっと青春でいられます。 爽やかな生き方になり、やる気や元気も湧いてきます。 年齢に関係なく、常に青春を送ることができるのです。 年齢は気にせず、常に挑戦を続けていく。

30
★3

生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

あなたには、夢や希望がありますか。 人は、夢や希望がなくても生きていくことは可能です。 生きるためにまず必要なのは、衣食住です。 着るもの、食べるもの、住むところ。 最低限の衣食住さえあれば、ひとまず生きていくことは可能です。 さらに仲のいい人間関係があれば、友情や愛情も育まれ、言うことなし。 人生において、夢や希望の重要性は、さほど感じられないように思えます。 「わざわざ夢や希望を持つ必要はない」 「夢や希望を持っても仕方ない」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 しかし、夢や希望を持つことは、人生における重要なポイントです。 夢や希望を持っているかどうかで、生き方は大きく変わるからです。 夢や希望を持つようになると、生きる意味ができます。 「叶えたい」「達成したい」という気力が生まれます。 人生の大きな目的が定まることで、目指すべき方向も定まり、生き方に軸ができます。 夢や希望があると、仕事をするとき、根気や集中力も生まれます。 目的を持って生きることで、生活に活力が生まれるのです。 夢や希望は、人に生きる力を与えるスパイスです。 生きる力があるから、夢や希望を持つのではありません。 夢や希望があるから、生きる力が出てくるのです。 爽やかな人は、夢や希望を持って生きているのが特徴です。 夢や希望を持っているから、いつも表情も雰囲気も生き生きしています。 夢と希望に満ちた生き方は、爽やかな印象をもたらします。 生きるか死ぬかではありません。 人はみんな、最後は死ぬことが決まっているのです。 何をどうやっても、死から逃れられない。 死とは、私たちに共通した、絶対的ゴールです。 だから、一度しかない人生を、夢と希望を持って生きることです。 夢と希望があるだけで、人生に華が生まれます。 生命力が高まり、長生きもしたくなります。 たとえ夢や希望が叶わなくてもいいのです。 大切なことは、夢や希望を持つこと。 叶わなくても、夢や希望を持って生きた時間は、生き生き有意義に生きられます。 爽やかに生きるためには、どうすればいいか。 笑顔も清潔感も大切ですが、究極を言えば、夢や希望を持つことです。 夢や希望を持つだけで、生きる力が湧いてきます。 その人は爽やかになれるのです。 夢や希望を持って生きる。

同じカテゴリーの作品