自分磨き

爽やかな人になる
30の方法

  • 爽やかな印象は、
    努力によって手に入れられるもの。
爽やかな人になる30の方法

もくじ
  1. 爽やかな印象は、努力によって手に入れられるもの。

    第一線で活躍する俳優やモデルは、爽やかな人たちばかりです。
    きれいな肌。
    真っ白な歯。

  2. 爽やかな人には、爽やかな笑顔がある。
    爽やかな笑顔になる4つのポイント。

    爽やかな人の特徴の1つ。
    それは、爽やかな顔です。
    きらきら輝くような笑顔は、まさしく「爽やかの象徴」です。

  3. 何でもないときでも、にこにこした表情を心がける。

    無表情になっていませんか。
    仏頂面になっていませんか。
    どちらも普通の表情と思うかもしれませんが、注意が必要です。

  4. 歯並びがきれいだと、爽やかな印象が倍増する。

    爽やかな人になりたいなら、きれいな歯並びも大切なポイントです。
    「歯並びが悪くて困ることはない」
    「歯並びは悪いけど、気になるほどでもない」

  5. 爽やかな人は、肌がきれい。

    爽やかな人には、きれいな肌が特徴です。
    透明感のある肌。
    つるつるとした肌。

  6. 清潔感なくして、爽やかな人にはなれない。

    爽やかな印象に欠かせないのは、清潔感です。
    どれだけ性格が明るくて、どんなに笑顔がすてきでも、不潔では台無しです。
    不潔な状態で爽やかな人になるのは、不可能です。

  7. 爽やかな印象の服装は、白系が一番。

    爽やかな印象の服装を心がけるなら、意識したい色があります。
    「白系」です。
    もちろん完全な白でなくてもかまいません。

  8. シンプルな身だしなみから、爽やかな印象が生まれる。

    爽やかを意識するとき、注意したい身だしなみがあります。
    それは、派手な身だしなみです。
    爽やかな印象を出したいとき、派手な身だしなみを考える人もいるかもしれません。

  9. 爽やかな香水をつけたから、爽やかな印象が出るとは限らない。

    「そうだ。香水を使えば、爽やかな印象を出しやすくなるのではないか」
    香水は、よい香りがするので、爽やかな印象が出やすいと考える人もいるでしょう。
    香水は、見えないアクセサリーです。

  10. はきはきした話し方には、爽やかな印象がある。

    爽やかな印象を出すためには、話し方が大切です。
    専門的な話は不要です。
    面白いネタも高度な話術も必要ありません。

  11. 爽やかさと姿勢の美しさは、比例する。

    爽やかな印象を出すためには、姿勢を意識しましょう。
    猫背になっていませんか。
    前かがみの姿勢になっていませんか。

  12. ポジティブ思考は、心の中に太陽を持つようなもの。
    自分も周りも、明るく照らす。

    ネガティブ思考に陥っていませんか。
    「どうせ無理」
    「できるわけがない」

  13. 愚痴や文句を言う人は、爽やかとは無縁。

    爽やかな人になりたいなら、愚痴や悪口に要注意です。
    私たちの日常では、愚痴や悪口を言いたくなる場面があります。
    予定が狂って、いらいらする。

  14. 爽やかな人は、挨拶も爽やか。
    爽やかな挨拶をするための3つのポイント。

    暗い挨拶をしていませんか。
    小さな声で挨拶。
    会釈だけの挨拶。

  15. 無理をしないで生きることが、爽やかになるコツ。

    疲れやストレスに満ちた生活では爽やかにもなれません。
    つらくて苦しい状態では、爽やかな生活を送るのは難しい。
    疲れをため込んだ状態では、表情に生気がなく、悲壮感が漂います。

  16. 下を向いて、だらだら歩かない。
    前を向いて、きびきび歩く。

    自分の歩き方を振り返ってみましょう。
    歩く行為は、平凡で日常的なので、意識することは少ないかもしれません。
    勉強や努力をしなくても、誰でも普通にできること。

  17. きちんと相手の目を見て話す人からは、爽やかな印象が出る。

    会話の際、きちんと相手の目を見て話していますか。
    照れや緊張があると、目をそらした話し方になりがちです。
    異性や初対面の人の前では、いっそう抵抗感も強くなり、目をそらしたくなるでしょう。

  18. トラブルを明るく話せる人こそ、爽やかな人。

    爽やかな人になりたいなら、普段から明るい話を心がけましょう。
    楽しい話・嬉しい話・面白い話。
    ポジティブな話をすればするほど、自然と爽やかな印象も出ます。

  19. 見栄や虚勢を張らず、嘘や言い訳もしない。
    素直な心を持った人こそ、爽やかな人。

    ときどき頑固な人を見かけます。
    人のアドバイスを無視する。
    自分の考え方にこだわろうとする。

  20. 相手の気持ちを察することなくして、爽やかな人にはなれない。

    爽やかな人には「爽やかな行為」があります。
    明るく面白い話で相手を楽しませる。
    悩みの相談に乗る。

  21. 疲れるのはいい。
    大切なのは、疲れを見せないこと。

    疲れたとき、あなたはどんな態度になりますか。
    声が小さくなる。
    動きが遅くなる。

  22. リフレッシュは、後手ではなく、先手を心がけよう。

    あなたは普段、どんなリフレッシュを心がけていますか。
    リフレッシュの方法ではありません。
    リフレッシュの入れ方です。

  23. 爽やかな印象は、十分な睡眠時間から生まれる。

    爽やかな人になるためには、睡眠時間が大切です。
    睡眠時間が短いと、なかなか元気が出ません。
    睡眠は、体力と気力を充電する時間です。

  24. 爽やかな人は、人を爽やかな気持ちにさせるのが上手。

    爽やかな人は、人の悪口や陰口を言いません。
    愚痴も文句も言いません。
    根拠のない誹謗中傷をすることもありません。

  25. 怒りっぽい性格では、爽やかな印象も出ない。
    爽やかになるためには、優しい性格が大切。

    嫌なことがあったとき、すぐ腹を立てていませんか。
    不快な出来事に遭遇したとき、すぐむっとしていませんか。
    嫌なことがあると、すぐ態度に出る。

  26. 嫌なことがあっても、引きずらない。
    次に向けて、さっと気持ちを切り替えよう。

    私たちの日常では、時に嫌なことが発生します。
    仕事でミスをしてしまった。
    上司から叱られた。

  27. 過去を振り返ったところで仕方ない。
    常に今を生きることで爽やかな人になれる。

    過去を振り返っていませんか。
    もちろん懐かしむ程度ならいいのです。
    過去を振り返って、楽しい出来事や心地よい思い出を懐かしむこともあるでしょう。

  28. パソコンや携帯電話から離れる時間は、爽やかさを生み出す時間。

    爽やかな人になるための、意外な邪魔者。
    それは、パソコンや携帯電話です。
    パソコンや携帯電話は、便利な通信機器であり、コミュニケーションツール。

  29. 年齢なんて気にしない。
    挑戦を続けるかぎり、いつまでも青春を送ることができる。

    私たちは年齢を重ねるにつれて、年齢に負い目を感じる傾向があります。
    若いころは年齢に抵抗感がなくても、20歳を過ぎたあたりから、だんだん気にする人が増え始めます。
    「もう年だから」

  30. 生きる元気があるから、夢や希望を持つのではない。
    夢や希望があるから、生きる元気が出てくる。

    あなたには、夢や希望がありますか。
    人は、夢や希望がなくても生きていくことは可能です。
    生きるためにまず必要なのは、衣食住です。

同じカテゴリーの作品