自分磨き

優しい人になる
30の方法

  • すでにあなたは、
    優しい心を持っている。
    表現方法が少し不器用なだけ。
優しい人になる30の方法

もくじ

すでにあなたは、優しい心を持っている。
表現方法が少し不器用なだけ。

すでにあなたは、優しい心を持っている。表現方法が少し不器用なだけ。

優しい人になるには、まず優しい心を持つことが大切です。
優しい心なくして、優しい行動もありません。
優しい心を身につけるから、親切・配慮・協力ができるようになります。

優しさとは何か。

優しさとは何か。

「優しい人」と聞けば、どんな人をイメージしますか。
難しく考えず、率直にイメージしてみてください。
・落ち込んでいる人を励ます人

快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。

快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。

「相手を喜ばせられれば、優しい人になれるだろう」
「とにかく相手を褒めまくれば、優しい人になれるだろう」
「困っている人をたくさん助ければ、優しい人になれるはずだ」

悪口を言う人に、優しい人はいない。

悪口を言う人に、優しい人はいない。

あなたには嫌いな人がいますか。
嫌いな人がいれば、悪口を言いたくなる場面があるかもしれません。
嫌いな人をののしって、笑いのネタにする。

人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。

人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。

優しい人になるために欠かせない行動があります。
それは、積極的に困っている人を助ける行動です。
身近に困っている人がいたとき、あなたならどうしますか。

ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。

ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。

優しい人になりたいなら、見返りを求めた行動は慎みましょう。
見返りを求めた行動とは何か。
一言で言えば「打算や下心のある親切」です。

優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。

優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。

優しい人になるには、優しい言動を心がけましょう。
たとえば、仕事に苦しんでいる人がいれば手伝ったり、悩んでいる人がいれば相談に乗ったりなどです。
優しく接することが、優しい人になることでもあります。

優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。

優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。

「優しい人になりたい。そうだ。積極的に優しさをアピールすればいいのではないか」
優しい人になりたいとき、そんな考えを思い浮かべる人もいるかもしれません。
たしかに考え方としては一理あります。

「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。

「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。

優しい言葉をかけるとき、誤解を生みやすい一言があります。
「してあげる」という表現です。
本人としては、純粋な善意だとしても「してあげる」という表現があると、一気に印象が悪くなります。

丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。

丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。

優しい人になりたいなら、丁寧で礼儀正しい言動を心がけましょう。
丁寧で礼儀正しい言動は、必ず印象アップにつながります。
たしかに態度や言葉遣いで人間性を判断されてはたまりません。

優しい人になるなら、外見は関係ない。

優しい人になるなら、外見は関係ない。

「外見を整えれば、優しい人に見られるのではないか」
優しい人になるために、それらしい外見に整えようと考える人もいるかもしれません。
たしかに「優しそうな外見」も存在します。

本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。

本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。

優しい人になりたいなら、物を大切にしましょう。
「優しい人」と「物を大切にすること」。
それぞれ無関係に思えますが、深いつながりと相関関係があります。

優しい人は、常に平常心を保っている。

優しい人は、常に平常心を保っている。

優しい人になりたいなら、常に平常心を心がけましょう。
平常心とは、揺れ動くことのない心理状態のことをいいます。
つまり、どんなときでも、感情に左右されず、冷静沈着を心がけるということです。

優しい人は、3つの配慮がある。
目配り・気配り・心配り。

優しい人は、3つの配慮がある。目配り・気配り・心配り。

優しい人は、配慮があります。
「配慮」と一言で言っても、大きく分けると3種類あります。
目配り・気配り・心配りです。

優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。

優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。

優しい人になるための条件の1つ。
それは、相手の都合に合わせる習慣です。
人間関係では、2人で取り決めをする場面があります。

優しい人は、自分にも優しい。

優しい人は、自分にも優しい。

人に優しくなりたいなら、まず余裕が必要です。
自分のことでいっぱいいっぱいの状態では、人に優しくしたくてもなかなか難しいでしょう。
すでに自分が疲れ果てているとき、人の力仕事を手伝うのは難しい。

気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。
時間・健康・お金。

気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。時間・健康・お金。

優しい人になるには、気持ちに余裕が必要です。
自分に余裕がない状態で、人に優しく接するのは難しいでしょう。
余裕が大きくなるにつれて「大丈夫」と思える安心感が出てきます。

優しい人は、笑顔を絶やさない。

優しい人は、笑顔を絶やさない。

優しい人の表情には、華があります。
笑顔です。
笑顔ほど、優しい雰囲気を出すものはありません。

むっとした場面こそ、にこにこしよう。
余裕を見せるチャンス。

むっとした場面こそ、にこにこしよう。余裕を見せるチャンス。

ときどき人から不快なことを言われることがあります。
短所をばかにされたり、コンプレックスを笑われたりです。
不快なことを言われなければ理想的ですが、やはり現実の人間関係では少なからず存在します。

相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。

相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。

会話中、納得できない一言を言われることがあります。
受け入れがたい話が出てきたとき、あなたならどんな答え方をしますか。
普通は否定したくなるのではないでしょうか。

さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。

さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。

優しい人は、さまざまな価値観を受け入れられるのが特徴です。
もちろんどんな価値観でも無条件に受け入れるわけではありません。
浮気や暴力。

相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。

相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。

思ったことをストレートに言えばいいとは限りません。
ストレートな一言は、素直でわかりやすい反面、相手を傷つける可能性もあります。
たとえ悪気はなくても、相手を悲しませたり落ち込ませたりするかもしれません。

優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。

優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。

ときどき日常では、苦情を言いたくなる場面があります。
新しく買った商品が、初期不良だった。
隣の部屋の人が大騒ぎをして、うるさい。

えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。

えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。

時に人は、特定の人だけ優しく接することがあります。
仲のいい友達には、特別親切に接する。
好意を寄せる異性の前では、特に礼儀正しくなる。

小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。

小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。

あなたが幸せを感じるのはどんなときですか。
・試験に合格したとき
・欲しいものを手に入れたとき

つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。

つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。

つまらない冗談を言われたとき、どんな反応をしますか。
たとえば、意味のわからないジョーク、時代遅れのおやじギャグ、下品な下ネタです。
つまらない冗談なら、白けたり無視したり黙ったりすることがあるかもしれません。

時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。

時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。

優しい人になるためには、優しい言葉を心がけましょう。
相手が落ち込んでいるなら、とにかく励ます。
相手がいらいらしているなら、とにかく慰める。

優しい人には、許す習慣がある。

優しい人には、許す習慣がある。

優しい人になるためには「許す習慣」が大切です。
もちろん何でも許すのは、無理があるかもしれません。
世の中には、絶対許せないトラブルもあるでしょう。

「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。

「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。

優しい人になるためには、許す習慣が大切です。
小さなミスすら許せない心では、卑屈になるばかり。
人間関係でトラブルがあっても、できるだけ相手を許したほうが、円滑な人間関係が実現できるでしょう。

人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

優しい人になるためには、相手の気持ちを理解することが必要です。
相手が仕事で失敗をして落ち込んでいるとき、その状況を理解できれば、上手に元気づけられるでしょう。
相手が病気にかかって苦しんでいるとき、その立場を理解できれば、上手に励ませるでしょう。

同じカテゴリーの作品