人生の教科書



自分磨き
そもそも完璧にできないことではないか。
プラス思考
悩むことは進化の前触れ。
自分磨き

優しい人になる
30の方法

  • すでにあなたは、
    優しい心を持っている。
    表現方法が少し不器用なだけ。
優しい人になる30の方法

もくじ

1
★5

すでにあなたは、優しい心を持っている。
表現方法が少し不器用なだけ。

優しい人になるには、まず優しい心を持つことが大切です。 優しい心なくして、優しい行動もありません。 優しい心を身につけるから、親切・配慮・協力ができるようになります。 優しい人になるには優しい心を身につける必要があると思われがちです。 ここに誤解があります。 優しい心とは身につけるものではありません。 実のところ、私たち誰もがすでに優しい心を持っています。 誰でも愛があり、優しさがあり、思いやりがあります。 たとえば、周りから「冷たい」と言われる人でも、感動の映画を見れば、涙を流すでしょう。 たとえ有罪判決で実刑を受けている犯罪者であっても、人の優しさに触れると、必ず感動して涙を流します。 あなたも自分の様子を振り返ってみてください。 性格が悪いところがあったとしても、すでに優しい心があるはずです。 つまり、すでに私たちは優しい心を持っているのです。 では、なぜ優しくなれないかというと、単純な理由です。 表現方法が少し不器用なだけです。 優しくしたくても、表現方法が分からないと、うまく行動できません。 言動が不器用だと、誤解されることも少なくありません。 優しい人ではないような錯覚を引き起こします。 単に見栄やプライドが邪魔している場合もあります。 行いの優先順位を誤ると、本来の優しさをうまく表現できないことがあります。 見栄やプライドが優しさの邪魔をしているなら、それらを取り除くだけで、本来の優しさを表現できるようになります。 「すでに自分は優しい心を持っている」ということを自覚してください。 少し要領が悪いだけです。 少し表現方法を誤解しているだけです。 正しい考え方と表現方法さえ分かれば、優しい人になるのは簡単です。 少しコツをつかめば、今日からでもありのままの優しさを表現することは可能です。 優しい心を身につけるのではなく、すでにある優しい心を、誤解のない手段で上手に表現することが大切です。 心がけるべきは、正しい表現方法なのです。 すでに自分は優しい心を持っていることに気づく。

2
★7

優しさとは何か。

「優しい人」と聞けば、どんな人をイメージしますか。 難しく考えず、率直にイメージしてみてください。 ・落ち込んでいる人を励ます人 ・町中で困っている人をすぐ助ける人 ・バスや電車に妊婦や高齢者が乗ってきたとき、席を譲る人 ・花や動物を愛する人 ・恵まれない人に寄付をする人 ・いつもにこにこしている人 ・絶対、人の悪口を言わない人 ・どんなことがあっても怒らない人 ・思い出の品物をずっと大事に持ち続けている人 ・よいものを持っていれば、独り占めをせず、共有を心がけている人 ・ボランティア活動を通して社会貢献を頑張っている人 こうした人を「優しい人」とイメージすることが多いのではないでしょうか。 優しさという言葉には、一般的にポジティブなイメージが強く、好印象があります。 優しい人にはなりたくても、怖い人にはなりたくありません。 実際のところ、優しい人はモテます。 モテる人のランキングでも「優しい人」という条件は、いつも男女共に上位です。 円滑な人間関係を贈るためにも、できるだけ優しい人になったほうがよいと言えるでしょう。 「私も優しい人になりたい!」 そう願う人も多いのではないでしょうか。 優しい人になるなら、まず「優しさ」の意味を理解していなければいけません。 では、あらためて優しさの意味について確認しましょう。 優しさとは何か。 一言で言うと、優しさとは、親切で思いやりがあり、純粋に温かい心があることをいいます。 困っている人を助けたり、にこにこ温和に接したりする様子は、優しいと言えます。 たとえば、好意を持って人に尽くしたり、相手に喜ぶような気配りをしたりなどが挙げられます。 相手を励ましたり元気づけたりする行為も、優しさの1つと言えるでしょう。 ここで注意したいのは「優しさとは、あくまで純粋な気持ちが大切」という点です。 「親切を心がければ優しい人になれる」と単純に考えがちですが、注意が必要です。 優しい人になるために、わざと親切を演じて接するのは、本当の優しさとは言えません。 表向きは優しく見えても、言動の裏に別の思惑が隠れている状態であり、純粋な気持ちで相手に接していません。 打算や下心がある親切は、偽りの優しさです。 本当の優しさを心がけるなら、純粋な気持ちで親切に接することが条件です。 たとえば、本気で相手を心配して元気づけたり、本当に困っている人を助けたくて席を譲ったりなどです。 その行動や言葉などから、人としての温かい心が感じられます。 優しい人になるためには、打算・下心・損得勘定があってはならない。 純粋に相手を思って行動することこそ、本当の優しさです。 優しさの意味を理解する。

3
★7

快にさせる言動を心がけるより、不快にさせる言動を避ける。

「相手を喜ばせられれば、優しい人になれるだろう」 「とにかく相手を褒めまくれば、優しい人になれるだろう」 「困っている人をたくさん助ければ、優しい人になれるはずだ」 優しい人になる方法としてまず思い浮かべるのは、相手に喜んでもらえる対応ではないでしょうか。 たしかに優しい人は、人を心地よくさせる言動があります。 上手に相手を褒める。 面白い話をして笑わせる。 積極的に仕事を手伝う。 褒めて、認めて、肯定する。 ポジティブな働きかけがあれば、雰囲気も明るくなります。 快にさせる言動を心がけていれば、相手と仲良くなるのも早くなり、良好な関係が築けるでしょう。 しかし、快にさせる言動より、もっと大切なことがあります。 不快にさせる言動の回避です。 優しい人になるには、快にさせる言動より、不快にさせる言動を避けるのが賢明です。 つまり「加点を狙うより減点を避ける」という姿勢です。 どちらも大切な心がけですが、優先順位としては、まず不快にさせる言動を避けることから始めるのが得策です。 どれだけ快にさせる言動があっても、不快にさせる言動があると、すべて台無しになるからです。 たとえば、いつもあなたを元気づけてくれている人がいるとします。 落ち込んだときは励ましてくれたり、悩んでいるときには相談に乗ってくれたりします。 その一方で、あなたを見下したり小ばかにしたりする言動もあるとします。 すると、一気に印象が悪くなり、優しい人とは思えなくなるのではないでしょうか。 不快にさせる言動があると、どれだけ快にさせる言動があっても、無意味になります。 いくら嬉しい言葉を言われても、嫌な言葉まで言われたら、優しい印象が台無しになります。 また、いつも人助けをする人がいるとします。 ボランティア活動をしたり、積極的に人の仕事を手伝ったりなどです。 ところが、あなたにだけ冷たい態度なら、どう感じるでしょうか。 周りには優しい一方、あなたにだけ冷たい態度なら、総合的に優しい人とは言えないでしょう。 人は、ポジティブよりネガティブな言動のほうが印象に残りやすい心理があります。 人は、リスクを避ける生き物です。 そのため、快と不快が同じ程度なら、不快のほうが目立つように感じるのです。 優しい人になりたいなら、加点を狙うより減点を避ける姿勢が大事です。 快にさせる言動より、不快にさせる言動を避けるようにしましょう。 快にさせる言動より、まず不快にさせる言動を回避する。

4
★9

悪口を言う人に、優しい人はいない。

あなたには嫌いな人がいますか。 嫌いな人がいれば、悪口を言いたくなる場面があるかもしれません。 嫌いな人をののしって、笑いのネタにする。 相手のいないところで、こそこそ陰口を言う。 たとえ嫌いな人でなくても、気に入らないところがあれば、悪く言いたくなるかもしれません。 中には悪口がストレス発散になっている人もいるかもしれません。 しかし、ここは重大な注意ポイントです。 悪口は、どんな内容であっても好ましくありません。 悪口は、人として最も下品な行為の1つ。 言葉も、使い方によっては、立派な凶器になります。 相手に直接悪口を言えば、相手は腹を立て、トラブルに発展する可能性があります。 陰口もNGです。 相手のいない場所なら、悪口を言ってもばれないと思うかもしれませんが、意外と相手の耳に届きます。 悪い話ほど伝わるのが早く、意外なルートから相手の耳に届きます。 また、悪口を言えば、あなたの印象も悪くなります。 ネガティブなことを言うと、本人の性格の悪さが感じられ、嫌な気持ちになります。 たとえ笑いのネタだとしても、聞かされている相手は、心の奥で不安になっているはずです。 表向きは笑っていても「いつか自分も悪く言われるのではないか」と不安になって、落ち着かないのです。 悪口を言えば言うほど、どんどん本人の印象が悪くなります。 悪口を言っていると、いずれ悪口を言われる側になってしまうでしょう。 悪口を言う人に優しい人はいません。 悪口を言っているかぎり、一生優しい人にはなれません。 優しい人になりたいなら、悪口を言わないのが必須条件です。 言いたくなるまではいいですが、実際に言うのはNGです。 言いたくなっても、喉のところで止めておくのが得策です。 どんなに嫌いな人がいたとしても、悪口は我慢しましょう。 どうしても悪口を言いたくなって仕方ないなら、紙に書く方法がおすすめです。 思いきり紙に書いた後、シュレッダーで処分すれば、誰にも迷惑がかからずうっぷんを吐き出せます。 悪口を言わない。

5
★4

人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなる。

優しい人になるために欠かせない行動があります。 それは、積極的に困っている人を助ける行動です。 身近に困っている人がいたとき、あなたならどうしますか。 助けるか、無視をするか。 迷う場面の1つです。 「困っている人を助けてもメリットはない」 「手間暇がかかるだけ」 「面倒なトラブルに巻き込まれるかもしれない」 そう考える人もいるでしょう。 たしかにお金をもらえるわけでもなければ、ご褒美があるわけでもありません。 賞状をもらえるわけでもなければ、会社の業務に役立つわけでもない。 実際に自分の仕事が増えることになるでしょう。 自分に関係ないなら、見て見ぬふりをするのも自由です。 無視をして、罪になることはありません。 助けなくても、お金が減るわけでもありません。 あるとすれば「感謝をされるかもしれない」という程度でしょう。 自分に得がなければ、見て見ぬふりをして、見過ごす人もいるかもしれません。 しかし「得がないから何もしない」という考え方は、人として少し寂しいところです。 あなたも苦しいときに助けられた経験が一度はあるでしょう。 困っているときであればあるほど、助けてもらえたとき、本当にありがたく感じます。 「何て優しい人なのだろう」という感激は、長く記憶に残り続けているでしょう。 困っている人がいるとき、優しい心を持った人間なら、利害損得に関係なく積極的に助けていきたい。 困っている人を助けるのは、人として崇高な行為です。 たとえ小さな協力であってもいいのです。 人を助ける行為は、どんなに小さくても、社会の役に立ちます。 たとえ小さな協力であっても、優しい心で接すると、相手を明るい温かい気持ちにできるでしょう。 打算や下心は持たず、純粋な気持ちで助けるだけで、誰でも神様のようになれます。 助けた相手からも、きっと感謝されるでしょう。 困っている人がいたら「自分に関係ない」と思わず、純粋な気持ちで積極的に助けていきましょう。 たとえば、電車で座っているとき、妊婦が乗ってきたら、さっと席を譲ります。 おなかが重い妊婦にとって、立っているだけでも体力を消耗して疲れます。 席を譲ってもらえると足腰が楽になって、おなかにいる赤ちゃんも助かるでしょう。 階段を上るのに苦労している年配者がいれば、手を取って上るお手伝いをしましょう。 歩き方がおぼつかない様子なら、何かの拍子で階段から転げ落ちてしまうかもしれません。 体を支えて、階段を上がるお手伝いをすれば、上るのが楽になるだけでなく、未然に事故を防げます。 知り合いがボールペンを忘れて困っていたら、自分が持っているものを貸します。 使わないボールペンが余っているなら、1本貸しても問題ないでしょう。 たとえ1本しかなくても、自分が使い終わってから貸せば、喜ばれるはずです。 職場の同僚が山積みの仕事で困っていたら、積極的に手伝いを名乗り出るといいでしょう。 自分の仕事は増えることになりますが、2人が手分けすれば効率的に進みます。 仕事が速く片付ければ、相手だけでなく、職場全体からも感謝されるでしょう。 どれも小さな行為ですが、優しさの美しい表現です。 人助けをして、自分に直接の利益はなくても、すがすがしい気持ちになれるでしょう。 「自分の存在が役立った」と思えるだけで、嬉しい気持ちになれます。 純粋に「助けたい」という気持ちを大切にしながら助けることが大切です。 人助けは、相手のためだけでなく、自分のためにもなるのです。 困っている人がいれば、積極的に助ける。

6
★7

ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。

優しい人になりたいなら、見返りを求めた行動は慎みましょう。 見返りを求めた行動とは何か。 一言で言えば「打算や下心のある親切」です。 時に私たちは、見返りを求めた行動をしていることがあります。 次のような行動に心当たりはありませんか。 金品がもらえることを期待しながら、手伝う。 自分を好きになってもらう思惑があって、優しく接する。 相手にえこひいきをしてもらいたくて、心にもないお世辞を言う。 本音と行動にギャップのある状態です。 本当の目的がばれないよう、誠実なふりをして行動することもあるかもしれません。 しかし、見返りを求めた行動には要注意です。 表向きは優しく思えても、実際は優しくありません。 本当の優しさではなく、偽の優しさです。 たとえ悪気はなくても、上品ではありません。 表向きは親切でも、実際は心の奥に打算や下心がある状態です。 どれだけ親切な行為も、打算や下心があるとばれた瞬間、一気に印象が悪くなります。 時には、人間関係にひびを入れることも少なくありません。 こうした行為は、誤解やトラブルを招く危険があるため、できるだけ避けたほうがいいでしょう。 優しい人になりたいなら、見返りを求めない行動が大切です。 優しい人が心がけているのは、ギブ&ギブの精神です。 見返りを求めず、ただただ相手に与えるということです。 助けたい人がいれば、損得にかかわらず、優しく丁寧に接する。 元気づけたい人がいれば、見返りは関係なく、明るく励ます。 困っている人がいれば、自分が損をしたとしても、進んで協力する。 見返りを求めない行動をすると、人間本来の優しい気持ちを表現できます。 見返りのない親切は、必ず相手に喜ばれます。 人として最も美しい行為とは、見返りのない親切です。 見返りのない親切こそ、本当の優しさであり、本当の愛です。 見返りのない親切を心がけることで、あなたは真の優しい人になれます。 その優しい心や行為が相手を感動させるのです。 ギブ&ギブの精神で、見返りのない親切を心がける。

7
★4

優しい人になっても、甘やかす人になってはいけない。

優しい人になるには、優しい言動を心がけましょう。 たとえば、仕事に苦しんでいる人がいれば手伝ったり、悩んでいる人がいれば相談に乗ったりなどです。 優しく接することが、優しい人になることでもあります。 ギブ&ギブの精神で徹底的に優しく接すると、周りの人から喜ばれるでしょう。 とことん優しく接するなら、優しい人になれると思われがちですが、ここに注意点があります。 「とにかく何でも優しく接すればよい」と考えるのは、少し違うのです。 優しく接するのはよくても、それが甘やかす行為になってはいけません。 相手が困っているなら、どんな宿題でも無条件に肩代わりする。 相手が抱えている仕事なら、どんな内容でも手伝う。 相手が借金に困っていたら、言われるがままに資金援助する。 これはよくないのです。 優しいのではなく、甘やかしている状態です。 優しく接するのはいいですが、甘やかすのはNGです。 「優しい」と「甘やかす」は違います。 優しい行為には、純粋な愛と親切心があり、相手のためになっています。 甘やかす行為は、無条件にわがままな行動を許している状態であり、相手のためになっていません。 甘やかす行為がエスカレートすると、相手を怠けさせ、堕落させてしまいます。 優しくしているつもりが、相手を堕落させる行為になっていることが少なくありません。 本当に相手のことを考えるなら、優しく接したくても、我慢しなければいけない場面があります。 たとえば、相手が勉強の宿題で苦しんでいるときです。 特別な事情があるなら手伝うこともあっていいですが、無条件に手伝うのは甘やかすだけ。 本人が宿題をしなければ意味がありません。 知識を覚えるのも、意味を理解するのも本人です。 本人がしなければいけない宿題なら、助けたくてもぐっとこらえることが大切です。 仕事を助ける場面でも同じです。 相手が仕事で困っているなら、何でも助ければいいわけではありません。 助けすぎると、本人の成長や変化を奪うことになります。 相手のためになる仕事なら、あえて見守ることも必要でしょう。 相手が借金に困っているとき、言われるがままに資金援助をするのはNGです。 言われるがままにお金を貸していると、本人の金銭感覚はますます鈍くなる一方です。 お金を返してくれない場合、最悪、人間関係の縁も切れてしまう危険もあります。 たとえ親友からのお願いであっても、きちんと断った上で、一緒に返済計画を立てたほうが、相手のためになります。 本当に優しい人は、優しくなることはあっても、甘やかすことはありません。 一言で言えば「優しい人になっても、甘やかす人にはなるな」です。 自分がしようとしている行為が、優しさなのか甘さなのか、きちんと区別することが大切です。 優しい人になっても、甘やかす人にはならないようにする。

8
★1

優しさの過度のアピールは、かえって相手に嫌われる。

「優しい人になりたい。そうだ。積極的に優しさをアピールすればいいのではないか」 優しい人になりたいとき、そんな考えを思い浮かべる人もいるかもしれません。 たしかに考え方としては一理あります。 何事も積極的が大事と言われています。 少なくとも消極的より積極的であるほうが、願望が実現しやすいのは間違いありません。 優しいと感じてもらえるような行為を増やせば、優しい人と思われるチャンスも増えるでしょう。 自分から積極的に優しさをアピールすればするほど、相手にも喜んでもらえると思うはずです。 もちろん自然な範囲で優しく接するくらいならいいのです。 たとえば、困っている人がいたとき、率先して助けるなら、印象は悪くありません。 相手から協力をお願いされたとき、快く引き受けることができれば、好印象でしょう。 しかし、ここで注意したいのは「優しさの過度のアピール」です。 相手の状況を無視して、無理やり優しさをアピールするのは上品とは言えません。 ・お願いされてもいないのに、無断で自分勝手に人の仕事を手伝う ・何度も断っているのに「仕事を手伝うよ」というアピールがしつこい ・優しい聞き手をアピールしようと、無理やり話を聞き出そうとする がつがつ近寄って来られると、相手は不安や恐怖を感じるでしょう。 これではもはや優しさの押し売りです。 表向きは優しい行為であっても、実際は相手の迷惑になっています。 気持ちは嬉しくても、不快感があり、反射的に断りたくなるでしょう。 優しい人になりたい気持ちが強いと、視野が狭くなって周りが見えなくなり、いつの間にか陥っていることがあります。 優しさの過度のアピールは、たとえ善意であっても、相手を素直に喜べない気持ちにさせます。 時と場合によっては、かえって相手に嫌われる可能性もあるのです。 優しい人になりたいなら、優しさの過度のアピールは控えましょう。 「気づいたら」「機会があれば」という程度にとどめ、自然な範囲で優しくするのが賢明です。 ・相手が困っている様子なら、一声かけてから手伝う ・相手に不明点を質問されたら、丁寧に教える ・相手が何かに悩んでいる様子なら、声をかけて、話を聞いてみる こうした対応なら、嫌みがないので、スマートに優しさを表現できるでしょう。 自然な範囲で優しさをアピールするのはいいですが、過度のアピールには注意しましょう。 優しさの過度のアピールは控える。

9
★3

「してあげる」という表現は、優しさの押し付けになる。

優しい言葉をかけるとき、誤解を生みやすい一言があります。 「してあげる」という表現です。 本人としては、純粋な善意だとしても「してあげる」という表現があると、一気に印象が悪くなります。 たとえば、次のような表現を聞いたとき、どんな印象を受けますか。 「話を聞いてあげる」 「勉強を教えてあげる」 「仕事を手伝ってあげる」 優しさを押し付けている印象があるため、どことなく素直に喜べない気持ちになるのではないでしょうか。 きっと相手は「感じが悪い」「偉そうな言い方」と思うに違いありません。 「してあげる」という表現を使うと「優しい人と思われるためのアピール」と誤解される可能性があります。 言葉は難しい。 本人に悪気はなくても、ちょっとした一言で誤解を生んでしまうことがあります。 表向きは優しくても、心の奥に打算や下心があると誤解される原因になります。 「してあげる」という表現を使うと「感じの悪い優しさ」になってしまうのです。 自分の行動を振り返って「してあげる」という状況がないか確認してみてください。 優しい人になりたいなら「してあげる」という表現は控え、シンプルに表現するのが得策です。 たとえば、次のように言い換えると、嫌みの印象がなくなります。 「話を聞いてあげる」ではなく「私でよければ話を聞くよ」。 「勉強を教えてあげる」ではなく「よかったら勉強を教えるよ」。 「仕事を手伝ってあげる」ではなく「少し仕事を手伝ってもいい?」。 こうした言い方なら、押し付けがましい印象はありません。 嫌みがないので、スマートに優しさを表現できるでしょう。 ちょっとした言い方の違いで、相手に与える印象は大きく変わります。 誤解ない言い方をすれば、素直にあなたの善意を受け止めてくれるはずです。 「してあげる」という表現は、控えるようにする。

10
★4

丁寧で礼儀正しい言動を心がけよう。

優しい人になりたいなら、丁寧で礼儀正しい言動を心がけましょう。 丁寧で礼儀正しい言動は、必ず印象アップにつながります。 たしかに態度や言葉遣いで人間性を判断されてはたまりません。 人間性の良しあしは、性格・考え方・経験・実績などから、総合的に判断されたい。 しかし、現実は違います。 実際は態度や言葉遣いで、人間性の大半を判断されるのが現実です。 いくら親切な行いがあっても、態度や言葉遣いが乱暴だと台無しです。 横柄な態度や乱暴な言葉遣いの人がいて「優しい人だな」と思う人はいません。 優しい人どころか、むしろ嫌な人になってしまいます。 態度や言葉遣いが乱れていると、ネガティブな印象しかありません。 人が避けていき、人間関係から孤立してしまうでしょう。 優しい人になりたいなら、丁寧で礼儀正しい言動は必須です。 態度や言葉遣いがよくなるにつれて、優しい印象も向上します。 人から親切を受けたときは、きちんと「ありがとう」と感謝をする。 うっかり人に迷惑をかけてしまったときは、素直に「ごめんなさい」と謝る。 人に仕事を依頼するときも、頭を下げながら「お願いします」と言ったほうが丁寧です。 横柄で偉そうな態度は避け、謙虚でへりくだった態度のほうが、優しい人になれます。 目上の人には、きちんと敬意を表す作法も大切です。 できるだけ丁寧で礼儀正しい態度のほうが、優しい印象も強くなります。 言葉遣いも欠かせません。 「しなさい」「してください」など、命令する言い方は避けたほうがいいでしょう。 「してほしい」「いかがでしょうか」など、提案する言い方のほうが、好意的に受け入れられます。 愚痴や自慢も、できるだけ避けたほうがいいでしょう。 愚痴や自慢は、自分の品格を落とすだけ。 相手を見下すような発言はすべて好ましくありません。 できるだけ愚痴や自慢は避け、できるだけ褒め言葉や明るい話題を話すほうが好印象です。 「嬉しい」「楽しい」「面白い」「幸せ」といったポジティブなキーワードを使うと、明るい言葉遣いになります。 目上の人には敬語を使って話すようにしましょう。 敬語とは、相手に敬意と尊重を表現する言葉遣い。 完璧な敬語は大人でも難しい。 言い方に戸惑うこともありますが、言葉遣いを少し間違えても、敬意が伝わっているなら、問題にはならないでしょう。 たとえ自分の気持ちが乱れているときでも、丁寧で礼儀正しい態度は貫くようにしましょう。 感情的になったときは、人の本性が出る瞬間でもあります。 心の中はむかむかしても、態度は丁寧で礼儀正しく心がけるようにしましょう。 むっとした場面こそ、にこにこするくらいのほうが、余裕を見せることができます。 「むかむかするほど、自分が鍛えられている」と思えば、衝動を抑えやすくなります。 丁寧で礼儀正しいと、知的で上品な印象が出てきて、ますますあなたの印象が向上します。 丁寧で礼儀正しい態度を心がける。

11
★1

優しい人になるなら、外見は関係ない。

「外見を整えれば、優しい人に見られるのではないか」 優しい人になるために、それらしい外見に整えようと考える人もいるかもしれません。 たしかに「優しそうな外見」も存在します。 垂れ目の人なら、性格が優しそうに見えるでしょう。 清潔感のある身だしなみなら、ポジティブな印象も出やすくなるでしょう。 暖色系の服装なら、温かく柔らかい印象が出て、優しさをアピールしやすくなるかもしれません。 少なくとも清潔感のある外見なら、相手に不快感を与えることはないでしょう。 外見と優しさは関係があるように思えるのではないでしょうか。 しかし、ここが注意ポイントです。 実際のところ、優しい人になるなら、外見は関係ありません。 「優しそうに見える外見」と「実際の優しさ」は、別問題だからです。 つながりがあるように思えますが、分けて考えることが大切です。 たとえば、垂れ目で優しそうな雰囲気の人でも、実際は短気で理解力がないと「怖い人だ」と思われるでしょう。 どれだけ優しそうな外見であっても、態度や言葉遣いが乱暴だと、総合的にはマイナス評価です。 一方、つり目で怖そうな雰囲気の人でも、理解力や包容力があれば「優しい人」と判断されるでしょう。 その人の態度や言葉遣いが丁寧で礼儀正しければ、身だしなみが少し悪くても、総合的にはプラス評価です。 優しさとは、あくまで親切で思いやりがあり、心が温かいことをいいます。 外見は、あくまで外見です。 優しい人とは、態度・言葉遣い・行いを中心に判断されることであり、外見は評価外です。 印象には影響しますが、実際に優しい人かどうかは、見た目だけでは判断できません。 したがって、優しい人になるために外見を磨くのは見当違いです。 外見を気にするなら、不快感を与えない程度の身だしなみで十分です。 余裕があれば、清潔感のある身だしなみに整えると、なお好印象でしょう。 優しい人になるなら、外見より中身です。 態度・言葉遣い・行いに意識を向けることが大切です。 外見より態度・言葉遣い・行いに意識を向ける。

12
★6

本当に優しい人は、身の回りの物を大切にする。

優しい人になりたいなら、物を大切にしましょう。 「優しい人」と「物を大切にすること」。 それぞれ無関係に思えますが、深いつながりと相関関係があります。 どちらも「大切に扱う」という点は共通です。 物を大切にする人は「丁寧にした」「長持ちさせたい」「愛情を持って接したい」という気持ちの表れです。 つまり、物を大切にすることとは、人を大切にすることと同じです。 今は、昔に比べ、物が安く手に入るようになりました。 使い捨ての商品が増え、選択肢の幅も広がりました。 「汚れたら買い換える」「壊れたら買い換える」「なくなったらまた買えばいい」という考え方も一理あります。 もちろんタオルやハンカチといった単純な消耗品ならまだ分かります。 劣化が早いものなら、使用頻度に応じて捨てるのも早くなるでしょう。 臭いや汚れが目立てば、不衛生なので、新しく買い換えたほうがいいでしょう。 だからとはいえ、雑に物を扱っていいわけではありません。 物を大切にできない人は、人も大切にできません。 大切なのは「物を大切にする姿勢」です。 世の中を見てください。 優しい人は、必ず身の回りの物も大切に扱っているはずです。 小まめに汚れを拭き取ったり、定期的にお手入れをしたりなどです。 そもそも物を乱暴に扱っている様子は、客観的に見て、優しい人には見えないでしょう。 物を雑に扱う様子は、周りに不快感を与えます。 「あんなふうに自分も雑に扱われそう」という不安を与えます。 物を大切に扱う態度があるからこそ、人も大切に扱えます。 身の回りの物を大切に扱うようにしましょう。 財布・カバン・バッグなどの革製品。 文房具・化粧道具・ノートパソコンなどの小物。 宝石やアクセサリーなどの宝飾品。 自宅で愛用している家具家電。 少しでも長持ちするよう、定期的なお手入れを心がけましょう。 たとえ消耗しやすい衣類であっても、できるだけ丁寧に扱いたい。 ハンガーに掛けたり洗い方を工夫したりクリーニングに出したりすれば、経年劣化を遅らせることができます。 ビジネスシューズも、2足用意して交互に履いたり定期的に靴を磨いたりすれば、長持ちします。 丁寧に扱った分だけ長持ちすれば、経済的になり、節約にもつながります。 物を大切にする姿勢があると、人を大切にする気持ちも強くなります。 いつの間にか優しい人になっているのです。 物を大切にする。

13
★9

優しい人は、常に平常心を保っている。

優しい人になりたいなら、常に平常心を心がけましょう。 平常心とは、揺れ動くことのない心理状態のことをいいます。 つまり、どんなときでも、感情に左右されず、冷静沈着を心がけるということです。 私たちは思いどおりにいかないとき、一時的に理性と自制心を失い、感情的になることがあります。 もちろんショッキングな出来事なら、感情的になるのも分かります。 仕事で大失敗を犯したり、大好きな人に振られたりすれば、誰でも取り乱すのが普通でしょう。 一大事があって心に余裕がなくなれば、大きな怒りや深い悲しみに包まれるはずです。 自分の人生に影響するような一大事なら、理性と自制心を失うのも仕方ありません。 しかし、問題なのは、ささいなトラブルの場合です。 ささいなトラブルですぐ感情的になるのは、優しい人とは言えません。 電車が遅れただけでいらいらする。 嫌な一言を言われただけでむっとする。 相手が小さなミスをしただけで、すぐ怒鳴ってしまう。 どれもトラブルと言うほどの出来事ではありません。 感情的になりやすいと、一緒にいる相手は気遣いが増えるでしょう。 情緒不安定で感情の起伏が激しいと、付き合いにくいと思われても仕方ありません。 「怒りっぽい人」というレッテルを貼られると、周りの人から避けられます。 優しい人になるのはおろか、人間関係から孤立することになるのです。 そこで心がけたいのは、平常心です。 どんなときにも感情を取り乱さないよう心がけましょう。 常に冷静で落ち着いた心を保ち、取り乱さないよう注意します。 電車が遅れても、いらいらせず、のんびり待ちましょう。 不快な一言を言われても、むっとせず、冷静な対応を心がけましょう。 相手が小さなミスをしても、怒らず怒鳴らず、快く許しましょう。 たとえ不快な出来事があっても、できるだけ穏やかな対応を心がけます。 むしろにこにこした笑顔を心がければ理想的です。 感情を取り乱さないということは、感情をコントールできているということ。 感情をコントロールできているということは、成熟した大人の魅力があるということです。 いつも落ち着いている人は、優しい人です。 常に平常心を心がけると、人当たりがよくなって、多くの人から愛されます。 平常心は、年齢と経験を重ねるにつれて身についていきますが、その限りではありません。 平常心を保つには、やはり積極的な意識が効果的です。 「常に落ち着いた言動を心がけよう」と自分を戒めるように言い聞かせましょう。 強く意識したほうが、平常心を保ちやすくなります。 もし感情が乱れそうになったら、深呼吸をしながら「感情を抑えろ。冷静になれ!」と自分に言い聞かせると効果的です。 しっかり意識することで、感情に左右されない不動の心が身についていきます。 常に平常心を心がける。

14
★6

優しい人は、3つの配慮がある。
目配り・気配り・心配り。

優しい人は、配慮があります。 「配慮」と一言で言っても、大きく分けると3種類あります。 目配り・気配り・心配りです。 接客業界でよく使われる言葉ですが、優しい人になるためにも欠かせないポイントです。 それぞれ同じ意味に思えるかもしれませんが、厳密には異なります。 それぞれの違いを理解して、優しい人になるための配慮をして生かしましょう。 ●目配り 目配りとは、細かい点まで注意を向けて、様子を確認することを言います。 相手の様子をきちんと見ないと、相手のことも分かりません。 細かい点まで注意を向けると、相手の心や体の状態を推し量れるようになります。 相手の様子はすべて、心身の状態を読み取る材料。 外見の様子だけとはいえ、さまざまなことが読み取れます。 たとえば、相手の顔色が悪いなら「体調が悪いのだろうか」と想像できるでしょう。 相手が何度もまばたきをしているなら「目が疲れているのだろうか」と察しできます。 大きなあくびをしたなら「睡眠不足なのかな」「退屈なのだろうか」といったことも読み取れるはずです。 相手の様子から心身の状態を察することで、相手に喜ばれる対応も見えてきます。 ●気配り 目配りの後に必要なのは、気配りです。 気配りとは、自分の立場から見て、相手が求めていることを想像して、行動を先回りすることをいいます。 目配りによって読み取れたことがあれば、気配りとして、相手を思いやって気をつけることはないか考えることが大切です。 たとえば、相手が何度もくしゃみをしているなら、風邪を引きかけているのかもしれません。 ティッシュをそっと差し出したり、休憩を促したりすると喜ばれるでしょう。 相手が暗い表情でため息をついたなら、悩み事を抱えているのかもしれません。 「何かあったの?」「何でも話を聞くよ」という優しい言葉をかけると、相手は心を開いて、何か話してくれるかもしれません。 ●心配り 心配りとは、相手のためになるような行為行動を言います。 気配りと似ていますが、厳密には次のような違いがあります。 ・気配りは、自分の立場から見て気づいた配慮 ・心配りは、相手の立場に立って気づいた配慮 心配りは、相手の立場に立っていることがポイントであり、本人にとってよいとすることを行います。 気配りは、相手に喜ばれるとは限りませんが、心配りは必ず相手に喜ばれます。 たとえば、相手の悩み事を聞いたとき、共感や同情をして励まします。 一緒に苦しみを分かち合えば、相手は癒されたり元気が出たりするでしょう。 相手が仕事を頑張りすぎている様子なら「無理をしないで」という優しい一言をかけます。 タイミングよく気の利いた一言をかけると、相手は愛情や優しさを感じてくれるでしょう。 § 目配り・気配り・心配りの3つは、どれも欠かせない人間関係の要素です。 優しい人になるためには、それぞれをバランスよく心がけていくことが大切です。 目配り・気配り・心配りをそれぞれ心がける。

15
★1

優しい人は、できるだけ相手の都合に合わせる。

優しい人になるための条件の1つ。 それは、相手の都合に合わせる習慣です。 人間関係では、2人で取り決めをする場面があります。 2人で何かを決める場面では、2人で話し合うことになるでしょう。 もちろんビジネスなら、一定の慣習が存在します。 取引や請負など、立場に明確な上下関係がある場合、立場の低い側が高い側に合わせるのが一般的です。 円滑な関係を続けるためにも、余計な摩擦があってはいけません。 取引を長く続けるためにも、立場の低い側が高い側に合わせるのは、ビジネスの慣習であり、自然の範囲です。 しかし、あくまで日常の範囲なら、もう少し自由で寛大な対応を心がけたい。 たとえば、2人で予定や段取りを決める場面です。 相手の都合を無視して、一方的に自分の都合を押し付けるのはよくありません。 強引に自分の都合を押し付けると、摩擦や不快感が生まれ、人間関係がぎくしゃくするでしょう。 相手は「わがままな人」「自分勝手な人」「心の冷たい人」という印象を受け、がっかりするに違いありません。 小さなことかもしれませんが、人間関係に摩擦が生まれ、不仲の原因になります。 優しい人になりたいなら、できるだけ相手の都合に合わせるようにしましょう。 余裕のある一言で、相手の都合を優先します。 「そちらのご都合に合わせます」 「すべてあなたの判断にお任せします」 「もしご都合が悪くなれば、いつでもおっしゃってください」 どうしても自分に都合があるなら仕方ありませんが、できるだけ相手の都合に合わせるようにしたい。 相手の希望を受け入れる姿勢があると、優しさを表現でき、相手から喜ばれるでしょう。 たとえ自分のほうが高い立場であっても、プライベートならできるだけ相手の都合に合わせたほうがスムーズです。 相手は自分が尊重されていることを実感できるので、嬉しい気持ちになるでしょう。 自分の都合より相手の都合を優先させたほうが、摩擦は小さくなって、円満な人間関係が実現します。 「自分に対する挑戦」という考え方をすれば、難しい調整であっても、前向きな気持ちで頑張りやすくなるでしょう。 相手のわがままに応えていくことで、自分も成長できます。 自分の都合は押し付けず、できるだけ相手の都合に合わせるようにする。

16
★4

優しい人は、自分にも優しい。

人に優しくなりたいなら、まず余裕が必要です。 自分のことでいっぱいいっぱいの状態では、人に優しくしたくてもなかなか難しいでしょう。 すでに自分が疲れ果てているとき、人の力仕事を手伝うのは難しい。 いらいらして感情的になっているとき、人に優しく接するのも難しいでしょう。 自分が大きな問題を抱えているのに、誰かの問題解決を手伝うのは、非現実と言えるでしょう。 余裕があるから、人に優しくすることができるようになります。 では、余裕を作るためにはどうすればいいのか。 それは、まず自分に優しくなることが大切なのです。 自分に優しくできない人が、人に優しくできるはずがありません。 優しい人は、自分にも優しいのが特徴です。 たとえば、疲れたときです。 欲張る気持ちがあると、もう一踏ん張りをしたくなりますが、限界を無視して体を酷使するのは不健康です。 人間は、肉体にも精神にも限界があります。 疲れたときは、無理をせず、素直に休憩しましょう。 自分に優しくするから、体力がスムーズに回復して元気も出せるようになります。 日常でいらいらすることがあったとします。 いらいらしたままでも生活は送れますが、少なくとも心に余裕があるとは言いがたい状況でしょう。 理性と自制心が失われているときは、自分らしくない行動をしやすくなります。 物に当たって、壊してしまうかもしれません。 人に暴言を吐いて、喧嘩に発展してしまうかもしれません。 注意が散漫になって、仕事のミスも発生しやすくなるでしょう。 こうしたときは、適度に気分転換をするのがいいでしょう。 散歩・ウォーキング・ランニング。 読書・映画鑑賞・音楽鑑賞・マッサージ体操。 上手に気持ちを落ち着かせることができれば、心にゆとりが生まれます。 心身が軽くなり、人に優しくする余裕も出てくるでしょう。 難しい問題を抱えて、悩んでいるときがあるとします。 自分の力で頑張れば、解決できるかもしれませんが、思うようにいかず、時間がかかることもあるでしょう。 問題解決に挫折することもあるかもしれません。 こうしたときは、1人で問題を抱え込まず、プロや専門家に相談するといいでしょう。 1人で考えて分からないことでも、プロや専門家に相談すると、あっさり解決方法を見つけられることがあります。 まず自分に優しくなること。 そして、心身共に余裕を作ることが大切です。 自分を優しくいたわるからこそ、心身に余裕が生まれます。 余裕がなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 生活を忙しさで満たすより、少しくらい暇を作っておくほうが健全です。 結果として、人に優しくする余裕も出てくるようになります。 無理をせず、自分を優しくいたわって、余裕を作る。

17
★5

気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要。
時間・健康・お金。

優しい人になるには、気持ちに余裕が必要です。 自分に余裕がない状態で、人に優しく接するのは難しいでしょう。 余裕が大きくなるにつれて「大丈夫」と思える安心感が出てきます。 気持ちに余裕があるからこそ、穏やかな心と柔和な態度で人と接することができます。 では、気持ちに余裕を作るにはどうすればいいのでしょうか。 気持ちに余裕を作ろうと思うだけで実現できるなら、誰も苦労しません。 余裕はあくまで結果であり、結果を生み出す前には原因要素があります。 気持ちに余裕を作るには、3つの要素が必要です。 「時間」「健康」「お金」です。 それぞれ満たしていくことで、だんだん気持ちに余裕が出てきます。 ●時間 時間はすべての人に平等に与えられた資源ですが、使い方はその人次第です。 時間は、油断すると、すぐ過ぎるのが特徴です。 1日は24時間ですが、使い方によって、長くも短くも感じられます。 余裕という点でまず注意したいのは「ぎりぎりの行動」です。 時間ぎりぎりで行動するのはよくありません。 時間に余裕がないと、焦ったりいらいらしたりして、気持ちに余裕がなくなります。 ミス・誤解・勘違いも発生しやすくなります。 時間の余裕は、行動パターンを変えるだけで生まれやすくなります。 たとえば、10分前行動です。 出勤や待ち合わせなど、予定より10分前を目安に行動すれば、時間に余裕が生まれます。 途中で道に迷ったり電車が遅れたりしても、軽微な程度なら、いらいらしなくて済みます。 時間がないときに注意したいのは、諦めと言い訳です。 「時間がないものは仕方ない」という一言で片付けるのはよくありません。 仕事の段取りやスケジュールの立て方を工夫すれば、時間的な余裕を作りやすくなるでしょう。 時間の余裕は、自然とできるものではなく、作り出していくものです。 上手な使い方を意識して、少しでも時間の余裕を作り出していきましょう。 ●健康 できるだけ健康的な生活を心がけましょう。 ポイントは、食事・運動・睡眠です。 「バランスの取れた食事」「定期的な運動」「十分な睡眠」をそれぞれ心がけます。 もし病気にかかっているなら、医療機関を受診して、できるだけ早く治すよう心がけましょう。 健康に余裕ができると、気力・体力・精神力がみなぎり、メンタルも強化されます。 体力があれば、集中力もつき、大切な勝負所でも踏ん張りやすくなります。 また、疲れたときは無理をせず、素直に休憩しましょう。 疲れてから休憩するのではなく、疲れる前に休憩を心がけることが大切です。 さらに心を落ち着かせたいなら、瞑想がおすすめです。 瞑想とは、忘我の境地になることです。 意識的に自分を忘れ、何も考えない時間を作ることで、穏やかな心を取り戻していけます。 たった10分の瞑想でも、驚くほど心が休まります。 心身の健康は、生きる上でも大切です。 ●お金 3種類ある余裕の中で、最も実現が難しいのは、お金の余裕かもしれません。 何も大金持ちになれというわけではありません。 お金の余裕とはいえ、人にプレゼントを贈ったり、食事をおごったりする程度の余裕でかまいません。 お金は「精神安定剤」という側面もあります。 お金は使ったときに役立ちますが、持っているだけでも心の安定をもたらす作用があります。 収入や貯金が多ければ多いほど、いざとなったとき、対処しやすくなるでしょう。 無駄遣いを避けて、節約精神を心がければ、お金がスムーズに貯まりやすくなります。 お金の余裕ができると、人にプレゼントを贈ったり、食事をおごったりなど、優しく接しやすくなります。 § 優しい人になるには気持ちに余裕を作る必要があり、気持ちに余裕を作るには時間・健康・お金の余裕が必要です。 どれか1つを心がけるのではなく、3つの要素をバランスよく心がけることが大切です。 優しい人だから余裕があるのではありません。 余裕があるから優しい人になれます。 時間・健康・お金に余裕が出てくると、気持ちにも余裕が出てきて、自然と優しい人になれます。 早速今から時間・健康・お金の余裕を心がけていきましょう。 時間・健康・お金の余裕を心がける。

18
★3

優しい人は、笑顔を絶やさない。

優しい人の表情には、華があります。 笑顔です。 笑顔ほど、優しい雰囲気を出すものはありません。 いつもにこにこした笑顔を振りまいていて、明るくアットホームな雰囲気があります。 にこにこ笑顔になるだけなら簡単そうに思えるでしょう。 たしかに笑うだけなら、赤ちゃんでも子供でも誰でもできます。 もちろん楽しいときや嬉しいときに笑顔になるなら、誰でも簡単にできる。 自然と笑顔になって、活気に満ちた雰囲気になるでしょう。 しかし、優しい人が心がけているのは「どんなときでも笑顔」という点です。 楽しいときや嬉しいときだけでなく、そうでないときも笑顔です。 たとえば、仕事が忙しくて余裕がないときであっても、笑顔です。 つらくても苦しくても、にこにこしながら仕事をします。 悲しいことがあっても、明るい表情を心がけます。 少し引きつった笑顔になることもありますが、意識をして笑顔を心がけています。 元気がなくても「何とか元気を出そう」「少しでも明るい雰囲気を出そう」と心がけも伝わってきます。 笑顔の様子から「大変であっても、何とか乗り越えてやろう」という意気込みが伝わってきます。 これは意外と難しい取り組みです。 いつも笑顔でいることは、なかなか普通の人にできることではありません。 だからこそ、いつもにこにこしている人は、人一倍、優しい人になれます。 驚くべきことに、表情と感情には密接な関係があります。 暗い表情をしていると、暗い気持ちになっていきます。 明るい表情をしていると、明るい気持ちになっていきます。 明るいから笑顔になるのではなく、笑顔になるから明るくなっていきます。 たとえ暗い気持ちであっても、笑顔を心がけているうちに、だんだん明るい感情が湧き上がってきます。 優しい人は、表情の特殊効果を知っているので、普段から積極的に笑顔を心がけています。 爽やかな笑顔は、人を魅了する力がある。 いつもにこにこしているので、雰囲気が明るく、吸い寄せられるように多くの人が集まってきます。 笑顔になっているうちに、協力者が集まり、いつの間にか困難も乗り越えているのです。 どんなときでも、常に笑顔を心がける。

19
★3

むっとした場面こそ、にこにこしよう。
余裕を見せるチャンス。

ときどき人から不快なことを言われることがあります。 短所をばかにされたり、コンプレックスを笑われたりです。 不快なことを言われなければ理想的ですが、やはり現実の人間関係では少なからず存在します。 相手も悪意があるとは限りません。 悪意はなくても、うっかり口が滑ることはあります。 不快なことを言われたら、表情が曇って、反抗的な態度を取ることが多いのではないでしょうか。 もちろん嫌なことを言われたら、むっとするのは当然のリアクションですが、注意も必要です。 むっとしてしまうと、不穏な空気が流れます。 相手は「しまった。余計なことを言ってしまった」と焦ってどぎまぎするでしょう。 雰囲気が悪くなり、会話が途切れやすくなる。 時には、幻滅される可能性もゼロではありません。 人によっては「このくらいで不機嫌になるなんて器が小さい」と思うこともあるかもしれません。 優しい人になりたいなら、ここが正念場です。 むっとした場面こそ、にこにこしましょう。 心の中はいらいらしてもいいので、表情だけは明るい笑顔を貫き通します。 むっとした場面でにこにこするのは、なかなか普通の人にはできません。 むっとする場面でにこにこすれば、余裕を見せることができます。 相手は「こんなときでも笑顔になれるなんてすごい」と驚くでしょう。 むっとする場面でにこにこすれば、ギャップが大きいので、優しさを印象づけられます。 不思議なことに、にこにこしていると、むかむかした気持ちも早く収まります。 明るい表情を心がけていると、表情筋から脳にポジティブな刺激が伝わります。 脳は「快の状態」と判断して、明るい気持ちを促すスイッチを入れるのです。 むっとした場面でにこにこできる力は、プライベートだけでなく、ビジネスでも活用できます。 特に交渉や説得の場面では、大いに力を発揮できるでしょう。 たとえ無理やりであってもかまいません。 引きつった笑顔でもいいので、とにかくにこにこすること。 腹が立って怒鳴りたくなったときこそ、余裕を見せるチャンスと思って、にこにこしましょう。 普段から、意識をして心がけてみてください。 むっとした場面でにこにこすることは、感情のコントロールを鍛えることにつながります。 脳の働きは、適度な負荷を与えることで強くなります。 自己管理能力を高める意味でも、挑戦の価値があるはずです。 最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、諦めず取り組みを続けていれば、いずれできるようになります。 むっとした場面こそ、にこにこして、余裕を見せる。

20
★1

相手の話を否定すれば、話が途切れ、縁も途切れる。
相手の話を受け入れれば、話が続き、縁も続く。

会話中、納得できない一言を言われることがあります。 受け入れがたい話が出てきたとき、あなたならどんな答え方をしますか。 普通は否定したくなるのではないでしょうか。 もちろん契約・法律・取引など、デリケートな場面なら、明確な言い方が必要です。 たった一言が物事の行方を左右するため、慎重になる必要があります。 金銭が関係しているなら、言葉に注意しながら話を進める必要があります。 ダメなら「ダメ」、無理なら「無理」と正直に伝えたほうが適切です。 しかし、話を否定すると、そこで話が中断します。 デリケートな場面でないなら、できるだけ話を前向きに受け入れたい。 「ダメです」 「不可能です」 「それは無理です」 「私は同意できない」 「認めることはできません」 「それは受け入れられない」 「あなたの考え方は間違っている」 「ばかばかしいにもほどがある」 話を否定された相手はがっかりして、それ以上話をしたくなくなるでしょう。 「話が進まない」「この人には何を話しても無駄だな」と思われ、相手は心を閉ざしてしまうでしょう。 冷たい印象があるため、会話のテンションも一気に下がります。 話が途切れ、縁も途切れてしまうのです。 優しい人になるためには、受け入れる姿勢を心がけたい。 デリケートな場面でないなら、できるだけ心の器を大きくして、寛大になっておくほうがいいでしょう。 完全に同意できなくてもいいのです。 100パーセント同意できなくても、1パーセントでも同意できるなら、肯定の返事ができるはずです。 「たしかにそうですね」 「そういう考え方もありますね」 「一理ありそうですね」 「可能性があるかもしれませんね」 「うまくいくかもしれませんね」 「チャンスがありそうですね」 相手の話を受け入れれば「心の器が大きい」「理解力のある人」と感じてもらえるでしょう。 安心した相手は「もっと話したい」という気持ちになるので、どんどん話が進んでいくはずです。 たとえ納得できない意見を言われたとしても、できるだけ受け入れる姿勢から心がけたい。 受け入れがたい考え方なら、次のような答え方を心がけてはいかがでしょうか。 「斬新ですね」 「珍しい意見ですね」 「変わった意見ですね」 「面白い考え方ですね」 「視点がユニークですね」 こうした答え方なら、一定の理解があることを伝えられるため、相手の意見を否定せずに受け入れられます。 どんな意見だろうと、まず受け入れる姿勢を心がけることです。 どんどん話が前に進むことで、気分もテンションも上がっていくでしょう。 相手の話を受け入れれば、話が続きます。 そして、縁も続いていくのです。 どんな話でも、まず受け入れるようにする。

21
★4

さまざまな価値観を受け入れられる人は、心の優しい人。

優しい人は、さまざまな価値観を受け入れられるのが特徴です。 もちろんどんな価値観でも無条件に受け入れるわけではありません。 浮気や暴力。 人の迷惑になるような行い。 違法行為や反社会的な行為。 こうした価値観なら「受け入れがたい」と感じるのも当然でしょう。 非常識で反社会的な価値観は、人生を破滅に導きます。 悪質な価値観と接していると、自分にも悪影響が及ぶ可能性があるため、できるだけ距離を置くほうがいいでしょう。 しかし、悪質な価値観でさえなければ、寛大になって、さまざまな価値観を受け入れることが大切です。 世の中にはさまざまな人がいます。 神経質な人もいれば、だらしない人もいます。 新しいものを好む人もいれば、古いものを好む人もいます。 インドア派の人もいれば、アウトドア派の人もいます。 団体旅行を好む人もいれば、個人旅行を好む人もいます。 肉食主義者もいれば、菜食主義者もいます。 異性愛者だけでなく、同性愛者もいます。 結婚が幸せと感じる人もいれば、未婚が幸せと感じる人もいるでしょう。 仕事より家族を選ぶ人もいれば、家族より仕事を選ぶ人もいるでしょう。 人によって趣味もさまざま。 この世は、さまざまな価値観にあふれているワンダーランドです。 自分に合わない価値観と接したとき「変だ」「おかしい」「受け入れがたい」とすぐ拒むのはよくありません。 自分と価値観の合う人だけ受け入れるのは、優しい人と言えないでしょう。 特定の価値観だけ受け入れる姿勢では、人間関係に偏りが生まれます。 世の中に同じ人は1人もいません。 100人いれば、100種類の人が存在します。 世の中には多種多様な人がいるのですから、価値観も多種多様です。 大切なのは「さまざまな価値観を受け入れる」ということです。 先入観・偏見・固定観念を持たず、できるだけさまざまな人を受け入れましょう。 変わった趣味を持っている人でも、ばかにするのではなく、ありのまま受け入れます。 理解しがたい考え方を批判するのではなく、できるだけ受け入れるようにしたい。 理解できない価値観なら「まだまだ私の理解力が足りない」と謙遜するくらいがいいでしょう。 理解できない価値観に出合ったら、新しい学びのチャンスでもあります。 今は理解できなくても、いずれ理解できる日がやってきます。 さまざまな価値観を受け入れる姿勢を持つと、人間関係の幅も広がるだけでなく、心の成長につながります。 さまざまな価値観を受け入れ、人付き合いの幅を広げる。

22
★2

相手を不快にさせるかもしれないことは、言いたくても我慢する。

思ったことをストレートに言えばいいとは限りません。 ストレートな一言は、素直で分かりやすい反面、相手を傷つける可能性もあります。 たとえ悪気はなくても、相手を悲しませたり落ち込ませたりするかもしれません。 優しい人になるためには、相手が不快になるようなことを言わないことが大切です。 言われたくないことは、誰でも1つや2つあるもの。 短所・欠点・コンプレックス。 劣等感が1つもない人はいません。 相手の立場に立って、言われたときの気持ちを想像してみます。 相手を不快にさせる発言は、少なければ少ないほどいい。 正直に思ったことでも、相手が傷つきそうなら、発言を控えておくほうがいいでしょう。 相手を不快にさせるかもしれない言動は、徹底的に排除していきましょう。 たとえば、年齢です。 年齢を気にしない人もいますが、気にしている人も多いでしょう。 特に女性の場合、年齢に敏感です。 親しくなる前に年齢を聞くと、相手を不快にさせるかもしれません。 たとえ年齢を気にしていなくても、デリカシーのない発言に不快感を覚えることもあるはずです。 相手の年齢を知りたいなら、ある程度仲良くなってから聞くのがいいでしょう。 また相手の外見に関する話題も慎重になっておきたいところです。 ポジティブな話題ならまだいいですが、ネガティブな話題は注意が必要です。 肌荒れ・肥満体形・厚化粧・若白髪・薄毛・低い身長・高い身長。 こうしたポイントは、相手の心を傷つける可能性があります。 外見に関することはデリケートです。 たとえ悪気はなくても、相手のコンプレックスを刺激することがあります。 自分は軽い気持ちで言った一言でも、気にしている相手にとってはダメージを受け、心が傷つくでしょう。 たった一言が相手の胸に突き刺さり、長く残ることがあります。 完全に失言を防ぐのは不可能であっても、できるだけ心がけたい。 100点満点は実現できなくても、最善の努力なら実現できるでしょう。 発言前に少し考えるだけでいいのです。 相手の立場に立って、言われたときの気持ちを想像してみましょう。 一瞬でもいいので「この一言は相手を傷つけないだろうか」と考えてみる。 客観的に思考する習慣があれば、失言を防ぎやすくなります。 デリケートな話をするなら、相手と十分仲良くなってからがいいでしょう。 信頼関係が結ばれた状態なら、言いやすい雰囲気になるでしょう。 厳しい意見も、好意的に受け止めてくれるはずです。 相手を不快にさせるかもしれないことは、仲良くなるまで控える。

23
★1

優しい人は、丁寧な前置きをしてから、苦情を言う。

ときどき日常では、苦情を言いたくなる場面があります。 新しく買った商品が、初期不良だった。 隣の部屋の人が大騒ぎをして、うるさい。 注文した料理が間違って出てきた。 そんなとき、どうするかです。 「優しい人は文句を言わない」「優しい人になるためには黙っておくほうがいい」と思っているなら誤解です。 優しい人であっても、トラブルに遭遇したときは文句を言いたくなります。 黙ったまま泣き寝入りするのはよくありません。 やはり迷惑になっていることがあるなら、きちんと苦情を入れたほうがいいでしょう。 相手を不快にさせる可能性があったとしても、迷惑になっているなら、やはりきちんと言うことが大切です。 このときがポイントです。 往々にして苦情を言う場面は、腹が立っているため、厳しい口調になりがちです。 しかし、厳しい口調で苦情を入れるのは、優しくありません。 またいきなり苦情を言い始めるのも避けたほうがいいでしょう。 相手は反感を覚え、素直に対応しにくくなります。 もしくは、強い口調に腹を立て、逆上される可能性もゼロではありません。 厳しい口調で苦情を入れるのは、優しい人にふさわしくない態度です。 優しい人になりたいなら、苦情を言うとき、心がけたいことがあります。 丁寧な前置きです。 丁寧な前置きを述べてから話し始めれば、聞きやすい言葉になります。 「少し言いにくいことなのですが~」 「少しお願いしたいことがありまして~」 「あらためてお話したいことがありまして~」 「実は少し困っていることがありまして~」 「気分を悪くされたら申し訳ないのですが~」 いきなり苦情を入れるのではなく、丁寧な前置きから始めます。 すると相手は、これから悪い話が始まると分かるので、心の準備ができます。 苦情を言っても、比較的、素直かつ穏便に受け入れてもらいやすくなるのです。 丁寧な前置きは、優しさの表れです。 ほんの一言の前置きですが、あるかないかで、まったく印象が違います。 苦情は、丁寧な前置きから始めたほうが、優しい印象になります。 苦情を言うときは、まず丁寧な前置きから始める。

24
★2

えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えない。

時に人は、特定の人だけ優しく接することがあります。 仲のいい友達には、特別親切に接する。 好意を寄せる異性の前では、特に礼儀正しくなる。 期待を寄せる部下がいれば、普段より丁寧に仕事を教える。 自分のお気に入りの人には、やはり特別優しく接したくなるのではないでしょうか。 普段より笑顔が増えたり、親切になったり、お世辞を増やしたりなどです。 もちろん普通程度ならいいのです。 特別な人には特別な態度で接したくなるのは、人間の行動心理として普通にあること。 仲のいい人と接するときは、自然と緊張感も緩み、心が晴れやかになり、笑顔も増えるでしょう。 周りから見ても、普通に「仲がよさそう」という程度で見られるはずです。 しかし、態度の違いが露骨になると、別の問題が発生します。 えこひいきです。 残念ながら、えこひいきをする人は、本当に優しいとは言えません。 優しさはあっても「人を選んだ優しさ」です。 偏りがあり、不平等であり、差別があります。 えこひいきは、周りから見てすぐ分かります。 特定の人だけ特別親切に接している様子は、違和感があるため意外と目立つもの。 ころっと態度が変わり、急に優しくなる様子は、上品と言いがたいでしょう。 たとえ優しくされた人であっても、人によって態度を大きく変える様子は、すっきりしない印象を受けるはずです。 「みんなに優しいわけではないのだね」と分かるため、優しくされて嬉しいものの、素直に喜べない。 特定の人だけ優しくするのは、不公平な対応です。 周囲から反感を買うため、人間関係にひずみを生んでしまうのです。 ここで心がけたいのは「平等な接し方」です。 えこひいきは避けましょう。 特定の人にだけ優しくなるのではなく、すべての人に対して平等な態度で接するようにしたい。 自分に関係があるなしにかかわらず、みんなに優しく接することが大切です。 マザーテレサのように、完全平等な態度はなかなか難しいですが、できるだけ平等に接していきたい。 100パーセントは難しくても、最善の心がけならできるはずです。 「特定の人だけ優しく」ではなく「みんなに優しく」です。 えこひいきは避け、誰にでも平等に優しく接する人が、優しい人です。 えこひいきは避け、誰にでも平等に優しく接する。

25
★4

小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられる。

あなたが幸せを感じるのはどんなときですか。 ・試験に合格したとき ・欲しいものを手に入れたとき ・就職活動で内定をもらったとき ・昇級・昇格が実現したとき ・好きな人と結ばれたとき ・待望の赤ちゃんが生まれたとき ・念願のマイホームを手に入れたとき どれも幸せを感じる瞬間と言えるでしょう。 努力や思いが実る出来事があれば、満足感や充実感が得られ、大きな幸せを感じるでしょう。 もちろん大きな出来事に幸せを感じるのもいいですが、幸せはそればかりではありません。 身近にある小さなことも、幸せの1つです。 優しい人になりたいなら、小さなことにも幸せを感じる習慣を持つことが大切です。 小さな幸せは、あなたの周りにたくさん存在します。 大きな幸せは有限ですが、小さな幸せは無限にある。 身近にある小さな幸せに気づいて、幸せを感じていきましょう。 たとえば、おいしい食事ができることです。 食事は元気の源です。 好きなときに好きなものを食べられるのは、幸せなこと。 おいしい食事を食べるだけで、おなかだけでなく心も満たされ、パワーが湧き出てきます。 おいしい飲み物を飲めることも、幸せの1つと言えるでしょう。 喉の渇きを潤せ、おいしい味わいを楽しめます。 心がほっとしてリラックスでき、緊張やストレスが軽くなるでしょう。 友達と楽しい話ができたことも、幸せの1つです。 たわいない会話かもしれませんが、楽しい時間を過ごせました。 言葉や気持ちのやりとりができて、お互いの理解が深まりました。 小さなことですが、十分幸せな瞬間と言えるでしょう。 お気に入りの服が着られることも、幸せの1つです。 自分の好きな服を着ることができると、自分らしさを表現できます。 うきうきわくわくして明るい気持ちになり、満足感や充実感が得られるでしょう。 勉強ができることも、幸せの1つです。 過去には、自由に学問をできない時代がありました。 本を読めば、他人の経験を疑似体験できたり、知識や知恵を学べたりできます。 見識や世界観が広がって、豊かな教養を身につけることができます。 小さなお金で、知識欲を満たせる快感が得られるのですから、幸せなことと言えるでしょう。 それぞれ小さなことですが、幸せの1つです。 大きなことや特別な出来事だけ幸せを感じるのではありません。 小さなことや平凡な出来事にも幸せがあることに気づき、感じていきましょう。 当たり前と思えることであっても、見方を変えると、幸せに気づけるはずです。 そして、素直に「嬉しい」と喜び「ありがたい」と感謝することです。 小さなことにも幸せを感じていくことで、あなたを明るく温かい気持ちにさせてくれます。 ポジティブな感情が高まり、気持ちにも余裕が出てきます。 小さなことに幸せを感じる習慣があれば、いつも優しい気持ちでいられるのです。 小さなことに幸せを感じる習慣を持つ。

26
★2

つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つ。

つまらない冗談を言われたとき、どんな反応をしますか。 たとえば、意味の分からないジョーク、時代遅れのおやじギャグ、下品な下ネタです。 つまらない冗談なら、白けたり無視したり黙ったりすることがあるかもしれません。 時代感覚からずれた冗談だったり、まったく面白くないしゃれだったりすると、どこで笑っていいのか分かりません。 つまらない冗談に笑うと、自分までつまらない人間であるような錯覚を覚えることもあるでしょう。 中には反抗的な気持ちを持って、笑いたくても笑わないように意識する人もいるかもしれません。 「笑う価値がない」 「あまりにくだらない」 「ここで笑ったら負けになる」 「下品な冗談に笑うと、自分の価値が下がる」 「徹底的に無視して、つまらない冗談を言った相手を反省させてやろう」 わざと冷淡なリアクションをして、冗談を言った相手を困らせようとする人もいるはずです。 しかし、そこで黙って冷たい反応をしてしまうと、場が白けてしまいます。 せっかく話が止まってしまい、場の雰囲気も悪くなります。 ネガティブなリアクションは人間関係に悪い影響があります。 当然のリアクションかもしれませんが、優しくない行為と言えるでしょう。 優しい人になりたいなら、つまらない冗談でも進んで笑うようにしましょう。 どんなボールでも受け止めて、きちんと返したほうが、上手にコミュニケーションができます。 相手は悪気があってつまらない冗談を言ったとは限りません。 悪気はなく、ユーモアのセンスを少し間違えたのかもしれません。 冗談の意味が分からないときは「意味が分からない」と笑えばいいのです。 肯定的に相手の冗談を受け止めているので、話が続きます。 場が凍り付くようなおやじギャグでも笑ったほうがいい。 笑いながら「古すぎます」「時代遅れです」などと言えば、ひとまず話は前に進むでしょう。 たとえ下品な下ネタであっても、笑いながら「やめてくださいよ」と言えば、明るい雰囲気だけは保てます。 ひとまずポジティブなリアクションなので、場の雰囲気を明るく保ったり盛り上げたりできます。 積極的に笑っていくと、つまらない冗談でも、自然と面白く感じてくるようになります。 むしろつまらない冗談を言われたときこそ、大笑いをするくらいのほうがいい。 つまらない冗談にも笑うと、相手は自分の言葉が受けていることが分かり、安心します。 つまらない冗談に笑えるのも、優しさの1つです。 つまらない冗談にも、進んで笑うようにする。

27
★4

時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人。

優しい人になるためには、優しい言葉を心がけましょう。 相手が落ち込んでいるなら、とにかく励ます。 相手がいらいらしているなら、とにかく慰める。 相手が決断に迷う人がいるなら、とにかく勇気づける。 どんなときでも、明るく前向きな発言を心がければ、優しい印象があります。 少なくとも悪い印象はありません。 優しい言葉をかけることで、相手も勇気づけられ、明るい気持ちになっていくでしょう。 しかし、ここで注意したいことがあります。 優しい意見を言うのはいいですが、優しい意見しか言わないのはよくありません。 優しい意見しか言えないのは、真面目に相手のことを考えていません。 優しいだけの発言は無責任でもあります。 難しく考えるのが面倒なので、思いつきで励ましているにすぎません。 無責任に響きのいい言葉だけ並べるのは、本当に優しいとは言えないのです。 真面目に相手のことを考えるなら、厳しい意見を言わなければいけないときがあります。 表向きは厳しくても、その厳しさの奥にはきちんと優しさがあります。 本気で説教をする親は、子供への愛情があるように、本気で厳しい意見を言える人にも、愛情があります。 相手は「本気で私のことを考えてくれている」と感じ、厳しさの奥にある優しさに気づいてくれるはずです。 たとえば、相手が転職をするべきか悩んでいたとします。 単に励ますなら「頑張って」「応援しているよ」と言えばいいですが、本気で相手のことを考えるなら、別の意見も言えるはずです。 「本当によく考えてね」 「貯金は大丈夫なの?」 「そんなに社会は甘くないよ」 自然と相手を心配する言葉が出るでしょう。 時には「私は反対」という厳しい意見も言えるはずです。 たとえ言いにくくても、本当に大切な人なら、厳しい言葉も言いたくなるはずです。 友達が会社の上司と喧嘩をして、会社を辞めようか悩んでいたとします。 安易に考えるなら「辞めても何とかなる」と言えば済みますが、真面目に相手のことを考えるなら、別の意見も言えるはずです。 「今からでも謝ったほうがいい」 「辞めたら後悔することになるよ」 「安易な考えで人生をダメにしないで」 「後悔するから思いとどまるべきだ」 時には「その判断は間違っている」という厳しい意見も言えるはずです。 真面目に相手のことを考えるなら、優しい発言だけでなく、厳しい意見も出るはずです。 優しさだけでなく、厳しさも、愛情表現です。 相手は「厳しい意見だけど参考になる」「本気で考えてくれている」と、厳しさの奥にある愛情に気づいてくれるはずです。 時に厳しい意見を言える人こそ、本当に優しい人なのです。 本気で相手のためを考えるなら、優しい意見だけではなく、時に厳しい意見も言う。

28
★6

優しい人には、許す習慣がある。

優しい人になるためには「許す習慣」が大切です。 もちろん何でも許すのは、無理があるかもしれません。 世の中には、絶対許せないトラブルもあるでしょう。 大金を騙し取られたり、ひどい裏切り行為をされたりすれば「絶対許せない」と思うこともあるはずです。 悪質な行為によって重大な被害に遭えば「絶対許せない」と思うのも無理はありません。 深刻な暴力やいじめ問題など、許せないことがあるのも事実です。 しかし「どんな小さなミスも許さない」という考え方は窮屈です。 「絶対許さない」という考え方は、24時間365日、囚人の監視をしているようなものです。 常に緊張を強いられるため、なかなか落ち着けません。 気遣いやストレスが増え、精神的な消耗が激しくなり、疲れやすくなります。 どんな小さなミスも許さない考え方は、真面目な人や完璧主義者によく見られるため、心当たりがある人は注意が必要です。 こうしたとき、心がけたい習慣があります。 「許す習慣」です。 人間であるかぎり、ミスや失敗もあれば、誤解や勘違いもあります。 できるだけ心を大きくして、許していくことを意識してください。 相手のミスで迷惑があっても許す。 相手に悪口を言われても「人間だから仕方ない」と考えて、許す。 相手が約束を破っても「そういうときもある」と考えて、許す。 相手が仕事でミスをしても「自分も人のことを言えない」と考えて、許す。 許す、許す、とにかく許す。 許せないようなトラブルがあっても、できるだけ心を広くして、許していくように心がけたい。 許せる範囲が広ければ広いほど、優しい人になっていけます。 「こんなことまで許せるなんてすごい」と周りの人を驚かせるでしょう。 あなたが許していくことで、相手との関係を保てるでしょう。 許せば許すほど、あなたの精神を縛り付けるものがなくなります。 余計なわだかまりもなくなって、心が軽くなるのです。 許す習慣を意識する。

29
★5

「人間は不完全な生き物」と意識するだけで、心の許容範囲が広がる。

優しい人になるためには、許す習慣が大切です。 小さなミスすら許せない心では、卑屈になるばかり。 人間関係でトラブルがあっても、できるだけ相手を許したほうが、円滑な人間関係が実現できるでしょう。 許せる範囲が広くなるほど、優しい人だねと言われるようになります。 しかし、これが簡単そうで難しい。 許したい気持ちはあっても、トラブルの内容がひどいと、なかなか許せない。 見栄やプライドが邪魔をして、なかなか許せず、困ることもあるはずです。 反発心や抵抗感があると、なかなか素直になれません。 許したくても、なかなか思うように心をコントロールできないこともあるのではないでしょうか。 そんなとき、意識したい考え方があります。 「人間は不完全な生き物」と意識すればいいのです。 世の中に完全な人間は1人もいません。 どんな人でも短所や欠点があります。 ど忘れをすることもあれば、うっかりミスをすることもあります。 誤解もあれば、勘違いもある。 世の中にいる人はすべて不完全な生き物。 完全な人間は、たった1人も存在しません。 そもそも人間が不完全な生き物ですから、完璧な仕事を実現するのは困難です。 人間であるかぎり、ミスも失敗も、ないよりあるのが自然です。 むしろミスのある状態のほうが正常です。 「人間は不完全な生き物」と意識することで、心の許容範囲が広がります。 「人間は不完全な生き物だから、たまにはミスもあるよね」 自然と心が和らいで、優しい気持ちが強くなるでしょう。 「人間は不完全な生き物」と意識すると、許容範囲が広がります。 ストレスやプレッシャーが小さくなって、心が軽くなるでしょう。 この考え方は自分に対してもプラスに働きます。 「人間は不完全な生き物」という考え方を持てば、自分がミスや失敗をしたとき、必要以上に責めずに済みます。 「人間なのだから仕方ないね」と思えば、落ち込みにも強くなります。 自分にも相手にも完璧を求めない姿勢でいると、常に穏やかな気持ちでいられます。 自分にも他人にも優しくなれるのです。 「人間は不完全な生き物」と意識して、ミスの許容範囲を広げる。

30
★2

人生の経験値を上げることは、優しくなることでもある。

優しい人になるためには、相手の気持ちを理解することが必要です。 相手が仕事で失敗をして落ち込んでいるとき、その状況を理解できれば、上手に元気づけられるでしょう。 相手が病気にかかって苦しんでいるとき、その立場を理解できれば、上手に励ませるでしょう。 相手が失恋して悲しんでいるとき、その気持ちを理解できれば、上手に勇気づけられるでしょう。 相手の気持ちを理解することで、接し方がうまくなり、結果として優しい人になれます。 では、どうすれば相手の気持ちを理解できるようになるのか。 それは、自分がさまざまな経験を積むことに尽きるのです。 自分がどれだけ経験を積んでいるかです。 仕事で失敗して、上司に叱られ、落ち込んだ経験。 友達と喧嘩をして、人付き合いに困って、途方に暮れた経験。 病気にかかって、なかなか治らず、苦しんだ経験。 そして、失恋をして、連日連夜泣きまくって、悲しみのどん底を味わった経験。 どの経験も貴重です。 自分が経験することは、同じ経験をした人の気持ちを理解できるようになること。 自分がさまざまな経験を積むことで、具体的にその状況を想像できるようになります。 同じ経験をしている人と接したとき、気持ちを細部まで理解できるようになります。 自然と共感や同情をしやすくなるので、接し方がうまくなります。 「自分も同じ経験があるよ」と体験談を紹介しながら励ますこともできるでしょう。 結果として優しい人になっていくのです。 貪欲にさまざまな経験を積んでいきましょう。 成功だけでなく、失敗も経験したい。 嬉しいことや楽しいことだけでなく、悲しいことや苦しいことも経験したい。 人生には、無駄な経験は1つもありません。 ポジティブ・ネガティブに関係なく、すべての経験はプラスしかありません。 どんな経験も、優しい人になるために役立ちます。 理解力が向上するだけでなく、視野や見識を広げる効果もあります。 そのときはつらくて苦しい出来事であっても、人格形成と心の育成に役立っています。 人生の経験値を上げることは、優しくなることでもあるのです。 さまざまな経験を積んで、いろいろな人の気持ちを理解できるようになる。

同じカテゴリーの作品