自分磨き

かわいい人になる
30の方法

  • 「かわいい」は、
    作れる。
かわいい人になる30の方法

もくじ
  1. 「かわいい」は、作れる。

    「かわいさは、生まれつきのもの」
    「もともと地味な顔立ちだから、かわいくなれない」
    「顔は生まれつき決まっている。今さら変えることはできない」

  2. 「かわいくなりたい」と思うことが、すでにかわいい。

    かわいい人になりたいなら、まずこう思いましょう。
    「かわいくなりたい」です。
    ストレートな一言なので、気恥ずかしく思うかもしれません。

  3. かわいくなった自分をイメージしよう。
    ポジティブなイメージは、現実を引き寄せる力がある。

    かわいくなった自分をイメージしましょう。
    「かわいくなった」という完了形がポイントです。
    すでに実現した状態をイメージしましょう。

  4. かわいいから、にこにこするのではない。
    にこにこしているから、かわいくなる。

    かわいい人になるための最重要ポイントは何か。
    髪型・メイク・ファッションも大切ですが、もっと大切なことがあります。
    表情なのです。

  5. かわいい人は、表情が豊か。
    表情が豊かであればあるほど、かわいくなれる。

    かわいい人は「表情が豊か」という特徴があります。
    嬉しいときは、にこにこします。
    頑張るときは、きりりとした表情をします。

  6. かわいい人は、自然体を大切にしている。

    かわいい人は、自然体を大切にしています。
    嘘や駆け引きはしません。
    見栄を張ったり、世間体に振り回されたりもしません。

  7. かわいい人は、肌がきれい。
    美肌は、実年齢より若く見られる。

    かわいくなるための条件の1つ。
    それは「きれいな肌」です。
    かわいい人は、例外なく「美肌」です。

  8. かわいい人は、明るい性格。
    明るい性格になるコツは、ポジティブ思考にある。

    かわいい人は、明るい性格が特徴です。
    いつもにこにこしていて、明るく振る舞っています。
    話をするときも、明るい話題が中心です。

  9. かわいく見えるファッションを身につけよう。

    かわいい女の子になるためには「かわいく見えるファッション」です。
    かわいい人になるためには、かわいく見えるファッションを心がけましょう。
    かわいく見えるファッションをすると、体全身からかわいい雰囲気を醸し出せるようになります。

  10. スカートは、かわいい女の子の定番ファッション。

    かわいい女の子になるための定番ファッション。
    それは、なんと言っても「スカート」です。
    ジーパンも悪くありませんが、かわいさを演出するならスカートが一番です。

  11. 揺れるアクセサリーを身につければ、男性の心も揺り動かせる。

    かわいい女の子になるためには「揺れるアクセサリー」が役立ちます。
     
    たとえば、イヤリング、ネックレス、ブレスレットです。

  12. かわいい人には「ぱっちりした目」がある。

    かわいい雰囲気はどこから出るのでしょうか。
    それは、あなたの目です。
    かわいい人には「ぱっちりした目」という特徴があります。

  13. かわいくなりたいなら、ベストは「薄化粧」「ナチュラルメイク」。

    女性にとってメイクは欠かせません。
    メイクによって、顔の印象が大きく変わります。
    地味な顔立ちでも、メイクをすれば、かわいく見せることが可能になります。

  14. かわいいヘアスタイルの、12の定番。

    かわいい女性になりたいなら、髪型も大切なポイントです。
    心がけたいのは、ずばり「かわいい髪型」です。
    かわいい女性は、かわいい髪型をしているのが特徴です。

  15. かわいい持ち物にこだわってこそ「真のかわいい人」になれる。

    かわいい女性は、かわいい持ち物を持っています。
    持ち物とはいえ、アイデンティティーの一部です。
    持ち物は、持ち主の印象や雰囲気を作ることにつながります。

  16. かわいい人には「好き」という口癖がある。

    かわいい人になりたいなら、ぜひ身につけたい口癖があります。
    「好き」という口癖です。
    シンプルでありきたりな一言ですが、かわいい人になるためには欠かせない口癖です。

  17. かわいい人には「かわいい」という口癖がある。

    かわいい人になるために、身につけておきたい口癖があります。
    「かわいい」です。
    言われるのではなく、自分から積極的に言っていくことが大切です。

  18. かわいい人だから、かわいい言葉を使うのではない。
    かわいい言葉を使うから、かわいい人になる。

    かわいい人になるために大切なのは「言葉遣い」です。
    言葉遣いは、その人の印象や雰囲気を決定づけるポイントの1つです。
    言葉遣いを変えると、外見は同じでも、雰囲気が変わります。

  19. かわいい女性は、褒め上手。
    褒めているあなたは、必ずかわいい。

    かわいい女性は「褒め上手」です。
    いつも心にアンテナを張っていて、細かいところまで注意を向けています。
    相手が何か素晴らしいことをしたら「すごいね」と褒めます。

  20. かわいい人は、ストレートに否定しない。
    ポジティブな言葉を使って否定する。

    かわいさを作るためには、否定の言い方に注意しましょう。
    否定するのが悪いわけではなく、あくまで「言い方」がポイントです。
    何かを否定したいとき、あなたはどんな言い方をしますか。

  21. 悪口を言う人に、かわいい人はいない。

    かわいい人になりたいなら、悪口は禁句です。
    悪口を言っていませんか。
    最後に悪口を言ったのはいつですか。

  22. 素直な人は、かわいい人。

    かわいい人になるための大切なポイントの1つが「素直」です。
    かわいい人になりたいなら、反抗的な態度に注意しましょう。
    嘘をついていませんか。

  23. かわいいしぐさを制する者こそ、かわいい女性になれる。

    かわいい女性には、かわいいしぐさがあります。
    物を受け取るとき、片手ではなく、両手で受け取ります。
    グラスを持つときは、片手で持つのではなく、両手で持ちます。

  24. 1つも隙を見せないより、少し隙を見せたほうが、かわいい雰囲気が出る。

    かわいい人になるために大切なのは「隙」です。
    「堅物」と呼ばれるような隙のない女性には、緊張感が漂っています。
    堅苦しい言葉遣い。

  25. 何でも1人でこなす人がかわいいのではない。
    上手に甘えて頼れる人がかわいい。

    かわいい人は、甘え上手です。
    最初は自分なりに頑張って努力しますが、無理はしようとしません。
    「自分では難しい」「1人でするのは厳しい」と思ったら、素直に助けを求めます。

  26. かわいい人は、くよくよしない。
    落ち込んでも、気持ちの切り替えが早い。

    かわいい人は、気持ちの切り替えが早い。
    落ち込んでも、くよくよしません。
    つらいことがあろうと、嫌な出来事があろうと、やけになることはありません。

  27. かわいい人は、話し上手より聞き上手。

    かわいい人になるには、話し上手になる必要があるのでしょうか。
    「会話が途切れてはいけない」
    「面白い話ができるようにならないといけない」

  28. るんるん気分は、隠すものではなく、見せるもの。

    あるとき私たちは、るんるん気分になることがあります。
    嬉しいことがあったとき、楽しいことがあったとき、ラッキーなことがあったとき。
    そんなとき私たちは、ぱっと明るい気分になり、心が弾みます。

  29. かわいい人を見て、嫉妬するのではない。
    勉強をさせてもらうのだ。

    かわいい人を見たとき、どう思うか。
    ここが大切なポイントです。
    自分よりかわいい人がいるとき、あなたはどう感じますか。

  30. 小さな幸せに気づき、素直に喜べる人は、幸せな人生が待っている。

    かわいい人になるために、心がけたい習慣があります。
    それは「小さな幸せに気づき、素直に喜ぶ」という習慣です。
    これは心の習慣です。

同じカテゴリーの作品