人生の教科書



自分磨き

真面目な人になる
30の方法

  • 真面目は、
    ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
真面目な人になる30の方法

もくじ

1
★0

真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。

あなたは真面目な性格ですか。 それとも不真面目な性格ですか。 「基本的に怠け者」 「サボり癖がある」 「いつも遊んでばかり」 「誘惑に弱い」 「マナーやルールを守るのが面倒」 「仕事が期限に間に合わないことがある」 「うっかり約束を破って、信用を落とすことが多い」 こうした点に心当たりがあるなら、不真面目の疑いがあると言えます。 気持ちが緩みやすかったり、思うように行動できなかったりなど、不真面目な性格に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 自分に甘くて、自己管理がだらしないと、仕事や人間関係に悪影響が及びます。 不真面目は、ビジネスでもプライベートでも悪影響です。 不真面目が役立つ場面もゼロではありませんが、ほとんどないのが現状です。 不真面目であると、ビジネスでもプライベートでも悪影響が及び、評価が下がってしまいます。 真面目という言葉にネガティブな印象を持つ人もいますが、誤解です。 真面目であることはいいことです。 たとえば、ビジネスです。 ビジネスでは、信用と信頼が土台です。 契約も取引も、真面目な態度があってこそ成立します。 真面目な仕事ぶりがあると、周囲から評価されやすく、人望も厚くなります。 責任感を持って、仕事を最後までやり遂げる姿勢は、必ず重宝されます。 プライベートでも、信頼関係の構築に役立ちます。 相手が真面目であるほうが、信用できるので、秘密や重要な話もしやすくなります。 約束を守ったりマナーを大切にしたりする姿勢があれば、トラブルは減って、人付き合いもスムーズです。 信頼関係が構築されていくにつれて、打ち解けた会話もしやすくなり、ますます仲を深めていけます。 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。 「自分は不真面目」という自覚があるなら、今こそ真面目な人を目指すべきときです。 真面目な人になりましょう。 「不真面目な自分が嫌」と言っているだけでは改善できません。 真面目になるためには、才能は必要ありません。 必要なのは、地道な努力です。 今から心がけても間に合います。 今すぐ真面目になれなくても、少しずつ真面目を心がけていきましょう。 考え方を変える。 習慣を改善する。 態度や言葉遣いを改める。 できることから取り組んでいくことで、だんだん真面目な人になっていけます。 真面目な人になる。

2
★3

真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。

真面目な人になるためには、どうすればいいか。 まず思い浮かぶのは「性格の改善」ではないでしょうか。 「あの人は真面目な性格だね」 「真面目な性格で優秀だね」 「真面目な性格は就職活動で有利」 真面目は「性格」という言葉も一緒に使われることが多い。 そのため、真面目な人になるためには、性格の改善が必要であるように思えます。 ここに誤解があります。 たしかに真面目は、性格に関わる要素です。 実際のところ、真面目に関係する遺伝や先天的な要因も存在します。 たとえば、几帳面な性格です。 現在、几帳面に関する遺伝子の存在が確認されています。 もともと几帳面な性格は、細かい点まで配慮が行き届きやすいため、真面目になりやすい素質があります。 また、神経質に関する遺伝子も確認されています。 生まれつき神経質なら、小さな変化まで気づきやすいため、真面目になりやすい傾向があります。 遺伝に加え、育った環境の影響があれば、ますます真面目になるでしょう。 もちろん性格を改善できればベストですが、実際はなかなか難しい。 幼少から続いている性質を変えるのは容易ではありません。 性格を変えることは不可能ではありませんが、時間がかかるのが難点です。 先天的な要素も関係しているなら、ますます改善しにくいように思えますが、心配は無用です。 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではありません。 習慣の改善です。 考え方や行動パターンを変えるだけでいいのです。 生活の中で繰り返し行う行動パターンを少し変えるだけです。 性格を変えなくても、習慣を変えるだけなら難しくないでしょう。 習慣を変えるだけなら、時間も才能も必要ありません。 ほんの少しの心がけで実現できます。 たとえば、メモを取る習慣です。 今までメモを取る習慣がないなら、これからメモを取る習慣を心がけましょう。 会話の中で覚えるべき重要な話が出たら、すぐメモ帳を取り出し、メモを取ります。 紙のメモ帳でも、携帯電話のアプリのメモ帳でもかまいません。 メモを取る習慣を心がけるだけで、ど忘れを防げるだけでなく、きちんと記録に残せるため、真面目な人になれます。 また、最善を尽くす習慣も大切です。 今まで手抜きや中途半端で仕事を終わらせていたなら、これからは最善を尽くす習慣を心がけます。 できるかぎりの方法で、自分のすべてを発揮できるようにします。 最善を尽くす習慣があると、上司やお客様に満足してもらえる結果を発揮しやすくなります。 たとえ結果が出なくても、自分なりに納得できるので、後悔を減らせます。 性格を変えるのではありません。 習慣を変えるのです。 習慣を改善することで、結果として、真面目になることが可能です。 習慣を変えると、自分の価値観に変化が現れ、だんだん性格も変わっていきます。 日々の考え方や行動パターンを変えることで、自分の性質にも変化が現れてきます。 つまり、習慣を変えていくことで、だんだん性格も変わってくるのです。 真面目な性格でなくても大丈夫。 不真面目であっても希望があります。 改善すべきは、性格ではなく、習慣なのです。 性格ではなく、習慣を改善する。

3
★1

真面目で得をする7つのポイント。

真面目は、長所か短所か。 そう聞かれれば、明らかに長所です。 短期的に見れば、損になるような短所もいくつかありますが、総合的には確実に長所です。 真面目は、素晴らしい強みです。 勉強でも仕事でも人間関係でも、真面目であることはプラスの効果を発揮します。 真面目だからこそ得することが数多くあります。 真面目で得をするポイントは、次の7つです。 (真面目で得するポイント1)成長や上達が早い 真面目な人は「真剣」「一生懸命」という特徴があります。 こつこつした地道な努力も得意です。 知識も技術もどんどん身につけていきます。 休憩をすることはあっても、サボることはありません。 怠け心を振り払い、誘惑を断ち切り、目標に向かってまっすぐ突き進みます。 ここ一番では集中力も発揮します。 そのため勉強でも仕事でも、成長や上達が早くなります。 (真面目で得するポイント2)責任感が強く、信用されやすい 真面目な人は、責任感があるため、嘘や言い訳をしません。 オブラートに包むことはあっても、隠したりごまかしたりすることはありません。 たとえ自分が不利になることでも、責任を第一に考え、正直に報告します。 そのため、上司や先輩から厚い信頼を得ることができます。 信頼されると、困ったことがあったとき、上司や先輩から快く協力が得られます。 (真面目で得するポイント3)結果を出しやすく、昇進・昇級をしやすい 真面目な姿勢があると、仕事で結果を出しやすいため、実績が積み重なります。 たとえなかなか結果が出なくても、真面目な姿勢があると、成長を期待できるので評価を得やすくなります。 周りから熱心な仕事ぶりを認められ、昇進や昇給をしやすくなります。 (真面目で得するポイント4)浮気をしにくい 真面目な人は、マナーやルールを大切にします。 また倫理観や道徳観念にも優れていて、善悪の区別がしっかりしています。 恋愛や交際では、裏切るような行為をしません。 自己管理・自己コントロールにも優れているため、理性や自制心を保つことが得意です。 たとえ甘い誘惑があっても、強い心で断ち切れます。 (真面目で得するポイント5)目標を達成しやすい 真面目な人は「これだ」と決めたら、目標の達成に向けて地道な努力ができます。 なかなかうまくいかなくても、簡単には諦めません。 ほかに方法や解決策がないか試行錯誤を繰り返します。 どうしても1人で解決できそうになければ、見栄やプライドを捨て、人に助けを求めます。 結果として、目標を達成しやすくなります。 (真面目で得するポイント6)ミスや失敗をしても、許してもらいやすい 普段から真面目な仕事ぶりがあると、ミスや失敗があっても、寛大に許してもらいやすくなります。 「たまにはミスすることもあるだろう」「次から注意してね」という程度です。 厳しく叱らなくても、真面目に反省しているのが分かるので、小さな注意で済まされます。 (真面目で得するポイント7)大切な場面で迷わない 真面目な人の生き方は、いつもまっすぐです。 心は純粋で正直。 考え方は、いつもシンプル。 仕事は、常に真剣で一生懸命。 選択や判断は、マナーやルールを尊重。 迷ったときは、良心に従って決断します。 「当たり前を当たり前にする」という基本が分かっているため、大切な場面でも迷いません。 真面目で得するポイントを理解する。

4
★0

真面目で損をする7つのポイント。

真面目は、得することばかりではありません。 基本的に真面目は強み・長所ですが、残念ながら、損することもいくつか存在します。 真面目も、見方や受け止め方によっては、短所になる場合があります。 真面目で損をするポイントは、次の7つが代表的です。 (真面目で損するポイント1)仕事を押し付けられる 仕事は丁寧で責任感も強いため「この人に任せれば大丈夫」という安心感があります。 そのため、周りからこまごました仕事を押し付けられやすくなります。 (真面目で損するポイント2)人からいいように使われる 真面目な人は、断りにくい性格でもあります。 本当はやりたくない仕事でも、正義感と責任感が強いため、うまく断れずに引き受けてしまいます。 正しい心は持っていますが、その正義感と責任感につけ込まれ、人から言いように使われやすい傾向があります。 (真面目で損するポイント3)融通が利かない 真面目な人は、マナーやルールなどの形式を重んじます。 特に法律に関しては絶対です。 常に理性的・論理的で、自分の感情よりマナーやルールを大事にします。 形式を優先させるため、なかなか融通が利かず、臨機応変な対応が不十分になることがあります。 (真面目で損するポイント4)仕事や悩み事を抱え込みやすい 真面目だからこそ、自分に与えられた仕事は、まず自分で取り組もうとします。 もちろんすぐ人に頼らず、自分が取り組むのはいいのですが、少し過度になることがあります。 「すぐ人を頼るのはよくない」「自分が果たさなければいけない」と考えるため、なかなか人に助けを求めません。 助けを求めるとしても遅くなるため、仕事や悩み事を抱え込みやすい状況が発生しやすくなります。 (真面目で損するポイント5)疲れやストレスをためやすい 仕事を優先させる一方、ストレス対策を軽視しがちです。 息抜きや気分転換をまったくしない、もしくは後回しにしがちです。 結果を出すことはできる一方、どんどん疲れやストレスがたまっていく弊害があります。 (真面目で損するポイント6)ノリが悪く、冗談が通じない 真面目な人は、仕事は得意でも、遊びは不得意。 いつも真剣で一生懸命である一方、遊び心が足りない傾向があります。 羽目を外しすぎてはいけないと考えているため、ノリが悪い状況が目立ちます。 冗談を言っても、とっさにうまい返事を返せず、きょとんとすることがあります。 「つまらない人」「面白くない人」と言ったレッテルを貼られることがあります。 (真面目で損するポイント7)暗い印象・堅い雰囲気が出やすい 真面目な人は、自分から積極的にジョークやユーモアを言おうとしません。 真剣で一生懸命な表情はりりしい一方、見方によっては暗い印象になりがちです。 人から話しかけにくい雰囲気も漂い、人間関係から孤立することがあります。 真面目で損をするポイントを理解する。

5
★3

真面目な性格は、損をするのか。

時折ちまたで、真面目の悪い噂を聞くことがあります。 「真面目な性格は損」という言葉です。 真面目に生きていると、たしかに少し損をする場面もあります。 ・仕事を押し付けられる ・人からいいように使われる ・仕事や悩み事を抱え込みやすい ・疲れやストレスをためやすい ・恋のチャンスを逃しやすい 思考の柔軟性に乏しく、遊び心が欠けているところもあるでしょう。 真面目によって損をする場面があるのも事実。 真面目で損をすると知れば「真面目はよくない。不真面目のほうがいい」と思う人もいるのではないでしょうか。 しかし「真面目な性格は損」という言葉に誤解があります。 正確に言えば「真面目な性格は損」ではなく「真面目すぎる性格は損」と言ったほうが適切です。 「真面目な性格」と「真面目すぎる性格」を分けて考えてください。 真面目すぎるのはNGですが、真面目はOKです。 真面目の短所に惑わされてはいけません。 損に感じるのは、あくまで短期的・部分的に見ているからです。 真面目の結果を、長期的・全体的に見ると、必ず得やプラスのほうが大きくなります。 真面目には、多くの得があります。 ・成長や上達が早い ・責任感が強く、信用されやすい ・昇進・昇級しやすい ・浮気をしにくい ・目標を達成しやすい 「真面目な性格は損」という噂に惑わされないよう注意してください。 不真面目が生かされる場面もありますが、総合的に評価されるのは、やはり真面目です。 嘘や手抜きが多いと、一時的にごまかせても、必ず後から不快な経験をします。 周りが「不真面目に生きよう」「真面目なんてつまらない」と言われようと、やはり真面目は素晴らしい姿勢です。 世の中を見てください。 名俳優も金メダリストも一流経営者も「真面目」が共通です。 真面目にこつこつ努力するから、実績が積み重なり、成功できています。 真面目なくして、優れた結果も大きな仕事も達成できません。 不真面目で活躍している人がいたとしても、実際のところ「根は真面目」という人がほとんどです。 真面目に不真面目なふりをしているだけであって、実際に仕事をするときは、真剣で一生懸命です。 真面目を恐れないでください。 真面目すぎさえ注意すれば、真面目は強力な武器になるのです。 「真面目な性格は損」という噂に惑わされない。

6
★1

真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。

真面目になるために一番大切なのは何でしょうか。 マナーや清潔感を身につけることでしょうか。 態度や言葉遣いを整えることでしょうか。 やる気や集中力を高めることでしょうか。 もちろんどれも大切ですが、一番大切なことはもっと基本的なことです。 それは「きちんとしたい」という気持ちです。 なかなか真面目になれない人は、真面目に対して悪い印象を持っています。 仕事のストレス。 努力や苦労をしなければいけない義務感。 約束や期限を守らなければいけない責任感。 正しい行いを貫こうとする正義感。 目標達成のプレッシャー。 数多くの束縛と制限。 ネガティブなイメージから始まれば、誰でもおっくうになって当然です。 精神的な苦痛があると分かれば、気分も暗くなってしまうでしょう。 「真面目なんて嫌だ。真面目になりたくない」と思う人が大半なのも無理はありません。 そこで大切なのは「きちんとしたい」という気持ちです。 真面目を心がける前提として、まず「きちんとしたい」という気持ちに集中してみてください。 そして、真面目にきちんと行動したとき、結果の一部を見るのではなく、全体の様子を見てください。 きちんとして、誰が喜ぶか。 それは自分なのです。 きちんとすることは、仕事を丁寧に行うだけでなく、自分を喜ばせる行為でもあります。 約束を守る。 正直に話す。 仕事を果たす。 慎重に考える。 マナーやルールに従う。 正しい行いを行うことは快感です。 きちんとできれば「よし、できた!」と嬉しくなります。 時には苦痛やストレスを伴うことがありますが、きちんと行動した後には、納得感が得られます。 そして、達成感・充実感・満足感といった快感が待っています。 行動に乱れがなく、整っている様子は美しい。 社会のマナーやルールに従った態度は素晴らしい。 人として正しい道を歩んでいる生き方は輝かしい。 結局のところ、自分が嬉しいのです。 掃除をした後のような快感があります。 掃除は大変ですが、仕事の後は、すっきりした快感を味わえます。 真面目も同じです。 真面目な行動は大変ですが、真面目な行動の後には、すっきりした快感を味わえます。 「きちんとするのは気持ちのいいことだ!」 きちんとすることは、自分・他人・社会にとってポジティブです。 きちんとしたい気持ちを大切にすれば、真面目の印象も明るくなります。 真面目に行動したい気持ちも自然と湧いてくるでしょう。 また、きちんとすることには、プラスの効果もあります。 「成長や上達が早い」「信用されやすい」「結果を出しやすい」などのメリットがあります。 仕事のやる気や集中力も「きちんとしたい」という気持ちさえあれば、自然と出やすくなります。 ぜひ、きちんとしたいという気持ちを大切にしてください。 きちんとしたい気持ちを大切にすれば、真面目になりたい気持ちも湧いてきます。 自然と態度や行いがスマートになっているのです。 「きちんとしたい」という気持ちを大切にする。

7
★0

喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。

「なかなか真面目になれない」 そんなときは、自分が真面目を心がけることで喜んでくれる人をイメージしてみましょう。 真面目は、真剣で誠実というだけでなく、誰かを喜ばせる習慣でもあります。 あなたが真面目になることで、誰が、どう喜ぶでしょうか。 もちろん完全に自己完結の仕事もあるかもしれませんが、大半の仕事は人に関係しているはずです。 自分が真面目になることで、喜ぶ人をイメージすれば、自然と真面目に行動したい気持ちが湧いてきます。 たとえば、仕事です。 与えられた仕事は、お客さんから期待されている仕事です。 ミスも遅滞もなく、きちんと果たすことで、喜んでいるお客さんをイメージします。 「ありがとう!」 「本当に助かります!」 「素晴らしい出来栄えですね!」 笑顔で喜んでいるお客さんをイメージできれば、真面目に仕事をしたい気持ちになるでしょう。 早く働きたくて、体がうずうずしてくるはずです。 「お客さんの笑顔のため」という気持ちは、健全なモチベーション。 手抜きをせず、丁寧に仕事をしたくなります。 怠けたい気持ちがあっても、喜んでくれる人をイメージできれば、気合を入れて頑張ろうと思うでしょう。 なかなかうまくいかなくても、根気と集中力を発揮して、何とかやり遂げたくなるはずです。 友達と待ち合わせの約束をするとします。 あなたが、遅刻することなく約束の待ち合わせ場所に到着することで、友達はどんな笑顔で喜んでくれるでしょうか。 時間どおりに到着することで、友達を安心させることができるでしょう。 「来るのが早いね!」 「久しぶりだね!」 「会いたかったよ!」 喜んでいる様子が思い浮かべば、怠けず忘れず、約束の時間を守りたくなるでしょう。 やる気が出なくて体がだるく感じても、気持ちを引き締めて動きたくなるはずです。 勉強をする場面があるとします。 真面目に勉強をすれば、学力が上がるだけではありません。 試験で好成績を残せば、親や先生から褒められるでしょう。 「高得点だね!」 「よく頑張ったね!」 「努力家だね!」 親や先生が喜んでいる様子が目に浮かべば、自然と真面目に勉強をしたくなるはずです。 なかなか解けない問題があっても、簡単に諦めず、頑張ろうと思えるはずです。 自分が真面目になることで、喜ぶ人をイメージできれば、サボりたくてもサボりにくくなる。 だらだらした気持ちが引き締まり、重い体も軽くなるでしょう。 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちをかき立てることができるのです。 あなたの心には、やる気を生み出すエンジンが存在します。 喜んでくれる人をイメージすると、やる気のエンジンが動き出し、怠け心を吹き飛ばしてくれるのです。 喜んでくれる人をイメージして、真面目な気持ちをかき立てる。

8
★1

「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。

真面目な人になるための基本が、2つあります。 「真剣」と「一生懸命」です。 一方では不十分であり、両方とも心がけることが大切です。 真面目な人は、どんなときも真剣で一生懸命。 どちらも聞き慣れた言葉ですが、真面目な人になるためには欠かせないポイントです。 ●真剣 真面目な人は、仕事をするとき、真剣です。 いつも気持ちはまっすぐで、甘えたりふざけたり侮ったりしません。 嘘・言い訳・ごまかしもありません。 無駄にサボったり余計な手抜きをしたりしません。 休憩をすることはあっても、必要以上の休憩は控えます。 任せられた仕事は、よりよい結果を出すため真剣になって、最善を尽くします。 人付き合いも、真剣です。 冗談を言うことはあっても、言いすぎることはありません。 あくまで場を和ます程度であり、できるだけ相手を明るく楽しくする冗談を言います。 もし迷惑をかけてしまったら、素直に認め、真剣に謝罪します。 恋愛をするときも、真剣です。 好意を伝えるために、自分ができることを考えます。 喜んでもらうために、相手の気持ちを考えながらアプローチします。 心地よい関係を作るために、態度や言葉遣いに注意して、最善を心がけます。 真面目な人は、いつも真剣勝負。 常に真剣な対応を心がけます。 ●一生懸命 真面目な人は、勉強をするとき、一生懸命です。 余計な冗談も言わず、やるべきことに集中します。 最高の成績を出すため、熱意と集中力を大切にして取り組みます。 常に全力を心がけ、後悔がないよう、最善を尽くそうとします。 遊ぶときも、一生懸命です。 好きなことを心から楽しみ、充実感と満足感で心を満たします。 遊ぶときにはしっかり遊び、上手にストレスを発散させていきます。 そして、人生に対しても一生懸命です。 人生は、すべて本番と考え、何事も最善を尽くそうとします。 怠けた生き方や流された生き方は避け、後悔しない生き方をするために一生懸命です。 § 真剣も一生懸命も、知識や技術は関係ありません。 心が大切です。 気持ちを引き締めて、熱い心を持ってください。 真剣・一生懸命と聞けば、大変で堅苦しい印象を持つかもしれませんが、特別なことではありません。 そもそも真剣と一生懸命は、よりよい人生を送るための基本です。 真剣と一生懸命を心がければ、仕事でも人生でも結果を出しやすくなります。 真剣と一生懸命を心がければ、自然と真面目な雰囲気が出てきます。 真剣と一生懸命は、真面目な人に欠かせないポイントなのです。 真剣と一生懸命を心がける。

9
★0

真面目な人は、責任感が強い。
責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。

責任感とは何か。 責任感とは、自分の仕事や行為について、きちんと果たそうとする気持ちのことをいいます。 責任感と聞けば「堅苦しい」「重い」「苦しい」といった印象があり、ストレスやプレッシャーを感じる人も多いでしょう。 たしかに責任を感じて喜ぶ人はいません。 責任を果たすには、努力・忍耐・鍛錬が必要です。 「できるだけ責任を負いたくない」 「逃げられるものなら逃げたい」 「無責任のほうが楽」 そう思うのが正直なところではないでしょうか。 しかし、真面目な人になるために、責任感は必要不可欠な要素です。 自分の仕事は、責任感を持って果たすことが大切です。 仕事の一つ一つは、お金や信用に関わること。 一度引き受けた仕事を途中で無責任に投げ出すのは、不真面目と思われても仕方ありません。 責任感が足りないと、批判の的になる可能性もあります。 上司やお客様から依頼された仕事なら、期待に応えていくことが大切です。 期待に応えると、次の仕事も依頼されるようになります。 責任感は、仕事の質にも関わるポイントです。 責任感を持って仕事をしたほうが、気持ちが引き締まる分だけ、気合も集中力も発揮しやすくなります。 ストレスはありますが、モチベーションが高まって、よりよい結果を出しやすくなります。 責任感があると、表情もよくなります。 「失敗を避けよう」「必ず成功させる」という気持ちは、自然と顔に出ます。 自然と真剣な顔つきになり、きりりとした雰囲気が出ます。 責任感は、ビジネスにかぎらずプライベートでも、大切にしたい。 たとえば、家事です。 炊事・掃除・洗濯などの家事も、1つの仕事です。 自分のためであれ、パートナーのためであれ、家事も責任感を大切にしながら果たしていくことが大切です。 真面目な人は、責任感が強い。 責任感があるからこそ、よりよい仕事ができるのです。 ●責任感が足りないときは、お金をイメージする もし自分に責任感が足りないと感じるなら、お金をイメージしてみてください。 どんな小さな仕事でも、お金が関係しています。 仕事を振り返ってみると、ほとんどの仕事はお金が関係しているはずです。 1円でもお金が関係しているなら、責任があります。 たとえ小さな家事であっても「仕事をするための土台」として考えれば、お金をイメージしやすくなるはずです。 仕事とお金がリンクしているイメージができれば、自然と「中途半端ではいけない」という気持ちが湧いてくるはずです。 責任感を大切にしながら仕事をする。

10
★1

いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
まず1パーセントの真面目から始めよう。

もともと不真面目な人が、いきなり真面目を心がけるのは大変です。 すぐ心が入れ替わればいいですが、実際はなかなか難しいでしょう。 100パーセント不真面目な人が、急に100パーセント真面目になるのは、現実的に無理があります。 真面目は、心と性格が関係しています。 心と性格は、短期間で簡単に変わるものではありません。 一晩で心と性格をすべて変えることができるなら、誰も苦労しません。 考え方や行動習慣が関係しているため、改善に時間がかかります。 だらしない態度や言葉遣いを、いきなり真面目に変えるのは厳しい。 もともと不真面目な人が真面目になるのは、もはや「生まれ変わる」と言っても差し支えないレベルです。 いきなり100パーセントの真面目を目指そうとすると、挫折がほぼ確定です。 数日間は続けることができても、違和感によるストレスで、すぐギブアップするでしょう。 いきなり100パーセントの真面目を目指すのがいけないのです。 最初は1パーセントの真面目から始めましょう。 いきなり100パーセントの真面目は難しくても、1パーセントの真面目なら実現できるでしょう。 1パーセントだけ態度を変える。 1パーセントだけ言葉遣いを変える。 1パーセントだけ身だしなみを変える。 小さな取り組みですが、立派な前進です。 どれだけやんちゃで不真面目な人でも、1パーセントの真面目ならできるはずです。 1パーセントが慣れたら、次は3パーセントに挑戦。 3パーセントが慣れたら、次は5パーセントに挑戦。 5パーセントが慣れたら、次は10パーセントに挑戦です。 少しずつ比率を上げていけば、挫折を防ぎながら自分を変えていけます。 時間はかかりますが、少しずつ進めていけるので、挫折を防ぎ、無理なく実現できるでしょう。 性格改善に制限時間があるわけではありません。 時間をかけて少しずつ自分を変えていけばいいのです。 真面目の割合が50パーセントを超えるようになれば、かなり進歩したと考えていいでしょう。 真面目の割合が60パーセントを超えるようになれば、合格ラインです。 真面目の割合が70パーセントになれば、十分です。 70パーセントを超えると、今度は真面目すぎる状態になるので注意が必要です。 人間には、ある程度の遊び心も必要です。 最も低いレベルから始めて、こつこつ取り組むのが、成功のコツです。 きちんと段階を経ていけば、実は難しくありません。 まず1パーセントの真面目から始めましょう。 性格改善の第一歩です。 いきなり100パーセントの真面目を目指すのではなく、まず1パーセントの真面目から始める。

11
★1

約束を守ることは、真面目な人になる基本。

真面目な人になるための基本の1つ。 それは、約束を守ることです。 約束を守らないのは、不真面目な姿勢です。 約束は、種類や内容にかかわらず、人との信頼関係に影響するポイント。 どんな約束でも軽視せず、きちんと守ることが、真面目になるために大切です。 約束することは、自分の発言に責任を持つことでもあります。 「分かりました」と言った瞬間、義務と責任が発生します。 たとえ口約束のような書面によらない約束であっても、誠意を持って守ることが大切です。 たとえば、仕事の納期です。 与えられた仕事は、期限までに仕上げます。 期限を守れるように仕事の進め方や取り組み方を調整します。 どうしても間に合いそうになければ、分かった時点で早めに連絡したほうがいいでしょう。 直前より早めに連絡したほうが、誠意があります。 謝った上で、中止や期限の延長など相談するといいでしょう。 また、人との待ち合わせも大切です。 指定時間に遅刻をせず、到着するようにします。 「少しくらい遅れてもいいか」「きっと許してくれるだろう」と安易に考えるのはよくありません。 1分でも遅れると、遅刻です。 1分の遅刻でも、信用を損ねる悪影響があります。 ささいな場面だからこそ、きちんと約束を守りたい。 交通機関の遅れも考慮しておきたい。 できれば10分前や15分前など、余裕を持って到着するようにするのがいいでしょう。 ●小さな約束でもおろそかにしない 特に注意したいのは、小さな約束です。 大きな約束なら守る人でも、小さな約束になると、一転しておろそかになる人がいます。 「約束を破っても、別に許してくれるだろう」 「ささいなことだから守らなくてもいいよね」 約束を破ったとき、相手は「気にしないで」と言うかもしれませんが、本音とは限りません。 表向きは許してくれても、約束を破った事実は変わりません。 相手は心の奥でがっかりしているかもしれません。 トラブルはなくても、信頼を少し損ねてしまうことにつながることがあります。 小さな約束であっても、尊重して、きちんと守るようにしましょう。 ●覚える自信がなければ、きちんとメモを取る 約束の内容によっては、覚えにくいこともあるかもしれません。 そうしたときは、謙虚にメモを取りましょう。 一度メモとして残せば、ど忘れを防ぎやすくなります。 また、メモを取る行為を通して「守らなければいけない」という意識を高める効果もあります。 「メモを取るだけで、約束を守りやすくなる」と言っても過言ではありません。 ●守れるか不安なら、最初から約束しない 守れるかどうか分からない約束なら、最初から断っておくのが得策です。 「守れる自信がないので約束はできない」 信用を落としそうに思えますが、誤解です。 もしくは、最初に「確約できません」と断っておくのもいいでしょう。 正直に伝えたほうが、誠意が感じられるため、信用を高めることに貢献するはずです。 きちんと約束を守る。

12
★2

真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。

真面目な人になるために必要な習慣があります。 それは「最善を尽くす習慣」です。 もちろん手抜きや中途半端のすべてが悪いわけではありません。 たとえば、すでに目標やノルマを達成していることなら、手抜きをするのも分かります。 完璧を目指すと終わりがありません。 すでに合格ラインをクリアしているなら、無理をしないことも大切です。 また、仕方ない事情があって、中途半端になることもあるでしょう。 事故・体調不良・トラブルなど、仕事では思いどおりにいかないことがあるのはよくあること。 手抜きや中途半端が認められる状況があるのも事実です。 しかし、意味も理由もなく、最初から手抜きをするのはよくありません。 最初から手抜きをするのは、真面目ではなく、不真面目です。 手抜きをすると、ミスや失敗を犯しやすくなり、仕事の質が低下します。 仕事の質が悪くなれば、お客さんは不満を持ち、あなたの評価も落ちてしまいます。 仕事をやり直ししなければいけなくなり、二度手間が発生することもあります。 また、仕事の結果が中途半端では、余計な後悔を生む機会が増えます。 「あのとき、もっと頑張っておけばよかった」 「過去に戻って、やり直したい」 「手抜きをした自分が悔しい」 あれこれ思い出してはくよくよして、過去を悔やむことになるでしょう。 過ぎたことを悔やんだところで、終わってからではどうしようもありません。 「少しくらい手抜きをしてもいいよね」 邪念が湧いたときが、運命の分かれ道。 怠け心が出てきても、きちんと振り払い、最善を尽くしましょう。 無理をする必要はありませんが、最善を尽くすことは大切です。 「もう一歩!」 「もう一晩!」 「もう一踏ん張り!」 力強い言葉を自分に言い聞かせ、限界ぎりぎりまで最善を尽くすことが大切です。 たとえ最高の結果は得られなくても、最善を尽くせば、気持ちがすっきりします。 最善を尽くす習慣は、後悔を減らします。 最善を尽くして結果が出なくても「できることはすべてやった」と納得できれば、余計な後悔に苦しまなくて済みます。 いきなり最善を尽くす習慣が難しいなら、少しずつ心がけていくといいでしょう。 新しい習慣を身につけるには、最低でも3週間は必要と言われています。 長く感じますが、無理のない範囲から少しずつ心がければ、あっという間です。 最善を尽くす習慣は、ビジネスだけでなく、プライベートでも心がけたい。 ばかにされようと真面目と言われようと、最善を尽くすことは素晴らしい習慣です。 一度しかない人生を悔いなく生きるために、最善を尽くす習慣を心がけましょう。 油断や手抜きには注意して、常にベストを心がける。

13
★0

計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。

真面目な人になるための習慣の1つ。 それは、計画と準備に時間をかけてから行動する習慣です。 計画も準備も、両方が大切です。 「計画なんて立てるだけ無駄」 「準備をする暇があれば、今すぐ行動したい」 「計画も準備も面倒だ!」 たしかにすぐ行動することが悪いとは限りません。 計画を立てたり準備を整えたりする手間暇を省けば、行動力は身につくでしょう。 思いついた瞬間に行動できれば、最短で実現できる可能性もあります。 特に、チャンスに関係する場面なら、スピードが重要です。 チャンスは、流れ星のようなもの。 あるとき急に現れ、次の瞬間にはなくなります。 いちいち計画も準備もしていられません。 計画や準備ができていなくても、行動したほうがいい場面があるのもたしかです。 しかし、そうした例外を除けば、基本的に無計画な取り組み方はおすすめできません。 計画を立てないで行動すると、ミスや失敗を招きやすくなります。 真面目な人になりたいなら、計画も準備も必要な習慣です。 きちんと計画を立てましょう。 計画の程度は、仕事のレベルに応じて調整するといいでしょう。 完璧な計画は必要ありませんが、仕事に必要な最低限の計画は立てておきたい。 概要だけでも計画を立てておけば、スムーズで効率よく進めることができます。 できれば、トラブルや想定外も考慮しておくといいでしょう。 すべてがスムーズに進むとは限りません。 難しい仕事であればあるほど、トラブルや想定外がつきもの。 事前にトラブルや想定外も考慮した計画を立てておけば、万一が起こっても、冷静に対処できます。 また、準備も整えておきましょう。 完璧に準備を整えるのは難しいかもしれませんが、都合がつくかぎり、できるだけ準備を整えておきます。 仕事に必要な準備だけでなく、万一に備えた準備も整えておきたい。 万一に備えた準備ができていれば、事が起こってもスムーズに対処できます。 準備を整えるから、スムーズに作業を進めることができます。 たとえ準備の出番がなかったとしても、行為は無駄になりません。 見ている人は、きちんと見てくれています。 少なくとも真面目な行為であり、真剣に人生を生きたことになります。 計画も準備も、無駄な取り組みではありません。 ミスや失敗を減らし、効果や効率を高める働きがあります。 仕事の成功率や完成度に関わる重要な要素です。 あなたが今、取り組もうとしている仕事は何ですか。 その仕事の計画と準備は、きちんとできていますか。 もし忘れているなら、今からでもまだ間に合います。 計画と準備に時間をかけることが、真面目な人になる条件です。 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいくのです。 計画と準備に時間をかけてから行動する。

14
★2

安易な決断はしない。
よく考えてから、決断する。

真面目になるには、よく考えてから決断する習慣が大切です。 もちろん即座に決断することも、時には必要です。 たとえば、失敗してもダメージが小さい場面です。 金額が小さな買い物であったり、何度でもやり直しができたりすることなら、気軽に決断することもいいでしょう。 もしミスや失敗をしても、ダメージが小さいなら、スピード重視も悪くありません。 また、直感を大切にしたい場面もあるでしょう。 レストランでメニューを選ぶときには、勘やひらめきで選ぶのも悪くありません。 思考に頼らない、感覚的な選び方も面白い。 あえて難しいことは考えず、その場の素直な気持ちを大切にします。 第六感を頼りにした選び方をすれば、ユニークな出会いが待っているでしょう。 そして、新鮮な刺激が得られるに違いありません。 こうした例外があるのも事実ですが、インパクトの大きいこととなると、話は変わります。 判断を誤ったときのダメージが大きいことなら、安易な決断はよくありません。 やはり前もってよく考えることが必要です。 たとえば、重要な契約、大きな買い物、人生に関わる選択などです。 後からやり直しができる場合もありますが、取り返しが不可能なこともあります。 普段から衝動買いによる無駄遣いが目立つなら、安易な決断をしている可能性が高いと考えていいでしょう。 普段、周りから「もう少しよく考えて!」と注意されることが多いなら、安易な決断が多いのかもしれません。 よく考えてから決断する習慣を身につけましょう。 重要なことなら、たっぷり時間をかけ、十二分に考えてから決断します。 少し時間はかかりますが、正しい決断をするために必要な時間です。 無意味ではなく、有意義な時間です。 急がず、焦らず、諦めないこと。 大きな心でどっしり構え、ゆったり考えるのがいいでしょう。 分からないところがあれば、きちんと調べて、不明点を解消させます。 「本当にこれでいいだろうか」 「ほかに可能性はないだろうか」 「見落としていることはないだろうか」 自問自答と試行錯誤を何度も繰り返します。 考える時間をかけたほうが、正しい決断をしやすくなり、二度手間を減らせます。 じっくり時間をかけた決断なら、もし失敗をしても「できるだけのことを考えた」と納得できます。 失敗をしても、後悔は減らせます。 特にせっかちな人は要注意です。 スピード重視の傾向があるため、落とし穴を見落としやすくなります。 「何とかなるだろう」というポジティブ思考も大切ですが、取り返しのつかない状況も存在します。 どんなときでも、慎重に考える余裕を持ちたい。 一度立ち止まって考えることも、時には必要です。 よく考えてから決断する習慣を身につける。

15
★1

すぐ人を頼らない。
まず自分なりに努力してみる。

難しい仕事を依頼されたとき、どう対応するか。 真面目な人とそうでない人の差は、ここに表れます。 難しそうな仕事なら、すぐ人に頼る人もいるかもしれません。 疑問や不明点があっても、先輩に質問すれば、丁寧に教えてくれるでしょう。 方法が分からなくても、上司に聞けば、スマートな方法を教えてくれるでしょう。 量の多い仕事でも、同僚に手伝ってもらえれば、早く終わるでしょう。 人の協力が得られれば、難しい仕事もスムーズに進み、早く完了します。 自分ではできそうにない仕事なら、すぐ人に頼る人もいるのではないでしょうか。 もちろん人を頼るのはいいのです。 仕事の進行が停滞すると、時間ばかりが過ぎていきます。 自分だけでできないなら、人の力を借りるのは、恥でも罪でもありません。 自分一人では対処が難しい仕事なら、素直に人を頼るのが得策です。 しかし、ここに注意点があります。 人を頼るのはいいですが、最初から頼るのは避けたほうがいいでしょう。 まだ努力も何もしていない段階から人を頼るのは、真面目とは言えません。 「自分で努力する」というプロセスが省略されています。 あっさり諦めているように見えます。 すぐ人に頼ると「諦めやすい」「仕事の責任感が足りない」と判断され、悪印象につながるかもしれない。 これでは不真面目な人と思われても仕方ないのです。 真面目になりたいなら、まず自分なりに努力しましょう。 疑問や不明点があれば、自分なりに調べる。 方法が分からなくても、自分なりに試行錯誤してみる。 仕事量が多くても、1人でできる方法はないか、知恵を絞ってみる。 たとえ難しそうな仕事でも、まず自分なりに努力してみる姿勢が大切です。 試行錯誤を繰り返し、考え抜く。 全部できそうになければ、できるところまで進めてみる。 努力の過程の中で、知識や技術を身につけたり、論理的思考力が鍛えられたりできます。 難しい仕事を対応するから、自分の成長にとって有効です。 また、難しそうに見える仕事であっても、そう見えるだけかもしれません。 実際に取り組んでみると、意外と簡単に達成できる可能性もあるでしょう。 先入観や固定観念で「難しい」「できるはずがない」と思い込んでいる可能性もあります。 自分なりに努力をして頑張って、それでもできなかったとき、初めて人を頼ります。 そうすれば、上司や先輩は、快く助けてくれるでしょう。 最初から人を頼るのではなく、まず自分なりに努力したい。 自分で努力する人こそ、真面目な人です。 難しそうなことでも、すぐ人を頼らず、まず自分なりに努力してみる。

16
★1

真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。

自分に非があるとき、どうするか。 真面目な人と、そうでない人の差が現れる場面です。 ミスや失敗をしたとき、自分に過失がなければ、事情を説明したくなるでしょう。 もちろん自分にまったく非がないなら、正しい事情なり状況なり、きちんと説明することが大切です。 自分は悪くないにもかかわらず、悪く誤解されるのは不本意でしょう。 誤解があるなら、解く必要があります。 勘違いがあるなら、正しく説明したほうがいいでしょう。 きちんと事情を説明することで、誤解を解けば、余計なトラブルも避けることができるはずです。 しかし、自分に非があるにもかかわらず、言い訳をするのは真面目ではありません。 ぐだぐだ言い訳をするのは、真面目ではなく、不真面目な姿勢です。 言い訳をする姿は「自分は悪くない」と騒ぎ立てている子供と同じ。 真面目な人には、責任感があります。 少しでも自分に非があるなら、きちんと謝りたい。 たとえ1パーセントでも非があるなら、余計な言い訳をせず、素直に謝ることが大切です。 たとえば、交通機関の影響で遅刻をしたときです。 とっさに言い訳をしていませんか。 たしかに交通機関の乱れは、自分が悪いわけではありません。 「悪天候のせい」 「交通渋滞のせい」 「電車が遅延したせい」 何か説明をして、自分を正当化させたくなりますが、ここで言い訳をすると不真面目な印象が出ます。 すべて外部に原因があるわけではないはずです。 ぎりぎりで出発した自分にも非があると言えるでしょう。 もっと早めに出発していれば、間に合ったはずです。 危機管理が不十分だった自分にも非があると言えます。 少しでも自分に非があるなら、素直に謝っておくのがマナーです。 体調不良や交通事故のため、仕事の納期に遅れたとします。 「体調を崩して寝込んでいて遅れました」 「交通事故に遭ったため遅れました」 たしかに仕方ない事情かもしれませんが、やはり言い訳には注意したほうがいい。 体調を崩したなら、体調管理に怠っていた自分にも非があると言えます。 交通事故に遭ったなら、自分の不注意が原因とも言えます。 自分にも非があると認め、余計な言い訳は控え、素直に謝るほうがスマートです。 自分の非を認めるのは、苦しくてつらいですが、真面目になるための登竜門。 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝るのです。 自分に非があれば、余計な言い訳をせず、素直に謝る。

17
★2

真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。

仕事でミスをしてしまい、上司に報告が必要になった。 そんなとき、どう報告するかが大切です。 「叱られるかもしれない」 「恥や汚点をさらしてしまうだろう」 「自分の評価が落ちるだろう」 「うまくごまかせないだろうか」 「何とか責任転嫁できないだろうか」 自分に不利となると分かれば、自己保身の考えが浮かぶでしょう。 ふとモラルに反した考えが浮かび、とっさに隠したりごまかしたりしたくなるかもしれません。 むしろ不安や恐怖を感じるのは、人として当然の反応です。 上司が怖いなら、反射的に逃げたくなるでしょう。 もちろん不安や恐怖を感じるのは悪くありません。 自分の評価が落ちる心配があるなら、何とか回避策を考えたくなるのも普通です。 大切なのは、その後です。 不安や恐怖を感じるのはよくても、ごまかしたり隠したりするのはよくありません。 ごまかしたり隠したりするのは、不真面目な姿勢です。 仕事には、金銭と責任が発生しています。 ミスをごまかしたり隠したりすると、その場はうまくしのげても、表面化しない問題が増えていきます。 トラブルを隠し続けると、水面下でどんどん悪化していきます。 最終的に取り返しのつかないトラブルに発展する可能性もゼロではありません。 隠したりごまかしたりするのは、真面目な姿勢とは言えないのです。 ミスや失敗は、正直に報告するようにしましょう。 ストレスやプレッシャーがあって言いにくいかもしれませんが、大切な場面。 たとえ自分に不利なことでも、隠したりごまかしたりしません。 自己保身や私利私欲を忘れ、正確な情報を伝えます。 人にけなされようと、自分のプライドが傷つこうと、正直に伝えます。 たとえ軽微なミスでも、正直に報告したほうがいいでしょう。 軽微なミスであれ、ミスはミスです。 ダムの決壊も、最初は小さなひび割れから始まります。 自分は小さいと思っていても、相手にとっては大きいと感じるかもしれません。 自分に不利なことでも、正直に報告すれば、誠実さが伝わります。 叱られたり評価が落ちたりしても、信頼関係の低下だけは防げるでしょう。 自分に不利であるにもかかわらず、正直に伝えると、かえって信用を高めることもあります。 仕事は、金銭だけでなく、信用と人間関係で成り立っています。 信用は、得るのに時間がかかっても、失うのは一瞬です。 自分に不利なことでも、正直に報告するのが、真面目な人なのです。 自分に不利なことでも、隠したりごまかしたりせず、正直に報告する。

18
★0

無理をすることが真面目ではない。
無理をしないことが真面目。

真面目を心がけるとき、注意したい落とし穴があります。 それは、無理をしてしまうことです。 真面目になるためには「きちんとしたい」という気持ちが大切です。 もちろん物事をきちんとやり遂げる気持ちは大切ですが、その気持ちが強すぎると、無理をしてしまうことがあります。 「弱音を吐いてはいけない」 「必ずやり遂げなければいけない」 「どんなことがあっても、絶対諦めない」 自分に厳しい言葉を浴びせて、気持ちを奮い立たせます。 ここが注意です。 頑張るのはいいですが、無理をするのはよくありません。 無理なものは無理。 自分の限界を無視して頑張ったところで、よい仕事はできません。 ミスや失敗を招きやすくなり、仕事の質を落としてしまいます。 また無理に頑張っていると、どんどんストレスをため続けてしまいます。 もともとストレスに強い人でも、必ず限界があります。 限界を超えた先に待っているのは、破滅と後悔です。 無理を続けていると、いずれ体調を崩し、過去を悔やむことになるでしょう。 きちんとしようとした結果、かえってトラブルを増やすことになっては意味がないのです。 真面目を心がけつつも、あくまで適度を心がけることが大切です。 真面目になることは、無理をすることではありません。 責任感が強いのは結構ですが、健康があってこそ、仕事ができます。 自分の体力や能力を考えながら、許容範囲を見極めましょう。 自分だけでできない仕事なら、素直に助けを求めます。 意地を張っていても仕方ありません。 複数人で手分けをすれば、仕事量が多くても、早く片付きます。 あらかじめ自分にはできないことがはっきりしているなら、引き受ける前に断ったほうがいいこともあります。 仕事で疲れたら、素直に休憩を入れるほうがいいでしょう。 ストレスを抱えたまま仕事をしても、いい仕事はできません。 集中力や注意力が低下して、ミスや失敗を招きます。 仕事の効率も悪くなって、仕事に悪影響です。 無理をせず、適度に休憩を入れたほうが、いい仕事の結果を発揮できます。 仕事が間に合わないと判明したら、早めに連絡を入れるといいでしょう。 たとえ評価や信用が落ちたとしても、早めに連絡を入れたほうが、誠実です。 真面目を心がけつつも「自分は今、無理をしていないだろうか」という客観性を大切にしたい。 「真面目になっても、無理はしないこと」 難しいときもあるかもしれませんが、できる範囲で心がけてみてください。 無理をすることが真面目ではありません。 無理をしないことが真面目なのです。 真面目になっても、無理はしないようにする。

19
★1

記憶力の過信はトラブルの元。
きちんとメモを取る習慣を心がけよう。

真面目な人になる習慣の1つ。 それは、メモを取る習慣です。 会話の中で覚えるべき重要な話が出たら、すぐメモ帳を取り出し、メモを取りましょう。 紙のメモ帳でも、携帯電話のアプリのメモ帳でもかまいません。 大切なことは「きちんと記録に残す」という点です。 「メモを取るのが面倒」 「自分は記憶力が高いから大丈夫」 「いちいちメモなんて取っていられない」 たしかにメモを取るのは、少し手間暇がかかります。 メモに頼らなくても、脳で覚えることができます。 記憶力に自信があるなら、メモを取らなくても、きちんと覚えられるでしょう。 しかし、記憶力の過信はトラブルの元になります。 人の記憶力は、デジタルのコンピューターとは違い、曖昧なところがあります。 そのときはしっかり記憶ができても、時間が経つにつれて記憶が不確かになり、誤解や勘違いを起こすことがあります。 最終的に、完全に忘れてしまうこともあります。 同じことを2回聞くのは、相手の迷惑になることもあります。 たとえ記憶力に自信がある人でも、やはりメモを取る習慣を心がけたほうがいいでしょう。 どんな人でも、ど忘れが起こります。 一度メモを取れば、削除や処分でもしないかぎり、記録が消えることはありません。 どんなに記憶力の悪い人でも、メモさえすれば、ど忘れを防げます。 もし重要度がはっきりしないなら、とりあえずメモを取っておくのが無難です。 メモさえ取っておけば、記録に残るので、後から確認ができます。 メモを取るのに少し手間暇はかかりますが、ど忘れを防いで信頼関係まで向上できるのですから、大きな効果です。 「メモを取ると、相手を不快にさせるのではないか」 「いちいちメモを取っていると、記憶力が悪いと思われそう」 そう思う人もいるかもしれませんが、無用の心配です。 メモの習慣を笑う人はいません。 きちんとメモを取ると「忘れないようにしたい」という誠意のある姿勢を伝えられます。 あなたがメモを取っている様子を見た相手は「真面目な人だ。信用できそうだ」と感心するでしょう。 メモを取る姿勢を見せることで、誠実や信用を高めることができます。 メモを取る習慣は、ビジネスに限らず、プライベートでも心がけたい。 会話の重要な話が出たら、記憶力に頼るのではなく、メモを取りましょう。 自分の記憶力を過信せず、きちんとメモを取る人のほうが、誠実で真面目です。 大切な話は、自分の記憶力を過信せず、きちんとメモを取る。

20
★0

マナーやルールはきちんと守る。
特に法律は絶対守ろう。

真面目な人になるためには、マナーやルールをきちんと守りましょう。 守るべきことをきちんと守るのは、真面目の基本。 社会には、数多くのマナーやルールがあります。 ビジネスマナー、テーブルマナー、デジタルマナー。 携帯電話のマナー、冠婚葬祭のマナー、人間関係のマナー。 交通のルール、仕事のルール、スポーツのルール。 社会のルール、職場のルール、家庭のルール。 私たちは、マナーやルールに囲まれて生きていると言っても過言ではありません。 マナーやルールは、守るべき決まり事です。 「少しくらい違反をしてもいいだろう」 「ばれなければいいよね」 「破っている人もたくさんいる」 あるとき魔が差して、マナーやルールに油断することもあるのではないでしょうか。 もちろん緊急時なら、マナーやルールを無視した行動も必要でしょう。 たとえば、災害や事故です。 緊急を要する場面では、マナーやルールを無視して、例外的な対応を取ることもあるでしょう。 また、悪気はなくても、うっかり違反してしまうこともあるでしょう、 ミスや不注意は誰にでもあるもの。 うっかりマナーやルールを破ってしまったとき、すぐ謝れば、大きなトラブルには発展しないでしょう。 もしくは、単純に「知らなかった」という無知の場合もあるはずです。 しかし、普段からマナーやルールに無頓着なのはよくありません。 マナーやルールを破ってばかりでは、法律違反ではなくても、相手に迷惑や不快感を与える原因になります。 摩擦が増えて、トラブルが起こりやすくなります。 マナーやルールは、ビジネスでもプライベートでも大切にしたい。 つまり「形式を重んじる」ということです。 「マナーやルールを守ると堅苦しくなる」と思うかもしれませんが、誤解です。 そもそもマナーもルールも、守って当たり前のこと。 もしみんながマナーもルールを無視すると、社会の秩序は乱れてしまいます。 中でも、法律を犯す行為は絶対にいけません。 法律違反の程度によっては、謝るだけでは済まない問題もあります。 たとえ罰則がないものであっても、法律を厳守するのは社会で生きていく中の基本です。 社会の中で多くの人が快適に過ごすためには、みんながマナーやルールをきちんと守ることが大切です。 「自立した社会人」という自覚を持ち、マナーやルールをきちんと守っていくようにしましょう。 マナーやルールの中には複雑で分かりにくいものもあるかもしれませんが、できるだけ守ることが大切です。 ●知らないなら、自分から学んでいくことが大切 ビジネスマナーやテーブルマナーに詳しくないなら、書籍を通して学ぶといいでしょう。 実践・実生活を通して学ぶこともできますが、基本知識は書籍で学ぶことが可能です。 本屋に行けば、マナーに関する書籍が数多くあります。 「学んだことがない」で終わらせるのではなく、知らないなら、自分から学んでいく姿勢が大切です。 恥をかく前に学んでおけば、いざというとき安心です。 マナーやルールをきちんと守る。 特に法律は絶対守る。

21
★3

真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。

真面目な人になるためには、感謝の習慣が大切です。 「お礼を言うくらい当たり前」 「感謝なら普段からできている」 「親切があれば、きちんと『ありがとう』と言っている」 そう思っていても、油断は禁物です。 自分の態度を振り返ってみると、意外とできていない場合があります。 もちろん大きな親切なら、誰でも感謝するのは普通ですが、注意したいのはそこではありません。 注目したいのは、もっと程度の低い親切です。 たとえば、小さな親切です。 電車で席を譲ってもらったとき。 落としたハンカチを拾ってくれたとき。 頑張っている仕事を応援されたとき。 小さな親切なら「別にお礼を言うほどでもない」と思う人も多いのではないでしょうか。 小さな親切は重要性が低いため、軽く考えがちです。 また、定例で当たり前になっていることも、感謝を忘れがちです。 親が洗濯物を洗ってくれたとき。 親が部屋のごみを捨てておいてくれたとき。 友達との協力作業をするとき。 定例で普通になっていることは、喜びも感動もほとんどないため、感謝も忘れやすい。 「いつものことだから、いちいちお礼を言う必要はない」と考える人も多いかもしれません。 しかし、感謝を省く姿勢は、真面目とは言えません。 親切があったときに感謝を伝えるのは、人間関係の基本です。 「お礼がなくても大丈夫」と思うかもしれませんが、ないよりあったほうが丁寧です。 小さな親切まで丁寧にお礼を言うと、相手に喜ばれます。 また、相手は平気の様子であっても、実際は心の中でお礼がなかったことにがっかりしているかもしれません。 真面目になるためには、お礼の習慣が欠かせません。 小さなことから大きなことまで、人から親切があれば、きちんとお礼を言いましょう。 たとえ当たり前のことでも、お礼は欠かせません。 たとえば、自分がお客さんの立場のときです。 「お客の立場だからお礼は不要」と思うのは誤解です。 自分がお金を払ってサービスを受ける立場でも、感謝は大切です。 コンビニの店員から商品を受け取るときでも「ありがとうございます」と言えるはずです。 きちんとお礼を伝えれば、相手に喜んでもらえるでしょう。 また家族が毎日作ってくれる食事も、感謝を伝えたい。 「作ってくれて当たり前」と思っていても、手間暇をかけて作ってくれたのは事実。 「いつもありがとう」「おいしかった」という感謝の一言は、良好な家族関係にもつながります。 感謝を言い忘れてトラブルになることはあっても、感謝しすぎてトラブルになることはありません。 生活の隅々まで注意を向けると、感謝の機会はたくさんあることに気づくはずです。 「ありがとう」が口癖になるくらい、頻繁に感謝を伝えることが大切です。 もしお礼を言い忘れたことを思い出したら、遅れてでも伝えたい。 まだ相手の姿が見えるなら、走って追いかけてでも伝えたい。 感謝の習慣が徹底されていると、人間関係だけでなく、人生もうまくいきます。 小さなことや当たり前のことでも、きちんとお礼を伝える。

22
★0

真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。

真面目な人になるための要素の1つ。 それは、身だしなみへの気遣いです。 ・裾が擦り切れたズボン ・穴の空いた服 ・傷や汚れが目立つバッグ 心当たりがあれば要注意です。 不潔な身だしなみでは、なかなか真面目な印象を出すのは難しい。 「だらしない」「不真面目」「不快感」など、ネガティブな印象があります。 不潔な服装では、真面目な印象が出ないばかりか、相手に不快感を与える場合もあるため油断できません。 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。 ●一番大切なのは、清潔感 まず心がけたいのは、清潔感です。 一にも二にも、清潔感。 やはり清潔感のある身だしなみのほうが、見た目も美しく、爽やかで好印象。 傷も汚れもなく、きれいな服装のほうが、真面目な印象も出やすくなります。 ビジネスでもプライベートでも、清潔感のある身だしなみを心がけるようにしましょう。 ●無理に流行を取り入れる必要はない 清潔感は「流行を取り入れる」という意味ではありません。 身だしなみに流行要素がなくても大丈夫です。 おしゃれな要素も必須ではなく、高級ブランド品を身につける必要もありません。 地味で平凡でも、清潔感のある身だしなみが整っていれば、十分好印象です。 ●清潔感はあっても、派手で安っぽい格好は控える 落とし穴として注意したいのは、派手で安っぽい格好です。 たとえば、派手な色や柄のTシャツ、品質の低いズボンなどです。 いくら清潔感があっても、派手や安っぽさが目立つと、真面目な印象が出にくくなります。 わざわざ高級な衣類を身につける必要はありませんが、少なくとも、ちゃらちゃらした格好は避けておくのがベターです。 真面目な印象を出すなら、できるだけ落ち着いた色や柄の衣類が好まれます。 ●新しく買い換えるのも選択肢 使い古した衣類は、新しく買い換えるのも選択肢の1つです。 同じ衣類を長く使い続けるのも味が深まっていいですが、不潔な印象が出るのはよくありません。 新しい服なら、清潔感だけでなく、新鮮な雰囲気も出ます。 服装は、自分の価値観が第一ですが、周りに与える印象も考慮したほうがいいでしょう。 少し出費は必要ですが「新しい自分になるための投資」と考えれば、無駄にはなりません。 古い衣類を捨てにくいなら「今までありがとう」と感謝すると、手放しやすくなります。 ●体のサイズに合った服装 見落としがちなのは、衣類のサイズです。 ぴちぴちの服・ぶかぶかのズボンを好む人もいるでしょう。 本人は気に入っているかもしれませんが、他人から見ると、体のサイズと合っていない身だしなみは少し違和感があります。 身につける服装は上下とも、サイズに合った服装を選ぶといいでしょう。 真面目な印象を出したいなら、きちんと体形に合った服装を心がけるのがベストです。 身だしなみへの気遣いがあってこそ、真面目な印象が出るのです。 ●必要なのは、本人の努力 「自分には才能がない」 「自分にはファッションセンスがない」 弱音を吐いていませんか。 諦める必要はありません。 清潔感に、才能もファッションセンスも必要ありません。 必要なのは、本人の努力です。 ファッション誌を買って参考にするだけですから、難しくありません。 ファッションセンスがなければ、洋服店の店員にコーディネートをお願いすればいいだけです。 おしゃれな友達がいれば、一緒に付き合ってもらい、アドバイスを受けるのもいいでしょう。 好印象の身だしなみは、努力をすれば報われるもの。 自分にはできないと諦めず、ぜひ挑戦してみてください。 身だしなみへの気遣いができると、自然と真面目な印象が出るようになります。 身だしなみに気を遣う。

23
★1

きちんと遊ばないと、真面目になれない。
遊びも、真面目になるために必要な要素。

真面目な人になろうとするとき、注意したいことがあります。 それは、遊びを忘れてしまうことです。 真面目に学ぶ。 真面目に働く。 真面目に人生を生きる。 たしかに真面目な生き方は素晴らしい。 真面目は、目標達成に必要な土台。 勉強であれ仕事であれ、こつこつ真面目に努力する習慣は、必ず大きな実を結びます。 たとえ努力が実らなくても、真面目に生きる姿勢は、周りから評価されるでしょう。 しかし、真面目であっても、真面目すぎるのはよくありません。 「真面目」はOKですが「真面目すぎる」はNGです。 真面目すぎると、ストレスを発散できず、ため込む一方になります。 人の精神力は有限です。 どれだけ精神力の強い人でも、ストレスをため続けると、いつか限界に達して爆発します。 理性と自制心を失うと、自分らしくない状態になります。 事故やトラブルといった悪影響を招く恐れがあります。 取り返しのつかない後悔を招く恐れすらあるのです。 そこで大切なのは、遊びです。 真面目を心がけつつも、ストレスを発散できるよう、適度に遊ぶことも大切です。 遊びの要素なら何でもOKです。 好きな本を読んで、知的好奇心を満たす。 映画館に映画を見に行き、壮大な物語と感動を楽しむ。 運動やスポーツを楽しんで、ストレスを発散させる。 友達とカラオケに行き、喉がかれるまで歌いまくる。 旅行に行き、新鮮な刺激を堪能する。 レストランの食べ放題で食欲を爆発させることも、たまには悪くないでしょう。 なかなか遊びに抵抗があるなら「遊ぶことも仕事の一環」と考えてみてはいかがでしょうか。 しっかり遊ぶから、しっかり仕事ができるようになります。 しっかり仕事をするために欠かせない要素と分かれば、遊びの価値も理解できるでしょう。 しっかり遊んでストレスを発散させれば、心が充実感と満足感で満たされます。 心身が軽くなり、また真面目に生活できるようになります。 一見すると、遊びと真面目は正反対の要素に思えますが、相関関係があります。 遊ぶから、真面目にもなれます。 遊びも、真面目になるために必要な要素なのです。 きちんと遊んで、ストレスをためすぎないようにする。

24
★1

横柄な態度は控える。
謙虚な態度を心がける。

真面目な人になりたいなら、控えたい態度があります。 それは、横柄な態度です。 あなたが誇れることは何ですか。 素晴らしい賞を取ったり、素晴らしい功績を挙げたりすれば、人に自慢したくなるでしょう。 また、高い能力や優れた才能を身につけているなら、誇らしい気持ちになるはずです。 もちろん自信を持つのはいいのです。 苦労と努力を重ねて身につけたことなら、人に言いたくなるのは自然なこと。 自信がつけば、もっと頑張りたい意欲も出てきて、行動力にもつながるでしょう。 しかし、自信を持つのはいいのですが、横柄な態度には注意が必要です。 自信や自己肯定感が高まるにつれて、自尊心や優越感が高まり、横柄な態度が目立つことがあります。 態度が雑になる。 露骨に自慢をする。 相手を見下すような態度になる。 高学歴の人が、偉そうに学力を自慢していると、どんな印象を受けるでしょうか。 素直に感心する人もいるかもしれませんが、多くの人は、横柄な印象を受け、嫌な気持ちになるはずです。 周りを見下しているような印象が出やすくなるでしょう。 自分は快感かもしれませんが、相手は見下されている印象を受け、劣等感を刺激されるでしょう。 横柄は、人としての品格を落とす下品な態度。 自信は持っても、余計なプライドは持たないこと。 自己肯定感が高くなっても、礼儀・礼節まで忘れてはいけません。 「自分は素晴らしい人間」と思うのはいいですが、それをはっきり口に出して言うと、周りに不快感を与えます。 たとえ実力や能力を兼ね備えていても、横柄になると、好印象が損なわれます。 偉そうな発言や態度が目立つと、かえって不真面目な印象が出てしまいます。 優れた能力や才能があっても、むやみにひけらかさないのが得策です。 代わりに心がけたい態度があります。 謙虚な態度です。 「大したことないです」 「まだまだです」 「皆さんのおかげです」 「多くの人から支えてもらっているおかげです」 「自分よりすごい人はたくさんいます」 謙虚な姿勢を心がけると、冷静に物事をとらえ、客観的に自分を見ている印象が出ます。 現状に満足せず、まだまだ向上を目指している人は、真面目です。 「あの人は感じがいいね」と評判が立つでしょう。 自分の能力や才能におごり高ぶることなく、謙虚な姿勢を心がけていると、真面目な印象が出るのです。 横柄な態度は控え、謙虚な態度を心がける。

25
★2

誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。

真面目になるためには、誘惑を断ち切ることが大切です。 私たちの生活は、誘惑に満ちていると言っても過言ではありません。 食の誘惑、物の誘惑、性の誘惑。 私たちの生きる現代社会は、数多くの誘惑が渦巻いています。 すべての誘惑に惑わされると、お金や時間がいくらあっても足りません。 誘惑に溺れた結果、待っているのは、破滅と後悔。 誘惑に振り回されると、健康を害したり、生活を破綻させたりする可能性があります。 誘惑の先に待っているのは、天国ではなく、地獄なのです。 真面目になるためには、誘惑を断ち切ることが大切です。 感情を揺さぶられても、強い意識を持って断ち切りましょう。 たとえば、食の誘惑です。 現代は「飽食の時代」と言われています。 自分の健康を無視して、食欲のおもむくままに暴飲暴食をするのは、真面目と言えません。 食べすぎると、カロリーオーバーで肥満の原因につながります。 飲みすぎると、体の臓器に負担をかけ、健康に悪影響です。 節度を無視した飲食をしそうになれば「負けるな。我慢しろ」と自分に厳しい言葉を言い聞かせ、こらえることが大切です。 健康のために禁煙中なら、タバコの誘惑を断ち切りましょう。 タバコを吸いたい誘惑に駆られても、負けないことです。 禁煙を始めたばかりのころは、欲求を抑えるのも大変ですが、強い意志で貫くことが大切です。 いらいらしたり落ち着かなかったりするときは、仕事・運動・趣味に打ち込んで紛らわせるといいでしょう。 お金を貯めるため節約中なら、買いたいものがあっても我慢することが大切です。 欲しいものを何でも買っていると、いくらお金があっても足りません。 欲しいものがあっても、我慢して、節約精神を貫きます。 目標金額を達成するまでは、強い意志と覚悟で挑むことが大切です。 ●意志が弱いなら、誘惑に近づかなければいい 「自分は意志が弱い」 「誘惑を断ち切りたいが、それができないから困っている」 そう思うなら、意志が弱くても取り組める、単純な解決法があります。 誘惑を振り切るのではなく、そもそも誘惑に近づかなければいいのです。 目の前に誘惑があるから、感情を乱されます。 誘惑が目の前に登場しなければ、感情を乱されることがないため、我慢も振り切る必要もなくなります。 たとえば、ダイエット中なら、コンビニに入らないようにします。 コンビニの光景すら誘惑なら、わざとコンビニのない道を通ればいい。 コンビニが視界に入らなければ、食の誘惑を断ち切れます。 回り道になったとしても、自分の目標を達成するなら、賢明な心がけです。 禁酒中なら、飲み会を誘われても断ります。 仕事の付き合いで難しいときもありますが、できるだけ心がけることが大切です。 「先約がある」「今日は休肝日です」などの口実を作れば、断りやすくなるでしょう。 禁煙中なら、喫煙所には近寄らない。 節約中なら、余計なウインドーショッピングをしない。 誘惑に勝ちましょう。 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人です。 誘惑を断ち切り、目標を達成する。

26
★0

いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。

真面目になるなら、冗談に注意が必要です。 もちろん冗談が悪いわけではありません。 禁止というわけでもありません。 時には冗談も有効です。 たとえば、笑いを取りたいときです。 プレゼンの冒頭で雰囲気を柔らかくしたいとき、ちょっとした冗談が役立ちます。 面白おかしい冗談で、場を和ませることができれば、企画も通りやすくなるでしょう。 また、人間関係の潤滑油としても有効です。 たまには面白い冗談を言ったほうが、明るい印象が出るでしょう。 くすっと笑ってしまうような冗談なら、打ち解けるのも早くなります。 冗談も、役立つ場面があるのは間違いありません。 しかし、いつも冗談ばかり言っているのはよくありません。 話をするたびに、冗談を言う。 時には下品な冗談をかまわず言う。 TPOをわきまえず、自分勝手に冗談を言う。 いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されません。 真面目に受け止めてもらえず、話を聞き流されてしまうでしょう。 冗談の頻度が多すぎると、相手に不快感を与えることもあります。 ふざけた印象が目立ってしまい、不真面目な印象にもつながります。 冗談の中でも、特に注意したいのは「悪い冗談」です。 悪口や下ネタなど、人を不快にさせる冗談は趣味がよくありません。 真面目になるなら、できるだけ冗談は避けるのが得策です。 冗談を言うなら、場面を選んだ上で、適度を心がけるのが得策です。 また、冗談ではなく、ユーモアならOKです。 ユーモアは、会話をスムーズにさせる潤滑油。 冗談に言いすぎはありますが、ユーモアに言いすぎはありません。 知性と教養を感じさせるしゃれなら、相手を温かい気持ちにさせるので、いくら言っても大丈夫です。 冗談は、必要がないかぎり、できるだけ控える。

27
★0

断れない人が真面目というわけではない。
きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。

「真面目な人は、断ることができない」 世間では、そうした認識があります。 たしかにできるだけ断らず、何でも仕事を引き受けたほうが、真面目な印象も出やすくなるでしょう。 何でも受け入れられる人のほうが、器が大きな印象もあります。 真面目な人は、真面目であるゆえに、何でも引き受ける印象を持つ人も多いのではないでしょうか。 ここに誤解があります。 断れない人が真面目というわけではありません。 断れないのは、気が小さいか、優しすぎるかのどちらかです。 「嫌われたくない」 「恥ずかしくて断れない」 「断ると、相手に申し訳ない」 「とにかく相手の役に立ちたい」 自意識過剰だったり、自分より相手を大事にしてしまったりすると「NO」という勇気がありません。 余計な不安や心配を考えていて、なかなか断ることができません。 何でも引き受けるのは立派な態度に思えますが、注意が必要です。 自分の許容範囲を無視して引き受けるのはよくありません。 「失敗する」「不可能」と分かっている仕事を引き受けるのは、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。 真面目になりたいなら、きちんと断る力を身につけることです。 「仕事を断ると相手に迷惑がかかる」と思うのは、誤解です。 無理に引き受け、仕事に大きな穴を開けるほうが、はるかに迷惑です。 自分の許容範囲と照らし合わせて「できそう」と判断したことだけ引き受けるようにしましょう。 もし無理そうなら、丁寧に謝った上で断ります。 成し遂げられないことが分かっているなら、依頼の段階で断るのがマナーです。 無理なら「無理」と正直に言えるほうが、真面目です。 きちんと断ったほうが、信用や責任を大事にしていることが伝わるので、相手からも信頼されるようになります。 ただし、断るときには言い方に注意が必要です。 「無理」「不可能」「絶対できません」など、突っぱねるような言い方は避けたほうがいいでしょう。 意味ははっきり伝わりますが、とげとげしい響きがあるため、相手を不快にさせる可能性があります。 できるだけ相手を不快にさせないよう、柔らかい言い方のほうが、上手に断れます。 「忙しいので、今は厳しい」 「余裕がないので、別の人にお願いしたほうがいい」 「また別の機会でお願いします」 相手の立場を考えながら丁寧な言葉を心がければいいだけです。 断る勇気を身につけてください。 たとえ相手に嫌われようと、当たり前を当たり前にするだけです。 自分にできないことは、無理をせず、きちんと断る。

28
★2

人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。

人がミスをしたとき、どう反応するか。 人のミスは笑ってしまうこともあるでしょう。 単純なミスなら「そんなこともできないの?」と思って、笑ってしまいます。 人が失敗をしたとき、どう反応するか。 人の失敗をばかにする人もいるでしょう。 失敗の仕方が滑稽なら「かっこ悪い」と、ばかにしたくなるかもしれません。 しかし、人のミスや失敗を、笑ったりばかにしたりするのはスマートではありません。 人間は、ミスや失敗を犯す生き物。 世の中に、完璧な人間は一人もいません。 不完全なのが普通です。 誤解や勘違いでミスをすることもあれば、仕方ない事情で失敗することもあるでしょう。 ミスや失敗をした相手の気持ちを考えてみてください。 笑われた相手は、むっとするでしょう。 ばかにされた相手は、不快になるでしょう。 すると、どうなるか。 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われるでしょう。 人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされるでしょう。 人にした行為が、自分に跳ね返ってくるのです。 人のミスや失敗は、笑ったりばかにしたりしないことです。 ミスを笑いそうになっても、表に出さないこと。 失敗をばかにしたくても、控えるのがマナーです。 「自分も人のことを言えない」 「自分の代わりにミスをしてくれた」 「自分に人の失敗を笑う資格はない」 真面目に受け止めるのがいいでしょう。 また「自分も気をつけよう」と、自分の注意喚起を促すことも大切です。 人のミスや失敗を自分のことのように受け止めれば、成長の糧として生かせます。 人のミスや失敗を教訓として生かせば、笑ったりばかにしたりしようとは思わないはずです。 人のミスや失敗を吸収して、生かすことで、どんどん成長していけます。 また、相手の気持ちに寄り添うことも大切です。 「大丈夫だよ」「落ち込まないでね」「また次はうまくいくよ」と励ます。 「つらい気持ちだよね」「自分も同じ経験があるよ」と同情や共感の声をかける。 相手の気持ちに寄り添った言葉をかければ、相手は優しい気持ちに包まれます。 心の傷が癒され、落ち込みから早く立ち直れるのです。 人のミスを笑わない。 人の失敗をばかにしない。

29
★2

何でも真面目にしていいわけではない。
人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。

「何を真面目にするか」 そこが問題です。 真面目は大切ですが、真面目の対象を間違えないことです。 「真面目に行えばすべてよい」と思われがちですが、例外があります。 真面目にしてはいけない代表例は「社会や道徳に反する行為」です。 真面目は、社会ルールやモラルにのっとったことだからこそ有効です。 社会や道徳に反する行為は、真面目に行うことではありません。 たとえば、浮気や不倫です。 「真面目に浮気」「真面目に不倫」というのはあり得ません。 そもそも浮気や不倫は、重大な背徳行為。 人の道から外れています。 真面目どころか、むしろ不真面目な行為と言えるでしょう。 浮気をすれば、恋人を悲しませます。 不倫を犯せば、最悪の場合、家族や仕事も失う可能性もあります。 真面目に行うなら、浮気や不倫ではなく、貞操であることが大切です。 犯罪行為も、真面目にすることではありません。 罪を犯すこと自体が不真面目な行為。 「真面目に罪を犯す」というのは、明らかに矛盾しています。 罪の内容によっては、取り返しのつかないこともあります。 真面目になるなら、法を犯すことではなく、守ることを徹底すべきです。 真面目になるなら、人として正しい行為であることが大切です。 何が正しくて、何が間違いかは、あなたの良心が頼りです。 物事の善悪を尊重して、善をなそうとする道徳意識を持ってください。 自分は社会の一員であることを意識して、常に倫理や道徳にのっとった行動を心がけてください。 当たり前のことですが、再認識しておきたいポイントです。 現代社会は、さまざまな誘惑に満ちた世界です。 さまざまな情報によって感情を乱されることもあれば、甘い誘惑に惑わされることもあるでしょう。 「自分は大丈夫」ということはありません。 「自分は大丈夫」という人にかぎって、あっさり落とし穴に落ちます。 アルコールが入っていると、勢いで行動してしまうかもしれません。 特に欲が絡む場面では、善悪の判断を見失いやすい。 「少しくらい大丈夫」という油断が生まれたときこそ、襟を正しましょう。 一過性の感情に流されないこと。 甘い誘惑に惑わされないこと。 時には情報を遮断する必要もあれば、時には禁欲を貫くことも必要もあるでしょう。 常に理性と自制心を保った上で、判断や行動をしてください。 たとえマナーやルールとして明文化されていなくても、自分の良心と照らし合わせて考えることが必要です。 人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくるのです。 真面目に行うなら、人として正しい行為であることを心がける。

30
★2

真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

真面目になろうとする際、犠牲にしやすいことが2つあります。 「家族」と「健康」です。 真面目を心がけるとき、仕事を第一に考え、家族や健康を後回しにする人が少なくありません。 家族とのコミュニケーションを省いて、仕事を優先させる。 健康を顧みず、毎晩遅くまで残業をして、仕事一色の生活を送る。 たしかに家族や健康を犠牲にすれば、より真面目な態度で仕事に打ち込めるでしょう。 家族と過ごす時間を仕事に回せば、かなり仕事の余力が増えるでしょう。 健康のことを忘れて、自分の私生活のすべてを仕事に注ぎ込めば、仕事でも成果を出しやすくなるはずです。 やる気も責任感も強く、一生懸命に仕事をする姿は、客観的に見て「真面目な人」と呼ばれるに違いありません。 しかし、いくら真面目とはいえ、家族や友達まで犠牲にするのは、やりすぎです。 「真面目」ではなく「真面目すぎる」という状態です。 家族とのコミュニケーションを省いてまで仕事をすると、家族関係が希薄になるでしょう。 仕事は安定しても、家族関係が不安定になる。 家族の支えがなくなってしまっては、真面目に仕事をしたくても難しくなります。 毎日残業ばかりしていると、いつか体を壊してしまうでしょう。 体と健康は資本です。 そして、唯一無二の財産です。 一度健康を崩してしまうと、真面目に仕事をしたくてもできなくなります。 体調の崩し方によっては、回復に長い期間を要することもあります。 人生が土台から崩れてしまうと「積み上げること」ができなくなります。 家族も健康も、人生の土台です。 人生の土台を犠牲にしてまで真面目を徹底するのは、本末転倒。 ブレーキのない車は交通事故を起こすように、ブレーキのない生き方も大きなトラブルを招きます。 いくら真面目な姿勢とはいえ、アクセルを踏むばかりでは、いずれ大きな破滅と後悔をもたらすでしょう。 時にはブレーキを踏むことも大切です。 折を見て、次の言葉を自分に問いかけてください。 「家族や健康を犠牲にしてまで、真面目になっていないだろうか」と。 心当たりがあれば、少しブレーキを踏むのが得策です。 止まる必要まではありませんが、少し速度を落としてみます。 人生の優先順位を間違えてはいけません。 最初に家族や健康があって、その後に仕事が続きます。 休憩なり有給休暇なり、人生の土台を大事にしてください。 欠けているなら、今すぐ補強してください。 真面目になっても、真面目になりすぎないこと。 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしないこと。 緊急や繁忙期など仕方ない状況があるなら、できるだけ悪影響を最小限に抑える努力をしたい。 特別な事情がある場合を除き、常に家族や健康は第一に考えるのが得策です。 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

同じカテゴリーの作品