自分磨き

真面目な人になる
30の方法

  • 真面目は、
    ビジネスでもプライベートでも大切な要素。
真面目な人になる30の方法

もくじ
  1. 真面目は、ビジネスでもプライベートでも大切な要素。

    あなたは真面目な性格ですか。
    それとも不真面目な性格ですか。
    「基本的に怠け者」

  2. 真面目になるために必要なのは、性格の改善ではなく、習慣の改善。

    真面目な人になるためには、どうすればいいか。
    まず思い浮かぶのは「性格の改善」ではないでしょうか。
    「あの人は真面目な性格だね」

  3. 真面目で得をする7つのポイント。

    真面目は、長所か短所か。
    そう聞かれれば、明らかに長所です。
    短期的に見れば、損になるような短所もいくつかありますが、総合的には確実に長所です。

  4. 真面目で損をする7つのポイント。

    真面目は、得することばかりではありません。
    基本的に真面目は強み・長所ですが、残念ながら、損することもいくつか存在します。
    真面目も、見方や受け止め方によっては、短所になる場合があります。

  5. 真面目な性格は、損をするのか。

    時折ちまたで、真面目の悪い噂を聞くことがあります。
    「真面目な性格は損」という言葉です。
    真面目に生きていると、たしかに少し損をする場面もあります。

  6. 真面目は「きちんとしたい」という気持ちから始まる。

    真面目になるために一番大切なのは何でしょうか。
    マナーや清潔感を身につけることでしょうか。
    態度や言葉遣いを整えることでしょうか。

  7. 喜んでくれる人をイメージすると、真面目な気持ちが湧いてくる。

    「なかなか真面目になれない」
    そんなときは、自分が真面目を心がけることで喜んでくれる人をイメージしてみましょう。
    真面目は、真剣で誠実というだけでなく、誰かを喜ばせる習慣でもあります。

  8. 「真剣」と「一生懸命」は、真面目な人の基本。

    真面目な人になるための基本が、2つあります。
    「真剣」と「一生懸命」です。
    一方では不十分であり、両方とも心がけることが大切です。

  9. 真面目な人は、責任感が強い。
    責任感があるからこそ、よりよい仕事ができる。

    責任感とは何か。
    責任感とは、自分の仕事や行為について、きちんと果たそうとする気持ちのことをいいます。
    責任感と聞けば「堅苦しい」「重い」「苦しい」といった印象があり、ストレスやプレッシャーを感じる人も多いでしょう。

  10. いきなり100パーセントの真面目でなくていい。
    まず1パーセントの真面目から始めよう。

    もともと不真面目な人が、いきなり真面目を心がけるのは大変です。
    すぐ心が入れ替わればいいですが、実際はなかなか難しいでしょう。
    100パーセント不真面目な人が、急に100パーセント真面目になるのは、現実的に無理があります。

  11. 約束を守ることは、真面目な人になる基本。

    真面目な人になるための基本の1つ。
    それは、約束を守ることです。
    約束を守らないのは、不真面目な姿勢です。

  12. 真面目な人は、最善を尽くす習慣がある。

    真面目な人になるために必要な習慣があります。
    それは「最善を尽くす習慣」です。
    もちろん手抜きや中途半端のすべてが悪いわけではありません。

  13. 計画と準備にたっぷり時間をかけたほうが、仕事はうまくいく。

    真面目な人になるための習慣の1つ。
    それは、計画と準備に時間をかけてから行動する習慣です。
    計画も準備も、両方が大切です。

  14. 安易な決断はしない。
    よく考えてから、決断する。

    真面目になるには、よく考えてから決断する習慣が大切です。
    もちろん即座に決断することも、時には必要です。
     

  15. すぐ人を頼らない。
    まず自分なりに努力してみる。

    難しい仕事を依頼されたとき、どう対応するか。
    真面目な人とそうでない人の差は、ここに表れます。
    難しそうな仕事なら、すぐ人に頼る人もいるかもしれません。

  16. 真面目な人ほど、余計な言い訳をせず、素直に謝る。

    自分に非があるとき、どうするか。
    真面目な人と、そうでない人の差が現れる場面です。
    ミスや失敗をしたとき、自分に過失がなければ、事情を説明したくなるでしょう。

  17. 真面目な人は、自分に不利なことでも、正直に報告する。

    仕事でミスをしてしまい、上司に報告が必要になった。
    そんなとき、どう報告するかが大切です。
    「叱られるかもしれない」

  18. 無理をすることが真面目ではない。
    無理をしないことが真面目。

    真面目を心がけるとき、注意したい落とし穴があります。
    それは、無理をしてしまうことです。
    真面目になるためには「きちんとしたい」という気持ちが大切です。

  19. 記憶力の過信はトラブルの元。
    きちんとメモを取る習慣を心がけよう。

    真面目な人になる習慣の1つ。
    それは、メモを取る習慣です。
    会話の中で覚えるべき重要な話が出たら、すぐメモ帳を取り出し、メモを取りましょう。

  20. マナーやルールはきちんと守る。
    特に法律は絶対守ろう。

    真面目な人になるためには、マナーやルールをきちんと守りましょう。
    守るべきことをきちんと守るのは、真面目の基本。
    社会には、数多くのマナーやルールがあります。

  21. 真面目な人は、感謝の習慣を大切にしている。

    真面目な人になるためには、感謝の習慣が大切です。
    「お礼を言うくらい当たり前」
    「感謝なら普段からできている」

  22. 真面目な人になるには、身だしなみへの気遣いが欠かせない。

    真面目な人になるための要素の1つ。
    それは、身だしなみへの気遣いです。
    ・裾が擦り切れたズボン

  23. きちんと遊ばないと、真面目になれない。
    遊びも、真面目になるために必要な要素。

    真面目な人になろうとするとき、注意したいことがあります。
    それは、遊びを忘れてしまうことです。
    真面目に学ぶ。

  24. 横柄な態度は控える。
    謙虚な態度を心がける。

    真面目な人になりたいなら、控えたい態度があります。
    それは、横柄な態度です。
    あなたが誇れることは何ですか。

  25. 誘惑を断ち切る人が、目標を達成できる人。

    真面目になるためには、誘惑を断ち切ることが大切です。
    私たちの生活は、誘惑に満ちていると言っても過言ではありません。
    食の誘惑、物の誘惑、性の誘惑。

  26. いつも冗談ばかり言っていると、大切な話のとき、信用されない。

    真面目になるなら、冗談に注意が必要です。
    もちろん冗談が悪いわけではありません。
    禁止というわけでもありません。

  27. 断れない人が真面目というわけではない。
    きちんと断れる人のほうが、本当は真面目。

    「真面目な人は、断ることができない」
    世間では、そうした認識があります。
     

  28. 人のミスを笑う人は、自分がミスをしたとき、笑われる。
    人の失敗をばかにする人は、自分が失敗をしたとき、ばかにされる。

    人がミスをしたとき、どう反応するか。
    人のミスは笑ってしまうこともあるでしょう。
    単純なミスなら「そんなこともできないの?」と思って、笑ってしまいます。

  29. 何でも真面目にしていいわけではない。
    人として正しい行為だからこそ、真面目が生きてくる。

    「何を真面目にするか」
    そこが問題です。
    真面目は大切ですが、真面目の対象を間違えないことです。

  30. 真面目を心がけても、家族や健康まで犠牲にしない。

    真面目になろうとする際、犠牲にしやすいことが2つあります。
    「家族」と「健康」です。
    真面目を心がけるとき、仕事を第一に考え、家族や健康を後回しにする人が少なくありません。

同じカテゴリーの作品