人生の教科書



自分磨き

遅刻癖を直す
30の方法

  • 時間厳守は、
    社会の基本。
    遅刻とは、
    あなたの信用を失う行為。
遅刻癖を直す30の方法

もくじ

1
★1

時間厳守は、社会の基本。
遅刻とは、あなたの信用を失う行為。

遅刻癖の改善は、能力に比べて、軽視される傾向があります。 知識や技術は、少しずつ高まっていく様子が確認できます。 数字で表せたり成果を発揮できたりなど、進歩を実感しやすいのが特徴です。 頑張れば頑張るほど、周りから褒められるので、モチベーションも維持しやすい。 自分の価値が高まっていることに、喜びを感じます。 一方で遅刻癖の改善は、後回しにされがちです。 時間厳守は、知識でも技術でもありません。 時間を守っても、当たり前のことなので、褒められることもありません。 頭では「悪い癖だから直すべき」と分かっていても、緊急性が感じられないため、ずるずる後回しにされがちです。 能力の向上は頑張っても、遅刻癖となると、なかなか本気で改善に取り組む人が少ないのではないでしょうか。 しかし、遅刻癖を放置するのはよくありません。 なぜ遅刻するのがいけないのか。 時間厳守は、社会の基本だからです。 時間を守れないと、信用問題に直結します。 遅刻は、約束を破ったことと同じです。 「この時間までに来てください」という約束を破ったことになります。 遅刻とは、相手の時間を奪う行為であり、迷惑をかけてしまいます。 時間を守ることができないと、それから先の仕事ができません。 社会の基本ができない人に、ほかの仕事は任せられないでしょう。 遅刻癖があると「仕事ができない人」と見なされてしまうのが、社会の常識です。 大きな仕事を任せたくても、遅刻をする人には任せられません。 知らず知らずのうちに仕事のチャンスを失います。 昇進も昇給も難しいでしょう。 遅刻癖があまりにひどいと、減給や解雇につながる可能性もゼロではありません。 そのくらい遅刻癖は悪影響があるということです。 遅刻癖があると、仕事・勉強・恋愛など、あらゆることに支障が出ます。 したがって、遅刻癖を直すことは、能力を磨くより重要です。 遅刻癖に心当たりがあるなら、きちんと直しましょう。 遅刻癖があって、損はすることはたくさんありますが、得することは1つもありません。 遅刻癖があるなら、能力の向上より、まず遅刻癖の改善を優先させるのが賢明です。 どれだけ練習を頑張っても、本番に遅刻したら、敗北が決定です。 どれだけ学力が高くても、入試の時間に遅刻したら、不合格が決定です。 どれだけスキルやキャリアがあっても、面接約束の時間に遅れたら、不採用が決定です。 厳しいようですが、これが現実です。 どれだけ能力が高くても、遅刻癖があると帳消しです。 能力は、時間厳守ができてこそ、有効になります。 重大な失敗を犯してからでは遅い。 遅刻癖があると、仕事にも人生にも必ず支障が出るため、早めに直しておくことが大切です。 「遅刻癖は直せない」と思うのは誤解です。 遅刻癖は「癖」に過ぎません。 遅刻癖は、障害が関係していないかぎり、努力によって直せます。 余計な先延ばしはせず、今日からでも改善に取り組みましょう。 遅刻癖を直す。

2
★1

遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。

遅刻癖について、よく聞かれる言葉があります。 「遅刻癖は性格の問題」という一言です。 だらしない性格、ぼんやりした性格、後回しにする性格。 たしかに性格に問題があれば、遅刻をするのも当然に思えます。 性格の問題なら、性格を直さないかぎり、遅刻癖を直すのも難しく思うのではないでしょうか。 しかし、ここに誤解があります。 遅刻癖は、性格の問題ではありません。 癖の問題です。 「遅刻癖」という名前のとおり、しょせん「癖」にすぎません。 癖ですから、癖を直せばいいだけです。 「遅刻する癖」がついているなら「遅刻しない癖」に変えることもできるはずです。 遅刻するような考え方や行動習慣が身についているにすぎません。 遅刻癖は、障害が関係している場合を除き、考え方や行動習慣を変えるだけで直せます。 たとえば、ぎりぎりで行動する癖をやめ、余裕を持って行動する癖をつけます。 だらしない性格でも、余裕を持って出発する癖をつけておけば、きちんと時間前に到着できます。 夜更かしをする癖をやめて、早めの就寝を心がけます。 朝に弱い人でも、たっぷり睡眠を取っておけば、朝起きやすくなります。 時間感覚がなければ、腕時計を身につければいい。 いつでもどこでも時刻を確認できるようになるため、自然と時間感覚が研ぎ澄まされます。 やる気が起きないなら、行動することのメリットを書き出せばいい。 箇条書きで書き出していけば、行動の意味が見いだせ、モチベーションアップにつながります。 早く到着することが心配なら、暇つぶし用のアイテムを準備すればいい。 本を持参すれば、待ち時間を上手に活用できます。 本が重くて場所を取るなら、電子書籍にすればいいだけです。   時間癖を直すためには「対策」が存在します。 1つずつ対策を実施していき「遅刻する癖」から「時間厳守の癖」に変えていきましょう。 たとえ自堕落な性格でも、対策を実施していけば、遅刻癖を直すことは可能です。   「遅刻癖は性格の問題」と決めつけないことです。 「遅刻癖は性格の問題」という一言は、遅刻癖を直そうとしない人の言い訳です。 遅刻癖を直すなら、考え方や行動習慣に意識を向けてください。 今すぐ性格を変えることはできなくても、考え方や行動習慣を変えることなら、自分の努力次第です。 明るい希望を持とうではありませんか。 遅刻癖は、あくまで癖の問題ですから、努力次第で直していけるのです。 遅刻癖は「性格の問題」ではなく「癖の問題」と考える。

3
★1

余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。

遅刻癖のある人は、余裕を嫌っている特徴があります。 「余裕が嫌い」 「余裕を作るのは、ださくてかっこ悪い」 「余裕を作っても、無駄な待ち時間が増えるだけ」 スピードが遅くなったり、待ち時間が長くなったりするためでしょうか。 余裕によくないイメージを持っています。 たしかに余裕には、ゆっくりとした印象があります。 早めに行動するということは、待ち時間や余り時間が発生するということ。 「余裕を作ること=無駄な時間を作ること」と解釈している人もいるでしょう。 特にせっかちな人は、待ち時間が許せず、余裕に抵抗を感じやすいはずです。 しかし、ここが大切なポイントです。 余裕をなくそうとすると、ぎりぎりの行動になります。 時間ぴったりの行動をしようとするため、タイムプレッシャーが生まれ、いつも焦った行動をすることになります。 スムーズに移動できる保証はありません。 スムーズに移動できる計画を立てたとしても、絶対はありません。 ぎりぎりで行動していると、少しでもトラブルがあると、指定時間を過ぎてしまいます。 余裕を嫌っているかぎり、遅刻癖は直らないのです。   余裕のイメージを変えましょう。 余裕を好きになってください。 余裕を作ることは、悪いことではない、良いことです。   ビジネスでは余裕が欠かせません。 余裕があるからこそ、ミスや失敗も減らせ、精度が上がります。 余裕のあるスケジュールなら、途中で修正や変更が入っても、間に合わせることができるでしょう。 途中でトラブルが発生しても、落ち着いて対応でき、リカバリーができます。   人間関係をスムーズにしたいと思うなら、余裕を持つことです。 誤解や勘違い、言い間違いや聞き間違いを減らせます。 失言や失態を防げるため、余計なトラブルを防げます。   モテたいと思うなら、なおさら余裕を持つことです。 モテる人は、余裕のある人です。 自然と落ち着いた雰囲気が漂うため、頼りがいのある印象になり、魅力に変わります。   待ち時間や余り時間ができても、使い方を工夫するだけです。 早く到着できれば、きちんと身だしなみを整えることができます。 待ち時間に、持参した本を読めば、教養の時間に変えることができるでしょう。 手持ちの端末でニュースをチェックすれば、時事を学ぶ時間になります。 余裕があって、好印象になることはあっても、悪印象になることはありません。 遅刻癖を直すなら、まず余裕を好きになりましょう。 今まで余裕が嫌いだったなら、これから好きになればいいのです。 余裕にポジティブなイメージを持って、少しでも好きになりましょう。 心から「余裕が大好き!」と言えるようになりたい。 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩です。 余裕を好きになる。

4
★0

真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。

遅刻癖を直す取り組みとして、あることを考えておきましょう。 それは「遅刻したときの悪影響」です。 遅刻癖のある人は、遅刻したときの悪影響を考えていないケースが目立ちます。 軽く考えている、もしくはほとんど考えていないことが多い。 考え方や行動パターンを変えることも大切ですが、遅刻の悪影響について考えることも大切です。 あららためて遅刻癖の悪影響について考えてみてください。   会社の始業時間に遅れると、仕事の開始が遅れ、チームに迷惑をかけるでしょう。 上司から叱られ、評価が落ちる原因になるでしょう。 遅刻する人には大きな仕事を任せられず、今後のキャリアに支障が出る可能性もあります。   取引先との打ち合わせに遅刻すれば、待たせることになります。 悪印象は確実。 不快な気分にさせてしまい、時には怒らせてしまうこともあるでしょう。 信用問題に発展すれば、今後の契約に悪影響が出る可能性もゼロではないでしょう。   学校に遅刻すれば、先生から叱られるだけでなく、授業にも影響します。 授業についていけなくなれば、学力にも悪影響が及ぶでしょう。 一度授業に遅れると、ついて行くのが大変になります。 遅刻は内申書に影響することも忘れてはなりません。 忘れてならないのは、内申書への悪影響です。 内申書には、品行に関することが必ず記載されます。 内申書に影響すれば、受験にも響く可能性も出てきます。   デートで遅刻すると、恋人を待たせることになります。 数分の遅刻ならまだいいですが、長く待たせたり遅刻が頻繁だったりするのは印象がよくありません。 相手はにこにこしていても、内心はむっとしているかもしれません。 遅刻が原因で信頼関係に傷がつけば、いずれ破局につながってしまうかもしれません。   飛行機の搭乗時間に遅れると、飛行機代を無駄になるだけではありません。 日程がずれてしまうでしょう。 大事な旅行なら、旅行全体が台無しです。 お金・時間・労力が無駄になって、いいことは1つもありません。   遅刻の悪影響は、波及するのが特徴です。 笑って済むケースもありますが、中には笑い事で済まされないケースもあります。 たった1回の遅刻が、致命的なダメージをもたらすことも少なくありません。 試験時間に遅刻すれば不合格になり、面接時間に遅刻すれば不採用です。 遅刻の悪影響は、頭で考えるだけでなく、きちんと紙に書き出してみてください。 目に見える形になると、悪影響の実感が湧きやすくなるでしょう。 「こんなに悪影響があるのか。遅刻には十分気をつけよう」 遅刻癖を直す決意が、ますます強くなるはずです。 たかが遅刻、されど遅刻。 遅刻の悪影響を考えると、いかに大切なことであるか気づかされます。 痛い目に遭ってからでは手遅れの場合があります。 遅刻癖は、痛い目に遭う前に直しておきましょう。 遅刻の悪影響について、真剣に考えてみる。

5
★2

遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。

遅刻癖の人に足りないものがあります。 それは「感謝の気持ち」です。 感謝の気持ちを持つことが、遅刻癖とどう関係しているのか、疑問に思うでしょう。 実は、遅刻癖のある人は、待ち合わせ相手に対する感謝が希薄になっています。 待ち合わせのとき、相手はあなたと会うため、わざわざ時間を割いてくれます。 忙しいにもかかわらず、スケジュールを調整して、時間を空けてくれます。 時間は、お金より貴重です。 お金は失っても後から取り返せますが、時間は失ったらもう取り戻せません。 貴重な時間をあなたのために割いてくれるのですから、それが分かっていれば、時間厳守の気持ちも強くなるはずです。 ところが遅刻癖のある人は、相手に対する感謝の気持ちが希薄です。 「ありがたい」という気持ちがない、もしくは小さい状態です。 時間を決めて会うことを「単なる待ち合わせ」という程度でしか考えていません。 相手に感謝の気持ちがないと、時間厳守の意識も低下します。 「友達だから少し遅れてもいいだろう」 「少しくらい遅刻しても許してくれるよね」 「自分のほうが年上だから、遅刻しても問題ない」 「優しい人だから、遅刻しても怒らないだろう」 結果として、遅刻してしまうのです。   遅刻癖を直すなら、まず感謝の気持ちを持ちましょう。 「自分のために貴重な時間を割いてくれた」 「時間を作ってくれてありがとう」 「相手の配慮に報いたい」 感謝の気持ちを持てば、自然と時間意識が高まり「きちんと時間を守ろう」と思えるようになるはずです。 感謝の気持ちがなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 相手に感謝の気持ちを持てば持つほど、時間厳守の意識も高まります。 相手が優しい人だから遅刻してもいいということもありません。 相手はにこにこしていても、内心はむっとしていることもあるでしょう。 たとえ相手が嫌いな人であっても、心がけは同じです。 時間を決めて人と会うときは、相手にかかわらず、常に感謝の気持ちを持って、時間厳守を心がけましょう。 会ったときには、頭を下げ、にっこりほほ笑むことです。 感謝の気持ちを持つことが、遅刻癖を直す基本です。 時間を割いてくれる相手に対して、感謝の気持ちを持つ。

6
★3

遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。

遅刻癖の原因は何でしょうか。 ここでよくあるのは「性格の問題」という回答です。 「だらしない性格だから」 「ぼんやりした性格だから」 「後回しにする性格だから」 たしかに一理あります。 緩みが生じやすい性格なら、なかなか重い腰が上がらないでしょう。 行動が遅れがちになり、遅刻することも多くなるはずです。 しかし、遅刻癖は「性格の問題」と思われがちですが、ここで気づいてほしいことがあります。 自分の行動を振り返ってみてください。 たとえば、楽しみにしている海外旅行なら、十二分の余裕を持って空港に向かうでしょう。 取引先と重要な契約を交わす場面なら、たっぷり余裕を持って出発するでしょう。 好きな人との初デートなら、かなり早めの到着を心がけるのではないでしょうか。 いずれも「絶対遅刻してはいけない」と意識する場面です。 もともと遅刻癖のある人でも、本当に大事な場面では、自然と余裕を持った行動を心がけるはずです。 もちろん「完全な不注意」という例外はありますが、大事な場面であればあるほど、時間厳守の意識が高まるはずです。 なぜ大事な場面に限って、自然と遅刻癖が直るのか。 それは、重要と思っているからです。 重要なことであればあるほど「絶対遅刻してはいけない」と思うため、注意します。 このことから、ある事実が見えてきます。 つまり、遅刻癖の本当の原因は「重要と思っていないこと」にあるのです。 「友達だから、少しくらい待たせてもいいだろう」 「雑用だから、ちょっとくらい遅れてもいいだろう」 「軽微な打ち合わせだから、別に遅刻してもいいよね」 重要と思っていないと、安易が考えが浮かんで、気の緩みが生じます。 軽視したり見下したりしてしまう。 ずるずる行動が遅れていき、遅刻につながるのです。 つまり、遅刻癖の本当の原因は「性格の問題」ではなく 重要と思っていないと、つい手抜きしてしまうのが、人間の悪い癖。 気持ちが緩むだけでなく、失礼な態度が出てしまうことも少なくありません。 遅刻癖があると「仕事をなめている」と思われてしまう原因は、ここにあります。   遅刻癖を直すなら、きちんと重要性を認識することです。 時間を決めて人と会うときは、相手に敬意を払いましょう。 わざわざ時間を割いて会ってくれるのですから、重要な待ち合わせです。 感謝の気持ちを持つと、自然と重要感が増していきます。   出社も登校も重要です。 時間を守ることは、社会の大切なマナー。 「たかが出社」「たかが登校」と軽視するのはよくありません。 信用に関わることですから、十分重要と言えます。 金銭や責任が伴うことなら、なおさら重要と考えることです。   時間は、お金より重要です。 したがって「時間が関係していることはすべて重要」と考えるのが適切です。 重要と思えば、自然と時間厳守の注意も高まり、遅刻癖も直っていきます。 「時間が関係していることはすべて重要」と考える。

7
★1

遅刻をして、恥じない人がいる。
遅刻をして、反省する人がいる。

遅刻をしたとき、どう感じるか。 ここは、遅刻癖を直せるかどうかの大切なポイントです。   遅刻をして、恥じない人がいます。 「別に遅刻くらい大したことない」 「数分くらい遅刻をしても大丈夫だろう」 「ほかにも遅刻している人がいるから平気」 罪悪感はゼロ。 恥のかけらもなく、平然としています。 遅刻を責められると「何が悪いの?」「大したことはない!」と言い張って、むしろ開き直る始末。 遅刻に動揺せず堂々としているのはすごいことに思われますが、実際はどうでしょうか。 少なくとも遅刻は、好ましくない行為です。 悪印象・低評価につながることはあっても、好印象・高評価につながることはありません。 遅刻が多いと「不真面目」というレッテルを貼られるのは時間の問題です。 人の本性は「言葉」より「行動」に表れます。 いくら言葉で「自分は真面目な人間」と言ったところで、実際の行動が遅刻ばかりでは「不真面目」と判断されます。 「怠けたい」というわがままな行為で、楽をすることはあっても一時的にすぎません。 長期的に考えると、仕事や人間関係でトラブルを増やすことになり、かえって苦労を増やすことになるでしょう。 残念ながら、世の中には遅刻を恥じない人がいるのも事実。 遅刻癖のある人は、遅刻を恥と感じていない人が多い。 もしくは、浅く考えている人が目立ちます。 遅刻に恥を感じないかぎり、永遠に遅刻癖が直ることはないのです。   一方、逆の人もいます。 遅刻をして、反省する人もいます。 「自分が情けない」 「自己管理が不十分だった」 「相手に迷惑をかけて申し訳ない」 遅刻をしたとき、きちんと恥を感じて反省します。 遅刻をしたことに罪悪感があり、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。 迷惑をかけてしまった人がいるなら、言い訳をしないできちんと謝ります。 大げさに感じるかもしれませんが、大げさではありません。 1分でも遅れたら、遅刻は遅刻です。 恥を感じるのは、自分を律するために必要なこと。 もちろん不必要にくよくよする必要はありませんが、恥を感じることは大切です。 遅刻をしたとき、きちんと反省する人は、自分を戒めることができるため、いずれ遅刻癖が直っていきます。 きちんと遅刻に恥を感じるから「習慣を見直そう」「行動を改めよう」「次からきちんとしよう」と思います。   遅刻をして、恥じない人がいます。 遅刻をして、反省する人もいます。 あなたはどちらですか。 できれば、反省する人になりましょう。 反省することなしに、遅刻癖が直ることはありません。 遅刻を反省するから、遅刻癖も直っていくのです。 遅刻をしたとき、恥を感じて、きちんと反省する。

8
★0

「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。

遅刻癖のある人は「ぎりぎりに到着するのがよい」という考え方があります。 会社の始業時間が「9時」なら「8時57分」に到着しようとします。 待ち合わせの約束が「15時」なら「15時ぴったり」に到着しようとします。 時間だけ見れば、一応遅刻はしていません。 ぎりぎり間に合っています。 遅刻癖がある人は「早めに到着しても待ち時間が長くなり、無駄な時間が発生する」と考えています。 できるだけ時間ぎりぎりに到着したほうが、待ち時間が少なくて済むのでよいと考えています。 そのため、わざとぎりぎりに到着するような行動習慣になっています。 これがよくありません。 時間ぎりぎりで行動していると、途中で少しでも遅延が発生すると、遅刻が確定します。 行き先に向かっている最中、ずっと焦り続けることになります。 精神的に落ち着かず、ストレスを感じます。 心拍数が上がって、はらはらどきどきして、冷や汗をかくことになるでしょう。 トイレに寄る時間すら、ためらってしまいます。 時には小走りで待ち合わせ場所に向かうこともあるでしょう。 いくら時間に間に合うとはいえ、ぎりぎりに到着するのはリスクが大きい。 結果はセーフかもしれませんが、行動習慣としてはアウトなのです。 遅刻癖を直すなら、考え方を改めましょう。 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではありません。 「余裕を持って到着するのがよい」と考えるようにするのです。 時間に十分な余裕を心がけてください。 余裕の目安としては「15分前」「30分前」などが一般的です。 場合によっては「1時間前」がふさわしいこともあります。 十分余裕を持って出発すれば、行き先に向かっているときも落ち着いていられます。   早めに到着すると、待ち時間が長くなって無駄な時間も増えると思われがちですが、誤解です。 早めに到着したら、身だしなみを整える時間に使えます。 汗を拭く、用を足す、靴のひもを結び直す、肩のふけを落とす、ネクタイの位置を整える。 女性なら、化粧直しです。 身だしなみを整える必要はなくても、息を整えて気持ちを落ち着かせるだけでも意味があるでしょう。 それでも時間が余れば、本や新聞を読んだりメールを確認したりして暇をつぶせばOKです。 遅刻癖を直すなら「ぎりぎりに到着するのがよい」ではなく「余裕を持って到着するのがよい」と考えるのが正解です。 余裕を持った行動に快感を覚えるようになれば、遅刻癖が直るのも時間の問題です。 「ぎりぎりに到着するのがよい」ではなく「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。

9
★1

初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。

待ち合わせ場所に行くとき、2パターンあります。 (1)行ったことがある場所 (2)初めて行く場所 待ち合わせ場所に向かうとき、それぞれに応じて行動パターンが変えたがほうがいいでしょう。   まず行ったことがある場所なら安心感があるでしょう。 すでに交通ルートが分かっているので、比較的スムーズに行けるはずです。 「この道を通ればいい」「ここを曲がればいい」と素早く判断できます。 少し戸惑うことはあるかもしれませんが、大きく外れることはないでしょう。 記憶が断片的であっても「見れば思い出す」という状況があるはずです。   問題なのは、初めて行く場所です。 初めて行く場所は、初めて通る道が多いため、移動スピードが遅くなりがちです。 きょろきょろしながら歩いたり、道や曲がり角を1つずつ確認したりなど、もたもたすることが多くなるでしょう。 地図があって交通ルートが分かっていたとしても、そこを通るのは初めてなので安心できません。 「うっかり行きすぎてしまう」「うっかり目印を見落としてしまう」といったこともあるはずです。 複雑な道なら、途中で迷子になる可能性もあるでしょう。 いったん迷子になると、あたふたしてしまい、ますます遅れがちになります。 そのため、初めて行く場所は「30分前の到着」を基本としてください。 早すぎるように感じるかもしれませんが、初めて行く場所なら、このくらい慎重になっておくほうがいいでしょう。 十分な余裕を持って出発すれば、時間のロスが少々あっても間に合います。 たとえ行ったことがある場所でも、ほとんど記憶がないなら、初めて行く場所と同じく30分前の到着を心がけましょう。 方向音痴のため、30分前では安心ができないなら、40分前や50分前の到着を心がけるのも悪くありません。 「初めて行く場所」「方向音痴」のほかに「夜間」や「悪天候」という条件が加わるなら、1時間前の到着も検討してください。   このルールは、ビジネスだけでなく、プライベートでも同じです。 「ビジネスだから慎重になる」「プライベートだから適当でいい」ということはありません。 時間を守ることは信用に関わる行為です。 早めの到着は、ビジネス・プライベートにかかわらず、常に意識しておきましょう。 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。 方向音痴なら、40分前や50分前の到着も検討する。

10
★0

悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。

遅刻癖を直すためには、余裕を持って出発する習慣が大切です。 出発がぎりぎりになると、到着もぎりぎりになります。 スムーズに移動できるとは限りません。 電車遅延、交通渋滞、体調不良。 人に道を聞かれ、時間を取られることもあるでしょう。 少しでも遅延が発生すると、遅刻が確定です。 移動中は焦り続けることになるため、余計なストレスを感じることになり、精神衛生上もよくありません。 焦っているときに限って、なぜかトイレに行きたくなる。 遅刻癖を直すには、何かあってもいいように、余裕を持って出発する習慣が欠かせません。 さて、ここに1つ、ルールを追加してください。 「悪天候のときは、普段より早めに出発する」というルールです。 たとえば、天気が悪いときは、普段より余裕を持って出発するようにしましょう。 雨や雪が降っている日は、電車遅延や交通渋滞が起こりやすい。 警報が出るレベルの悪天候なら、もはや遅延するのが普通と言えるでしょう。 足元が悪いと、歩くスピードも遅くなるでしょう。 傘を差しながら歩くことになるため、視界も悪くなります。 ぬかるみに足を突っ込んでしまうこともあるでしょう。 転んだり滑ったりしてけがをすれば、大きな時間のロスが生まれ、ますます時間が遅れます。 大雨・大雪・大嵐といった悪天候の日は、もはや早めに家を出るのが必須です。 たとえば、いつも朝8時ごろに家を出ているなら、悪天候の日は、7時30分くらいに家を出るようにします。 十二分な余裕を持って出発すれば、よほどの遅延が発生しないかぎり、時間どおりに到着できるはずです。 前日に天気予報をチェックしておき、悪天候になりそうなら、就寝時間・起床時間を前にずらしておくといいでしょう。 ●風の強い日も、普段より早めに家を出たい 注意したいのは、風の強い日です。 「風くらい大したことない」と思いますが、軽視はできません。 バスも電車も風の影響を受けやすいため、遅延につながることがあります。 また風が強ければ強いほど、目を開けにくくなったり歩くスピードが遅くなったりするでしょう。 雨や雪が降っていなくても、風が強い日は、万一に備えて、普段より早めに出発しておくほうが安心です。 風の強さもさまざまですが、強風に関する警報・注意報が出ているかどうかを目安とすると、判断がしやすくなるでしょう。 天気が悪いときのルールを作っておけば、ますます遅刻癖が直りやすくなります。 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。

11
★1

遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。

毎日、何時ごろに寝ていますか。 就寝時間が日付を超えているならイエローカードです。 それが、遅刻癖の原因になっているかもしれません。   始業時間の遅刻を防ぐには「朝きちんと起きること」に意識が向くことが多いのではないでしょうか。 「とにかく朝きちんと起きよう」と思う。 たしかに余裕を持って家を出るためには、朝きちんと起きて、早めに家を出ることが必要です。 もちろん心がけはいいのですが、盲点があります。 大切なのは、起床時間ではありません。 就寝時間です。 夜更かしをしていないでしょうか。 そもそも就寝時間が遅ければ、朝が起きにくいのも当然です。 就寝時間が遅いと睡眠時間も短くなるため、朝起きるのも苦手になります。 目覚めた直後から大きなストレスを感じるでしょう。 うっかり油断すると、二度寝をしてしまうでしょう。 「朝に弱い」 「朝、起きられない」 「目が覚めてから起きるのに時間がかかる」 そうした人も、よくよく話を聞くと「夜更かしによる睡眠不足が原因」というケースが少なくありません。 朝起きるのが苦手になれば、結果として遅刻癖になっていくのです。 遅刻癖を直すなら、まず就寝時間を早くすることが大切です。 早く寝るから朝スムーズに起きられ、朝スムーズに起きられるから余裕を持って家を出ることができます。   最近の1日の生活リズムを振り返ってみてください。 就寝時間が日付を超えているなら、イエローカードです。 人の適切な睡眠時間は「7時間から8時間半」が目安と言われています。 就寝時間は、十分な睡眠時間になるよう、起床時間から逆算して決めましょう。 睡眠時間を十分取れば、朝から絶好調です。 疲れがなく、元気に満ちています。 思考が明瞭で、頭の回転もよくなります。 朝からスタートダッシュができ、日中もエネルギッシュに活動することができます。   生活習慣を振り返り、夜更かしになっている原因を排除してください。 テレビの見過ぎのは注意しましょう。 面白いテレビがあるなら、録画をして、後から見るようにしましょう。 ゲームのやり過ぎにも注意しましょう。 ゲームが楽しくても、深夜まで及ぶのはよくありません。 時間がかかるゲームなら、休日や週末など、時間に余裕のあるときに回すのがいいでしょう。 夜遅くまで塾や残業があって難しいときもありますが、できるだけ早めの就寝時間を心がけることが大切です。 早めに寝るだけで、始業時間の遅刻は激減します。 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間なのです。 早めの就寝時間を心がけ、十分な睡眠時間を心がける。

12
★0

「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
「何かあるかもしれない」と考える。

「道に迷うことはないだろう」 「トラブルに遭うことはめったにない」 「目的地までスムーズに移動できるだろう」 楽観的に考えていませんか。 遅刻癖のある人は、目的地までの移動を楽観的に考えているところがあります。 家を出て、遅れることも迷うこともなく、スムーズに到着できるだろうと考えている。 もちろん行き慣れた道や通い慣れたルートなら、迷うことはないでしょう。 バスや電車は、タイムスケジュールどおりに動きます。 よほどの悪天候でないかぎり、電車もバスも動いてくれるでしょう。 赤信号が連続したとしても、遅延の程度は知れているでしょう。 あまり縁起の悪いことは考えたくありません。 ポジティブに考えるためにも「スムーズに移動できる」と考えたくなる気持ちも分かります。 また、そう願いたい気持ちもあるのかもしれません。 しかし、実際は分かりません。 公共交通機関で遅延があるかもしれない。 交通渋滞に巻き込まれるかもしれない。 通勤・通学の距離が短くても、リスクがゼロということはありません。 途中で体調が悪くなり、お手洗いの時間が長くなるかもしれない。 渋滞の影響を受けにくい徒歩や自転車であっても、何らかのトラブルに見舞われる可能性があるでしょう。 「絶対大丈夫」ということはありません。 「絶対大丈夫」と思うから、遅刻癖になります。 「スムーズに移動できる」という前提で考えると、リスク管理が甘くなります。 自然と出発がぎりぎりになり、遅刻することも増えてしまうのです。   考え方を変えましょう。 「スムーズに移動できる」と考えるのではありません。 「何かあるかもしれない」と考えるのです。 何らかのトラブルがある可能性を考慮しておくことが大切です。 前もってリスクを考慮しておけば、自然と行動が慎重になります。 「途中で何かあるかもしれない」と考えておけば「念のため早めに家を出たほうが安心」と考えるようになります。 雨や雪が降っているときは「普段より早めに家を出よう」と考えるようになるでしょう。 途中でトラブルがあっても、よほどのことがないかぎり、遅刻を防げるはずです。 いざトラブルが起こったとき、慌てずに済みます。 これがリスク管理です。 楽観的に考えるのはポジティブでよいことですが、リスク管理を無視するのはよくありません。 遅刻癖を直すなら「スムーズに移動できる」ではなく「何かあるかもしれない」と考えて行動するのが正解です。 「スムーズに移動できる」ではなく「何かあるかもしれない」と考えて行動する。

13
★0

腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。

あるものを身につけるだけで、遅刻癖が直るかもしれません。 それは「腕時計」です。 腕時計を身につけていますか。 ほとんどの人が携帯電話を所有している時代です。 携帯電話で時刻が確認できるため、腕時計を身につけていない人が増えました。 もはや腕時計を持っていない人も珍しくありません。 「携帯電話で時刻を確認できるから、腕時計は必要ない」 「手首に違和感があって、あまり好きではない」 「そもそも腕時計に興味がない」 腕時計を不要と考える人も多いのではないでしょうか。 そもそも腕時計に興味がない人もいるはずです。 しかし、手軽に時刻を確認するなら、腕時計ほど便利なものはありません。 腕時計は、置き時計や壁時計とは違い、直接体に身につけます。 腕時計を身につけることは、時間を身につけることと同じです。 時計を身につけると、いつでも手軽に時刻を確認できるため、自然と時間感覚が研ぎ澄まされます。   本気で遅刻癖を直したいなら、腕時計を身につけてみてください。 腕時計を身につけるだけなら、今日からでも取り組めます。 腕時計を持っていないなら、この機会に新しく購入してはいかがでしょうか。 少し出費はかかりますが、それで遅刻癖が改善するなら安いもの。 腕時計は、高級なものである必要はありません。 時計の機能を果たすなら、安物で十分。 種類に迷ったら、シルバーステンレスのシンプルな腕時計がいいでしょう。 シルバーステンレスの腕時計は、ビジネスでもプライベートでも使え、シーンを選びません。 防水タイプの腕時計を身につければ、入浴中や運動中でも時刻を確認できます。 アラーム機能の付いた腕時計も悪くありません。 お気に入り腕時計なら、何度も見たい気持ちになるため、ますます時間感覚が研ぎ澄まされるでしょう。 時計に興味がないなら、腕時計を「ファッションの1つ」と考えてみてはいかがでしょうか。 時計に興味はなくても、おしゃれなら興味があるのではないでしょうか。 おしゃれな腕時計なら、時刻を確認できるだけでなく、ファッションにもなります。 本気で遅刻癖を直したいなら、腕時計を試してみる価値はあるでしょう。 腕時計を身につけるだけで遅刻癖が直るとは限りませんが、少なくとも時間に意識が向きやすくなるのは間違いありません。 手首に違和感があって抵抗を感じるかもしれませんが、遅刻癖を直すほうが重要です。 「時間の奴隷」になるのではなく「時間の主人」になりましょう。 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれるのです。 腕時計を身につける。

14
★1

時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。

遅刻癖を直すには「時間を意識する癖をつけること」が大切です。 遅刻癖のある人には、時間を意識していない人が多い。 時計が分からない状態で時間どおりに動くのは難しいでしょう。 時間に無頓着であれば、遅刻癖になるのも当然です。 時間を意識する癖をつけておくことで、時間感覚が研ぎ澄まされ、結果として遅刻癖の改善につながります。 では、時間を意識する癖をつけるにはどうすればいいか。 難しく思えますが、実は簡単です。 時計の数を増やしましょう。 「時計は1つあれば十分」という人もいますが、遅刻癖があるなら、時計の数を増やしてください。 時計の数が増えれば、時間を見る機会も増えます。 時計の種類は、アナログ・デジタルのどちらでもかまいません。 時計の数を増やせば、時間を見る回数も増えるため、時間を意識する機会も増えるようになります。   机の上に置き時計はありますか。 ないなら、机の上に置き時計を置いてみましょう。 遅刻癖を直したいなら、まず時計がないとことには始まりません。 視界の範囲に時計があれば、自然と時間を意識できます。   トイレの中に時計を設置するのも悪くありません。 用を足している間、時計を見ることになるため、時間を意識しやすくなります。   部屋に壁時計はあるでしょうか。 部屋に時計がないなら、見やすいところに壁時計を設置するといいでしょう。 生活の中で自然と視界に壁時計が目に飛び込んでくるようになるため、時間の意識を高めることができます。 また「1部屋につき、壁時計は1つ」というルールはありません。 遅刻癖がひどいなら、1部屋に壁時計を2つ設置してみるのもアイデアです。 2つ目の時計を部屋の扉に設置すれば、出入りするたびに時間を確認できます。   パソコンで仕事をするなら、時刻表示をオンにしておきましょう。 時刻表示を拡大できるなら、仕事に支障が出ない範囲で大きくすると、見やすくなって便利です。   携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面にも時間表示がされているでしょう。 なるべく大きめの時刻表示にしておくと、時間を意識しやすくなります。 自然と時計が見えるようになるため、自然と時間を意識することにつながるでしょう。   より時間意識を高めたい「秒針のある時計」がいいでしょう。 人は、動きのあるものに反応します。 1秒ごとに秒針が動くと、注意が向きやすくなって、ますます時間を意識しやすくなります。   至るところに時計があれば、時間を意識せざるを得なくなります。 自然と時間感覚が研ぎ澄まされ、時間の認識を強化できます。 時計を増やすだけですから、難しいことは何もありません。 今日からでも実行できます。 遅刻癖の改善は、時計の数を増やすことから始まるのです。 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やす。

15
★0

早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。

遅刻癖のある人は「行動が遅い」という特徴があります。 なかなか重い腰が上がらず、のんびり行動するのが癖になっています。 そのため行動全体が後ろ倒しになりがちです。 「まだ大丈夫」 「まだ時間がある」 「もう少し様子を見てから」 あれこれ言い訳をしながら、ずるずる行動が遅くなっていく。 こういう言い訳を考えることだけは、天才的です。 そして気づけば、すっかり余裕がなくなっていて、時間ぎりぎりの行動になっているのです。 遅刻癖を直すには「行動が遅い」という癖を改めることが必要です。 では、どうすれば行動が遅い癖を直せるのか。 そこで役立つのが「早めの時間を思い込む」という方法です。 「上手に自分をだます」と言い換えてもいいでしょう。 わざと早めの時間を思い込むことで、行動の前倒しを促すことができます。 たとえば、会社の始業時間が「9時」なら「8時30分」と思うようにします。 集合時間が「15時」なら「14時30分」と思うようにします。 デートの待ち合わせが「12時」なら「11時30分」と思うようにします。 早めの時間を思い込めば、行動の遅い人でも、自然と早めの行動ができるようになり、遅刻の防止に役立ちます。 気持ちの問題ではありますが、人によっては一定の効果を発揮するでしょう。 ●思い込むのが苦手なら、紙に書く 思い込むには、頭の切り替えが必要なので難しいことがあります。 「思い込みたくても思い込めない」 なかなかうまく思い込むことができないときは、紙に書いてください。 紙に書けば目に見えるため、思い込みやすくなります。 頭が混乱しそうなら「本来の時間」と「早めの時間」の両方を書いてみるのもいいでしょう。 本来の時間のほうには二重線を引いておけば、頭の整理がしやすくなるはずです。 早めの時間を思い込んで、早めの行動を促す。 思い込むのが苦手なら、紙に書く。

16
★0

時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。

遅刻癖を直すには、余裕を持った行動の癖をつけることが大切です。 5分前行動や10分前行動など、早めに行動すれば、多少の遅延が発生しても間に合います。 ところが、頭では「早めに行動したほうがいい」と分かっていても、思うようにいかないことがあります。 癖は、なかなかすぐ簡単に変わるものではありません。 完全に癖を変えるには、少し時間がかかります。 体が覚えていることもあれば、古い記憶が残っていることもあるでしょう。 新しい癖を身につけるには、最低でも3週間は必要と言われています。 遅刻癖が長ければ長いほど、直すのに時間がかかるもの。 意識しているときはできても、ちょっと油断すると、再び遅刻癖に戻ってしまいます。 そんなときに役立つ方法があります。 時計を早めてしまいましょう。 わざとタイムラグを作ることで、その時間だと思い込むことができ、上手に自分をだませます。 たとえば、時計を5分進めておけば、自然と5分前行動ができるようになります。 時計を見たとき、直感的に「もうこんな時間!」と思えます。 いい意味で時間を誤認識できるため、早めの行動を促せます。 遅刻癖がひどいなら、10分や15分に早めておくのも悪くありません。 もちろん時間を進めすぎると日常生活に支障が出るため、現実的な範囲にとどめておくのがいいでしょう。 正しい現在時刻が分かりにくくなるデメリットはあるものの、この方法が合っている人もいるでしょう。 ●慣れてしまうと意味がなくなる 時間を早める方法は、即効性があるものの、完璧ではありません。 時計を早めていることに慣れてしまうと、この方法も意味がなくなります。 人は慣れる生き物です。 「この時計は進んでいるから、遅れても大丈夫」と油断するようになります。 最初はスムーズであっても、時計が進んでいることに慣れていくにつれて、再び遅刻癖に戻ってしまう可能性があります。 保険的な方法ではありますが、取り急ぎ遅刻癖を直したいときには有効です。 あくまで遅刻癖を直すまでの一時的な方法として活用するのがいいでしょう。 ●公共性の高い時計は控えておく 時計を早めるなら、注意しておきたいポイントがあります。 時計を早めるのが有効とはいえ、公共性の高い時計は控えておくのがマナーです。 教室の壁時計や教室の置き時計など、不特定多数の人が見る時計をいじると、周囲の迷惑になります。 来客が時計を見ると、時間を厳守しているにもかかわらず「遅刻をしてしまった」と誤解するでしょう。 時計を早めるなら、腕時計や携帯電話の時計など、プライベートな範囲にとどめておくのがいいでしょう。 日常生活に支障が出ない範囲で、物理的に時計を早めておく。

17
★0

スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。

アラームが鳴って目が覚めても、安心とは限りません。 「アラームが鳴って一度起きたにもかかわらず、二度寝をしてしまい、遅刻してしまった」 そんな失敗経験がある人も多いのではないでしょうか。 特に目覚め方が中途半端のときは、二度寝が起こりやすい。 目覚めかけの状態から、再び睡眠の世界に戻ってしまうことがあります。 遅刻癖のある人は、二度寝をする頻度も多いでしょう。 二度寝ほど心地いいものはありません。 覚醒と睡眠の中間は、妙な心地よさがあります。 ふわふわ浮いているような感覚があって気持ちいい。 「あと3分だけ寝たい」と思っていると、30分経っています。 驚くべきことに、アラームが鳴っても、無意識のうちに止めてしまう人もいます。 アラームに慣れきってしまうと、勝手に体が動くようになり、反射的にアラームを止めてしまいます。 なかなか1回のアラームで起きることができず、苦労している人も多いのではないでしょうか。 こうした状況のとき、役立つアラームの機能があります。 「スヌーズ機能」です。 スヌーズ機能とは、一度アラームを止めても、しばらくして再び鳴り出す機能のことをいいます。 つまり「二度寝を防ぐ機能」です。 二度寝をすることがあっても、スヌーズ機能があれば、きちんと目覚めるまで繰り返しアラームが鳴ってくれます。 もちろんスヌーズ機能があっても、完全に二度寝を防げるわけではありませんが、少なくとも保険にはなるでしょう。 スヌーズ機能を活用すれば、遅刻癖を直すのに役立ちます。   携帯電話やスマートフォンなら、スヌーズ機能は標準搭載されているはずです。 アラームをセットする際は、スムーズ機能をオンにしておきましょう。 寝室の目覚まし時計にスヌーズ機能がないなら、スヌーズ機能のある目覚まし時計に買い換えてみてはいかがでしょうか。 少し出費はありますが「遅刻癖を直す費用」と思えば安いものです。 スヌーズ機能をオンにしたら、スヌーズ機能の動作確認もしておきましょう。 遅刻は、信用問題に関わるため、入念な対策をしておくのがいいでしょう。   私たちは現在、便利なツールのある社会で生きています。 素晴らしい文明の利器があるなら、活用しない手はありません。 ツールに頼るのに申し訳ないと思う必要はありません。 精神論だけで遅刻癖は直りません。 頼れるものは、素直に頼るのが賢明です。 スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能です。 アラームをセットする際は、スヌーズ機能をオンにしておく。

18
★1

遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。

遅刻癖を直すために、ペナルティーを作るのも1つの方法です。 遅刻癖のある人は、遅刻に対する緊張感が足りません。 「遅刻をしても謝ればいい」と安易に考えています。 緊張感がなければ、時間に対してルーズになるのも仕方ありません。 そこで、上手に緊張感を作る工夫があります。 遅刻をしたときのペナルティーを作りましょう。 本来はペナルティーがなくても遅刻癖を直せればいいですが、人によってはペナルティー方式が効果的です。 「わざわざペナルティーを作るなんてばかばかしい」と思う人もいるでしょう。 たしかに自分でペナルティーを作ると、自分で自分の首を絞めることになります。 ナンセンスに感じる人もいるでしょう。 苦労やストレスを増やすだけで、嫌がる人も多いのではないでしょうか。 しかし、自分に甘いばかりでは、なかなか遅刻癖は直せません。 ペナルティーがあると、適度な緊張感を生まれ、時間厳守の意識が高まります。 本気で遅刻癖を直したいなら、ペナルティーを作ってみる価値はあります。 たとえば、学校に遅刻したら「朝のごみ掃除を担当する」というペナルティーがあります。 面倒な仕事が増えると分かれば、遅刻に注意する気持ちが強くなり、余裕を持った行動しようと思うでしょう。   会社の就業時間に遅刻したら「給与から一定額を差し引く」というペナルティーもありでしょう。 少し厳しく感じるかもしれませんが、自己管理能力を高めるなら、一定の効果があるでしょう。   デートに遅刻したら「フルコースの食事をおごる」というペナルティーはいかがでしょうか。 フルコースの食事というペナルティーなら、デートを豊かにするアイデアにもなるでしょう。   友達との待ち合わせに遅刻したら「人数分の食事をおごる」というペナルティーも悪くないでしょう。 待たせる人が多ければ多いほど、ペナルティーも大きくなるので、時間厳守の意識が高まるはずです。 § ペナルティーの決め方にルールはありませんが、生ぬるいペナルティーでは意味がありません。 緊張感を保つためのも、ある程度厳しいものがいいでしょう。 経済的なダメージが伴うペナルティーなら、間違いなく本気になれます。 特に大切なのは「自分でペナルティーを作る」という点です。 人に強制されると消極的になりますが、自分で作ったペナルティーなら積極的になれるでしょう。 自分の意志と決断によるペナルティーだからこそ、厳しい内容も快く受け入れることができます。 ペナルティーを作ったら、事前に公言しておくといいでしょう。 監視の目が強くなることで、ますます時間厳守の意識が高まります。 ペナルティーの厳しさが、あなたの遅刻癖を改善するのです。 遅刻をしたときのペナルティーを作って、時間を守る意識を高めておく。

19
★1

「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。

遅刻癖を直すなら、遅刻をしない練習をしましょう。 誰かと待ち合わせをするのではありません。 自分と待ち合わせをしましょう。 名付けて「1人待ち合わせ」です。 聞き慣れない言葉かもしれませんが、1人待ち合わせの方法は簡単です。 1人でできる予定を立てて、時間厳守で行動するだけです。 たとえば「15時に喫茶店に行く」という約束を自分と取り交わし、時間厳守で向かいます。 約束は約束です。 誰かと待ち合わせるわけではありませんが、自分と約束しています。 遅刻しても、誰かに迷惑をかけることはないので安心です。   「18時にスーパーマーケットに行く」というルールを決めて、忠実に実行するのもいいでしょう。 買い物なら日々の生活で行う家事なので、練習回数を増やせます。 半額になる時間が18時なら、節約のために頑張れます。 時間に遅れたら「半額商品を買い逃す」というペナルティーがつくので、適度な緊張感も生まれるでしょう。   映画館に行く機会を利用するのも有効です。 上映時間が12時なら、上演開始前の到着を心がけます。 見たい映画のためなら、必死になって頑張れるでしょう。 映画館に行くためには、歩いたり電車に乗ったりするので、遅刻癖を直す練習の機会になります。 遅れたとしても「映画の冒頭を見逃す」というペナルティーがつくので、適度な緊張感も生まれます。   1人待ち合わせは、都合がいいときにできるので便利です。 時間が空いたときに取り組むのもよし。 日々の生活習慣に取り込めば、毎日がトレーニングになるので、遅刻癖も早く直るでしょう。 1人待ち合わせで、遅刻癖を直す練習をする。

20
★0

遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。

あなたは、遅刻された経験がありますか。 おそらく遅刻をされたことがない人は、1人もいないでしょう。 誰でも一度は、遅刻をされた経験があるはずです。 「たっぷり余裕を持ってきたのに、相手は大幅な遅刻。謝ってくれない。それどころか言い訳ばかりされしまった」 そんな経験があると、誰でもむっとするでしょう。 わずかな遅刻なら平気であっても、30分や1時間も遅刻されると、やはり不快な気持ちも強くなります。 遅刻されると、自分を軽視されたように感じ、不快感を覚えるのではないでしょうか。 「遅刻をするなんて失礼だな」 「こんなに待たされた。いらいらするな」 「なんてひどい人なのだろう。時間を厳守してほしい」 遅刻をされた腹が立ったときが大切です。 その怒りを、相手に自分の遅刻癖に役立ててください。 「自分が不快を感じる」ということは「自分が遅刻したら、それくらい相手を不快にさせてしまう」ということです。 遅刻をされて嬉しい人は、1人もいません。 遅刻とは、相手の時間を奪う行為。 相手を不快にさせてしまいます。 当然のことですが「遅刻をされたから自分も遅刻で仕返しをする」といったことはないように注意してください。 遅刻されたからといって、自分も遅刻で仕返すと、ますます遅刻癖がエスカレートして悪循環になります。 あくまで悪い見本なので、真似をしても悪影響しかありません。 では、どうするか。 他人の遅刻で不快になったら、自分の遅刻癖を直すモチベーションに変えましょう。 つまり「遅刻した人を反面教師にする」ということです。 遅刻した人を恨むのではなく、反面教師にしましょう。 悪い見本として反省や戒めの材料とすれば、遅刻された経験も役立ちます。 「遅刻をされると、これほど不快な気持ちになるのか。本当に迷惑。自分はこうならないように注意しよう」 そういう考え方ができれば、遅刻癖を直すモチベーションが高くなるでしょう。 遅刻をされたことは残念ですが、反面教師としては役立ちます。 遅刻をされて不快や不満を感じたら、その感情を、自分の遅刻癖の改善に生かしてください。 「自分はこうなりたくない」という考え方ができれば、モチベーションに変えましょう。 遅刻されたことに腹を立てることで、自分の遅刻癖を直すきっかけにしましょう。 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならないのです。 遅刻した人を反面教師にして、自分の遅刻癖の改善に生かす。

21
★0

移動時間だけでは不十分。
出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。

時間どおりに到着するには、まず移動時間を考えます。 知っている場所なら、大まかな移動時間を予想できるでしょう。 知らない場所だとしても、時刻表や路線検索を使えば、移動時間を確認できます。 移動に30分かかると分かれば、約束時間から移動時間分を逆算して出発すればいいと思います。 余裕を持って出発すれば十分間に合うはずですが、ここで遅刻癖のある人によくある盲点があります。 遅刻癖のある人は「移動時間」は考える一方「準備時間」を考えていないことが多い。 出発前には準備が必要です。 資料を整理したり、荷物をまとめたり、身だしなみを整えたりするでしょう。 女性ならメイクの時間があるでしょう。 出かける前の準備時間を考慮していないと、出発前にばたばた慌てることになります。 「すぐ準備できる」と思っても、いざ準備を始めると、意外と手間暇がかかることもあるでしょう。 そして、遅刻してしまうのです。 余裕を持って到着するためには、移動時間だけでなく、準備時間も考慮しておく必要があります。 準備に必要な時間は、状況によって変わります。 ほとんど時間がかからないこともあれば、時間がかかることもあるでしょう。 実際のところ、移動時間より準備時間のほうが厄介です。 移動時間は、時刻表や路線検索を使えば、正確な時間を確認できますが、準備時間はそういきません。 勘と経験を頼りに、予想するしかありません。 準備にかかる時間は、実際にやってみないと分からないところがあります。 準備時間は、大まかな予想しかできないため、十分余裕を持って見積もっておく必要があります。 たとえば、移動に30分、準備に30分かかるなら、余裕を持って1時間半前から動き始めたほうがいいでしょう。 少し早すぎるように感じたとしても、実際はちょうどよいことがあります。   あなたの行動には、移動時間だけでなく、準備時間も考慮されているでしょうか。 頭の中に「移動時間+準備時間」という計算式を入れておきましょう。 移動時間と準備時間の両方を考慮してこそ、時間厳守を実現できます。 移動時間だけでなく、出かけるまでの準備時間も考慮しておく。

22
★1

当日に準備をするではない。
前日までに準備を済ませよう。

遅刻癖を直すなら、準備のタイミングが大切です。 仕事の準備、旅行の準備、デートの準備。 あなたは、どのタイミングで準備をしますか。 自分の行動パターンを振り返ってみてください。 もし当日に準備しているなら、注意が必要です。 当日に準備すると、ばたばた慌ててしまう可能性があるからです。 もちろん一瞬で終わる準備なら、当日でもいいのです。 「身分証だけ」「ノートだけ」「筆記用具だけ」といった軽微な準備なら、まだ当日でもいいでしょう。 しかし、一定の準備が必要なら、当日に準備するのは不安があります。 目的地までの移動時間は、路線検索で正確に時間を確認できますが、準備時間は曖昧です。 すぐ終わりそうな準備であっても、意外と手間暇がかかってしまうことがあるでしょう。 勘と経験が頼りになるため、意外と時間がかかることが少なくありません。 準備時間は、大まかな予想しかできないため、十分余裕を持って見積もっておく必要があります。 そもそも当日では間に合わない準備もあるはずです。 当日に準備していると、当日では間に合わないものが見つかって、パニックになることもあるでしょう。 遅刻癖のある人は、当日に準備を行う傾向が目立ちます。   では、どうすればいいのか。 遅刻癖を直したいなら、行動習慣を改めましょう。 当日に準備をするのではありません。 前日までに準備を済ませるのです。 たとえば、旅行です。 当日に準備を始めるのではなく、前日までに準備を済ませておきましょう。 現金、パスポート、衣類、洗面用具、化粧道具、スーツケース、日程表。 前日までに準備を済ませておけば、当日はスーツケースを引っ張るだけで済みます。   仕事で取引先に行くときも、要領は同じです。 スーツ、ネクタイ、カバン、筆記用具、資料一式。 前日までに準備を済ませておけば、当日は仕事に集中しやすくなるでしょう。   注意したいのは、衣類です。 「着替えるだけだから準備は不要」と思うかもしれませんが、油断は禁物です。 着替えるだけとはいえ「何を着るか」だけでも決めておくほうがいいでしょう。 デート当日、どんな服を着ていこうか鏡の前で迷ってしまい、遅刻しそうになった経験はないでしょうか。 当日に着ていく服を考えると、鏡の前でファッションショーをすることになり、意外と時間を取られることがあります。 「この服を着ていく」と決めておくだけでも、安心感が違います。 できる準備は、前日までにすべて済ませておきましょう。 当日は、準備した荷物を持参するだけでいいので、スムーズに出発できます。   「そこまで慎重にならなくてもいいのではないか」と思うかもしれませんが、その油断こそ遅刻癖の原因です。 とにかく余裕が大切です。 油断は禁物。 自分を過信しすぎないこと。 できるだけ普段から心がけ、当たり前の行動習慣にしておきましょう。 準備は、当日にするではなく、前日までに済ませるのが正解です。 準備は、当日ではなく前日のうちに済ませておく。

23
★1

時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。

遅刻癖の改善に、記録をつけることが有効です。 ずばり「時間を守れた記録」です。 記録をつけると、結果が目に見える状態になります。 仕事・勉強・スポーツでは、モチベーションの維持に記録をつける方法が定番ですが、遅刻癖の改善にも応用できます。 記録をつけるたびに「今日も時間を守れた!」と、ささやかな喜びを感じることができるでしょう。 自分の努力を実感しやすくなるため、遅刻癖を直すモチベーションを維持しやすくなります。 「わざわざ記録をつけるほどでもない」 そう思う人もいるかもしれませんが、軽視はよくありません。 時間を守るのは当たり前とはいえ、遅刻癖のある人にとっては、時間を守ることも1つの結果です。 大げさに思えるかもしれませんが、時間を守れたことを「努力の結果」と見なしてください。 本気で遅刻癖を直したいなら、謙虚であることが必要です。 なにより日々の積み重ねが大切です。 「記録なんて意味がない」とばかにせず、謙虚な気持ちでこつこつ記録をつけていきましょう。   記録の付け方は自由ですが、単純な記号による記録で十分。 時間を守れたときは、シンプルに「丸印」をつけるだけでかまいません。 記録をつけるとはいえ、一瞬でできる作業でしょう。 たとえば、カレンダーです。 遅刻をせず、きちんと時間を守れたら、丸印をつけます。 丸印をつけるたびに達成感が得られるでしょう。 丸印が並んでいくことに快感を覚えるようになれば「今後も時間厳守を心がけよう」とやる気が起こります。   日記の習慣があるなら、記載枠の隅に記録するといいでしょう。 日記とは、自分の生きた証しを残す行為。 立派な記録を残したい気持ちが湧けば、時間厳守の意識を保てます。 日記を読み返すごとに、自分の努力を誇らしくなります。   もちろんデジタルデータで記録をつけるのも悪くありません。 毎日パソコンを使うなら、デジタルデータのほうが適している人もいるでしょう。 デジタルデータなら、場所を取らず、保存もコピーも簡単です。   最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくれば楽しくなってくるでしょう。 「今日も時間を守れた!」と自分を褒めながら記録をつけていけば、ますます達成感が得られます。 いったん慣れてしまえば、記録をつけないほうが落ち着かなくなるでしょう。 「よい記録を残したいから頑張りたい」と思え、脳の報酬系に働きかけることができます。 小さな習慣ですが、大きな変化をもたらします。 「遅刻しないのが当たり前」という意識になるまで、こつこつ続けていきましょう。 だんだん生活リズムが整っていきます。 記録をつけるのが当たり前になるころには、遅刻癖も直っているはずです。 時間を守れた記録をつける。

24
★0

暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。

遅刻癖を直すには、余裕を持って向かう習慣が大切です。 時間ぎりぎりの到着を目指すと、途中で何かトラブルが発生したとき、遅刻してしまいます。 交通機関が乱れることもあれば、体調が悪くなることもあるでしょう。 万一を考慮して、早めに出発することで、遅刻を防げます。 しかし、早めに向かったほうがいいと分かっても、ぼうっと待つのがおっくうで、気が進まないときもあるでしょう。 無駄な時間を過ごしているような気分になる。 短いはずの待ち時間も、長く感じてしまいます。 待たされている時間が長くなるにつれて、だんだんいらいらしてきます。 特にせっかちの人にとっては、ぼうっとした待ち時間が苦痛に感じるはずです。 そんなときは、暇つぶし用のアイテムを準備しておけば解決です。 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、待ち時間を有意義に使えます。 むしろ待ち時間を歓迎できるでしょう。 たとえ待ち時間が長くても、上手に時間をつぶせるようになるので、待ち時間が長くなっても安心です。 たとえば、本です。 本をカバンに入れておけば、バスや電車の移動時間だけでなく、待ち時間も暇をつぶせます。 小さなカバンなら、小さめの本を選ぶといいでしょう。 手のひらサイズの本なら、軽くてコンパクトなので、小さなカバンに入れることができるでしょう。 本を1冊準備しておくだけでも、安心感はまったく違います。   紙の本は、重さがあって苦手なら、電子書籍はいかがでしょうか。 電子書籍なら、端末に何冊分インストールしても重さは変わりません。 待ち時間を教養の時間に変えることができます。   音楽を聴くのもいいアイデアです。 あらかじめ手持ちの音楽プレイヤーに聴きたい音楽を入れておきます。 デートのとき、待ち合わせ場所で待っているときに音楽を聴けば、上手にテンションを上げることができるでしょう。 好きな曲なら時間が経つのも早く感じるはずです。 天候が悪くても、明るくて爽やかな音楽を聴けば、心を晴れやかにできます。   「暇つぶし用のアイテムがある」と分かれば、余裕を持った行動に抵抗がなくなります。 にこにこしながら、相手を出迎えることができるでしょう。 たとえ相手が遅刻しても、時間を有意義に使っているので、いらいらすることもなくなります。 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心なのです。 早く着いたときために、暇つぶし用のアイテムを準備しておく。

25
★1

遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
自分の外にあるかもしれない。

遅刻の原因は、自分の中にあると思われがちです。 考え方や行動パターンに甘いところがあると、遅刻癖になります。 しかし、遅刻癖とはいえ、自分の中にあるとは限りません。 遅刻癖は、自分の外にあるのかもしれません。 ●職場の人間関係 職場の人間関係で問題を抱えていないでしょうか。 ・いじめ ・パワハラ ・セクハラ。 職場の人間関係に問題があるなら、体が拒否反応を示します。 「職場に行きたくない」という気持ちになるのも当然のこと。 職場に抵抗感があると、自然と時間にルーズになり、結果として遅刻につながるケースがあります。 遅刻癖の原因が自分の外にあるなら、その問題を解決するのが先決です。 職場でいじめがあるなら上司と相談して、解決を促してもらいます。 直属の上司に相談するのが難しいなら、さらに上の上司や人事課に相談を持ちかけたりするのも1つの方法です。 ●自分に合っていない仕事 自分に合っていない仕事が関係していることもあるでしょう。 ・適正のない仕事 ・能力不足の仕事 ・そもそも好きではない仕事 「この仕事は自分に向いていない」と違和感に苦しめば、ストレスを感じます。 職場に向かうモチベーションが下がり、だんだん遅刻癖になってしまいます。 仕事が合わないなら、上司と相談して、仕事を変えてもらったり異動を申し出たりする方法があるでしょう。 職種自体が合っていないなら、転職も選択肢の1つに入れて検討する必要があるでしょう。 ●プライベートの問題 プライベートの問題が遅刻癖に関係していることもあります。 ・友達との不和 ・親子関係のもつれ ・恋人とのマンネリ化 プライベートで問題を抱えていれば、気力を奪われます。 「何もしたくない」という気持ちになって無気力になると、行動力も鈍くなる。 プライベートで問題で頭がいっぱいになると、余裕が失われ、遅刻癖に発展することがあります。 プライベートで問題は、そのままにせず、きちんと解決に向けてアクションを起こすことが大切です。 § 上記はあくまで一例です。 上記以外にも、何らかの外的要因が関係していることがあります。 遅刻癖が、自分の中ではなく外にあるのではないか振り返ってみてください。 心当たりがあれば、きちんと問題解決に取り組みましょう。 自分の外にある原因が解消されれば、ストレスもなくなって心が軽くなります。 結果として遅刻癖の改善につながります。 遅刻癖が自分の外にあるのではないか振り返ってみる。

26
★1

無理なスケジュールは、遅刻のもと。

遅刻癖を直すなら、スケジュールを立てる段階が大切です。 遅刻癖のある人は、無理なスケジュールを立てる傾向があります。 たとえば「分単位の段取り」「余裕のない移動時間」です。 無理なスケジュールは「遅刻してください」と言っているようなもの。 スケジュールを立てる段階で、遅刻の可能性が高い状態です。 いくら余裕を持って行動したくても、そもそもスケジュールに無理があるなら、余裕を作るのは難しいでしょう。 無理なスケジュールを立てれば、余裕がなくなり、遅刻になるのも当然です。 無理なスケジュールは、遅刻のもとなのです。   スケジュールを立てるなら、現実的な範囲を心がけましょう。 仕事のスケジュール、旅行のスケジュール、遊びに行くスケジュール。 欲張ってタスクを増やすのは要注意。 余裕のあるスケジュールだからこそ、余裕を持った行動ができるようになります。   仕事では、余裕のあるスケジュールを心がけましょう。 たくさんタスクを詰め込みたくても、無理なスケジュールは破綻のもとです。 1日にたくさんアポイントを入れたり、複数の仕事を掛け持ちしたりすると、オーバーワークが発生します。 ミスや失敗が増え、上司や取引先に迷惑をかけてしまうかもしれません。 時間を切り詰めなければいけないなら、そもそも仕事を減らしてみるといいでしょう。 時には妥協も必要です。 タスクを減らしたほうが、余裕が生まれるだけでなく、仕事の質も向上するでしょう。 1つずつ丁寧に仕事をこなすことで、素晴らしい成果を上げることができます。   旅行のスケジュールも、余裕が大切です。 「得を増やそう」「損を減らそう」という気持ちがあるのはいいですが、欲張りすぎると、無理なスケジュールになりがちです。 ぎりぎりのスケジュールより、ゆとりのあるスケジュールのほうが、それぞれの観光地を落ち着いて見て回れます。 時間に余裕があるからこそ、世界の美しさが見えてくる。 感動する余裕も生まれます。 少し損をしてもいいので、余裕のあるスケジュールにしたほうが、旅行の質が高まります。   遊びに出かけるスケジュールも、余裕が大切です。 余裕があれば、慌てずにのんびりした時間を過ごせます。 ちょっとした寄り道を楽しむこともできるでしょう。 思い出深い時間を過ごせるでしょう。 § スケジュールに余裕を作ることも、自己管理の1つです。 「少し厳しいかな」と思ったら、スケジュールを見直して、余裕を作ってください。 余裕のあるスケジュールだからこそ、遅刻を減らすことができるのです。 無理なスケジュールを立てず、余裕のあるスケジュールを立てる。

27
★1

「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。

「大学に入ったら、自然に遅刻癖が直った」 「新しいバイトを始めたら、自然に遅刻癖が直った」 「就職して社会人になったら、自然に遅刻癖が直った」 ときどき「自然に遅刻癖が直った」という話を耳にします。 たしかに人生の区切りで「自然に遅刻癖が直った」という報告が多数存在します。 特に新しいステージを始めた際、自然に遅刻癖が直るケースが多いようです。 「いつの間にか直った」「気づいたら直っていた」という人も少なくありません。 さて、自然に遅刻癖が直った話を聞けば、どう感じるでしょうか。 苦労も努力もないように感じるでしょう。 あっさり簡単に直った印象を受けるでしょう。 うらやましく感じることもあるかもしれません。 「自然に遅刻癖が直った人がいるなら、自分もそうなるかもしれない。遅刻癖をほうっておこう」 安易に考えそうになりますが、ここが要注意です。 「自然に遅刻癖が直った」という言葉をうのみにしてはいけません。 「自然に遅刻癖が直った」と聞けば「何も努力しないで直った」というふうに聞こえますが、誤解です。 本人は「自然に直った」と思っていますが、実は気づかないうちに努力をしています。 新しいステージが始まったときの様子をイメージしてみてください。 新しいステージが始まると、気持ちが引き締まります。 「しっかり気合を入れて頑張ろう!」と、やる気を出すでしょう。 「最初が肝心だから、ミスや失敗がないよう十分注意しよう」と、自分に厳しくなります。 身も心も引き締まると、時間にもシビアになる。 結果として、遅刻癖が直りました。 つまり「自然に遅刻癖が直った」という人は、自覚がないだけで、実際はきちんと遅刻癖を直す努力をしているのです。 「自然に遅刻癖が直った」という言葉をうのみにしないことです。 努力をしていないように聞こえるだけで、実際はきちんと遅刻癖を直す努力をしています。 遅刻癖を直すなら、やはり努力が欠かせません。 考え方や行動習慣を変える必要があり、苦労やストレスを伴うこともありますが、慣れてくるにつれて普通になっていきます。 すぐ直るとは限りませんが、毎日続けていけば、少しずつ直っていきます。 きちんと努力をするからこそ、遅刻癖が直るのです。 「自然に遅刻癖が直った」という言葉をうのみにしない。

28
★0

いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。

遅刻を減らす取り組みとして、大胆な方法があります。 それは「職場の近くに引っ越す」という方法です。 もちろん職場の近くに引っ越したところで、時間にルーズなままでは無意味です。 職場が近くなると、安心して油断しやすくなり、かえって遅刻が増える可能性もゼロではありません。 自己管理が改善されないなら、引っ越しをしたところで、相変わらず遅刻することになります。 しかし、遠すぎる職場が遅刻に影響しているなら、引っ越しを検討する価値はあるでしょう。 職場が遠いと、通勤に時間がかかります。 「どこでもドア」はありません。 物理的な距離はどうしようもありません。 片道1時間なら、往復2時間。 片道1時間30分なら、往復3時間。 映画を1本見ることができる時間であり、これが毎日続くのは大変です。 通勤そのものが、1つの重労働といっていいでしょう。 通勤時間が長いと、体力が削られ、ストレスもたまります。 職場までの距離が遠くなるにつれて、交通機関の乱れの影響を受けやすくなるでしょう。 職場が遠くて通勤に時間がかかると、睡眠時間も削られるため、遅刻の原因になっていることがあるのです。   職場までの距離が遅刻に影響しているなら、引っ越しを検討してみてください。 通勤時間が短くなれば、遅刻が減るだけでなく、通勤のストレスも減って一石二鳥です。 引っ越すことで家賃が安くなれば、節約にもつながり、お金も貯まりやすくなるでしょう。 敷金・礼金・仲介手数料が負担であれば、敷金・礼金・仲介手数料のない物件を探せばいいことです。 無理に引っ越す必要はありませんが、たまたま近いうちに引っ越す予定があるなら、悪くない選択肢のはずです。 「遅刻の改善」「節約の向上」「睡眠不足の解消」「ストレスの解消」という複数の悩みを一度に解決できる可能性があります。 住む環境が変われば、すてきな出会いも待っているでしょう。 新しい街に移り住むことは、新しい人生を始めることと同じです。 便利な環境に住めば、生活も向上します。 長時間の通勤が遅刻に影響しているなら、選択肢の1つとして、引っ越しを検討してみてください。 費用・時間・労力がかかるため、大変なことではありますが、1回頑張るだけで済むこと。 最初から「ありえない」と決めつけず、大きな心を持って考えてみる価値はあるでしょう。 物理的な距離が近くなるだけで、あっさり遅刻癖が直るかもしれません。 長時間の通勤が遅刻に影響しているなら、いっそのこと職場の近くに引っ越す。

29
★1

遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。

一般的な遅刻癖は、本人の努力によって改善が可能です。 遅刻癖とはいえ、癖の1つです。 性格の問題ではなく、癖の問題です。 考え方や行動パターンを変えていけば、少しずつ遅刻癖を直していくことが可能です。 ところが、どんなに意識しても遅刻癖が直らない場合があります。 「あまりに遅刻癖がひどすぎる」 「何をやっても改善が見られない」 「もはや病的な状態に違い」 遅刻癖に異常が見られるなら、障害の可能性を疑ってみてください。 ある障害が原因で、遅刻癖が引き起こされている可能性があります。 その障害とは「ADHD(注意欠陥多動性障害)」です。 ADHDは発達障害の一種です。 注意力が散漫になったり多動性や衝動性が目立ったりするのが主な特徴です。 途中で別のことに注意が向いてしまい、結果として時間に遅れてしまいます。 自分がADHDであるか確認するためには、次のチェックリストが役立ちます。 簡易的なセルフチェックですが、どれだけ当てはまるのかチェックしてみてください。 ▼ADHDのチェックリスト (1)人の話を集中して聞くことができない (2)物忘れが多く、物をなくしてしまうことも多い (3)物事を順序立てて行うのが困難 (4)仕事で不注意によるミスが異常に多い (5)長時間じっとしているのが苦手で、落ち着きがない (6)大切な約束や用事にもかかわらず、うっかり忘れることが多い (7)順番を待つことに強いストレスを感じ、割り込んでしまうことが多い (8)人から話しかけられても、気づかないことが多い (9)TOPをわきまえずに話し続けてしまう (10)相手が話し終えるまで待てないことが多い (11)部屋の整理整頓が苦手、もしくはできない (12)小さなことでもかんしゃくを起こしやすい ▲ 当てはまる項目が多くなるにつれて、ADHDの可能性が疑われます。 上記の項目はあくまで簡易的なセルフチェックなので、詳しい診察は病院の専門医に診てもらいましょう。 ADHDは「精神科」「心療内科」「精神神経科」が一般的です。 ADHDの疑いがあるなら、一度病院で診察してもらうのもいいでしょう。 安易に近所の病院を選ぶのではなく、評判や口コミをきちんと確認した上で選ぶほうがいいでしょう。 病院に行くのは抵抗があるなら、自治体による精神保健福祉センターを利用する方法もあります。 メンタルヘルス全般を専門に扱うところであり、初期の相談を受け付けています。 重度の遅刻癖は、一度ADHDの可能性を疑ってみる。

30
★1

「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
「今から遅刻癖を直そう」と考える。

「遅刻癖はよくないよね。いつか遅刻癖を直そう」 そう思っていませんか。 頭では「遅刻癖を直したほうがいい」と分かっていても、すぐ行動に移せないことがあります。 遅刻癖のある人は、指定時間に遅れるだけでなく、改善行動も遅れがちです。 たしかに遅刻癖を直すには、少なからず手間暇がかかります。 遅刻癖を直すには、考え方や行動習慣を改める必要があります。 余裕を好きになって、余裕を持った行動を意識します。 前日までの準備を心がけたり、記録をつける習慣を取り入れたりする必要もあります。 朝眠くても、眠気に打ち勝ち、行動しなければいけません。 面倒くさい気持ちが湧いても、怠け心にむちを打つ必要があります。 時にはストレスに耐えたり乗り越えたりする必要もあります。 遅刻癖を直したくても、面倒くさい気持ちが勝ると、なかなか行動に移せません。 遅刻癖の改善が「思うだけ」で終わる人も多いのではないでしょうか。 しかし「いつか遅刻癖を直そう」と思っているだけでは、何も改善されません。 「面倒くさい」「大変だな」と思っていると、どんどん後回しにされるばかり。 もともと遅刻癖のある人は、気持ちに緩みがあります。 いつか遅刻癖を直そうと思う時点で、気持ちに緩みが生じています。 「いつか」「また今度」と後回しにしているうちに、どんどん改善が遅れてしまうのです。 そのため、遅刻癖を直そうと思っていても「思っているだけ」で終わってしまうのがオチなのです。   「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではありません。 「今から遅刻癖を直そう」と考えましょう。 「遅刻癖を直す」と決意したら、今から改善に取りかかりましょう。 遅刻癖は、信用に関わる問題です。 信用を失ってからでは取り返すのが大変ですから、遅刻癖があるなら、早めに直しておくのが得策です。 余計な後回しは一切不要。 「今が自分を変えるベストタイミング」と思うことです。 遅刻癖を直すと決めたら、今から改善に取りかかりましょう。 よいことは、ためらわず、今すぐ始めるのが正解です。 「いつか遅刻癖を直そう」ではなく「今から遅刻癖を直そう」と考える。

同じカテゴリーの作品