自分磨き

遅刻癖を直す
30の方法

  • 時間厳守は、
    社会の基本。
    遅刻とは、
    あなたの信用を失う行為。
遅刻癖を直す30の方法

もくじ
  1. 時間厳守は、社会の基本。
    遅刻とは、あなたの信用を失う行為。

    遅刻癖の改善は、能力に比べて、軽視される傾向があります。
    知識や技術は、少しずつ高まっていく様子が確認できます。
    数字で表せたり成果を発揮できたりなど、進歩を実感しやすいのが特徴です。

  2. 遅刻癖は、性格の問題ではなく、癖の問題。

    遅刻癖について、よく聞かれる言葉があります。
    「遅刻癖は性格の問題」という一言です。
    だらしない性格、ぼんやりした性格、後回しにする性格。

  3. 余裕を好きになることが、遅刻癖を直す第一歩。

    遅刻癖のある人は、余裕を嫌っている特徴があります。
    「余裕が嫌い」
    「余裕を作るのは、ださくてかっこ悪い」

  4. 真剣に遅刻の悪影響を考えることは、遅刻癖の改善につながる。

    遅刻癖を直す取り組みとして、あることを考えておきましょう。
    それは「遅刻したときの悪影響」です。
    遅刻癖のある人は、遅刻したときの悪影響を考えていないケースが目立ちます。

  5. 遅刻癖のある人は、感謝の気持ちが足りない。

    遅刻癖の人に足りないものがあります。
    それは「感謝の気持ち」です。
    感謝の気持ちを持つことが、遅刻癖とどう関係しているのか、疑問に思うでしょう。

  6. 遅刻癖の本当の原因は、重要と思っていないことにある。

    遅刻癖の原因は何でしょうか。
    ここでよくあるのは「性格の問題」という回答です。
    「だらしない性格だから」

  7. 遅刻をして、恥じない人がいる。
    遅刻をして、反省する人がいる。

    遅刻をしたとき、どう感じるか。
    ここは、遅刻癖を直せるかどうかの大切なポイントです。
     

  8. 「ぎりぎりに到着するのがよい」と考えるのではない。
    「余裕を持って到着するのがよい」と考えよう。

    遅刻癖のある人は「ぎりぎりに到着するのがよい」という考え方があります。
    会社の始業時間が「9時」なら「8時57分」に到着しようとします。
    待ち合わせの約束が「15時」なら「15時ぴったり」に到着しようとします。

  9. 初めて行く場所は「30分前の到着」を基本とする。

    待ち合わせ場所に行くとき、2パターンあります。
    (1)行ったことがある場所
    (2)初めて行く場所

  10. 悪天候のときは、普段より早めに出発するルールを作っておく。

    遅刻癖を直すためには、余裕を持って出発する習慣が大切です。
    出発がぎりぎりになると、到着もぎりぎりになります。
    スムーズに移動できるとは限りません。

  11. 遅刻癖を直すポイントは、起床時間ではなく、就寝時間。

    毎日、何時ごろに寝ていますか。
    就寝時間が日付を超えているならイエローカードです。
    それが、遅刻癖の原因になっているかもしれません。

  12. 「スムーズに移動できる」と考えるのではない。
    「何かあるかもしれない」と考える。

    「道に迷うことはないだろう」
    「トラブルに遭うことはめったにない」
    「目的地までスムーズに移動できるだろう」

  13. 腕時計を身につけることで、あなたは時間の主人になれる。

    あるものを身につけるだけで、遅刻癖が直るかもしれません。
    それは「腕時計」です。
    腕時計を身につけていますか。

  14. 時計の数を増やして、時間を意識する機会を増やそう。

    遅刻癖を直すには「時間を意識する癖をつけること」が大切です。
    遅刻癖のある人には、時間を意識していない人が多い。
    時計が分からない状態で時間どおりに動くのは難しいでしょう。

  15. 早めの時間を思い込めば、早めの行動を促せる。

    遅刻癖のある人は「行動が遅い」という特徴があります。
    なかなか重い腰が上がらず、のんびり行動するのが癖になっています。
    そのため行動全体が後ろ倒しになりがちです。

  16. 時計を早めておけば、自然と早めの行動を促せる。

    遅刻癖を直すには、余裕を持った行動の癖をつけることが大切です。
    5分前行動や10分前行動など、早めに行動すれば、多少の遅延が発生しても間に合います。
     

  17. スヌーズ機能は、遅刻癖のある人にとって必須の機能。

    アラームが鳴って目が覚めても、安心とは限りません。
    「アラームが鳴って一度起きたにもかかわらず、二度寝をしてしまい、遅刻してしまった」
    そんな失敗経験がある人も多いのではないでしょうか。

  18. 遅刻のペナルティーを作って、時間を守る意識を高めよう。

    遅刻癖を直すために、ペナルティーを作るのも1つの方法です。
    遅刻癖のある人は、遅刻に対する緊張感が足りません。
    「遅刻をしても謝ればいい」と安易に考えています。

  19. 「1人待ち合わせ」で、遅刻癖を直す練習をしよう。

    遅刻癖を直すなら、遅刻をしない練習をしましょう。
    誰かと待ち合わせをするのではありません。
    自分と待ち合わせをしましょう。

  20. 遅刻した人を反面教師にすれば、遅刻をされた経験も無駄にならない。

    あなたは、遅刻をされた経験がありますか。
    おそらく遅刻をされたことがない人は、1人もいないでしょう。
    誰でも一度は、遅刻をされた経験があるはずです。

  21. 移動時間だけでは不十分。
    出かけるまでの準備時間も考慮しておこう。

    時間どおりに到着するには、まず移動時間を考えます。
    知っている場所なら、大まかな移動時間を予想できるでしょう。
    知らない場所だとしても、時刻表や路線検索を使えば、移動時間を確認できます。

  22. 当日に準備をするのではない。
    前日までに準備を済ませよう。

    遅刻癖を直すなら、準備のタイミングが大切です。
    仕事の準備、旅行の準備、デートの準備。
    あなたは、どのタイミングで準備をしますか。

  23. 時間を守れた記録をつけると、遅刻癖が直る。

    遅刻癖の改善に、記録をつけることが有効です。
    ずばり「時間を守れた記録」です。
    記録をつけると、結果が目に見える状態になります。

  24. 暇つぶし用のアイテムを準備しておけば、早く着いても安心。

    遅刻癖を直すには、余裕を持って向かう習慣が大切です。
    時間ぎりぎりの到着を目指すと、途中で何かトラブルが発生したとき、遅刻してしまいます。
    交通機関が乱れることもあれば、体調が悪くなることもあるでしょう。

  25. 遅刻癖の原因は、自分の中にあるとは限らない。
    自分の外にあるかもしれない。

    遅刻の原因は、自分の中にあると思われがちです。
    考え方や行動パターンに甘いところがあると、遅刻癖になります。
     

  26. 無理なスケジュールは、遅刻のもと。

    遅刻癖を直すなら、スケジュールを立てる段階が大切です。
    遅刻癖のある人は、無理なスケジュールを立てる傾向があります。
     

  27. 「遅刻癖が自然に直った」という言葉をうのみにしない。

    「大学に入ったら、自然に遅刻癖が直った」
    「新しいバイトを始めたら、自然に遅刻癖が直った」
    「就職して社会人になったら、自然に遅刻癖が直った」

  28. いっそのこと職場の近くに引っ越してみる。

    遅刻を減らす取り組みとして、大胆な方法があります。
    それは「職場の近くに引っ越す」という方法です。
    もちろん職場の近くに引っ越したところで、時間にルーズなままでは無意味です。

  29. 遅刻癖に異常が見られるなら、ADHDの可能性を疑ってみる。

    一般的な遅刻癖は、本人の努力によって改善が可能です。
    遅刻癖とはいえ、癖の1つです。
    性格の問題ではなく、癖の問題です。

  30. 「いつか遅刻癖を直そう」と考えるのではない。
    「今から遅刻癖を直そう」と考える。

    「遅刻癖はよくないよね。いつか遅刻癖を直そう」
    そう思っていませんか。
    頭では「遅刻癖を直したほうがいい」と分かっていても、すぐ行動に移せないことがあります。

同じカテゴリーの作品