自分磨き

穏やかな人になる
30の方法

  • 落ち着きは、
    穏やかな人になるための必須条件。
穏やかな人になる30の方法

もくじ
  1. 落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。

    穏やかな人の最大の特徴。
    それは「落ち着き」です。
    穏やかな人は、言葉や態度が落ち着いています。

  2. 余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。

    穏やかな人になるためには、余裕が大切です。
    心の余裕、時間の余裕、お金の余裕。
    余裕は、ないよりあったほうが、ゆったりした雰囲気が出るようになります。

  3. 穏やかな人は、余裕のある時間の使い方を心がけている。

    あなたは、どんな時間の使い方をしていますか。
    仕事に追われる状態になっていないでしょうか。
    ぎゅうぎゅうのスケジュールになっていませんか。

  4. 柔らかい言葉と態度は、穏やかな人に欠かせない要素。

    穏やかな人になりたいなら、柔らかい物腰を意識しましょう。
    つまり、言葉と態度を柔らかくするということです。
    穏やかな人は、柔らかい言葉と態度が特徴です。

  5. ゆったりした動作を心がけたい3つのポイント。
    食べ方・話し方・歩き方。

    穏やかな人になるなら「ゆったりとした動作」を心がけましょう。
    のろのろしてかっこ悪くなるように思うかもしれませんが、誤解です。
    同じ動作でも、動きがスローになるだけで、上品で優雅に変わります。

  6. 穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
    人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。

    「穏やかな人」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。
    ・いつも心が安定している
    ・どんなことがあっても怒らない

  7. すべての人と仲良くしなくていい。
    自分と合わない人とは、距離を置いていい。

    すべての人と仲良くなろうとしていませんか。
    人間関係は大切にしなければいけないと思い込んでいませんか。
     

  8. 愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。

    穏やかな人になりたいなら、大声に注意しましょう。
    大声を出すことは、感情を吐き出すことになります。
    大きな声を出すと、相手を驚かせたり、雰囲気を壊したりすることがあります。

  9. 呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
    呼吸を整えると、感情が落ち着く。

    穏やかな人になるための必須条件は、落ち着きです。
    「落ち着きがなければ、穏やかな人になるのは不可能」と言っても過言ではありません。
    焦りや動揺をゼロにすることは難しくても、できるだけ減らす努力をしたい。

  10. 穏やかな人は、寛大な優しさがある。

    あなたは短気ですか。
    「せっかち」
    「怒りっぽい」

  11. 穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。

    穏やかになりたいなら、あるイメージが大切です。
    それは「明るい未来のイメージ」です。
    暗い未来をイメージしていませんか。

  12. 受け止める力より受け流す力。

    穏やかな人になるために必要なのは、受け止める力だけとは限りません。
    会話はキャッチボールが基本です。
    人とのコミュニケーションでは、相手の言葉をきちんと受け止めることが大切です。

  13. 穏やかだから、明るい表情になるのではない。
    明るい表情をするから、穏やかになる。

    穏やかな人になりたいなら、明るい表情を心がけましょう。
    穏やかな人には、明るい表情があります。
    普段からにこにこしていて、明るい雰囲気が出ています。

  14. 穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。

    穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れるのが特徴です。
    自分のことをぺらぺら話すのは後回し。
    話したいことがあっても、相手の話を折ってまでがつがつ話そうとはしません。

  15. 愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。

    日常では、愚痴や悪口を言いたくなるときがあります。
    不快な出来事があれば、愚痴を言いたくなるでしょう。
    嫌いな人がいれば、陰で悪口を言いたくなるでしょう。

  16. 嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。

    嫌なことがあったとき、どうするか。
    ここが問題です。
    普通、嫌なことがあれば、いらいらすることが多いでしょう。

  17. 穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。

    穏やかな人になるには、ある食習慣の心がけが大切です。
    難しいことでも特別なことでもありません。
    「きちんと朝食を食べる」という食習慣です。

  18. カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。

    穏やかな人になりたいなら、欠かせない栄養素があります。
    カルシウムです。
    「カルシウム」と聞くと「骨の強化に関係する栄養素」という印象が強いのではないでしょうか。

  19. 他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。

    他人を比較する癖があるなら直しましょう。
    もちろん他人と比較するのがすべて悪いわけではありません。
    受験では、偏差値が存在します。

  20. 穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。

    穏やかな人になるなら、自分らしいペースを大切にしましょう。
    すなわち、マイペースです。
    日常では、周りの影響でペースを乱されることがあります。

  21. 優劣や勝ち負けを意識しない。
    ひたすら楽しむことに集中しよう。

    穏やかな人になるなら、意識をしてはいけないことがあります。
    優劣と勝ち負けです。
    世の中には、優劣や勝ち負けが存在する場面があります。

  22. 「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。

    いらいらして興奮したとき、素早く静める言葉があります。
    「いらいらするだけ損」という一言です。
    何を損するのか。

  23. 穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。

    穏やかな人は、ストレスに対する考え方がスマートです。
    「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方があります。
    私たちは生きているかぎり、ストレスは避けて通れません。

  24. 短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
    長期的・全体的に考えると、心が広くなる。

    短期的な視点で考えていませんか。
    部分的な見方で物事を捉えていませんか。
    私たちは常に「現在」を生きています。

  25. 1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。

    あなたの生活には、1人で静かに過ごす時間がありますか。
    私たちの生活は、さまざまなことに追われる日々です。
    ビジネスでは、仕事の連続です。

  26. 不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
    現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。

    「物が足りない」
    「お金が足りない」
    「時間が足りない」

  27. 普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。

    あなたが忘れているであろう習慣があります。
    それは、普通や当たり前に感謝する習慣です。
    感謝と言えば「人から親切があったときにするもの」という認識が一般的です。

  28. 頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。

    あなたは頑固な性格ですか。
    自分では頑固でないつもりでも、人から「頑固だね」と言われることがあれば、要注意です。
    自分の主観的意見より、他人による客観的意見のほうが、信頼できます。

  29. 時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。

    穏やかな人になるためには「ある時間」が大切です。
    時間を忘れる時間です。
    もちろん私たちの日常では、時間を気にしなければいけない場面があります。

  30. 年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
    年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

    穏やかな人になるために、大切な行動があります。
    「大人の行動」です。
    大人の行動とは「大人がする行動」という意味ではありません。

同じカテゴリーの作品