まとめ
(引っ込み思案を克服する30の方法)
引っ込み思案を克服する30の方法

  • 引っ込み思案を生まれつきの性格で片付けず、努力で克服する。
  • 引っ込み思案の意味を理解する。 自分で判断しにくいときは、自分をよく知る友人に聞いてみる。
  • 引っ込み思案であることを重く考えすぎず、個性と考えるようにする。
  • 引っ込み思案になる原因を知る。
  • 自分が引っ込み思案になった原因を探ってみる。
  • 引っ込み思案を克服する宣誓書を書く。
  • 積極的な挨拶を習慣にする。
  • 小さな仕事から着手して、少しずつ成功体験を積み上げていく。
  • 背筋を伸ばし、顎を引いて、しっかり前を向く 悪い姿勢が癖になって仕方ないなら、矯正器具を使ってみる。
  • 積極的に自分を褒める。
  • 先手で行動する。
  • 大事な局面では、後ろに下がるのではなく、前に出る。
  • 声のボリュームを少し上げる。
  • 会話は「明るく話す」「1つだけ話す」「結論から話す」の3つを心がける。
  • 「会話に失敗してはいけない」ではなく「会話に失敗してもいい」と考える。
  • カラオケに行って、人前で声を出すのに慣れる。
  • 積極的に話すだけでなく、積極的に聞くことも大切にする。
  • アンケートを書く習慣をつける。
  • 好きなことを通して、人前に出る機会を作る。
  • いま一度、感謝の気持ちを大切にする。
  • 行動スピードを上げて、引っ込み思案を吹き飛ばす。
  • 新しい服を買って、新しい自分に生まれ変わる。
  • 髪の雰囲気を変えてみる。
  • 消極的であっても、やるべきことをきちんとやる。
  • 嫌なことがあっても、くよくよしない。 反省したら、さっと気持ちを切り替える。
  • 人見知りと引っ込み思案の意味の違いを理解する。
  • 引っ込み思案の人と仲良くなる。
  • 新しいことに挑戦する。
  • 一人旅を挑戦してみる。
  • 自分を変える挑戦として、一人暮らしを始めてみる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION