執筆者:水口貴博

まとめ
(考えすぎる性格を直す30の方法)
考えすぎる性格を直す30の方法

  • 考えすぎる性格があることを認めることから始める。
  • 考えすぎる性格の苦しさを整理しておく。
  • 思考のループが行われていることに気づく。
  • 不安・恐怖の対象を明確にする。
  • 単に深く考えすぎる性格なら「病気」ではなく「性格の範囲」と考える。
  • 考えすぎてしまうときは、興味関心のあることを楽しんで気分転換をする。
  • 瞑想の習慣を取り入れる。
  • 考えすぎてつらいときは、激しく体を動かす。
  • 考えていることを書き出して、具体的に表現する。
  • 準備が整えば、考えすぎる前に行動してしまう。
  • 完璧主義をやめる。
  • 人に相談して、早く問題を解決する。
  • 失敗を恐れず、むしろ楽しむ気持ちで立ち向かう。
  • 考えすぎる性格は「個性」と考える。
  • 目標や理想が高すぎるなら、許容範囲のぎりぎりまで下げてみる。
  • 必要以上の深読みはやめる。
  • 大笑いをして、考えすぎる状態から抜け出す。
  • 1人の時間を減らして、誰かといる時間を増やす。
  • ネガティブではなくポジティブを意識して、考えすぎても疲れにくい状況にする。
  • いっそのこと、気が済むまで徹底的に考えてしまう。
  • 考えてもわからないことは「考えたところで仕方ない」と開き直って、考えないようにする。
  • 考えたり悩んだりする期限を作っておく。
  • 考えてもなかなかわからないことは、時間を置いてから、考えてみる。
  • 自分なりに十分考えきったなら、後は運命と成り行きに任せる。
  • 考えすぎそうになったときは「細かいことは気にしない」という言葉を自分に言い聞かせる。
  • 八方美人をやめる。
  • 失敗して反省と改善をした後は、くよくよ考えないようにする。
  • 疲れているときは、きちんと休憩して、心身を休める。
  • 考えすぎる性格がなかなか直らなくても、すぐ諦めず、根気よく長期戦で続けていく。
  • 考えすぎる性格を役立つことに表現して、世の中に貢献する。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION