就職活動

まとめ
(面接に通る人と通らない人の30の違い)
面接に通る人と通らない人の30の違い

  • 面接では、最終面接を除き、減点を避けることに専念する。
  • 質問への回答は、丸暗記は避け、回答の要点だけ覚える。
  • 面接官の質問には、結論から話す。
  • 応募者の立場だけでなく、面接官の立場も経験する。
  • 面接では、きちんと前を向いて、常に笑顔を心がける。
  • 面接は、怖がるのではなく、楽しむ。
  • 面接までに、スーツを着慣れておく。
  • 服装自由と言われても、一部の業界を除き、スーツで参加する。
  • 普段は腕時計をしない人でも、面接では、身だしなみとして腕時計をする。
  • 面接官の「楽にしてください」を信じず、最低限の緊張感は保つ。
  • 能力より人間性で、差をつける。
  • お願いいたしますと言ってから、お辞儀をする。
  • 挨拶は、立ち止まってからする。
  • デリケートな発言の前には、適切な前置きの言葉を入れる。
  • 集団面接では、隣の人の話も聞きながら、自分の回答を考える。
  • グループディスカッションやグループワークは、みんなで受かろうと思って取り組む。
  • 面接官と話すときは、きちんと相手の目を見る。
  • 面接官は、方法論と具体例で説得する。
  • 面接は、言葉遣いが多少乱れたとしても、自分らしい答えを心がける。
  • 自己PRも志望動機も、企業ごとに変える。
  • 面接では、若者言葉ではなく、礼儀正しい言葉を使う。
  • 短所は隠すより、表現の仕方を工夫して、長所に変える。
  • 「本当に働きたい」と思って、面接を受ける。
  • 資格・特技・趣味などを聞かれたときは、できるだけ仕事に関係した内容を答える。
  • 不快な質問をされたときこそ、自分のストレス耐性を見せつけるチャンスと思って喜ぶ。
  • 自信を持っても、謙虚は忘れないようにする。
  • 本音として残業が嫌であっても、できるだけ協力的な姿勢を見せる。
  • 面接だけでなく、準備と復習も、同じくらい力を入れる。
  • 答える順を工夫して、さらに好印象を強調させる。
  • 家から出て、戻るまでが面接だと考える。

同じカテゴリーの作品