まとめ
(企業と時事問題に関する30の面接の定番質問)
企業と時事問題に関する30の面接の定番質問

  • 企業を選ぶ基準について質問されたときは、適正に焦点を当てた答え方をする。
  • 企業のプロフィールについて質問されたときは、曖昧な回答はせず、覚えていることをそのまま伝える。
  • 他社との違いを質問されたときは、面接官でも気づいていない、その企業の魅力を訴える。
  • 企業説明会の感想について質問されたときは、印象的だったことを、できるだけ具体的に表現する。
  • ほかに受けている企業について質問されたときは、正直に答えつつ、本命であることをしっかり伝える。
  • OB・OG訪問について質問されたときは、会った相手・時期・人数などを、できるだけ具体的に答える。
  • インターンシップの実績があれば、経験内容を整理して、すぐ答えられるようにしておく。
  • その企業を知ったきっかけについて質問されたときは、情報収集能力をアピールしながら答える。
  • 内定の有無を聞かれたときは、嘘はつかず、正直に答える。
  • 志望順位を質問されたときは、どんな企業でも「第1志望」と答える。
  • 企業のイメージについて質問されたときは、失礼にならない範囲で、自由に一言で回答する。
  • 志望企業の将来について質問されたときは、企業説明会やIR情報などの情報を根拠にして、前向きに明るい将来性を答える。
  • 志望企業の課題や改善点について質問されたときは、OB・OG訪問で得た情報を手がかりに、鋭く答える。
  • 財務状況について質問されたときは、知っている範囲で具体的に答える。
  • 面接に向けて取り組んだ準備について質問されたときは、嘘はつかず、取り組んできた準備を具体的に答える。
  • 中小企業の志望理由について質問されたときは、安易な志望理由ではなく、ポジティブな志望理由を答える。
  • 店舗について質問されたときは、前向きな共通点を具体的に話す。
  • 応募数を質問されたときは「数ではなく相性」という基準で答える。
  • 応募者が、通勤時間を有効に活用するとわかれば、たとえ通勤時間が長くても、面接官は気にならなくなります。
  • 紹介者との関係について質問されたときは、自慢に気をつけながら、良好な関係であることを具体的に説明する。
  • 入社意思を確認されたときは、迷わず、入社意思をはっきり伝える。
  • 新聞について聞かれる準備をしておく。
  • ニュースの情報源を質問されたときは、できるだけ信頼できる情報源を答える。
  • 志望業界で起こっている問題を把握して、あらかじめ自分なりの意見を考えておく。
  • 話題のニュースについて意見を求められたときは、自分なりの考え方・価値判断・見通しなどを具体的に述べる。
  • 気になるニュースについて質問されたときは、志望業界に関係したテーマ、もしくは政治経済を選ぶ。
  • 景気低迷について意見を求められたときは、できるだけ建設的な回答をする。
  • 少子高齢社会について質問されたときは、具体的なデータや事例などを示しながら、説明する。
  • 環境問題について質問されたときは、1人1人の意識と行動の大切さと、実際に取り組んでいる事例を話す。
  • 業界の10年後について質問されたときは、過去の流れを含めて、自分なりの意見を言う。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION