就職活動

まとめ
(業界研究をする30の方法)
業界研究をする30の方法

  • 企業研究の前に、業界研究をする。
  • 10の情報源を、最大限に活用する。
  • 業界地図と業界本の違いを、確認する。
  • 「筆記試験や面接の対策でもある」という意識を持って、業界研究をする。
  • さまざまな情報を、積極的に入手する努力をする。
  • どんな情報も、主観が混じっている可能性を考慮する。
  • 偏見や先入観を持たず、真っ白な気持ちで始める。
  • 一生付き合うつもりで、業界を選ぶ。
  • ニュースの確認を日課にして、各業界の動きを知る。
  • やりがいを感じる仕事は、自分で考える。
  • 完全に向いている仕事ではなく、だいたい合っている仕事を探す。
  • 就職活動は「やりたいこと」を基準にして、考える。
  • 適正より、やりたい仕事を優先させる。
  • 知らない用語に出会ったときは、放置せず、きちんと調べる。
  • 業界を選択する際は、取りこぼしがないよう、関連業界も確認する。
  • 給与面を確認するなら、初任給だけでなく、昇給率も確認する。
  • 業界の平均年収に惑わされず、あくまで自分に合った業界を選ぶ。
  • 大企業・人気企業・公務員以外の選択肢にも、目を向ける。
  • 業界研究や企業研究では、最新版で学ぶ。
  • 希望の職種が複数ある場合は、両方を選んで就職活動する。
  • 最初から第1志望だけに絞るのではなく、第2志望や第3志望の職種も考えておく。
  • どんな憧れの仕事だろうと「舞台裏は修羅場」と認識する。
  • 不向きであることを承知で、その業界で働いている自分を想像してみる。
  • 進路が決まっていない状態でも、就職情報サイトに登録しておく。
  • あらゆる情報源の中でも、特に口コミには注意する。
  • インターネット以外の手段で情報を集め、差をつける。
  • 余裕があれば、興味がない業界も見ておく。
  • インターネットを活用して、情報収集する。
  • 迷ったときは、近づく。
  • 友達のネットワークを活用する。

同じカテゴリーの作品