まとめ
(圧迫面接に対応する30の対策ポイント)
圧迫面接に対応する30の対策ポイント

  • 圧迫面接の意味と理由を、理解する。
  • 「圧迫面接が行われるかもしれない」という覚悟の上で、面接を受けに行く。
  • 偉そうな面接官の登場は、圧迫面接のサインだと考える。
  • 面接官にどんなことを言われても、前向きな返事を心がける。
  • 失礼な質問や発言をされても、いらいらした態度を見せないようにする。
  • 「学生は、圧迫面接をされやすい」と考える。
  • 「こんな面接をする企業なら不採用でいい」と考える自分の諦めやすさに、気づく。
  • 厳しい言葉に泣きやすい人は、笑い飛ばす。
  • 面接官の態度が中途半端でも、動揺せず、明るく堂々とした態度を続ける。
  • 面接官の意地悪は「意地悪なふりをしている」と考える。
  • 面接官の厳しい言葉の裏にある期待に、気づく。
  • 無気力に見える面接官でも、油断せず、いつものように気を引き締める。
  • 笑顔を批判されても、動揺せず、うまく言い返す。
  • 第1志望を疑われたときは、理由を含めて「御社が第1志望」と重ねて答える。
  • ハードな仕事で詰め寄られても、萎縮せず、前向きに回答する。
  • 成績の批判をされたときは、言い訳をせず、前向きに答える。
  • マッチングを否定されたときは、多少強引でもいいので、向いている理由を答える。
  • 面接官の表情につられず、明るい表情を維持する。
  • 「話し方が下手ですね」と言われても、最初に謝った上で、改善する考えを示す。
  • 顔色の悪さについて指摘されたときは、前向きな理由で答える。
  • 「性格が暗いですね」と言われたときは「落ち着いた性格」と言い換えて、答える。
  • 企業との適正について疑われたときは、つながりがあるように答える。
  • 「希望の配属先に行けないかもしれない」と言われても、全力で取り組む姿勢を見せる。
  • すでに内定をもらっているのではないかと問い詰められても、圧力のある言い方に屈せず、正直に堂々と答える。
  • 不採用にする人を選ぶように言われたときは「全員が通過できるように努力する」と答える。
  • 厳しい圧迫面接を、喜ぶ。
  • 圧迫面接を実施する面接官もおびえていることに、気づく。
  • 仕事を始めれば、圧迫面接より大変なことが多いことに気づく。
  • 圧迫面接を圧迫と感じないくらい、準備する。
  • 面接官からの厳しい指摘に、感謝する。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION