自分磨き

まとめ
(完璧主義を治す30の方法)
まとめ | 完璧主義を治す30の方法

  • 完璧主義の程度がひどいなら、できるだけ治すように努力する。
  • 「完璧主義を治す」と意識する。
  • 完璧主義の長所・メリットを確認する。
  • 完璧主義の短所・デメリットを確認して、注意する。
  • うまくいかなくても、自分を責めず、希望を与えるようにする。
  • 自分の中で「70点満点」と再定義して、完璧の基準を下げる。
  • 100点満点ではなく、合格点を意識する。
  • 相手に完璧を求めるのはやめる。
  • グレーの価値観を取り入れる。
  • 完璧主義ではなく最善主義を心がける。
  • ミスの許容範囲を広げる。
  • 目標の達成ではなく、目的の達成を意識する。
  • 不得意なことを経験して、ミスや失敗をたくさん経験する。
  • 少しずつ仕事を人に任せていく。
  • 完璧を人に押し付けないように注意する。
  • 深みにはまりそうなら、最初から関わらないようにする。
  • 限界を知り、適度の目安を意識する。
  • 「そんなにこだわって何の意味があるの?」と自分に問いかけ、客観性と柔軟性を取り戻す。
  • 先に休暇の予定を入れて、過労やストレスをためすぎないようにする。
  • 時間のかかる仕事を考慮しながら、優先順位を考える。
  • 他人の適正や才能を真似するのではなく、自分は自分の適正と才能を見つけ、集中する。
  • 「完璧にしよう」と思うのはやめ「適当にしよう」と思うようにする。
  • いったん結果のことは忘れ、過程を楽しむようにする。
  • 自分が納得する範囲を広げてみる。
  • 達成できなかった部分より達成できた部分に着目しながら、未達成で満足する経験を積み重ねていく。
  • そもそも完璧にできないことではないか、よく考えてみる。
  • 「まだまだ人生は長い」と意識して、心に余裕を作る。
  • 肩の力を抜いて、深く呼吸をする。
  • 諦めることを前進と考え、上手に自分を許していく。
  • 無駄になった経験は「別の機会で生かされる」と考える。

同じカテゴリーの作品