まとめ
(何もいいことがないときの30の言葉)
何もいいことがないときの30の言葉

  • いいことがないのではなく、気づいていなかっただけであることに気づく。
  • 何もなかった日は、トラブルが起きなかった日と考え、喜ぶ。
  • おいしいものを食べて、いいことを実感する。
  • 好きなことには、どんどんお金をかける。
  • 1週間に1回は「汗」「涙」「嫌なこと」を流す。
  • 元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものを選ぶ。
  • 「サービスの悪いお店には行かない」と心に決める。 サービスのいいお店に行って、運を高める。
  • 「今日は何かアクシデントがある」と思って、1日を始める。
  • 踏んだり蹴ったりの1日のときこそ、いいことに注目して、元気を出す。
  • 1人で高級レストランに行くのが恥ずかしいときは「個人的な記念日」で克服する。
  • 毎日0.3ミリずつ伸びている髪に気づき、毎日違った髪型を楽しむ。
  • はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。
  • 「面白いことはない?」と聞かれたら「面白いことだらけだよ」と答える
  • 飽食の時代に生まれた自分の幸運に気づく。 むやみに食事制限しないで、飽食の恩恵を享受する。
  • 自分から進んで挨拶をしていく。
  • 珍しい経験があれば、お金を払ってでも、やらせてもらう。
  • ぼんやりした時間を作って、楽しむようにする。
  • 飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変える。 取れない黄ばみができたら、買い換えるきっかけに変える。
  • 電車に乗ったら、車窓から景色を楽しむ。
  • たまたま撮れた写真を大切にすること。 撮り直すなら「3回まで」にする。
  • 外出しなくても、きちんとお風呂に入る。
  • 貯金を趣味にしない。 貯金をするなら、上限を設定する。 上限を超えたお金は、自己投資に回す。
  • 誰とも話さない日も、人生の一部として肯定する。 ただし、長くなりすぎないように注意する。
  • 「どうでもいい」を禁句にする。
  • 嫌なことがあったとき、暗い表情になるのではなく、明るい表情でいる。
  • 「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えて、ポジティブに生きる。
  • 「極楽、極楽」と思いながら湯船につかって、幸せな時間を楽しむ。
  • 何も異常が見つからなくても「健康診断を受けてよかった」と考える。
  • 「今日は何もいいことがなかった」と思っても、日付が変わるまで諦めない。
  • 何もなかった日は「今日も平和な1日をありがとうございます」と、感謝の言葉で1日を締めくくる。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
8
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
9
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION