人生の教科書



読み上げ動画・音声
自分磨き
あなたに足りないのは、自分に拍手をする習慣。
プラス思考
「自分で自分を褒める」
心の健康
幸せを感じたいからとはいえ、不幸な人のところへは行かないこと。
プラス思考
「昔の自分と比べる」
プラス思考
「言葉遣い」
プラス思考
褒めるのが恥ずかしいのは、日常の一部になっていないから。

気持ちがぱっとるくなる
30方法

お気に入り108 読んだ
13

りないのは、
自分める習慣

めてもらおう」と思うのは、受け身です。

よく考えてみましょう。

あなたのことをどう感じるのかは人それぞれです。

他人がいつ褒めてくれるのかも分かりません。

いつ、誰が、どこで褒めてくれるか分からないので不安定です。

ましてや、あなたのことをあなた以上に知っている人が、ほかにいるでしょうか。

一番自分のことをよく知っているのは、自分ですね。

褒めることはもっと積極的になってかまいません。

積極的になるほうがいい。

「自分で自分を褒める習慣」を持ちましょう。

自分以上に自分のことを理解している人がいないのに、なぜ他人が褒めてくれるのでしょうか。

自分以上の理解者がどこにいるでしょうか。

どれだけ悩んだか、一生懸命になったか、努力したか。

自分のことをよく理解しているのは、自分だけです。

本来、あなたを最も褒める人はあなたになるはずです。

自分で自分を褒める習慣がありますか。

恥ずかしいことではありません。

むしろどんどん自分で自分を褒めましょう。

小さなことでも結構です。

今日できたこと、努力したこと、達成できたことをどんどん褒めましょう。

褒めることは認めることです。

自分の素晴らしい部分をどんどん認めて、前向きになるのです。

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その13

  • 「自分自分める習慣」
一度に多くのことに手を出さない。
確実にできる1つのことから始める。

もくじ
(暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品