プラス思考

平凡な日常の豊かさに気づく
30の言葉

  • 朝食はガソリン。
    朝食を食べるから、
    元気も出る。
平凡な日常の豊かさに気づく30の言葉

もくじ
  1. 朝食はガソリン。
    朝食を食べるから、元気も出る。

    元気がありませんか。
    そういうときは、朝食を振り返ってみてください。
    朝食に手を抜いているのではないでしょうか。

  2. 現実を変える第一歩は、足元にあるごみ。

    「思うだけ」「考えるだけ」になっていませんか。
    どんなに本を読んでも、行動しなければ、現実は変わりません。
    自己満足や心の安定は得られますが、現実を変えるのは、行動のみです。

  3. 精神状態を客観視したければ、手のひらを見る。

    手のひらは、面白い。
    自分の精神状態を、客観視できるところだからです。
    自分の精神状態を確認したいとき、手のひらを見れば分かります。

  4. おならが出るのは、リラックスしている証拠。

    おならが出るのは、どんなときですか。
    おならは意外に、緊張しているときには出ません。
    緊張しているときは、おなかに力が入っているため、ガスの通りが悪くなるからです。

  5. あなたには、空という味方がいる。
    手を上げれば、空と手をつなげる。

    あなたには、力強い味方がいます。
    空です。
    空は、どんなときでもあなたのそばにいる存在です。

  6. 悪役は、素の人間性がよくないと、演じさせてもらえない。

    ドラマや舞台では、主役がいれば、悪役がいます。
    主役といえば、性格がよくて正義感にあふれている人物という設定が一般的です。
    悪役といえば、性格が悪く、あくどい考えを持つ人物という設定が一般的です。

  7. 機嫌がいいときは、食事がいつもよりおいしく感じる。

    人間の味覚は、不思議です。
    気分しだいで、感じるおいしさが変化する特徴があります。
     

  8. 深い理由はいらない。
    とにかく「今、幸せ」と考える。

    幸せになるために、深い理由はいりません。
    「幸せになるためにどうすればいいのか」と深く考えていれば、必ずこの究極にたどり着きます。
    理由を深く考えていると、かえって現実がややこしくなります。

  9. 1通の手紙の感動は、電話10回分、メール100回分。

    1通の手紙には、電話10回分の感動があります。
    電話を10回するのもいいですが、1通を書くほうが、人間関係では、より効果的です。
    「手紙は面倒」という声を聞きますが、面倒だからこそ「わざわざ書いてくれた」という感動を伝えられます。

  10. 衝動買いの気持ちを抑えるなら、トイレ。

    「これが欲しい!」
    お店で気になる商品と出会い、衝動買いをしそうになることがあります。
    衝動買いは不思議です。

  11. ファンレターの返信率を高める方法。

    手紙の最後に「お返事を待っています」と書かれた手紙があります。
    ささいな一言ですが、受け手には少しストレスです。
    封筒を買わなければなりません。

  12. 携帯電話では実現できないサービス。

    最近の携帯電話は、進化しています。
    メールやウェブ閲覧機能は当然です。
    GPS機能がついた地図があったり、ゲームができたり、テレビが見られたりなど、かなり幅広くできます。

  13. アルキメデスの原理から得られる教訓。

    「アルキメデスの原理」という言葉をご存知ですか。
    「流体の中で静止している物体は、それが押しのけた液体に働く重力と同じ浮力を受ける」という内容です。
    この原理を発見するきっかけになった、有名なエピソードがあります。

  14. すべての出来事は、人生からのプレゼント。

    最近起こった出来事を思い出しましょう。
    朝食を食べたこと、友達と話をしたこと。
    平凡な日常ばかりではありません。

  15. 「切符を買う」という行為も、人によっては貴重な体験。

    電車に乗るときは、駅で切符を買います。
    機械にお金を入れ、行きたい場所のボタンを押し、出てきた切符を取るだけです。
    ごく平凡な一瞬ですが、実は、人によっては貴重な行為です。

  16. 最後に残るプレゼントは、シチュエーションと感動。

    正直なところ、プレゼントされた品物は、最後には忘れられるのです。
    プレゼントされてから10年以上経つと、ほぼ忘れてしまうでしょう。
    何をもらったのか、思い出せないのです。

  17. 回転寿司屋で、特別に贅沢な3分間を楽しむ方法。

    回転寿司屋に入れば、どんな順番でネタを食べ始めますか。
    食べ方は人それぞれですが、たまには次のような食べ方はいかがでしょうか。
    回転寿司屋に入れば、さっと座ります。

  18. 素晴らしい習慣のキーワードは、期待と感謝。

    人生を素晴らしくするために、素晴らしい習慣を持ちましょう。
    素晴らしい習慣のキーワードは、期待と感謝です。
    期待と感謝の習慣を持てば、人生に対する感動が深くなります。

  19. 特においしい最後の1滴。
    飲み方には要注意。

    飲み物を飲むとき、最後の1滴に要注意です。
    最後の1滴は、特においしく感じます。
    「まだある。もう一口残っている」と思うと、いつもよりおいしく感じますね。

  20. 衣替えは、いらない服を捨てる絶好のタイミング。

    季節が変われば、衣替えです。
    季節の変化に応じて、衣服の入れ替えをしますね。
    衣替えは、単に服を入れ替えるのではなく、いらない服があれば、捨ててしまいましょう。

  21. 過ぎ去る季節に別れを告げよう。
    訪れる季節に挨拶しよう。

    今は、何の季節ですか。
    人生は、別れと出会いの連続ですが、季節も同じです。
    季節の場合は、毎年必ず、別れと出会いがあります。

  22. 生理によって、体がきれいになる。

    女性なら、月に1回、苦しむ出来事があります。
    生理です。
    数日間、血液が流れ出ていく様子を見て、気分が悪くなった人も多いのではないでしょうか。

  23. 譲れるあなたは、優しい人。

    急におなかの調子が悪くなり、トイレに駆け込むことがあります。
    下痢です。
    一刻も早くトイレに行って、体調不良を解消したいと思うでしょう。

  24. じっと見つめよう。
    違った物体に見えてくる。

    あなたの周りには、いろいろな物があります。
    コップ、本、鉛筆、携帯電話。
    毎日見ている物ですから、どれも見慣れていることでしょう。

  25. 動けるときに動いておこう。
    いつ動けなくなるか分からないから。

    人生は、動けるときに動いておくのが正解です。
    いつ動けなくなるか、分からないからです。
    不運は突然やってきます。

  26. 私たちは、小さな差を大げさに考えすぎている。

    私たちの悩みは、差によるものが大半です。
    年収の差。
    地位の差。

  27. 支えに感謝すると、支える力がさらに強くなる。

    あなたは今、多くの支えによって生きています。
    支えられているときは、特に変化がないため、その感謝に気づきにくい傾向があります。
    支えとは安定です。

  28. 夜空を通して、大昔の人たちと同じ気持ちになれる。

    昔と現在では、かなり風景が変わりました。
    林や森の木は切り倒され、土地は開拓され、山の風景は変わりました。
    コンクリートの道ができ、ビルが立ち並びました。

  29. 毎日、夜があるからよかった。
    どんなに大きな悩みも、睡眠中は忘れられる。

    あまり悩みすぎても、体に毒です。
    悩むのは大切ですが、あまりひどく考えすぎると、精神的に病んでしまいます。
    限度を超えると「ノイローゼ」という別の問題が発生することもあります。

  30. 平凡な1日でしたか。
    それなら今日は幸せです。

    ときどき、ため息をつきながら、こんなことを考えていませんか。
    「今日も平凡な1日だったな」と。
    大きな変化も刺激もなく、無駄な1日のように感じますが、誤解です。

同じカテゴリーの作品