公開日:2022年7月27日
執筆者:水口貴博

奇跡の神様に愛される
30の方法

  • 奇跡の神様は、
    終了直前にやってくる。
    残り時間が少ないからといって諦めてはいけない。
奇跡の神様に愛される30の方法

奇跡の神様は、終了直前にやってくる。
残り時間が少ないからといって諦めてはいけない。

残り時間が少ないからといって諦めてはいけません。
もう逆転できないに決まっているとさじを投げていけません。
どんなに残り時間が少なくても、終了の合図があるまで試合は続いています。

奇跡の神様は、終了直前にやってくる。残り時間が少ないからといって諦めてはいけない。

流れ星への願い事が間に合わなくてもいい。
流れ星を見られるだけで、十分ラッキー。

夜空を素早く横切るひとすじの光といえば何でしょうか。
そうです、流れ星です。
夜空を眺めていると、ごくまれに流れ星を見かけることがあるでしょう。

流れ星への願い事が間に合わなくてもいい。流れ星を見られるだけで、十分ラッキー。

チャンスは「ピンチ」という形でやってくる。

どんなピンチもチャンスに変えてください。
「どうしようもない状況だ」
「ピンチはピンチでどうしようもない」

チャンスは「ピンチ」という形でやってくる。

うなずきながら話を聞くだけで、吸収力と記憶力がアップする。

コミュニケーションに悩みを抱えている人がいます。
「相手の話がなかなか頭に入って来ない」
「相手の話を聞いてもすぐ忘れる」

うなずきながら話を聞くだけで、吸収力と記憶力がアップする。

運は「ないもの」と考えるほうがうまくいく。

試験では、運の要素があります。
ヤマを張ったところがぴったり的中して、高得点が取れることがあります。
たまたま易しい問題が多く出題されることがあります。

運は「ないもの」と考えるほうがうまくいく。

アンチに絡まれたときの、上手なストレス解消法とは。

ネットでは、アンチから絡まれることがあるかもしれません。
インターネットの特徴である匿名性は、誹謗ひぼう中傷を助長させることで知られています。
何かと悪口を言うのが好きな人がいるものです。

アンチに絡まれたときの、上手なストレス解消法とは。

今日のあなたのチャレンジ。
相手のいいところを見つけて、褒めること。

今日のあなたのチャレンジを申し上げます。
相手のいいところを見つけて、褒めてください。
相手は誰でもかまいません。

今日のあなたのチャレンジ。相手のいいところを見つけて、褒めること。

レッテルを貼る癖があると、固定観念に縛られ、柔軟な思考を妨げる。

レッテルを貼る癖がある人を見かけることはありませんか。
「レッテル」とは、オランダ語に由来する言葉であり、瓶や缶などの商品に貼り付けるラベルのことを指します。
人や物事に対して、偏見や先入観だけで、一方的に評価する行為のことをいいます。

レッテルを貼る癖があると、固定観念に縛られ、柔軟な思考を妨げる。

八つ当たりされても、むっとしてはいけない。
「ストレス解消のお手伝いができた」と思えばいい。

人から八つ当たりされた経験はありませんか。
こちらに非はないのに、急に怒鳴られたり強く当たられたりです。
どうやら何か腹立たしいことがあったようです。

八つ当たりされても、むっとしてはいけない。「ストレス解消のお手伝いができた」と思えばいい。

区切りの良いところから始めようとするときの落とし穴とは。

私たちは、区切りの良いところから始めたがります。
区切りの悪いところから始めるのは違和感があって、どことなく気持ち悪い。
身の回りの準備もあれば、心の準備もあります。

区切りの良いところから始めようとするときの落とし穴とは。

クリエイティブな人は、いつでもどこでもネタ探しをしている。

クリエイティブな人にとって、ネタ探しは重要です。
クリエイティブといっても、無からアイデアを生み出すわけではありません。
アイデアを生み出すには、ネタやヒントが必要です。

クリエイティブな人は、いつでもどこでもネタ探しをしている。

自分の一言が、誰かのリラックスタイムを壊すことがある。

あるところに、レストランでカフェを楽しんでいる人がいました。
午前の仕事が一段落して、しばしお昼休みのひとときを過ごしていました。
昼休みは誰にとってもリラックスタイムです。

自分の一言が、誰かのリラックスタイムを壊すことがある。

コピーを始めるとき、忘れがちなファーストステップとは。

コピーを取るとき、あなたはまず何から始めますか。
ボタン操作や用紙の角度チェックから始める人が多いですが、実はもっと大切で、忘れがちなファーストステップがあります。
コピー機のガラス面をきれいにすることです。

コピーを始めるとき、忘れがちなファーストステップとは。

勝ち目がない戦いに挑むこともあっていい。
そこに意味があれば、挑む価値がある。

勝ち目がない戦いに挑むのは愚かなことでしょうか。
必ず負けるとわかっている試合をすることが愚かなことでしょうか。
いいえ、愚かなことではありません。

勝ち目がない戦いに挑むこともあっていい。そこに意味があれば、挑む価値がある。

試合で負けたにもかかわらず、嬉しそうな表情をする選手がいた。

試合で負けたにもかかわらず、嬉しそうな表情をする選手がいました。
握り拳を作った両手を大きく突き上げて、勝利の喜びを見せています。
白い歯を見せて、涙を流しながら喜んでいます。

試合で負けたにもかかわらず、嬉しそうな表情をする選手がいた。

「たぶんできないだろう」ということは「できるかもしれない」ということ。

「たぶんできないだろう」
そう思うことがあれば、チャンスです。
悪いほうではなく、良いほうに考えてください。

「たぶんできないだろう」ということは「できるかもしれない」ということ。

死ぬ夢を見たら、喜んでいい。
命の尊さを再認識する機会にしよう。生きていることに感謝する機会にしよう。

最も不吉な夢といえば、何でしょうか。
何と言っても「自分が死ぬ夢」でしょう。
事故や病気で自分が死んでしまう夢を見て、飛び起きたことがあるかもしれません。

死ぬ夢を見たら、喜んでいい。命の尊さを再認識する機会にしよう。

スーパースターと同じ時代を生きているあなたは運がいい。
素晴らしい奇跡に感謝する。

世の中には「スーパースター」と呼ばれる人たちがいます。
スポーツ界のスーパースター、将棋界のスーパースター、映画界のスーパースター、音楽界のスーパースター。
スーパースターには国民的な人気・世界的な人気があります。

スーパースターと同じ時代を生きているあなたは運がいい。素晴らしい奇跡に感謝する。

簡単な問題だからといって油断してはいけない。
それは神様からの引っかけ問題だ。

学校の試験では、やけに簡単な問題と遭遇することがあります。
「普通の簡単」ではなく「驚くほど簡単」というレベルの試験問題です。
「簡単じゃないか。サービス問題なのだろう。ラッキー!」

簡単な問題だからといって油断してはいけない。それは神様からの引っかけ問題だ。

隣の芝生が青く見えても、惑わされてはいけない。
「いつものこと。
単なる心の錯覚」の一言で目を覚まそう。

自分と他人を比較したとき、ほとんど差がないはずなのに、不思議と相手のほうが良く見えることがあります。
自分のバッグより、他人のバッグのほうが、良いものに見えることがあるでしょう。
自分がいる環境より、他人がいる環境のほうが、快適に見えることがあるでしょう。

隣の芝生が青く見えても、惑わされてはいけない。「いつものこと。単なる心の錯覚」の一言で目を覚まそう。

「あのときは子どもだった」と思うことがあっても恥じることはない。
それだけ大人に成長したということ。

大人になってから子ども時代を振り返ったとき、未熟な自分に気づかされることがあります。
マナーを知らなくて恥をかいたことがあるでしょう。
一時の感情に流され、判断を過ったことがあるでしょう。

「あのときは子どもだった」と思うことがあっても恥じることはない。それだけ大人に成長したということ。

問題が発生したとき「トラブル」と考えない。
「与えられた試練」と考える。

問題が発生したとき「トラブル」と思ってはいけません。
トラブルだと思うから「大変だ!」と焦ってしまい、強く動揺してしまいます。
頭がいっぱいになって、急に余裕が失われます。

問題が発生したとき「トラブル」と考えない。「与えられた試練」と考える。

どんなに長いトンネルも、前進を続けていれば、いつか抜けるときがやってくる。

若いうちに経験しておきたいのは「長いトンネル」です。
長いトンネルの中にいるときは、本当に不安でたまりません。
不安に押しつぶされそうな日々が続くでしょう。

どんなに長いトンネルも、前進を続けていれば、いつか抜けるときがやってくる。

祈ってばかりでは、明るい未来はやってこない。
祈るのは、やるべきことをすべてやってからするもの。

行動も何もしないで、祈ってばかりの人がいます。
「成績が上がりますように」
「試合で勝てますように」

祈ってばかりでは、明るい未来はやってこない。祈るのは、やるべきことをすべてやってからするもの。

一方的な自己紹介になっていないか。
自己紹介には、自己紹介を返すのがマナー。

あるときあなたは初対面の人から自己紹介をされました。
「初めまして。○○といいます。よろしくお願いします」
1対1の場面で自己紹介をされたとき、どんなリアクションをしていますか。

一方的な自己紹介になっていないか。自己紹介には、自己紹介を返すのがマナー。

好きなことでお金を稼げたら、幸せ。
好きなことでお金を稼げなくても、幸せ。

好きなことでお金を稼げるなら、素晴らしいことです。
好きなことができ、そのうえお金までもらえるのですから、文句の付けようがありません。
これ以上幸せなことはないでしょう。

好きなことでお金を稼げたら、幸せ。好きなことでお金を稼げなくても、幸せ。

顔にしみや吹き出物があっても、気にしなくていい。
自分が思っているほど、見られても気づかれてもいない。

「顔のしみが気になる。吹き出物が気になる。なんとかしなきゃ!」
自分の顔にしみや吹き出物があって、悩んでいる人も多いでしょう。
「できるだけなくしたい」「少しでも目立ちにくくさせたい」と頑張って改善する人は多い。

顔にしみや吹き出物があっても、気にしなくていい。自分が思っているほど、見られても気づかれてもいない。

どんな成功も、自分一人の力と思ってはいけない。

どんな成功も、自分一人の力と思ってはいけません。
どんな成功にも、必ず仲間がいて、支援者がいます。
陰で支える存在がいます。

どんな成功も、自分一人の力と思ってはいけない。

痛い椅子に文句を言うばかりになっていないか。
自分にできる対策を採ろう。

硬い椅子に文句を言っている人がいます。
「硬い椅子はお尻が痛くなる」
「硬い椅子だと落ち着けない」

痛い椅子に文句を言うばかりになっていないか。自分にできる対策を採ろう。

貧しいと嘆いてはいけない。
どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。

「貧しい、貧しい」と嘆かないでください。
貧しく感じるのは、心の贅沢ぜいたく病です。
「貧しい、貧しい」と嘆く人は、いつの間にか満足の基準が高くなっています。

貧しいと嘆いてはいけない。どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
8
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
9
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION