公開日:2022年4月23日
執筆者:水口貴博

失敗を恐れない
30の名言

  • 「失敗したらダメ」は心のブレーキ。
    「失敗してもいい」は心のアクセル。
失敗を恐れない30の名言

「失敗したらダメ」は心のブレーキ。
「失敗してもいい」は心のアクセル。

行動力をつけるためにはどうすればいいのでしょうか。
「失敗したらダメ」を禁句にしてください。
「失敗したらダメ」は心のブレーキだからです。

「失敗したらダメ」は心のブレーキ。「失敗してもいい」は心のアクセル。

いきなり失敗するのは、幸いなこと。

いきなり失敗するのは、残念なことだと思っていませんか。
いいえ、違います。
失敗できることは、幸いなことです。

いきなり失敗するのは、幸いなこと。

「うまくいくわけがない」と思うことは「うまくいくかもしれない」と言い換える。

「うまくいくわけがない」と思ったら、次のように言い換えてください。
「うまくいくかもしれない」と。
逆の意味になりますが、実は表裏一体の関係があります。

「うまくいくわけがない」と思うことは「うまくいくかもしれない」と言い換える。

怖いことは「肝試し」と考えよう。
わからないことは「運試し」と考えよう。
恥ずかしいことは「度胸試し」と考えよう。

私たちの日常では、動揺する瞬間があるものです。
そんなときに、勇気を持って立ち向かう考え方があります。
次の3つのパターンを心がければ、臆病な人であっても心に勇気が湧いてきます。

怖いことは「肝試し」と考えよう。わからないことは「運試し」と考えよう。恥ずかしいことは「度胸試し」と考えよう。

若いときは、生意気であっていい。

若いときは、生意気であってかまいません。
むしろ生意気であるほうがいいのです。
そもそも若いうちは礼儀や言葉遣いがきちんと身についていないのですから、自然と生意気になってしまいます。

若いときは、生意気であっていい。

失敗に対する恐怖心の克服は、慣れるのが一番。

失敗の恐怖心を取り除くには、どうすればいいのでしょうか。
最も単純かつ効果的な方法があります。
それは「慣れること」です。

失敗に対する恐怖心の克服は、慣れるのが一番。

無難なネタばかり口にしていると、ユーモアセンスが鍛えられない。
たまには新しいネタにチャレンジしてみよう。

ふと面白いユーモアが浮かびました。
今まで口にしたことがないネタで、完全に新しいネタです。
ところが、ちょっと内容が微妙です。

無難なネタばかり口にしていると、ユーモアセンスが鍛えられない。たまには新しいネタにチャレンジしてみよう。

一番よく間違える人が、一番よく覚える。

記憶力が高まるのは、正解したときではありません。
間違えたときです。
間違えたとき、心の中で「しまった!」と思います。

一番よく間違える人が、一番よく覚える。

あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。

あなたの行く手を邪魔しているのは誰でしょうか。
親でも家族でもありません。
友人でも会社の上司でもありません。

あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。

壁にぶつかったときが成長のチャンスだ。

壁にぶつかったらガッツポーズで喜んでください。
「成長のチャンス」だからです。
成長のチャンスだからといって、一目でわかる形とは限りません。

壁にぶつかったときが成長のチャンスだ。

スーパーマンは、弱いものを助けるからヒーローになった。
弱いものを助けるあなたも、スーパーマンになれる。

スーパーマンの服装は、お世辞にも、かっこいいとは言いにくいです。
「S」と書かれた派手な青い服に、真っ赤なマントです。
一見すると、ださいです。

スーパーマンは、弱いものを助けるからヒーローになった。弱いものを助けるあなたも、スーパーマンになれる。

あなたの失敗は、いわば犠牲バント。
アウトでも、前進があれば、価値はある。

野球には「犠牲バント」と呼ばれる、面白い打ち方があります。
打者が、自分はアウトになる代わりに、走者を先の塁に進めるためのバントです。
確実にアウトが1つ増えるため「もったいない」と思います。

あなたの失敗は、いわば犠牲バント。アウトでも、前進があれば、価値はある。

負けてもいい。
損をしてもいい。
トータルで勝って、得をすればいい。

心を安定させるために大切なことがあります。
それは「トータルで勝って得をする」という考え方です。
心が安定しない人には、物事を部分的に捉える特徴があります。

負けてもいい。損をしてもいい。トータルで勝って、得をすればいい。

成功のチャンスは増えている。
必要なのは行動を起こすこと。

私たちが生きる時代は、以前に比べて成功のチャンスが増えています。
現代社会は「成功のチャンスにあふれた社会」と言っても過言ではありません。
数多くの書籍が登場して、独学がしやすい環境になりました。

成功のチャンスは増えている。必要なのは行動を起こすこと。

一石二鳥で終わらせるな。
一石三鳥を目指せ。

私たちの日常では「一石二鳥」を実現できるときがあります。
一石二鳥は効率が良く、生産性も上がります。
一石二鳥を実現できれば「ラッキー」「素晴らしい」「得をした」と喜ぶでしょう。

一石二鳥で終わらせるな。一石三鳥を目指せ。

どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。

「どうせ失敗するだろう」と思う場面があります。
成功の見込みがゼロではないものの、十中八九、失敗すると思われる場面があります。
ほぼ失敗するとわかっているとき、あなたならどうしますか。

どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。

人生がうまくいかない人は、本気を言葉で示す。
人生がうまくいく人は、本気を行動で示す。

本気になるのはいいことです。
やる気に満ちていて、真面目な気持ちがあり、100パーセントになっているということです。
夢や目標の実現には本気が欠かせません。

人生がうまくいかない人は、本気を言葉で示す。人生がうまくいく人は、本気を行動で示す。

「若いときの失敗は取り返しがつく」というが、大人になってからの失敗も、意外と取り返しがつく。

「若いときの失敗は取り返しがつく」
日常でよく耳にする言葉の1つです。
お金・仕事・人間関係など、若いころの失敗はダメージが限られます。

「若いときの失敗は取り返しがつく」というが、大人になってからの失敗も、意外と取り返しがつく。

失敗の多いことを嘆くな。
チャレンジが多いことを喜べ。

「失敗ばかりしている」
「仕事で大きなミスをしてしまった」
「どうして私の人生はこんなに失敗が多いのだろう?」

失敗の多いことを嘆くな。チャレンジが多いことを喜べ。

失敗を爆笑するくらいでないと、成功はできない。

失敗をしたら、爆笑してください。
「うわっ、とんでもない失敗をしてしまったなあ! わはは!」
自分の失敗をネタにして大声で笑い飛ばしましょう。

失敗を爆笑するくらいでないと、成功はできない。

「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。

「絶対無理」が口癖の人がいます。
「絶対無理!」
「絶対無理だよ」

「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。

開き直ることを恐れてはいけない。
開き直ることも、処世術の1つ。

窮地に陥ったときは、どうすればいいか。
開き直ればいいのです。
顔から火が出るほど恥ずかしいことがあれば、開き直って笑い飛ばしましょう。

開き直ることを恐れてはいけない。開き直ることも、処世術の1つ。

どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。

日常では恥ずかしい気持ちになることがあるでしょう。
公衆の面前で簡単なミスをすると、恥ずかしい気持ちでいっぱいになります。
一瞬で顔が赤くなり、トマトのようになるでしょう。

どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。

大失態は、大爆笑のネタ。

大爆笑のネタを作りたいなら、大失態を経験してください。
大失態は、大爆笑のネタになるからです。
どんな大失態も、生命に関わるものを除き、最後は笑いのネタになります。

大失態は、大爆笑のネタ。

プロの大道芸人は、失敗しても、演技の一部に見せる。
すべての失敗は、エンターテインメントに変えることができる。

プロの大道芸人は、演技に失敗しても、失敗らしく見せません。
演技の一部に見せます。
失敗すると演技が中断して、場の空気も悪くなりそうですが、ここはプロの腕の見せどころです。

プロの大道芸人は、失敗しても、演技の一部に見せる。すべての失敗は、エンターテインメントに変えることができる。

大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。

大人になってから大失敗をする人に、よくあるケースがあります。
それは、若いころ遊んでこなかった人です。
大人になってからうまい話に騙されて四苦八苦するのは、若いころ遊んでこなかった人です。

大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。

昔の失敗を引きずらない。
昔の自分も引きずらない。

「どうして間違ってしまったのだろう」
「あんなことをしなければよかったな」
「つまらない失敗をした自分が情けない」

昔の失敗を引きずらない。昔の自分も引きずらない。

失敗は、再チャレンジのスタートライン。

エジソンは白熱電球を発明するため、さまざまな種類のフィラメントを試しては失敗を繰り返しました。
ある素材を試して失敗しては、また別の素材を試しては失敗するという繰り返しです。
「フィラメントにぴったりの素材がどこかにあるはずだ!」という前向きな思いがあり、くじけることはありませんでした。

失敗は、再チャレンジのスタートライン。

悩みの99パーセントは、何とかなる。

「雨が降ったらどうしよう」
傘を差せばいいだけです。
「物が壊れたらどうしよう」

悩みの99パーセントは、何とかなる。

出るくいは打たれる。
出すぎた杭は打たれない。

結果や成績で抜きん出ると、よくも悪くも、目立ちます。
周りから褒められたり評価されたりしますが、いいことばかりではありません。
憎まれたり悪口を言われたり、時には攻撃されたりなど、悪いこともあって悩まされます。

出る杭は打たれる。出すぎた杭は打たれない。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION