プラス思考

生きるのがつらいときの
30の言葉

  • まず、
    今日はいい1日になると考えよう。
生きるのがつらいときの30の言葉

もくじ
  1. まず、今日はいい1日になると考えよう。

    今から考えてほしいことがあります。
    不安や緊張を吹き飛ばし、元気になるための魔法の一言です。
    「今日はいい1日になる」です。

  2. 積極性すら、習慣。

    「自分は変われない」
    そう思ったところで仕方ありません。
    消極的な自分を恨んだところで改善しません。

  3. 明るい雰囲気は、あるものではなく、作るもの。

    暗い人には、暗い雰囲気が漂っています。
    「人生はつまらない」
    「今さら行動しても仕方ない」

  4. 人生が変わる場面とは、意外にささいなことが多い。

    過去を振り返って、大きな転機を思い出すとき、どんな場面を思い出すでしょうか。
    「自分が変わる」「人生が変わる」と言えば、大きな出来事を想像するでしょう。
     

  5. 中途半端な生き方をすると、中途半端な人生になる。
    全力の生き方をすると、最高の人生になる。

    中途半端に生きていませんか。
    中途半端に遊んでいるのでは、気分転換もストレス発散も、中途半端になります。
    中途半端に仕事をしていませんか。

  6. 一生懸命に生きる人は、達成感にあふれる人生を送ることができる。

    頑張ってもいないのに、達成感だけ得ようなんて、都合がよすぎます。
    それは無理です。
    適当な取り組みでは気持ちが入っていないため、達成感がありません。

  7. マナーを勉強しようと思うのも、マナー。

    「自分にはマナーが足りない。もっとマナーを勉強しよう」
    マナーがない自分に落ち込みそうになりますが、ちょっと待ってください。
    本当に、マナーがないのでしょうか。

  8. 夢を達成できる人は、もう少し頑張る習慣がある。

    もう少し頑張る習慣を身につけましょう。
    少し踏ん張って、余分に仕事をしてみます。
    「少しだけでは、何も変わらない」

  9. 適度な緊張は、人生に豊かさをもたらすカンフル剤。

    「緊張」という言葉に、ネガティブな印象を持つ人が多いようです。
     
    たしかに緊張すると、体が硬直したり、思うように発言できなくなったりなど、よくない影響が出やすくなるでしょう。

  10. あなたのいらいらの原因は、空腹かもしれない。

    人は空腹のとき、いらいらしやすくなります。
    脳の活動に必要な栄養は、ブドウ糖のみです。
    脳のガソリンであるブドウ糖が足りなくなると、正常な思考ができなくなります。

  11. 素晴らしい未来を作る原点は、今ここにある。

    自分の今の状況を振り返ってみましょう。
     
    たとえば、成績・仕事・人間関係です。

  12. 遊びは、仕事のように楽しもう。
    仕事は、遊びのように楽しもう。

    遊びは、仕事のように楽しみましょう。
    遊びであっても、仕事のように全力を出して、本気になります。
    無遅刻・無欠席は当然。

  13. 自分への期待を忘れていませんか。

    期待を忘れていませんか。
    他人への期待ではありません。
    自分への期待です。

  14. 仕事に取りかかるまでの早さも、行動力。

    行動力と言えば、何をイメージするでしょうか。
    「仕事をエネルギッシュにこなす」
    「言ったことは、必ず実行する」

  15. 自分の許容範囲を超えた全力は、長持ちしない。

    今の全力の程度を確認しましょう。
    自分の許容範囲を超えた状態なら、要注意です。
    長持ちしないのが特徴です。

  16. わくわくして寝られないときは、幸せな睡眠不足を楽しむ。

    翌日、嬉しいことがあって寝られないことがあります。
    待ち焦がれていた文化祭、楽しい遠足、名誉ある授賞式。
    待ち焦がれた新商品の発売日、好きな人とのデート。

  17. 疲れたときの行動基準は、質が求められる仕事かどうかで決まる。

    仕事を続ければ必ず感じるのが、疲れです。
    「丁寧ではない」
    「余裕がなくなっている」

  18. 好きという言葉は、魔法の言葉。

    最近「好き」という言葉を言っていますか。
    好きという言葉は素晴らしい言葉です。
    あなたを輝かせる言葉だからです。

  19. 運とは、前向きに頑張っているときに起こる現象。

    「運がない」
    「運が悪い」
    もしそう思っているなら、原因は、次の2つです。

  20. ぎりぎりの行動は、おおむねうまくいかないのが人生の法則。

    「まだ時間がある」
    「まだしていなくてもいい」
    「また今度にしよう」

  21. 受動的になると、恐怖が倍増する。
    能動的になると、恐怖が半減する。

    恐怖を倍増させる方法があります。
    受動的になればいいのです。
    受け身になっていることは、時期や程度を自分でコントロールできません。

  22. 言葉は、ブーメラン。

    気持ち悪くなりたくなければ、気持ち悪いという言葉を使わないことです。
    想像してみてください。
    「これは気持ち悪いね」

  23. 前向き言葉の効果が得られない人の、ある特徴とは。

    言葉には、人生を変える魔法の力があります。
    ポジティブな言葉を使えば、明るい人生になります。
    自分の言葉を一番聞いているのは、自分です。

  24. 定番だからとはいえ、信じ込むのもよくない。

    就職活動では、数多くの定番が登場します。
     
    たとえば、就職活動のネクタイと言えば、青色が定番です。

  25. 実現できない本当の原因は、自分が勝手に作り出した制限。

    気づいてください。
    本当の制限は、自分であることを。
    「実現できないのは、多くの制限のせいだ」と、多くの人が思っています。

  26. 人類には、コンプレックスという名のエネルギーが必要。

    コンプレックスとは何か。
    辞書で引けば「劣等感」「自分が他より劣っているという感情」などの説明があります。
     

  27. 小さなことに限って言えば、重要なのは、何を決断するかより、いかに早く決断できるか。

    重大な決断なら、時間をかけて考える必要があるでしょう。
    人生を左右したり、人命に影響したりする決断なら、間違いは許されません。
    慎重にデータを集めたり比較したりして、よく考えてから、決断しなければなりません。

  28. 失敗経験は、避けて通れない道。
    だからこそ、失敗経験との付き合い方が重要。

    人生で必ずあるのが、失敗経験。
    失敗を避けて通りたいところですが、残念ながら、それはありません。
    誰でも道でつまずいて、膝をすりむいた経験があるでしょう。

  29. 「どちらもいいな」と思ったとき。

    「どちらもいいな」
    そんな状況に直面することはありませんか。
    どちらもいいと思うことは、選びにくくて迷いますね。

  30. 適度に受け流す力も、生きる力の1つ。

    あなたは真面目すぎていませんか。
    真面目であるのは立派ですが、何もかも真面目にやっていては疲れます。
    もちろん勝負所では真面目に取り組まなければいけませんが、すべてを真面目に取り組むのは得策ではありません。

同じカテゴリーの作品