人生の教科書



読み上げ動画・音声
プラス思考
ぎりぎりの行動は、おおむねうまくいかないのが人生の法則。
プラス思考
「今」
恋愛学
考えてから行動するのではなく、行動しながら考える。
生き方
おしゃべりばかりをやめること。
プラス思考
人の行動を見て、自分の行動を直す。
気力
他人に決められると、決断できても、行動できなくなる。

るい性格になる
30方法

お気に入り86 読んだ
4

「明るい人」になりたければ
「行動する人」になればいい

  • 近、何も面白いことがない」

  • 「何をやりたいのか分からない」

このようにぼやいている人には、ある共通点があります。

「行動していない」という共通点です。

最近何も面白いことがないのは、何も行動していないから面白いことがないのです。

自分が何をやりたいのか分からない人は、何も行動していないから余計に分からなくなってしまうのです。

 

しかし、逆に、いつも明るく元気な人に共通しているのは「行動している」ということです。

何が面白いのかが分からないうちに、とにかく行動してしまっています。

さっと行動に移すからこそ、早くに何か「結果」が返ってきます。

早く結果が返ってきたら、また次への行動が早くなります。

たくさんの行動をしていくため、たくさん面白いことに出会う確率が断然高くなるのです。

私はときどき「明るい性格になりたいのですが、どうすればいいのですか」と聞かれることがあります。

  • 「何でもいいから、とにかく行動すればいいよ。そうすれば何か面白いことが起こるから。何もしないのが一番いけないよ」

その経験が面白いのかどうなのかは、とにもかくにも、やってみないことには始まりません。

すべては、始めてみることから始まるのです。

先ほども言った「自分は将来何をしたいのか分からない」と言う人も、決まって何も行動していません。

それもそうです。

何も行動しないのだから、自分が何をしたいのかも分かるわけがありません。

少なくとも行動すれば、何かが得られます。

やってみて面白かったら、大当たりです。

やってみて面白くなければ、面白くないことが分かったため、これも1つ収穫ありです。

どんどん行動を増やし、消去法を使ってかまいませんから、本当にやりたいことを見つけていくのです。

何でもやってみれば、何か得られるものがあるのです。

人生を楽しむということは「とにかく行動する」ということです。

それをやったらどうなるかなんて、やってみないと分かりません。

「面白いことがない」という言葉なんて、やってもいない人が口にする権利はないのです。

明るい性格になる方法 その4

  • とにかく
    「行動する人」になる

同じカテゴリーの作品