プラス思考

何もいいことがないときの
30の言葉

  • 何もいいことがないのではない。
    いいことに気づいていないだけだ。
何もいいことがないときの30の言葉

もくじ

何もいいことがないのではない。
いいことに気づいていないだけだ。

何もいいことがないのではない。いいことに気づいていないだけだ。

「昨日はいいことがなかった」
「今日もいいことがなかった」
「最近、何もいいことがない」

何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。
素晴らしい平和を実現できた1日。

何もなかった日は、トラブルが起きなかった日。素晴らしい平和を実現できた1日。

「今日は何もなかったな」
「いいことが1つもなかった」
「特に変わったことも、平凡な1日だった」

ずっと気になっていることを放置しない。
気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。

ずっと気になっていることを放置しない。気持ちが収まらないのは、それだけ興味が強い証拠。

ずっと気になっていることがありませんか。
・ずっと気になっている本
・ずっと気になっている人

1週間に1回は、3つのことを流そう。
「汗」「涙」「嫌なこと」。

1週間に1回は、3つのことを流そう。「汗」「涙」「嫌なこと」。

1週間に1回は流したいものが3つあります。
「汗」「涙」「嫌なこと」です。
流せば流すほどいいものです。

おいしいものを食べるだけで、いいことになる。

おいしいものを食べるだけで、いいことになる。

今すぐいいことを起こす方法があります。
とても簡単である上、とてもおいしい方法です。
それは「おいしいものを食べる」という方法です。

元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。

元気を出すために本を読むなら、活字が大きくて、文字数が少ないものがいい。

元気を出すために本を読むことがあるでしょう。
へこんだり悩んだりして心の火が消えかかっているときは、元気になれそうな本を読みたくなるものです。
たとえば、自己啓発書です。

好きなことを我慢しない。
好きなことにもっとお金をかけよう。

好きなことを我慢しない。好きなことにもっとお金をかけよう。

人生を楽しみたいなら、着目点は「好きなこと」にあります。
人生を楽しみたいなら、好きなことにお金をかけましょう。
お金をかければかけるほど、充実感と満足感が得られます。

ため息には2種類ある。
「体のため息」「心のため息」

ため息には2種類ある。「体のため息」「心のため息」

ため息と聞いて、あなたはどんな様子を浮かべるでしょうか。
やはり最初に浮かべるのは、口から吐く長い息でしょう。
疲れたとき、悩んでいるとき、失望したときなどは、自然とため息をついてしまいます。

サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。
サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。

サービスの悪いお店は、運を奪い取られる。サービスのいいお店は、運を分け与えてもらえる。

運を高めたいなら、次のことを心に決めてください。
「サービスの悪いお店には行かない」と。
たまに行ったり付き合いで行ったりする程度ならいいです。

「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。
何もないだけでラッキーと喜べる。

「今日は何かアクシデントがある」と思って出かけよう。何もないだけでラッキーと喜べる。

幸運体質になりたいなら「あること」を考えながら出かけましょう。
「今日は何かアクシデントがある」です。
どんなアクシデントなのかはわかりませんが、何らかのアクシデントがあると考えます。

なぜ「全部好き」と答えてはいけないのか。

なぜ「全部好き」と答えてはいけないのか。

「どれがよかったですか」
「どれがおいしかったですか」
何かを食べたり使ったり体験したりしたとき、感想を聞かれることがあります。

恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。

恥ずかしがらずに、1人で高級レストランを楽しむ方法。

1人の行動に慣れている人がいます。
主体性があって精神的に自立している人は、いろんなところに1人で出かけることができます。
・1人でカフェに行く

あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。

あなたの頭では毎日「0.3ミリの奇跡」が起こっている。

生活を楽しむヒントは「あなたの頭」にあります。
髪の毛ではありません。
髪の毛が伸びることです。

はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。

はやっていることは、頑固に拒むのではなく、素直に乗っかってみる。

私たちが生きる社会には「はやり」があります。
・流行の音楽
・話題になっている映画

「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。
「面白いことだらけだよ」

「何か面白いことはない?」と聞かれたらこう答えよう。「面白いことだらけだよ」

あるとき人から「何か面白いことはない?」と聞かれることがあるでしょう。
だるそうな表情で聞かれることが大半です。
どうやら刺激のない毎日で、飽き飽きしているようです。

骨のある食べ物は、普通より多くの楽しみが詰まっている。

骨のある食べ物は、普通より多くの楽しみが詰まっている。

「魚料理は骨があるから苦手」
「チキンは骨が邪魔で食べにくい」
骨のある食べ物が苦手という人は多い。

「堅い」を「歯ごたえがある」に言い換えるだけで、もっとおいしく味わえる。

「堅い」を「歯ごたえがある」に言い換えるだけで、もっとおいしく味わえる。

食べ物の中には「堅いもの」があります。
・お煎餅
・アーモンド

珍しい経験をするために、お金を払おう。
「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。

珍しい経験をするために、お金を払おう。「珍しい」というだけで、お金を払う価値がある。

珍しい経験ができるなら、ぜひそれにチャレンジしてみましょう。
珍しいかどうかは自己判断でOKです。
あなたが「珍しい」と思うなら、何でもかまいません。

ぼんやりした時間を作って楽しもう。
ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。

ぼんやりした時間を作って楽しもう。ぼんやりした時間が、楽しい人生を作り出す。

人生を楽しむために必要な時間があります。
それは「ぼんやりした時間」です。
真面目で頑張っているあなたは、きっと忙しい日々を送っているでしょう。

飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。
取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。

飲み物をこぼしたら、掃除のきっかけに変えよう。取れない黄ばみができたら、買い換えのきっかけに変えよう。

飲み物をこぼしてしまうことがあります。
うっかりコップを倒してしまい、「しまった!」と慌ててテーブルを拭く。
誰にでも不注意はあるものです。

電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。
車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。

電車に乗ったら、車窓から景色を楽しもう。車窓からの景色は、電車が存在する現代だから楽しめる贅沢。

電車に乗ったら何をしていますか。
空席があれば、そのまま座る人もいるでしょう。
目的地に着くまでぼんやりしているしている人もいるでしょう。

同じところで何枚も写真を撮らない。
限度を超えると、品位を損なう。

同じところで何枚も写真を撮らない。限度を超えると、品位を損なう。

同じところで何枚も写真を撮る人がいます。
写真を撮っては確認して削除して、また撮っては確認して削除することを、繰り返しています。
「これはアングルがよくない」

知識で話すと、魅力が出ない。
意思で話すと、魅力が出る。

知識で話すと、魅力が出ない。意思で話すと、魅力が出る。

魅力を出すために大切なのは、知識ではありません。
意思です。
学校教育に染まっていたせいか、私たちは知識重視になりがちです。

この世で最もお金がかかる趣味とは。

この世で最もお金がかかる趣味とは。

あなたに問題です。
この世で最もお金のかかる趣味は何でしょうか。
ゴルフでしょうか。

踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。

踏んだり蹴ったりの1日でも、1つはいいことがあるはずだ。

朝起きるのが遅くなり、電車に乗り遅れた。
電車の中で足を踏まれた。
遅刻してしまい、上司に叱られた。

「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。

「どうでもいい」は、思考停止を促す言葉。

「細かいことはどうでもいい」
「もう終わりだからどうでもいい」
「結果さえ出れば、プロセスはどうでもいい」

嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。

嫌なことがあったとき、明るい表情でいるだけで、いいことをしたことになる。

いいことをするのは意外と簡単です。
次のことを心がけてください。
「嫌なことがあったとき、暗い表情にならず、明るい表情でいる」

極楽は、バスタイムにある。

極楽は、バスタイムにある。

1日の終わりに疲れを取る時間。
そうです、バスタイムです。
あなたはシャワー派ですか、それとも湯船派ですか。

「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。

「何もなかった」を「すこぶる順調だった」と言い換えるだけで、見える景色が明るく変わる。

「何もなかった」
そう思うことがあるなら、表現を変えてください。
「すこぶる調子がよかった」です。

健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。

健康診断の結果が「異常なし」であっても、受診した意味はある。

毎年、健康診断を受ける人も多いでしょう。
会社員として働いているなら、年に1回は受けるはずです。
自営業を営んでいるなら、自分で申し込んで受けることになるでしょう。

同じカテゴリーの作品