プラス思考

強く生きる
30の言葉

  • よく笑われた人が、
    一番出世する。
強く生きる30の言葉

もくじ
  1. よく笑われた人が、一番出世する。

    一番出世する人は誰でしょうか。
    学歴が高い人。
    精神力が強い人。

  2. 新人の気持ちは、常に持ち続けなければいけない。

    新人の気持ちは、常に持ち続けることが大切です。
    入社したばかりのころは、誰でも新人の気持ちを持っています。
    新人のころは、誰でも初々しい。

  3. 能力は、最初からあるものではない。
    鍛えて身につけていくもの。

    「自分は無能な人間だ」
    「自分は能力のない人間だ」
    「自分には知識も技術も乏しい」

  4. 義務感でしていることは、長続きしない。
    使命感でしていることは、ずっと続く。

    長続きしない人によく見られる特徴の1つ。
    それは「義務感」です。
    仕事でもスポーツでも何でも、義務感でしていることは要注意です。

  5. 調子が悪くても、落ち込まない。
    調子がよくても、思い上がらない。

    調子が悪くても落ち込まないことです。
    調子が悪いと、自己管理能力がとぼしくて、自分を責めたくなるかもしれません。
    恥ずかしさや罪悪感が出てくることもあるでしょう。

  6. 仕事をしないと、調子も出ない。
    調子は、仕事をしながら少しずつ出していくもの。

    「調子が出ないから仕事もできない」
    それは少しおかしな話です。
    「体調が悪い」という理由なら分かるのです。

  7. 笑って話す行為には、負の記憶を昇華させる力がある。

    人生では、大きな失敗をしてしまうことがあります。
    失敗を経験したことがない人は、1人もいないでしょう。
    誤解や不注意による失敗もあるでしょう。

  8. 体の傷は、消したくても、一生残る。
    心の傷は、諦めなければ、いつか消える。

    あなたが苦しんでいるのは、体の傷ですか。
    それとも、心の傷ですか。
    「体の傷」と「心の傷」。

  9. 雑草は、単なる草ではない。
    生命力を教える教科書。

    道を歩いていると、道ばたに雑草が生えています。
    雑草は、人が育てた草ではありません。
    自然に生えた草です。

  10. 早く成長しようとすると、すぐ元に戻る。
    ゆっくり成長しようとすると、なかなか戻らない。

    私たちは早い成長を求める傾向があります。
    「成長できるなら早いほうがいい」
    特別な理由がないかぎり、誰もが共通する考え方でしょう。

  11. 本当に個性のある人は「人と違うように見られたい」と考えない。

    個性を出そうとするとき、考えがちなことがあります。
    「人と違うように見られたい」です。
    人と同じになると個性がかぶってしまいます。

  12. かまってもらおうとすると嫌われる。
    かまってあげようとすると好かれる。

    嫌われる人にある特徴の1つ。
    それは、かまってもらおうとする態度です。
    もちろん自分を大切にするのはいいのです。

  13. 自信がない人ほど、威張る。
    自信がある人ほど、威張らせる。

    ときどき威張っている人がいます。
    一見すると、威張っている人は偉い人のように思えます。
    早口で、声も大きい。

  14. 無理をしても、翌日の調子が悪くなるだけ。
    無理をしないマイペースが、一番結果を出せる。

    ときどき仕事では、無理をしてしまうこともあります。
    「よし、今日は特別頑張るぞ!」
    気合を入れて、いつもより頑張ろうと思うときがあるでしょう。

  15. 「嫌われたくない」と思うから、苦しくなる。
    「嫌われてもいい」と思えば、楽になる。

    「嫌われたくない」
    ほとんどの人が持つ気持ちでしょう。
    できるだけ人に嫌われるのを避けつつ、できるだけ多くの人から好かれたいと思うはずです。

  16. 自分を信じる人は、いざというときに強い。

    人生では、誰を信じて生きていくかです。
    親を信じる。
    友達を信じる。

  17. 怖いのは初めの1歩だけ。

    初めの1歩は誰でも怖い。
    どうなるのか分かりません。
    どんな雰囲気か分かりません。

  18. 一声を迷うから、疲れる。
    すぐ一声をかければ、疲れない。

    一声をかけるべきか、迷う場面があります。
     
    たとえば「許可の一言」や「注意の一言」です。

  19. エリートコースは、レールの上ばかりではない。
    レールから外れたエリートコースもある。

    世の中には「エリートコース」なるものが存在します。
    一般的にエリートコースとは「競争を勝ち抜いて、社会的に高い地位を得る道筋のこと」をいいます。
    受験戦争を勝ち抜き、一流有名大学を出て、一流有名企業に就職する。

  20. 怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しよう。

    怒鳴りたくなったとき、すぐ気持ちを落ち着かせる方法があります。
    怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸しましょう。
    怒っている状態のことを「頭に血が上る」と言います。

  21. 丁寧なお金の受け渡しは、金銭感覚を養う基本。

    金銭感覚を養う基本の1つ。
    それは「丁寧なお金の受け渡し」です。
    金銭感覚を養いたいなら、丁寧なお金の受け渡しを心がけましょう。

  22. 自分の影は、もう1人の自分。
    いらいらしたら、地面に映った自分の影を見つめよう。

    いらいらしたら外に出ましょう。
    太陽を背にして、地面に映った自分の影を見ましょう。
    ひたすら自分の影をじっと見つめるだけでいい。

  23. スポーツをしている人はぼけない。
    スポーツを見てばかりの人がぼける。

    ぼける人とぼけない人の、違いの1つ。
    それは、スポーツです。
    一言で「スポーツ」と言っても、するのと見るのとでは大きく違います。

  24. 明るい1日は、誰かを褒めることから始めよう。

    明るい1日は、どう始めればいいでしょうか。
    簡単です。
    明るい1日は、誰かを褒めることから始めましょう。

  25. 働いて疲れたら、素直に休もう。
    働いて元気でも、素直に休もう。

    働いて疲れたら、素直に休みましょう。
    無理をするのはよくありません。
    疲れを感じるのは、しっかり仕事をした証拠です。

  26. 価値観や考え方が、変わることもあっていい。
    主張や信念が変わることもあっていい。

    人生では、価値観や考え方が変わることがあります。
    最初から正しい価値観や考え方が身につけば理想的ですが、なかなか難しいのが現実です。
    すべての人は、未熟な状態から始まります。

  27. 主役も素晴らしいが、脇役も素晴らしい。
    引っ張るのが才能なら、陰で支えるのも才能。

    物語には「主役」と「脇役」が存在します。
    一般的に注目を集めるのは、主役です。
    仲間たちを引っ張っていく存在であり、物語の中心人物です。

  28. 立派な社会人になる必要はない。
    普通の社会人で十分素晴らしい。

    立派な社会人になろうとしていませんか。
    親や先生から「社会に出て、立派な社会人になりなさい」と言われていれば、自然と目指す人も多いはずです。
    社会に出て、職に就くからには「できるだけ立派な社会人になりたい」と思うでしょう。

  29. 「話せば分かる」ではなく「会って話せば分かる」。

    誤解が生まれたとき、私たちはこう思います。
    「話せば分かる」と。
    文字だけでコミュニケーションを取ることがあるでしょう。

  30. 強い心は大切。
    柔らかい心はもっと大切。

    私たちは、強い心に憧れます。
    多くの経験を積み、メンタルを鍛えて、強い心を持とうとします。
    もちろん強い心は大切です。

同じカテゴリーの作品