プラス思考

気分が落ち込んだときの
30の言葉

  • 「落ち込んでいる」と思うから、
    余計に落ち込む。
気分が落ち込んだときの30の言葉

もくじ
  1. 「落ち込んでいる」と思うから、余計に落ち込む。

    「落ち込んでいる」と思うのがよくありません。
    「落ち込んでいる」と思うたびに「自分は今、落ち込んでいる」と考えてしまい、虚無感が強くなります。
    いわば、暗示です。

  2. 本気で「ささいなこと」と思えば、心の苦しみは、今すぐ軽くなる。

    悩みを軽くする方法があります。
    しかも即効性があり、今すぐ効果のある方法です。
    「今、悩んでいるのはささいなこと」と思うのです。

  3. うまくいかないから下を向くのではない。
    下を向くからうまくいかない。

    落ち込んで、下を向いていませんか。
     
    たしかに元気がないときは、下を向いてしまいがちです。

  4. 温かい缶ジュースは、落ち込んだあなたの味方。

    落ち込んでいるときは、心も体も冷たくなっています。
    そんなときに活用したいのは、温かい缶ジュースです。
    落ち込んだときには、温かい缶ジュースを買いに行きましょう。

  5. 友達がいなくなったのではない。
    本当の友達が残ったのだ。

    あなたには友達が何人いますか。
    人生では調子のいいときがあります。
    あなたの調子がいいときは、きっと大勢の人に囲まれるでしょう。

  6. あなたを邪魔しているのではない。
    鍛えてくれているのだ。

    あなたの進む道には、多くの邪魔が登場します。
    邪魔と喧嘩しても、お互いが傷つくだけです。
    邪魔を恨んでも、自分が苦しむだけです。

  7. あなたの失敗は、いわば犠牲バント。
    アウトでも、前進があれば、価値はある。

    野球には「犠牲バント」と呼ばれる、面白い打ち方があります。
    打者が、自分はアウトになる代わりに、走者を先の塁に進めるためのバントです。
    確実にアウトが1つ増えるため「もったいない」と思います。

  8. よく落ち込む人は、思考力の成長スピードも速くなる。

    人間は、感情的な生き物です。
    落ち込めることにも、感謝しなければいけません。
    地球上では、感情を持たない生き物がほとんどです。

  9. 落ち込んだときは、肉を食べよう。

    落ち込んだときは、肉を食べましょう。
    落ち込みと肉は関係ないように思えますが、深いところでつながっています。
    肉は、人の気持ちに作用することが医学的に確認されています。

  10. スピードを上げると、考え方がポジティブになる。

    考え方をポジティブにしたければ、スピードを上げましょう。
    行動のスピードを上げると、それだけでテンションが上がります。
    朝に目が覚めたら、ゆっくりではなく、さっと起きる。

  11. ジョギングをしながら落ち込む人はいない。

    落ち込みからすぐ回復できる方法があります。
    ジョギングです。
    ジョギングをしながら落ち込む人はいません。

  12. 気分転換は、適度が重要。
    はまると、今度は抜け出せなくなる。

    落ち込んだときは、気分転換をしましょう。
    興味のある本を読む。
    気になる映画を見る。

  13. ろうそくの火を見つめるだけで、気持ちが落ち着く。

    「気持ちが落ち着かない」
    そんなときは、ろうそくを1本取り出しましょう。
    ろうそくに火をつけて、じっと見つめるのです。

  14. 両足を閉じるだけで、謙虚になれる。

    座っているとき、足を広げていませんか。
    足を広げたほうが、ゆったりして楽かもしれませんが要注意。
    それは、横柄になる習慣です。

  15. 幸せを感じるから、感謝するのではない。
    感謝をするから、幸せを感じる。

    なぜ、幸せを感じないのか。
    その理由は、感謝が足りないせいかもしれません。
    自分の利益や欲ばかりを考えていれば、幸せになりそうに思えますが、逆です。

  16. 感覚があるうちは、まだ大丈夫。
    本当に怖いのは、急に感覚がなくなったとき。

    感覚があるうちは、まだ大丈夫です。
    痛い・つらい・悲しい・苦しい。
    正常な感覚があり、まだ感覚が残っています。

  17. いらいらしたときは、蒸しタオルを顔の上に置くだけでいい。

    エステや美容院では、サービス中、蒸しタオルを顔の上にのせてくれることがあります。
    このときの快感は、言葉では言い表せません。
    ふわっと体が宙に浮くような心地よさがあり、心から癒されます。

  18. トムソンガゼルのような生き方をしよう。
    ジグザグに走るから、敵から逃げ切れる。

    サバンナの陰の主役と呼ばれる草食動物。
    それが、トムソンガゼルです。
    トムソンガゼルには面白い特徴があります。

  19. 愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。
    愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。

    愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まります。
    愚痴を言った瞬間、誰かに責任をなすりつけることになります。
    「自分は悪くない」と思うようになり、現実から逃げ、反省しなくなる。

  20. ダメなところを探すから、落ち込む。
    いいところを探すと、元気が出る。

    自分のダメなところを探すと、落ち込みます。
    学校教育の名残でしょうか。
    ダメなところを探し、何とかしなければいけないと思いがちです。

  21. 落ち込みは、人生のスパイス。
    落ち込みがあるから、当たり前の幸せがいっそう引き立つ。

    カレーは、スパイスがあると、いっそう楽しめます。
    スパイスがなくてもカレーは楽しめますが、あったほうが、さらに楽しめます。
    少量でも、その役割は重要です。

  22. 落ち込みとは、台風のようなもの。
    確実にある、不定期なイベント。

    夏場に苦しめられる天気と言えば、台風です。
    台風とは、最大風速が毎秒17.2メートル以上に発達した熱帯低気圧のことを指します。
    台風は、いつ発生するか分かりませんが、確実にあるのはたしかです。

  23. 目の前にある壁は、実は単なるドアだった。

    行き止まりと思っている壁。
    もうこれ以上、先に進めません。
    叩いても押しても引いても、動く様子はありません。

  24. よく落ち込む人が、一番成長する。

    人間は、どんなときに反省するのでしょうか。
    楽しんでいるときや喜んでいるときには、意外と反省はしません。
    何も悪いことが起こっていないので、反省する必要もありません。

  25. 落ち込みを楽しめば、いつもより回復が早くなる。

    こう考えてみましょう。
    「落ち込みを楽しんでみよう」と。
    元気がなくて、それどころではないと思うかもしれません。

  26. 落ち込みを、敵と思うから苦しくなる。
    味方と思えば、楽になる。

    落ち込みを、敵と考えていませんか。
    自分を苦しめる、もやもやした存在。
     

  27. 少し上を向いて深呼吸するだけで、元気になれる。

    元気がないときは、少し上を向いて深呼吸をしましょう。
    下を向いてはいけないのです。
    下を向くと、気持ちも下がったままになります。

  28. 悔しい気持ちになるのは、きちんと挑戦した証拠。

    人はなぜ悔しい気持ちになるのでしょうか。
    それは、挑戦したからです。
    「このままではいけない」と思い、新しいことに挑戦しました。

  29. あなたは結果にとらわれすぎている。
    自分が納得できたなら、結果は関係ない。

    多くの人が気にするのは、結果です。
    勝つか、負けるか。
    早いか、遅いか。

  30. 失敗談を悲しそうに話すから、心が重くなる。
    失敗談を楽しそうに話すと、心が軽くなる。

    失敗すると、落ち込みます。
    その落ち込みをどうするかです。
    落ち込んでいると友達や知人から「どうしたんですか」と、声をかけられることがあります。

同じカテゴリーの作品