プラス思考

人生に奇跡を起こす
30の方法

  • 「奇跡は起きる」と信じる人に、
    奇跡が起こる。
    起こしたい奇跡をイメージしよう。
人生に奇跡を起こす30の方法

もくじ
  1. 「奇跡は起きる」と信じる人に、奇跡が起こる。
    起こしたい奇跡をイメージしよう。

    奇跡を起こしたいなら「奇跡は起きる」と信じましょう
    そして、起こしたい奇跡をイメージしてください。
    できるだけ鮮明にイメージすればするほど実現しやすくなります。

  2. 奇跡が起こるのを待つのではない。
    奇跡を起こしにいくのだ。

    奇跡とは何か。
    奇跡とは、常識では考えられない、神秘的な出来事のことをいいます。
    人生では、ときどき信じられない奇跡が起こることがあります。

  3. 「頑張れ、自分!」と応援して、自分を奮い立たせる。

    元気がないときは、自分に次の言葉を言い聞かせましょう。
    「頑張れ、自分!」です。
    夢や目標に向かって頑張りたい気持ちが、ますます強くなるでしょう。

  4. 人間関係は、成功に必要な要素。
     ただし、人間関係だけに頼ってはいけない。

    人間関係は、成功に必要な要素です。
    本当に価値ある情報は、本や雑誌などではなく、人からもたらされます。
    素晴らしい仕事のチャンスも、自分からつかむより、人の縁によってもたらされる場合が目立ちます。

  5. 説得力とは、人生を切り開く力。

    説得力とは、何でしょうか。
    辞書で確認すると「相手を納得させるだけの力。その力のある話し方や論理の展開の仕方」などとあります。
    「なるほど」と思って、それ以上深く考えない人が多いのですが、ちょっと待ってください。

  6. 相手の仕事が遅いくらいで、いらいらしない。

    相手の仕事が遅くて、いらいらすることはありませんか。
    自分の仕事が早く終われば、相手の仕事が終わるまで、しばらく待たされる状況になるでしょう。
    「早く仕事を進めたいのに、相手の仕事が遅くていらいらする」

  7. 脳のガソリンを入れるのは簡単。
    甘いお菓子と3回の深呼吸。

    頭の回転が鈍くなってきたときは、ガソリンを補給しましょう。
    車が動くにはガソリンが必要であるように、脳がきちんと動くにも、ガソリンが必要です。
     

  8. 人は誰でも天使になれる。
    にっこりした笑顔で挨拶をするだけでいい。

    人は誰でも天使になれます。
    難しくありません。
    にっこりした笑顔で挨拶をするだけでいいのです。

  9. たまには怠けておかないと、人間らしくなくなる。

    たまには怠けても大丈夫です。
    もちろんいつも怠けてばかりはいけませんが、普段頑張っているなら、たまには怠けるのもいいでしょう。
    怠けないで生きるのもいいですが、それでは休む暇がありません。

  10. 成功者の努力は、凡人には理解されない。

    昔々、あるところに、成功を夢見る人がいました。
    「私には夢がある。必ず夢を実現させよう」
    その一心で、ぶれることなく、毎日仕事に励みました。

  11. 奇跡を願うなら、胸を張って「神様はいる」と言えることが大切。

    私たちは、人生の区切りに、祈りを捧げることがあります。
    大切な時期に、神社へお参りに行き、仕事、健康、人間関係などを祈願します。
    普段の生活でも、テストや試合前などには「うまくいきますように」と願うことがあるでしょう。

  12. 焦らずに、怖がらずに、立ち止まらずに、ただただ自分になればいい。

    焦る必要はありません。
    人生には、まだまだ多くの時間があります。
    過ぎ去った時間を悔やんでも仕方ありません。

  13. 人生は長期戦。
    無理をするよりマイペース。

    短期戦に限っていえば、無理をして頑張るのも効果的です。
     
    たとえば、試験前の徹夜です。

  14. 当たり前を笑う人は、成長しない。
    当たり前を笑わない人が、成長する。

    「そんなことは当たり前ではないか」
    「当たり前のことでつまらない」
    当たり前に接したとき、見下すように笑っていませんか。

  15. 具体的な答えが出ないのは、具体的に動いていないから。

    具体的な答えが出ないのは、具体的に動いていないからです。
    きちんと行動もしないのに、きちんと答えも出るはずはありません。
    人生は正直です。

  16. コンプレックスは、自分が大げさに考えているだけ。

    コンプレックスの大半は、考えすぎです。
     
    たしかに他の人とは少し違っている点かもしれませんが、それだけです。

  17. その人との相性は、一緒に食事をすると分かりやすい。

    「この人と仲良くなれるだろうか」
    そう思ったら、食事に誘ってみましょう。
    その人との相性は、一緒に食事をすると分かりやすい。

  18. 落ち込んだとき、半身浴と読書の組み合わせが効果的。

    落ち込んだときは、半身浴をしてみましょう。
    落ち込んでいるときは、身も心も冷たくなっている状態です。
    身も心も冷たくなっている状態で温かくするのは、なかなか難しい。

  19. 他人が叱られている瞬間は、自分の反省を促す時間。

    日常では、他人が叱られている場面を見かけることがあります。
    「何かミスをしたのかな。大変だな。本人は落ち込むだろうな」
    自分には関係ないと思って、特に気にしない人もいるでしょう。

  20. いい友達を探すより、今の友達を、いい友達にしよう。

    いい友達を探していませんか。
    残念ながら、最初からいい友達を探しても、見つからないでしょう。
    最初から「いい友達」は、存在しないからです。

  21. 褒めるのが恥ずかしいのは、日常の一部になっていないから。

    「褒めるのが恥ずかしい」
    そう思うのは、普段から褒める練習が足りないからです。
    面と向かって露骨に褒めるのは、相手の機嫌を取ろうとしているようで、抵抗感を抱く人もいるでしょう。

  22. アプローチをちょっと変えれば、問題はあっさり解決する。

    私は先日、恥ずかしい経験をしました。
    部屋に入ろうとして、扉を開けようとしましたが、開きません。
    おかしいなと思って強く力を入れましたが、それでもダメでした。

  23. 難しいと感じたときは、能力が伸びるとき。

    難しいと感じることに悩んでいますか。
    おめでとうございます。
    それは、素晴らしいことです。

  24. 前例のないことだからこそ、取り組む価値がある。

    「それは前例のあることだろうか」
    「前例がないのに、取り組むのは危ないのではないか」
    新しいことに挑戦をするときは、前例の存在が気になるものです。

  25. 参拝をするときは、だらだらするのではなく、本気になる。

    あなたが参拝するときの様子を思い出してください。
    だらしない気持ちで参拝していませんか。
    参拝を「単なる行事」「とりあえずしなければいけないこと」など、中途半端な気持ちではいけません。

  26. ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。

    「環境が悪かった」
    ミスや失敗する人によく聞かれる言い訳です。
    責任をほかになすりつけると、自分の責任が半減して楽になります。

  27. 気分転換で、着替えることもあっていい。

    あなたが着替えるのは、どんなときですか。
    着替える場面と言えば、やはり出かけるときが多いのではないでしょうか。
    人の目がありますから、恥ずかしくない服装をしたいと思うでしょう。

  28. 人との出会いは、奇跡との出会い。

    あなたがこの世に誕生しているのは、素晴らしいことです。
    世界中に数多くの人がいる中、両親が出会って、あなたが生まれました。
    あなたの両親が少しでもすれ違っていれば、出会うことはなかったでしょう。

  29. 1日3回は「幸せだな」と考えよう。

    最近「幸せだな」と思ったのは、いつですか。
    「昔のことで思い出せない」という人もいるかもしれません。
     

  30. 「うるさい」と怒鳴る人が、一番うるさい。

    「うるさい!」
    子供が賑やかに騒いでいるとき、親が子供を怒鳴りつける光景をときどき見かけます。
    「今すぐ静かにしてほしい」

同じカテゴリーの作品