プラス思考

常識を覆す
30の言葉

  • これからは新しい常識で考えよう。
    「年齢を重ねるごとに若くなる」
常識を覆す30の言葉

もくじ
  1. これからは新しい常識で考えよう。
    「年齢を重ねるごとに若くなる」

    これまでの常識は「年齢を重ねるにつれて老いる」でした。
    年齢を重ねるにつれて、体力や筋力が落ち、疲れやすくなります。
    能力や記憶力が低下して、頭の回転も悪くなります。

  2. 「挫折」と書いて「栄光」と読む。

    あなたは今まで何回挫折を経験しましたか。
    5回でしょうか。
    10回でしょうか。

  3. あなたは、好きな人を笑顔にするために生まれてきた。

    あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
    どんな目的で生まれてきたのでしょうか。
    それは、好きな人を笑顔にするためです。

  4. 「最近自分に飽きてきた」と思ったとき、どうするか。

    「最近自分に飽きてきたな」
    そう思うことはありませんか。
    毎日「自分」というキャラクターを演じていると、ときどき飽きを感じることがあるでしょう。

  5. 転ばないように抵抗するから痛くなる。
    潔く転んだほうが痛くない。

    道を歩いているとき、つまずいて転びそうになる瞬間があります。
    足元の段差に気づかず、うっかり足を引っかけ、体勢がよろけます。
    このとき、転ばないように抵抗すると、かえって大きなけがになることが多い。

  6. サインの練習に早すぎることはない。
    成功する前だからこそ、意味がある。

    「サインをお願いします」
    突然サインを求められとき、あなたはさっと書けるでしょうか。
    クレジットカードで使用するサインではありません。

  7. お礼は、親切がある前に言ってもいい。

    飲食店のお手洗いで、ユニークな張り紙を見かけることがあります。
    「いつもきれいに使っていただきありがとうございます」と書かれた張り紙です。
    文字だけで書かれていることもあれば、頭を下げたキャラクターが一緒に添えられていることもあります。

  8. 批判する人を黙らせたいなら、にこにこしながら肯定すればいい。

    あなたを批判する人がいて悩んでいませんか。
    悪いところを見つけ出しては、お願いしてもいないのに、あれこれ批判してきます。
    批判されたとき、あなたはどんな返事をしていますか。

  9. 祝い事があってから、赤飯を食べるのではない。
    赤飯を食べるから、祝い事が起こるのだ。

    祝い事の際に食べる、定番の赤い食べ物といえば何でしょうか。
    そうです、それは「赤飯」です。
    赤飯は、慶事や祝い事などで用いられる食べ物として有名です。

  10. ずっと1人で悩み続けることを自慢するな。

    「ずっと悩み続けているんだよね」
    「もう何年も悩み続けている」
    「頑張っていろいろ考えているけど、どうしても解決策が見つからない」

  11. 「間違えたらどうしよう」と焦ったときは、時限爆弾を解除する場面を思い出そう。

    「もし間違えたらどうしよう」
    「間違えたら大変なことになる」
    そんな焦りを感じることがあれば、思い出してほしい場面があります。

  12. 効率がよくなる方法を考えるのは大切。
    楽しくなる方法を考えるのはもっと大切。

    私たちが仕事を改善する際、最初に思い浮かべるのは何か。
    それは「効率化」です。
    「もっと楽になる方法はないだろうか」

  13. 名刺コレクターになっているかぎり、素晴らしい人脈を築けない。

    もらった名刺を大事に取っていませんか。
    今までもらった名刺を、すべて大事に保管していませんか。
    もちろん名刺を保管・整理することは悪いことではありません。

  14. 三日坊主でなくていい。
    一日坊主でいい。

    「三日坊主」という言葉があります。
    三日坊主とは、飽きやすくて長続きしない人をあざけっていう言葉です。
    始めてから三日で飽きてしまう様子から「三日坊主」という言葉が生まれました。

  15. 軸には、2種類ある。
    「ぶれていい軸」と「ぶれてはいけない軸」。

    世間では「軸がぶれてはいけない」という声が聞かれます。
    「軸がぶれるのはよくない」
    「軸がぶれる人は信用できない」

  16. 金払いの悪い取引先は、時限爆弾。
    早めに切っておくのが正解。

    あなたの取引先の中に、金払いの悪いところはないでしょうか。
    「払うべきお金をなかなか払ってもらえない」
    「督促しても、あれこれ言い訳をされ、ごまかされる」

  17. 勉強は、座ってするものと思い込んでいないか。
    勉強は、立ってするもの。

    「勉強は、座ってするもの」と思っていませんか。
    「勉強は座っていないとできない」と思っていませんか。
    いいえ、それは誤解です。

  18. お会計のときにこっそり姿を消す人は、嫌われる。

    飲み会のお会計のとき、姿を消す人がいます。
    お会計の時間が近づけば、こっそり席を外し、姿をくらまします。
    トイレに行くふりをして、席を外す。

  19. 嫌いなことで成功すると、寿命が縮む。
    好きなことで成功すると、寿命が延びる。

    ●嫌いなことで成功することも不可能ではない
    嫌いなことで成功することは可能でしょうか。
    答えは「イエス」です。

  20. 小さな落ち込みを、大げさに捉えていないか。

    ときどき「少しだけ」落ち込みを感じることがあります。
    ・元気が出なくて、ため息が出る
    ・雨が降っていて、何だか元気が出ない

  21. 上を見ながら大きく息を吸うだけで、勇気が出る。

    どうすれば勇気を出せるのでしょうか。
    誰でも簡単に勇気を出す方法があります。
    上を見ながら大きく息を吸ってください。

  22. 受験生にとって、寝ることも大切な勉強。

    受験生にとって、寝ることも大切な勉強です。
    ふざけた話ではありません。
    これは真面目な話であり、重要なポイントです。

  23. 心に余裕があるから、矛盾を楽しめるのではない。
    矛盾を楽しむから、心に余裕ができる。

    矛盾があったきどうするか。
    ここが大切な場面です。
     

  24. 「恥をかきたくない」という人は、恥をかく。
    「恥をかいてもいい」という人は、恥をかかない。

    「恥をかきたくない」という人がいます。
    誰でも恥をかくのは嫌です。
    不快なことであり、不名誉なことであり、自分の評価や印象に傷がつきます。

  25. 暗い話は、暗く話すものではなく、明るく話すもの。

    人気者になるにはどうすればいいのでしょうか。
    今すぐあなたにできることがあります。
    暗い話を明るく話せるようになりましょう。

  26. 悪口を言われて落ち込むではない。
    パワーとモチベーションに変えるのだ。

    成功者になるための大切なポイントの1つ。
    それは、人から悪口を言われたときの対応です。
    夢に向かって走っていると、悪口を言ってくる人が出てきます。

  27. 人生を楽しむ究極の言葉。
    「何でも楽しむ」

    人生を楽しむ究極の言葉があります。
    「何でも楽しむ」です。
    シンプルな一言ですが、これ以上究極の言葉はありません。

  28. 仕事の差は、1分遅刻をするときの対応で決まる。

    仕事の差はどこでつくのか。
    その1つが「1分遅刻をするとき」です。
    1分遅刻をするとき、2とおりの人に分れます。

  29. あなたの精神レベルは、親しい友達で分かる。

    精神レベルとは何か。
    精神レベルとは「思考や感情の働きがどれだけ高度であるか」ということです。
    精神レベルが高くなると、思考や感情の働きが高度になり、物事の見方が鋭くなります。

  30. 貧血を「仕方ない」で終わらせていませんか。

    「貧血だから仕方ない」
    この言葉に心当たりがあれば、要注意です。
    貧血とは、血流中の赤血球数・ヘモグロビン量が減少している状態のことをいいます。

同じカテゴリーの作品