プラス思考

ダメな自分を励ます
30の言葉

  • 失敗した自分を責めるな。
    努力した自分を褒めろ。
ダメな自分を励ます30の言葉

もくじ
  1. 失敗した自分を責めるな。
    努力した自分を褒めろ。

    努力をすれば、報われるとは限りません。
    きちんと努力をしても、うまくいかないことがあります。
    努力に努力を重ねても、残念ながら、失敗に終わることも少なくありません。

  2. 笑わない日もあっていい。
    別の日にたっぷり笑えばいい。

    幸せな日々を送るには、毎日笑うことが大切です。
    笑顔があふれる日々は、幸せの象徴。
    笑顔で挨拶をする。

  3. 「失敗した自分を許せない」と思うのではない。
    「絶対自分を許す」と思うのだ。

    失敗したとき、自分を責めていませんか。
    「失敗した自分が許せない」と考えていませんか。
     

  4. プレッシャーは、苦しむものではなく、生かすもの。

    日常ではプレッシャーを感じることがあります。
    時間に余裕がなくて、プレッシャーを感じることがあるでしょう。
    人から期待されることで、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

  5. 他人が持っているものを羨むのではない。
    自分が持っているものを大切にしよう。

    他人が持っているものを羨ましがっていませんか。
    もちろん羨ましく思うのはいいのです。
    かっこいい財布やおしゃれなカバンを持っている人がいると、羨ましく感じ、自分も欲しくなるでしょう。

  6. 弱みがあるのは幸せ。
    あなたの弱みは、楽しませる力だけでなく、親しくなる力もある。

    あなたには弱みがありますか。
    短所、弱点、コンプレックス。
    平均より劣っていたり弱かったりして、苦手意識を感じることがあるでしょう。

  7. ダメ人間でも、幸せになれる。

    「自分はダメ人間だから幸せになれない」
    自分の低い存在価値を嘆いていませんか。
    平均より大きく劣っていることがあると、思いどおりにいかないことも多いでしょう。

  8. つまずいても転ばなければいい。
    転んでも起き上がればいい。
    起き上がれなくても這っていけばいい。

    人生では、うっかりつまずくことがあります。
    不注意でつまずくこともあれば、ちょっとした障害でつまずくこともあるでしょう。
    「つまずく=トラブル」ではありません。

  9. 弱い人ほど、弱い人の気持ちが分かる。

    弱い人は、弱くありません。
     
    たしかに表向きは弱く見えるかもしれません。

  10. 長所や得意が分かれば喜ぼう。
    短所や苦手が分かっても喜ぼう。

    あるとき、自分の長所や得意に気づくことがあります。
    「自分の強みが分かった。適性を発見できた。魅力が分かった」ということです。
    秀でているところが見つかれば、さぞ嬉しくなるでしょう。

  11. 自分だけできないことを嘆くのではない。
    自分しかできないことを喜ぼう。

    自分だけできないことを嘆いていませんか。
    「自分だけ○○ができない」
    自分だけできないことがあると、取り残された感じがあり、恥ずかしくなるでしょう。

  12. 自信とは、小さな成功体験の集合体。

    いきなり大きな自信をつけようとするのは、注意が必要です。
    自信は、身につけるプロセスによって、成り行きが大きく変わるからです。
    もちろんすぐ大きな自信をつけることが不可能というわけではありません。

  13. 挫折をしたのではない。
    方向転換をしたのだ。

    新しい仕事に取り組んだものの、途中でつまずくことがあります。
    時間不足、資金不足、能力不足。
    時期尚早、過大評価、反対意見。

  14. ひどい言葉を言われたから、心が傷つくのではない。
    ひどい言葉を気にしているから、心が傷つく。

    人からひどいことを言われることがあります。
    失礼な一言を言われたとき。
    汚い言葉で侮辱されたとき。

  15. 元気が出ないと感じることはあっても、その理由まで考える人は少ない。

    「はあ、元気が出ないなあ」
    大きなため息をついて、元気がない自分に悩むことがあります。
    体がだるく、やる気が出ません。

  16. 小さなコンプレックスは、笑い飛ばせ。
    大きなコンプレックスは、忘れてしまえ。

    あなたには、コンプレックスがありますか。
    ・音痴
    ・癖毛

  17. 「最初から全力を出そう」と思うと、なかなか始められない。
    「まず少し頑張ろう」と思うと、すぐ始められる。

    なかなか仕事に取りかかれない原因は、意外な心がけかもしれません。
    それは「最初から全力を出そう」という心がけです。
    「最初から本気を出そう!」

  18. 「死にそう」という口癖は、百害あって一利無し。

    「死にそう」という口癖に心当たりはありませんか。
    もちろん本当に命を落としそうな状況なら別です。
    重大なけがや病気になって、今にも命が途絶えそうなら「死にそう」と言うのも分かります。

  19. 1日の終わりに反省するのはいいが、寝る直前に反省するのはよくない。

    1日の終わりには、今日の反省です。
    仕事や人間関係の出来事を振り返り、自分の言動に間違いがなかったかよく考えます。
    「今日もよい1日を過ごした」と満足することがあるでしょう。

  20. 「自慢にならない」と思っていることでも、誰かに自慢できる。

    あなたにとって自慢になることは何ですか。
    「自分には強みもない」
    「自慢になることなんてない」

  21. どんなに不幸な人生でも、全面的に肯定しよう。

    あなたは自分の人生が好きですか。
    気に入っていますか。
    人にも家族にも環境にも恵まれた人生なら、幸福感も大きいでしょうが、中にはそうでない人もいるはずです。

  22. 明るいときも元気なときも自分。
    暗いときも落ち込んでいるときも自分。

    本当の自分に気づきましょう。
    私たちは、ポジティブな自分だけ認め、ネガティブな自分は否定しようとする傾向があります。
    明るいときや元気なときの自分こそ「本当の自分」と考えようとします。

  23. 足が遅いカメでもいい。
    歩き続けるカメになればいい。

    「仕事が遅い」
    「歩くのが遅い」
    「覚えるのが遅い」

  24. 簡単に夢を諦めるな。
    簡単に自分を捨てるな。
    簡単に人生に絶望するな。

    夢とは何か。
    夢とは、将来実現させたい願望です。
    夢は、私たちに生きる力を与えてくれます。

  25. 「一生続けるわけではない」と考えれば、心の折り合いがつく。

    やる気が出ないときは、心の中でぶつぶつ文句を言っています。
    「またこの仕事をするのか」
    「同じ仕事の繰り返しでつまらない」

  26. トラブルが起こったら「大変だ」と騒ぐのではない。
    「そんなこともあるさ」と気楽に考えよう。

    トラブルが発生したとき、どう考えるか。
    ここは、トラブルの成り行きを決める大事なポイントです。
    トラブルが発生すれば、多くの人は慌てるでしょう。

  27. 苦手や困難に取り組むだけが挑戦ではない。
    娯楽や興味関心に取り組むことも挑戦の1つ。

    「挑戦」と聞くと、どんなイメージがありますか。
    「難しい」
    「疲れる」

  28. マイペースを無視すると、途中棄権を招く。
    マイペースを尊重すると、無事にフィニッシュできる。

    フルマラソンで途中棄権する人には、ある傾向があります。
    途中でペースを上げすぎているのです。
    一緒にランナーが途中からペースを上げると「負けてたまるか」と悔しくなり、ペースを上げてしまいます。

  29. 自分をけなすことは、親や友達をけなすことになる。
    自分を認めることは、親や友達を認めることになる。

    自分を「最低な人間」と思うこともあるでしょう。
    無能な自分に悲観したり、失敗に落ち込んだり、ひどいことをしてしまったりすることもあるでしょう。
     

  30. 思っているだけでは何も変わらない。
    現実を変えるのは行動しかない。

    人は、地球上で最も知性が発達した生き物です。
    脳は小さくても、大きな可能性を秘めています。
    私たちは、頭を使ってさまざまなことが可能です。

同じカテゴリーの作品