まとめ
(常識を覆す30の言葉)
常識を覆す30の言葉

  • これからは「年齢を重ねるごとに若くなる」という新常識で生きて、自分の可能性を引き出す。
  • 挫折も栄光の1つであると考える。
  • 好きな人を笑顔にするために、今日もできることをやってみる。
  • 自分に飽きを感じてきたときは、別のキャラクターを演じてみる。
  • 失敗しそうになったら、無理に抵抗するのではなく、潔く受け入れる。
  • 成功する前に、サインの練習をしておこう。
  • 親切がなくても、先にお礼を言ってしまう。
  • 批判する人を黙らせたいなら、にこにこしながら肯定する。
  • 普段から赤飯を食べて、祝い事が起こりやすい状況を作り出す。 特に勝負事は、赤飯を食べてから取りかかる。
  • ずっと悩み続けていることは、1人の解決に固執せず、素直に人を頼る。
  • 「間違えたらどうしよう」と焦ったときは、時限爆弾を解除する場面を思い出して、我に返る。
  • 仕事が簡単になる方法だけでなく、仕事が楽しくなる方法も考える。
  • 名刺コレクターにならない。
  • 「合わない」と思ったら、一日でやめてしまう。
  • 「ぶれていい軸」と「ぶれてはいけない軸」の2種類を区別する。
  • 金払いの悪い取引先は、早めに切っておく。
  • 「勉強は、立ってするもの」という新常識を受け入れる。
  • お会計のとき、姿を消す人にならない。
  • 嫌いなことではなく、好きなことで、成功する。
  • 小さな落ち込みは「普通の範囲」と考える。
  • 上を見ながら大きく息を吸って、勇気を出す。
  • 記憶の定着は睡眠中に行われることを理解する。 「睡眠も、大切な勉強の1つ」と考える。
  • 矛盾があったとき、いらいらするのではなく、楽しむようにする。
  • 恥をかかないために「恥をかいてもいい」という覚悟で積極的に生きる。
  • 暗い話を、明るく話す。
  • 悪口を言われたら、落ち込むのではなく、パワーとモチベーションに変える。
  • 「何でも楽しむ」という言葉を心に留めて、何でも楽しむようにする。
  • たった1分の遅刻であっても軽視せず、きちんと連絡を入れる。
  • 親しい友人を通して、自分の精神レベルを確認する。
  • 貧血は「仕方ない」で終わらせるのではなく、きちんと改善に取り組む。

同じカテゴリーの作品

4:03
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION