まとめ
(強く生きる30の言葉)
強く生きる30の言葉

  • 笑われたら、悔しさをバネにして、出世のモチベーションに変える。
  • どんなにキャリアを積んでも、新人の気持ちは持ち続ける。
  • 能力は、最初からあるものと考えず、きちんと鍛えて身につけていく。
  • 仕事に取り組むときは、義務感ではなく使命感を大切にする。
  • 調子が悪くても、落ち込まないようにする。 調子がよくても、思い上がらないようにする。
  • 調子は、仕事をしながら少しずつ出していく。
  • 失敗は、誰かに笑いながら話して、乗り越える。
  • 心の傷が深くて大きくても、諦めずに完全修復を目指す。
  • 雑草の生命力を見習う。
  • 夢を叶えたいなら、とにかく行動していく。
  • 「人と違うように見られたい」と考えない。 本当に個性を出すなら、自分の得意や長所に集中して、自分らしい生き方を極める。
  • かまってもらう側ではなく、かまってあげる側になる。
  • 威張る人より、威張らせてあげる人になる。
  • 調子がよくても、無理をしないようにする。 無理しないマイペースで頑張る。
  • 「嫌われたくない」から「嫌われてもいい」という生き方・考え方にスイッチする。
  • 自分を信じて、底力と潜在的なパワーを発揮する。
  • 「怖いのは初めの1歩だけ」ということに気づく。
  • 叱られることに幸せを感じる。 叱ってくれた人に感謝する。
  • レールから外れて落ちこぼれることがあっても、エリートコースを諦めない。
  • 怒鳴りたくなったら、上を向いて深呼吸する。
  • お金の受け渡しは、丁寧に行う。
  • いらいらしたら、地面に映った自分の影を見て、気持ちを落ち着かせる。
  • ぼけたくないなら、スポーツを見てばかりではなく、実際にプレイヤーになって楽しむ。
  • 誰かを褒める気持ちになって、明るい1日を始める。
  • 働いて疲れたら、素直に休む。 働いて元気でも、素直に休む。
  • 批判を恐れず、価値観や考え方はどんどん変えていく。
  • 主役の才能がないなら、脇役の才能に専念する。
  • 最初から立派な社会人を目指すのではなく、まず普通の社会人を目指す。
  • 誤解を解くときは「話せばわかる」ではなく「会って話せばわかる」という点を意識する。
  • 強い心より柔らかい心を持つ。

同じカテゴリーの作品

プラス思考」の人気記事

1
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
プラス思考
ポジティブになれない原因は、行動しないから。
ポジティブ思考になる30の方法
2
ネガティブな人は、複雑に考える。ポジティブな人は、シンプルに考える。
プラス思考
ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。
ポジティブ思考になる30の方法
3
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
プラス思考
気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。
ポジティブ思考になる30の方法
4
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
プラス思考
「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。
ポジティブ思考になる30の方法
5
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
プラス思考
嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
明るい性格になる30の方法
6
足りないのは、自分を褒める習慣。
プラス思考
足りないのは、自分を褒める習慣。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
7
相手を変えようとすると、うまくいかない。自分を変えようとすると、うまくいく。
プラス思考
相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。
ポジティブ思考になる30の方法
8
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
プラス思考
「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
明るい性格になる30の方法
9
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
プラス思考
「積極的な人間関係」でポジティブになる。
ポジティブ思考になる30の方法
10
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
プラス思考
すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION