プラス思考

まとめ
(気分が落ち込んだときの30の言葉)
気分が落ち込んだときの30の言葉

  • 「落ち込んでいる」ではなく「元気が出てきた」と考える。
  • 「今、悩んでいるのはささいなこと」と、本気で思う。
  • 元気がないときこそ、前を向き続ける。
  • 温かい缶ジュースを、ほほに当てる。
  • 絶不調のときに残った、本当の友達を大切にする。
  • あなたを邪魔する存在は、自分を鍛える存在であると考える。
  • 自分の失敗は、犠牲バントだと考える。
  • 落ち込んでいるときは、自分を反省したり、人生の意味を考えたりする機会にする。
  • 落ち込んだときは、肉を食べる。
  • スピードを意識して、考え方をポジティブにする。
  • 落ち込んだときは、ジョギングをする。
  • 気分転換は、終わりの基準を決めてから始める。
  • 気持ちが落ち着かないときは、ろうそくの火を見つめる。
  • 両足を閉じて、謙虚な気持ちになる。
  • お世話になっているすべての存在に、感謝する。
  • 急に感覚がなくなったときこそ、今すぐ休む。
  • いらいらしたときは、蒸しタオルを顔の上に置いてみる。
  • ジグザグな人生を歩んで、敵から逃げ切る。
  • 愚痴をやめて、自分の責任と考える。
  • 自分のダメなところではなく、いいところを探す。
  • 落ち込みは、人生のスパイスとして考える。
  • 落ち込みは、台風のような、不定期なイベントだと考える。
  • 目の前にある壁は、実はドアであることに気づく。
  • 落ち込んでいる自分の成長に気づく。
  • 落ち込む状態を楽しむ。
  • 落ち込みを味方と思って、仲間意識を持つ。
  • 元気がないときは、少し上を向いて深呼吸をする。
  • 悔しい気持ちは、きちんと挑戦した証拠として受け止める。
  • 結果にとらわれず、自分が納得できる道を歩む。
  • 失敗談は、楽しそうに話す。

同じカテゴリーの作品