人生の教科書



読み上げ動画・音声
就職活動
面接では、応募者から質問をしてもいいのか。
就職活動
実は、無気力な圧迫面接もある。
就職活動
「人は人。
自分は自分」と割り切ることが大切。
就職活動
余裕があれば演じてほしい、面接官の役。
就職活動
緊張しない人はいない。
就職活動
集団面接は、競走ではない。
大切なのは、ライバル意識より仲間意識。

面接官ている
30ポイント

お気に入り3 読んだ
24

なぜ面接官は、
他社選考状況くのか

なぜ面接官は、他社の選考状況を聞くのか。 | 面接官が見ている30のポイント

接では、他社の選考状況を聞かれることがあります。

  • 「ほかの企業から内定をもらっていますか」

  • 「何社から内定をもらいましたか」

  • 「どんな企業に応募していますか」

  • 「今まで何社、面接の応募をしましたか」

面接を受けるたびに同じ質問をされると、裏では企業同士で情報交換をしているような印象を受けるかもしれません。

「そんなことを聞いて何の意味があるのか」と、不審に思う人も多いのではないでしょうか。

もちろん理由があります。

この質問の意図は、応募者が志望する業界や業種に、一貫性があるかの確認です。

応募者の中には「どこでもいいから内定がほしい」と考えている人がいます。

自己PRや志望動機は、うまく書きさえすれば、体裁を整えられます。

就業意欲も、演技で見せかけることが可能です。

面接官はベテランですが、時には見抜くのも難しい場合があります。

もちろん企業としても、安易な考えを持つ応募者を受け入れたくはありません。

そこで、応募者が志望する業界や職種を聞いて、興味・関心や志望の度合いなどを確かめようとするのです。

一貫性があれば、応募者が自分の希望を軸にしっかり就職活動をしていると分かります。

他社の選考状況を聞くのは、そういう理由なのです。

面接官が見ているポイント その24

  • 他社選考状況理由
なぜ面接官は、アパートの家賃を質問するのか。

もくじ
(面接官が見ている30のポイント)

同じカテゴリーの作品